甘じょっぱさがクセになる!『じゃがチョコ』ポテトスナックとチョコの組み合わせの妙を検証レビュー

甘じょっぱさがクセになる!『じゃがチョコ』ポテトスナックとチョコの組み合わせの妙を検証レビュー

『じゃがチョコ』はポテトスナックとミルクチョコレートを組み合わせたチョコスナックです。もともと甘いものとしょっぱいものは相性がよく、さまざまな分野の食品で甘じょっぱ系が存在しています。例えば、みたらし団子、ざらめせんべい、塩キャラメル、はちみつ入り梅干しなどなど。『じゃがチョコ』は甘さとしょっぱさとともに、ポテトスナックのサクサク感とミルクチョコレートのまろやかな口どけという異なる食感の組み合わせも特徴。これらの組み合わせが実際に美味しいのか、食べて検証しました。


『じゃがチョコ』を実際に食べてみました

じゃがチョコパッケージアップ

甘じょっぱい味はクセになります。

甘いものを食べると、しょっぱいものがほしくなり、口の中がしょっぱくなると、甘いものがほしくなるからです。その甘さとしょっぱさをひとつのお菓子の中で両立させたのが『じゃがチョコ』。

ポテトチップスをチョコレートでコーティングしたお菓子は他にもすでに存在しています。

しかし、『じゃがチョコ』はポテトチップスではなく、ポテトスナックにチョコレートをコーティングしたお菓子です。両者の違いはどんなところにあるのでしょうか?ポテトスナックとチョコレートの組み合わせの食感も気になるところです。

実際に食べてみて、『じゃがチョコ』の味と食感を検証しました。

『じゃがチョコ』とはどんなチョコスナック?

『じゃがチョコ』を販売している株式会社ブルボンは1924年に北日本製菓という名前で創業されました。

関東大震災の影響で、地方へのお菓子の供給がストップしてしまった状況を見た創業者の吉田吉蔵が「地方にも菓子の量産工場を」と決意して会社を設立したのです。

ブルボンではその後、米菓、ビスケット、クッキー、チョコレート、ポテトスナックなど、さまざまなお菓子を発売しています。『じゃがチョコ』はそうした商品開発の技術やノウハウが活かされたお菓子といえそうです。

『じゃがチョコ』が発売されたのは2012年9月。スナック菓子がカップに入っているというパッケージの形態も特徴的です。『じゃがチョコ』の特徴である「甘じょっぱ系」という言葉もすっかり浸透。

『じゃがチョコ』に続くシリーズとして、『じゃがチョコホワイト』、『ひとくちじゃがチョコ』、『じゃがチョコ グランデ』なども発売されています。

『じゃがチョコ』の口コミや評判は?

じゃがチョコ口コミ

『じゃがチョコ』についての口コミや評判をインターネットで検索してみました。

評判のポイントとなっているのはやはり「甘じょっぱさ」について。ここでは良かった口コミと悪かった口コミをあわせて紹介していきます。

『じゃがチョコ』のよかった口コミ

甘さとしょっぱさがクセになり、リピートを決定したという声がたくさんありました。

また、ポテト部分に厚みがあり、ポテトとチョコレートそれぞれの味をしっかり楽しめるという内容の口コミも多数。食べ出すと止まらず、カロリーオーバーが気になるといううれしい悲鳴も。

続けて食べたくなるのが『じゃがチョコ』の魅力といえそうです。

『じゃがチョコ』の悪かった口コミ

甘さとしょっぱさのバランスの好みは人それぞれということもあり、自分の口には合わないという内容の口コミもありました。

否定的な声で多かったのは、期待していた味と違って、チョコレートの甘みが強すぎて、しょっぱさが少なくて物足りないというもの。

食感に関しても、否定的な口コミがいくつかありました。目立っていたのはポテトチップスと比べると、ソフトすぎて食感がいまいちという声。

『じゃがチョコ』は食べたことのない人にとっては未知の食べ物であるだけに、それぞれ食べる前にイメージする味や食感があると思われます。

その予想や期待と違うと、辛口の評価になる傾向があるようです。

『じゃがチョコ』を食べてわかった甘じょっぱ系の魅力

じゃがチョコ中身手持ち画像

『じゃがチョコ』のフタを開けると、チョコレートの香りと植物油脂の香りがします。じゃがいもの匂い、ポテトチップスのような匂いはほとんどしません。

1枚取り出して見てみましょう。『じゃがチョコ』の表面にはチョコレートがコーティングされており、ところどころポテトスナック部分が露出しています。

カップから皿に移して見ていきましょう。

形もチョコのかかり方もいろいろ

お皿の上のじゃがチョコ

カップの中に入っていたのは12枚。数個のカップを開けて数えてみたのですが、どれも12枚でした。ただし数がパッケージに明記されているわけではないので、カップによって数が違う可能性もあります。

お皿に盛った見た目はなかなか美味しそうです。反っているものもあれば、平らなものもあります。

バラエティーに富んだ形はブルボンの技術力の高さゆえでしょう。ポテトスナック部分は一見ポテトチップス風ですが、成形したものと思われます。

原材料をチェックしてみましょう。

ポテトペレットって何?

じゃがチョコパッッケージ裏

まず気になるのはポテトペレット(乾燥ポテト、でん粉、食塩)という表記です。

ペレットは英語で「小さなかたまり」といった意味があります。ポテトペレットとは成形したものを指しているのでしょう。

じゃがいもを薄切りにしてフライしたポテトチップスではなくて、ポテトペレットであることは『じゃがチョコ』の大きな特徴です。

着色料としてウコンが使われているのもポイントのひとつ。ポテトスナック部分の黄色がかなり鮮やかで、チョコレートのブラウンとポテトスナックのイエローの対比が食欲をそそります。

つい手に取りたくなる形状

じゃがチョコ2枚アップ

表面の細かな波形によって、見た目からもサクサク感が伝わってきます。これは見ているだけで、かじりたくなる形状です。

波形があることによって、チョコレートのコーティング具合も1枚ごとに異なり、微妙な味の変化を楽しめるところもポイント。

ポテトチップスではなくポテトスナック チョコの下にあるのは

じゃがチョコ断面

断面がわかりやすいように、何枚か半分に割って、並べてみました。

細かい気泡があること、厚みがかなりあることからも、ポテトチップスではなく、成形してあるポテトスナックであることがわかります。口に入れてかじると、しっかりとした歯ごたえを感じました。

ポテトチップスがパリパリした感触だとすると、『じゃがチョコ』はサクサク。ポテトチップス独特のじゃがいもの風味とオイリーかつパンチのある塩味はありません。

チョコレートの甘さとポテトスナック特有のまろやかさに、絶妙のバランスで塩味がプラスされています。日本的な表現を使うならば、いい塩梅です。

『じゃがチョコ』をポテトチップスのチョコレートがけのお菓子とは違う種類のスナックと考えれば、これはこれでありだなと感じました。

甘さの後からくるしょっぱさがクセになる

お皿をバックにしたじゃがチョコ手持ち画像

口の中に入れて、最初にやってくるのはミルクチョコレートの甘さです。甘みはやや強めですが、噛むとすぐにしょっぱさが押し寄せてきて、口の中が甘じょっぱくなります。

かすかなしょっぱさが残り、次の1枚を食べたくなるという無限ループに。この甘じょっぱ系の味、お酒との相性も良さそうです。

ワインやウイスキーのおつまみにもなる

じゃがチョコとワイン

ウイスキーやワインにチョコレートが合い、ビールにポテトチップスが合うのだから、『じゃがチョコ』はそれらのお酒のおつまみにもなりそうです。

ナッツと一緒に盛り合わせると、見た目のおつまみ感が増します。『じゃがチョコ』をつまみながらのビールやワイン、止まらなくなりそうです。食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

リュックやバッグの中に入れておきたくなる

公園で手持ちしたじゃがチョコパッケージ

カップ入りで携帯しやすいので、野外で食べるのもよさそうです。

数枚食べたのちにフタの出っ張り部分を折り曲げて閉じ、そのままリュックに入れて移動したのですが、リュックの中に『じゃがチョコ』が飛び出すこともなく、割れることもなく、食べることができました。

どこでも手軽に食べられるところも『じゃがチョコ』の良さ。『じゃがチョコ』は行楽地や公園、旅のお供としてもおすすめです。

ブルボン『じゃがチョコ』

ブルボンじゃがチョコ40g×12個

出典:Amazon

内容量 40g
原材料 砂糖、植物油脂、ポテトペレット(乾燥ポテト、でん粉、食塩)、全粉乳、カカオマス、乳化剤(大豆由来)、香料ほか
アレルギー表記 乳、大豆

じゃがチョコを食べてみた評価と感想のまとめ

じゃがチョコレーダー

『じゃがチョコ』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『じゃがチョコ』は口コミにあったように、食べ出すと、ついつい止まらなくなる魅惑のチョコスナックでした。カップに入っているのは12枚程度なので、数人で食べると、すぐになくなってしまう点には注意が必要です。

ポテトチップスのチョコレートがけではなくて、ポテトスナックのチョコレートがけであるという認識を持っていれば、期待はずれになることはないでしょう。

ひとりで食べるもよし、友人・家族と食べるもよし。室内でも野外でもOK。

『じゃがチョコ』は場所やシチュエーションを選ばずに楽しめるチョコスナック菓子であり、特に甘じょっぱ系が好きな人におすすめです。

ブルボン『じゃがチョコホワイト』

ブルボンじゃがチョコホワイト36g×12個

出典:Amazon

内容量 36g
原材料 ポテトペレット(乾燥ポテト、でん粉、食塩)、植物油脂、砂糖、全粉乳、乳糖、デキストリン、ココアバターほか
アレルギー表記

ブルボン『ひとくちじゃがチョコ』

ブルボンひとくちじゃがチョコ33gX10袋チャック付き【夏季クール便配送(別途220円〜】 ブルボンひとくちじゃがチョコ33gX10袋チャック付き【夏季クール便配送(別途220円〜】

出典:楽天市場

内容量 33g
原材料 砂糖、植物油脂、ポテトペレット(乾燥ポテト、でん粉、食塩)、全粉乳、カカオマス 、 乳化剤(大豆由来)、香料ほか
アレルギー表記

ブルボン『チーズジャガカマンベール仕立て』

ブルボンチーズジャガカマンベール仕立て34g×12個 ブルボンチーズジャガカマンベール仕立て34g×12個 ブルボンチーズジャガカマンベール仕立て34g×12個 ブルボンチーズジャガカマンベール仕立て34g×12個

出典:Amazon

内容量 34g
原材料 植物油脂、ポテトペレット(乾燥ポテト、でん粉、食塩)、乳糖、デキストリン、ホエイパウダー(乳成分を含む)ほか
アレルギー表記

そのほかのスナック菓子に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:peat32、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


チョコチップクッキーのおすすめ商品7選|お菓子研究家が厳選!

チョコチップクッキーのおすすめ商品7選|お菓子研究家が厳選!

チョコチップクッキーは、チョコとクッキーのダブルの味わいが楽しめる人気のクッキーです。いろいろな種類が売られているため、どれを買えばいいか迷ってしまうことも。そこで、お菓子研究家の飯田順子さんに、チョコチップクッキーの選び方やおすすめ商品を聞きました。目的や好みに合わせて選べるよう、通販などで手に入りやすい商品を中心に紹介していきます。


【甘くて香ばしい】アーモンドチョコレートおすすめ15選|カロリー、糖質オフも!

【甘くて香ばしい】アーモンドチョコレートおすすめ15選|カロリー、糖質オフも!

料理研究家のさわけんさんへの取材をもとに、アーモンドチョコレートを選ぶ際のポイントやおすすめの商品を紹介します。香ばしいアーモンドと甘いチョコレートのゴールデンコンビ、アーモンドチョコレート。明治やロッテ・グリコの定番品から、高カカオの商品まで、気になるかたはぜひチェックしてみてくださいね。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。


お取り寄せマドレーヌおすすめ12選【通販で手軽に】人気店のギフトも!

お取り寄せマドレーヌおすすめ12選【通販で手軽に】人気店のギフトも!

ふんわりとした食感とバターの香りが食欲をそそるマドレーヌは、ふだんのおやつにも、プチギフトにもぴったり。この記事では、通販でかんたんにお取り寄せできるマドレーヌの選び方と、おすすめの商品を厳選! アンリ・シャルパンティエや京橋千疋屋など、スイーツ有名店の商品も紹介しています! 記事の後半には、通販サイトの人気ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


プロテインバーおすすめ17選|筋トレやダイエットのサポートに【味・栄養素で選ぶ】

プロテインバーおすすめ17選|筋トレやダイエットのサポートに【味・栄養素で選ぶ】

健康のスペシャリスト・西村テツジさんに取材のもと、筋トレやダイエットを手軽にサポートしてくれるプロテインバーのおすすめ17選をご紹介! 味はもちろん、たんぱく質やビタミンなど栄養成分の配合量も紹介していくので、ぜひ自身にぴったりの商品を見つけてくださいね。後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。


羊羹のおすすめ8選【とらや・井村屋など】食べやすい水羊羹や栗風味の羊羹も

羊羹のおすすめ8選【とらや・井村屋など】食べやすい水羊羹や栗風味の羊羹も

日本で和菓子として幅広い年代に親しまれている「羊羹(ようかん)」。練り羊羹や水羊羹など、製法や原材料によって種類が異なります。最近ではチョコやコーヒーなど味のバリエーションも増えており、ダイエット向けの商品などさまざまな商品が販売されています。ここでは、羊羹の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


ブルボン

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る