PR(アフィリエイト)

ファーウェイのイヤホンおすすめ9選|スタイリッシュで音質がいい【充実機能】

HUAWEI『FreeBuds Pro 2(T0006)』
出典:Amazon
HUAWEI『FreeBuds Pro 2(T0006)』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

無線でオーディオ機器と接続できるイヤホンの人気が高まっています。なかでもファーウェイ製のイヤホンは、スタイリッシュで音質がいいと高い評価を集めています。

今回は、家電製品総合アドバイザー・福田満雄さんと編集部で、ファーウェイ製イヤホンの魅力についてリサーチしました。おすすめの機種も紹介しているので、ぜひ最後まで目をとおしてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

家電製品総合アドバイザー
福田 満雄
iPhone3GSの時代からスマートフォンを愛用している、ガジェット愛あふれるライター。 複数のメディアで家電製品の記事を担当、シンプルでわかりやすい文章がモットー。 冷蔵庫からオーディオ、パソコンまで、幅広く知識を問われる家電製品総合アドバイザー試験に一発合格。 最新機種が好きなのはもちろん、過去の名機を安価に楽しむのも好き。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

ファーウェイとは?

 

ファーウェイは1985年に中国・深圳(シンセン)に設立された、ICTインフラストラクチャとスマート端末プロバイダーの会社です。2005年に日本法人が設立され、スマートフォンやタブレット、オーディオ機器などが発売されています。

一方で地球環境保護にも乗り出し、2021年「SDGs Quest みらい甲子園 首都圏大会」などへの特別協賛や野生動物の保護活動など「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献を行なっています。

ファーウェイのイヤホンの特徴は?

 

まずはファーウェイ製イヤホンの特徴をチェックしていきましょう。家電製品総合アドバイザー・福田満雄さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのファーウェイ製イヤホンを選ぶために参考にしてみてくださいね。

なんといってもコスパ最強

コインの階段
Pixabayのロゴ
コインの階段
Pixabayのロゴ

コスパのよさには惹かれます。

ファーウェイ製イヤホンの特徴の第1にあげられるのがコスパのよさです。

アクティブノイズキャンセリングや外音取り込みモードなど、一般的にハイクラスの機種に搭載されている機能が、1万円程度の機種にも搭載されています。

またその搭載されている機能の質も高く、「FreeBuds Pro」では最大40dBまでのノイズを低減することができますが、他社製品では、35dBまでのノイズを低減できる機種が3万円以上の価格で販売されていることを考えると、ファーウェイ製イヤホンは、とてもコスパがいいといえるでしょう。

ほしいものがある豊富なデザイン

 

ファーウェイ製イヤホンは、遊び心にあふれたデザインも特徴のひとつです。なかでも『FreeBuds Lipstick』は、ハイブランドコスメのようなルージュ型のケースになっていて大人かわいいのが魅力です。そのほかの機種では、楕円形で丸みのあるフォルムで手になじみやすいものがバラエティ豊かに展開されています。

また、イヤホンのカラーも、セラミックホワイト、カーボンブラック、レッド、シルバーフロストなど洗練されたおしゃれなカラーが展開されています。なかには「FreeBuds SE」のようにクールなアマゾナイトブルーを展開しているものもあり、お気に入りのカラーを選べます。

汗や水に濡れても安心な防水モデル

 

スポーツやトレーニング中にイヤホンを使用したい方や、屋外での使用が多い方は、防水機能を搭載した機種を選ぶといいでしょう。ファーウェイのイヤホンにはIPX4等級以上のものが展開されています。

IPX4は、製品に対しあらゆる方向から水の飛沫をうけても影響がないレベルです。小雨程度であれば問題なく使用できます。「FreeLace」に搭載されているIPX5となれば、あらゆる方向からの水の直接噴流に対応できるため、汗を多くかくトレーニングやにわか雨などの状況下でも使用可能です。

快適に使えるスマート検出機能

イヤホンにはスマート検出機能を搭載したものがあります。スマート検出機能とは、イヤホンを耳から外した際に、スマートホンやオーディオ機器から音声が出力される機能のことです。

外出先から自宅に戻り、イヤホンの使用が不要となった際に、イヤホンを外すだけでそのまま音楽の続きがスマートホンやオーディオ機器から聞こえるので、タイムラグがありません。

スマート検出機能は、設定でオンとオフを切り替えられるので、必要に応じて設定しましょう。

アプリと連携し、カスタマイズ可能

 

ファーウェイのイヤホンは「HUAWEI AI Life」というスマホのアプリで設定をカスタマイズすることができます。android・iOSともに公開されているので使用している機器に対応したものをインストールします。

イコライザーなど音の調節機能のほか、「イヤホンを探す」などの設定もあるので、万が一に備えてインストールしておくと便利です。

またそのほかの音楽関連のアプリと連動することもできるので、必要に応じて対応しているものを使いましょう。

家電製品総合アドバイザー:福田 満雄

家電製品総合アドバイザー

スマートフォンで以前、大きなシェアを持っていたファーウェイのワイヤレスイヤホン。同価格帯の他社品とスペックを比較すると、少しずつ上回っているのがわかります。

また、エントリーモデルからハイスペックモデルまで、ラインナップを揃えているのも特徴。Android限定の注意点としては、aptXコーデックに対応している商品が無いことは覚えておきましょう。

ファーウェイのイヤホンおすすめ9選

ここまでご紹介したファーウェイのイヤホンの特徴を踏まえ、家電製品総合アドバイザーと編集部で厳選したおすすめの機種をご紹介します。気になるものがあればぜひ検討してみてくださいね。

家電製品総合アドバイザー:福田 満雄

家電製品総合アドバイザー

HUAWEI『FreeBuds Pro 2』は、ファーウェイワイヤレスイヤホンのフラッグシップ。アクティブノイキャン、ケースのワイヤレス充電、AndroidならLDACにも対応。予算が許せばコレ。

エキスパートのおすすめ

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 2(T0006)』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro2(T0006)』
出典:Amazon この商品を見るview item

人間が認識できる以上の音域を再現

独自開発のデュアルドライバーにより14Hz~48kHzまでの幅広い音域を再現できるイヤホンです。

また音量レベル、外耳道の構造、装着の仕方をリアルタイムで検知し、それぞれの耳にあった音質に自動調整可能な機能を搭載。オーダーメイドのように耳あたりのいい音楽が楽しめます。

ノイズキャンセリングは、50Hz~3,000Hzまでの広い周波数帯に対応し、最大-47dbまでのノイズを低減できます。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 ケース併用時:30時間(ノイズキャンセリングOFF時)/18時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 イヤホン:約40分(充電ケースに入っている時)/充電ケース:約1時間(有線でイヤホンが入っていない時)
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約6.1g 充電ケースのみ約52.1g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 ケース併用時:30時間(ノイズキャンセリングOFF時)/18時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 イヤホン:約40分(充電ケースに入っている時)/充電ケース:約1時間(有線でイヤホンが入っていない時)
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約6.1g 充電ケースのみ約52.1g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 3』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsPro3』
出典:Amazon この商品を見るview item

クセの少ないハイエンドモデル

Bluetooth 5.2に準拠し、コーデックはSBCとAAC、LDACに対応しています。イヤホン本体はIP54の高い防塵・防水性能を持っており、アウトドアや降雨時でも、イヤホンへ塵・水が入り込みにくくなっています。

音質も低音から高音まで全ての音域でクセがなく、ハイエンドモデルらしい、非常にいいパフォーマンスが期待できます。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約31時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約40分/充電ケース:約60分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.8g 充電ケースのみ約45.5g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約31時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約40分/充電ケース:約60分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.8g 充電ケースのみ約45.5g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI FreeBuds SE 2』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIFreeBudsSE2』
出典:Amazon この商品を見るview item

Bluetooth5.3搭載のモデル

全体的に、コストパフォーマンスが高いファーウェイ社のイヤホン。その中でも、こちらのモデルは特に価格に対する性能が良いです。Bluetooth5.3を搭載し、消費電力の節減が期待できます。

それにケースを併用することで、最大40時間音楽を再生可能。初回使用時には自動的にBluetoothのペアリングモードになったり、充電ケースを開くだけでペアリングしたデバイスと再接続できたりするなど、使いやすさも抜群です。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約40時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.3
アプリ対応
重量 イヤホン単体約3.8g 充電ケースのみ約33g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約40時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.3
アプリ対応
重量 イヤホン単体約3.8g 充電ケースのみ約33g
全てを見る全てを見る

家電製品総合アドバイザー:福田 満雄

家電製品総合アドバイザー

HUAWEI『FreeBuds SE』は、ファーウェイワイヤレスイヤホンのエントリーモデル。最低限の機能は押さえてあります。安価ながらイヤーチップ3個付属。鮮やかなカラーで他人とかぶりたくない方へ。

エキスパートのおすすめ

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds SE』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsSE』
出典:Amazon この商品を見るview item

24時間の長時間再生に対応

FreeBuds SEは、イヤホン本体のみで6時間、ケースを併用すれば24時間の長時間の再生が可能なカナル型イヤホンです。フル充電であれば、通話も連続して4時間可能。本体の重さは約5gと長時間装着していても耳への負担が少ないのがうれしいポイントです。

カラーはさわやかなアマゾナイトブルーとホワイトから選べます。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約24時間(ケース併用)
充電時間 イヤホン:約1.5時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース:約2時間(有線でイヤホンが入っていないとき)
ノイズキャンセリング -
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.11g 充電ケースのみ約35.6g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約24時間(ケース併用)
充電時間 イヤホン:約1.5時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース:約2時間(有線でイヤホンが入っていないとき)
ノイズキャンセリング -
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.11g 充電ケースのみ約35.6g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5i』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5i』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイキャン搭載ながら低価格!

やや細身でかわいらしい印象のあるこちらのモデル。ノイズキャンセリング機能も充実しているので、通勤や通学など、騒がしい環境でも安心して使えます。

また、マルチポイントにも対応しているため、PCとスマホなど複数のデバイスとのペアリングにも対応しています。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約35.5時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約4.9g 充電ケースのみ約33g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約35.5時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約4.9g 充電ケースのみ約33g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds5』
出典:Amazon この商品を見るview item

高級感のあるデザインが魅力的

シルバーフロスト、コーラルオレンジといった、高級感にあふれるデザインを選択できるこちらのイヤホン。耳の入り口にひっかけて使用するタイプのため、暑い日や長い時間日向にいる場合などでも、快適に使用できます。

充電ケースはワイヤレス充電にも対応しているため、使ったらすぐ充電するような使い方をされる方にもピッタリです。

イヤホン形状 インナーイヤー型
連続再生時間 約30時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約20分/充電ケース:約40分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.4g 充電ケースのみ約45g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 インナーイヤー型
連続再生時間 約30時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤホン単体:約20分/充電ケース:約40分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.4g 充電ケースのみ約45g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Lipstick』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBudsLipstick』
出典:Amazon この商品を見るview item

ラグジュアリーな女性にぴったり

ハイブランドコスメのようなフォルムのケースには、真っ赤なイヤホンが入っています。オープンイヤー型になっているので、カナル型のように耳を塞いでしまうのに抵抗がある人にも使いやすいのが特徴です。

アダプティブ・イヤーマッチング・テクノロジーにより、装着する人の耳の形や装着方法を自動で検知。環境音などの低周波音を低減できるので通話や音楽もストレスなく楽しめます。

イヤホン形状 オープンイヤー型
連続再生時間 4時間(ノイズキャンセリングOFF時)/2.5時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 イヤホン 約1時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース 約1時間(有線でイヤホンが入っていないとき)
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約4.1g 充電ケースのみ約84.5g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 オープンイヤー型
連続再生時間 4時間(ノイズキャンセリングOFF時)/2.5時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 イヤホン 約1時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース 約1時間(有線でイヤホンが入っていないとき)
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2
アプリ対応
重量 イヤホン単体約4.1g 充電ケースのみ約84.5g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 3i(WAL-CT025)』

HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds3i(WAL-CT025)』
出典:Amazon この商品を見るview item

アウトドアでの使用にもぴったりなイヤホン

FreeBuds 3iは、IP54と防塵・防水性にすぐれたイヤホンです。アウトドアレジャーや外出時の急な降雨などでも、ほこりや水滴がイヤホンに影響を与えにくくなっています。

充電ケースを併用すれば、音楽は約14.5時間 通話は約10.5時間の連続使用が可能。耳からわざわざ外さなくてもダブルタップで音楽の再生や停止、通話の開始や終了を操作できます。

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約14.5時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤフォン単体:約1時間/充電ケース:約100分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.0
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.5g 充電ケースのみ約51g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 カナル型
連続再生時間 約14.5時間再生 (ケース併用)
充電時間 イヤフォン単体:約1時間/充電ケース:約100分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.0
アプリ対応
重量 イヤホン単体約5.5g 充電ケースのみ約51g
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear 2』

HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear2』 HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear2』 HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear2』 HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear2』 HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear2』
出典:Amazon この商品を見るview item

より自然になった眼鏡型のイヤホン

眼鏡フレームに内蔵されたスピーカーで、約11時間の連続再生が可能なイヤホンです。前回のモデルよりテンプル部分が細くなったので、ビジネスシーンで違和感なく使用できるようになっています。

内蔵マイクを利用して、ハンズフリー会話も行えます。さらに、マルチポイント接続にも対応しているため、スマホとPCを同時に接続するなどの使い方も可能。ビジネスにレジャーに、工夫次第で使い方が広がります。

イヤホン形状 -
連続再生時間 約11時間再生
充電時間 約50分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.3
アプリ対応
重量 ブラック 約37.8 g チタニウムシルバー 約39.2 g
全てを見る全てを見る

イヤホン形状 -
連続再生時間 約11時間再生
充電時間 約50分
ノイズキャンセリング
Bluetoothバージ Bluetooth 5.3
アプリ対応
重量 ブラック 約37.8 g チタニウムシルバー 約39.2 g
全てを見る全てを見る

「ファーウェイ イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 2(T0006)』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 3』
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI FreeBuds SE 2』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds SE』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5i』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Lipstick』
HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 3i(WAL-CT025)』
HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear 2』
商品名 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 2(T0006)』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Pro 3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI FreeBuds SE 2』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds SE』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5i』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 5』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds Lipstick』 HUAWEI(ファーウェイ)『FreeBuds 3i(WAL-CT025)』 HUAWEI(ファーウェイ)『Eyewear 2』
商品情報
特徴 人間が認識できる以上の音域を再現 クセの少ないハイエンドモデル Bluetooth5.3搭載のモデル 24時間の長時間再生に対応 ノイキャン搭載ながら低価格! 高級感のあるデザインが魅力的 ラグジュアリーな女性にぴったり アウトドアでの使用にもぴったりなイヤホン より自然になった眼鏡型のイヤホン
イヤホン形状 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 インナーイヤー型 オープンイヤー型 カナル型 -
連続再生時間 ケース併用時:30時間(ノイズキャンセリングOFF時)/18時間(ノイズキャンセリングON時) 約31時間再生 (ケース併用) 約40時間再生 (ケース併用) 約24時間(ケース併用) 約35.5時間再生 (ケース併用) 約30時間再生 (ケース併用) 4時間(ノイズキャンセリングOFF時)/2.5時間(ノイズキャンセリングON時) 約14.5時間再生 (ケース併用) 約11時間再生
充電時間 イヤホン:約40分(充電ケースに入っている時)/充電ケース:約1時間(有線でイヤホンが入っていない時) イヤホン単体:約40分/充電ケース:約60分 イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分 イヤホン:約1.5時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース:約2時間(有線でイヤホンが入っていないとき) イヤホン単体:約60分/充電ケース:約110分 イヤホン単体:約20分/充電ケース:約40分 イヤホン 約1時間(充電ケースに入っているとき)/充電ケース 約1時間(有線でイヤホンが入っていないとき) イヤフォン単体:約1時間/充電ケース:約100分 約50分
ノイズキャンセリング -
Bluetoothバージ Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.3 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.3
アプリ対応
重量 イヤホン単体約6.1g 充電ケースのみ約52.1g イヤホン単体約5.8g 充電ケースのみ約45.5g イヤホン単体約3.8g 充電ケースのみ約33g イヤホン単体約5.11g 充電ケースのみ約35.6g イヤホン単体約4.9g 充電ケースのみ約33g イヤホン単体約5.4g 充電ケースのみ約45g イヤホン単体約4.1g 充電ケースのみ約84.5g イヤホン単体約5.5g 充電ケースのみ約51g ブラック 約37.8 g チタニウムシルバー 約39.2 g
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ファーウェイ イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのファーウェイ イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホン・ヘッドホン本体ランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ファーウェイのイヤホンに関するFAQ

question iconペアリングがうまく接続できないときの対処法は?

answer icon

イヤホンとスマホ、オーディオ機器がペアリングできない場合は次の項目を確認してください。
・接続機器のBluetooth設定がOFFになっていないか
・スマホやタブレットの場合、OSが最新のものになっているか
・イヤホンの充電が切れていないか

以上のことを確認したうえで、現在のペアリングをいったん解除し、再ペアリングを行なってみてください。また接続機器側の再起動も有効である場合もあります。

question icon片耳しか聞こえないとき、どうすればいい?

answer icon

イヤホンの片耳しか聞こえない場合は、正しく接続されていない可能性が考えられます。いったんペアリングを解除したあと再ペアリングを行なってみてください。

スマホやタブレットなどと接続している場合は、ほかのアプリが干渉している可能性もあります。再ペアリングと、スマホやタブレットの再起動を行なうことで解消することもあります。

question iconイヤホンが充電できない!解決法は?

answer icon

充電式のイヤホンが充電できない場合、イヤホン本体だけでなく、充電を行なうケースにも問題がある場合が考えられます。原因のひとつとして考えられるのが、充電端子の汚れです。

耳に装着する部分のお手入れは行なっていても充電端子の汚れは意外と見落としがちです。消毒用アルコールを含ませたコットンや布などで端子部分をやさしくふき取ってみてください。イヤホン本体の端子はつまようじなどにコットンや布を巻きつけるときれいにふき取れるでしょう。

【関連記事】そのほかのイヤホンはこちらから

コスパよし、品質よしのファーウェイのイヤホン

今回は、ファーウェイのイヤホンについてその特徴とおすすめ商品をご紹介してきました。リーズナブルな価格なのに、高機能で使いやすい機種が多く展開されています。さらにスマートホンなどのアプリと連動することで、さらに機能が使いやすくカスタマイズできます。

無線接続のイヤホンは、接続がうまくいかなかったり、途中で切断されることもありますが、慌てずに接続端子の清掃や再接続などを行なうことで解消することもあります。

この記事を参考に、快適な音楽ライフを満喫してくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button