記事種別: Icon mini tagmei レビュー

実力派Ankerから登場!ロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』を検証レビュー

実力派Ankerから登場!ロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』を検証レビュー

全自動で部屋を掃除してくれるロボット掃除機。憧れの家電として気になっている方も多いと思います。高価なロボット掃除機が多いなか、高性能なデバイス周辺機器を手掛けるAnkerから1万円台で購入できるロボット掃除機が登場しました。

今回はそんなAnkerのロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』を実際に使用したレビューをご紹介します!安価なのでロボット掃除機を試してみたいが、性能に不安があるという方はぜひこの記事を参考に購入を検討してみてくださいね。


Ankerのロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』を実証検証 期待値大!

Eufy RoboVac 11S

毎日使う部屋は、ホコリやゴミ、髪の毛が溜まりやすく、きれいに保つために掃除は1日も欠かせません。しかし掃除する余裕がない日もありますよね。そんな時に便利なのが、Anker(アンカー・ジャパン)が販売しているロボット掃除機『Eufy RoboVac 11S』です。

スイッチひとつで障害物を避けながら掃除してくれるので、掃除機をかける手間が省けます。ほかの家事をしている間にロボット掃除機が部屋の掃除を済ませてくれるので、時間の節約にも。

また見た目のスタイリッシュさもポイント。Ankerはシンプルで洗練されたデザインが魅力で、ロボット掃除機にもそのデザインが反映されています。

今回『Eufy RoboVac 11S』を実際に使用してみて、ロボット掃除機の利便性の高さを実感しました。高価な製品と比べると機能の多さには劣りますが、障害物に注意すれば問題なく掃除を任せられます。

Anker『Eufy RoboVac 11S』とは

Ankerは2011年に設立された新しい企業ですが、販売する商品の使い勝手のよさや、秀でた性能で人気上昇中。スマートフォンやパソコンの周辺機器をメインに手掛けていますが、最近ではAIを活用したスマート家電にも注力しています。

ここで紹介する『Eufy RoboVac 11S』は、そんなAnkerが手掛けるロボット掃除機シリーズのひとつ。厚さを7㎝まで薄くし、狭い空間でも使えるように改良されています。

またロボット掃除機には欠かせない、落下・衝突機能も搭載。赤外線センサーで障害物を回避するので、どんな場所でも使えるのがポイントです。

電源は一緒に梱包されている充電ステーションから供給されます。充電ステーションの電源のみ確保できれば、充電が無くなる前に自動的に戻るため、充電する手間も不要です。

Anker『Eufy RoboVac 11S』の口コミ・評判 SNSやECサイトのクチコミを調査

メーカーへの信頼が厚いためか、全く新しいジャンルの製品でもすでに数千件を超えるレビューが寄せられています。実際に使用した方の意見や感想を見てみましょう。

コストパフォーマンスに満足!『Eufy RoboVac 11S』のよい口コミ

『Eufy RoboVac 11S』のよさを実感している方の多くは、値段以上の性能を実感していました。すでに発売していた既存のロボット掃除機に改良を重ねた機種で、数々の課題をクリアしています。

ロボット掃除機としてしっかり機能するにも関わらず、値段は1万円~2万円の間に収まるコストパフォーマンスの高さが魅力だとわかりました。

ブラシの劣化が気になる…『Eufy RoboVac 11S』の悪い口コミ

一方悪い口コミには、高級ロボット掃除機との比較が多く目立ちました。本製品はロボット掃除機としての機能は最低限揃っていますが、部屋の構造を理解するマッピングや、疑似的な壁で動きを制限するバーチャルウォールは付いていません。そのため高級機器と比較すると、やはり機能面では劣るという意見が多く寄せられています。

また使用し続けると、劣化によって先端に付いているブラシの回転が悪くなるという口コミも。このブラシは部品を後付けするタイプなので、ブラシの性能には改善の余地があるかもしれません。

Anker『Anker Eufy RoboVac 11S』を徹底レビュー 機能面に心配が?

ブラック

今回はブラックカラーを購入。

ここからは実際に『Eufy RoboVac 11S』を使用した感想をお伝えします。画像と一緒に動画による参考資料もあるので、性能のチェックにご活用ください。

パッケージ

パッケージのデザインはシンプル。

白く大きな箱に入って届きます。バッテリーやモーターが内蔵されているので、多少重く感じました。

開封

開封するとパーツや説明書が。

箱を開けてみると、『Eufy RoboVac 11S』本体と充電ステーション、リモコン、充電ステーション用のACアダプター、清掃ブラシ、交換用のサイドブラシ、フィルター、交換用フィルター、取扱説明書が入っています。

説明書はAnkerの製品らしく、シンプルに作られていました。図柄が入っているので、初めてでも迷わず使えます。

またリモコンに電池が付いている点もポイント。本体裏の主電源をONに切り替えて、自動モードボタンを押すと、すでに数%か充電があるのか掃除が始まります。

充電中

充電後に使用開始できます。

充電ステーションとアダプターを接続し、コンセントを差し込みます。充電ステーションがセットできたら、本体をそっと持ち上げて充電ステーションの上に設置すれば、ピッという動作音が聞こえ、本体の電源ボタンがオレンジ色になります。

充電部分は差し込む仕組みではなく、金属同士が触れ合えば充電が開始される仕様です。これなら差し込みが甘く、充電ができていなかったというトラブルも防げそうです。

リモコン

同封のリモコン

本体のボタンでは自動モードの操作しかできませんが、付属のリモコンを使えば細かいモード選択ができます。

リモコン側でも中央の「START/STOP」ボタンで自動モードを作動できます。

『Eufy RoboVac 11S』はさまざまなモードが使用可能。自動的にモードを切り替えながら掃除する自動モード。ある1点を中心に円を描きながら掃除するスポットモード。壁の周辺を重点的に掃除するエッジモード。

ひとつの部屋を集中して掃除するシングルルームモード。そして十字ボタンによって好きな場所に操作できるマニュアルモードの、計5種類のモードが搭載されています。

マニュアルモードはリモコンの十字キーで操作できます。汚れが気になる部分や、何かをこぼして掃除してほしい時に便利です。

掃除する前

床に擬似的なゴミを撒いて検証

ではここからは実際に吸引力とそのほかの性能を検証していきます。

今回は大粒・小粒両方のスパンコールを床に散りばめました。この部分だけ掃除してほしいので、手前のスペースはマットで疑似的な障害物を作っています。

擬似的なゴミ

フローリング上に撒いたので、少し拾いにくい難点があります。『Eufy RoboVac 11S』は綺麗に片付けられるでしょうか。

掃除場面

本体を掃除してほしい箇所に設置

『Eufy RoboVac 11S』をスタート位置に設置。隅や端からだと『Eufy RoboVac 11S』に有利な気がするので、適当な位置に置いてみました。

部屋の隅を掃除

部屋の隅も漏れなく稼働。

掃除終盤に差し掛かっています。最初スパンコールをブラシでまき散らしていたので不安を感じましたが、何往復かしてしっかりゴミを吸い取ってくれました。

部屋隅の残し

多少のゴミが残ってしまう。

結果は少し惜しいといったところ。端はきれいに掃除できてますが、丸いフォルムのせいか四隅にゴミが残っていました。

またブラシが回転するとホコリが小さく起こるので、本体の上にもスパンコールが付着しています。使っているとホコリが付着するので、軽く拭きあげてください。

フローリング以外に、絨毯やクッションフロアでも使用してみましたが、床の素材に関係なくしっかりゴミを吸引してくれました。ただしブラシがどこかに引っかかると、外れたまま置いてくるので、あらかじめ障害物を減らす工夫が必要でした。

動作音も同じ部屋にいるとうるさく感じますが、部屋の外に出れば聞こえなくなるほど静か。時間を選ばず使えますね。

Anker(アンカー)『Eufy RoboVac 11S(‎AK-T2108521)』

AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック) AnkerEufyRoboVac11S(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ブラック)

出典:Amazon

サイズ 325x72x325 mm
集じん容量 0.6L
最長運転時間 最大100分
充電時間 300-360分

コストパフォーマンス重視のロボット掃除機だった Anker『Eufy RoboVac 11S』

『Eufy RoboVac 11S』は価格以上の仕事をしてくれる、コストパフォーマンスが高い製品であることが分かりました。

ロボット掃除機として障害物をよけながらきれいに掃除機をかけてくれるので、ほかの家事をしていた間に1室の掃除ができてしまう、利便性の高さは一度味わうと手放せません。

毎日掃除機をかけるのが億劫に感じる方、部屋を常に綺麗に保ちたい方は、ぜひロボット掃除機の力を借りてみてはいかがでしょうか。黒のスタイリッシュなボディが部屋の雰囲気に馴染むので、家電特有の生活感も控えめです。

Ankerでは本製品のほかに、スマートフォンから操作できる『Eufy RoboVac G30シリーズ』より高性能の『Eufy RoboVac L70シリーズ』も販売しています。

ロボット掃除機を選ぶ際は、ほしい機能があるかを確認してみてくださいね。

その他のロボット掃除機はこちらをチェック 関連記事

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


ロボット掃除機のおすすめ18選|外出の間にしっかり掃除【ゴミ吸引型・拭き取り型など】

ロボット掃除機のおすすめ18選|外出の間にしっかり掃除【ゴミ吸引型・拭き取り型など】

ロボット掃除機はルンバをはじめ、パナソニックやILIFEなど、国内・海外メーカーからさまざまな商品が発売されています。拭き掃除が可能、Wi-Fi対応などさまざまなロボット掃除機があり、何を選んだらいいかわからない方もいるのではないでしょうか。この記事では、家電販売員のたろっささんと編集部が、ロボット掃除機の選び方、おすすめ18選をご紹介します。

Icon mini tag 生活家電 , 掃除機・クリーナー , ロボット掃除機

コードレス掃除機おすすめ25選|軽量・吸引力の高い人気モデル厳選!

コードレス掃除機おすすめ25選|軽量・吸引力の高い人気モデル厳選!

本記事では、コードレス掃除機の選び方とおすすめ掃除機25選をご紹介!人気のマキタやダイソンのほか、日立、パナソニック、アイリスオーヤマなど大手優良メーカーから厳選しています。後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、コードレス掃除機にまつわる気になるQ&Aも掲載。ぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag 生活家電 , 掃除機・クリーナー , ロボット掃除機

ロボット掃除機おすすめ13選|高性能モデルを家電ライターが厳選

ロボット掃除機おすすめ13選|高性能モデルを家電ライターが厳選

ここ数年のロボット掃除機の進化には、目をみはるものがあります。スマートフォンと連携し、室内のモニタリングや遠隔操作、掃除のスケジューリングまでできるようになりました。以前の製品だと、まず散らかした雑誌などを片づける必要がありましたが、最近は障害物を回避するモデルもあります。驚くべきことは、高性能化が進んでも価格はそれほど変わらないこと。値段は少々高くても、それ以上の仕事をしてくれるのが近年のロボット掃除機なのです。それを踏まえ、家電ライターの田中真紀子さんに高性能化が目覚ましいロボット掃除機のおすすめを選んでもらいました。

Icon mini tag 生活家電 , 掃除機・クリーナー , ロボット掃除機

【2021年】ルンバおすすめ12選|自動充電・自動ゴミ捨て・Wi-Fi・Alexa対応も

【2021年】ルンバおすすめ12選|自動充電・自動ゴミ捨て・Wi-Fi・Alexa対応も

ルンバは3桁シリーズやアルファベットのシリーズなど多くのモデルがあり、それぞれ機能も値段も違います。自分の住環境やライフスタイルに合わせて、ルンバを選びましょう。この記事では、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が「高性能」「ひとり暮らし向け」「お手頃価格」の3つのカテゴリに分け厳選したおすすめのルンバをご紹介します。また、選び方のポイントにくわえ、記事後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 生活家電 , 掃除機・クリーナー , スマート家電

水拭きできるロボット掃除機おすすめ9選|家電コンシェルジュが徹底紹介

水拭きできるロボット掃除機おすすめ9選|家電コンシェルジュが徹底紹介

水拭きができるロボット掃除機は、従来のロボット掃除機では取り除けなかった床の汚れもきれいにしてくれるため人気があります。しかし、選択肢が増えた分、選ぶときの悩みも増えました。選ぶコツを知れば、満足度の高い買い物ができます。この記事では家電選びのエキスパートである松本レイナさんに、選び方のポイントとおすすめの商品を教えていただきました。納得できる商品選びの参考にしてくださいね。

Icon mini tag 生活家電 , 掃除機・クリーナー , ロボット掃除機

関連するブランド・メーカー


Anker(アンカー)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。