独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


『ワイドハイター EXパワー』を実際に試してみた 酸素系漂白剤

ワイドハイターパッケージ

汗をいっぱい吸った洋服や制服、仕事着は、通常の洗濯用洗剤ではなかなかニオイまで落とすことができません。汚れは落ちているのにニオイだけが残ると、「また洗濯をしなければならないの!?」なんてことにもなりかねませんね。

そこで今回は、ニオイの軽減にぴったり! と話題の酸素系漂白剤『ワイドハイター EXパワー』の汚れ落ち度、ニオイ落ち度を検証してみました。

『ワイドハイター EXパワー』とはどんな漂白洗剤? 花王の研究開発についても調査

花王は「本当にいいものを、多くのお客様に届けたい」という理念のもと、1887年に創業されました。現在もその思いは受け継がれ、お客様の声に耳を傾けるという「消費者起点」で暮らしに役立つアイテムを多く輩出しています。

確かに暮らしに役立つ洗濯洗剤や、掃除用品など、「こんなのがあったらいいな」と、かゆいところに手が届くアイテムが多い印象ですね。

新たな漂白システムへの挑戦として、過酸化水素との反応性が高く、液体製品に安定的に配合ができなかった漂白アクチベータ(活性化剤)を、独自の技術で液体漂白洗剤中にも安定配合することに成功し、洗濯機に入れるだけで漂白や消臭ができる商品として『ワイドハイター』が発売されました。『ワイドハイター EXパワー』はさらに消臭・漂白活性化成分の濃度が高く配合された商品。また濃縮タイプなので一回の使用量が『ワイドハイター』の半分に。

花王は独自の研究開発を行っており、すすぎ回数を従来の2回から1回で済む洗剤を開発。人と環境にやさしく、負荷を軽減する洗濯スタイルの提案などから、「公益社団法人新化学技術推進協会 第12回グリーンサスティナブルケミストリー賞 経済産業大臣賞」を受賞。

2015年には、高い包装技術やデザイン性、リサイクル性など総合的に優れたパッケージを表彰するコンテスト「World Packaging Organisation ワールドスターコンテスト2015 Worldatar Packinging Award」にて『ワイドハイター EXパワーボトル』が受賞。

『ワイドハイター EXパワー』の口コミや評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

悪い口コミは、「色が濃い衣類と一緒に洗濯をすると色落ちし、衣類が染まる恐れがある」との声が。

良い口コミは、「仕事で大量の汗をかいても、洗濯後は汗のニオイもすっきり」「部屋干しで乾かしてもニオイが気にならない」「古着などのニオイも洗濯後は気にならなくなる」など、特にニオイに対する評価が高い様子。

全体的にすごく悪い口コミは見当たりませんでしたが、漂白剤としての効果も気になるところなので、実際に漂白の効果も検証してみたいと思います!

洋服のニオイや黄ばみ・汚れは消えるのか!? 検証レビュー

良い口コミで多く見られたように、ニオイがなくなるのか、のほかにも「黄ばみは白くなるのか? 」「食べこぼしのシミは取れるのか? 」を検証してみました!

レースのトップスの黄ばみ編

ワイドハイターEXレーストップス1回目

タンスにしまっていた洋服を久しぶりに着ようかなと思ったら、「防虫剤のニオイが染みついている」「白い服が黄ばんでいた……」 なんてことはありませんか? とくにレースの洋服などは、漂白剤を使用すると素材の傷みも気になるところ。

こちらは全体的に黄ばみやくすみがあるレースのトップス。素材は綿100%です。

ワイドハイターEX説明書き
ワイドハイターEXキャップ

パッケージの裏側にある説明には、汚れがひどい場合は、30分浸すとあるので、『ワイドハイター EXパワー』が全体的に染みこむようにします。

バケツにトップスを入れ、キャップのメモリ40mlのところで計量し投入。

ワイドハイターEXつけおき

「冷水よりも温水のほうが効果が早く出る」とパッケージには記載されていましたが、今回は、冷水で試してみました。浸す時間は30分。

つけおいたあとに洗濯機で洗濯してみると……

ワイドハイターEXレーストップス洗濯後

すこし黄ばみがなくなったくらいで、劇的な変化はないかも。経年劣化の影響もある「くすみ」には弱いのかもしれませんね。

でも、あきらめません! 再度同じように浸し、時間を長めに2時間ほど置いてみました。

そして同じように洗濯機で洗濯してみると……

ワイドハイターEXレーストップス2回目

ほぼ真っ白です! そんなに期待していなかったので、ここまで白くなるとは思いませんでした。生地の傷みもなく、レースの細かいほつれや縮れもありません。また長くタンスにしまっていたので、消臭剤のニオイもついていたのですが、それも気にならず、洗剤のさわやかな香りに

パッケージの注意事項にも記載されていますが、2時間以上浸しておくと色落ちや生地の傷みが出ることがあります。注意事項をよく読んでから『ワイドハイター EXパワー』を使用しましょう。

食べこぼし編

小さなお子さんがいる家庭では、食べこぼしは日常茶飯事ですよね。また、大人でもカレーうどんの汁飛びや食事での食べこぼしもあるでしょう。

ワイドハイターEXしみ

キムチの汁をこぼしてしまったTシャツに、『ワイドハイター EXパワー』を直接かけ、すぐに洗濯してみました。が、これだけでは汚れは落ちず。

ということで次は浸してみました!

ワイドハイターEXTシャツつけおき

レースのトップスと同じように浸すこと2時間……

ワイドハイターEXTシャツ結果

キムチの汁の跡も見えず、ニオイも気にならなくなりました!

やはりつけ置きする方が汚れが落ちやすいようです。生地の傷みも感じられないので、もう汁ものも怖くないですね。

Kao(花王)『ワイドハイター EXパワー』

ワイドハイターEXパワー本体600ml

出典:Amazon

内容量 600ml
おもな成分 過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、漂白活性化剤

『ワイドハイター EXパワー』のレビュー総括 ニオイ対策に優れた漂白洗剤!

ワイドハイターEXチャート

ワイドハイターEXパワーを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ワイドハイター EXパワー』は、基本的にはニオイのもとになる「皮脂」や「汗」の汚れを強力に分解してくれる漂白洗剤。なかでも皮脂汚れの時間経過による黄ばみなどには強い印象。ニオイ対策としても、とても優れている漂白剤です!

ワイドハイターEXまとめ

そして何より便利なのが、洗濯の際に投入するだけで抗菌性も発揮してくれるところ!お洗濯は毎日のことなので、手軽に抗菌を期待できるのは高ポイント。毎回の洗濯にプラスしてニオイも菌も撃退したいですね!

また、柔軟成分入りの洗剤と一緒に使用しても、それぞれの性能が低下することはないとのことなので、気兼ねなくお洗濯できるでしょう。

なかなか落ちない頑固な汚れやニオイ落としにはつけ置きや直接塗布、毎日の抗菌には洗濯にプラス、など目的によって使い方を選んで、お洋服をきれいに保ちましょう!

Kao(花王)『ワイドハイター クリアヒーロー クレンジングパウダー』

ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g ワイドハイタークリアヒーロー粉末タイプ本体530g

出典:Amazon

内容量 530g
おもな成分 過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、アルカリ剤(炭酸塩)、漂白活性化剤、安定化剤、酵素

Kao(花王)『ワイドハイター クリアヒーロー ラク泡スプレー』

ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml ワイドハイタークリアヒーロー手強いシミに本体300ml

出典:Amazon

内容量 300ml
おもな成分 過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、泡調整剤

Kao(花王)『ワイドハイター クリアヒーロー 抗菌リキッド』

ワイドハイタークリアヒーロー(CLEARHERO)抗菌リキッド本体600ml

出典:Amazon

内容量 600ml
おもな成分 過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、漂白活性化剤

そのほかの漂白剤の記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:横田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


染み抜きのおすすめ18選|食べこぼしや血液にも!便利なシートタイプから洗剤まで

染み抜きのおすすめ18選|食べこぼしや血液にも!便利なシートタイプから洗剤まで

外食でうっかりソースをつけてしまったり、ポケットに入れたペンでシャツを汚してしまった経験はありませんか? このようなうっかり染みに役立つのが染み抜きです。この記事では染み抜き剤の選び方とおすすめ商品を紹介します。染みに特化した洗剤タイプから、便利な携帯タイプまで幅広くご紹介。さらに、染み抜きがないときにコンビニにあるもので代用できる裏技もご紹介します。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


【2020年版】漂白剤おすすめ18選|酸素系・塩素系など違いを分かりやすく解説!

【2020年版】漂白剤おすすめ18選|酸素系・塩素系など違いを分かりやすく解説!

シミや汚れを落とすだけでなく、イヤなニオイやカビ、菌やウイルスの対策もできる漂白剤。この記事では、漂白剤の選び方とおすすめの漂白剤を紹介します! 「酸素系・塩素系・還元系」などそれぞれのメリットとデメリットやかしこい使い方もご紹介。漂白剤の種類によって落とせる汚れがちがいますよ。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


洗濯槽クリーナーおすすめ24選|洗濯機の汚れやニオイを一掃! 使い方も解説!

洗濯槽クリーナーおすすめ24選|洗濯機の汚れやニオイを一掃! 使い方も解説!

洗ってるのに洗濯物がなぜか臭うことありますよね。もしかしたら洗濯槽の汚れが原因かもしれません。そんなときは洗濯槽の黒カビなどの汚れやイヤなニオイを取り除いてくれる「洗濯槽クリーナー」でしっかり洗浄しましょう! この記事では、家事のプロである有賀照枝さんへの取材をもとに、洗濯槽クリーナー選びのポイントやおすすめ商品を紹介します。記事後半では洗濯槽クリーナーの使い方や、清潔に保つコツもたっぷり解説!また、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


【2021年版】柔軟剤入り洗剤のおすすめ11選|手軽なジェルボールも!

【2021年版】柔軟剤入り洗剤のおすすめ11選|手軽なジェルボールも!

この記事では、家事ライターで暮らしのチームクレアでも活躍されている近藤洋子さんへの取材をもとに、柔軟剤入り洗剤選びのポイントとおすすめの商品を紹介します。そもそも柔軟剤入り洗剤とは? メリット・デメリットは? など気になる疑問にも答えます! 通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのであわせてチェックしてくださいね!


関連するブランド・メーカー


Kao(花王)

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る