洗濯機を処分する6つの方法!廃棄にかかる費用やメリット・デメリットも解説

洗濯機を処分する6つの方法!廃棄にかかる費用やメリット・デメリットも解説

故障による買い替えや、引っ越しなどで洗濯機を処分する場合、家電リサイクル法により正しく処分することが決まっています。処分方法はリサイクル業者や排気業者、家電量販店による回収などがあり、それぞれで方法と費用も異なります。この記事では洗濯機の処分方法を6つメリットやデメリットとともに紹介しています。正しい、かつ自分にあった洗濯機の処分方法選びに役立ててください。


洗濯機の処分は法律で必要な手続きが決まっている

一般家庭や事務所から廃棄された家電製品から、部品や材料をリサイクルし廃棄物の減少と資源の有効利用を推進する法律が、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)です。洗濯機は家電リサイクル法の対象品目のため、買い替えや引っ越しによる処分などの場合、定められた方法により処分しなければいけません。

洗濯機を販売する小売業者は洗濯機を処分する人(排出者)からの引取りと製造業者などへの引渡し、洗濯機の製造メーカーは引取りとリサイクル(再商品化など)が義務づけられています。

洗濯機の処分にかかる費用

買い替えや引っ越しで不要になった洗濯機を処分依頼するとき、リサイクル料金と収集運搬料金のふたつの費用が発生します。リサイクル料金はメーカーごとに、収集運搬料金は小売業者ごとに異なります。

主要メーカーの洗濯機のリサイクル料金は、2,530円(税込)です。リサイクル料金の詳細は家電製品協会の「再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)」に記載があります。リサイクル料金は回収業者などに直接支払う方法と、郵便局にて料金郵便局振込方式でリサイクル券を購入する方法があります。

家電リサイクル券は、処分後もしばらく保管しておきましょう。家電製品協会のホームページから家電リサイクル券の番号検索により、処分した洗濯機がメーカーに引き渡されたかどうかを確認できます。

洗濯機を処分する6つの方法

洗濯機を処分する6つの方法を、メリットデメリット、費用とともに解説します。

家電量販店に引き取りと処分を依頼する

洗濯機の買い替えで古い洗濯機を処分する場合、買い替えた洗濯機を購入する電器店や家電量販店に引き取りと処分を依頼できます。家電製品の販売業者は、洗濯機を購入した顧客が今まで使用していた洗濯機の引取りを希望した場合、家電リサイクル法により引き取る義務があります。

新しい洗濯機を購入した電器店や家電量販店に、洗濯機の購入代金とともに古い洗濯機を処分するためのリサイクル料金と運搬料金を支払います。新しい洗濯機を自宅に取りつけるタイミングで、古い洗濯機を回収します。メリットは費用を支払えば取りつけと回収を同時に行なってくれること、デメリットは費用が発生することです。

自治体に引き取りと処分を依頼する

パソコン操作する女性の写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ネットや電話で自治体に依頼する方法です

買い替えではなく、引っ越しや転居などで不要になった洗濯機を処分したい場合の一般的な方法になります。自治体によって引き取りと処分方法が異なるので、住んでいる自治体に問い合わせをしましょう。

東京都では「家電リサイクル受付センター」へホームページまたは電話で事前に引き取りと処分の申込を行ないます。
https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index/
リサイクル料金と収集運搬費用はメーカーによって異なりますが、ホームページで確認できます。回収日当に現金でリサイクル料金と収集運搬費用を支払い、家電リサイクル券の控えを受け取ります。

メリットは回収日などの都合が合えばリーズナブルな費用で処分できること、デメリットは回収日が指定できない、運び出しを依頼されることがある点です。

自分で指定取引場所まで持ち込む

運転する女性の写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自分で洗濯機を運搬できるなら持ち込む方法もあります

業者や自治体に引き取り依頼をせず、処分する洗濯機を自分で指定取引場所へ持ち込む方法もあります。郵便局で料金郵便局振込方式の家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金を支払います。支払い済みの家電リサイクル券とともに処分したい洗濯機を指定取引場所へ持ち込んで完了です。

不用品回収業者に依頼する

スマホを持つ男性の写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

許可を持っている回収業者を選びましょう

一般家庭から不用品を引き取る不用品回収業者に依頼する方法があります。ただし、廃棄物に該当する使用済家電製品を引き取れるのは一般廃棄物処理業の許可を持つ業者のみです。かならず許可を持つ正規の不用品回収業者に依頼するようにしましょう。無許可の回収業者の場合、法外な処分費用を請求される、不用品を不法投棄するなど悪質、といったリスクがあります。

メリットは回収日など希望に合わせてくれるのですぐ処分できることや、運び出しの手間がかからないことです。デメリットは業者によって費用にばらつきがある、無許可の回収業者の場合があることです。

買取業者に依頼する

リサイクルのイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

買取の専門業者に依頼すると買取をしてくれます

リサイクルショップなどの買取業者に依頼する方法があります。洗濯機などの家電製品を専門に買い取っている業者もあります。

メリットは処分ではなく買取のため、処分費用がかからないことです。洗濯機の状態がよければ高額がつく場合もあります。デメリットは状態が悪いなどで買取できないことがある、出張買取などに対応していない場合自分で店舗まで洗濯機を持ち込む必要があることです。

ネットオークションやフリマアプリを活用する

フリマアプリのイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ネット上で譲渡先を見つける方法です

ネットオークションやフリマアプリを活用し、不要になった洗濯機を他人に譲る方法です。

メリットは処分費用がかからないこと、買取業者よりも自分の希望額で取引ができることです。デメリットは譲渡先が見つかっても梱包や発送などの手間がかかる、取引終了まで時間がかかるのですぐに処分したいときには向かない、配送や取引のさいにトラブルが発生する可能性があることです。トラブルには「想像と状態が違う」などのクレームがつく、梱包が適切でないため配送中に洗濯機にへこみやキズなどができてしまう、などです。

【関連記事】買い替えを検討なら洗濯機のおすすめをチェック

編集部まとめ 洗濯機の処分方法や費用をおさえておこう

買い替えや引っ越しなどで不要になった洗濯機は、家電リサイクル法に沿って適切な方法で処分しなければいけません。買い替えの場合とただ不要になった洗濯機のみを処分したい場合でも、方法や費用が異なります。

早く処分したいか、またはできるだけ処分費用をおさえたいか、など重視するポイントによって選ぶべき処分用法は異なります。また、無許可の回収業者に依頼するなど違法な行為でないかの注意も必要です。適切な方法で洗濯機を処分しましょう。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/02/20 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年版】布団乾燥機おすすめ16選|家電のプロと504名に聞く|花粉症対策に部屋干し

【2021年版】布団乾燥機おすすめ16選|家電のプロと504名に聞く|花粉症対策に部屋干し

プロの家電販売員・たろっささんと504名にアンケート調査した布団乾燥機の人気ランキングを、マット式・ノズル式それぞれにご紹介!ほかにもアンケート調査による、布団乾燥機の利用状況や、家電のプロが教える選び方やダニ対策の情報までご紹介します。各商品を使用された方のクチコミも多数掲載しましたので、ぜひ参考にしてください。記事後半には、Amazonなど通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


自分でできる! 洗濯機のお掃除の仕方|汚れを取り除くコツ

自分でできる! 洗濯機のお掃除の仕方|汚れを取り除くコツ

自宅で生活する時間が長くなるほど洗濯ものもたまりますよね。天気が悪い日が続けばなおさらです。そんなとき、洗濯機からいやなにおいがしたら気分も最悪。ここでは、洗濯機(洗濯槽)内部に蓄積したカビや汚れ落とし、自分でできる洗濯機の掃除方法を解説します。さらに洗濯槽のカビ予防対策から、プロの洗濯機クリーニングまでたっぷりご紹介しますので参考にしてください。


【2020年最新】洗濯機おすすめランキング22選|ドラム式・安い一人暮らし用も

【2020年最新】洗濯機おすすめランキング22選|ドラム式・安い一人暮らし用も

家電のプロ・石井和美さんが選んだ縦型・ドラム式それぞれのおすすめ洗濯機ランキング、そして522人にアンケート調査した人気ベスト3などをご紹介します。縦型やドラム式の違いも紹介しているので参考にしてください。ほかにも今ならお安く買える型落ち機種や購入前のポイントもご紹介していますので、参考にしてくださいね。


デザイン家電おすすめ12選|機能性も兼ね備えたおしゃれ人気家電を厳選

デザイン家電おすすめ12選|機能性も兼ね備えたおしゃれ人気家電を厳選

おしゃれで格好いいデザイン家電。有名なデザイナーがデザインしたものや従来の形や色の基本を意識的に変化したもの、あっと驚く機能が追加されたものを選びたい、という人も多いでしょう。ここでは、家電コンシェルジュの東雲八雲さんと編集部が厳選したデザイン家電のおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


洗濯機の置き台おすすめ22選|使い勝手のいい商品を選ぶポイントも解説

洗濯機の置き台おすすめ22選|使い勝手のいい商品を選ぶポイントも解説

本記事では、洗濯機の置き台について、タイプごとの特徴やおすすめ22選をご紹介します。底上げすることで掃除や移動に役立つ洗濯機置き台をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。