日本製のモバイルバッテリーおすすめ5選【チーロやエレコムなど】外出先のスマホ充電

日本製のモバイルバッテリーおすすめ5選【チーロやエレコムなど】外出先のスマホ充電
電脳系フリーライター
早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。 1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。 1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。 決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。現在さまざまなモバイルバッテリーが販売されていますが、なかには品質の低い製品も存在します。たとえば、数回使っただけで充電できなくなってしまう、パッケージに記載されている容量よりも大幅に少ないといったトラブルはよくある話ですし、発火により火災などの事故に至るケースもあります。この記事では、安心して使用できる日本製(国内メーカー)のモバイルバッテリーについて、その選び方とおすすめ製品をいくつかご紹介します。この記事を参考に、安心して使えるモバイルバッテリーを探してみてください。


日本製モバイルバッテリーの選び方 電脳系フリーライターに聞いた

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

駅のホームでスマートフォンを見ている人々

Photo by Jens Johnsson on Unsplash

モバイルバッテリーは常に持ち歩くものなので、故障などが起こる場合があります。品質などにこわだる日本製だとより安心ですね!

国内メーカーにこだわる

電脳系フリーライター

現在、大半のモバイルバッテリーは中国で製造されているため「完全に日本製」という製品はほとんどありませんが、日本のメーカーが扱うモバイルバッテリーは安全性に配慮した高品質な製品が数多く揃っています。

たとえば、国内バッテリーメーカーとして名高いcheero(チーロ)ではさまざまな検査を実施するほか、内部の温度が上昇した際に回路をクローズする日本製温度ヒューズを搭載した製品もラインアップされるなど、安全性を確保しています。ほかにも、maxell(マクセル)、SONY(ソニー)、BUFFALO(バッファロー)、ELECOM(エレコム)、サンワサプライ、トリニティなどの国内メーカーがモバイルバッテリーを取り扱っています。

用途に合った容量・本体サイズを選ぶ

電脳系フリーライター

モバイルバッテリーは「mAh」で表される容量が大きいほど、スマホに充電できる回数が多くなります。しかし、容量が大きいほど本体サイズも大きく重たくなりますので、「外出先でスマホを1回だけフル充電できれば十分」という人が必要以上に大容量のバッテリーを持ち歩くのはナンセンスです。

外出先でスマホを1〜2回程度充電したいなら5000mAh〜10,000mAh、旅行や出張に持っていく場合やタブレットにも充電したい人は20,000mAhクラスのバッテリーを選ぶといいでしょう。なお、バッテリー容量は充電時に変換ロスが生じるため、実際に充電できるのは、表示容量よりも少なくなります。

BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』

13400mAhと大容量でスマホ以外にも、タブレットや対応ゲーム機・デジカメなどにも使え、機内持ち込みもできるので旅行や出張に便利!約500回使用できる充電式リチウムイオン電池を内蔵しています。

>> PayPayモールで詳細を見る

充電速度に注目する

電脳系フリーライター

外出先でスマホのバッテリーが切れたとき、モバイルバッテリーの充電が速い方がもちろん快適です。充電性能は出力を示す電力(W)が高いほど高速であると言えます。電力(W)は「電圧(V)×電流(A)」の計算で求めることも可能です。

なお、「Quick Charge 2.0/3.0」(QC)に対応しているデバイス(一部のAndroidスマホなど)では、QC対応モバイルバッテリーを選ぶと充電が最大4倍速くなりますし、iPhone 8以降のiPhone各モデルや最近のAndroidスマホなどの「USB Power Delievry」(USB PD)に対応したモバイル端末では、USB PDに対応したモバイルバッテリーを選ぶと18Wの急速充電が可能です。

cheero『Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101)』

USB PD対応なので、本体の充電も、PD対応機器への充電も最大18Wの超高速充電可能!

>> 楽天市場で詳細を見る

日本製モバイルバッテリーおすすめ5選 電脳系フリーライターが選ぶ

ここまでで紹介した日本製モバイルバッテリーの選び方のポイントをふまえて、電脳系フリーライターの早川厚志さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

薄型で軽いものや大容量のものなどいろいろありますが、どれも安全性にこだわっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cheero(チーロ)『Power Plus 3 mini 6700mAh(CHE-068)』

出典:Amazon

サイズ 約92×43×23mm
重量 約130g
バッテリー容量 6700mAh
充電回数(目安) iPhone 8:約2回
充電時間 約3時間30分
対応機器 iPhone各種、iPod、iPad各種、MicroUSB対応スマートフォン/タブレット、Wi-Fiルーター
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

ポケットに入れて持ち歩くのに適した容量&サイズ

高品質で定評のあるcheeroの、持ち運びに便利なモバイルバッテリーです。手のひらにすっぽりと収まるコンパクトさ、かつ軽量でありながらも容量は6700mAhで、iPhone 8なら約2回充電できます。

USBポート(USB Type-A)を1つ搭載したシンプル設計ながらも、接続されたデバイスを自動で認識して最適な電流を流す「AUTO-IC機能」を搭載しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-CW10000P)』

サイズ 63.5×96×22mm
重量 約180g
バッテリー容量 10050mAh
充電回数(目安) iPhone 7:約3.4回
充電時間 約4.5時間
対応機器 iPhone、Android
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

電池事業で長い歴史を持つ、信頼のMaxell製

電池の生産で長い歴史を誇るMaxellのモバイルバッテリーです。容量は10050mAhでiPhone 7なら約3.4回充電できます。最大出力2.1Aで急速充電に対応し、2つのUSBポートから2台のスマホを同時に充電できます。

カラーは「ブラック」、「ホワイト」、「ピンク」、「ライム」、「チョコレート」の5色用意されているので、好みのファッションやスマホカバーに合わせて選べます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ELECOM(エレコム)『モバイルバッテリー(EC-M02WF)』

出典:Amazon

サイズ 75×85×27mm
重量 約210g
バッテリー容量 6700mAh
充電回数(目安) スマートフォン(バッテリー容量約1800mAh):約2.2回
充電時間 コンセントプラグ:約2時間50分、MicroBコネクタ:約3時間40分(1.8A以上のAC充電器使用時)
対応機器 iPhoneおよびUSB端子で充電するスマートフォン
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

USB充電器としても使えるACプラグ一体型

本体に搭載されたAC電源プラグをコンセントに挿し込むだけで、バッテリー本体を直接充電(蓄電)できる、6,700mAhのモバイルバッテリーです。コンセントに挿している本体にスマホを接続することで、USB充電器としても使用できます。

また、バッテリーにスマホを接続するだけで充電を開始するので、「ボタンを押し忘れて充電されていなかった」といったミスを防げます。USB(Type-A)ポートを2つ搭載し、ICが接続機器を自動で見分けて最適な出力で充電されます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cheero(チーロ)『Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101)』

出典:Amazon

サイズ 約46×98×24mm
重量 約205g
バッテリー容量 10000mAh
充電回数(目安) iPhone 8:約3.5回
充電時間 約3時間(PD対応USBアダプタを使用した場合)
対応機器 iPhone各種、iPod、iPad各種、USB Type-C / micro USB対応スマートフォン/タブレットほか
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

コンパクトなのに大容量、しかもUSB PD対応

10,000mAhという容量がありながら手の平に収まるコンパクトサイズを実現した、アルミ素材ボディが印象的なバッテリーです。USB-CおよびUSB-Aの2ポートを備え、USB PDに対応したデバイスなら18Wで急速充電、バッテリー本体へも約3時間でフルチャージ可能です。

USB-CとUSB-Aの両ポートを使って2台のデバイスを同時に充電することもできます。ボディにはデジタル式のインジケーターを搭載し、バッテリー残量が1%きざみで正確にわかります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』

BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』

出典:楽天市場

サイズ 76.5×116.5×24mm
重量 約256g
バッテリー容量 13400mAh
充電回数(目安) iPhone 6s:約5回分、9.7インチiPad Pro:約1.1回分
充電時間 約8.5時間
対応機器 iPhone/iPadシリーズ、USB充電対応のAndroidスマートフォン・タブレット、PCのUSB充電対応のゲーム機ほか
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

2段階の回路、安全装置付きのバッテリーセルを搭載

スマホ2台持ちの人や出張にも適した13,400mAhの大容量バッテリーです。iPad Pro(9.7インチ)に約1.1回充電できるので、タブレットに充電したい人にもおすすめです。

2つのUSB(Type-A)ポートは、充電方式の異なるiPhone/AndroidをICが自動判別し、接続されたデバイスに最適な出力を行う機能を備え、どちらのポートにどの機種を接続しても、自動で急速充電可能。

さらに、出力電流を検知して充電していない時は自動で電源がオフになるのに加え、使用時の過電流(ショート)や過電圧などの異常を検知すると、動作を停止してスマホを保護する2段階の回路、安全装置付のバッテリーセルを搭載するなど、安心・安全に充電できます。「ブラック」と「ホワイト」の2色展開です。

「日本製モバイルバッテリー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
cheero(チーロ)『Power Plus 3 mini 6700mAh(CHE-068)』
maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-CW10000P)』
ELECOM(エレコム)『モバイルバッテリー(EC-M02WF)』
cheero(チーロ)『Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101)』
BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』
商品名 cheero(チーロ)『Power Plus 3 mini 6700mAh(CHE-068)』 maxell(マクセル)『大容量モバイル充電バッテリー(MPC-CW10000P)』 ELECOM(エレコム)『モバイルバッテリー(EC-M02WF)』 cheero(チーロ)『Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101)』 BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』
商品情報
特徴 ポケットに入れて持ち歩くのに適した容量&サイズ 電池事業で長い歴史を持つ、信頼のMaxell製 USB充電器としても使えるACプラグ一体型 コンパクトなのに大容量、しかもUSB PD対応 2段階の回路、安全装置付きのバッテリーセルを搭載
サイズ 約92×43×23mm 63.5×96×22mm 75×85×27mm 約46×98×24mm 76.5×116.5×24mm
重量 約130g 約180g 約210g 約205g 約256g
バッテリー容量 6700mAh 10050mAh 6700mAh 10000mAh 13400mAh
充電回数(目安) iPhone 8:約2回 iPhone 7:約3.4回 スマートフォン(バッテリー容量約1800mAh):約2.2回 iPhone 8:約3.5回 iPhone 6s:約5回分、9.7インチiPad Pro:約1.1回分
充電時間 約3時間30分 約4.5時間 コンセントプラグ:約2時間50分、MicroBコネクタ:約3時間40分(1.8A以上のAC充電器使用時) 約3時間(PD対応USBアダプタを使用した場合) 約8.5時間
対応機器 iPhone各種、iPod、iPad各種、MicroUSB対応スマートフォン/タブレット、Wi-Fiルーター iPhone、Android iPhoneおよびUSB端子で充電するスマートフォン iPhone各種、iPod、iPad各種、USB Type-C / micro USB対応スマートフォン/タブレットほか iPhone/iPadシリーズ、USB充電対応のAndroidスマートフォン・タブレット、PCのUSB充電対応のゲーム機ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月13日時点 での税込価格

日本製モバイルバッテリーを選ぶ際のアドバイス 電脳系フリーライターに聞いた

電脳系フリーライター

メーカー公式サイトで安全性や保証期間を確認しよう

電気用品安全法の改正により、2019年2月からは「PSEマーク」のないモバイルバッテリーは国内では販売できなくなりました。

しかし、モバイルバッテリーのPSEマークは、各メーカーによる「自主検査に適合した」という意味であり、国などの検査機関から安全を保証されているわけではありません。

日本メーカーのほとんどのバッテリーは日本語によるWebページが用意されていますので、購入前に安全性や保証期間などを確認して選ぶといいでしょう。

そのほかのモバイルバッテリー関連記事はこちら 【関連記事】

モバイルバッテリーは外出時にひとつもっていると安心のアイテムです。容量や性能、形状、急速充電対応など、考慮すべきポイントがいくつかあります。

大容量モバイルバッテリーの選び方や高速充電のコツ、20,000mAh以上のおすすめモバイルバッテリーをいくつかご紹介します。

短時間でのフル充電を可能にする「急速充電」対応のモバイルバッテリー。選び方をはじめ、iPhone/Androidスマホを急速充電できるおすすめのモバイルバッテリーを紹介します。

外出先でノートパソコンの充電が切れてしまうと、資料や報告書などを作成できなかったり、顧客へのプレゼンができなかったりと、仕事にさまざまな影響がでてしまいます。そんなときに便利なのがノートパソコンにも使えるモバイルバッテリーです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/13 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)
※2020/2/13 一部コンテンツ修正のために記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る