記事種別: article type icon レビュー

丸洗いできて清潔!ドウシシャ『サーキレイター(CIRKILATOR)』を検証レビュー

丸洗いできて清潔!ドウシシャ『サーキレイター(CIRKILATOR)』を検証レビュー

空気の循環をよくするときなどに活躍するサーキュレーター。ですが、サーキュレーターというと「分解ができなくて掃除がしにくい」、そんなイメージがありますよね。

そんな悩みを解決してくれる製品があります。ドウシシャ(DOSHISHA)から販売されている『サーキレイター(CIRKILATOR) 』の大きな特徴は、簡単に分解ができて掃除ができるといったこと

「実際、分解しやすいの?」「使い勝手はどうなの?」「音はどれぐらいなの?」と思う方も多いはず。そこで今回は、『サーキレイター(CIRKILATOR) FCW-140D』を実際に購入し、使い勝手や口コミなどを検証してみました。


目次

サーキレイター(CIRKILATOR)とは? 丸洗い可能

 

ドウシシャ(DOSHISHA)のサーキレイター(CIRKILATOR)は、分解できて丸ごと洗える便利なサーキュレーターです。ファンの前後を工具無しで分解できる構造に工夫されているので、簡単にお手入れができます。

サーキュレーターの多くは分解できず、ホコリがたまってしまうものが多かったのですが、こちらの製品はその悩みを解消してくれます。もっともホコリの溜まりやすい空気の吸い込み口の清潔を保てるようになることで、いつもきれいな空気を循環させることがで可能です。

リモコンがついているので、ある程度の距離から操作することもできるので便利。また、その他にも風量を5段階に調節できる機能や左右の自動首振り、タイマー機能などさまざまな機能がついています。

サーキレイター(CIRKILATOR)の口コミや評判は SNSやECサイトでの評価は?

クチコミ画像

丸洗いできる便利なサーキュレーターであるドウシシャの『サーキレイター(CIRKILATOR)』の
購入を検討している方にとって、実際の口コミや評判が気になるところ。そこで、ポジティブな口コミとネガティブな口コミに分けて、分かりやすくご紹介いたします。

ドウシシャのサーキレイター(CIRKILATOR)のポジティブな口コミ・評判

『サーキレイター(CIRKILATOR)』のポジティブな口コミとして、「シンプルなデザインがよい」「扇風機のように分解ができて掃除がしやすい」「換気に使っていますが、効率よく空気が循環できる」といった内容がありました。

分解できるという部分や掃除のしやすさに魅力を感じ、選んでいる方が多いようです。

ドウシシャのサーキレイター(CIRKILATOR)のネガティブな口コミ・評判

『サーキレイター(CIRKILATOR)』のネガティブな口コミとして、「思っていたより風が弱い」「やや音が気になる」「首振り時にカタカタと音が鳴った」といった内容がありました。

特に多かったのが、「首振り時にカタカタと音がなる」といった口コミ。カバーを開けて見た方によると、ファンのナットの緩みが原因であることが多いようです。ですので、異音が鳴った場合は、そちらを確認するとよいでしょう。

サーキレイター(CIRKILATOR)の使い心地を検証 扱いやすさはピカイチ?

サーキレイターの使い心地を「見た目」「使いやすさ」「分解のしやすさ」「リモコン操作」「消音性」の5つに分けて検証してみました。

見た目をチェック

まずは、ドウシシャのサーキレイター(CIRKILATOR)の見た目からチェックしていきます。

サーキュレーターの外観

見た目はシンプルで、洗練されたフォルムが特徴的です。ファンの大きさが14cmのため、全体的にコンパクトな印象があります。

おしゃれかつコンパクトなサイズなので、置いていてもインテリアの邪魔にならないのも嬉しいところ。

サーキュレーターのスイッチ部分

操作部分のボタンは目立ちにくくなっています。ボタンが小さいですが、少し上に出ているので押しにくさは感じませんでした。

サーキュレーターのリモコン

このように、さりげなくリモコンを収納できる場所があるので、とても便利な仕様になっています。リモコンはどこにいったか分からなくなりがちですが、そういった心配も不要でしょう。

使いやすさ

ファンは自動で左右に首振りして、空気の循環をよくしてくれる役割を果たします。

8畳までのタイプは左右自動、上下は手動で動かすタイプ。そこで、8畳の寝室でサーキレイターを使ってみました。床冷房なので、エアコンはついていません。

サーキュレーターを配置した画像

8畳部屋自体が大きいわけではないので、左右の自動首振りだけでも空気の循環をしてくれている感じはあります。

夜にかけてもおやすみタイマーがあるので、設定しておけば自動的に消えます。なお床冷房だと、どの場所に置いても大差がないと感じました。エアコンがある家庭は、エアコン下に置くことで効率よく空気を循環させることができそうです。

分解のしやすさ

簡単に分解はできても、手間がかかると掃除する気が起こりにくいものですよね。そこで、力がなく器用でない女性が分解のしやすさも検証しました。

分解の様子をご覧ください。

サーキュレーターの分解1

まず、前ガードと羽をはずします。こちらは簡単に外せました。

サーキュレーターの分解2

そのつぎにファンの下にあるロックをはずします。こちらも力は要りません。

サーキュレーターの分解3

中ガードをはずします。このとき少し回してから取る必要があるので少しコツがいりましたが、すぐに慣れそうです。

サーキュレーターの分解4

後ろガードを外します。こちらもすぐに外せました。このように説明書通りの4STEPで簡単に分解できました。

サーキュレーターの分解5

ドライバーが不要で、女性でも手で分解できました。なので、男女問わず分解できるので安心です。なお、本体の重さは1.5kgなので分解する際も「軽いな」と感じました。

こうして分解した本体以外のパーツを水洗いすることができるので、週に1回、月に1回のメンテナンスなどは苦になりません。

リモコン操作

リモコンの効き具合も気になるところ。まず、リモコンはこのように手でおさまる小さなサイズになっています。

リモコンのアップ

8畳の空間であれば、どこからでもリモコンから電源をつけることができました。

消音性

「音がうるさい」との口コミや「首を振ると異音が鳴る」との口コミが多かったサーキレイター。

そこで実際に作動させてみました。一番小さい音でも音はしますが、気になりませんでした。

一番大きい音だと、例えるならば扇風機の中~強レベルの音がする程度です。

どちらでも、さほど耳障りに感じませんでした。

寝室に使用する場合、音を最大限にしなければ問題なく使えます。

DOSHISHA(ドウシシャ)『CIRKILATOR(サーキレーター)‎FCW-140D PWH』

ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト ドウシシャサーキュレーターCIRKILATOR14cm【分解して水洗い可能】ピュアホワイト

出典:Amazon

サイズ 20.9x27.7x20.9cm
羽根の数 3枚
重量 1.5kg
ワット数 8W

サーキレーター実際に購入して試してみた上でのまとめ

ドウシシャの『サーキレイター(CIRKILATOR) 』の口コミで「分解しやすい」「掃除が楽」といった反面、「音が気になる」という口コミが目立っていたので心配だったのですが、思っているよりも音はうるさくありませんでした。寝ている間に稼働していても寝れる程度の音だったので、デザイン性だけでなく、実用性もあります。

デザインがおしゃれでシンプルなサーキュレーターが欲しい方や、サーキュレーターの清潔を保ちたい方、きれいな空気を循環させたい方におすすめに感じました。

本記事がみなさまの参考になりますと幸いです。

その他にも空調家電をお探しの方はこちらもチェック 関連記事

今回検証するのは、空気の浄化力、デザイン性、スマホアプリ連携などを兼ね備えた高性能空気清浄機「Molekule(モレキュル)Air Mini+」。一見空気清浄機には見えない外見で、販売台数は30万台を突破(※1)!人気の秘密はどこにあるのでしょうか。※1:世界のMolekule販売台数(Mol...

室内の湿気を抑え、部屋干しの洗濯物をスピーディに乾かしながら、空気中を漂う花粉やハウスダストを集め、空気をきれいにしてくれる、除湿機・空気清浄機一体型モデル。ここでは、除湿機と空気清浄機が一体になったモデルのおすすめと選び方をご紹介します。

部屋の空気を効率的に循環させるサーキュレーター。アイリスオーヤマや無印良品の人気商品も紹介!また扇風機との違いも解説します!Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


【2022】携帯扇風機のおすすめ16選|暑い時期はハンディファンで乗り越えよう!

【2022】携帯扇風機のおすすめ16選|暑い時期はハンディファンで乗り越えよう!

持っているだけで涼しい風をあびることができる携帯扇風機。今回は初心者にもわかりやすい、携帯扇風機の選ぶポイントとおすすめ商品を紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon 扇風機・サーキュレーター , 冷房器具 , 空調・季節家電

DCモーターの扇風機おすすめ12選|羽の数や機種のタイプごとにぴったりの商品を選ぶ

DCモーターの扇風機おすすめ12選|羽の数や機種のタイプごとにぴったりの商品を選ぶ

扇風機のモーターで、近年人気になっているのがDCモーターの扇風機。消費電力が小さく、風量の調節も細かくできるため、デメリットのほとんどない扇風機だと、人気となっています。しかし実は、商品ごとに機能や特徴があり、選ばないと「普通の安い扇風機と変わらない」なんてこともあります。本記事では、近年人気のDCモーターの扇風機のメリットやデメリット、基本的な機能、風を送る羽の特徴、おすすめ商品などをご紹介いたします。本記事を読めば、DCモーターの扇風機の基本的な選び方を抑えられるはずです。ぜひ参考に、満足のいく商品を選んでくださいね。

tag icon 扇風機・サーキュレーター , 冷房器具 , 生活家電

扇風機おすすめランキング15選|プロ厳選、コスパ機から高級機まで

扇風機おすすめランキング15選|プロ厳選、コスパ機から高級機まで

白物家電選びのプロ、コヤマタカヒロさんによるタイプ別の扇風機おすすめ機種をご紹介。手軽に涼がとれる扇風機は、ほかの空調家電と併用して、暑い夏を快適に過ごすアイテムとして活躍しています。扇風機の選び方のポイントなども掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 扇風機・サーキュレーター , 空調・季節家電

ACモーター扇風機おすすめ13選|専門家が選び方のポイントを解説

ACモーター扇風機おすすめ13選|専門家が選び方のポイントを解説

この記事では、種類豊富なACモーター扇風機選びの3ポイントを専門家の渡辺まりかさんにご紹介していただきました。他にもおすすめ商品を厳選していただきましたので、ぜひ商品を選ぶ際の参考にしてみてください!通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 扇風機・サーキュレーター , 生活家電 , 空調・季節家電

リモコン付きの扇風機おすすめ8選|首振りタイプや静音タイプの商品もご紹介

リモコン付きの扇風機おすすめ8選|首振りタイプや静音タイプの商品もご紹介

手軽に涼がとれる扇風機は、ほかの空調家電と併用して、暑い夏を快適に過ごすアイテムとして活躍しています。機能や風量の強さなども気にりますがリモコンが付属で付いていると何かと便利です。この記事ではリモコン付きの扇風機のおすすめ商品をご紹介しています。扇風機の選び方のポイントなども掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 扇風機・サーキュレーター , 冷房器具 , 生活家電

関連するブランド・メーカー


DOSHISHA(ドウシシャ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。