PR(アフィリエイト)

カフェオレの缶コーヒーのおすすめ7選|人気のボスやワンダなど!ミルクコーヒーも

カフェオレの缶コーヒーのおすすめ7選|人気のボスやワンダなど!ミルクコーヒーも
カフェオレの缶コーヒーのおすすめ7選|人気のボスやワンダなど!ミルクコーヒーも

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年09月30日に公開された記事です。

仕事の合間やちょっとひと休みしたいときのカフェタイムに定番の「缶コーヒー」。有名カフェ監修の商品など様々な商品がありますよね。この記事では、そんな缶コーヒーの中でもミルクがたっぷりのカフェオレの缶コーヒーに着目。おいしいカフェオレの缶コーヒーのおすすめ商品をご紹介します!

記事の後半には通販サイトの人気ランキングもあるので、ぜひ参考にしてください。


目次

全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
沼田 裕貴

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

カフェオレとは

おしゃれなテーブルの上に置いてあるカフェ
おしゃれなテーブルの上に置いてあるカフェ

Photo by Tijana Drndarski on Unsplash

ミルクの甘みとコーヒーの苦みのバランスが絶妙なカフェオレ。ほっと一息つきたいときに飲みたくなりますよね。

実は知っているようであまり知られていないカフェオレ。一般的にはミルク入りコーヒーのことを指しますが、カフェオレやカフェラテがあり、よくわからない人もいるのでは。

カフェオレはドリップコーヒーにミルクを加えたものを言います。語源はフランス語の「Café Au Lait」。コーヒーとミルクは1:1くらいが良いとされています。

カフェラテはエスプレッソにミルクを加えたもの。語源はイタリア語と言われていますが造語です。エスプレッソとミルクの比率は1:4くらいでしょう。カフェオレに比べて、苦みが多いのが特徴です。



缶コーヒーの選び方

 
アサヒ飲料のワンダ特製カフェオ
アサヒ飲料のワンダ特製カフェオ

ここからは、美味しい缶コーヒーの選び方のポイントをご紹介します。

・缶コーヒーに含まれている豆の分量から選ぶ
・コーヒー豆の産地から選ぶ
・味の好みから選ぶ
・甘さの有無で選ぶ
・ミルク入りかどうかで選ぶ
・含まれている添加物もチェックして選ぶ
・カフェインの含有量もチェックして選ぶ
・カロリーを意識して選ぶ
・缶コーヒーの銘柄で選ぶ

上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。

カフェオレ・ミルクコーヒーの缶コーヒーのおすすめ7選

ここからは、カフェオレやミルクコーヒーの缶コーヒーのおすすめを紹介します。

ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ 特製カフェオレ』

ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ特製カフェオレ』 ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ特製カフェオレ』 ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ特製カフェオレ』 ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ特製カフェオレ』
出典:Amazon この商品を見るview item

挽きたての24時間以内にドリップしたコーヒーを使

挽きたてドリップしたコーヒーとこだわりの乳素材をブレンドしたカフェオレの缶コーヒーです。挽きたての24時間以内にドリップしたコーヒーを使用しているのが特徴。コーヒー豆の味わいや香りを大切にしているのがうれしいですね。

内容量 185ml
カロリー/100gあたり 39kcal
糖類/100gあたり -

内容量 185ml
カロリー/100gあたり 39kcal
糖類/100gあたり -

Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア 贅沢カフェラテ』

Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア贅沢カフェラテ』 Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア贅沢カフェラテ』 Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア贅沢カフェラテ』
出典:Amazon この商品を見るview item

国産牛乳のまろやかなコクと豊かなコーヒー

国産牛乳のまろやかなコクと豊かなコーヒーのバランスにこだわった、ほどよい甘さが特徴の贅沢なカフェオレの缶コーヒーです。ほどよい甘さの絶妙なバランスが、休憩時やリラックスを豊かなものにしてくれるでしょう。

内容量 280ml
カロリー/100gあたり 46kcal
糖類/100gあたり -

内容量 280ml
カロリー/100gあたり 46kcal
糖類/100gあたり -

UCC(ユーシーシー)『BEANS & ROASTERS カフェラテ』

UCC(ユーシーシー)『BEANS&ROASTERSカフェラテ』 UCC(ユーシーシー)『BEANS&ROASTERSカフェラテ』 UCC(ユーシーシー)『BEANS&ROASTERSカフェラテ』
出典:Amazon この商品を見るview item

リラックスタイムに最適な濃厚ミルクのカフェラテ

たっぷり濃厚ミルク仕立てのカフェラテ。こちらは「乳飲料」という種類になるので、どちらかというとミルクが主役でコーヒーはちょっとした風味づけのような立ち位置です。

デザート感覚で甘いものがほしいときにはぴったりのドリンク。温めてホットで飲むと、まったりと心が落ち着くミルクのやさしさがあります。

リラックスタイムやお仕事中にちょっと糖分が必要だなというときに飲むのもおすすめ。心と体のエネルギーチャージになると思います。

内容量 375g
カロリー/100gあたり 44kcal
糖類/100gあたり -

内容量 375g
カロリー/100gあたり 44kcal
糖類/100gあたり -

SUNTORY(サントリー)『ボス カフェオレ』

SUNTORY(サントリー)『ボスカフェオレ』 SUNTORY(サントリー)『ボスカフェオレ』 SUNTORY(サントリー)『ボスカフェオレ』
出典:Amazon この商品を見るview item

バランスのよい大人のカフェオレ

カフェオレタイプの缶コーヒーで大人気の製品。素材が厳選されており、北海道産生クリームと牛乳、深煎りコーヒーが合わさってまろやかな風味が味わえます。

飲みやすさが特徴ですが、ミルク缶とコーヒーの香りにこだわる大人のカフェオレです。ソフトな甘みと深煎りのコクがバランスいいとレビューでも好評で、おいしさがあとを引いて手放せなくなります。缶コーヒー初心者の方でも美味しく飲めるでしょう。

内容量 185g
カロリー/100gあたり 44kcal
糖類/100gあたり 0.5-1.5g

内容量 185g
カロリー/100gあたり 44kcal
糖類/100gあたり 0.5-1.5g

伊藤園『チチヤス ちょっとすっきり ミルクコーヒー 』

苦さひかえめのまろやかなミルクコーヒー

パッケージのかわいさで、いつもついつい手が伸びてしまうチチヤスのミルクコーヒー。こちらはミルクの量が多めのミルクコーヒーということで「コーヒー入り清涼飲料」にカテゴライズされます。

ただのミルクコーヒーではなく、牛乳と生クリームが使われているので、本当にまろやかでやさしい味わい。コーヒーの苦味が好きではない方におすすめです。

内容量 250g
カロリー/100gあたり 38kcal
糖類/100gあたり -

内容量 250g
カロリー/100gあたり 38kcal
糖類/100gあたり -

UCC(ユーシーシー)『ミルクコーヒー』

UCC(ユーシーシー)『ミルクコーヒー』 UCC(ユーシーシー)『ミルクコーヒー』
出典:Amazon この商品を見るview item

お馴染みのロング缶

缶コーヒーといえば、今日ではショート缶タイプのものが主流となっていますが、こちらは昔ながらのロング缶です。ミルクコーヒーという名前からもわかる通り、とてもミルク感が強く、甘く仕上げられていますので、大人から子供まで幅広い層の方に愛される味に仕上がっています。

昔ながらの缶コーヒーの味わいを楽しみたい方におすすめです。

内容量 250g
カロリー/100gあたり 41kcal
糖類/100gあたり -

内容量 250g
カロリー/100gあたり 41kcal
糖類/100gあたり -

KIRIN(キリン)『FIRE(ファイア) 関西限定ミルクコーヒー』

牛乳、生クリーム、ミルクソースを使用!

甘くて濃厚なミルクコーヒーを楽しみたい方におすすめのミルクコーヒー。牛乳、生クリーム、ミルクソースの3つを混ぜ合わせた、ミルク感たっぷりの贅沢な味わいです。

コーヒー豆には、「ファイア」シリーズの中でも深く焼いた焦がし焼き豆を10%使っているので、しっかりとしたミルク感の中に香ばしさを感じられる仕上がりに。甘い缶コーヒーでほっとひと息つきたい大人にぴったり!

関西地域2府4県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)での販売の商品を通販でぜひ購入して試してみてください。

内容量 245g
カロリー/100gあたり 43kcal
糖類/100gあたり -

内容量 245g
カロリー/100gあたり 43kcal
糖類/100gあたり -

「缶コーヒー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ 特製カフェオレ』
Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア 贅沢カフェラテ』
UCC(ユーシーシー)『BEANS & ROASTERS カフェラテ』
SUNTORY(サントリー)『ボス カフェオレ』
伊藤園『チチヤス ちょっとすっきり ミルクコーヒー 』
UCC(ユーシーシー)『ミルクコーヒー』
KIRIN(キリン)『FIRE(ファイア) 関西限定ミルクコーヒー』
商品名 ASAHI(アサヒ飲料)『ワンダ 特製カフェオレ』 Coca-Cola(コカ・コーラ)『ジョージア 贅沢カフェラテ』 UCC(ユーシーシー)『BEANS & ROASTERS カフェラテ』 SUNTORY(サントリー)『ボス カフェオレ』 伊藤園『チチヤス ちょっとすっきり ミルクコーヒー 』 UCC(ユーシーシー)『ミルクコーヒー』 KIRIN(キリン)『FIRE(ファイア) 関西限定ミルクコーヒー』
商品情報
特徴 挽きたての24時間以内にドリップしたコーヒーを使 国産牛乳のまろやかなコクと豊かなコーヒー リラックスタイムに最適な濃厚ミルクのカフェラテ バランスのよい大人のカフェオレ 苦さひかえめのまろやかなミルクコーヒー お馴染みのロング缶 牛乳、生クリーム、ミルクソースを使用!
内容量 185ml 280ml 375g 185g 250g 250g 245g
カロリー/100gあたり 39kcal 46kcal 44kcal 44kcal 38kcal 41kcal 43kcal
糖類/100gあたり - - - 0.5-1.5g - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

関連記事|手軽にコーヒーをもっと楽しみたいなら

缶コーヒー以外にも手軽にカフェタイムを楽しめる商品はたくさんあります。ペットボトルコーヒー、インスタントコーヒー、ドリップコーヒーなど商品タイプも幅広くありますよ。

その日の気分や場面に合わせてチョイスするのもおすすめですので、チェックして参考にしてみてください!

ほっと一息つけるカフェラテ

カフェラテの缶コーヒーのおすすめはいかがでしたか。

昔は缶コーヒーはあまり美味しくない…というイメージがあったようです。ですが、技術の革新とメーカーの努力により、今の缶コーヒーはコーヒー豆の香りや苦みを十分に堪能できるような素晴らしい商品が数多く販売されています。

どこでも気軽に買えるカフェラテの缶コーヒーで、ミルクの甘みに癒されながら、心も体もリラックスできるといいですね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 缶コーヒーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での缶コーヒーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:缶コーヒー・ボトルコーヒーランキング
楽天市場:缶コーヒー飲料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button