記事種別: Icon mini tagmei レビュー

ブラウンのハンドブレンダーを実際に使ってみた|毎日の料理をカンタンに【一台二役の実力とは?】

ブラウンのハンドブレンダーを実際に使ってみた|毎日の料理をカンタンに【一台二役の実力とは?】

赤ちゃんの離乳食作りや日々の料理にブラウンのハンドブレンダーを使ってみようと考えている方も多いでしょう。どんなブレンダーなのか詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ブラウンのハンドブレンダー「マルチクイック1」について機能や使い方、レシピなどを詳しくご紹介いたします。ブラウンのハンドブレンダーが気になっている方は、ぜひこちらを参考に検討してみてください。


ハンドブレンダーとは 1台で何役もこなしてくれる!

ハンドブレンダーとは、短時間で食材を加工できる調理家電のことです。あらかじめ1~2cmにカットしておいた食材をつぶしたり、まぜたりする機能を持っています。ハンドブレンダーを使用するメリットは、毎日の調理が圧倒的にラクになることです。

離乳食やマッシュポテトなど、手作業で裏ごしをしたり、つぶしたりしていた工程を電動で手軽におこなうことができます。また、ブラウンのハンドブレンダーは後片づけもかんたんなので、お手入れに頭を悩ませる必要もないでしょう。

フードコーディネーターの倉田沙也加さんへの取材のもと、人気メーカーのハンドブレンダーを特徴とともにご紹介します。手軽に食材を混ぜたり、つぶしたりできるハンドブレンダーは、赤ちゃんの離乳食作りやドレッシングなどレシピの幅が広がります。

ミキサー・フードプロセッサー・ジューサーとの違いは?

ハンドブレンダーとミキサー・フードプロセッサー・ジューサーは、使える食材や使用する目的が違っています。

ハンドブレンダー:水分を含み、粘性のないやわらかな食材を加工できるのがです。「混ぜる」「つぶす」の2つの機能がメインとなります。

ミキサー:混ぜる・つぶすに加えて、ミンチ肉や自然薯のような粘性のある食材、氷などの固い食材も加工できるパワーがあります。やわらかいものだけでなく、粘性のある食材や固い食材も加工したいのであればミキサーが活躍してくれます。

ジューサー:フルーツや野菜を絞ってジュースを作ることが可能です。

フードプロセッサー:野菜をみじん切りにしたり、お肉をこねたりする下ごしらえ的な機能を持っています。

人気家電ブランドの「BRAUN(ブラウン)」 美容・調理・衛星家電で大人気

ブラウンは、1921年にドイツのフランクフルト・アム・マインに創立された企業です。当初は、ラジオやレコードプレーヤーを開発製造していました。1950年代に電気シェーバーの生産で有名企業の仲間入りを果たします。

その後は、脱毛器などの美容家電、ハンドブレンダーなどの調理家電、電動歯ブラシなどの衛生家電とヒット商品をたくさん産み出していきます。日本でもCMが広く放映されている企業です。

「ハンドブレンダー マルチクイック1(MQ100)」をご紹介

今回ご紹介するのは、「ハンドブレンダー マルチクイック1」です。つぶすと混ぜるの2つの機能に絞ったシンプルモデルとなっています。組み立ての必要はほとんどなく、本体とブレンダーシャフトを合体させてロックするだけというお手軽さも魅力。

連続使用時間は45秒で、パワフルモーターを搭載しています。コンパクトサイズで、なおかつ価格のリーズナブルさが人気の理由です。

「ハンドブレンダー マルチクイック1(MQ100)」の評判は? 離乳食作りで活躍! 後片付けがラク!

ブラウンハンドブレンダーの評判は上々です。数多く寄せられた口コミのなかから4つのコメントを抜き出してご紹介いたします。

・離乳食作りのために購入しました。たいへんだった10倍粥があっという間に完成です。
・ミキサーを買ったものの後片づけが面倒で使わずじまい。BRAUNハンドブレンダーはシャフトを洗うだけなのでラクチンです。
・コンパクトサイズなので、収納スペースが少なくて済みます。
・飼っている猫の流動食作りに便利です。

ブラウンハンドブレンダーは、離乳食作りをしたい方、洗いやすさを求めている方、収納スペースが気になる方、ペットの流動食作りをしたい方に評判がよいようです。

BRAUNマルチクイック1の使用方法 組み立て方や付属品など紹介

ここからは、「BRAUN(ブラウン) ハンドブレンダー マルチクイック1」の使用方法についてご紹介していきます。ハンドブレンダーをはじめて使う方は、組み立てが要るのか、付属品はどんなものなのか、一体どのようにして食材を加工するのか、想像がつきづらいでしょう。

「BRAUN(ブラウン) ハンドブレンダー マルチクイック1」の開封時の様子と、使用方法について詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

開封してみるとこんな感じ

ブラウンのハンドブレンダー「マルチクイック」を開封してみました。外箱のサイズは、横約15cm、縦約20cm、奥行き約10cmと非常にコンパクトです。中には、本体とブレンダーシャフト、専用軽量カップ(600CC)、取り扱い説明書の4点が入っています。

組み立てというほど複雑な工程はありません。使用前の準備としては、ブレンダーシャフトを本体に差し込み、ロックがかかるまで反時計回りに回すだけになります。

混ぜる・つぶすの工程

BRAUN(ブラウン) ハンドブレンダー で「混ぜる・つぶす」の工程にトライしてみました。

画像は、離乳食の10倍がゆとさつまいものペーストです。10倍粥は、付属の軽量カップにご飯小さじ1杯と水を50ml入れました。

さつまいものペーストは、茹でたものを少しと適量の水を入れています。どちらの離乳食もハンドブレンダーを数十秒ほど稼働させるだけでできあがりです。

赤ちゃんの離乳食作りは裏ごしがたいへんですが、ブラウンのハンドブレンダーを使えばあっという間に完成するので便利です。また、ブラウンのハンドブレンダーは離乳食作りだけでなく、ディップソースやポタージュスープ作りなどにも大活躍しそうです。

BRAUNハンドブレンダーを使って調理 ビシソワーズを作ってみた!

ここからは、ブラウンのハンドブレンダーを実際に使用してビシソワーズを作ってみました!ビシソワーズとは、じゃがいもを使った冷たいスープのこと。

フランス料理とあって、調理するには敷居の高さを感じますが、意外とかんたんなのでぜひ挑戦してみてください。ビシソワーズは、じゃがいもが少しだけ余ってしまったときにも重宝するレシピです。

用意するもの

では、ブラウンのハンドブレンダーを使ってビシソワーズを作るときの材料や分量を詳しくご紹介していきます。

【材料(4人分)】
ジャガイモ 3個
玉ねぎ 1個
コンソメキューブ 1個
水 200cc
バター 15~20g
牛乳 300cc
塩・こしょう 少々

ちなみに、コンソメキューブ1個を顆粒タイプのコンソメに換算すると、小さじ2杯ほどになるようです。牛乳が苦手な方は、豆乳に変更するのもおすすめです。

作り方

ビシソワーズの作り方をご紹介していきます。

1.まずは、ジャガイモと玉ねぎを薄くスライスします。薄くスライスしておくと、火のとおりが速くなるので時短調理可能です。バターを入れた鍋で、スライスした玉ねぎとジャガイモを入れて、透明がかるまで炒めます。


2.炒め終わったら、鍋に水とコンソメを入れて、弱火で煮詰めます。ジャガイモが柔らかくなってきたら火を止めます。

3.ブラウンのハンドブレンダーは耐熱温度が85℃です。粗熱が取れてから、ハンドブレンダーでなめらかになるまで撹拌します。

4.なめらかになったら、牛乳を入れてください。塩コショウで味を調えながら、沸騰直前まで煮詰めます。

5.粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れて冷やします。

6.飲む時は器に移して、パセリや黒コショウをかけて完成です。

ハンドブレンダーで作った「ビシソワーズ」の感想

ブラウンのハンドブレンダーで作ったビシソワーズが完成しました。見た目からして美味しそうです。実際にも、舌触りは滑らかで味見してもらった家族にも好評でした。

濃厚でお腹にもたまるので、子どものおやつとして作るのもよさそうです。こんなにかんたんにできるなんて、私はBRAUNのハンドブレンダーを購入してよかったと思いました。

使用後のお手入れ方法 シャフトを外して洗うだけ

ブラウンのハンドブレンダーは、使用後の後片づけもかんたんです。シャフトだけを外して、流水でブレード周りに残っている食物を洗い流します。その後は洗剤をつけたスポンジで軽く洗い、再び流水で泡を流すだけ。

乾燥したら、水分が残っていないかを確認して収納します。BRAUNのハンドブレンダーは、食器乾燥機の使用もできます。ただし、水温が80℃以上の食洗器では使用不可と取り扱い説明書に記載されているので注意です。

実際に使ってみてわかった「メリット」と「デメリット」 機能がシンプルで使いやすい反面、コードが短いのが難点

ブラウンのハンドブレンダーを実際に使ってみてわかったメリットとデメリットをご紹介します。ブラウンのハンドブレンダー「マルチクイック1」はリーズナブルな価格で購入できる貴重な存在です。

しかし、いくら安さが魅力的といっても、ハンドブレンダーを使う目的と合致しなければ無駄遣いになってしまいます。これからハンドブレンダーを購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

メリット(良い点)

ブラウンのハンドブレンダーを購入するメリットは、機能がシンプルで使いやすいことです。混ぜる・つぶすの2工程しかないので、複雑な使用方法に悩むことはないでしょう。スイッチはワンタッチなので、操作に迷うことはないでしょう。

後片づけはシャフトを外して洗うだけなので、調理後のお手入れもラクチンです。コンパクトサイズなので、収納スペースに悩むこともなさそうです。総合的な評価では、「よい買い物をした」と満足できる商品かと思われます。

デメリット(悪い点)

ブラウンのハンドブレンダーを購入するデメリットは、取り扱い説明書にも記載されているのですが、氷を砕けないことです。シャリシャリのスムージーやフラペチーノを作りたいと思って「マルチクイック1」を買うとガッカリしてしまうでしょう。

ほかにも口コミでは、「コードの短さが残念」とコメントされていた方が散見されました。BRAUNのハンドブレンダーを購入するなら、デメリットに納得してからがおすすめです。

ハンドブレンダーで作れるレシピを他にも紹介 ジェノベーゼとバナナヨーグルトドリンクを作ってみた

ブラウンのハンドブレンダーで作れるレシピをほかにもご紹介します。「ジェノベーゼ」と「小松菜とバナナのヨーグルトドリンク」です。休日の朝食やランチのメニューにいかがでしょうか?

・ジェノベーゼ(材料:作りやすい量1回分)
バジル(葉の部分) 60g
松の実 30g
にんにく       1片
粉チーズ      大さじ2
オリーブオイル   大さじ1
塩こしょう      適量


・小松菜とバナナのヨーグルトドリンク
小松菜    1株
バナナ    1本
プレーンヨーグルト 50g
牛乳  150ml


どちらのレシピも、すべての材料をハンドブレンダーで混ぜればできあがりです。挑戦しやすいので、BRAUNハンドブレンダーを購入したらぜひ試してみてください。

BRAUN(ブラウン)のハンドブレンダー|レビュー総括 料理の幅が広がる

ブラウンのハンドブレンダーは、離乳食やポタージュスープ、氷を使わないドリンク作りなどに重宝する商品です。後片づけもラクチンなので、きっと料理の幅を広げてくれるアイテムとなるでしょう。

お財布にやさしい価格であることもたいへん魅力的です。ブラウンのハンドブレンダー購入に迷っている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

今回使用したのがこちら! リーズナブルな点が魅力

ブラウンのハンドブレンダー「マルチクイック(MQ100)」は、つぶすと混ぜるの2つの機能に絞られていて使いやすいということがわかりました。また、コンパクトサイズで女性にも取り扱いが簡単です。ブレンダーシャフト部分のみを洗えばよいので、お手入れにわずらわされることもありませんでした。

リーズナブルなお値段でハンドブレンダーを探している方におすすめのブレンダーです。

BRAUN(ブラウン)『マルチクイック1(MQ100)』

ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100 ブラウンハンドブレンダーマルチクイック11台2役つぶす・混ぜるホワイトMQ100

出典:Amazon

消費電力 300W
回転数 11,200回
スピード 1段階
コード長 1.2m
カラー ホワイト/グリーン

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


ミートミンサーおすすめ11選【タイプ別に紹介】新鮮な挽き肉を自宅で!

ミートミンサーおすすめ11選【タイプ別に紹介】新鮮な挽き肉を自宅で!

管理栄養士・渡辺愛理さん監修のもと、ミートミンサー選びのポイントとおすすめの商品を厳選! 「手動式」「電動式」とタイプ別に紹介します。ミートミンサーがあれば、自宅でかんたんに挽き肉を作れるのはもちろん、ソーセージや自家製味噌など、料理の幅が広がります。ぜひこの記事を参考に、使い勝手のよいミートミンサーをさがしてみてくださいね。

Icon mini tag キッチン用品 , 調理器具 , キッチン・調理家電

【2021年】真空ミキサーおすすめ12選|ジュースやスムージーを家庭で楽しむ

【2021年】真空ミキサーおすすめ12選|ジュースやスムージーを家庭で楽しむ

真空ミキサーは、ミキサー内の酸素を減らすことで、泡立ちが少ないなめらかなジュースを作ることができます。この記事では、家電量販店の元店員の花華さんへの取材をもとに、真空ミキサーの選び方とおすすめ商品を厳選! テスコムや日立、シャープやブルーノなど、人気家電メーカーの商品も紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

Icon mini tag 食品 , キッチン・調理家電 , 乳製品

スロージューサーおすすめ15選|ミックスしやすく、洗いやすいモデルを紹介

スロージューサーおすすめ15選|ミックスしやすく、洗いやすいモデルを紹介

果物や野菜の味をそのままジュースにすることができるスロージューサー。ジュースを作るための機能が揃っており、食物の栄養素を残し、繊維などを分解できるメリットがあります。朝ごはんやおやつの時間など、手軽に作れて人気の家電となっています。しかし、いざスロージューサーが欲しいと思っても、どこに注目して選べば良いか分かりませんよね。本記事では、スロージューサー(低速ジューサー)の選び方とおすすめ商品をご紹介します。レシピ別の機種やお手入れのしやすさで選んだ機種も紹介していますので、納得のスロージューサー選びにぜひ役立ててください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , ミキサー・フードプロセッサー

パワージューサーおすすめ商品11選【手軽に栄養補給】タイプ・価格帯別に紹介!

パワージューサーおすすめ商品11選【手軽に栄養補給】タイプ・価格帯別に紹介!

パワージューサーは水や牛乳を一切加えず、100%生ジュースを作る調理器具。水分以外は搾りカスとして排出され、さらっとした飲み口になります。本記事では、短時間で調理ができるパワージューサーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ヒューロムやパナソニックなど人気メーカーの商品もラインナップ。記事の最後にはAmazonや楽天などのランキングも載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag 生活家電 , ドリンク , キッチン・調理家電

コンパクトミキサーおすすめ18選|氷を砕けるタイプやドリンクホルダー付きまで

コンパクトミキサーおすすめ18選|氷を砕けるタイプやドリンクホルダー付きまで

本記事では、コンパクトミキサーの選び方やおすすめ商品を素材別にご紹介。また、記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングもご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , ミキサー・フードプロセッサー

関連するブランド・メーカー


BRAUN(ブラウン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。