家電プロレビュアーがおすすめするサーキュレーター5選と人気ランキング20

家電プロレビュアーがおすすめするサーキュレーター5選と人気ランキング20

家電プロレビュアー:石井 和美
家電プロレビュアー
石井 和美

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。雑誌やWEBメディア、テレビなどで幅広く活躍中。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家タイプ「家電ラボ」を開設。 小物家電だけでなく、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電もテストしている。 また、自身でも「家電blog」を運営する。

「そもそもサーキュレーターって?」という人もいらっしゃるでしょう。羽根が回って風を送る仕組みは扇風機と変わりませんが、目的と使い方は異なります。そんなサーキュレーターのキホンを知っていただくとともに、いろいろな選び方ポイントを家電プロレビュアーの石井和美さんに伺いました。石井さんのおすすめサーキュレーター5選のご紹介とともに、マイナビニュース会員がおすすめするサーキュレーターもランキング形式で発表します。サーキュレーターをエアコンなどと併用することで冷房・暖房効率がアップし、節電効果が期待できます。すでに使っている方は、もっと自分の暮らしに合ったモデルを見つけてくださいね。


サーキュレーターのメリットや特徴は?

サーキュレーターの写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

「扇風機との違いがわからない」という声も聞かれるサーキュレーター。どんなポイントに注目して選べばいいでしょうか?

そもそもサーキュレーターとは? 扇風機と違うの? どんなメリットがある?

最初に、いま現在、サーキュレーターをもっているか、もしくは購入を検討しているか、についてマイナビニュース会員にうかがいました。

Q1.サーキュレーターをお持ちですか?もしくは、購入を検討していますか  ※回答数:501人

持っている 23.4%
持っていないが購入を検討している 15.6%
持っていない 61.1%

サーキュレーターを持っている、もしくは、いまは持っていないけれど、いずれは買うつもりという方は、合わせておよそ4割。正直、サーキュレーター利用者はまだ少数派というのが実情のようです。

使ってみれば「こんなに便利!」と年間通して使用する人も実際いるのですが……というわけで、まずはサーキュレーターについて、キホンのキともいえる知識から確認してみたいと思います。

要するに「サーキュレーター」ってなに?

「サーキュレーター」で辞書を引くと「空気、液体などの循環装置」とあります。まさにその通りで、部屋の中の空気を循環させるのがサーキュレーターのおもな役割です。

また、サーキュレーターには「直線的で強力な風を送れる」という特徴もあります。これにより、一点に集中して風を当てる、離れた場所に空気を流す、といった使い方ができるわけです。

サーキュレーターと扇風機の違いはココ!

とはいいながら、家電量販店などで扇風機の近くに置かれているサーキュレーターを見ると、「結局、同じようなものなの?」という気になってしまう人も少なくないでしょう。

でも、実は両者は異なる商品。扇風機とサーキュレーターの違い・特徴は以下のようになります。

■扇風機 → 直接、人に風を当てて涼むのが目的

風を送り、それ自体で涼むことを目的とした扇風機は、広範囲に風が広がるように設計されています。反面、風の届く距離は比較的短いという特徴があります。

■サーキュレーター → あくまで「空気の循環」が目的

単体で涼むことを目的としていないのが、サーキュレーターと扇風機のいちばんの違いといえます。サーキュレーターの役割は「涼む」ことではなく「空気の循環」であり、「温冷を問わず」に使えることが大きな特徴となります。

エアコン使用時、特に大きな部屋など広い空間で利用する場合には、どうしても温度ムラができてしまい、快適な温度を保つためにエアコンがフル稼働、結果として電気代がかさんでしまうといったことも少なくありません。そんな時こそ、直線的で強力な風で空気をかき混ぜてくれるサーキュレーターの出番です。

温度ムラをなくして快適な空間にするのはもちろん、電気代の節約にも一役買ってくれます。基本はエアコンとの併用ですが、ほかにもいろいろメリットたくさんのサーキュレーター。詳しくは、すでに使っている人に聞いた、使用する時期や用途など「私の活用法」とともにご紹介いたします。

Q2.サーキュレーターを使用する時期や用途、また利用シーンを教えてください  ※Q1で『持っている』『購入を検討している』と回答した方:195人

・エアコンを使用しているときに冷気や暖かい空気が部屋全体に行くよう、空気循環として使うことが多い
・洗濯物の乾きにくい梅雨の時期や冬の湿気の多い時期にサーキュレーターを使うと、洗濯物の乾きが早くなり助かります
・髪を乾かすために。特に梅雨時や夏場は助かる
・夏はリビングのエアコン一台で寝室を冷やせるように寝室の入口から天井に向けて、冬は足元の冷気をエアコンの吸気口に向けて温度差改善に使っている
・電力節約用にエアコンと併用しています。エアコンはこまめに一時間単位で切るようにして冷風を循環させる目的
・エアコンと空気清浄機と併用し、一年を通して使用している
・時期を問わず、風呂場の湿気対策に活用している
・毎日部屋干しなので、脱衣所に洗濯物を干して夜間タイマーをかけて使用しています

全体的に見ると、意見は「エアコンと併用して使う」「部屋干しのときに早く乾燥させる」という、2つに大別できます。

エアコンとの併用に関しては、「エアコンの冷暖気を攪拌して均一にする」「エアコンをこまめに切って節電」「一台のエアコンで別な部屋にも冷暖気を送る」など似てはいるものの、多少のバリエーションがあったのも目を引きました。

ただし、エアコンは室温を下げて設定温度にするまでにもっともエネルギーを使うため、こまめな電源のON/OFFはかえって電気代がかさむという現実もあります。 サーキュレーターとの併用に際しては、風向きを調整しつつ、エアコンは設定温度を夏場は高め、冬場は低めにして常時使用する、などのコツもいります。

そして、「時期を問わず」「一年を通して」「毎日」など、季節などにかかわらず、年間を通して使い続けているという意見が、「夏場」「梅雨時」だけという意見を大きく上回っていました。これはかなり大きなポイントといえるでしょう。

次に、サーキュレーターの所有者ならびに購入希望の方に対し、購入・使用にあたって重視している点についてうかがいました。

Q3.サーキュレーターについて重視しているところは何ですか【複数選択】※Q1で『持っている』『購入を検討している』と回答した方:195人

1位「価格」 47.2%
2位「静音性」 41.5%
3位「風量調整」 30.8%
4位「電気代」 29.7%
5位「本体サイズ」 27.2%
6位「首振り機能(左右)」 22.1%
7位「デザイン」19.0%
8位「首振り機能(上下)」 16.4%
9位「空気清浄や加湿、除湿などの付加機能」 15.9%
9位「口コミ・評判」 15.9%
11位「メーカー」 14.4%
11位「タイマー機能」 14.4%
13位「重量」12.3%
13位「メーカーサポート・メーカー保証」 12.3%
15位「メンテナンス」11.3%

1位の「価格」、4位の「電気代」と、やはりかかるコストは気になるようです。このほか「静音性」、要するにうるさくないことや、「風量調整」「首振り」などの機能面も上位にランクインしています。そして気になったのは「メーカー」が比較的重視されていないこと。

これは、サーキュレーターに関するブランドが確立されていない、もっといえば、サーキュレーター自体の認知度が未だ高くない……というのも一因かと思われます。コスト>ブランドという図式は、まだ導入期の家電であることを如実に物語っているといえそうです。

正しく賢いサーキュレーターの選び方

さてさて、ここからは実際にサーキュレーターを選ぶにあたり、注意すべき点がどんなことなのかをご説明したいと思います。ひとくちにサーキュレーターといっても、それぞれ特徴があり、その違いは機能や価格の差に現れています。

選び方のポイント

ポイントは「なにを重視するか?」、それを確認することからアナタのサーキュレーター選びは始まります。普段の暮らし方や住んでいる部屋の状態などの住環境を思い起こしながら、自分にピッタリの一台を見つけましょう。

家電プロレビュアー

部屋のサイズに合ったものを選びましょう

部屋のサイズに合わせ、隅までしっかり風が届くタイプを買いましょう。購入時は「適用床面積」が記載されているメーカーも多いのでチェックを。記載がないものは、店舗などで本体のサイズを確認し、実際に風を体感してから決めるようにしましょう。

「風力の強さ」

サーキュレーターの選び方で、風力はもっとも重要なポイントでしょう。風力が強い=遠くまで風を送れる、ということですから、強いほうがよりスピーディに、より広い空間の空気を循環させられるわけです。製品紹介にある風力や適用床面積(畳数)などの表記がひとつの目安になります

「音の静かさ」

大きな音のするサーキュレーターでは、いくら温度が快適でも満足できないでしょう。サーキュレーターの静音性については一般的に「db(デシベル)」で表記されています。環境省の『一般環境騒音の目安について』によると、図書館で感じる音がおよそ40db、美術館で感じる音が50dbくらい、ファミリーレストランで感じる音が60dbくらいなので、このあたりを目安に選んでみるのがいいかもしれません。

「モーターのタイプ」

家電プロレビュアー

音が気になるならDCモーター

モーターはDCモーター型とACモーター型があります。DCモーター型は、省電力タイプで本体価格は高め、ACモーター型は約30Wからと消費電力が高めです。風量調節に関してもDCモーター型は好みの風量を無段階で設定できるものが多く、モーター音も静か。サーキュレーターはつけっぱなしにして使うことが多いので、音が気になる人はDCモーターをおすすめします。

一般的に、ACタイプの機種は低価格で豊富なデザインが特徴、一方でDCタイプは、なんといっても低消費電力で電気代が抑えられる点です。また、ACタイプでは風量を『弱・中・強』程度しか調整できないのに対し、DCタイプは『1~多段階』とより細かく風量調節できる特徴を持ちます。やさしい微風モードも可能で静音性にも優れています。

「だったら断然DCタイプでしょ!」と思われますが、DCタイプは本体価格がかなり高め。ACタイプの2~5倍、中には10倍近くする機種も。ひとつの目安としては、使用頻度が高く、細かい風量調節や静音性を重視する方はDCタイプ、そうでもない方は初期コストを抑えたACタイプという選択肢もあります。

「その他の便利な機能」

家電プロレビュアー

使用目的と付加機能をチェック

首振り機能やタイマー機能など、付加機能についても確認しておきましょう。部屋干し時の乾燥に使用するなら首振り機能はマストです。洗濯物を乾かしたい時など、うっかりつけっぱなしにならないようにタイマー機能もあると便利。ただ、色々な機能がついていると、それだけ高価になります。定位置に置いてサーキュレーターとしてのみ使用するのであれば、付加機能がないものでも十分です。

機種ごとにさまざまな付加機能が搭載されているサーキュレーター。たとえば、年間通して使用する場合、冷気と暖気では溜まる場所が異なるので、「角度調整機能」は必須。ほかには省エネにも役立つ「風力切り替え機能」、切り忘れ防止や就寝時に便利な「オフタイマー機能」もおすすめです。

忘れちゃいけない! お手入れのしやすさも大切です

その構造上、サーキュレーターはホコリなどを吸い込みやすくなっているので、お手入れも定期的に必要になってきます。そこでおすすめなのが、カバーや羽根が取り外せる商品。特に羽根の部分はホコリが溜まりやすいため、お掃除する際は、取り外さないと難しい部位ですからね。

ホコリが溜まった状態で使い続けるのは、サーキュレーターの寿命を短くしてしまう大きな要因のひとつ。面倒なく掃除しやすいなど、ラクにお手入れできる商品を選ぶのが長もちの秘訣です。

家電プロレビュアー石井和美さんおすすめのサーキュレーター5選

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アイリスオーヤマ PCF-C18T

出典:Amazon

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

衣類乾燥に使いたい人に便利なハイパワータイプ

衣類乾燥モードを搭載したハイパワーなサーキュレーター。適用床面積は14畳なので、広めの部屋でもしっかり空気を攪拌できます。また、上下左右首振り機能があるので、洗濯物乾燥にもぴったり。工具不要でカバーも外せるので、いつでも中の羽根を掃除できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン

出典:Amazon

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

空気清浄機能も搭載する一台二役

風が出る吹き出し口の幅が広く、空気の流れを一気に変えることができるので、サーキュレーターとしても優秀。夏は扇風機としても涼むことができますが、切り換えて後ろにも風を送ることが可能。冬も寒くありません。空気清浄機能も搭載しているので一台二役。年間を通して使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

山善 DCエアーサーキュレーターYAR-BD18

出典:Amazon

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

便利な温度センサーを搭載

室温が設定温度以上になると運転し、設定温度より下がると停止する「温度センサー搭載」でムダなく使えます。常に温度などを気にしなくてもいいので、とてもラク。また、風量調節は5段階、上下・左右自動首振り機能付きで、洗濯物の部屋干しにも便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コイズミ コードレス タワーファン KTF-0580/S

出典:Amazon

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

家の中のどこでも持ち運べるコードレス式

コードレスでも使えるから、気軽に場所移動ができます。広いLDK空間や寝室、脱衣所など、家族の移動に合わせて持ち運びが可能。エアコンの風が届きにくいキッチンも快適になります。約4~5時間で充電が完了し、フル充電すると、風量「1」で約10~11時間、風量「8」で約5~6時間、風量「TURBO」で約0.5~1時間、運転できます。DCモーターを搭載

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モダンデコ/SUNRIZE CUBE サーキュレーター

出典:Amazon

Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

マルチな機能搭載し、デザイン性にも優れる

DCモーター採用の高機能なサーキュレーター。首振り、OFFタイマー機能などが搭載されていて、価格もお手頃。カラバリも豊富でインテリアに合わせて選ぶことができます。出しっぱなしで使うサーキュレーターなので、デザインにもこだわりたいという方にぴったり。

「最強のサーキュレーター」TOP20

ここからは「2018サーキュレータートップ20」の発表です(※)

※アンケートでは、細かく機種や型番を回答いただくことは難しいため、設問としては「お持ちのサーキュレーター、または、購入を検討しているサーキュレーターはどのメーカーですか」を回答してもらいました。ランキング内では、メーカーごとに最新の機種や売れ筋などのおすすめ機種を参考としてご紹介しております。

TOP10のご紹介の前に、まずは20位から11位を見てみましょう。

Q4.お持ちのサーキュレーター、または、購入を検討しているサーキュレーターはどのメーカーですか【複数選択】  ※Q1で『持っている』『購入を検討している』と回答した方:195人

■「20位~11位」

20位「ツカモトエイム」
15位「PRISMATE」
15位「おおたけ」
15位「life_mart」
15位「ボルネード」
15位「APIX」
12位「ソウイジャパン」
12位「スリーアップ」
12位「Fochea」
11位「VERSOS」

上記が11位以下のランキングとなります。各メーカーがいずれも僅差でしのぎを削っています。この中でも、特徴的な製品をピックアップして紹介します。

15位の「PRISMATE(プリズメイト)」はレトロな雰囲気の「メタルサーキュレーター PR-F012」が人気です。シルバー・ブロンズ・アイボリーの3色展開でインテリアとしても活躍します。

同率15位の「ボルネード」は、約70年前に世界初のサーキュレーターを開発した米国のメーカー。「サーキュレーター DCモーターモデル ホワイト 14畳 対応 5303DC-JP」は、省エネかつ強力な中型のDCモーターモデルとなります。強力な竜巻状の風を作り出す技術により、大量の空気を拡散せずに部屋の天井や壁まど届かせることができるので、空気の循環を作り出しています。風量調整は、驚きの1~99段階設定が可能。オフタイマーも1時間ごと12時間まで設定できるなど、ユーザーの細かなニーズに応えることができる1台です。

同率15位の「APIX(アピックス)」は、ユーザビリティを備えたうえでのデザインにこだわっており、製品ラインナップもそれを一望できます。今回紹介する「AFC-340R-WH」は左右に約60度/上下に約80度の自動首振りができるモデルで、お部屋の空気を効率的に循環させます。また、本体内部の温度センサーで感知した気温にあわせて自動で風量をコントロールする自動運転機能も搭載されています。

12位には3つのメーカーがランクイン。「ソウイジャパン」の「サーキュレーター 静音 首振り 風量 9 段階」はDCモーターを採用、リモコン操作で風量は9段階調整(本体操作は3段階)が可能です。「スリーアップ」は、「 3Dターボサーキュレーター(AC)」を発売。スタイリッシュなデザインとパワフルな強風を実現したターボモード機能で評価を得ています。「Fochea」の「サーキュレーター 静音 首振り 扇風機 16畳 風量2段階 上下60度角度調整 コンパクト パワフル 省電力 送風機」は独自な羽根と枠構造により、パワフルで心地良い涼風を実現しています。

11位の「VERSOS(ベルソス)」は、卓上、壁掛けとしてしても使える3WAYタイプの「羽根なしサーキュレーター」をリリース。手動で上下180°角度調整可能で、左右90°の自動首振り機能付で自由に送風角度を調整できます。

さて、それではいよいよ、「2018サーキュレータートップ10」の発表です。

10位『ドウシシャ』

ドウシシャ『ピエリア FCT-193D』

出典:Amazon

幅広い風量調節が可能な木目調のサーキュレーター

上下左右、自動首ふりで空気を循環。風量調節も静音からターボまで幅広く対応します。ON/OFFタイマーは1・2・4・8時間から選択でき、風量は4段階で切り替え可能。ガードと羽根がとりはずせるので、手入れも簡単です。

9位『ZEPEAL』

ZEPEAL『DS-K319H』

出典:Amazon

静音モード搭載、上下・左右自動首振り機能も

静音モードを搭載。上下・左右自動首振り機能もついたサーキュレーターです。オフタイマー機能は1・2・4時間から選択が可能。マグネット式のフルリモコンも付属しており、風量は4段階で切り替えられます。

8位『コイズミ』

コイズミ『KCF-2382-H』

出典:Amazon

DCモーター採用の、コードレスマルチファン

DCモーターを採用した充電式コードレスタイプです。風量は10段階切り替え+ターボモードを搭載。3パターンの角度から選べる首振り機能や、1~8時間のあいだで5段階の切り替えオフタイマー機能もついています。

6位『TWINBIRD』

TWINBIRD『KJ-D994W』

出典:Amazon

コンパクトサイズで、空気の入れ替えに活躍

省スペースのコンパクトさで人気のTWINBIRD『KJ-D994W』。価格の安さも選ばれている理由のひとつでしょう。羽根は取り外させないものの前面グリルが着脱式で、内部の掃除も比較的しやすい構造です。

6位『バルミューダ』

バルミューダ『GreenFan Cirq(グリーンファン サーキュ)EGF-3300-WK』

出典:Amazon

少ない回転数でパワフルな風量を実現

同社独自のグリーンファンテクノロジーが実現したパワフルな風量は30畳(!)にも対応。強力な送風力で室内を空気循環させ、不快な温度差を解消します。DCブラシレスモーターの採用により省エネ性能も優れており、最弱運転時の消費電力はわずか3W。1日8時間運転した場合でも電気代0.6円と経済的です。デザインもおしゃれでインテリアとしても◎。

5位『無印良品』

無印良品 サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)『AT-CF26R-W』

出典:www.muji.net

大風量ながら、トップクラスの静けさを実現

5位にランクインしたのは、消耗品から家電ほか日常のさまざまなシーンに登場する数々のアイテムを取り揃えた老舗ブランド、通称「無印」の製品です。流体力学にもとづいた形状の羽根と消費電力が少なく低騒音の全閉形コンデンサーモーターの採用により、「強」運転で大風量ながら、動作音44dBという静けさを実現しています。グリルは取り外し可で、羽根のお手入れも簡単。タイマー、首振り、リモコンといった機能はありませんが、シンプルな設計で、静かで大風量という点でのコストパフォーマンスのよさに注目が集まっています。

4位『Dyson』

Dyson 『Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04WS』

出典:Amazon

価格は高いけど、有害物質の除去能力はピカイチ

独特な形状だけでなく、その機能性でも注目を集めるダイソンのファンがトップ5内に登場。家電プロレビュアーの石井和美さんもおすすめする機種です。本機種はサーキュレーター、さらには空気清浄機としての機能も兼ね備えます。密閉性の高いフィルターが、PM0.1レベルの粒子を99.95%除去。空気中に浮遊する粒子状物質や有害なガスを自動検知・分析し、リアルタイムで知らせてくれます。もちろん、送風能力も強力なので、清浄された空気を部屋全体に循環させることができます。

3位『山善』

山善 『YAR-JSD18(W)』

出典:Amazon

消臭フィルター搭載で、消臭効果は抜群

今回ご紹介する本機種のアピールポイントは、DCモーター搭載に加え、さまざまな場所で消臭に威力を発揮している「トリプルフレッシュ(R)バイオフィルター」を採用している点でしょう。風量切り替え、首振り、オフタイマーなど基本機能も押さえています。

2位『パナソニック』

パナソニック『創風機Q F-BP25T-R』

出典:Amazon

360度回転のおしゃれサーキュレーター

大手家電ブランドのパナソニックが2位にランクイン。「 創風機 Q(キュー)」シリーズはDCモーターほか機能面はもちろん、発光LED搭載でおしゃれな空間演出もバッチリ! クリスタルレッド、パールホワイト、シャンパンゴールドの3色で展開。

ボール形状の奇抜なデザインは、流体力学から導き出した必然のカタチ。そこから生み出される強力なターボ気流で室内をスピーディーに循環させます。

■口コミ(アンケート回答より)
・かなり高いと思いつつ、独特なデザインに惹かれて買いました。ほぼ毎日長時間、4カ月ほど使っていますが、今のところ問題なしです(42歳男性)
・ちょうど買い替えを考えていたタイミングだったので。(46歳男性、東京都)

1位『アイリスオーヤマ』

アイリスオーヤマ 『PCF-SC15T』

出典:Amazon

コンパクトモデルながら風は強力

4分の1以上もの回答者の支持を得て、堂々第1位に輝いたのは「アイリスオーヤマ」でした。2018年リリースモデルの『PCF-SC15T』はコンパクトボディながら特殊形状の「スパイラルグリル」を採用して、適用畳数が従来品(PCF-C15T)の8畳から18畳に強力になったのも魅力です。

大風量をベースに、基本的な機能をしっかりと押さえた商品をリリースし、スパイラルグリルなど独自の技術で従来製品から大幅にパワーアップしたアイリスオーヤマの支持が多かったのが特徴的でした。

ECサイトのサーキュレーターランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのサーキュレーターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サーキュレーターランキング
楽天市場:サーキュレーターランキング
Yahoo!ショッピング:サーキュレーターランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

■口コミ(アンケート回答より)
・広い部屋向けの大風量サーキュレーターなので音が心配でしたが、思った以上に気になりませんでした(33歳男性、東京都)
・さすがアイリスさん、風量は十分で運転音も静か。インターフェイスがシンプルなのも助かります(44歳女性、埼玉県)

まとめ

思っていた以上に私たちの生活を快適に、省エネにしてくれそうなサーキュレーターは、これからのさらなる普及が期待される家電商品です。
でも、サーキュレーターは家電としてはまだ発展途上で、実際、今回の選び方のポイントで挙げた「風力の強さ」に関しても、記載していないメーカーもあったり、また静音性を謳っているのにそうでもなかったりと、いろいろと改善の余地はありそうです。
現時点ではメーカーのHPなどの解説・紹介文に加え、通販サイトなどの口コミもしっかり読み込むことが重要でしょう。ぜひ、みなさんが満足できるサーキュレーターに出合えますように。

◆アンケート情報
調査時期: 2018年5月8日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 合計501名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※この記事は、2018/6/1にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆:エボル、取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正が必要と気付かれた場合は、ぜひ、記事下の「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/08/5 イメージ画像の調整のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


DC扇風機のおすすめ5選|家電評論家が選び方も解説!【電気代が安い】

DC扇風機のおすすめ5選|家電評論家が選び方も解説!【電気代が安い】

DC扇風機は、AC扇風機と比べると価格は高い傾向にありますが、電気代が非常に安いのが魅力です。そんなDC扇風機ですが、購入するなら風量調節や首振りの角度などのこまかいポイントにもこだわりたいところ。本記事では、家電評論家の神野恵美さんへの取材をもとに、DC扇風機のおすすめ商品5つと選び方をご紹介します。やわらかな風を生み出してくれるDC扇風機で、省エネで快適な生活を送りませんか?


【卓上加湿器のおすすめ7選】家電コンシェルジュが選び方も解説!

【卓上加湿器のおすすめ7選】家電コンシェルジュが選び方も解説!

乾燥が気になる季節に活躍する加湿器。なかでも机の上におけるサイズの卓上加湿器は、コンパクトながらしっかり自分のまわりを加湿してくれるものから、お部屋全体を加湿してくれるものまで幅広く販売されています。そんな卓上加湿器の選び方とおすすめの商品を、家電コンシェルジュの松本レイナさんにうかがいました。仕事中に気が散ることのない静かな商品、スピーディに加湿してくれる商品もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【外出先でも】携帯用空気清浄機のおすすめ5選+α! 家電コンシェルジュに取材

【外出先でも】携帯用空気清浄機のおすすめ5選+α! 家電コンシェルジュに取材

どこでも使えるポータブルサイズが売りの携帯用空気清浄機。お出かけ先やカプセルホテルなどの狭い場所で力を発揮します。商品によっては充電池や乾電池で動くものもあり、コンセントが近くにない場所でも使える便利アイテムです。本記事では、そんな携帯用空気清浄機の選び方とおすすめの商品を、家電コンシェルジュの東雲八雲さんにうかがいました。おすすめの消臭器も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね、


【IT・家電ジャーナリストに聞く】オゾン脱臭機おすすめ5選|ペットやタバコのニオイに効く

【IT・家電ジャーナリストに聞く】オゾン脱臭機おすすめ5選|ペットやタバコのニオイに効く

ペット臭やタバコ臭など、家庭の気になるニオイを強力に酸化・分解して無臭化してくれるオゾン脱臭機。ペットを室内飼いされている方は、自分では気にならなくても来客などはニオイを感じることもあるので、エチケットとして使いたいという方も多いでしょう。とはいえ、各メーカーから多くの機種が販売されていて、選ぶのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。そこで、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、オゾン脱臭機の上手な選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。使う場所や用途に最適なオゾン脱臭機を見つけてください。


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。