PR(アフィリエイト)

中古・アウトレットの本棚を選ぶ際の注意点&おすすめ7選|購入前のチェックポイント

中古・アウトレットの本棚を選ぶ際の注意点&おすすめ7選|購入前のチェックポイント
中古・アウトレットの本棚を選ぶ際の注意点&おすすめ7選|購入前のチェックポイント

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ペーパーレスの時代といわれていますが、気がつくと部屋に本や雑誌などが増えてきて収納に困っている人もいるでしょう。しかし、置きたい部屋に対して、サイズや好み、予算が合わずなかなか本棚が購入できていないかもしれません。

今回は、好みに合った本棚を賢くリーズナブルに手に入れる方法として中古の本棚の購入について解説しています。メリットやデメリットを紹介した上で、おすすめの中古本棚もご紹介しています。ぜひ本棚を購入する際の参考としてお役立てください。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア
上鶴 倫子

「家具・インテリア」カテゴリーを担当。北欧ブランドのインテリアが大好きで、自宅はオシャレで個性的なデザインのアイテムで溢れている。最近は飼い始めた愛猫のために、人と被らないオシャレなデザインながらも、安全性や実用性も備わったアイテム選びを心掛けている。

本棚を中古・アウトレットで選ぶおすすめの理由

本棚の画像
Pixabayのロゴ
本棚の画像
Pixabayのロゴ

本棚の購入を検討しているけれど、なかなか予算や好みに合うものが見つからないという方もいるかもしれません。そのうえ、部屋に合ったサイズとなると探すのに大変苦労します。

そういったお悩みを持ちの方は、新品の本棚だけでなく中古品やアウトレット品などまで対象を広げてみるといいかもしれません。

ここでは本棚を中古で購入するメリットについてご紹介します。

新古品・展示品・アウトレット価格で手に入る

中古の本棚を購入するメリットで最初に挙げられるのが、リーズナブルな価格でよいものが手に入る可能性があるということです。

中古品といっても「購入したけれど、サイズが合わなかった」「蔵書が増え新しい本棚に買い替えた」など、新品に近かったりまだまだ本棚として立派に機能するものも多くあります。

ブランド家具店の本棚が半額やそれ以下で手に入る可能性も捨てきれません。また新古品・展示品・アウトレットといったものもあります。

サイトで検索したり、リサイクルショップで探してみたりしてはいかがでしょうか。

ニーズや用途に合わせて選びやすい

通販サイトやネットオークションなどの機能は優れており、予算であったりサイズであったりニーズに合った検索を掛けられるサイトも多くあります。

ショップのように広い店内を見て回っても予算に合うものが見つからない、大きさがあわないといった無駄な労力を使う必要もありません。

文庫本だけを収納したい、このカラーの本棚を探している、などニーズや用途に合ったものだけでなく、「使い込まれて味がある」といったお好みに合ったものにも出会えるかもしれません。

「これだけは譲れない」といったご希望があるのであれば、中古品を探してみるのもいいでしょう。

本棚選びのポイント

本棚の画像

Photo by Avery Evans on Unsplash

本棚の画像

Photo by Avery Evans on Unsplash

本棚のように大きな家具は「買って失敗したから買い替える」といったことがなかなかできないでしょう。そのため、選ぶ際にはしっかりとポイントを押さえておくことも必要です。

ここでは中古の本棚に限らず、本棚を購入する際にチェックしておきたいポイントについてご紹介します。

本棚を購入したい方は一度目を通しておいてください。

本の量

収納したい本の種類や本の量をまず確認しておきましょう。

本は意外に重さがあります。とくに写真集などは良い紙を使用しているものが多く、その分1冊が重くなり、数冊でも持ちきれないほどの重さになることがあります。

一方壁に作り付けの本棚でもない限り、本棚にも耐えられる重さがあります。「耐荷重」が明記されている本棚を参考に、所有している本が全て入るのか確認しておくといいでしょう。

またあまり本を収納した本棚自体が重いと、床にキズをつけたり凹みの原因になったりすることがあります。

本棚をひとつにまとめず、分散するなどの対応も考慮して検討してみてください。

本のサイズ

可動式の棚板を使用しているものであれば、収納する本のサイズに合わせて調節することで、無駄なスペースが発生することもなく本を収納できますが、固定式であればデッドスペースが多すぎてあまり本を収納できないといった事態になる場合もあります。

本にも、文庫本・新書本・ハードカバー、ペーパーバッグ・マガジン・大型本など様々なタイプがあります。どのサイズをメインに収納したいのか、棚が可動式であったとしても、大型本が入るのかなどを確認して選びましょう。

インテリア性

家族で暮らしている場合、よくもめる原因になるのが、本棚のインテリア性でしょう。

カントリー調のインテリアにスチールシェルフタイプの本棚は合いませんし、無機質なイメージのお部屋にマホガニー材の重厚な温かみがある本棚も違和感があります。

その本棚の雰囲気が好きでも、お部屋に合わないと結局使わずに廃棄したり売りに出したりする恐れもあります。

お部屋のインテリアと調和するかを再度検討してから購入を決めましょう。

設置場所

本棚を置く場所も重要です。

日当たりのよい窓際の壁に沿うように本棚を置くと、本も本棚も日焼けして劣化が早く進む場合があります。また、ほかの部屋に通じるドアの傍に置くと、ドアが開けにくかったり生活導線に影響を与えたりして不便を感じることもあるでしょう。

本を読む場所から遠いと本を手にするのもおっくうになって読書をあきらめることもあるかもしれません。

本を手にしやすく、生活の妨げにならない場所にマッチする本棚を想定して探してみるといいでしょう。

組み立てがあるか

本棚には組み立て式になっているものと完成品のものがあります。

購入や移動の際は、組み立て式が送料なども抑えられ、コンパクトに運べるため便利ですが、組み立てには工具が必要なものもあり、意外に時間がかかるかもしれません。

一方完成品は、組み立てに時間をとられることはありませんが、搬入経路を確保したり送料が高額になったりすることが懸念されます。

購入する際は、組み立て式か完成品かを確認し、別料金で組み立てや設置を行ってくれるのか、もしくは自分で組み立てる場合、手伝ってくれる人がいるかを把握しておきましょう。

中古・アウトレットの本棚を選ぶ際の注意点

本棚の画像
Pixabayのロゴ
本棚の画像
Pixabayのロゴ

前項では、一般的な本棚の選び方について、押さえておきたいポイントを紹介しましたが、中古・アウトレットの本棚を選ぶ際には別の注意点もいくつかあります。

ここでは中古の本棚を選ぶ際に特に注意したい点についてご紹介します。

汚れやキズ等がないか

本棚は、それ自体も重く、また収納する本の量によってはさらに加重されるため、大きな傷や凹みが命取りになる危険性があります。

擦りキズや小さな汚れ程度であれば、ほぼ問題はないといえますが、深く入ったキズや大きな凹み、木製の場合は裂け目などがある場合は、検討が必要です。また合板などは日焼けに対する劣化も注意した方がいいでしょう。

使い込まれた感のある落ち着いた家具もすてきですが、実際の使用に耐えられるかどうか、じっくり確認しておきましょう。

信頼のおけるショップ・出品者か

大手のショップや、評価の高い出品者による中古品である場合、しっかりと点検整備されているものがあり、安心して購入できます。

中には一度分解して清掃・再塗装したものなどもあり、中古品というよりはリメイク品になっているものもあるかもしれません。ガタがきたりゆがみがあったりするものも修復されている場合があるでしょう。

反対に価格は安いけれど、購入者の口コミやレビューで評価が低いショップなどに関しては、よほどほしい商品でない限り、少し検討した方がいいかもしれません。しかし「安いから」「一時的な使用だから」と自己責任の範疇で選ぶのであれば、それもひとつの選択ともいえます。

送料や組み立て料は含まれているか

完成品の本棚は大型貨物となり、完成品の場合は送料が高額になる場合があります。ショップや出品者によっては、送料が含まれている場合もありますが、別料金が発生することもあります。

本体価格だけで購入を決断した場合、決済のページで送料や場合によっては設置代金が発生していることもあるので注意が必要です。

また、組み立て式は完成品に比べ送料は安くなりますが、組み立て費が別で発生する可能性以外にも、一人暮らしで工具がなかったり、一人では組み立てにくかったりする場合があります。パーツが欠けているものも中にはあるかもしれません。

あらかじめ、別で発生する料金があるのか、DIY経験がなくても、ひとりでも組み立てられるかなどを調べた上で購入しましょう。

中古・アウトレットの本棚おすすめ7選

『スモールブックシェルフ』

『スモールブックシェルフ』 『スモールブックシェルフ』 『スモールブックシェルフ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

腰高サイズなので空間が広く見える

高さ80cmの腰高サイズなので、お子様の本棚として子ども部屋におすすめです。また本棚の上に空間ができ、お部屋を広く見せてくれるため、リビングにおいてもいいでしょう。

デンマーク産で、素材はビーチ(ブナ)材を使用しており、昔から日本でも家具などに用いられてきました。木目が細かく美しく揃っているのが特徴です。そのほか、割れにくく丈夫という特徴もあるため、本棚にぴったりの素材です。

棚は可動式になっているので、本に合わせて調節も行えます。

サイズ 800×320×800mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 ビーチ(ブナ)材
全てを見る全てを見る

サイズ 800×320×800mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 ビーチ(ブナ)材
全てを見る全てを見る

ACME furniture(アクメファニチャー)『BROOKS BOOK SHELF』

ACMEfurniture(アクメファニチャー)『BROOKSBOOKSHELF』 ACMEfurniture(アクメファニチャー)『BROOKSBOOKSHELF』 ACMEfurniture(アクメファニチャー)『BROOKSBOOKSHELF』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

アメリカンビンテージ調の本棚

ACME furnitureのアメリカンビンテージ風の本棚です。松葉のように分かれた脚と、棚下部だけ奥行きが広くなっている個性的なフォルムが魅力です。下段には大型本や雑誌を、上段には文庫本や小物を収納するとすっきりとした見せる収納になります。

所々使用感があるキズがありますので、ご自身で塗りなおせるというDIY好きの方におすすめです。

サイズ 1250×350×770mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 -
全てを見る全てを見る

サイズ 1250×350×770mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 -
全てを見る全てを見る

『チューダー様式 本棚』

『チューダー様式本棚』 『チューダー様式本棚』 『チューダー様式本棚』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

1950年代の英国アンティーク

1950年代の家具とみられる、チューダー様式の特徴がある本棚です。取っ手や扉の蝶番にも丁寧な加工が施され、重厚感の溢れる佇まいがお部屋を落ち着いた雰囲気に演出してくれそうです。

幅が200cmあり、存在感だけでなく、収納力にも優れた家具です。扉にはガラスがはめ込まれており、格子状の模様がレトロな雰囲気をさらに印象強いものにしています。

サイズ 2,095×350×1,400cm
重量
耐荷重
組立/完成品
素材
全てを見る全てを見る

サイズ 2,095×350×1,400cm
重量
耐荷重
組立/完成品
素材
全てを見る全てを見る

『オープン本棚』

センスを活かして遊び心いっぱいに棚をアレンジ

センスを試されていると思うほど、可動式棚の留め具穴がセットされている本棚です。また棚板の奥行も2種類あり、どのように組み合わせて美しく本を収納するか楽しく悩みそうな本棚です。

高さはありますが、奥行きが30cmとスリムなため、お部屋においてもそれほど圧迫感を感じることはないでしょう。

サイズ 1075×300×1805mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 木材
全てを見る全てを見る

サイズ 1075×300×1805mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 木材
全てを見る全てを見る

カリモク『ブックスタンド付き本棚』

前面にガラス扉があり本の飛び出しを防止

両開きのガラス扉がついているタイプの本棚です。厚みのあるガラスとなっているため、地震の際などに本の飛び出しや収納物の散乱を防ぐだけでなく、中に収納しているものがダイレクトには見えないため安心です。

各棚には本立てがついており、スライドさせて移動することもできます。また最下部は引き出しとなっているので、大切なものの収納にも向いています。

サイズ 888×446×1,800mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 -
素材 -
全てを見る全てを見る

サイズ 888×446×1,800mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 -
素材 -
全てを見る全てを見る

ウチダ『BEストレージシリーズ オープン書庫』

オフィスなどにもぴったりのシンプルな書庫

6段もある、収納力たっぷりのオープン書庫です。どこに何を収納したのかが一目でわかり、棚板も可動式となっているため、文庫本サイズから大判ファイルまで用途に合わせて高さを変えられます。

ホワイトに塗装されたスチール製のため、インテリアの調和を乱すことなく長く安定して使えるのも魅力です。

サイズ 900×450×2,100mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 スチール
全てを見る全てを見る

サイズ 900×450×2,100mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 スチール
全てを見る全てを見る

CASABLANCA(カサブランカ)『オープンシェルフ』

ラタンを使用したナチュラルテイストの本棚

ラタンを使用した南国テイストのシンプルなシェルフです。サイドと背面にはひずみ防止の補強材を使用しているため、ある程度の負荷がかかっても問題ありません。

あえて本を収納するのではなく、本と小物を見せる収納として使用してもおしゃれでしょう。使い込むほどにさらに風合いが増して、愛着がわいてくる家具となります。

サイズ 825×395×1,510mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 ラタン、木材
全てを見る全てを見る

サイズ 825×395×1,510mm
重量 -
耐荷重 -
組立/完成品 完成品
素材 ラタン、木材
全てを見る全てを見る

「本棚 中古」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
『スモールブックシェルフ』
ACME furniture(アクメファニチャー)『BROOKS BOOK SHELF』
『チューダー様式 本棚』
『オープン本棚』
カリモク『ブックスタンド付き本棚』
ウチダ『BEストレージシリーズ オープン書庫』
CASABLANCA(カサブランカ)『オープンシェルフ』
商品名 『スモールブックシェルフ』 ACME furniture(アクメファニチャー)『BROOKS BOOK SHELF』 『チューダー様式 本棚』 『オープン本棚』 カリモク『ブックスタンド付き本棚』 ウチダ『BEストレージシリーズ オープン書庫』 CASABLANCA(カサブランカ)『オープンシェルフ』
商品情報
特徴 腰高サイズなので空間が広く見える アメリカンビンテージ調の本棚 1950年代の英国アンティーク センスを活かして遊び心いっぱいに棚をアレンジ 前面にガラス扉があり本の飛び出しを防止 オフィスなどにもぴったりのシンプルな書庫 ラタンを使用したナチュラルテイストの本棚
サイズ 800×320×800mm 1250×350×770mm 2,095×350×1,400cm 1075×300×1805mm 888×446×1,800mm 900×450×2,100mm 825×395×1,510mm
重量 - - - - - -
耐荷重 - - - - - -
組立/完成品 完成品 完成品 完成品 - 完成品 完成品
素材 ビーチ(ブナ)材 - 木材 - スチール ラタン、木材
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 本棚 中古の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの本棚 中古の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:本棚ランキング
楽天市場:本棚ランキング
Yahoo!ショッピング:本棚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

マイナビおすすめナビ:編集部

マイナビおすすめナビ

今回は、本棚を中古で買うメリットや注意点について解説し、おすすめの本棚についてもご紹介いたしました。

本棚とひとことでいっても、様々な素材や大きさなどがあり、目移りしてしまいます。しかし、収納したい本の量や設置場所のスペースなど条件を絞ることで、定価よりもさらにリーズナブルな価格でお気に入りの本棚が見つかるでしょう。

この記事の本棚の選び方なども参考に、お部屋にぴったりの中古本棚を選んでください。

そのほかの本棚に関する記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button