記事種別: Icon mini tagmei 7a901447b2e30a1f29814fcceb038dec4e65d25edc0dc6db5e6cb1555988a847 レビュー

ソーラーモバイルバッテリーって本当に充電できるの? ゴツ充ワイターを使って検証レビュー!

ソーラーモバイルバッテリーって本当に充電できるの? ゴツ充ワイターを使って検証レビュー!

夏本番。これからの季節はキャンプやアウトドアなどを行う方もいると思います。テントにテーブル、イス、コンロにカトラリー、タオルなどなどはしっかり準備するものの、意外と見落としがちなのが、スマホの充電。キャンプ先でコレが切れたら気分は最悪……。そんなときの強い味方がアウトドアにも強いソーラーバッテリーです。

この記事では、ライト機能も持ちあわせた、ソーラーパネル搭載のモバイルバッテリー『ゴツ充ワイター』の実力を試してみました。本当に太陽光のみで充電ができるのか、そのパワーはどの程度あるのかなど是非参考にしてみてください。


ゴツ充ワイターとは? 公式サイトの情報などを調査

『ゴツ充ワイター』とは、博多に本社をおくスリーアールソリューション株式会社のブランド「INOVA」より発売されている、大容量ソーラーモバイルバッテリーです(microUSB、Type-C対応)。名前の由来はパワフル&ゴツいバッテリーであること、そして、九州地方の驚きをあらわす「わいたー」からとられたそうです。

果たして太陽光だけで本当にスマホの充電ができるのでしょうか。そして、その使い勝手はどうなのでしょうか。いざ、検証していきます!

さっそく検証してみます! 検証レビュー

ゴツ充ワイターのセット

Photo by マイナビおすすめナビ

ゴツ充ワイターのセット内容。いろいろな付属品が付いていました。

ソーラーバッテリーは、実際にはどんな使い心地なのかを検証してみました。

ここからは、検証結果や『ゴツ充ワイター』の基本情報、使っていて気づいたことなどを記載していきます。また、同梱のアイテムもとても気のきいた便利なものでした。大変使いやすいので、アウトドア用というだけでなく、いざというときの防災グッズとしても活躍してくれるでしょう。

サイズ感や規格を確認

ゴツ充ワイターを持つ男性

Photo by マイナビおすすめナビ

少し大きめなプロダクト。頑丈そうです!

まずは箱から取り出してみます。その名の通り……ゴツい! とても丈夫そうです。幅や長さは大きめのスマートフォンと同じくらいですが、厚みがあります。持っているだけで、そのパワフルさが伝わってきます

正面に太陽光パネルと電源ボタン、ロゴがあります。ロゴ側の側面にライトが2つ、背面は、ほぼ全面ライトになっています。

スペックについて

ゴツ充ワイターのパッケージ

Photo by マイナビおすすめナビ

パッケージ部分に規格などが記載しております。

正確なスペックを見てみましょう。リチウムイオンポリマー内蔵の充電式バッテリー。容量は……おどろきの10,000mAh。

どんな電子機器にもそれ自体を動かすために電気が使われますので、実質の容量は記載どおりでいくと6,963mAh。通常のスマホの容量が3,000mAh程度なので、2回程度のフル充電が可能でしょう。

これを太陽光でまかなえるのですから、かなりのスペックです。

サイズや重さはどうでしょう?

INOVAのゴツ充ワイター

Photo by マイナビおすすめナビ

大きさなどを測ってみましょう。

大きさは縦160×横85×厚み25mm、重さは約283g。しっかりと厚みがあり、アウトドアシーンでも問題なく活躍してくれそうな、固い外装。持ちやすいように、サイドにシリコンゴムの滑り止めがついています。

部品のかみ合わせもていねいなつくりをしているので、砂ぼこりなどにも強そうです。だからといって乱暴に扱ったり、水浸しにしていい、というわけではないと思うので、あくまでも大切に扱うことをおすすめします。

インターフェースも確認

ゴツ充ワイターのインターフェース

Photo by マイナビおすすめナビ

下部に入力・出力端子があります。

インターフェースはUSB-Aポートが2口、Type-Cポートが1口ついています!

充電については、太陽光のほか、別売のACアダプタやPCなどのUSBポートからも充電が可能です。入力端子はmicroUSBで5V・2A、Type-Cで5V・3A、太陽光だと180mAh、出力はUSB-Aが2つ、Type-Cが1つです。

両方から出力可能で、最大合計15W。3台同時に充電できるというのは大きなポイントです。

実際に太陽光で充電をしてみます。

どのくらいで充電できるか実験!

外で充電をするゴツ充ワイター

Photo by マイナビおすすめナビ

実際に外で充電をしてみます。それなりに重いので、多少の風では吹き飛びません。

充電方法はかんたんで直射日光にさらしておくだけ!しばらく待ってみます……。

電池残量がわかるインジケーターが、青いLEDで残量を知らせてくれます。1日目は、気温30度で3時間、2日目は、気温30度で12時間。コレぐらいの時間で、大体半分程度貯めることができました。自然のエネルギーを使うため、スピード充電ではない様子。庭やベランダに置きっぱなしにするぐらいでもよいでしょう。

「くねくねスマホホルダー」も付属しているので、なにかにくくりつけておくこともできます。

充電完了! いろいろ使ってみます。

ゴツ充ワイターで充電をするスマートフォン

Photo by マイナビおすすめナビ

ソーラーパワーの実力は?

Tyape-Cポートを使ってみました。こちらは出力が3.0A。スマートフォンに接続したところ、1時間で9%から56%にまで電池残量が増えました。このクオリティならじゅうぶんに活躍してくれそうです。給電後も熱くはなりませんでした。

次に、ライト機能を夜に試してみました。ライトは先端部(LEDライト)と背面部(LEDパネル)の2パターンあります。LEDライトは10m程度まで明るく照らすことができ、遠くのものまではっきりと視認できました。LEDパネルはソフトなライティングでしたが、30個のLEDがパネルを境に170度程度まで広く照らしてくれました。

検証結果|妥協なき製品でした!

外に置いたゴツ充ワイター

Photo by マイナビおすすめナビ

アウトドアなどで活躍できそうなモバイルバッテリーです!

今回は、ソーラーバッテリーのなかでも話題になった『ゴツ充バッテリー』をレビューしてきました。

頑丈なつくり、給電の速さ、ライト機能の充実ぶりなど、日本製のすごさというのか、PC周辺機器メーカーのこだわりなのか、一切の手抜きが感じられない、まさに「ワイター」なソーラーバッテリーでした。

昼はもちろん、夜でも関係なく、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれるでしょう。ソーラーバッテリーなので、災害用のライトやバッテリーとして持っておくというのもひとつの手かもしれません。

今回ご紹介した「ゴツ充ワイター」はこちら!

INOVA『ソーラーモバイルバッテリー ゴツ充ワイター(3R-WT37)』

ソーラー充電器大容量10000mAhモバイルバッテリーソーラースマホ持ち運び充電器モバイル充電器ソーラーパネル太陽光パネル小型USBPSE認証防災グッズ災害アンドロイドiPhone12iPhone8iPadおすすめスマートフォン災害用INOVAイノバuu ソーラー充電器大容量10000mAhモバイルバッテリーソーラースマホ持ち運び充電器モバイル充電器ソーラーパネル太陽光パネル小型USBPSE認証防災グッズ災害アンドロイドiPhone12iPhone8iPadおすすめスマートフォン災害用INOVAイノバuu ソーラー充電器大容量10000mAhモバイルバッテリーソーラースマホ持ち運び充電器モバイル充電器ソーラーパネル太陽光パネル小型USBPSE認証防災グッズ災害アンドロイドiPhone12iPhone8iPadおすすめスマートフォン災害用INOVAイノバuu

出典:楽天市場

サイズ 幅85mm×縦160mm×厚さ25mm
重さ 283g
充電容量 10,000mAh
入力 microUSB:5V2A、Type-C:5V3A、ソーラー:180mAh
蓄電方法 太陽光、ACアダプタ(別売)、PC等のUSBポート

そのほかの関連商品はこちら 【関連記事】

JBLのポータブルBluetoothスピーカー『Charge 4』を実機レビュー! 携帯性や音質、特徴的なモバイルバッテリー機能など、さまざまな能力をチェックしてみました。『Charge 4』の実力が気になる方は、ぜひご覧になってください!

この記事では、東和コーポレーションから発売されているアウトドアグローブ「EXTRAGUARD(エクストラガード)」をさまざまな視点から検証レビューしています。昨今はキャンプやアウトドアも流行っており一体どのような特徴があるのか気になる方も多いと思います。購入を検討している方はぜひ参考にしてみて...

設営がカンタンで手軽に使えるのが魅力のポップアップテント。アウトドア初心者でも手を出しやすく、キャンプやビーチ、バーベキューなどさまざまなシーンで活躍してくれます。ここでは、ポップアップテントの選び方とおすすめ商品をご紹介していきます。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


iPhone用モバイルバッテリーおすすめ10選と選び方|価格や容量も解説

iPhone用モバイルバッテリーおすすめ10選と選び方|価格や容量も解説

iPhone8とiPhoneX以降ではバッテリ容量に違いがあり、iPhone8以降では、全モデルがワイヤレスの充電方法「Qi」に対応しています。本記事では、iPhoneユーザーにおすすめのモバイルバッテリーや、その選び方をご紹介。充電時間が短い「急速充電タイプ」や「ソーラータイプ」など、さまざまな特徴を持ったおすすめ商品を紹介しています。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 パソコン , パソコン周辺機器 , スマートフォン・携帯電話

Amazonで売られているハンディ扇風機を使ってみた|選び方のポイントを検証レビュー

Amazonで売られているハンディ扇風機を使ってみた|選び方のポイントを検証レビュー

手元を涼しくしてくれるハンディ扇風機(携帯扇風機)は、熱中症対策として夏の必需品のひとつとなりました。この記事では、URHARBOR『充電式マルチハンディファン』を紹介します。本製品は5200mAhモバイルバッテリーが持ち手に内蔵されており、充電はUSB式。フル充電すると最大35時間連続稼働できます。別途充電器を購入する必要がないため、コスパが良い携帯扇風機です。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 空調・季節家電 , スマートフォン・携帯電話 , 携帯電話アクセサリ

【レビュー】水と塩で発電すると評判のstayerマグネ充電器を試してみた!

【レビュー】水と塩で発電すると評判のstayerマグネ充電器を試してみた!

水と塩で発電し、スマホを約10回充電できると評判の『マグネ充電器』を知っていますか?防災グッズをはじめとした数々の製品を手掛けるブランド「stayer」が手掛けたもので、ランタンやライト機能もついた、いざというときに本当に頼りになる水筒型の充電器です。本記事ではその原理を説明しつつ、実際の使用感や使い方などをご紹介していきます。備えあれば憂いなし。防災グッズを検討している方はぜひ参考にしてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , スマートフォン・携帯電話 , 携帯電話アクセサリ

軽量モバイルバッテリーおすすめ21選|人気メーカー、小型・薄型タイプも

軽量モバイルバッテリーおすすめ21選|人気メーカー、小型・薄型タイプも

ヤマダ電機やヨドバシカメラ、さらにコンビニでも売っており、スマホのバッテリーが切れたときのために、持っていると安心のモバイルバッテリーですが、必要以上に容量が大きいものを選ぶと、重くなりすぎて持ち運ぶのがたいへんです。外出時に常に持ち歩くのなら、できる限り軽くて、薄いバッテリーを選びましょう。本記事では、エキスパートの早川厚志さんが解説しているポイントを参考に、自分の使い方にあった軽量なモバイルバッテリーをみつけてください。記事後には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 パソコン , パソコン周辺機器 , スマートフォン・携帯電話

【新感覚充電】Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー/MagSafe対応でケーブル不要

【新感覚充電】Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー/MagSafe対応でケーブル不要

iPhone12シリーズの発売以降、MagSafe対応のアイテムが続々と販売されています。もともと、MagSafeは2006年からMacBookに採用されていた規格で、iPhone12シリーズから復活しました。iPhone12の背面に磁石の力でくっつけるだけの簡単充電が実現。そのため、ケーブルが不要となりました。本記事では、『Anker PowerCore Magnetic 5000』を検証レビューします。購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 スマートフォン・携帯電話 , 携帯電話アクセサリ , モバイルバッテリー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。