PR(アフィリエイト)

12倍の双眼鏡おすすめ5選|コンサート・ライブ・スポーツ観戦・天体観測などに便利!

12倍の双眼鏡おすすめ5選|コンサート・ライブ・スポーツ観戦・天体観測などに便利!
12倍の双眼鏡おすすめ5選|コンサート・ライブ・スポーツ観戦・天体観測などに便利!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年10月06日に公開された記事です。

双眼鏡は、スポーツ観戦、コンサート、ライブ、バードウォッチング、天体観測などあらゆるシーンで活躍する人気のアイテム。1つ持っておくと、離れているものをより身近に感じることができるので楽しみ方が広がります。

現在では、目的に合わせてさまざまな双眼鏡が販売されていますが、今回は12倍の双眼鏡を探している方に向け、双眼鏡の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、気になる方は口コミなども参考に選んでみてくださいね。


目次

12倍の双眼鏡とは? 双眼鏡の選び方 12倍の双眼鏡おすすめ5選 通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 目的に合わせて双眼鏡を選びたい方はこちら! 手ブレ補正機能が搭載されていると安心!
全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー
水貝 英斗

「ゲーム・ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

12倍の双眼鏡とは?

双眼鏡を使うカップル ペイレスイメージズのロゴ
双眼鏡を使うカップル ペイレスイメージズのロゴ

双眼鏡の倍率は、肉眼で見た時と比べてどれだけ大きく見えるかを表します。そのため、12倍の双眼鏡であれば、120m離れた距離にあるものを肉眼で10mの距離から見るのと同じ大きさで見ることができます。

双眼鏡は、倍率が上がるほど見える範囲が狭くなり、手ブレをしやすいというデメリットがあります。そのため、利用シーンに合わせて適した倍率を選ぶ必要があります。

特に12倍の双眼鏡は、ライブやコンサートなどでアーティストの表情を楽しみたいとき、バードウォッチング、風景観察などで対象物をより細部まで観察したいときにおすすめです。

双眼鏡の選び方

続いて、双眼鏡の選び方をご紹介します。ポイントは下記!

【1】最適な倍率のものを選ぶ
【2】コーティングの種類を確認
【3】便利な機能にも注目
【4】明るさ調整のための口径をチェック
【5】見やすい双眼鏡の視界をチェック
【6】使用目的で選ぶ
【7】長時間使用や眼鏡ユーザーはアイレリーフをチェック
【8】携帯性もチェック
【9】近くも見たい場合は「最短合焦距離」に注目!

詳しく知りたい方は下記の記事で紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

12倍の双眼鏡おすすめ5選

ここからは、双眼鏡のおすすめ商品をご紹介します。

Canon(キヤノン)『BINOCULARS 12×36 IS III』

Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS12×36ISIII』
この商品を見るview item 出典:Amazon

明るい視野とコンパクトボディが魅力

コンパクトなサイズでありながら、明るい視野を実現しているキヤノンの12倍の双眼鏡。手ブレ補正機能の搭載やピントのボケを補正してくれる、ダブレットフィールドフラットナーレンズの採用で、目的の物を鮮明に楽しむことができます。

また、こちらの双眼鏡は、省エネ設計で最大で約9時間の連続使用が可能です。長時間使用したい方、使用頻度が多い方にもおすすめです。

重量 約660g
対物レンズ有効径/瞳径 36mm/3.0mm
実視界/見掛け視界 5°/55.3°
種類 プリズム双眼鏡
アイレリーフ 14.5mm
付属品 ケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

重量 約660g
対物レンズ有効径/瞳径 36mm/3.0mm
実視界/見掛け視界 5°/55.3°
種類 プリズム双眼鏡
アイレリーフ 14.5mm
付属品 ケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』

Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』
この商品を見るview item 出典:Amazon

手ブレが気になる方におすすめ!

手になじみやすい丸みを帯びたフォルムで、手の小さな方でも持ちやすいスタイリッシュなデザインの防振双眼鏡です。

2種類の防振モードを搭載していて、利用シーンに合わせて使い分けが可能。また、防振補正角±3度という強力な補正効果により、12倍でも安定した視野を楽しむことができます。

重量 422g
対物レンズ有効径/瞳径 30mm/2.5mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類 -
アイレリーフ 17.5mm
付属品 ネックストラップ、ミニトートケース、単四電池×2(モニター電池)
全てを見る全てを見る

重量 422g
対物レンズ有効径/瞳径 30mm/2.5mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類 -
アイレリーフ 17.5mm
付属品 ネックストラップ、ミニトートケース、単四電池×2(モニター電池)
全てを見る全てを見る

Nikon(ニコン)『トラベライトVI 12x25 CF』

Nikon(ニコン)『トラベライトVI12x25CF』 Nikon(ニコン)『トラベライトVI12x25CF』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Nikon(ニコン)『トラベライトVI12x25CF』 Nikon(ニコン)『トラベライトVI12x25CF』
この商品を見るview item 出典:Amazon

小型&軽量なので持ち歩きやすい!

小型で軽量のため、荷物の多いアウトドアや旅行などにも持ち歩きやすい双眼鏡です。ボディは、カーボンファイバー入りのプラスチック素材で作られているので、耐久性の良さも魅力です。

また、こちらの双眼鏡は、ニコン独自の光学系により明るくシャープな視野を楽しめます。また、大きなピントリングを採用していて、ピントを操作しやすいというメリットもあります。

重量 275g
対物レンズ有効径/瞳径 25mm/2.1mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類 -
アイレリーフ 11.1mm
付属品 -
全てを見る全てを見る

重量 275g
対物レンズ有効径/瞳径 25mm/2.1mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類 -
アイレリーフ 11.1mm
付属品 -
全てを見る全てを見る

コンパクト設計でコンサートにおすすめ!

アーティストのライブやコンサートにおすすめの防振双眼鏡です。ボディは超軽量で、握りやすさにこだわって設計されているので、長時間の使用でも疲れにくいところが魅力。

さらに、コンサート中のパイロットランプの点灯を隠す遮光スライドシャッターの搭載、手ブレを補正してくれる機能も完備。防振のON・OFFはスライドスイッチで簡単に切り替えられます。

重量 405g
対物レンズ有効径/瞳径 21mm/1.8mm
実視界/見掛け視界 4.8°/-
種類 -
アイレリーフ 11mm
付属品 専用ストラップ・ポーチ
全てを見る全てを見る

重量 405g
対物レンズ有効径/瞳径 21mm/1.8mm
実視界/見掛け視界 4.8°/-
種類 -
アイレリーフ 11mm
付属品 専用ストラップ・ポーチ
全てを見る全てを見る

Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』

Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』 Vixen(ビクセン)『ATERAH12×30』
この商品を見るview item 出典:Amazon

軽量なので気軽に持ち運べる

手ブレ補正機能を搭載したビクセンの防振双眼鏡。防振補正角±3度(上下左右)という強力な補正効果により、高倍率でも安定した視野を実現しています。

また、こちらの双眼鏡は、本格的な防振双眼鏡ながら片手で扱える軽量設計なのもポイント。単4アルカリ電池2本で作動し、連続動作時間も約12時間と長いので、長時間疲れずに使用できるところも魅力です。

重量 422g
対物レンズ有効径/瞳径 30mm/2.5mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類
アイレリーフ 17.5mm
付属品 -
全てを見る全てを見る

重量 422g
対物レンズ有効径/瞳径 30mm/2.5mm
実視界/見掛け視界 4.2°/47.5°
種類
アイレリーフ 17.5mm
付属品 -
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像 Canon(キヤノン)『BINOCULARS 12×36 IS III』 Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』 Nikon(ニコン)『トラベライトVI 12x25 CF』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VCスマートコンパクト ブラック 12×21』 Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』
商品名 Canon(キヤノン)『BINOCULARS 12×36 IS III』 Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』 Nikon(ニコン)『トラベライトVI 12x25 CF』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VCスマートコンパクト ブラック 12×21』 Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』
商品情報
特徴 明るい視野とコンパクトボディが魅力 手ブレが気になる方におすすめ! 小型&軽量なので持ち歩きやすい! コンパクト設計でコンサートにおすすめ! 軽量なので気軽に持ち運べる
重量 約660g 422g 275g 405g 422g
対物レンズ有効径/瞳径 36mm/3.0mm 30mm/2.5mm 25mm/2.1mm 21mm/1.8mm 30mm/2.5mm
実視界/見掛け視界 5°/55.3° 4.2°/47.5° 4.2°/47.5° 4.8°/- 4.2°/47.5°
種類 プリズム双眼鏡 - - -
アイレリーフ 14.5mm 17.5mm 11.1mm 11mm 17.5mm
付属品 ケース、ストラップ、接眼レンズキャップ ネックストラップ、ミニトートケース、単四電池×2(モニター電池) - 専用ストラップ・ポーチ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年06月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 双眼鏡の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での双眼鏡の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:双眼鏡ランキング
楽天市場:双眼鏡ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

目的に合わせて双眼鏡を選びたい方はこちら!

手ブレ補正機能が搭載されていると安心!

本記事では、12倍の双眼鏡についてご紹介しましたがいかがでしたか?

双眼鏡の倍率は、高倍率になるほど手ブレを起こしやすいといったデメリットがあります。そのため、12倍の双眼鏡を選ぶ際は、なるべく手ブレ補正機能が搭載されているモデルを選ぶと良いでしょう。

また、手ブレをさらに軽減したいという方は、三脚に固定して使うといった方法もおすすめです。ぜひ、利用シーンに合わせて便利な双眼鏡を見つけてみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button