記事種別: Icon mini tagmei レビュー

打ちやすさを追求するなら! ロジクール『MXKeys』タイピング機能に特化したキーボードを検証レビュー

打ちやすさを追求するなら! ロジクール『MXKeys』タイピング機能に特化したキーボードを検証レビュー

プログラマーやライター、事務など、仕事でキーボードを多用する人にとって、打ち心地や疲れにくさ、キーの耐久性など、重要視したい部分は多いでしょう。ロジクール『MXKeys』はキーボードに重要なあらゆる要素にこだわり、作業効率の向上を徹底的に追求した商品です。この記事では『MXKeys』を実際に購入し、商品の特徴や使用感、機能性などについて検証してみました。


ロジクール『MXKeys』を実際に購入して使ってみた

MXKeys外箱

タイピング機能に特化し、キーを打つことに徹底的にこだわったキーボードがロジクール『MXKeys』。ふだん仕事や作業などでキーボードを多用する人にとっては、とても魅力的な商品なのではないでしょうか。

キーの打ちやすさや打鍵音、キーボードの安定性、打ち心地や疲れにくさなど、本当に使いやすいのか知りたい人も多いでしょう。またロジクールならではの機能性やカスタマイズのしやすさも気になるところです。

そこで『MXKeys』を使ってみて、実際にタイピングに使いやすいキーボードなのか、また機能性やカスタマイズはすぐれているのかなどを調べてみました。

ロジクール『MXKeys』とは?

ロジクール『MXKeys』は、クリエイターやプログラマー向けに設計されたタイピング特化のキーボードです。もちろんそれ以外の職業の人にも向いており、作業効率を向上させることができるでしょう。

まずはロジクールが数十年分もの専門技術を集めて作った「Perfect Strokeキー」。すべてのキーが球状にくぼんでいて、キーのどこをたたいても滑らかで精確なストロークを得ることができます。

またノイズの少ない打鍵音、メタルプレートに覆われているので安定性が高くしかも頑丈。センサーによって点灯・消灯するバッテリーに優しいバックライトなど、便利な機能が満載された非常に高性能なキーボードです。

ロジクール『MXKeys』のセット内容は?

MXKeys本体

セット内容はキーボード本体、USBレシーバー、充電用USBケーブル、保証書。紙の説明書はついていません。

MXKeys外箱説明書き

ペアリングの仕方などの基本操作はパッケージの裏に記載されているので、これを見ながら行ないましょう。

ロジクール『MXKeys』の評判や口コミをまとめてみた

MXKeys口コミ

タイピング性能の高さを誇るロジクール『MXKeys』ですが、実際に使っている人はどのように感じているのでしょうか。ここでは『MXKeys』のポジティブな口コミや、ネガティブな口コミをまとめてみました。

『MXKeys』のポジティブな評判や口コミ

タイピングに特化しているキーボードだけあって、「打ちやすい」「キータイプ感がいい」という声が多かったです。「安定感がある」という感想も。

また機能的には「ボタンひとつで複数の接続先をかんたんに変えられる」という声もありました。

『MXKeys』のネガティブな評判や口コミ

一方で「強く押さないと押した気がしない」「薄すぎて角度が低い」など、打ち心地がよくないという意見もありました。「バックライトが白色だけで寂しい」「ファンクションキーの絵文字がわかりづらい」という声も。

またハイエンド機なだけあって「価格が高すぎる」というのも本音のようですね。

『MXKeys』を購入し実際に試してわかったこと

ロジクール『MXKeys』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「打ちやすさ」「付加機能」「管理ツールによるカスタマイズのしやすさ」の4つの観点から、それぞれ検証します。

ロジクール『MXKeys』のデザインは?

まずは、ロジクール『MXKeys』の外観から見ていきましょう。

上から見たところ

MXKeys本体全体像

メタリックでムダのないフォルム。いまどきのキーボードという感じがしますね。

MXKeys「opt」「cmd」キーアップ

それぞれのキーの情報量が多いです。macOSで使う人のために、「opt」「cmd」キーもありますよ。

MXKeysファンクションキーアップ

ファンクションキーは絵文字で表示。バックライトの明るさや「戻る」・「進む」などが割り当てられています。

ただ、筆者はいつもの「カタカナに変換」「半角アルファベットに変換」といった機能のほうが使いやすいので、設定を変えようと思いました。

MXKeysペアリングキーアップ

『MXKeys』は最大3台のパソコンやタブレットなどにペアリングできますが、このキーひとつで瞬時に使いたい機器を切り替えることができます。

横から見たところ

MXKeys側面

底面の厚さは、わずか5mm。上のほうにあるキーにも、自然に手が届きますよ。

MXKeys側面からみたときの傾斜

タイピングがしやすいよう、底面から上部に向かって、5.5度の傾斜がついています。スタンドがないので、角度をフラットにすることはできません。

MXKeys電源

上側の側面には電源ボタンと、充電ケーブルの差込口があります。バッテリーの持ちを気にする人は、こまめに充電や電源のオン・オフを心がけましょう。

裏から見たところ

MXKeys底面

底面に2つ、上部に3つの滑り止めがついています。後述するキーボードの重量とあいまって、ひじょうに安定感のある構造といえるでしょう。

ロジクール『MXKeys』の打ちやすさは?

MXKeysキーのアップ画像

各キーは中央がくぼんだ形状になっており、タッチタイピングがしやすい構造。さらに指がキーの芯を多少外れても、きちんと打鍵できるようになっています。

キーピッチは19mm

MXKeysキーボードと定規

キーピッチは一般的なパソコンのキーボードに用いられている19mm。違和感なく使うことができるでしょう。

キーボードの重量は810g

MXKeysスケールにのせた画像

重量はズシリと重い810g。この重量と滑り止めの効果で、多少のことではキーボードが動いてしまうなんてことはありません。持ち運ぶのはちょっとたいへんそうです。

手を置いた感触は?

MXKeysに両手を添えた画像

ホームポジションから自然に各キーに指を伸ばせる、とても使い心地のいいキーボードというのが率直な感想。キーの中央がくぼんでいる構造で、多少キーを押す位置がズレても力を入れることなく打鍵できます。

キーを押すときのカチカチッという音が、打ってて気持ちいいですね。静かな空間では気になるかもしれませんが、プライベートルームならむしろ快感です。

薄くて高さがないのが気になるという声がありましたが、高さ自体はそこまで気になりませんでした。ただ机についた手首に力がかかってしまうため、少し疲れやすいかも。パームレストを併用したほうがいいかもしれません。

試しにいろいろ打ちこんでみた

PC文字落ち込み

実際に文字を打ちこんで、キーボードの使いやすさを試してみました。筆者がいつも使っているキーボードとロジクール『MXKeys』の両方で上の画像の文字をタイピングし、かかった時間を比べてみました。

スマホタイマー

こちらはいつも使っているキーボードでかかった時間。これを基準とします。

スマホタイマー②

初打ちにもかかわらず、1秒ちょっと記録を更新。使いこんでいけば、さらに速くなるかもしれません。打ち心地がいいので、打っていて楽しくなってきました。

ロジクール『MXKeys』の付加機能は?

ロジクール『MXKeys』に搭載されている、タイピング以外の機能についても検証してみました。

ライト機能

MXKeys白色のバックライト

ロジクール『MXKeys』は白色のバックライトを搭載。キーの表示部分が明るく光り、暗い場所でも目的のキーの位置を見失うことがありません。

すごいのは、手を感知するセンサーによって、ライトが自動で点灯・消灯すること。キーボードを使っていないときは勝手に消灯して、バッテリーの無駄使いを防いでくれます。

後述する管理ツールで常時消灯させることもできます。バッテリーの持ちが飛躍的にアップするメリットはありますが、消灯時は明るい場所でも視認性が落ちるのが難点。使うときだけ点灯するデフォルト状態が、いちばん使いやすいと思いました。

ロジクールのマウス『MX Master 3』 一緒に使うとさらに便利

『MXKeys』は、同じロジクールのマウス『MX Master 3』とリンクさせることで、さらに便利な機能を使うことができます。

PC設定画像

ジェスチャーボタンと組み合わせて、ボタンやダイヤルの機能を拡張させる「ジェスチャー機能」を持つ『MX Master 3』。『MXKeys』をリンクさせると、「fn」キーを第2のジェスチャーボタンとして使うことができます。

もちろん、それぞれに別の機能を設定できるので、ジェスチャー機能の幅が2倍に広がるというわけですね。

PC設定画像②

2台のパソコン間で『MXKeys』を使いまわしたり、ファイルなどをパソコンから別のパソコンへコピペできるなど、とても便利な機能が「Flow」。

『MX Master 3』に付随する機能なので、『MXKeys』だけでは使うことができません。さらに残念なことに、筆者はパソコンを1台しか持っていませんでした……。

家のデスクトップパソコンから外出用のノートパソコンにデータを移行したいときなど、とても重宝する機能ではないでしょうか。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

ロジクール『MXKeys』の管理ツール「Logicool Options」

ロジクール『MXKeys』の管理ツール「Logicool Options」は、下記からダウンロードすることができます。

「Logicool Options」公式サイト
PC「Logicool Options」画面

「Logicool Options」は『MX Master 3』の設定も一緒に行うことができて便利ですよ。

PC「Logicool Options」画面②

設定画面では、バックライトの通知機能の設定、「Num Lock(ナムロック)」や「Caps Lock(キャプスロック)」の無効化などを行なうことができます。

キーボード

MXKeysキーボード PC設定画面

まずは左下の「標準のファンクションキーとしてF1~F12を使用」にチェックを入れて、カタカナ変換や半角英語変換をできるようにしました。

またファンクションキーやテンキー上部のボタンは、個別にキーのカスタマイズが可能です。アプリを直接呼び出すものもありますね。

「キーストロークの割当」では「ctrl+c(コピー)」のようなショートカット機能を、ファンクションキーなどに割り当てることもできます。

Easy-Switch

MXKeys「Easy-Switch」PC設定画面

「Easy-Switch」では、ペアリング状況をチェックできます。最大3台のデバイスでペアリングが可能。WindowsだけでなくmacOSやLinuxなどでも使えるので、いろいろなパソコンで使えるようにしておくのもいいですね。

Logicool(ロジクール)『MX Keys(KX800)』

ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスキーボードKX800MXKEYS充電式bluetoothUnifyingWindowsMacFLOWワイヤレス無線キーボード国内正規品2年間無償保証

出典:Amazon

サイズ 高さ:131.63、 横:430.2、奥行き: 20.5mm
重量 810g
接続 USBレシーバー、Bluetooth

タイピング効率を上げたいなら『MXKeys』

MXKeysレーダー

『MXKeys』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ロジクール『MXKeys』を実際に購入し、商品の特徴や打ちやすさ、機能性などを検証してきました。

タイピング機能に特化しているだけあって、とても打ちやすいキーボード。ロジクールの数十年もの技術を結集したという「Perfect Strokeキー」の打ち心地は、伊達ではありませんでした。カチカチッという打鍵音も、テンションを上げてくれますね。

「Logicool Options」でキー操作をカスタマイズすることもできますし、マウス『MX Master 3』をあわせて使えば、「fn」キーを使ったジェスチャー機能や「Flow」など、『MXKeys』のポテンシャルを最大限に引き出すことができますよ。

また『MXKeys』に対応したパームレストを使えば、長時間のタイピングによる疲れを軽減できるでしょう。

使いやすいキーボードで仕事や作業の効率を高めたい人は、ロジクール『MXKeys』を試してみてはいかがでしょうか。

Logicool(ロジクール)『MX MASTER 3』

ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証

出典:Amazon

サイズ 高さ:124.9、幅::84.3、奥行き::51mm
重量
接続 USB レシーバー、Bluetooth

Logicool(ロジクール)『MX PALM REST』

ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証 ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証 ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証 ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証 ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証 ロジクールパームレストMX10PRグラファイトキーボード用国内正規品2年間無償保証

出典:Amazon

サイズ 高さ::64、横::420、奥行き::8mm
重量 180g
接続

そのほかのキーボードに関する記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


失敗しない!microSDカードおすすめ19選|用途別の選び方も解説

失敗しない!microSDカードおすすめ19選|用途別の選び方も解説

デジタルカメラの写真や動画、Nintendo Switchなどのソフトデータ、スマートフォンのストレージ拡張やドライブレコーダー用など、様々な用途で使用できるmicroSDカード。しかし、購入前は「何も考えずに容量だけで選んで良いのだろうか」「対応規格などはあるのか」「どのくらいの容量がいいんだろう」など、心配になりますよね。そこで本記事では、microSDカードについて、特徴や失敗しないで選ぶポイント、そしてスイッチやカメラに使えるおすすめ商品をご紹介。初心者向けに、microSDカードの基礎知識から解説していきます。本記事を読めば、きっと用途に合わせてピッタリのアイテムが見つけられるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag パソコン周辺機器 , スマートフォン・携帯電話 , タブレット

速度・技術・信頼性で選ぶ!内蔵HDDおすすめ15選【ITのプロ監修】

速度・技術・信頼性で選ぶ!内蔵HDDおすすめ15選【ITのプロ監修】

今回は、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんによる内蔵HDD選びのポイントと、おすすめの商品を紹介します。最近ではSSDが主流になりつつありますが、コストパフォーマンスや大容量化、復旧の容易さで、まだ内蔵型HDDにじゅうぶんメリットがあります。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン , ノートパソコン , デスクトップパソコン

【2021年】高音質Bluetoothスピーカーおすすめ33選|防水防塵・軽量モデルも

【2021年】高音質Bluetoothスピーカーおすすめ33選|防水防塵・軽量モデルも

スマホやタブレット、パソコンなどと連携することで、どこでも手軽に音楽が聴けるBluetoothスピーカー。ここでは、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんが教える高音質Bluetoothスピーカーの選び方とおすすめをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン周辺機器 , オーディオ , スピーカー

【2021年】Chromebookおすすめ12選|ASUS、HP、Lenovo、Acer人気メーカーは?

【2021年】Chromebookおすすめ12選|ASUS、HP、Lenovo、Acer人気メーカーは?

Googleの「Chrome OS」を搭載した「Chromebook」。Windows、Macにはない高速起動や低価格が魅力で非常に人気です。しかし、ASUS、HP、Lenovo、Acerといったメーカーから販売されており、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、Chromebookの選び方とおすすめ商品を紹介します。後半には、通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン , 小型・薄型パソコン , ノートパソコン

自分に一番おすすめのiPadはどれ? 4種類の違いや特徴を比較して選ぼう

自分に一番おすすめのiPadはどれ? 4種類の違いや特徴を比較して選ぼう

仕事や趣味、ちょっとした暇つぶしまで、様々な作業に使用できるiPad。現在は、4種類の機種が販売されていますが、各機種でスペックが大きく変わるため、どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。選ぶ際に大切なのは、各機種のスペックが自分に合っているかどうか、違いを理解して選ぶこと。本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材のもと、あなたに一番ピッタリなiPadが選べるよう、4種類あるiPadのそれぞれの特徴や違いについて解説いたします。iPadが初めてという方に向けわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

Icon mini tag パソコン , 小型・薄型パソコン , タブレット

関連するブランド・メーカー


Logicool(ロジクール)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。