PR(アフィリエイト)

ロードバイク用サングラスおすすめ18選|眩しさを抑えるアイテムや度付き対応も

KASK『KOO OPEN』
出典:Yahoo!ショッピング
KASK『KOO OPEN』
出典:Yahoo!ショッピング

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ロードバイク用サングラスは、紫外線や風、埃などから目を守ってくれるます。

ここでは、自転車ライターの浅野真則さんと編集部が厳選したおしゃれで機能的なロードバイク用サングラスのおすすめと選び方をご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

自転車ライター
浅野 真則
自転車専門誌やウェブサイトなどで活動する自転車専門のライター。 ロードバイクやサイクルパーツ、サイクルアパレル、自転車用デジタルデバイスなどのインプレッション記事、トレーニング系の記事、ロングライドの実走レポートなどを得意とする。 執筆活動の傍ら、Jエリートツアーの選手としてロードレースやタイムトライアル、ヒルクライムなど幅広いレースに参戦。 自転車版の耐久レース・エンデューロも好きでよく出場している。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品、ドリンク・お酒、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

ロードバイク用サングラスの選び方 フィット感、高さ調整、スペア、度つきレンズ

自転車ライターの浅野真則さんにお話をうかがい、ロードバイク用サングラスを選ぶときのポイントについて教えてもらいました。

ロードバイクと木
Pixabayのロゴ
ロードバイクと木
Pixabayのロゴ

ロードバイク用サングラスはしっかり自分に合うものを選びましょう。

顔にきちんとフィットするか フレーム形状とサイズ、テンプルの締め付け具合

 
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

アイウェアは目を守るための保護アイテム

ロードバイク用のアイウェア(サングラス)は、単なるファッションアイテムではありません。走行中の風による目の乾き、紫外線、砂ぼこり、木の枝などから目を守るための保護アイテムです。

本来の機能を正しく発揮するためには、顔にフィットするものを選ぶことが重要です。

ポイントとしては、フレームの形状が顔に合っているか(頭周の形にフィットするか)、フレームのサイズが適当か、テンプル(つる)の締め付けは適度か、フレームやテンプルがヘルメットに干渉しないか、レンズが正しい位置にくるか、レンズが頬に当たらないか、などがあげられます。

これらに注目し、気になる点があれば調整をしてください。

装着位置(おもに高さ)などの調整はできるか ノーズパッド、テンプルの角度

 
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

正しい位置にレンズが来るように調整する

ロードバイク用のアイウェアは、自転車に乗るときのライディングフォームで着用するため、やや上目遣いの状態で前を見ることになります。

これを踏まえて顔の正しい位置にレンズが来るように、ノーズパッドの高さを調整したり、テンプルの角度を調整することが必要です。

また、ノーズパッドでレンズと目の距離を調整し、まつげがレンズに当たらないように調整する必要もあります。

使用状況に応じたスペアレンズがあるか 夏の強い日差しや夜間走行など

 
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

スペアレンズが1~2枚標準で付いてくるものも

ロードバイク用のアイウェアは、夏の強い日差しを想定した色の濃いレンズや夜間にも使える透明に近いクリアレンズなど、さまざまなコンディションを想定したレンズが用意されています。

ユーザーがコンディションにあったレンズに交換して走ることが必要です。使用状況に応じたスペアレンズが用意されているかをチェックしてください。

製品によってははじめからスペアレンズが1~2枚標準で付いてくるものもあります。そういったモデルを選べば、あらゆるコンディションに対応できます。

また、周囲の明るさによってレンズ濃度が変わる調光レンズ搭載モデルを選ぶのもひとつの方法です。

度つきレンズに対応できるか 純正品またはオーダーする

 
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

視力が悪い場合は度つきレンズを作ろう

視力が悪いサイクリストの場合、コンタクトレンズを併用するか、アイウェア専用の度つきレンズを作る必要があります。

アイウェア専用の度つきレンズは、アイウェアメーカーが純正の度つきレンズを用意しているケースや、スポーツサングラス取扱店でオーダーするケースが一般的です。

モデルや度数の強さによっては度つきレンズを作れない場合もあるので、気になる方はスポーツサングラス取扱店に相談してみましょう。

ロードバイク用サングラスおすすめ18選 オークリー、スミスほか人気メーカーからおしゃれなものまで

ロードバイク用サングラスの選び方のポイントをふまえて最適な商品を紹介します。

ロードバイクとサングラス
Pixabayのロゴ
ロードバイクとサングラス
Pixabayのロゴ

ロードバイク用サングラスを活用しましょう。

エキスパートのおすすめ

OGK Kabuto『101(101シリーズ)』

OGKKabuto『101(101シリーズ)』 OGKKabuto『101(101シリーズ)』 OGKKabuto『101(101シリーズ)』 OGKKabuto『101(101シリーズ)』 OGKKabuto『101(101シリーズ)』 OGKKabuto『101(101シリーズ)』
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

日本ブランドによる日本人にフィットするアイウェア

ヘルメットでおなじみのKabutoの手がけるアイウェア。日本ブランドらしく、日本人の顔にジャストフィットする形を採用しています。

通常モデル『101シリーズ』は、おもに雨天時をカバーする、はっ水スペクトルモーブミラー。

くもりの日や夜間もクリアな視界をたもつ、はっ水ライトピンクの2枚のレンズがセットになっていて価格もお値打ちです。

周囲の明るさ(紫外線の強さ)でレンズ濃度が変化し、あらゆるシーンをカバーする、はっ水調光レンズ仕様のものもあります。

いずれのモデルもSサイズとM/Lサイズを用意し、度つきレンズにも対応しています。

エキスパートのおすすめ

OAKLEY(オークリー)『Flight Jacket』

OAKLEY(オークリー)『FlightJacket』 OAKLEY(オークリー)『FlightJacket』
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

ライディングフォームでも視界すっきり

スポーツ用アイウェアのトップブランド、オークリー。『フライトジャケット』は、縦の幅が広い一眼レンズを採用しています。

フレームをレンズの下部に持ってくる独特のデザインにより、ロードバイクに乗るときの深い前傾姿勢でもすっきりとクリアな視界が保たれるのが最大の魅力です。

また、レンズも大きいので、走行中に風を巻き込んだりすることも少なく、目のプロテクション効果が高くなっています。

ロードバイクに特化した「プリズムロード」というレンズカラーもあり、まさにロードバイク乗りにふさわしいアイウェアです。

エキスパートのおすすめ

AirFly(エアフライ)『AF-301』

自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

ノーズパッドのないアイウェア

ノーズパッドの代わりに、ほほ骨のところに当たるサイドパッドでアイウェアを支える独自のシステムを採用する『AirFly(エアフライ)』。ノーズパッドをなくすことで、通気性を高め、レンズを曇りにくくする設計です。

女性サイクリストの場合は、メークを崩れにくくするというメリットもあります。

『AF-301シリーズ』は、リムレスタイプの一眼レンズモデル。専用のアダプターを使えば度つきレンズにも対応するので、視力の悪いサイクリストにもイチオシです。

豊富なカラーバリエーションも魅力で、周囲の明るさ(紫外線の強さ)でレンズの濃度が変わる調光レンズもラインナップされています。

Maturi(マトゥーリ)『TK-003』

Maturi(マトゥーリ)『TK-003』 Maturi(マトゥーリ)『TK-003』 Maturi(マトゥーリ)『TK-003』 Maturi(マトゥーリ)『TK-003』 Maturi(マトゥーリ)『TK-003』
出典:Amazon この商品を見るview item

アウトドアに最適な調光偏光機能付きサングラス

紫外線に反応してレンズカラーが自動調整する調光サングラスなので、晴天の湖岸沿いやトンネルなどさまざまな場所を走るサイクリング時に最適です。また、偏光レンズにより反射光をカットするので、スキーやフィッシングなどのアウトドアスポーツ全般で活用できるでしょう。

フレームカラーの異なる3種類から選べます。

OAKLEY(オークリー)『Radar EV Path』

独自技術のプリズムレンズ

色調やコントラストを強調するというOAKLEY独自の技術を搭載したプリズムレンズにより、はっきりとした視界を実現しました。

デザインも革新的なだけでなく、高めのレンズで上部視界が広く見やすくなっています。カラーバリエーションも豊富なので、好みのデザインを選べるのもポイントです。

100% (ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』

100%(ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』
出典:Amazon この商品を見るview item

3段階調整が可能なテンプルアームを採用

一般的なサングラスよりも視野が広く、高い安全性を誇る6ベースのシングルレンズになっています。また、テンプルアームは3段階に調整できるようになっているため、使用者に合わせた最適なフィッティングが可能です。

さらに紫外線を100%カットしながらクリアな視界と通気性を確保します。

エキスパートのおすすめ

POC『Do Blade』

POC『DoBlade』 POC『DoBlade』 POC『DoBlade』
出典:Amazon この商品を見るview item
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

北欧ブランドらしいポップなデザインと高い機能性

ヘルメットのほか、スキー用のゴーグルで培った技術を活かしたアイウェアを展開する、スウェーデンブランドのPOC。

ブランド設立10周年を記念してロードサイクリング用のアイウェアとして登場したのが『Do Blade』です。

グリルアミド製のフレームは、軽くて耐久性があり、しなやかさも兼ね備えています。

レンズはカメラなどの高性能レンズでおなじみのカール・ツァイス社製の球面レンズを採用し、ゆがみが少なくくっきりとした視界を実現しています。

別売のスペアレンズへの交換も容易にできます。

北欧ブランドらしい、ポップなデザインとカラーがマッチした、高いファッション性も魅力です。

エキスパートのおすすめ

KASK『KOO OPEN』

KASK『KOOOPEN』 KASK『KOOOPEN』 KASK『KOOOPEN』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
自転車ライター:浅野 真則

自転車ライター

カール・ツァイスレンズ採用の本格派

ヘルメットでおなじみのKASK(カスク)のアイウェアブランド、KOO。

『OPEN』はロードレースなどのプロ選手とともに共同開発された同ブランド初の自転車用アイウェアで、折りたたんだときにコンパクトになる回転式アームなどを採用しています。

高性能レンズの代名詞であるカール・ツァイスのレンズを使い、比較的手の届きやすい価格に収まっているのが魅力。

各モデルとも、おもに眩しさを防ぐ防眩(ぼうげん)効果の高い色の濃いレンズと透明なクリアレンズを標準装備しているので、レンズ交換することであらゆるシーンに対応できます。

SMITH(スミス)『PivLock Ruckus』

SMITH(スミス)『PivLockRuckus』 SMITH(スミス)『PivLockRuckus』 SMITH(スミス)『PivLockRuckus』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノーストレスで長時間使用できる高品質なアイウェア

スノーゴーグルなどの高品質なアイウェアを多数展開しているSMITHのPivLockシリーズは、おしゃれなシングルレンズタイプの自転車用サングラスです。

長時間使用してもストレスを感じず、ロングライドでも高いパフォーマンスを維持できるでしょう。

AirFly(エアフライ)『AF-304』

AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 AirFly(エアフライ)『AF-304』
出典:Amazon この商品を見るview item

鼻パッドなしでもフィットするサングラス

鯖江産のこの商品は、鼻パッドがついていませんが、独自のサイドパッドによりしっかりフィットするサングラスです。従来モデルよりも掛けやすく、柔らかなフィット感になりました。

また、滑り止めスリットがあらゆる箇所に設定されているため、ロングライドでも下がらずに快適な視界を保てます。

POC(ポック)『Crave(クレイブ)』

POC(ポック)『Crave(クレイブ)』 POC(ポック)『Crave(クレイブ)』 POC(ポック)『Crave(クレイブ)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

広い視野と最適なフィット感を提供

スウェーデンの新鋭ブランドであるPOCのアイウェアは、滑らかなフォルムのシングルレンズでしっかりと風よけの役目を果たし、広い視野を確保します。また、最新の技術によって抜群のフィット感を実現しました。

カラーバリエーションも豊富で、ロードバイク走行時だけでなくスキーなどのアウトドアにも最適です。

uvex(ウベックス)『sportstyle 802 V small』

uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』 uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』 uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』 uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』 uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』 uvex(ウベックス)『sportstyle802Vsmall』
出典:Amazon この商品を見るview item

小顔のサイクリストにぴったりサイズ

自然光に反応して自動的にクリアからスモークに明暗を変化させるため、レンズ交換をしなくてもあらゆる天候でベストな視界を保ちます。また、ソフトノーズパットは調整可能です。

802 V smallは軽量で小顔の方に合うように設計されているため、レディース用として女性サイクリストにも最適です。

RUDYPROJECT(ルディプロジェクト)『VULCAN(ヴァルカン)』

RUDYPROJECT(ルディプロジェクト)『VULCAN(ヴァルカン)』 RUDYPROJECT(ルディプロジェクト)『VULCAN(ヴァルカン)』
出典:Amazon この商品を見るview item

豊富なラインナップでカスタマイズ可能なサングラス

フレームとレンズはもちろん、フレームのサイドにはめ込むエンブレムやテンプルラバーなど、豊富なカラーバリエーションが用意されています。好きな組み合わせで購入できるため、自分だけのサングラスを作ることができます。

また、フレームは超軽量設計になっているのもポイントです。

SMITH(スミス)『Reactor MK II』

SMITH(スミス)『ReactorMKII』 SMITH(スミス)『ReactorMKII』 SMITH(スミス)『ReactorMKII』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

エアーベントレンズ搭載のスポーツモデル

オールラウンドに使えるスポーツモデルが、従来よりも耐久性を高めたものにマイナーチェンジ。シンプルなデザインにエアーベントの新型レンズを搭載しました。

また、従来のレンズもスペアとして付属しているのも魅力です。

FERRY Direct『偏光レンズ スポーツサングラス』

FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』 FERRYDirect『偏光レンズスポーツサングラス』
出典:Amazon この商品を見るview item

さまざまなシーンに対応できるレンズ5枚つき

ポリカーボネート素材を使用した耐久性にすぐれた軽量のレンズを採用しています。サイクリングを含むさまざまなアウトドアに最適です。

また、偏光レンズを含んだ専用レンズ5枚セットになっているため、シーンや気分に合わせてレンズを変更できます。すべてのレンズを収納できる専用ポーチつき。

100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』

100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

軽量で耐候性にすぐれたノーフレームデザイン

ハイパークラフトは超軽量なノーフレームデザインのサングラスで、着用感を感じさせません。耐油性や耐候性の高いウルトラグリップノーズやテンプルパッドを採用しています。

スペアレンズや交換用ノーズピースつき。紫外線も100%カットするため、大切な目を守ります。

SWANS(スワンズ)『E-NOX EIGHT8』

SWANS(スワンズ)『E-NOXEIGHT8』 SWANS(スワンズ)『E-NOXEIGHT8』 SWANS(スワンズ)『E-NOXEIGHT8』 SWANS(スワンズ)『E-NOXEIGHT8』 SWANS(スワンズ)『E-NOXEIGHT8』
出典:Amazon この商品を見るview item

ツイストテンプル採用で頭部にフィット

上下振動によるズレやブレを防ぐノンスリップラバーとツイストテンプルで、頭部や顔にしっかりとフィットします。ノーズパッドは自分で動かして調節ができ、快適な掛け心地です。

レンズはモデルにより、ミラーレンズ、調光レンズ、偏光レンズから選択可能です。

Br'Guras『オーバーグラス』

Br'Guras『オーバーグラス』 Br'Guras『オーバーグラス』 Br'Guras『オーバーグラス』 Br'Guras『オーバーグラス』 Br'Guras『オーバーグラス』 Br'Guras『オーバーグラス』
出典:Amazon この商品を見るview item

眼鏡の上からかけられるサングラス

眼鏡を掛けたまま装着できるサングラスで、跳ね上げ式でレンズを上げ下げできるのは便利です。ノーズパッドは鼻の形に合わせて調節可能。

眩しい光をカットする偏光レンズが採用されており、レンズカラーも用途や好みに合わせて5色から選べます。

「ロードバイク用サングラス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OGK Kabuto『101(101シリーズ)』
OAKLEY(オークリー)『Flight Jacket』
AirFly(エアフライ)『AF-301』
Maturi(マトゥーリ)『TK-003』
OAKLEY(オークリー)『Radar EV Path』
100% (ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』
POC『Do Blade』
KASK『KOO OPEN』
SMITH(スミス)『PivLock Ruckus』
AirFly(エアフライ)『AF-304』
POC(ポック)『Crave(クレイブ)』
uvex(ウベックス)『sportstyle 802 V small』
RUDYPROJECT(ルディプロジェクト)『VULCAN(ヴァルカン)』
SMITH(スミス)『Reactor MK II』
FERRY Direct『偏光レンズ スポーツサングラス』
100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』
SWANS(スワンズ)『E-NOX EIGHT8』
Br'Guras『オーバーグラス』
商品名 OGK Kabuto『101(101シリーズ)』 OAKLEY(オークリー)『Flight Jacket』 AirFly(エアフライ)『AF-301』 Maturi(マトゥーリ)『TK-003』 OAKLEY(オークリー)『Radar EV Path』 100% (ワンハンドレッドパーセント)『SPEEDTRAP』 POC『Do Blade』 KASK『KOO OPEN』 SMITH(スミス)『PivLock Ruckus』 AirFly(エアフライ)『AF-304』 POC(ポック)『Crave(クレイブ)』 uvex(ウベックス)『sportstyle 802 V small』 RUDYPROJECT(ルディプロジェクト)『VULCAN(ヴァルカン)』 SMITH(スミス)『Reactor MK II』 FERRY Direct『偏光レンズ スポーツサングラス』 100%(ワンハンドレッドパーセント)『HYPERCRAFT』 SWANS(スワンズ)『E-NOX EIGHT8』 Br'Guras『オーバーグラス』
商品情報
特徴 日本ブランドによる日本人にフィットするアイウェア ライディングフォームでも視界すっきり ノーズパッドのないアイウェア アウトドアに最適な調光偏光機能付きサングラス 独自技術のプリズムレンズ 3段階調整が可能なテンプルアームを採用 北欧ブランドらしいポップなデザインと高い機能性 カール・ツァイスレンズ採用の本格派 ノーストレスで長時間使用できる高品質なアイウェア 鼻パッドなしでもフィットするサングラス 広い視野と最適なフィット感を提供 小顔のサイクリストにぴったりサイズ 豊富なラインナップでカスタマイズ可能なサングラス エアーベントレンズ搭載のスポーツモデル さまざまなシーンに対応できるレンズ5枚つき 軽量で耐候性にすぐれたノーフレームデザイン ツイストテンプル採用で頭部にフィット 眼鏡の上からかけられるサングラス
フレームカラー マットブラック、ホワイト、マットブラックカモ、マットホワイトカモ マットネイビー、ネオンピンク、グレーインク、レッドライン ほか クリアグレー、ホワイトマット、ブラック、ブルーカモフラージュ シルバー、ブラック/レッド、ホワイト/レッド グレイインク、スチール、マットブラック、ポリッシュホワイト、ポリッシュブラック、アークティックサーフ、ヴァンピレラなど マットホワイト、マットトランスルーセント、ソフトタクトブラック、ソフトタクトクールグレ-、ソフトタクトフレイム ほか ウラニウムブラック、ハイドロゲンホワイト、ボーリウムレッドほか ブラック、ブラック×ライム、ライトブルー×ホワイト、パイングリーン×ホワイト、レッド×ホワイト、ホワイト×ブラック ブラック、マットブラック、マットアイロン、マットレッドロック、マットホワイト ブラック、パールホワイト、カーキグレー、ピンク アポフィライトグリーン、ハイドロゲンホワイト、リードブルー、プリズマンレッド ほか パープルピンクマット、ブラックマット、ホワイト、ホワイトオレンジ ブルーネイビーマット/アズールフレーム、ブルーネイビーマット/ライムフレーム ほか ファイア、インポシブルブラック、ホワイトカモ、カーボンサウスビーチ ほか イエロー/ブラック、ブラック/レッド、ブルー/ブラック、ネオンブルー/ブラック、ブラック、ホワイト ほか マットブラック、マットストーングレー、マットバナナ、マットメタリックイントゥザフェード シルバー、ブラック、ホワイト、マットブラック、マットネイビー ほか -
スペアレンズの有無 × × - - - - - - ○(別売) - -
レンズ形状 シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ デュアルレンズ シングルレンズ デュアルレンズ デュアルレンズ デュアルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ シングルレンズ
レンズ機能 撥水調光レンズ 独自レンズ(レンズ PRIZM) 調光レンズ 調光レンズ、偏光レンズ Oakle独自レンズ、偏光レンズ(オプション) シールドレンズ 球面レンズ - 調光レンズ UVカットレンズ - UVカットレンズ、調光レンズ(variomatic®テクノロジー) 視力矯正レンズ エアーベントレンズ、調光レンズ(オプション) UVカットレンズ、偏光レンズ UVカットレンズ ミラーレンズ、偏光レンズ、調光レンズ(モデルごとに異なる) UVカットレンズ、偏光レンズ
フィット調節 - - - ○(大小ノーズパッド) - - ○(ノーズパッド) - -
商品リンク

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ロードバイク用サングラスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのロードバイク用サングラスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スポーツ用サングラス・ゴーグル の売れ筋ランキング
楽天市場:スポーツサングラスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ロードバイク用サングラスに関するQ&A よくある質問

question iconすべてのサングラスは度つきに対応していますか?

answer icon

ほとんどのサングラスが度つきに対応しています。ただし、レンズサイズが極端に大きいサングラスは、度つきにできない場合があります。

question iconプラスいくらで度つきにできますか?

answer icon

2万円弱から度つきにすることができます。ただし、度数や調光・色つきなどの付加機能、レンズの取り付け構造、レンズの大きさなどにより価格は変わってきます。

そのほかのロードバイク関連アイテムの記事はこちら 【関連記事】

レンズ機能の特徴と違いとは? 調光レンズと偏光レンズ

スポーツ用サングラス
Pixabayのロゴ
スポーツ用サングラス
Pixabayのロゴ

ロードバイク用サングラスのレンズにはさまざまな機能が搭載されています。

ロードバイク用サングラスのレンズにはさまざまな機能が搭載されています。よく見られるのが、調光レンズと偏光レンズです。

調光レンズは紫外線や温度によって色が変わるレンズです。強い光を浴びると濃い色に、室内に入ると薄い色になるため、場所によってサングラスをかけたり外したりすることなく眩しさを抑えてくれます。

一方、偏光レンズはレンズのコーティングに含まれるヨウ素が、直射光だけでなく反射光を吸収してくれます。地面からの照り返しやギラっとした乱反射をカットできるため、アウトドアやスポーツだけでなく、車の運転時の路面反射などにも最適です。

偏光レンズも調光レンズも、レンズの寿命は永久ではありません。コーティングされているヨウ素などは紫外線を浴びると効果が弱まるため、3~4年で買い替えましょう。

レンズカラーの特徴と選び方 ブラウン系、グレー系、ブルー系、その他

カラーサングラス
Pixabayのロゴ
カラーサングラス
Pixabayのロゴ

最近はレンズカラーも豊富で、カラーごとに機能も異なります。

サングラスのレンズカラーにはいろいろなものがあり、色によって機能が変わります。自分の好みや走行目的に合わせて選びましょう。

ブラウン系は青色の光を遮断するため、眩しさを防ぎ、周囲がより鮮明に見えるカラーです。

グレー系は眩しさを防ぐ効果が高く、光を平均的にカットすることで景色が自然に見えます。

ブルー系はまぶしさを感じる暖色系の光をカットして、コントラストを下げてくれます。長時間かけていても疲れにくいカラーです。

そのほかのカラーにも特徴がありますので、サングラスを選ぶ際にはぜひチェックしてみましょう。

レンズ交換のしやすさもチェック フィット感のよさが最重要!

ロードバイク用のアイウェアは、単なるファッションアイテムではなく、目を守るための重要なアイテムです。アイウェアを選ぶ際は、デザインやカラーばかりに注目しがちですが、自分の顔にフィットするかどうかを最優先しましょう。

また、ライド時のコンディションによってはレンズを交換する必要もあるので、レンズ交換のしやすさもチェックすべきポイントです。

PR(アフィリエイト)

◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button