市販のバーニャカウダソースおすすめ8選! 料理研究家と編集部が厳選

市販のバーニャカウダソースおすすめ8選! 料理研究家と編集部が厳選
料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー
指宿 さゆり

神戸出身。アメリカなどでパーティ料理やオーガニックを学び、2002年に「菜々食CookingClass」を主宰。卒業生による教室開設やカフェ開業実績も多数。 企業向けのオリジナルレシピ開発を行う「レシピ制作専門スタジオ」では料理部門の代表として、料理動画のメニュー監修、タイアップ企画レシピ、連載レシピコンテンツ、飲食店のメニュー開発などに従事。また、大の蕎麦好きでもあり、蕎麦に関するグループも運営中。

料理研究家の指宿さゆりさんに聞いた、市販のバーニャカウダソースを選ぶポイントとおすすめの商品を掲載。家庭で手軽にバーニャカウダを楽しみたいときにあると便利なのが、「市販のバーニャカウダソース」。イタリア産の定番商品から、国内メーカーが素材にこだわって作ったものまで、さまざまバーニャカウダソースが販売されています。バーニャカウダ以外の料理にアレンジできるかも選ぶ際の大切なポイント。本記事を参考に、使い勝手のよいバーニャカウダソースを見つけてくださいね。


市販のバーニャカウダソース選びのポイント 料理研究家に聞く

市販のバーニャカウダソースを選ぶときのポイントを4つ紹介します。料理研究家の指宿さゆりさんにも解説いただきましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

バーニャカウダソースと野菜
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

市販のバーニャカウダソースがあれば、自宅でかんたんにおいしいバーニャカウダを食べることができますね。

原材料をチェックして選び、使うときは味見をしてから ポイント1

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

一般的なバーニャカウダソースには、オリーブオイル、アンチョビ、ニンニクなどの食材が入っています。いろいろな材料を合わせて作っている商品だからこそ、原材料の表記をしっかりとチェックするように心がけるといいでしょう。原材料を確認することで、料理のアレンジに使いやすいかどうかがわかります。

もちろん、原材料のチェックだけではなく、実際に味見し、塩加減なども確認してください。すでに味が濃いめについている場合、アレンジしたときに味が濃くなりすぎないように注意が必要です。

白亜ダイシン『ノースファームストック 北海道バーニャカウダ』

北海道産のニンニクと国産アンチョビを使ったバーニャカウダソース。イタリア産のエクストラヴァージンオイルを使用しています。

>> Amazonで詳細を見る

化学調味料を使用していないものを選ぶ ポイント2

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

バーニャカウダソースを選ぶなら、できるだけ化学調味料を使用していないものがおすすめです。化学調味料を使用していなくても、充分に素材が本来持っている深い味を引き出しているので、そのままシンプルに蒸し野菜やカットした野菜に付けるだけでもおいしいです。

余計な調味料が入っていない分、自分で味の濃さを調整できるので、料理にアレンジするのにも便利です。

イナウディ『バーニャカウダ』

化学調味料を使用しておらず、シンプルで良質な原材料から作られているバーニャカウダソース。用途によって80gと180gからサイズを選ぶことができます。

>> Amazonで詳細を見る

素材の魅力を生かしたバーニャカウダソースがおすすめ ポイント3

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

そのままディップする場合、できるだけ素材の魅力を引き出しているシンプルなバーニャカウダソースがよく合います。

国産の原材料であれば、大切な家族のために提供するのにも安心ですし、なにより素材本来の味を楽しみたい方に最適です。淡路島産の玉ねぎや北海道産のニンニク、国産のアンチョビなど、国産のおいしい素材を使ったバーニャカウダソースがおすすめです。

鳴門千鳥本舗『淡路島バーニャカウダ』

化学調味料無添加で、原料に淡路島産の玉ねぎと米麹を使用。独特の甘みと旨みを楽しめる万能ソースです。

>> 楽天市場で詳細を見る

ほかレシピへのアレンジがしやすいものを選ぶ ポイント4

バーニャカウダソースは瓶に入っているものが多く、大容量のものだと1回で使い切れない場合も。たっぷり入ったソースはパーティーやおもてなしのシーンには便利ですが、そうでない場合には飽きを感じてしまう場合もあるかもしれません。そうならないために、余ったバーニャカウダソースをほかのレシピにアレンジしやすいものを選ぶといいでしょう。

シンプルな材料で作られたバーニャカウダソースなら、サラダだけではなく、パスタや肉料理・魚料理のソースにするなど、さまざまな用途に使いやすいです。

日本製粉『オーマイ ほめDELI バーニャカウダの素』

オリーブオイルを加え、レンジで温めるだけでできあがるバーニャカウダソース。肉料理やパスタなどにもアレンジできます。

>> Amazonで詳細を見る

【瓶タイプ】バーニャカウダソースおすすめ5選 料理研究家がセレクト

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、料理研究家の指宿さゆりさんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

鳴門千鳥本舗『淡路島バーニャカウダ』

鳴門千鳥本舗『淡路島バーニャカウダ』

出典:Amazon

内容量 160g
原材料 にんにく、玉ねぎ、食用植物油脂、アンチョビ、米糀(酵母菌、乳酸菌)、食塩、香辛料
賞味期限 -

Thumb lg cc12e0fd a000 42bd 9dd3 de3baa1d8de7

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

淡路島産の玉ねぎと米麹で旨みが引き立つ万能ソース

淡路島産玉ねぎの甘みと淡路島産の米麹を使ったことで、独特の甘みと旨味が楽しめるバーニャカウダソース。化学調味料無添加なのもうれしいポイントです。

バーニャカウダのアレンジレシピや料理の隠し味に活用するのはもちろん、そのままでも充分に使うことができるので、ワインが好きな方にもおすすめです。ソテーした魚や肉にのせるだけで手軽にお酒に合う料理を作ることができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

白亜ダイシン『ノースファームストック 北海道バーニャカウダ』

白亜ダイシン『ノースファームストック北海道バーニャカウダ』

出典:Amazon

内容量 120g
原材料 ニンニク、食用オリーブ油、食用ひまわり油、アンチョビソース(かたくちいわし、食塩、醸造酢、砂糖)、牛乳、調味料、ほか
賞味期限 製造日より180日

Thumb lg cc12e0fd a000 42bd 9dd3 de3baa1d8de7

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

北海道産のニンニクと国産アンチョビがおいしい

北海道産のニンニクと国産アンチョビを使った、素材のストレートな旨みがたっぷりとつまったバーニャカウダソース。イタリア産のエクストラヴァージンオイルを使用しているため、味や香りもよく、レストランのような本格的な味が楽しめます。

原材料もシンプルなので、そのまま使うのはもちろん、バーニャカウダで料理の幅を広げたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

信州自然王国『バーニャカウダ』

信州自然王国『バーニャカウダ』

出典:Amazon

内容量 160g
原材料 にんにく、玉ねぎ、食用植物油脂、アンチョビ、発酵調味料(米糀、食塩、酵母菌、乳酸菌)、食塩、香辛料
賞味期限 製造日より360日

Thumb lg cc12e0fd a000 42bd 9dd3 de3baa1d8de7

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

料理の隠し味にもぴったりの万能ソース

化学調味料無添加で、米糀(こめこうじ)の甘みが感じられるバーニャカウダソース。味付けはしっかりとしているので、料理の隠し味に使うのにも最適です。たとえば、クリームパスタに信州自然王国のバーニャカウダをからめて使ってもおいしいです。

温め直すことなく、そのまま使えるので、手軽に取り扱いたいという方におすすめ。サラダドレッシングに混ぜるだけで、ぐっと本格的な味わいになります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

イナウディ『バーニャカウダ』

イナウディ『バーニャカウダ』

出典:Amazon

内容量 80g、180g
原材料 アンチョビ、ニンニク、食用オリーブ油、食塩
賞味期限 製造日から500日

Thumb lg cc12e0fd a000 42bd 9dd3 de3baa1d8de7

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

イナウディ社のアンチョビを原料にした上品な味付け

化学調味料無添加で、使用する原材料もシンプルかつ良質。アンチョビの生臭さを感じないので、お子さんと一緒にバーニャカウダを食べたいという方にもおすすめです。レストランのバーニャカウダのような本格的な味わいを手軽に楽しむことができます

サイズは180gと80gがあり、パーティー料理であれば大きめのサイズ、デイリーユースで使い切るのであれば、小さめのサイズを選ぶといいでしょう。用途に合わせてサイズを選択できるのも魅力的です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンタニーニ『バーニャカウダ(オイルフォンデュ)』

モンタニーニ『バーニャカウダ(オイルフォンデュ)』

出典:Amazon

内容量 280g
原材料 ひまわり油、ガーリック、牛乳、アンチョビ、クルミ、天然香料
賞味期限 製造から3年

Thumb lg cc12e0fd a000 42bd 9dd3 de3baa1d8de7

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

クルミの風味が隠し味!

イタリアのピエモンテ州にあるパスタソースや加工食品を展開する食品メーカーが製造するバーニャカウダソース。ピエモンテ州は野菜やキノコ、ワインの生産地として有名です。

バーニャカウダは元々、ピエモンテ州の代表的な郷土料理でもあります。イタリア料理が好きな方やイタリア生まれのバーニャカウダを楽しみたい方におすすめです。

味はクルミとひまわりオイルを使用しているのが特徴で、スティックサラダなどに付けていただくのが最適です。もしクセが気になる場合、生クリームやレモン汁を加えると食べやすくなります。

【小分け・使い切り】バーニャカウダソース3選

瓶タイプ以外にも、小分けタイプや使い切りタイプのバーニャカウダソースもあります。こちらでは3つ紹介します。

日清フーズ『青の洞窟 野菜のためのディップソース バーニャカウダ』

日清フーズ『青の洞窟野菜のためのディップソースバーニャカウダ』

出典:Amazon

内容量 80g
原材料 植物油脂、アンチョビソース、ショートニング、にんにく、魚醤、乳等を主要原料とする食品、デンプン、生クリーム、脱脂粉乳、ほか
賞味期限 -

コツ要らずの市販バーニャカウダソース

日清フーズが展開する「青の洞窟」ブランドのバーニャカウダソース。ソースを温め、野菜をディップするだけでおいしくいただけます。エクストラバージンオリーブオイルと生クリーム、アンチョビなどの旨みを楽しむことができますよ。

まずは手軽に味わいたい人にぴったりです。

※各通販サイトのリンク先は、10個セットとなっています。

キユーピー『ディップソース バーニャカウダ味』

キユーピー『ディップソースバーニャカウダ味』

出典:楽天市場

内容量 50g(25g×2個)
原材料 植物油脂、アンチョビソース、醸造酢、ぶどう糖果糖液糖、デキストリン、食塩、ニンニク、ソテーガーリックペースト、卵黄、ほか
賞味期限 製造日を含め7カ月

そのままディップしてお手軽バーニャカウダ

カップ入りで温める必要がなく、そのまま野菜などをディップして食べられる手軽さが特徴のバーニャカウダソースです。また、使いきりサイズなのも日常使いにはうれしいですね。

サラダにかけるドレッシングのような位置付けのため「アレンジなどはしないけれど、家でかんたんにバーニャカウダを味わいたい!」という人に適しています。

日本製粉『オーマイ ほめDELI バーニャカウダの素』

日本製粉『オーマイほめDELIバーニャカウダの素』

出典:Amazon

内容量 35g
原材料 おろしにんにく(にんにく、食塩)、魚醤(魚介類)、アンチョビソース(かたくちいわし、食塩、醸造酢、砂糖)、還元水あめ、ほか
賞味期限 製造後10カ月

アレンジしやすいオリーブオイルと合わせるタイプ

スーパーなどで購入しやすい市販のバーニャカウダソースには温める必要のないドレッシングタイプのものが多いことが特徴です。バーニャカウダソースを使ってアレンジレシピに挑戦したい人に適しています。

オリーブオイルを加えてレンジで温めるタイプ。バーニャカウダとして食べることはもちろん、ほかの料理にもアレンジしやすく、いろいろな楽しみ方ができます。

「バーニャカウダソース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
鳴門千鳥本舗『淡路島バーニャカウダ』
白亜ダイシン『ノースファームストック 北海道バーニャカウダ』
信州自然王国『バーニャカウダ』
イナウディ『バーニャカウダ』
モンタニーニ『バーニャカウダ(オイルフォンデュ)』
日清フーズ『青の洞窟 野菜のためのディップソース バーニャカウダ』
キユーピー『ディップソース バーニャカウダ味』
日本製粉『オーマイ ほめDELI バーニャカウダの素』
商品名 鳴門千鳥本舗『淡路島バーニャカウダ』 白亜ダイシン『ノースファームストック 北海道バーニャカウダ』 信州自然王国『バーニャカウダ』 イナウディ『バーニャカウダ』 モンタニーニ『バーニャカウダ(オイルフォンデュ)』 日清フーズ『青の洞窟 野菜のためのディップソース バーニャカウダ』 キユーピー『ディップソース バーニャカウダ味』 日本製粉『オーマイ ほめDELI バーニャカウダの素』
商品情報
特徴 淡路島産の玉ねぎと米麹で旨みが引き立つ万能ソース 北海道産のニンニクと国産アンチョビがおいしい 料理の隠し味にもぴったりの万能ソース イナウディ社のアンチョビを原料にした上品な味付け クルミの風味が隠し味! コツ要らずの市販バーニャカウダソース そのままディップしてお手軽バーニャカウダ アレンジしやすいオリーブオイルと合わせるタイプ
内容量 160g 120g 160g 80g、180g 280g 80g 50g(25g×2個) 35g
原材料 にんにく、玉ねぎ、食用植物油脂、アンチョビ、米糀(酵母菌、乳酸菌)、食塩、香辛料 ニンニク、食用オリーブ油、食用ひまわり油、アンチョビソース(かたくちいわし、食塩、醸造酢、砂糖)、牛乳、調味料、ほか にんにく、玉ねぎ、食用植物油脂、アンチョビ、発酵調味料(米糀、食塩、酵母菌、乳酸菌)、食塩、香辛料 アンチョビ、ニンニク、食用オリーブ油、食塩 ひまわり油、ガーリック、牛乳、アンチョビ、クルミ、天然香料 植物油脂、アンチョビソース、ショートニング、にんにく、魚醤、乳等を主要原料とする食品、デンプン、生クリーム、脱脂粉乳、ほか 植物油脂、アンチョビソース、醸造酢、ぶどう糖果糖液糖、デキストリン、食塩、ニンニク、ソテーガーリックペースト、卵黄、ほか おろしにんにく(にんにく、食塩)、魚醤(魚介類)、アンチョビソース(かたくちいわし、食塩、醸造酢、砂糖)、還元水あめ、ほか
賞味期限 - 製造日より180日 製造日より360日 製造日から500日 製造から3年 - 製造日を含め7カ月 製造後10カ月
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月18日時点 での税込価格

料理研究家からのアドバイス

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー

バーニャカウダソースにはさまざまな食材が使われているため、原材料もチェックするようにしてください。たとえば、使用している油ひとつをとってもひまわり油、オリーブ油などさまざまです。使用している油によって味や風味も異なるので、好みに合わせてチョイスするのが大切です。

また、バーニャカウダソースには使い方にもポイントがあります。バーニャカウダソースは温めて使うのが一般的ですが、そうすると品質自体は劣化してしまいます。おいしいバーニャカウダを食べるためには、毎回使い切れる分量を取り分けて使うことを忘れないようにしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キャラメルシロップおすすめ12選【タイプ別】人気のスタバやモナン、上手な使い方も!

キャラメルシロップおすすめ12選【タイプ別】人気のスタバやモナン、上手な使い方も!

この記事では、フードアナリストの平林玲美さんへの取材をもとに、市販のキャラメルシロップの選び方とおすすめ商品を厳選! シロップ、ソース、ポーションとタイプ別に紹介します。記事の後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや、キャラメルシロップの使い方レシピもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!


【鯛味噌おすすめ8選】ご飯のおともやおつまみ・味噌汁にも!

【鯛味噌おすすめ8選】ご飯のおともやおつまみ・味噌汁にも!

フードコーディネーターの國塩亜矢子さん監修のもと、鯛味噌の選び方とおすすめの商品を厳選! ご飯やお酒のおつまみにはもちろん、味噌汁などの料理にも使える鯛味噌。使われている鯛や味噌は商品ごとに違い、味わいや風味も異なります。ぜひこの記事を参考に、自分好みの鯛味噌をみつけてみてくださいね。


アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

フードコーディネーターの倉田沙也加さんへの取材をもとに、アガベシロップの選び方とおすすめの商品を厳選! 低GI値食品として注目を集める「アガベシロップ」。製法や添加物の有無など、選ぶ際に気にすべきポイントはたくさんあります。この記事を参考に、ふだんの生活にも取り入れやすいアガベシロップをみつけてくださいね。


アマランサスおすすめ10選|栄養素がたっぷり入ったスーパーフード!

アマランサスおすすめ10選|栄養素がたっぷり入ったスーパーフード!

料理研究家のRyogoさん監修のもと、アマランサス選びのポイントとおすすめの商品を紹介します! 栄養価が高くスーパーフードとして注目を集めるアマランサス。選ぶときには国産か外国産か、アマランサス100%かどうかなど気にすべきポイントがあります。この記事では、そんなアマランサスの食べ方や各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


MCTオイルおすすめ19選【ダイエット中の栄養補給に】使い方も紹介!

MCTオイルおすすめ19選【ダイエット中の栄養補給に】使い方も紹介!

すばやく消化・吸収され、エネルギーになりやすいMCTオイル。ダイエット時の栄養補給に使えるほか、アスリートの体づくりにも役立つため、いま注目のオイルです。この記事では、フードアナリスト・市岡充重さんに聞いたMCTオイルの選び方や、編集部も一緒に選んだおすすめ19選を紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや使い方も掲載しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る