PR(アフィリエイト)

【2024年】パススルー対応モバイルバッテリーのおすすめ13選|充電しながら給電!

【2024年】パススルー対応モバイルバッテリーのおすすめ13選|充電しながら給電!
【2024年】パススルー対応モバイルバッテリーのおすすめ13選|充電しながら給電!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年09月01日に公開された記事です。

本体への充電と接続機器への給電を同時に行えるパススルー対応モバイルバッテリー。しかし一言で言ってもAnkerやエレコム、マクセルなど複数のメーカーから多数の製品が出ているのでどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

この記事ではパススルー対応モバイルバッテリーの選び方と、アンカーやエレコム、マクセルなど人気メーカーのおすすめ商品を紹介します

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」を担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

パススルー対応のモバイルバッテリーとは?

 

パススルー対応モバイルバッテリーとは、本体に充電をしながら接続している機器へ給電し、モバイルバッテリーとスマホなどの接続機器を同時に充電が出来る製品を指します

未対応製品の場合、ACアダプター-モバイルバッテリー-スマホのように接続するとモバイルバッテリーが満充電になる、もしくはACアダプターから外さない限りはスマホに給電されませんが、パススルー対応であれば両方を同時に充電することが可能です。

外出先でモバイルバッテリーとスマホのバッテリーが少なくなっている場合やスマホの充電器が壊れて緊急で充電が必要な場合などにも使いやすいため、使用の幅が広がると言えます。

パススルー対応モバイルバッテリーは発熱に注意!

一見するとメリットしか無いように感じるパススルー対応モバイルバッテリーですが、通常のモバイルバッテリーに比べて発熱量が多いという点がデメリットとして挙げられます。充電と給電の両方を同時にこなすため、どうしても普通のものよりも電力のやり取りが増えてしまうのが主な理由です。

機構上仕方ないデメリットではあるものの、かなりの高温になってしまい長時間そのままだと低温火傷や熱暴走を引き起こしてしまう可能性も。長時間の利用は避けたり、どちらかが満充電になったら一旦電源から外すというような工夫が必要です

パススルー対応モバイルバッテリーの選び方

それでは早速パススルー対応モバイルバッテリーの選び方について見ていきましょう。ここでは5点のポイントに絞って解説します。

容量選びで迷ったら、10,000mAh以上を!

 

一昔前のモバイルバッテリーは2-3,000mAh程度しか容量が無いものが多くありましたが、最近だと5,000mAh以上が主流になっています。中でも10,000mAhを超えるようなものであればiPhoneであれば2.5回以上、その他スマホであれば2回程度の満充電を行うことができます。10,000mAhを一つの基準にしながら選択すると良いでしょう。

複数ポートを搭載していると便利!

 

スマホの他にもタブレットやスマートウォッチ、その他周辺機器などに同時に給電したい場合は複数のポートを備えているものを選びましょう。同時に接続を行うことにより、より効率的に充電を行うことができます。小容量のものであれば1~2個程度、大容量のものであれば3個以上のポートを持つものもあります。

また、「すべてのポートの合計出力容量」も重要です。いくらポート数が多くても合計出力数が低いと充電に時間がかかり、急速充電が出来ません。スマホであれば急速充電の目安は2.4A以上のため、一口あたり2.4A以上を出力できる製品を選ぶと良いでしょう

持ち運ぶなら、サイズや重量をチェック

 

モバイルバッテリーはもちろん持ち運んで使用するということが大半です。なので、出来るだけコンパクトで軽いものが好適ではあるものの、あまり軽すぎると今度は容量や充電速度などが心もとなくなってしまうという弊害があります。

10,000mAhであればおよそ200g前後、20,000mAhであればおよそ350g前後のものが多いため、実際に触ったり同じ重さのものをカバンに入れて持ってみたりしてシミュレーションを行っておくと良いでしょう

過熱防止機能がついていると安心!

 

記事冒頭で、デメリットの部分でパススルー対応モバイルバッテリーは発熱しやすいと述べましたが、一定の温度以上にならないように出力を調整する「過熱防止機能」が付いていると安心して使用できます

この機能がついていないと際限なく本体温度が上がり、火傷や発火などの事故に繋がってしまうおそれがあります。もちろん過熱防止機能が付いているからと過信して高温になる場所に放置したり長時間の使用を行ったりなどは避けましょう。

残量表示機能付きならひと目で確認できる!

 

モバイルバッテリーの中には現在のバッテリー残量に応じてランプの色や点滅状態が変わったり、液晶が付いていてそちらを見れば残量が%表示されていたりなど残量がすぐに分かるようになっているものがあります。

こういった製品であればあとどの程度使用できるのかということが一目瞭然なため、利便性が高いと言えるでしょう。そういったランプを利用して手元灯としても使えるようにしているモデルもあります。

パススルー対応モバイルバッテリーの人気メーカー

ここではパススルー対応モバイルバッテリーの中でもとくに人気のあるメーカー3社の特徴をご紹介します。

Anker (アンカー)

 

AnkerはGoogleで働いていた数名を中心として2011年に設立された中国のメーカーで、主にモバイルバッテリーやスピーカー、イヤホンなどを中心に展開しています。

Ankerの製品はコスパが高く、低価格帯でも大容量のバッテリーやPD対応のものなども少なくありません。また、ECサイトなどでのレビューやカスタマーの声を直接開発チームが確認し、迅速に問題点を解決する「Direct to Customer」方式も有名です。

ELECOM(エレコム)

 

ELECOMは1986年に大阪で設立された老舗の大手PC周辺機器メーカーです。マウスやキーボード分野では国内でもトップシェアをほこっており、販売している商品数は型番ベースでおよそ17,000点で年間4,000点以上が開発され、3-4年の周期ですべての製品が入れ替わるようになっているのが特徴。

その中でモバイルバッテリーも数多く手掛けており、デザイン性よりコスパと機能性にこだわった製品が多く輩出されています

Maxell(マクセル)

 

元々は日立グループの記録メディアブランドとして1961年に設立された企業でしたが、2017年に独立し、現在はマクセル株式会社として乾電池やモバイルバッテリー、DVDなどの記録媒体を制作しています。

急速充電に対応したモデルやマグネット式の吸着パッドを採用したモデル、カラーバリエーション豊富な製品などユニークな製品ラインナップが特徴。家電量販店などでも多数展開されているので、手に入りやすいのもメリットと言えます。

パススルー対応モバイルバッテリーのおすすめ13選

Anker(アンカー)『521 Power Bank』

Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』 Anker(アンカー)『521PowerBank』
出典:Amazon この商品を見るview item

急速充電対応で、ノートPCにも使える!

AnkerのUSB急速充電器とモバイルバッテリーの利便性を組み合わせたフォルムが特徴の売れ筋モデルです。充電器として45W、モバイルバッテリーとして20Wの大容量出力をほこり、超高速での急速充電に対応

スマホだけでなく小型のノートPCなどにもしっかりと充電できる頼もしい性能をしています。約0.03秒に1回行われる温度管理チェックにより、安全性が高いという点も見逃せません。

容量 5000mAh
重量 約200g
サイズ 約71x60x31mm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー
全てを見る全てを見る

容量 5000mAh
重量 約200g
サイズ 約71x60x31mm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『Anker 622 Magnetic Battery』

Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』 Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』 Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』 Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』 Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』 Anker(アンカー)『Anker622MagneticBattery』
出典:Amazon この商品を見るview item

簡易的なスタンドとしても動画視聴に便利!

Ankerのマグネットを搭載した小型のモバイルバッテリーです。強力なマグネット式ワイヤレス充電を行うことができ、約900gまでの重量に対応。

主にiPhoneなどを充電する際に大活躍してくれます。折りたたみ式のスタンドを備えているので、簡易スマホ立てとしても利用することが可能。横置きで動画視聴やゲームなどを充電しながら行えます

容量 5000mAh
重量 約140g
サイズ 約105x67x13mm
ポート数 USB-C
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー
全てを見る全てを見る

容量 5000mAh
重量 約140g
サイズ 約105x67x13mm
ポート数 USB-C
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『PowerHouse 90』

Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』 Anker(アンカー)『PowerHouse90』
出典:Amazon この商品を見るview item

大容量の次世代モバイルバッテリー

約24,000mAhと群を抜いて大容量になっているのが特徴のAnkerのパススルー対応モバイルバッテリーです。これだけ大容量になっているため、MacBook Airでもフル充電を行うことが可能。iPhoneであれば5回程度の満充電を行うことができます。AC出力も最大で100Wまで対応しており、カメラなどの小型家電にも使えるのは大きなポイント。

小さなポータブル電源といっても差し支えのない性能を持っています。搭載されているLEDは環境に合わせて点灯の強さを変えたり災害救助要請時のフラッシュモードなどが備わっているため、万が一の防災グッズとしても重宝するでしょう。

容量 約24,000mAh
重量 約845g
サイズ 約201 x 120 x 31mm
ポート数 USB-C×A、USB-C×1、AC×1
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

容量 約24,000mAh
重量 約845g
サイズ 約201 x 120 x 31mm
ポート数 USB-C×A、USB-C×1、AC×1
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『Nano Power Bank(A1653)』

Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』 Anker(アンカー)『NanoPowerBank(A1653)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ケーブルがないので扱いやすい

USB-C端子一体型でケーブルレスで充電できるモデル。充電しながらでも、快適にスマホを操作できるのが魅力です

コンパクトサイズかつ、一体型のUSB-C端子部分は折りたためるので、ほかの荷物を傷つけず持ち運べるでしょう。 容量は5,000mAh、出力は最大22.5Wを実現。コンパクトながらパワーも兼ね備えています。

容量 5000mAh
重量 102g
サイズ 7.7×3.68×2.5cm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、グレイッシュブルー
全てを見る全てを見る

容量 5000mAh
重量 102g
サイズ 7.7×3.68×2.5cm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、グレイッシュブルー
全てを見る全てを見る

ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』

ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item

高級感のあるデザインがアクセント

10,000mAhという大容量でありながら4,000円以下という低価格を実現させたELECOMのパススルー対応モバイルバッテリーです。USB-Cポートは20WのPD出力に対応しているため、急速充電を行うことが可能

USB-Aポートも最大で12Wの出力となっているため、充電能力は申し分ありません。革をあしらった高級感のあるデザインとなっており、外で出して使用しやすいのもメリットです。

容量 10000mAh
重量 約268g
サイズ 約77mm×奥行約17mm×高さ約142mm
ポート数 USB-A×1、USB-C×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

容量 10000mAh
重量 約268g
サイズ 約77mm×奥行約17mm×高さ約142mm
ポート数 USB-A×1、USB-C×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』

オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』 オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』 オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』 オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』
出典:Amazon この商品を見るview item

LEDライト搭載で災害時にも活躍

日本のPC周辺機器メーカーであるオーム電機から販売されている大容量モバイルバッテリーです。とくに急速充電の規格に対応してはいませんが、USB-Aポートを2口搭載しているため、機器2つを同時に充電することが可能。

コスパに優れており、2,000円台で購入できるというのは大きな魅力と言えるでしょう。本体中央に明るいLEDライトを搭載しており、災害時の懐中電灯代わりとして使える点も利点です

容量 10000mAh
重量 約230g
サイズ 幅73×高さ109×奥行き23mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト
全てを見る全てを見る

容量 10000mAh
重量 約230g
サイズ 幅73×高さ109×奥行き23mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト
全てを見る全てを見る

AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』

AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』 AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』 AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

クレジットカードより小さい超コンパクト設計

2005年にドイツで設立され、現在は中国の深セン市にてモバイルバッテリーなどを手掛けているAUKEYの売れ筋モデルです。黒・白・ピンクの3種類のカラーバリエーションを展開しており、自分の好みに合わせて選ぶことが出来るのが利点。

また、174gでクレジットカードよりも小さい本体は持ち運びもしやすく、カバンの中にサッと入れておくことが出来ます。さまざまな急速充電規格に対応しているため、どんなスマホでも使用しやすいというのもポイントと言えるでしょう。

容量 10000mAh
重量 174g
サイズ 27.0x57.7x80.5mm
ポート数 USB-A×1、USB-C×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト、ブラック、ピンク
全てを見る全てを見る

容量 10000mAh
重量 174g
サイズ 27.0x57.7x80.5mm
ポート数 USB-A×1、USB-C×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト、ブラック、ピンク
全てを見る全てを見る

maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』

maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』 maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』 maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

カラバリが豊富、好みのカラーを選べる

重量約130gと軽量で持ち運びしやすいマクセルの小型モバイルバッテリーです。電池残量がひと目でわかる4基のLEDを搭載しているため、あとどれくらい使用できるかが分かりやすいのがポイント

カラーバリエーションは8色展開されており、自分の好みの色を幅広く選ぶことが出来ます。急速充電や複数機器の同時給電は出来ないものの、その小ささや軽量さから緊急時の予備バッテリーとして持ち運びしやすい製品と言えるでしょう。

容量 6700mAh
重量 130g
サイズ 幅45mm×高さ98mm×厚み22.5mm
ポート数 USB-A×1
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ホワイト、ブラック、ピンク
全てを見る全てを見る

容量 6700mAh
重量 130g
サイズ 幅45mm×高さ98mm×厚み22.5mm
ポート数 USB-A×1
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ホワイト、ブラック、ピンク
全てを見る全てを見る

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』

SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』
出典:Amazon この商品を見るview item

電池残量がひと目で確認できる!

老舗の国内大手PC周辺機器メーカー、サンワサプライの20,000mAhという大容量が大きな特徴のモバイルバッテリーです。価格は少し高めなものの、ACコンセント出力が出来るようになっており、ノートPCへの給電や電力の消費が少ない扇風機などの家電にも使用することが可能。利便性の高さが売りです。

本体にマグネットが内蔵されているため、デスク横などにピタッと固定をすることが出来るのもポイント。USB-Aポートを2口搭載しています。

容量 5000mAh
重量 約800g
サイズ W98×D185×H38mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

容量 5000mAh
重量 約800g
サイズ W98×D185×H38mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

Silicon Power(シリコンパワー)『Dash C50 5000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』

SiliconPower(シリコンパワー)『DashC505000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』 SiliconPower(シリコンパワー)『DashC505000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』 SiliconPower(シリコンパワー)『DashC505000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

薄型スリム設計のベーシックモデル

メモリーカードや記録媒体などの製品が有名な台湾のメーカー、シリコンパワーのパススルー対応モバイルバッテリーです。2ポート合計出力数2.1A、容量5,000mAhと基本的なスペック面はそこまで高機能ではありませんが、比較的安価で購入できるという点と、とにかく小さく薄い本体が大きな特徴。

とくに厚さは12.3mmしかなく、かさばりやすい主要なモバイルバッテリーの中でも抜群の小ささを特徴としています。ストラップホールがついているため、落下防止などの観点からも優秀と言えます。

容量 5000mAh
重量 102g
サイズ 90.4×63.1×12.8mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト
全てを見る全てを見る

容量 5000mAh
重量 102g
サイズ 90.4×63.1×12.8mm
ポート数 USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト
全てを見る全てを見る

HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』

HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』 HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』 HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』
出典:Amazon この商品を見るview item

最大で同時に3デバイスの充電が可能

USB-Cで入出力が可能な高コスパパススルー対応モバイルバッテリーです。USB-C1口、USB-A2口になっており、最大で同時に3台の機器を充電することが可能

主だった急速充電規格には対応していないものの、この価格帯でこの容量ということを考えるとコスパが高いと言えるでしょう。入力専用のmicroUSBも搭載されているので、パススルーを行いながら3台同時充電も可能です。

容量 10000mAh
重量 約211g
サイズ 95.8 × 63× 26mm
ポート数 USB-C×2、microUSB×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト、ブラック
全てを見る全てを見る

容量 10000mAh
重量 約211g
サイズ 95.8 × 63× 26mm
ポート数 USB-C×2、microUSB×1
過熱防止機能の有無
カラー展開 ホワイト、ブラック
全てを見る全てを見る

INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』

INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』
出典:Amazon この商品を見るview item

わずか30分で60%以上の急速充電

最先端の急速充電テクノロジーを組み合わせることで、iPhone 13を30分で62%まで急速充電できるモバイルバッテリー

最大3台まで同時充電可能なので、家族や友人と共有することもできます。10,500mAhと十分な容量を持ちながら、コンパクトで軽量な本体デザインに仕上がっています。

容量 10500mAh
重量 約210g
サイズ 13.6×7×1.5cm
ポート数 USB-C×1、USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

容量 10500mAh
重量 約210g
サイズ 13.6×7×1.5cm
ポート数 USB-C×1、USB-A×2
過熱防止機能の有無
カラー展開 ブラック
全てを見る全てを見る

CIO『SMARTCOBY Pro 30W2C』

CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』 CIO『SMARTCOBYPro30W2C』
出典:Amazon この商品を見るview item

パソコンも充電できる30W出力

スマホやタブレットだけでなく、ノートパソコンやゲーム機も充電できるモバイルバッテリーです。パワフルかつ大容量なのにクレジットカードより小さいサイズを実現

さらに、蓄電も約100分で完了とスピーディなのもポイントです。またバッテリー残量は、わかりやすいパーセントで表示されます。

容量 10000mAh
重量 約178g
サイズ 約77×56×26mm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト
全てを見る全てを見る

容量 10000mAh
重量 約178g
サイズ 約77×56×26mm
ポート数 USB-C×2
過熱防止機能の有無 ×
カラー展開 ブラック、ホワイト
全てを見る全てを見る

「パススルー対応モバイルバッテリー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker(アンカー)『521 Power Bank』
Anker(アンカー)『Anker 622 Magnetic Battery』
Anker(アンカー)『PowerHouse 90』
Anker(アンカー)『Nano Power Bank(A1653)』
ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』
オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』
AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』
maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』
SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』
Silicon Power(シリコンパワー)『Dash C50 5000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』
HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』
INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』
CIO『SMARTCOBY Pro 30W2C』
商品名 Anker(アンカー)『521 Power Bank』 Anker(アンカー)『Anker 622 Magnetic Battery』 Anker(アンカー)『PowerHouse 90』 Anker(アンカー)『Nano Power Bank(A1653)』 ELECOM(エレコム)『Stylxyシリーズ(EC-C06BK)』 オーム電機『モバイルチャージャー(SMP-JV33)』 AUKEY(オーキー)『モバイルバッテリー(PB-N83S-BK)』 maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-C6700PWH)』 SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『モバイルバッテリー(BTL-RDC16MG)』 Silicon Power(シリコンパワー)『Dash C50 5000mAh(SP5K0MAPBKC50CPWJE)』 HIDISC『モバイルバッテリー(HD-MBTC10000GF)』 INIU『モバイルバッテリー(BI-B6)』 CIO『SMARTCOBY Pro 30W2C』
商品情報
特徴 急速充電対応で、ノートPCにも使える! 簡易的なスタンドとしても動画視聴に便利! 大容量の次世代モバイルバッテリー ケーブルがないので扱いやすい 高級感のあるデザインがアクセント LEDライト搭載で災害時にも活躍 クレジットカードより小さい超コンパクト設計 カラバリが豊富、好みのカラーを選べる 電池残量がひと目で確認できる! 薄型スリム設計のベーシックモデル 最大で同時に3デバイスの充電が可能 わずか30分で60%以上の急速充電 パソコンも充電できる30W出力
容量 5000mAh 5000mAh 約24,000mAh 5000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 6700mAh 5000mAh 5000mAh 10000mAh 10500mAh 10000mAh
重量 約200g 約140g 約845g 102g 約268g 約230g 174g 130g 約800g 102g 約211g 約210g 約178g
サイズ 約71x60x31mm 約105x67x13mm 約201 x 120 x 31mm 7.7×3.68×2.5cm 約77mm×奥行約17mm×高さ約142mm 幅73×高さ109×奥行き23mm 27.0x57.7x80.5mm 幅45mm×高さ98mm×厚み22.5mm W98×D185×H38mm 90.4×63.1×12.8mm 95.8 × 63× 26mm 13.6×7×1.5cm 約77×56×26mm
ポート数 USB-C×2 USB-C USB-C×A、USB-C×1、AC×1 USB-C×2 USB-A×1、USB-C×1 USB-A×2 USB-A×1、USB-C×1 USB-A×1 USB-A×2 USB-A×2 USB-C×2、microUSB×1 USB-C×1、USB-A×2 USB-C×2
過熱防止機能の有無 × × × × × ×
カラー展開 ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルー ブラック ブラック、ホワイト、グリーン、パープル、グレイッシュブルー ブラック ホワイト ホワイト、ブラック、ピンク ホワイト、ブラック、ピンク ブラック ホワイト ホワイト、ブラック ブラック ブラック、ホワイト
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

パススルー対応モバイルバッテリーの活用シーン

こちらでは具体的なパススルー対応モバイルバッテリーの利点や活用できる場面をご紹介します。

(1)出張先や旅行先

旅行先のホテルの画像
ペイレスイメージズのロゴ
旅行先のホテルの画像
ペイレスイメージズのロゴ

外泊先で一日モバイルバッテリーを併用しながらスマホやタブレットを利用し、明日また使用しなければいけないけれども余分な充電器は持ってきていない…という状況にパススルー対応モバイルバッテリーは重宝します。

同時に充電を行うことができるため充電器は一つで良いですし、充電器が内蔵されているモバイルバッテリーであれば本体をAC電源に直接挿入、その他の充電したい機器をモバイルバッテリーに挿すだけですぐに充電を完了できます。

出先での手間を格段に減らせるのが、パススルー対応モバイルバッテリーの最大の利点と言えるでしょう

(2)お出かけ前や就寝中

就寝中の男性の画像
ペイレスイメージズのロゴ
就寝中の男性の画像
ペイレスイメージズのロゴ

外出時間までもうそんなに時間がないけどまだ準備が終わっていない、少しでも充電したいと言う切羽詰まった状況でもパススルー対応モバイルバッテリーであれば、バッテリー本体と充電機器を接続してコンセントに挿しておくだけで充電を開始できます。

こちらであればセッティングの時間を最小限にし、他の準備に時間を費やすことが出来るというのが利点です。また、宿泊先のホテルなどで充電するためのコンセントの数が限られている場合に、パススルー対応であれば一つの給電口から2つとも同時に充電することができます

非対応の場合はどちらか片方しか充電できない上に片方の充電終了後、充電を差し替える必要がありますが就寝中にわざわざ起きてそんなことをするのは煩わしいですよね。こちらもパススルー対応で解決できます。

(3)充電器が壊れたとき

充電ケーブルがごちゃごちゃしている画像
ペイレスイメージズのロゴ
充電ケーブルがごちゃごちゃしている画像
ペイレスイメージズのロゴ

今まで使用していたスマホの充電器が突然壊れてしまい、困ってしまった場合にもパススルー対応モバイルバッテリーは好適。この場合は充電器も兼ねた製品が望ましいですが、モバイルバッテリーをAC電源に差し込んでスマホをそのままケーブルで繋ぎ、今までと変わらない充電を行うことが可能です。

充電器を兼ねたパススルー対応モバイルバッテリーは急速充電に対応している場合が多く、スマホが急速充電出来るのであればすぐに充電が終わるのも大きなポイント。充電器が壊れてしまった場合でも不都合を感じず使用することが出来るでしょう。

モバイルバッテリーに関連する記事のご紹介

まとめ:利便性の高さから活用の幅が広がる!

今回はパススルー対応モバイルバッテリーの選び方とおすすめ製品、使用に便利なシーンについてご紹介しましたが、いかがですか。

最近では非対応製品とそこまで価格も変わらずに購入することが可能で、利便性の高さから活用の幅が広がる機能ということが言えます。みなさんもこれを機会にパススルー対応モバイルバッテリーを導入し、便利な生活を手に入れてみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button