USBスピーカーおすすめ6選|小型から本格タイプまでご紹介!

USBスピーカーおすすめ6選|小型から本格タイプまでご紹介!
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

オーディオ&ビジュアルライターであり、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、おすすめのUSBスピーカーと選び方をご紹介していきます。アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れでも設置可能なのも魅力です。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーからもよい商品がたくさん発売されていて、どれを選べばいいか迷う方も多いと思います。手軽に導入したいのであれば数千円からありますので、この記事を参考にぜひ「ワンランク上の音」を手にいれてください。


USBスピーカーの選び方|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに聞く

オーディオ&ビジュアルライターでありAV評論家の折原一也さんに、USBスピーカーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

USBスピーカーのイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

USBスピーカーもたくさんの種類がありますので、自分の使い方により商品を選ぶ必要があります。

USBスピーカーはバスパワー? USB接続?

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

USBスピーカーを探している人は、手軽に持ち歩けるタイプ、半固定でも高音質再生ができるタイプ、のどちらがよいかを考えておきましょう。

手軽さを重視して探している場合には、USBに接続するだけのUSBバスパワーで動作するタイプが選ぶ候補として適しています。予算的には、ほとんどが数千円~1万円以下で収まります。

持ち歩きしないで家のPCに接続して高音質に音楽を聴けるような、ハイレゾにも対応した本格派の音楽リスニング用のスピーカーを探している人は、外部のACアダプターで電源供給するタイプも候補になります。予算は数万円~10万円以上まで幅広く発売されています。

再生するパワーはアンプのW数で確認

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音質でUSBスピーカーを選びたい人も多いはずです。

USBスピーカーの音質自体を表すスペックは存在しませんが、一つの目安となるのがスピーカーに内蔵するアンプ出力のW(ワット)数。スピーカーを鳴らすための出力最大値を表しているアンプのW数は、大きいほどサウンドに余裕があります。

電源をUSBバスパワーで取るタイプは電流の制限があるので、再生するパワーはアンプのW数で確認してください。

高音質重視ならハイレゾ対応の製品も

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

PCの基板上にあるサウンドチップや拡張カードのサウンドカードで再生のためのDA変換(※)を行うと、PC内部のノイズの影響を受けやすくなります。

しかし、USBスピーカーのなかでもDA変換機能を内蔵している高価格帯の機種は、この変換をノイズの少ないスピーカー側で行えるので、音声信号の劣化を最小限に抑えることができます。

なかでも高音質の製品では「ハイレゾ」の基準を満たす96kHz/24bit以上の精度でDA変換をスピーカー内蔵で行うようになっています。

高音質重視ならハイレゾ対応の製品も視野に入れてください。

※DA変換:スピーカーで音楽を鳴らすために、デジタル信号をアナログに変換すること。

USBスピーカー6選|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原 一也さんのおすすめ

上で紹介したUSBスピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライターであり、AV評論家の折原 一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

USBスピーカーのイメージ画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

手軽に高音質を実現できるのが、USB接続の良いところです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』

JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』 JBL(ジェービーエル)『JBLPebbles』

出典:Amazon

本体サイズ 幅78×奥行150×高さ132mm
電源 USB
アンプ出力 --
入力端子 USB、φ3.5mmステレオミニジャック
DA機能
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイコスパUSBスピーカーの人気モデル

米国のスピーカーブランドJBLが発売するPC用USBスピーカーの大人気モデル。

お手軽な使い勝手でありながら、JBLが独自開発したデジタルアンプと50mmのフルレンジドライバーで、手軽なUSBスピーカーの常識を覆すほどのクリアで情報量豊富な高音質を実現しています。

PC用のスピーカーとしては少し大型ですが、デスクで高音質な音楽を聴く、動画をはっきりとした音で聴きたい人は、『Pebbles』を選んでおけばまず間違いありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エレコム『MS-P08UBK』

エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』 エレコム『MS-P08UBK』

出典:Amazon

本体サイズ 幅72×奥行74×高さ82mm
電源 USB
アンプ出力 4W(2.0W+2.0W)
入力端子 φ3.5mmステレオミニジャック
DA機能 ×
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

お手頃価格のUSBスピーカー

ノートPCの横にちょっと置くような設置スタイルのUSBスピーカー。

2W+2Wのアンプに50mmのフルレンジドライバ搭載とオーディオ設計もシンプルですが、無理なく作られたサウンドで、手軽に音質向上をしたい人にピッタリ。

スピーカー本体ではなく、ケーブル途中の手元でボリュームを調整できるボリュームコントローラー付きというデザインも扱いやすいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワサプライ『400-SP067』

サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』 サンワサプライ『400-SP067』

出典:Amazon

本体サイズ 幅97×奥行88×高さ124mm
電源 USB
アンプ出力 4W(2.0W+2.0W)
入力端子 φ3.5mmステレオミニジャック
DA機能 ×
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

上向きデザインが決め手

PCデスクの上に置くのにピッタリなコンパクトサイズのUSBスピーカー。

本体の出力は4Wと近くの位置で聴くならじゅうぶんなボリュームを確保でき、また上向きユニット搭載でダイレクトに音が届きます。USBバスパワーなので持ち歩きもらくらく。

今までノートPCやPCモニターの内蔵スピーカーで音楽を聴いていた人なら、このクラスのUSBスピーカーでもじゅうぶんに高音質化を実感できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Olasonic『TW-S9』

Olasonic『TW-S9』

出典:Amazon

本体サイズ 幅113mm×奥行117mm×高さ162mm
電源 USB
アンプ出力 12.5W+12.5W(USB3.0規格以上接続時) ※USB2.0の場合、最大出力 10W+10W
入力端子 USB、φ3.5mmステレオミニジャック
DA機能
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾにも対応する想像以上の高音質

独自開発 SCDS(スーパーチャージド・ドライブ・システム)搭載により、USBバスパワーで動くスピーカーの弱点であるアンプ出力の制限を上回る12.5W+12.5Wの圧倒的なハイパワーを実現したUSBスピーカー。

卵型のユニットは音響工学に基づいたもので、パッシブラジエーターも搭載して重低音再生も強化しています。

ハイレゾ対応の基準も満たし高音質を狙ったユニークな機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KRIPTON『KS-1HQM』

KRIPTON『KS-1HQM』

出典:Amazon

本体サイズ 幅89.5×奥行105×高さ173mm(×2台)
電源 AC
アンプ出力 50w(25w+25w)
入力端子 USB、φ3.5mmステレオミニジャック、光デジタル
DA機能
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応の超高音質PCスピーカー

超高音質を狙ったオーディオメーカー発のハイレゾ対応スピーカーがクリプトンの『KS-1HQM』です。
コンセントから電源を取るタイプながら、本体サイズとしてはPCデスクの上に置いてちょうど良いサイズ。

25W+25Wの本格的なデジタルアンプを内蔵し、本体は重量感ある金属ボディです。1台なんと約1.5~1.4kgという常識外に重い質量になっています。

そして何よりUSBスピーカーとは思えないほどの情報量と、空気感を備えた超高音質サウンド。PCデスクの上でHi-Fiオーディオ級の高音質を揃えられるので、少し高価でも買う価値があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『NX-N500』

YAMAHA『NX-N500』 YAMAHA『NX-N500』 YAMAHA『NX-N500』 YAMAHA『NX-N500』 YAMAHA『NX-N500』 YAMAHA『NX-N500』

出典:Amazon

本体サイズ 左 幅170.0×奥行238.6×高さ285.0mm、右 幅170×奥行232×高さ285mm
電源 AC
アンプ出力 LF 24W、HF 20W
入力端子 USB、φ3.5mmステレオミニジャック、光デジタル、イーサネット、Wi-Fi
DA機能
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiまで対応のアンプ内蔵スピーカー

USBスピーカー前提で設計されたスピーカーではありませんが、Wi-Fiオーディオでは初のアンプ。USB DAC内蔵で、USBスピーカーとしても使えてしまう高音質スピーカーがYAMAHAの『NX-N500』です。

PCデスク上の設置には向かないブックシェルフ型のパワードスピーカーですが、PCと直結すればハイレゾのなかの上位仕様となる384kHz/24bitまで対応と規格外の高音質。

さらにWi-Fi内蔵でネットワーク再生やSpotifyの音楽配信にも対応と多機能です。PCとUSB接続で使いつつ、他の方法でも音楽を聞けるスピーカーとして考えると面白い存在です。

「USBスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』
エレコム『MS-P08UBK』
サンワサプライ『400-SP067』
Olasonic『TW-S9』
KRIPTON『KS-1HQM』
YAMAHA『NX-N500』
商品名 JBL(ジェービーエル) 『JBL Pebbles』 エレコム『MS-P08UBK』 サンワサプライ『400-SP067』 Olasonic『TW-S9』 KRIPTON『KS-1HQM』 YAMAHA『NX-N500』
商品情報
特徴 ハイコスパUSBスピーカーの人気モデル お手頃価格のUSBスピーカー 上向きデザインが決め手 ハイレゾにも対応する想像以上の高音質 ハイレゾ対応の超高音質PCスピーカー Wi-Fiまで対応のアンプ内蔵スピーカー
本体サイズ 幅78×奥行150×高さ132mm 幅72×奥行74×高さ82mm 幅97×奥行88×高さ124mm 幅113mm×奥行117mm×高さ162mm 幅89.5×奥行105×高さ173mm(×2台) 左 幅170.0×奥行238.6×高さ285.0mm、右 幅170×奥行232×高さ285mm
電源 USB USB USB USB AC AC
アンプ出力 -- 4W(2.0W+2.0W) 4W(2.0W+2.0W) 12.5W+12.5W(USB3.0規格以上接続時) ※USB2.0の場合、最大出力 10W+10W 50w(25w+25w) LF 24W、HF 20W
入力端子 USB、φ3.5mmステレオミニジャック φ3.5mmステレオミニジャック φ3.5mmステレオミニジャック USB、φ3.5mmステレオミニジャック USB、φ3.5mmステレオミニジャック、光デジタル USB、φ3.5mmステレオミニジャック、光デジタル、イーサネット、Wi-Fi
DA機能 × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

そのほかのスピーカーのおすすめはこちら 【関連記事】

予算2,000円程度を出せれば十分高音質に|AV評論家より

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

USBスピーカーを探している人のほとんどは、PCの内蔵スピーカーを使っていたり、モニタ内蔵スピーカーを使っていたりと、音質に不満のある人が多いです。

そんな人がちょっと改善したいなら、まずは2000円程度からUSBスピーカーを探してみてください。

USBスピーカー、PCスピーカーは定番ジャンルで競争も激しいので、極端に省スペースを狙ったモデルでなければ2000円程度でも十分音質アップを狙えます。

当分買い換えなくていいような決定版的スピーカーが欲しい人は、さらに予算を出して、自身が重視するものが何なのかを決めて、探し出してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/26 コンテンツ追加・修正のため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/04/07 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

関連する記事


【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、2020年版PCスピーカー22選をご紹介します。5.1chのスピーカーや、Bluetooth接続ができるスピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


JBLスピーカーのおすすめ10選|アウトドアでも活躍!【Bluetooth対応・AIスピーカー】

JBLスピーカーのおすすめ10選|アウトドアでも活躍!【Bluetooth対応・AIスピーカー】

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。この記事では、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのJBLスピーカー10選と選び方を紹介します。


シアターバーおすすめ5選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

シアターバーおすすめ5選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

AV評論家の折原一也さんへの取材のもと、シアターバーを選ぶポイントと、映画やゲームのサラウンド再現を重視したおすすめ製品を紹介していきます。「シアターバー」は、薄型TVと組み合わせて、映画やゲームで採用されているサラウンド音響を家庭で再現できるアイテム。「サウンドバー」と呼ばれる製品と一部重複しますが、とくにシアターバーは、バーチャルサラウンド技術5.1ch、7.1chのサラウンドや最新の立体音響に対応していて、本格的に映画やゲームのサラウンドの再現を目指した製品を指します。シアターバーを導入して迫力あるサウンドをぜひ楽しんでください。後半ではちょっと視点を変えた製品も紹介していますので、そちらも参考に!


【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

【2020年版】モニタースピーカーおすすめ20選|DTM向けから小型サイズの商品も紹介

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


高音質で使いやすいテレビワイヤレススピーカーおすすめ11選|機能的&ワイヤレス

高音質で使いやすいテレビワイヤレススピーカーおすすめ11選|機能的&ワイヤレス

IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、テレビ用ワイヤレススピーカーのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ちょっとテレビから離れたところから見ているので、テレビの画面は見えるけど音が聴こえづらい。けれども、ボリュームを大きくするのは家中に音が鳴り響くので困る。そんな時に便利なのがテレビワイヤレススピーカー。スピーカーが自分の近くにあるのでよく聴き取れるようになります。手元で音量調節できるものなどさまざまな機種が展開されています。本記事ではテレビ用ワイヤレススピーカーを選ぶうえでおさえておきたいポイントを解説。ぜひ参考にしてくださいね。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る