PR(アフィリエイト)

【2024年】8インチタブレットのおすすめ10選|SIMフリー、android搭載など

【2024年】8インチタブレットのおすすめ10選|SIMフリー、android搭載など
【2024年】8インチタブレットのおすすめ10選|SIMフリー、android搭載など

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年01月11日に公開された記事です。

持ち歩きに便利な8インチタブレット。外出先や移動中などで、音楽を聞く、好きな動画を見る、ゲームをしたり見たり、ちょうどいい大きさでさまざまな使い方ができます。

この記事では、家電製品総合アドバイザー・福田満雄さんと編集部が、8インチタブレットの選び方とおすすめ商品を紹介します。android搭載のLenovoやNEC、ファーウェイといった人気メーカーの製品、Wi-FiやLTEに対応したSIMフリーモデルなどを厳選します。入門向けからハイエンドまでピックアップしています!

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

家電製品総合アドバイザー
福田 満雄
iPhone3GSの時代からスマートフォンを愛用している、ガジェット愛あふれるライター。 複数のメディアで家電製品の記事を担当、シンプルでわかりやすい文章がモットー。 冷蔵庫からオーディオ、パソコンまで、幅広く知識を問われる家電製品総合アドバイザー試験に一発合格。 最新機種が好きなのはもちろん、過去の名機を安価に楽しむのも好き。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

8インチタブレットのメリット&デメリット

メリットの多い8インチタブレット、でも使い方によってはデメリットに感じることもあるかもしれません。まずは購入後の使用シーンを想像して、メリット・デメリットを確認してみましょう。

▼コンパクトで外出先でも操作しやすいサイズ感

 

B5サイズよりやや大きいぐらいの8インチのコンパクトなタブレットは、外出先でも操作しやすく、持ち歩き用として活躍します。大きすぎず小さすぎず、重すぎず軽すぎず、どんなところでも操作しやすいです。

たとえば、電車に乗っているときは漫画やアプリゲーム、動画などを楽しめます。スマートフォンやiphoneでは画面が小さいと感じる方は、より画面が大きい8インチタブレットはいかがでしょう。

しかし、持ち歩きしやすいサイズがゆえに、家でゆったり腰をすえて作業する場合は、8インチの画面では物足りない可能性も。電子書籍やこまかな資料を読むときは、集中しづらいことも考えられます。

▼お手頃価格が多いが、使い方によってスペックを合わせて

 

タブレットの値段はピンキリですが、8インチだと、リーズナブルな価格帯のタブレットが多いです。もちろんハイスペックなものを求めると値段も相応になりますが、2万円前後あれば、使い勝手がいい8インチタブレットを入手できます。

しかし、アプリゲームなどをする場合は、スペックが足りず重くなってしまう可能性も。使い方に合わせて、スペック・値段のバランスが取れるものを選んでください。

8インチタブレットの選び方

それでは、8インチタブレットの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の7つ。

【1】インターネット接続方式
【2】OSの種類
【3】メモリ
【4】ストレージ
【5】CPU
【6】解像度
【7】便利機能


上記の7つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】インターネット接続方式をチェック

タブレットを見つめる男性
Pixabayのロゴ
タブレットを見つめる男性
Pixabayのロゴ

持ち歩きしやすい8インチタブレット。外出先での使用機会が多そうな人ほど、事前にどんなインターネット接続方式があるかを押さえておいてください。

Wi-Fi専用モデルはモバイルWi-Fiとセットで持ち歩きできると便利

SIMカードを使えないWi-Fi専用モデルは、Wi-Fiのある環境で通信できます。限定的な使用方法にはなりますが、その分、価格が低い傾向にあります。

もちろん、Wi-Fiのある環境であれば、外出先でも家の中でも使えます。持ち歩きしやすいモバイルWi-Fiがあれば、不便は感じづらいでしょう。

また、デザリング対応のアイテムであれば、スマートフォンのインターネット共有で通信可能。スマートフォンの通信量が使い放題だったり多めに設定していたりすると、この使い方もあり。しかし、通信料が少ないとすぐに使い切ってしまうので注意してください。

どこでも使いやすい「LTE対応(SIMフリー)モデル」

LTE対応の8インチタブレットは、SIMカードを挿して通信しているため、本体だけあればどこでも通信可能

利用にあたっては大手キャリアの回線契約をすることになります。Wi-Fi専用モデルより、全体的にコストが上がりますが、いつでもどこでも気にせずタブレットだけで通信できます。

【2】OSの種類をチェック

タブレットを操作する男性
Pixabayのロゴ
タブレットを操作する男性
Pixabayのロゴ

タブレットは、搭載されているOSによって、だいぶ使い勝手が変わってきます。ここでは、代表的なAndroidとiOSという2つのOSについて説明しています。

多くの商品で搭載されている「Android」

グーグルが開発したOS「Android」は、8インチタブレットを取り扱う、いろいろなメーカーの商品で採用されています。

Androidを採用した8インチタブレットはリーズナブルな価格帯で、カスタマイズがしやすい点が魅力

ですが、タブレットをカスタマイズするのが好きな方には向いているものの、自由度が高い分、設定が面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。

シンプルデザインとわかりやすい操作方法が魅力の「iOS」

Appleが開発したiOSは、Androidと並んで知っている人が多いOSではないでしょうか。その特徴のひとつは、セキュリティが高いこと。Androidと比べると、ウイルス感染のリスクが減るため、難しい設定などが苦手な人でも扱いやすいでしょう。

高級な価格帯が多いですが、シンプルなデザインや操作方法が魅力です。

【3】メモリをチェック

 

タブレットのメモリが大きいと、同時にいろいろなことができるようになります。

目安としては、画質の高いアプリゲームをスムーズに楽しみたいなら4GB以上あるものを。動画や電子書籍などを読むのがメインなら3GB、ネットサーフィンやSNSチェックは2GBぐらいを目安に考えてみましょう。

スペックが高いことは価格にも影響します。もちろんタブレットの使い道にもよりますが、3GB以下のものを選べば、購入費用もおさえられるでしょう。

【4】ストレージをチェック

 

ストレージはタブレットに関するすべてのデータ、つまりアプリ・写真・音楽などをすべて保存する場所を指します。ストレージの容量が大きければ、それだけ多くのデータが保存できるため、いろいろな作業をタブレットですることが可能になります。

目安を考えるなら、いろいろなアプリをいれたい場合は32GB程度でよいでしょう。ゲームやアプリだけではなく、スマートフォンのようにたくさん写真を保存をしたり、ダウンロードした動画・音楽を楽しみたかったりという場合には、ストレージ容量が大きいものを買ったほうが無難です。

なかには容量拡張やクラウドストレージがあるアイテムもあります。しかし、事前にどうやってタブレットを使うか考えて、使用方法に見合うストレージ容量があるタブレットを選ぶと手間もかかりません。

【5】CPUをチェック

CPUのクロック周波数
Pixabayのロゴ
CPUのクロック周波数
Pixabayのロゴ

CPUの性能は、タブレットの処理能力です。価格にも影響が出やすい大切なポイントですので、どんなものなのかをチェックしていきましょう。

タブレットの処理能力を左右する「クロック周波数」をチェック

クロック周波数は、CPUが1秒間に動作する回数のことで、単位はGHzです。この数値が高いほど、処理できる能力が高くなりますが、その分、価格も上がる傾向にあります。

アプリゲームや動画鑑賞などの頻度が高く、パフォーマンスを上げたいなら、1.8GHz以上あればスムーズに動きます。それ以外のシンプルな用途で、かつ予算を抑えたいならば1.4GHz程度も選択肢に入れてください。

複数の処理を同時にするときに大切な「コア数」

CPUの情報
Pixabayのロゴ
CPUの情報
Pixabayのロゴ

アプリなどの処理を担うCPUの中心となるコア。その数が、増えるとアプリの処理能力が速くなります。いろいろなアプリを使いたいという場合は、コア数のチェックも忘れずに。

現在主流なのが、「クアッドコア(4コア)」「ヘキサコア(6コア)」「オクタコア(8コア)」の3つ。「ヘキサコア(6コア)」や「オクタコア(8コア)」は、値段が高くなりますが、作業を快適に同時にこなせるでしょう。「クアッドコア(4コア)」は、電子書籍を楽しみたかったり、単純なアプリゲームをしたりする方におすすめです。

【6】解像度をチェック

こまかな画面を見る男性
Pixabayのロゴ
こまかな画面を見る男性
Pixabayのロゴ

解像度は、タブレットの画素の密度を表すものです。横と縦にそれぞれ表示できる量で、ここでは8インチタブレットに多いWXGA、WUXGA、QXGAの3つをご紹介します。

リーズナブルな「WXGA」

WXGA(1024×768)は、解像度が低めになりますが、コンパクトな8インチタブレットでシンプルな作業をするだけであれば、とくに問題はありません。たとえば、動画やSNS、ネットサーフィンなどをメインに考えているときにいいでしょう。

解像度が低めな分、リーズナブルな価格設定のものが多くなるのが魅力です。ただ、きれいな画質の写真をみたい場合などは、こまかいところまでの表示ができない分、粗めになってしまいます。

美しい写真や動画を楽しむなら「WUXGA」

WUXGA(1920×1200)は、WXGAよりも解像度が高く、こまかな部分まで表示されるようになります。美しい写真やゲーム画面を楽しみたいという方には、こちらはいかがでしょう。

8インチよりも大きめの画面に対応することが多いので、こまかな部分まで表示される文字や画像には満足度も上がります。しかし、価格はWXGAよりも高めになりますので、使い方や予算に合わせてください。

画像にこだわるなら「QXGA」

QXGA(2048×1536)は、WUXGAよりもさらに高い解像度になります。ハイスペックのタブレットに採用されており、価格は高い傾向にあります。

しかしその分、タブレット画面は非常に美しいです。プライベートはもちろん、正確性を求めるビジネスシーンにも使用できます。とにかく画面のきれいさにこだわりたいという方に向いています。

【7】便利機能をチェック

8インチタブレットには、あると使い勝手がよくなる機能が搭載されていることがあります。ここでは、2つの機能についてご紹介します。

防水機能

水の近くにあるタブレット
Pixabayのロゴ
水の近くにあるタブレット
Pixabayのロゴ

防水機能があるタブレットは、万が一雨に濡れたり、コヒーをこぼしてしまったりというときも、壊れるリスクを軽減します。

しかし8インチタブレットの場合、IPX3程度までの防水機能が主流で、完全な防水機能を期待するのは難しいです。どうしても完全な防水機能を備えたものがほしい人は、8インチよりも大きいタブレットを探しましょう。

▼USBメモリが使えるUSBホスト機能

 

USBホスト機能があるモデルは、USBメモリが使用できます。最近では、Androidのタブレットは標準搭載になっていますが、OSのバージョンが3.1未満だと搭載されていませんのでご注意を。

もちろん、メーカーによっても搭載がないモデルがありますので、USBメモリを使う機会が多そうなときは、あらかじめチェックしておいても損はありません。

▼エキスパートのアドバイス

家電製品総合アドバイザー:福田 満雄

家電製品総合アドバイザー

8インチタブレットはニッチ。発売時期に注目

7インチタブレットと10インチタブレットの狭間にいる8インチタブレットはニッチな存在なため、新商品はポツポツとしか発売されません。

ソフトやハードが日進月歩の今、発売時期が古い機種を選ぶメリットはほとんどありません。できるだけ発売時期が新しいものをチョイスしましょう。

8インチタブレットのおすすめ10選

それでは、8インチタブレットのおすすめ商品をご紹介いたします。

Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 Plus』

Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』 Amazon(アマゾン)『FireHD8Plus』
出典:Amazon この商品を見るview item

・とてもきれいに画像が表示されました
・画面が見やすく、タッチ操作もしやすい。
(50代男性)

ワイヤレス充電スタンドの対応モデル

クアッドコアプロセッサ、メモリは3GBを搭載したAmazonの『Fire HD 8Plus』。ゲームモード搭載で、プレイ中は一切の通知をなくし、ゲームに集中しやすい環境を作れます。

また8Plusは、別売りの専用スタンドを買うことで、ワイヤレス充電が可能に。充電しながらでもタブレットを見えるように設置すれば、Alexaに話しかけることでハンズフリーでも操作ができます。

重量 355g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB/64GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 3GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 355g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB/64GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 3GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 タブレット』

Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』 Amazon(アマゾン)『FireHD8タブレット』
出典:Amazon この商品を見るview item

・電子書籍閲覧用に必要最低限の機能だけが欲しかったので、このタブレットの内容に満足している(30代女性)
・ドラマや映画を見る分にはじゅうぶん(40代女性)

Amazonの特典付き

『Fire HD 8』はAmazonのタブレットで、1台あればビデオ・読書・アプリ・音楽などいろいろな遊び方ができます。Alexaにも対応しているため、対象家電はタブレットに話しかけるだけでかんたんに操作ができるのも魅力のひとつ。

Amazonブランドのプライム特典で、漫画や音楽、動画なども楽しむことができます。

重量 355g
解像度 1280x800
ストレージ容量 32GB/64GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 355g
解像度 1280x800
ストレージ容量 32GB/64GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 キッズモデル』

Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』 Amazon(アマゾン)『FireHD8キッズモデル』
出典:Amazon この商品を見るview item

キッズ向け機能満載で子どもたちも親も使いやすく

子ども向けの8インチタブレットを探しているなら、AmazonのFire HD 8キッズモデルはいかがでしょう。期間限定にはなりますが、知育や読みもの、英語、クリエイティブなど子ども向けコンテンツが使い放題です。希望があれば、延長もできます。

また、利用時間設定や決まった時間にコンテンツが切り替わる機能などがついているため、子どもが使いすぎるという心配もありません。

重量 550g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 550g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS -
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』
出典:Amazon この商品を見るview item

自分用の物ではなく一時的に借りて使用。仕事用に外出先の寸暇の時間で作成したい資料があり借りたが、スムースに捗った。(60代女性)

リーズナブルな価格設定と程よいスペック

約290gと軽量タイプの8インチタブレットで、片手だけでも操作がらくらくできます。ブルーライトを低減させた読書モードにすれば、目が疲れにくくなり、本や漫画に集中しやすい環境を作れます。

インカメラもリアカメラと同じ500万画素のため、自撮りでもきれいに撮れます。使い勝手のいいType-Cポートなのもうれしいですね。

重量 290g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android10
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 290g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android10
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad T 8』

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadT8』
出典:Amazon この商品を見るview item

スマホより画面が大きいので映像を見る時には目が疲れないので良いです。持って出かけるのは少し大変(40代女性)

大容量バッテリーかつ、サクサク動く!

ベゼルが非常に細く大画面で作業を行える8インチタブレットPC。コンパクトながら8コアなのでサクサクと動きますし、バッテリーは5100mAhと十分なので外出中にも重宝します。

ペアレントコントロールやブルーライトカットモードも搭載。310gと軽量なので持ち運びやすいです。

重量 310 g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS EMUI 10.1(Android 10ベース)
インターネット接続方式 Wi-Fi、LTE
メモリ 2GB
コア数 8コア
全てを見る全てを見る

重量 310 g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS EMUI 10.1(Android 10ベース)
インターネット接続方式 Wi-Fi、LTE
メモリ 2GB
コア数 8コア
全てを見る全てを見る

Orbic(オルビック)『TAB 8 4G(ORB8L1TB-RW/JP)』

Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Orbic(オルビック)『TAB84G(ORB8L1TB-RW/JP)』
出典:Amazon この商品を見るview item

写真や動画の編集もサクサク!

コンパクトで軽いことに加え、Qualcomm Snapdragon 680 2.4 GHz オクタコアを搭載しており、写真や動画の編集作業などもサクサクで快適な使い心地です。

バッテリーは4300mAhで一日中使える容量です。Type-C充電器が同梱されているのも、うれしいポイント。ただ、防塵防水性能はIP52で、水に弱いのに注意しましょう。

重量 420g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi、Bluetooth
メモリ 3GB
コア数 オクタコア
全てを見る全てを見る

重量 420g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi、Bluetooth
メモリ 3GB
コア数 オクタコア
全てを見る全てを見る

Lenovo(レノボ)『Tab M8 4th Gen』

Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』 Lenovo(レノボ)『TabM84thGen』
出典:Amazon この商品を見るview item

8.95mmの薄さで、コンパクト&軽量

スタイリッシュなデザインに加え、8.95mmの薄さ、約320gと軽量なのが特徴のタブレット。しかも、約16時間駆動が可能な長時間バッテリーも装備しています。

目に優しいアイプロテクション技術を採用し、眼精疲労やブルーライトに配慮しています。プライバシーのアクセス権を管理できるので、セキュリティ面でも安心です。

重量 約320g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12 Go Edition
インターネット接続方式 Wi-Fi、Bluetooth
メモリ 3GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 約320g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12 Go Edition
インターネット接続方式 Wi-Fi、Bluetooth
メモリ 3GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

aiwa(アイワマーケティング) 『tab AB8(JA3-TBA0802)』

aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』 aiwa(アイワマーケティング)『tabAB8(JA3-TBA0802)』
出典:Amazon この商品を見るview item

高コスパなカーナビとして活用できる!

パワフルな8コアのCPUを搭載した8インチサイズのタブレットです。片手でも持てるコンパクトサイズでバッグにも楽に収まるので、移動中でも気軽に活用できます。

GPSだけでなく、GLONASS/Galileo/QZSS(みちびき)にも対応しているのが特徴で、スマホとデザリングすれば高精度のカーナビとしても活躍! アルミ製の堅牢ボディを採用しており、高い剛性を誇っているので安心です。

重量 約330g
解像度 1280×800
ストレージ容量 64GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 4GB
コア数 オクタコア
全てを見る全てを見る

重量 約330g
解像度 1280×800
ストレージ容量 64GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 4GB
コア数 オクタコア
全てを見る全てを見る

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCA tablet(TE082M2N1-B)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCAtablet(TE082M2N1-B)』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量かつ片手で扱いやすいタブレット

約295gと軽量かつ8.85mmの薄さで、片手で扱いやすいタブレットです。持ち運びに好適なうえ、スマホより大画面で読書やWebショッピングを快適に楽しめます。

ディスプレイは広い視野角により、角度が変わっても色味の変化が少なく、忠実な色再現ができるのも魅力です。バッテリー容量は4080mAhとなっています。

重量 約295g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 約295g
解像度 1280×800
ストレージ容量 32GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 2GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

NEC(エヌイーシー)『LAVIE T0855GAS』

狭額縁デザインでコンパクトボディを実現

狭額縁デザインを採用し、コンパクトボディを実現したモデル。片手で持てるので長時間にわたるゲームや動画鑑賞も快適です。

IP5X相当の防じん性能を装備するほか、5100mAhの大容量バッテリーで最大約15時間の長時間駆動も実現しました。国際認証機関が認めたブルーライト低減ディスプレイを採用し、子供のアプリや利用時間を制限できる機能にも対応しています。

重量 約318g
解像度 1280×800
ストレージ容量 約64GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 4GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

重量 約318g
解像度 1280×800
ストレージ容量 約64GB
OS Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi
メモリ 4GB
コア数 クアッドコア
全てを見る全てを見る

「タブレット8インチ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 Plus』
Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 タブレット』
Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 キッズモデル』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』
HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad T 8』
Orbic(オルビック)『TAB 8 4G(ORB8L1TB-RW/JP)』
Lenovo(レノボ)『Tab M8 4th Gen』
aiwa(アイワマーケティング) 『tab AB8(JA3-TBA0802)』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCA tablet(TE082M2N1-B)』
NEC(エヌイーシー)『LAVIE T0855GAS』
商品名 Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 Plus』 Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 タブレット』 Amazon(アマゾン)『Fire HD 8 キッズモデル』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『タブレット8インチ(TE081N1-B)』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad T 8』 Orbic(オルビック)『TAB 8 4G(ORB8L1TB-RW/JP)』 Lenovo(レノボ)『Tab M8 4th Gen』 aiwa(アイワマーケティング) 『tab AB8(JA3-TBA0802)』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『LUCA tablet(TE082M2N1-B)』 NEC(エヌイーシー)『LAVIE T0855GAS』
商品情報
特徴 ワイヤレス充電スタンドの対応モデル Amazonの特典付き キッズ向け機能満載で子どもたちも親も使いやすく リーズナブルな価格設定と程よいスペック 大容量バッテリーかつ、サクサク動く! 写真や動画の編集もサクサク! 8.95mmの薄さで、コンパクト&軽量 高コスパなカーナビとして活用できる! 軽量かつ片手で扱いやすいタブレット 狭額縁デザインでコンパクトボディを実現
重量 355g 355g 550g 290g 310 g 420g 約320g 約330g 約295g 約318g
解像度 1280×800 1280x800 1280×800 1280×800 1280×800 1280×800 1280×800 1280×800 1280×800 1280×800
ストレージ容量 32GB/64GB 32GB/64GB 32GB 32GB 32GB 32GB 32GB 64GB 32GB 約64GB
OS - - - Android10 EMUI 10.1(Android 10ベース) Android 12 Android 12 Go Edition Android 12 Android 12 Android 12
インターネット接続方式 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi、LTE Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi
メモリ 3GB 2GB 2GB 2GB 2GB 3GB 3GB 4GB 2GB 4GB
コア数 クアッドコア クアッドコア クアッドコア クアッドコア 8コア オクタコア クアッドコア オクタコア クアッドコア クアッドコア
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年8月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る タブレット8インチの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのタブレット8インチの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:8インチタブレットランキング
楽天市場:8インチタブレットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

10インチや安価なタブレットの記事はこちら!

まとめ|手頃なサイズのタブレットを楽しもう

コンパクトな8インチタブレットは、外出先で持ち歩きしやすく、また移動中にも使用しやすいのが魅力です。でも、性能やスペックはアイテムによってバラつきがあるため、自分の使い方にあったものがいいでしょう。

性能やスペックが高いと、価格もやはり高い傾向にあります。ですので、性能・スペックと予算のバランスがとれることが大切です。値段とスペックに満足できる高コスパの8インチタブレットを購入して、いろいろな場所で遊びましょう。

※商品の口コミ・レビューは以下をもとに作成しています
・アンケート名: 「8インチタブレット」商品を使用した感想についてのアンケート
・調査期間: 2024年3月1日
・調査対象: マイナビニュース・ウーマン会員
・調査数: 合計100名
・調査方法: インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button