PR(アフィリエイト)

【2024年】一人暮らしにおすすめのプロジェクター10選|おしゃれにレイアウト! 狭い部屋にも

Anker Nebula (ネビュラ) Capsule 3 Laser(フルHD モバイルレーザープロジェクター)【レーザープロジェクター / 300ANSI ルーメン/オートフォーカス機能/自動台形補正 / 8W スピーカー/DLP搭載 / 7000種類以上のアプリケーション / ホームシアター / usb】
出典:Amazon
Anker Nebula (ネビュラ) Capsule 3 Laser(フルHD モバイルレーザープロジェクター)【レーザープロジェクター / 300ANSI ルーメン/オートフォーカス機能/自動台形補正 / 8W スピーカー/DLP搭載 / 7000種類以上のアプリケーション / ホームシアター / usb】
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

天井や壁など、好きな場所に大画面で映像を映せるプロジェクター。映画や動画を好きな場所で観れるので人気の商品となっています。

この記事では、一人暮らしにおすすめのプロジェクターをピックアップ! ランキングも併せてご紹介します。狭い部屋でもおしゃれにレイアウトできるアイテムもランクインしているので、ぜひ参考にしてみてください。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター
ようせい
食品・キッチン・生活雑貨や日用品の記事執筆が得意なWebライター。日々生活や料理をする中で新たな発見を楽しみながら、お役に立てる記事作りを心がけています。読者の方からの辛口意見をはじめ、さまざまなご意見に耳を傾けながら記事作りに全力を注ぎます。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

狭い部屋でもおしゃれなレイアウトが叶う一人暮らし用プロジェクター

プロジェクターを使用してポップコーンを食べているカップルの画像
ペイレスイメージズのロゴ
プロジェクターを使用してポップコーンを食べているカップルの画像
ペイレスイメージズのロゴ

近年、VOD文化の発達とともに、一人暮らしでプロジェクターを使う人が増えてきています。

プロジェクターというと業務サイズのものを想像しがちですが、一人暮らし用の部屋でも気軽に設置できるコンパクトサイズも多く販売されている人気の商品です。

おしゃれなレイアウトができるのでインテリアの邪魔にならず、お友達やカップルで映像を楽しむこともできますよ。

一人暮らしにおすすめなプロジェクターの選び方 失敗しない!

一人暮らしにおすすめなプロジェクターの選び方をチェックしていきましょう。ポイントは下記です。

▼選び方1|部屋の模様替えにも対応できるコンパクトタイプが鉄則
▼選び方2|縦長の部屋なら短焦点モデルがおすすめ
▼選び方3|家具の配置に困ったら、天井投影タイプも検討してみて
▼選び方4|▼選び方4|日中も楽しむなら輝度を確認
▼選び方5|NetflixやYouTubeのコンテンツを楽しめる機能付きが便利
▼選び方6|臨場感のある映像を楽しめるスピーカー機能も忘れずチェックしよう

上記のポイントを踏まえて選ぶことで、自分にぴったりの商品を見つけられます。

▼選び方1|部屋の模様替えにも対応できるコンパクトタイプが鉄則

 

部屋のレイアウトを変えたい場合でもすぐに対応できるようなコンパクトタイプが便利。また、部屋の大きさに見合わないような大きすぎるプロジェクターは避けましょう。コンパクトサイズのプロジェクターは、持ち運びも自由なので、移動が楽におこなえるため、引っ越す際や配置を変える際も対応が簡単ですよ。

▼選び方2|縦長の部屋なら短焦点モデルがおすすめ

 

短焦点モデルは、投射距離が1m以下でも大画面で映像を投影できるので、大画面モニターと同様の映像を楽しめます。省スペースで設置できるため、一人暮らしの方の部屋にもぴったり。

しかし、こちらのモデルはスクリーンに映すと歪みやすいのがデメリット。そのため、設置する際は短焦点に対応したスクリーンもしくは、平らな壁面への投影がおすすめです。

▼選び方3|家具の配置に困ったら、天井投影タイプも検討してみて

 

壁に窓がある場合や、スクリーンをかけるスペースがない場合は、天井投影タイプがおすすめです。天井一面の広いスペースを活用できるのみならず、寝転がりながら映像を楽しめるのもポイントです。

▼選び方4|日中も楽しむなら輝度を確認

 

ルーメンには、LED照明の明るさを表す「lm(ルーメン)」と、実際にプロジェクターから発する光の明るさを表す「ANSI(アンシ)ルーメン」の2種類にわけることができます。

夜だけでなく明るい時間も映像を楽しむ方には、輝度1,500lm(ルーメン)以上のモデル、もしくは100ANSIルーメン以上のモデルが向いています。上記の明るさがあれば遮光カーテンや電気を消すことなく映像を楽しめるでしょう。


「lm(ルーメン)」と「ANSI(アンシ)ルーメン」の詳細は下記を参考にしてみてください。
CINEMAGE公式サイト

▼選び方5|NetflixやYouTubeのコンテンツを楽しめる機能付きが便利

 

人気のコンテンツを楽しむなら、Android TVやYoutube動画などのアプリがすでに搭載されいている商品を選びましょう。Wi-Fiでネットに接続し、アプリからさまざまなVODを楽しむことができます。

また、HDMIポート付きのモデルでは、Fire TV Stickを挿すことで簡単に映像を楽しむ方法もあります。

▼選び方6|臨場感のある映像を楽しめるスピーカー機能も忘れずチェックしよう

 

臨場感のある映像を楽しむなら、スピーカー機能にもこだわりましょう。スピーカー内蔵型プロジェクターは、スピーカーとプロジェクター接続の手間も省けます。臨場感を楽しみたい方やライブを鑑賞したい方は、音質にも着目するのがおすすめです。

【一人暮らしにおすすめ】プロジェクターランキングTOP3 編集部でランキング!

ここからは、一人暮らしにおすすめなプロジェクターTOP3をご紹介します。気になる商品があればぜひチェックしてみてください。

CINEMAGE『CINEMAGE min』

CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』 CINEMAGE『CINEMAGEmin』
出典:Amazon この商品を見るview item

おしゃれに決まる次世代型のプロジェクター

◆業界最軽量クラスの重さ
◆持ち運べるほどのコンパクトサイズで場所を取らない
◆映像クオリティが高くテレビ代わりにもおすすめ
◆バッテリー搭載コードレスに対応しているためどこでも使える
◆高音質スピーカー内蔵で音質にこだわる方にもぴったり

本体サイズ 72x72x106mm
重さ 390g
明るさ 120ANSIルーメン
解像度 480p
機能 明るさ調整可能、オフライン再生対応、幅広いデバイスに対応、騒音レベル25dB以下、高音質スピーカー内蔵、テレビ視聴対応
全てを見る全てを見る

本体サイズ 72x72x106mm
重さ 390g
明るさ 120ANSIルーメン
解像度 480p
機能 明るさ調整可能、オフライン再生対応、幅広いデバイスに対応、騒音レベル25dB以下、高音質スピーカー内蔵、テレビ視聴対応
全てを見る全てを見る

BenQ『HT4550i』

BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』 BenQ『HT4550i』
出典:Amazon この商品を見るview item

3200ルーメンの高輝度なモデルは人気

◆劇場の視聴環境を自宅でも楽しめる
◆映画館のような描写で画質が綺麗
◆ローカルコントラストエンハンサー採用で明暗をはっきり表現
◆高い互換性で幅広い用途で楽しめる

本体サイズ 420.5x135x312mm
重さ
明るさ 3200ルーメン
解像度 4K UHD 3840×2160
機能 縦横レンズシフトと1.3倍ズーム機能、Netflix対応Android TV内蔵、映画鑑賞用のフィルムメーカーモード搭載
全てを見る全てを見る

本体サイズ 420.5x135x312mm
重さ
明るさ 3200ルーメン
解像度 4K UHD 3840×2160
機能 縦横レンズシフトと1.3倍ズーム機能、Netflix対応Android TV内蔵、映画鑑賞用のフィルムメーカーモード搭載
全てを見る全てを見る

Anker『Nebula Capsule 3 Laser』

Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』 Anker『NebulaCapsule3Laser』
出典:Amazon この商品を見るview item

レーザー光源で明るく美しく投影

◆7,000以上のアプリを自由自在に使えるのが魅力
◆高音質なのでライブや臨場感のある映像にも最適
◆圧倒的な明るさを持ち合わせているので、昼間でも安心
◆ゲームもできるので使い方は無限大

本体サイズ 約167x約83mm
重さ 約950g
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 1920 x 1080
機能 音声での操作可能、縦横両方の自動台形補正、オートフォーカス機能、ミラーリング機能搭載、7,000以上のアプリを自由自在に使える
全てを見る全てを見る

本体サイズ 約167x約83mm
重さ 約950g
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 1920 x 1080
機能 音声での操作可能、縦横両方の自動台形補正、オートフォーカス機能、ミラーリング機能搭載、7,000以上のアプリを自由自在に使える
全てを見る全てを見る

【一人暮らしにおすすめ】プロジェクター7選

ランキングほかにも一人暮らしにおすすめなプロジェクターをご紹介します。どれもサイズが小さくコンパクトに使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

XGIMI『Halo+』

XGIMI『Halo+』 XGIMI『Halo+』 XGIMI『Halo+』 XGIMI『Halo+』 XGIMI『Halo+』 XGIMI『Halo+』
出典:Amazon この商品を見るview item

おしゃれかつコンパクトサイズでかっこよく決まる

◆持って歩ける映画館としても人気が高い
◆リビングや寝室を始めアウトドアシーンにもぴったり
◆小型ながらも大画面を楽しめる
◆ゲームも大迫力で楽しめるのがポイントのひとつ。

本体サイズ
重さ
明るさ 700 ISOルーメン
解像度
機能 スマホの映像を大画面に投影、音声対応、充実の動画サービス、スクリーンへの自動アジャスト、障害物自動回避、オートフォーカス
全てを見る全てを見る

本体サイズ
重さ
明るさ 700 ISOルーメン
解像度
機能 スマホの映像を大画面に投影、音声対応、充実の動画サービス、スクリーンへの自動アジャスト、障害物自動回避、オートフォーカス
全てを見る全てを見る

Acer『C250i』

Acer『C250i』 Acer『C250i』 Acer『C250i』 Acer『C250i』 Acer『C250i』 Acer『C250i』 Acer『C250i』
出典:Amazon この商品を見るview item

ガジェット好きにはたまらないデザインが魅力

◆縦・横など自由に使えるのが嬉しい
◆世界初のオートポートレートモード搭載
◆モバイルバッテリーとしても使えるのが魅力
◆角度の微調整が簡単におこなえる

本体サイズ 104x190mm
重さ 775g
明るさ 300lm (標準)、80lm (ECOモード)
解像度 1920x1080
機能 インスタントオン/オフ機能、角度の微調整、豊富なインターフェース、オートポートレートモード搭載
全てを見る全てを見る

本体サイズ 104x190mm
重さ 775g
明るさ 300lm (標準)、80lm (ECOモード)
解像度 1920x1080
機能 インスタントオン/オフ機能、角度の微調整、豊富なインターフェース、オートポートレートモード搭載
全てを見る全てを見る

ASUS『ZenBeam Latte L1』

ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』 ASUS『ZenBeamLatteL1』
出典:Amazon この商品を見るview item

ユニークなマグカップ型のデザインがかわいい

◆12時間のオーディオ再生が可能
◆ユニークなマグカップ型のデザインがおしゃれ
◆接続方法を選べるのがポイント
◆子どもも安心してコンテンツを楽しめる

本体サイズ 131×90×90mm
重さ 約585g
明るさ 最大300ルーメン
解像度 1280 × 720ドット
機能 バッテリー内蔵、ワイヤレス接続、3時間ビデオ再生、Bluetoothスピーカー
全てを見る全てを見る

本体サイズ 131×90×90mm
重さ 約585g
明るさ 最大300ルーメン
解像度 1280 × 720ドット
機能 バッテリー内蔵、ワイヤレス接続、3時間ビデオ再生、Bluetoothスピーカー
全てを見る全てを見る

FunLogy『FunLogyX-03』

FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』 FunLogy『FunLogyX-03』
出典:Amazon この商品を見るview item

超小型プロジェクターで設置が簡単

◆超小型サイズで移動も楽々
◆天井に投影もできる
◆自動台形補正機能搭載で見やすさ抜群
◆好きな角度に調節可能

本体サイズ 192×50×50mm
重さ 440g
明るさ 100ANSIルーメン
解像度 854×480
機能 ヘッド部分が90°回転、自動台形補正、4点補正、android OS搭載
全てを見る全てを見る

本体サイズ 192×50×50mm
重さ 440g
明るさ 100ANSIルーメン
解像度 854×480
機能 ヘッド部分が90°回転、自動台形補正、4点補正、android OS搭載
全てを見る全てを見る

Anker『Nebula Astro』

Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』 Anker『NebulaAstro』
出典:Amazon この商品を見るview item

丸いフォルムがインテリアになじむのがポイント

◆小型の丸いフォルムがかわいい
◆アイガード機能搭載で子どもが居る家庭でも安心
◆購入後も安心の製品保証付き
◆ペアレンタルコントロール機能搭載でアプリの利用を制限できる

本体サイズ 約91.2x82x89.2mm
重さ 約380g
明るさ 100ANSIルーメン
解像度 854×480
機能 Android 7.1搭載、ペアレンタルコントロール機能搭載、多様な接続方法、アイガード機能搭載
全てを見る全てを見る

本体サイズ 約91.2x82x89.2mm
重さ 約380g
明るさ 100ANSIルーメン
解像度 854×480
機能 Android 7.1搭載、ペアレンタルコントロール機能搭載、多様な接続方法、アイガード機能搭載
全てを見る全てを見る

Casio『CX-F1-RD』

Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』 Casio『CX-F1-RD』
出典:Amazon この商品を見るview item

A5サイズで持ち運びや移動が簡単

◆無線投映に対応
◆A5サイズで移動や持ち運びも簡単
◆2000ルーメンで遮光カーテンがなくても映像が見やすい
◆アクセントになったレッドカラーがおしゃれ度を引き上げる

本体サイズ 215×43×152mm
重さ 1.1kg
明るさ 2000ルーメン
解像度 WXGAリアル
機能 無線投映対応、持ち運びOK
全てを見る全てを見る

本体サイズ 215×43×152mm
重さ 1.1kg
明るさ 2000ルーメン
解像度 WXGAリアル
機能 無線投映対応、持ち運びOK
全てを見る全てを見る

Anker『Nebula Mars 3』

Anker『NebulaMars3』 Anker『NebulaMars3』 Anker『NebulaMars3』 Anker『NebulaMars3』 Anker『NebulaMars3』 Anker『NebulaMars3』
出典:Amazon この商品を見るview item

本格的な機材仕様がかっこよさを引き立てる

◆販売数量シェアNO1を誇る人気商品
◆AI補正機能搭載で映像美を楽しめる
◆最大5時間の長時間再生
◆エンタメから防災まで充実した機能を楽しめる

本体サイズ 約260×約160×約250mm
重さ 約4.5kg
明るさ 1000ANSIルーメン
解像度 1920 x 1080
機能 ミラーリング機能搭載、音声操作での操作可能、本体底面の防塵性、耐衝撃性、スクリーンフィット機能、高速オートフォーカス機能
全てを見る全てを見る

本体サイズ 約260×約160×約250mm
重さ 約4.5kg
明るさ 1000ANSIルーメン
解像度 1920 x 1080
機能 ミラーリング機能搭載、音声操作での操作可能、本体底面の防塵性、耐衝撃性、スクリーンフィット機能、高速オートフォーカス機能
全てを見る全てを見る

「一人暮らしにおすすめのプロジェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CINEMAGE『CINEMAGE min』
BenQ『HT4550i』
Anker『Nebula Capsule 3 Laser』
XGIMI『Halo+』
Acer『C250i』
ASUS『ZenBeam Latte L1』
FunLogy『FunLogyX-03』
Anker『Nebula Astro』
Casio『CX-F1-RD』
Anker『Nebula Mars 3』
商品名 CINEMAGE『CINEMAGE min』 BenQ『HT4550i』 Anker『Nebula Capsule 3 Laser』 XGIMI『Halo+』 Acer『C250i』 ASUS『ZenBeam Latte L1』 FunLogy『FunLogyX-03』 Anker『Nebula Astro』 Casio『CX-F1-RD』 Anker『Nebula Mars 3』
商品情報
特徴 おしゃれに決まる次世代型のプロジェクター 3200ルーメンの高輝度なモデルは人気 レーザー光源で明るく美しく投影 おしゃれかつコンパクトサイズでかっこよく決まる ガジェット好きにはたまらないデザインが魅力 ユニークなマグカップ型のデザインがかわいい 超小型プロジェクターで設置が簡単 丸いフォルムがインテリアになじむのがポイント A5サイズで持ち運びや移動が簡単 本格的な機材仕様がかっこよさを引き立てる
本体サイズ 72x72x106mm 420.5x135x312mm 約167x約83mm 104x190mm 131×90×90mm 192×50×50mm 約91.2x82x89.2mm 215×43×152mm 約260×約160×約250mm
重さ 390g 約950g 775g 約585g 440g 約380g 1.1kg 約4.5kg
明るさ 120ANSIルーメン 3200ルーメン 300ANSIルーメン 700 ISOルーメン 300lm (標準)、80lm (ECOモード) 最大300ルーメン 100ANSIルーメン 100ANSIルーメン 2000ルーメン 1000ANSIルーメン
解像度 480p 4K UHD 3840×2160 1920 x 1080 1920x1080 1280 × 720ドット 854×480 854×480 WXGAリアル 1920 x 1080
機能 明るさ調整可能、オフライン再生対応、幅広いデバイスに対応、騒音レベル25dB以下、高音質スピーカー内蔵、テレビ視聴対応 縦横レンズシフトと1.3倍ズーム機能、Netflix対応Android TV内蔵、映画鑑賞用のフィルムメーカーモード搭載 音声での操作可能、縦横両方の自動台形補正、オートフォーカス機能、ミラーリング機能搭載、7,000以上のアプリを自由自在に使える スマホの映像を大画面に投影、音声対応、充実の動画サービス、スクリーンへの自動アジャスト、障害物自動回避、オートフォーカス インスタントオン/オフ機能、角度の微調整、豊富なインターフェース、オートポートレートモード搭載 バッテリー内蔵、ワイヤレス接続、3時間ビデオ再生、Bluetoothスピーカー ヘッド部分が90°回転、自動台形補正、4点補正、android OS搭載 Android 7.1搭載、ペアレンタルコントロール機能搭載、多様な接続方法、アイガード機能搭載 無線投映対応、持ち運びOK ミラーリング機能搭載、音声操作での操作可能、本体底面の防塵性、耐衝撃性、スクリーンフィット機能、高速オートフォーカス機能
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 一人暮らしにおすすめのプロジェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での一人暮らしにおすすめのプロジェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホームプロジェクターランキング
楽天市場:プロジェクター 一人暮らしランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

プロジェクターを活用するメリット・デメリットを解説

ここではプロジェクターを活用するメリット・デメリットをまとめていますので参考にしてみてください。

メリット

プロジェクターを活用するメリットは主に下記になります。

・部屋のインテリアを邪魔せず、圧迫感のない部屋作りができる
・テレビよりも大きく投影できるものが多く、大画面でテレビや映画などが楽しめる
・テレビよりも安価で購入できる
・好きな場所に設置が可能


設置場所にこまらず、空間ができることでお部屋も広く見せることができますね

デメリット

逆にデメリットはどのようなものになるでしょうか?

・映像の不鮮明さを感じる場合もある
・起動に時間がかかる
・商品によっては遮光対策をする手間がかかる
・設営に時間と手間がかかる


一昔前までは映像のクリアさ、鮮明具合がまだまだでしたが高性能なプロジェクターも販売されているので機能を見るようにしましょう。

プロジェクターを配置する場所はどこがよい?設置のポイント

部屋の形によって異なりますが、一番大切なのは生活空間を損なわないことです。また、プロジェクターとスクリーンの位置は遠すぎても近すぎてもきれいに投影させることができないので注意が必要です。下記では部屋の形ごとの目安をご紹介します。

部屋の大きさや形に合わせて考える

家族でプロジェクターを使用して映画を鑑賞している画像
ペイレスイメージズのロゴ
家族でプロジェクターを使用して映画を鑑賞している画像
ペイレスイメージズのロゴ

一人暮らし用の部屋は大きさや形がさまざま。部屋の形は下記を目安にしてみてください。

長方形の部屋の目安
プロジェクターとスクリーンの距離をなるべくとるため長手方向にスクリーンとプロジェクターを設置しましょう。

正方形の部屋の目安
ソファやベットの位置を視聴位置にして設置場所を決めるのがおすすめです。

設置する場所も重要

天井に設置されたプロジェクターの画像
ペイレスイメージズのロゴ
天井に設置されたプロジェクターの画像
ペイレスイメージズのロゴ

あまりスペースの無い部屋では設置する場所もとても大切になってきます。吊るすもしくは置くなど設置方法も要検討しましょう。

また、映像が反転にならない場合は裏向けての設置や逆さに吊るすができないため注意が必要です。

生活導線は確保しよう

電話をする父親とそれを笑顔で見ている母子の画像
ペイレスイメージズのロゴ
電話をする父親とそれを笑顔で見ている母子の画像
ペイレスイメージズのロゴ

設置後は生活導線の邪魔にならないかどうか確認するのも大切なポイント。しっかりと導線を確保することで、安全かつ快適に使用できます。

スクリーンも活用してみよう

自宅でプロジェクターを使用して友人とゲームを楽しんでいる画像
ペイレスイメージズのロゴ
自宅でプロジェクターを使用して友人とゲームを楽しんでいる画像
ペイレスイメージズのロゴ

プロジェクターを使用する際はスクリーンも活用してみましょう。スクリーンを活用することで、天井以外の場所にも投影できます。また、プロジェクターを屋外で使用する際もスクリーンがあると便利。キャンプなどのアウトドアシーンでも映画などを楽しめるので、活用の幅は無限大に広がりますよ。

プロジェクターで快適な空間を楽しむ

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター:ようせい

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター

一人暮らし用のプロジェクターはあるとあらゆるシーンで活躍します。生活導線さえ確保しておけば、邪魔になることなく臨場感を味わいながら映像を楽しめます。商品ごとに明るさや機能性が異なるので、自分に合うモノをチェックしてみてください。

その他のプロジェクター関連記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button