PR(アフィリエイト)

コールマンのインフレーターマットおすすめ5選!人気の秘密や魅力を紹介

コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354
出典:Amazon
コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

登山やキャンプ、ツーリング、車中泊に大活躍のインフレーターマット。アウトドアブランド王手のコールマンからも、インフレーターマットが販売されています。この記事ではコールマンのインフレーターマットの魅力やおすすめ商品を紹介します。

記事後半には通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるのであわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

インフレーターマットとは

 

インフレーターマットとは、空気を充填して使用するマットのこと。キャンプやアウトドア活動に非常に適しており、その軽さと小さく畳むことができる特性から、持ち運びにとても便利です。

空気の量を調節することで、マットの硬さを自分の好みに合わせて変えることが可能です。さらに、地面の凹凸を緩和する効果があり、これにより快適な寝心地を提供。地面からの冷気を遮断する性能も備えているため、寒い季節や低温地域でのキャンプにも最適です。

ただし、このマットを使用する際は、刃物や岩などで穴が開かないよう注意が必要です。また、マット内に空気を充填・排出するためには通常、手動のポンプを使用したり自分で息を吹き込む必要がありますが、近年では自動で充填できるモデルも増えてきているので、買う前に確認するとよいでしょう。

これらの特性を理解しておけば、インフレーターマットを最大限に利用することが可能です。

コールマンとは

 

コールマンは、アウトドア機器の製造と販売で全世界にその名を知られているアメリカの会社。1901年に設立、その始まりはガソリンランプの作成からで、その明るく安定した光を提供するランプが、コールマンの成功への礎を築きました。

時を経て、コールマンはキャンプ用品とアウトドア機器の作成に主眼を置くようになり、テントからスリーピングバッグ、クーラーボックス、ストーブ、ランタンといった多様な商品を提供するに至りました。これらの商品は、その耐久性と信頼性で名を馳せ、アウトドア愛好家やキャンパーから絶大な評価を得ています。

コールマンは、アウトドア体験をより楽しみ、気持ちよくする商品を提供することに全力を注いでいます。その結果、コールマンの商品群は、家族旅行のキャンプからバックパッキング、音楽フェスティバルといった、様々なアウトドアイベントでコールマンを見ないことはない、という状況になっています。

コールマンのインフレーターマットの魅力

 

コールマンのインフレーターマットは、快適さを追求した設計が施されており、マットの厚みや空気の充填量を調節することで、理想的な硬さや高さを選べます。これにより、どんな地形や状況でも心地よい寝心地が得られるでしょう。

そして耐久性についても、コールマンは特筆すべきです。マットは、厳しいアウトドア環境に耐えうるように作られていて、岩場や根っこによる損傷を防ぐための強度と、空気漏れを防ぐための高品質なバルブ設計が特徴。

また、使い勝手の良さもコールマンの魅力。マットは、空気を抜くと驚くほどコンパクトになり、重量も軽いため、携帯や収納が容易です。また、一部のモデルには、手動でポンプを操作することなく短時間で充填できる自動充填システムが付いているので忙しい設営の時にたすかりますね。

インフレーターマットの選び方

 

インフレーターマットを選ぶ際に重要なのが、用途とサイズ。使用するシーンは、テントや車中泊などが代表的です。インフレーターマットを選ぶポイントを紹介しましょう。

・キャンプや車中泊の場合は、寝心地を重視!
・登山やツーリングの場合は、収納性・持ち運び性を重視!
・利用人数に合わせてマットのサイズを決めよう
・使いやすさに関わる機能性に注目

上記のポイントを押さえることで、より欲しいインフレーターマットが探せます。

コールマンのインフレーターマットおすすめ5選

ここからは、編集部が厳選したコールマンのインフレーターマットのおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』
出典:Amazon この商品を見るview item

マットのふくらみ自由自在

連結ができるインフレーターマット。側面についているスナップボタンでつなぎ、ダブルサイズとして使うことも可能です。もちろんシングルサイズのままの使用でも、厚みや長さがあるので快適な寝心地です。

マットのふくらみが足りない場合は、付属の収納ケースで空気を送ることができるので、好みのふくらみ加減に調整できます。

サイズ 横63×縦195×厚さ5cm
収納サイズ 直径15×長さ70cm
本体重量 1.8kg
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

サイズ 横63×縦195×厚さ5cm
収納サイズ 直径15×長さ70cm
本体重量 1.8kg
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット ハイピーク/シングル(厚さ10cm)』

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル(厚さ10cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル(厚さ10cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル(厚さ10cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル(厚さ10cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル(厚さ10cm)』
出典:Amazon この商品を見るview item

マットのふくらみ自由自在

コールマンの自動膨張式マットレスで、厚さ10cmのクッションが特徴です。まるで自宅のベッドのような快適さを提供し、キャンプでの睡眠を格段に向上させます。

マットのふくらみが足りない場合は、付属の収納ケースで空気を送ることができるので、好みのふくらみ加減に調整できます。ただし、空気を入れるときや抜くときには少し時間がかかるので気を付けましょう。

サイズ 横68×縦198×厚さ10cm
収納サイズ 直径21×長さ72cm
本体重量 2.7kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

サイズ 横68×縦198×厚さ10cm
収納サイズ 直径21×長さ72cm
本体重量 2.7kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ダブルにもシングルにもなる

便利な2枚組セットなので、つなげればダブルとして、別々にすればシングルとして使えます。テントの形状に合わせ、自在に組み合わせたり分けて使える便利な仕様。また、長さも約195cmと足元までカバーできる長さのため、快適に過ごせます。

収納時は2枚一緒にまとめて収納でき、かさばりにくいのもポイント。収納ケースは空気入れとして利用できます。

サイズ 横63×縦195×厚さ5cm(1枚)
収納サイズ 直径20×長さ70cm
本体重量 3.5kg
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

サイズ 横63×縦195×厚さ5cm(1枚)
収納サイズ 直径20×長さ70cm
本体重量 3.5kg
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』

Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』
出典:Amazon この商品を見るview item

ポンプであっという間に膨らむインフレーターマット

ポンプ付きのケースを使用して短時間で膨らむことができるコンパクトなインフレーターマット。収納ケースをポンプとして利用することで、簡単にマットを膨らませることが可能です。また、ダブルバルブを使用することで、空気の抜き取りもあっという間に完了します。

このマットは、寝返りしてもマットから落ちづらいワイドサイズ(従来に比べて横幅が約40%アップ)を採用しています。

サイズ 横74×縦186×厚さ6cm
収納サイズ 直径11×長さ26cm
本体重量 725g
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル
全てを見る全てを見る

サイズ 横74×縦186×厚さ6cm
収納サイズ 直径11×長さ26cm
本体重量 725g
空気注入方法 手動
主素材 ポリエステル
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』

Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』 Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』 Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

キャンプでも我慢せず眠りたい人へ

厚さ10cmの自動膨張式マットレスで、アウトドアでもぐっすり快適に眠れるように設計されています。リバーシブル仕様で、片面はソリッドフォームを使用してしっかりした寝心地を提供し、裏側はカッティングフォームとストレッチ生地を使用して柔らかさを提供します。

このマットは自動膨張式で、収納ケース式ポンプを使用することで簡単に加圧することができます。

サイズ 横68×縦198×厚さ10cm
収納サイズ 直径21×72cm
本体重量 2.7kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム シェア ツイート
全てを見る全てを見る

サイズ 横68×縦198×厚さ10cm
収納サイズ 直径21×72cm
本体重量 2.7kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム シェア ツイート
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』
Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット ハイピーク/シングル(厚さ10cm)』
Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』
Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』
Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』
商品名 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/シングルIII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット ハイピーク/シングル(厚さ10cm)』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット/WセットII(厚さ5cm)』 Coleman(コールマン)『コンパクトインフレーターマット/S』 Coleman(コールマン)『コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル』
商品情報
特徴 マットのふくらみ自由自在 マットのふくらみ自由自在 ダブルにもシングルにもなる ポンプであっという間に膨らむインフレーターマット キャンプでも我慢せず眠りたい人へ
サイズ 横63×縦195×厚さ5cm 横68×縦198×厚さ10cm 横63×縦195×厚さ5cm(1枚) 横74×縦186×厚さ6cm 横68×縦198×厚さ10cm
収納サイズ 直径15×長さ70cm 直径21×長さ72cm 直径20×長さ70cm 直径11×長さ26cm 直径21×72cm
本体重量 1.8kg 2.7kg 3.5kg 725g 2.7kg
空気注入方法 手動 自動 手動 手動 自動
主素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム ポリエステル、ポリウレタンフォーム ポリエステル、ポリウレタンフォーム ポリエステル ポリエステル、ポリウレタンフォーム シェア ツイート
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする インフレーターマットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのインフレーターマットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:寝袋用マット・パッドランキング
楽天市場:マットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コールマンのキャンプアイテムで揃えよう! 【関連記事】

エキスパートからのアドバイス キャンプの王道、コールマン

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

コールマンのインフレーターマットはいかがでしたか?

自動膨張式のモデルならば組み立てるだけで、そうでないモデルも収納ケース式ポンプを使用することで簡単に設営できます。また、厚さ10cmのマットなどもあり、しっかりとした寝心地を得たいキャンパーの期待も裏切りません。

コールマンのインフレーターマットで、自然と共に過ごす時間が一段と贅沢な時間に変わるでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button