ドライスーツおすすめ8選|冬のサーフィンやカヤック、ダイビングも楽しめる!

ドライスーツおすすめ8選|冬のサーフィンやカヤック、ダイビングも楽しめる!

ドライスーツは、寒い季節のダイビングやサーフィンなどのマリンアクテビティに欠かせないアイテム。ウエットスーツと違い、海に潜っても体が濡れないので体温の低下を軽減してくれます。しかしデザインや素材、値段にも大きな違いがあるため、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、ドライスーツの選び方のポイントとおすすめ商品を紹介。人気のモビーズをはじめ、水密性と保温性にすぐれた商品をピックアップ。

記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

プロスノーボードコーチ
出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。 著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。 人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立スノーリゾート(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「スポーツ・自転車」カテゴリーを担当。TVやYouTubeでスポーツ観戦することがもっぱらの休日の過ごし方。自身も格闘技を習うなどアクティブに活動している。まずは見た目からを信条に、スポーツウェアやアクセサリー選びにも情熱をそそぐ。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ドライスーツの特徴

 

高い防水能力が魅力のドライスーツ。防水ファスナーや首・手首まわりには高密度の素材が使われており、スーツの中に水が入ることがありません。身体を濡らさずに保温しながら、マリンスポーツを楽しめる画期的なアイテムです。冬のダイビングやサーフィンなど、夏とはまたひと味違った海を楽しむことができますよ。

ドライスーツの選び方


それでは、ドライスーツの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】ドライスーツのタイプから選ぶ
【2】防水シールの素材をチェック
【3】使い勝手や着心地のポイントにもこだわろう
【4】ドライスーツの値段はどのくらい?
【5】本格的に選ぶならセミオーダーという選択も


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ドライスーツのタイプから選ぶ


ドライスーツは大きく分けると2種類あります。ビジュアル面と着用感も大きく異なります。

ここでは、それぞれの特徴や使い勝手などについて詳しくご紹介します。使用目的に応じてぴったりのタイプを選びましょう。

▼シェルタイプ|薄手でかさばらない

 

レインコートのようなナイロン素材で作られているものが多く、丈夫で着脱しやすいのが特徴です。素材が薄いため、持ち運びや収納時にかさばらないのもメリット。荷物が多い人にもうれしいタイプですね。

ただし、薄いぶんスーツ自体の保温性は低いです。そのため、体を保温するために厚手のインナーを着用することが必須になります。

▼ネオプレーンタイプ|保温性が高く動きやすい

 

販売数も多く、バリエーション豊かなネオプレーンタイプ。特徴は、ウエットスーツのような見た目で、同じくネオプレーンゴム素材が使われています。

フィット感が高く柔軟性もあるため動きやすいのがメリット。素材自体に保温性があるので、冬のダイビングでも薄手のインナーで水に潜ることができます。

【2】防水シールの素材をチェック


水が入りやすい首回りや手足首に施されている防水シール。使われている素材は、大きく分けて2種類。それぞれ機能面やフィット感に違いがあります。

両タイプの特徴を知った上で、目的や好みの使い心地のものを選べるといいですね。

▼ラテックスゴム|密着度高め

 

肌との密着度が高いラテックスゴムは、ぴったりと肌に密着することにより、水の侵入を防いでくれます。ひとつ欠点を挙げるとすると、耐久性がやや低いため、一定期間を経過すると修理や買い替えが必要になる点です。

ですが高い水密性により、水中でハードな動きをしてもスーツの中に水が入る心配がないのが大きな魅力です。

▼ネオプレーン|圧迫感が少ない

 

ラテックスゴムと比べると密着度が低いため、着脱がかんたんなネオプレーン。長時間着用していても、圧迫感がなく過ごしやすいのが魅力です。

ただ、水密性が低いため、穏やかな動きのアクティビティに向いている素材です。耐久性に優れている点も長所のひとつです。

【3】使い勝手や着心地のポイントにもこだわろう


購入後にイメージと違った、使い勝手に少し問題があるなどのトラブルを招かないためにも、以下のポイントも購入前に要チェック。

ビジュアルや素材以外にも、うっかり見落としがちな足先の構造やジッパーの位置にも注目しておきましょう。

▼足先の構造をチェック

 

足先まですっぽりと覆う「ブーツ・ソックスタイプ」は、保温性が高く、冷たい海に入るときにぴったり。足先も濡れる心配がないので、摩擦もなく着脱も比較的かんたんに行えます。

一方、「アンクルシールタイプ」は足首までしか覆われていないので、踏ん張ったり、絶妙なバランス感覚が必要なスポーツなどを楽しむのに向いていますよ。

▼ファスナーの位置も重要

 

シェルタイプはフロントファスナーの商品が多く、一人で着脱しやすいのがメリット。

ネオプレーンタイプは背中にファスナーがある「バックファスナー」が主流です。着脱には慣れが必要な場合がありますが、潜水中はあまり動かさない背中部分にファスナーがあるので、動きやすいのが特徴です。

また、男性は脱がずにトイレに行ける「スモールジッパー」付きのものが使いやすいでしょう。

【4】ドライスーツの値段はどのくらい?

ドライスーツの相場は安いものだと5万円から、高いものだと30万円を超える商品まで値段に幅があります。品質や耐久性を考慮し、初心者の人はまず5~10万円前後のアイテムから選んでみてください。

決して安い買い物ではないため、クオリティと価格のバランスや購入者の口コミ・レビューなど、多方向から見極めて選びましょう。

【5】本格的に選ぶならセミオーダーという選択も

 

既製品で自分に合うものがなかなか見つからない場合は、セミオーダーも検討してみてください。

特に、首や手首まわりのフィット感に違和感を感じる場合は、水の侵入や機動性に影響します。自分の体にぴったり合ったサイズなら、水の侵入の心配もなく安心しアクティビティを楽しむことができます。

ドライスーツおすすめ8選

ここからは、機能的なドライスーツのおすすめ商品を紹介していきます。ぜひお気に入りのアイテムを見つけて、寒い季節の海も楽しんでください。

GRUSH『ドライスーツ メンズ DRY SUITS BK x RDステッチ』

Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ Mサイズ
出典:Amazon この商品を見るview item

手首・首・足のサイズをセミオーダーできる

足の長さと手首・首の3カ所のサイズを調節できる、セミオーダータイプのドライスーツです。手首や首周りはサイズが合っていないと水が浸入しやすかったり、窮屈で着心地に影響する部分。リーズナブルな価格で自分の体に合わせて作れるのはうれしいですね。

また、足元にフットバルブが付いているので、足先に空気が溜まって重心が傾いてしまうといった事態も避けられます。

ZERO ゼロ EXPLORER 3 DRY SUITS

ZEROゼロEXPLORER3DRYSUITSドライスーツメンズMENS3.5mm5.0mmラジアルドライスーツスポーツSPORTS2-34ダイビング大きいサイズメンズ男性DRY防寒保温あったかマリンスポーツ ZEROゼロEXPLORER3DRYSUITSドライスーツメンズMENS3.5mm5.0mmラジアルドライスーツスポーツSPORTS2-34ダイビング大きいサイズメンズ男性DRY防寒保温あったかマリンスポーツ ZEROゼロEXPLORER3DRYSUITSドライスーツメンズMENS3.5mm5.0mmラジアルドライスーツスポーツSPORTS2-34ダイビング大きいサイズメンズ男性DRY防寒保温あったかマリンスポーツ
出典:楽天市場 この商品を見るview item

NASAが開発した保温性にすぐれる素材を使用

インストラクターや水中カメラマンなど、プロのダイバーも愛用する商品です。NASAが宇宙服のために開発した「アウトラスト」という素材を使用。暑いときは余分な熱を吸収し表面温度を下げ、寒いときは熱を放出することで表面温度を上げるという、なんとも画期的なドライスーツです。

また速乾性にもすぐれており、つねに乾いた状態をキープ。一人で着脱しやすいフロントファスナータイプや、バックファスナーの流氷タイプなど、好みで選べます。

HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)『ドライスーツ(HH11655)』

ジュニア向けサイズ展開ありで家族でお揃いも実現

寒い季節のヨット競技、セーリング・ディンギーにも大活躍なこちらのアイテム。ヘリーテックパフォーマンス4レイヤーを採用し、厳しい寒さのなかでも防水透湿性をしっかり発揮してくれます。

首、手首、足首には、ラテックスゴムが施され、水の浸入もしっかりと守ってくれて安心です。柔軟性のあるアクアシールファスナーを使用したフロントジップは、開閉もかんたんです。ジュニア向けは、140~150cmに対応しています。

MAGIC MARINE(マジックマリン)『フロントジップ シェルドライスーツ(15000.170098)』

軽量で持ち運びもらくらく

縫い目と縫い目の間には、防水テープでしっかり水の侵入をブロック。完全防水を提供してくれるドライスーツ。冬の海は好きだけれど、寒さは苦手という人にもぴったり。

軽くて高い通気性も兼ね備えた独自素材で、激しい雨や嵐のなかでの作業にも向いています。また、ひざとおしり部分に補強素材が施されているため、耐久性も抜群。長く愛用できそうなアイテムです。

O'NEILL(オニール)『VAPOR SELFIT LIGHTDRY(ヴェイパー セルフィット ライトドライ)for WAKE(WV-1400)』

正規品ドライスーツオニール2019O'NEILLVAPORSELFITLIGHTDRYSUITSBLK/RED(L) 正規品ドライスーツオニール2019O'NEILLVAPORSELFITLIGHTDRYSUITSBLK/RED(L) 正規品ドライスーツオニール2019O'NEILLVAPORSELFITLIGHTDRYSUITSBLK/RED(L)
出典:Amazon この商品を見るview item

スーパーラテックスシール採用で水の侵入をしっかり

着脱かんたんで、サーフィンでライディングを妨げないセルフィットエントリー構造。また、4層もの防水透湿構造の素材で、気になるムレも軽減。秋口や冬本番など、水温に合わせてインナーのあたたかさを調整できるのもメリットです。

季節問わずマリンスポーツを楽しみたい人にもぴったり。

LITTLE OCEAN(リトルオーシャン)『フルドライスーツII(DS-02)』

リトルプレゼンツ(LITTLEPRESENTS)フルドライスーツⅡDS-02M リトルプレゼンツ(LITTLEPRESENTS)フルドライスーツⅡDS-02M
出典:Amazon この商品を見るview item

フード付きでカヤックフィッシングの強い味方

カヤックフィッシング向けに開発されたドライスーツ。座った状態を考慮した独自設計で、パドリングやキャスティング時もストレスレスに動けるように考えられています。

また、内股部分の生地の縫い目による摩擦を解消し、べダル式カヤックでの生地の摩耗を軽減。小用ファスナーも付いているので、トイレのときもストレスフリーです。

SPYDERFLEX(スパイダーフレックス)『フルスーツドライ(SFD-401)』

ドライスーツアンクルタイプSPYDERFLEX(スパイダーフレックス)フルスーツドライ3mm ドライスーツアンクルタイプSPYDERFLEX(スパイダーフレックス)フルスーツドライ3mm
出典:楽天市場 この商品を見るview item

フロントエントリーで着脱もスムーズ

ブラックカラーでクールな印象のドライスーツ。従来のジッパーよりもしなやかで軽い素材を使用しているため、操作性や柔軟性も抜群。また、付属のリストバンドで、手首まわりの微調整が可能。

激しいマリンスポーツのあとも、フロントジッパーなら脱ぎやすく、疲れた体にも優しいアイテムです。4つのサイズ展開で、首と手首はメルコテープ補強されているので、サイズ調整のカットが可能な点もうれしいポイントですね。

J-FISH(ジェイフィッシュ)『ウェットドライスーツ(JWD-393)』

激しいマリンスポーツによる水圧にも安心

冬本番にも向いている保温性に優れたウェット素材を採用。ひとりでも比較的着用しやすい点もメリットのひとつ。

首と手首に使用されているクロロプレーンシールは、激しく海に転落したときにかかる衝撃による水圧からの浸水を防いでくれます。ウォータージャンプやジェットスキーなどのマリンスポーツにも大活躍。スモールジッパー搭載で便利なアイテムです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
GRUSH『ドライスーツ メンズ DRY SUITS BK x RDステッチ』
ZERO ゼロ EXPLORER 3 DRY SUITS
HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)『ドライスーツ(HH11655)』
MAGIC MARINE(マジックマリン)『フロントジップ シェルドライスーツ(15000.170098)』
O'NEILL(オニール)『VAPOR SELFIT LIGHTDRY(ヴェイパー セルフィット ライトドライ)for WAKE(WV-1400)』
LITTLE OCEAN(リトルオーシャン)『フルドライスーツII(DS-02)』
SPYDERFLEX(スパイダーフレックス)『フルスーツドライ(SFD-401)』
J-FISH(ジェイフィッシュ)『ウェットドライスーツ(JWD-393)』
商品名 GRUSH『ドライスーツ メンズ DRY SUITS BK x RDステッチ』 ZERO ゼロ EXPLORER 3 DRY SUITS HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)『ドライスーツ(HH11655)』 MAGIC MARINE(マジックマリン)『フロントジップ シェルドライスーツ(15000.170098)』 O'NEILL(オニール)『VAPOR SELFIT LIGHTDRY(ヴェイパー セルフィット ライトドライ)for WAKE(WV-1400)』 LITTLE OCEAN(リトルオーシャン)『フルドライスーツII(DS-02)』 SPYDERFLEX(スパイダーフレックス)『フルスーツドライ(SFD-401)』 J-FISH(ジェイフィッシュ)『ウェットドライスーツ(JWD-393)』
商品情報
特徴 手首・首・足のサイズをセミオーダーできる NASAが開発した保温性にすぐれる素材を使用 ジュニア向けサイズ展開ありで家族でお揃いも実現 軽量で持ち運びもらくらく スーパーラテックスシール採用で水の侵入をしっかり フード付きでカヤックフィッシングの強い味方 フロントエントリーで着脱もスムーズ 激しいマリンスポーツによる水圧にも安心
タイプ ネオプレーン ネオプレーン シェル シェル シェル シェル ネオプレーン シェル
防水シールの素材 - - ラテックスゴム Metalite GlideSkin© スーパーラテックス - クロロプレーン クロロプレーン
足元の構造 ブーツ ブーツ アンクルカット ソックス アンクルカット ソックス アンクルカット ソックス
ファスナーの位置 バック フロント・バック フロント フロント バック フロント フロント フロント
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ドライスーツの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのドライスーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ドライスーツランキング
楽天市場:ドライスーツランキング
Yahoo!ショッピング:サーフィン ドライ、セミドライスーツランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

マリンスポーツ関連のおすすめアイテムはこちら 関連記事

入水する頻度に合ったタイプを選びましょう

プロスノーボードコーチ

冬季間にマリンアクティビティー楽しむのに不可欠なドライスーツ。サーフィンなどのアクティブな動きに対応したものと、カヌーやマリンジェットのようにハードな動きを要しないものなど、動きを優先するか? 脱着や持ち運びを優先するか? にもよります。

僕はレベルに合わせて入水する頻度で選ぶのが良いと思います。ドライスーツといえど、顔や手、または足を出している以上、全く濡れないとは限りません。入水する頻度を基準に選んでみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


サーフィンブーツおすすめ10選|夏用・冬用、ソックスタイプも

サーフィンブーツおすすめ10選|夏用・冬用、ソックスタイプも

サンゴ礁や岩場などのゴツゴツした場所はもちろん、冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィンブーツ」。岩場で使用されることが多いため「リーフブーツ」とも呼ばれています。この記事では、デザインや機能面などを踏まえたサーフィンブーツの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon サーフィン , 夏のレジャー , マリンスポーツ

スキー・スノーボード用ワックスおすすめ9選|プロのスノボコーチに聞く【使い方も紹介】

スキー・スノーボード用ワックスおすすめ9選|プロのスノボコーチに聞く【使い方も紹介】

スキー・スノーボードにつけるワックス。実はホットワックスと簡易ワックスなどがあり、どちらを選ぶべきなのかなど迷ってしまうことも多いのでは?この記事では、スキー・スノーボード用ワックスの選び方やおすすめ商品を紹介。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon スキー用品 , スキー・スノボ , 冬のレジャー

スノーボード用グローブおすすめ9選|暖かくて機能性も十分な商品を紹介

スノーボード用グローブおすすめ9選|暖かくて機能性も十分な商品を紹介

スノーボードをするのに欠かせないグローブ。ひと口にグローブといっても、5本指タイプで動きやすいものから、保温性重視のものまで種類もたくさんそろっています。そんなスノーボードグローブですが、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。この記事では、おすすめの商品と一緒に、スノーボードグローブの選び方のポイントをご紹介していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon スノーボード用品 , スキー・スノボ , 冬のレジャー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。