メンズのクロックスサンダルおすすめ5選|防臭効果や水や小石が入りにくいモデルなど

crocs(クロックス)『Classic Clog(クラシック クロッグ)』
出典:Amazon

2002年発売以降、履き心地のよさや独特のデザインが人気を集める定番クロックスサンダル。さまざまなモデルが発売され、愛用者も多いアイテムです。

この記事では、メンズにおすすめのクロックスサンダルをピックアップして紹介します。選び方のポイントやメンズにぴったりのおすすめ商品をぜひチェックしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

元アパレル販売員・ファッション系ライター
たまこ

短期大学在学中、生活デザイン学科にて、主に被服関連について学ぶ。卒業後はアパレルブランドにて、販売員として勤務。妊娠・出産後、WEBライターに転身。アパレル販売員の経験を活かし、ファッション系の記事を多数執筆中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

クロックスってどんなブランド? 履き心地のよさで人気

 

独自開発の樹脂素材「クロスライト」を使ったアイテムを展開するクロックス。通気性が高く快適、軽量でさらにクッション性もある、そんなシューズは「歩きやすい」と評判なんです。男女問わず使え、カジュアルコーデとも相性のよいデザインも魅力。

クロックスの名前の由来となっているのは「クロコダイル」。そのため、クロックスのロゴはクロコダイルをモチーフにしたもとなっています。

クロックスサンダルの選び方

続けて、クロックスサンダルの選び方をチェック。ポイントは下記のとおりです。

【1】種類豊富なモデルから選ぶ
【2】サイズ感はモデルによって異なる
【3】足のかたちに合うタイプを選ぶ
【4】追加アイテムもチェック
【5】おしゃれなデザイン性もチェック

これらのポイントをおさえたら、メンズにぴったりのクロックスを選ぶことができます。詳細は下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

メンズのクロックスサンダルおすすめ5選 おしゃれ&かっこいいモデルも

ここからは、メンズ用のクロックスサンダルおすすめ商品を紹介します。

crocs(クロックス)『Classic Clog(クラシック クロッグ)』

[クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm [クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm [クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm [クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm [クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm [クロックス]サンダルクラシッククロッグ10001(定番カラー)ブラック26.0cm
出典:Amazon この商品を見るview item

定番のファーストモデル! 好みのカラーをチョイス

『クラシック クロッグ』は、クロックスを象徴するザ・定番アイテム。ファーストモデルで、クロックスの大ヒットのきっかけとなった人気サンダルでもあります。「クロックス=クラシック クロッグ」といったイメージを持つ人も多いのでは?

ソフトで軽いうえ、防臭効果も兼ね備えた独自開発素材「クロスライト」を全体的に使用。つま先の側面・甲部分の穴により、通気性も確保しています。デザイン自体はシンプルなため、汎用性の高い定番アイテムがほしい人にぴったりですまた。

また、カラーバリエーションも豊富。あなた好みのカラーが、きっと見つかるはず!

crocs(クロックス)『Crocband Clog(クロックバンド クロッグ)』

クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』 クロックス『CrocbandClog(クロックバンドクロッグ)』
出典:Amazon この商品を見るview item

クロックスの新定番! サイドラインが印象的なモデ

人気の高い『クラシック クロッグ』に代わる新たな定番として注目を集めるモデル。ファーストモデルである『クラシック クロッグ』に比べて、側面の通気穴がないため、水や小石などが入りにくいのがうれしいメリット。

さらに、サイドにあるラインがデザインのポイントに。本体×サイドラインのカラーリングで、見た目の印象が変わります。「シンプルなものがいいけど、個性もほしい! 」そんな方におすすめです。

crocs(クロックス)『Baya Clog(バヤ クロッグ)』

クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』 クロックス『BayaClog(バヤクロッグ)』
出典:Amazon この商品を見るview item

サイドのロゴがポイント! スタイリッシュなルック

機能的には、さきほど紹介した『クラシック クロッグ』とほぼ同等。デザイン性の面で、より個性のあるモデルがこちらの『バヤ クロッグ』となります。サイドのクロックスロゴが大きなポイント。エンボス状になった通気穴も兼ねるこちらのロゴが、さり気なく際立ちます。クロックスアイテムであることを、嫌味なく主張してくれます。

甲の部分は立体的な形状になっています。全体的にスタイリッシュな印象で「定番以外のものをあえて選びたい」そんな人におすすめです。

crocs(クロックス)『Bistro Clog(ビストロ クロッグ)』

[クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm [クロックス]サンダルビストロ10075Black22.0cm
出典:Amazon この商品を見るview item

ビストロ環境のために開発! 滑りにくいシューズ

厨房や医療施設などで働く人の向けに開発された『ビストロ クロッグ』。長時間の立ち仕事からくる、足の疲れを軽減できるように作られました。底面には摩擦力にすぐれたクロックスロックを採用し、水や油で滑らないように作られています。快適な履き心地とともに、厨房での動きを妨げない配慮がうれしい。

調理器具の落下などのシーンから足を守れるよう、アッパーにはホールをつけない仕様に。かかとも深めになっており、ベルトもついています。ゆったりタイプでありながら、しっかりとした履き心地も叶います。

crocs(クロックス)『Bayaband Clog(バヤバンド クロッグ)』

クロックスクロックサンダルメンズレディースバヤバンドクロッグBAYABANDCLOG205089-066crocs クロックスクロックサンダルメンズレディースバヤバンドクロッグBAYABANDCLOG205089-066crocs クロックスクロックサンダルメンズレディースバヤバンドクロッグBAYABANDCLOG205089-066crocs
出典:楽天市場 この商品を見るview item

人気モデルを融合させたデザイン

人気の『バヤ クロッグ』と『クロックバンド クロッグ』のデザインを融合させたルックスが新鮮! デザインのポイントとなるのは、サイドのクロックスロゴ&ラインです。ポップなロゴとラインが目を引く、よりオリジナリティのあるデザインとなっています。

脱ぎ履きしやすく、軽量であるクロックスならではの機能もそのままに。歩きやすさだけでなく、デザイン性も求めるなら、こちらのモデルがおすすめです。

「クロックスサンダル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
crocs(クロックス)『Classic Clog(クラシック クロッグ)』
crocs(クロックス)『Crocband Clog(クロックバンド クロッグ)』
crocs(クロックス)『Baya Clog(バヤ クロッグ)』
crocs(クロックス)『Bistro Clog(ビストロ クロッグ)』
crocs(クロックス)『Bayaband Clog(バヤバンド クロッグ)』
商品名 crocs(クロックス)『Classic Clog(クラシック クロッグ)』 crocs(クロックス)『Crocband Clog(クロックバンド クロッグ)』 crocs(クロックス)『Baya Clog(バヤ クロッグ)』 crocs(クロックス)『Bistro Clog(ビストロ クロッグ)』 crocs(クロックス)『Bayaband Clog(バヤバンド クロッグ)』
商品情報
特徴 定番のファーストモデル! 好みのカラーをチョイス クロックスの新定番! サイドラインが印象的なモデ サイドのロゴがポイント! スタイリッシュなルック ビストロ環境のために開発! 滑りにくいシューズ 人気モデルを融合させたデザイン
素材(甲) 合成樹脂 合成樹脂、合成ゴム 合成樹脂 合成樹脂 合成樹脂
素材(底) 合成樹脂 合成樹脂 合成樹脂 合成ゴム/合成樹脂 合成樹脂
ヒールの高さ 1.5cm 2cm 2.5cm 約3cm 約2.5cm
サイズ展開 22~31cm(1.0cm刻み) 22~31cm(1.0cm刻み) 22~31cm(1.0cm刻み) 22~31cm 22~31cm
Black、White、Chocolate、Army Green、Navy、Burgundy、Pepper、Lemon ほか Black、White、Stucco/Melon、Espresso/Khaki、Navy ほか Black、Graphite、Navy、Cerulean Blue、Espresso、Pepper、Party Pink ほか Black、White Black / White、Light Grey / Candy Pink、Slate Grey / Lime Punchなど
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クロックスサンダルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのクロックスサンダルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サンダルランキング
楽天市場:crocs(クロックス) ランキング
Yahoo!ショッピング:クロックスサンダルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ほかのサンダルもチェック! 【関連記事】

使用シーンや好みにあったクロックスを選ぼう

元アパレル販売員・ファッション系ライター

クロックスには多くのモデルがあり、どれを選んだらいいのかと迷う場合もあるでしょう。

シンプルな定番デザインが欲しい! という人には、定番の『クラシック クロッグ』がおすすめ。より個性的なデザインを求めるなら、ロゴ入りの『バヤ クロッグ』や『バヤバンド クロッグ』はいかがでしょう。

あわせて、ホールの大きさや脱ぎ履きのしやすさなどもチェックして、使用シーンに合ったモデルを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2022年】メンズサンダルおすすめ15選|人気ブランドからおしゃれなレザーまで紹介!

【2022年】メンズサンダルおすすめ15選|人気ブランドからおしゃれなレザーまで紹介!

おしゃれアイテムとして定番のメンズサンダルは、タウンユースからアウトドアシーンまで幅広く活躍するアイテム。楽な履き心地は、暑い夏の足元を涼しくしてくれるのはもちろん、靴下を履けば、オールシーズン使えます。ここでは、ファッションスタイリストの宮 万紀子さんと編集部が厳選した定番のビルケンシュトックやアイランドスリッパなど、メンズサンダルのおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon メンズサンダル , メンズ靴 , メンズファッション

クロックスサンダルおすすめ25選【定番モデルから人気色まで】

クロックスサンダルおすすめ25選【定番モデルから人気色まで】

履き心地のよさと独特のデザインで人気の高いクロックスのサンダルは、2002年に発売されてから数々のモデルがリリースされ、愛用者も多いです。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、クロックスのサンダルの選び方とおすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon サンダル・ミュール , メンズサンダル , レディース靴

メンズビーチサンダルおすすめ13選|おしゃれな人気モデルを厳選

メンズビーチサンダルおすすめ13選|おしゃれな人気モデルを厳選

気軽に履けるメンズのビーチサンダルも、選び方にこだわれば、より快適な履き心地の商品を見つけることができます。本記事では、ファッションスタイリストの宮 万紀子さんと編集部が厳選したタイプ別メンズビーチサンダルのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon メンズサンダル , メンズ靴 , メンズファッション

【メンズ&レディース】アウトドアサンダルのおすすめ23選|滑らないモデルを紹介

【メンズ&レディース】アウトドアサンダルのおすすめ23選|滑らないモデルを紹介

キャンプや川遊びに活躍するのがアウトドアサンダル。「速乾性にすぐれている」「汚れに強い」などのほか、高いフィット感やグリップ力などの機能も充実。しかし、これらの機能は商品によってもさまざまです。本記事では、アウトドアサンダルの選び方やおすすめ商品をご紹介。ノースフェイスやキーン、テバ、ナイキ、コロンビアなどの人気ブランドのアイテムを中心にラインナップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。さらに後半では、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。

tag icon サンダル・ミュール , メンズサンダル , レディース靴

スポーツサンダルおすすめ21選|TEVA、NIKEなど人気ブランドを一挙紹介!

スポーツサンダルおすすめ21選|TEVA、NIKEなど人気ブランドを一挙紹介!

履き心地がよく、歩きやすさに特化したスポーツサンダルは、カジュアルコーデや夏のレジャーの必須アイテム。この記事では、人気のナイキやテバ、アディダスなどのおしゃれなスポーツサンダルをご紹介します。レディース向けのヒールタイプのスポサンから、メンズ向けのかっこいいものやユニセックスで使えるものまで、幅広くピックアップ!また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon サンダル・ミュール , メンズサンダル , レディース靴

関連するブランド・メーカー


クロックス

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。