車電動ポリッシャーおすすめ14選|ワックスがけやツヤ出しがらくに!

RYOBI(リョービ)『ダブルアクションポリッシャー(PED-130KT)』
出典:Amazon

愛車を磨いたり洗車後のワックスがけをするときにあると便利な車電動ポリッシャー。作業効率がグンとアップする便利な道具ですが、メーカーによってさまざまな商品が販売されていますので、いざ購入しようと思ってもどれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

この記事ではそんな車電動ポリッシャーの選び方を解説し、SUV生活研究家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、おすすめの商品をご紹介していきます。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

車電動ポリッシャーとは

自分で愛車のメンテナンスをする人にとって、研磨やワックスがけは時間と手間がかかるものですよね。そんなときに便利なのが車電動ポリッシャー。

車電動ポリッシャーは、車体を研磨しながら汚れを除去する電動の工具です。キズが目立たなくなるように磨いたり、ワックスがけをスピーディーに行なえるので便利です。

また手作業よりも格段に時間を短縮でき、しかもプロに任せたようにピカピカに仕上がります。この機会に、自分が愛用できる商品を見つけてみてはいかがでしょうか。

車電動ポリッシャーの選び方

まず、車電動ポリッシャーにはどんなタイプがあるのかを解説し、それぞれの特徴とポイントをご紹介します。

3つのタイプから選ぶ

車電動ポリッシャーには、大きく3つのタイプに分けることができます。それぞれどんな特徴があるのかを把握したうえで、自分に合ったものを探す際の参考にしてみてくださいね。

初心者向け! 上下運動+回転「ダブルアクション」

 

ダブルアクションとは、回転運動と偏芯運動をあわせたタイプ。磨いた後に丸い磨きキズが残りにくいのがメリットです。研磨力が比較的弱いので塗装面をキズつけにくいという特徴があり、初心者でも扱いやすいでしょう。2種類の動きを同時に行なうため、ワックスがけやコーティングに多く活用されます。

使い慣れている方に「シングルアクション」

 

研磨作業に慣れている方は、回転運動のみのシングルアクションタイプが向いているでしょう。研磨力にすぐれているため、こまかい作業にも対応。深いキズや板金塗装の跡も消すことができます。ただし、磨きキズが目立ちやすいのがデメリットです。

幅広い場面で役立つ「ギアアクション」

 

ギアアクションタイプは、シングルアクションとダブルアクションの中間のトルクを持っています。一方向への回転にギアの変則的な動きが加わったポリッシャーで、研磨する力も強すぎず弱すぎずちょうどよいのが特徴。繊細なキズから深いキズ、さらには水アカ落としまでオールマイティに使えるタイプです。

パワーに差が出る! 電源のタイプもチェック

 

車電動ポリッシャーの電源の種類は、コンセント式と充電バッテリー式の2種類です。コンセント式はバッテリー式に比べ、途中で切れる心配がなく、パワー面や持続時間においても安定しています。充電バッテリー式はコードレスなので取り回しがしやすく、作業場所を選びません。

縦回転か横回転か? 作業しやすい形状を選ぶ

 

車電動ポリッシャーの形状は、縦回転と横回転があります。横回転のメリットは、車は縦面が多いので、自然に持ちながら当てられること。ただ、当てる力の入れ方が難しいので、初心者には向いていません。

縦型のほうは磨く面に力を集めやすいので持ちやすいという特徴があり、初心者にも扱いやすいでしょう。またポリッシャーの重量がなるべく軽いものを選ぶと、長時間の使用でも腕が疲れにくいですよ。

用途に合ったバフを選ぶ

ポリッシャーについているバフの種類を替えることによっても、仕上がりに差が出ます。それぞれどんな用途に向いているのかを解説していきます。

キズ消しや初期研磨に「ウールバフ」

 

ウールバフは研磨力が高く、研磨キズが残りやすいので仕上げ作業には向いていません。深いキズを落とすときや初期段階に使用するのが望ましいでしょう。また、ウールの毛足には長いものと短いものがあります。ボディに使うなら短めのものを選ぶといいでしょう。

仕上げの作業に「スポンジバフ」

 

スポンジバフは、おもに最終仕上げに使用するのがベター。軽度の洗車キズや水アカを消し、面を滑らかにできます。目の粗さによって「超微粒子」や「細目」「中目」など、段階的に使用するとより滑らかになり深いツヤも出ます。

初心者には偏芯軌道の「ダブルアクション」がおすすめ SUV生活研究家からのアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

効率よく塗装面を磨ける電動ポリッシャー。ただし磨きのプロが使わないと、かえって塗装面の状態を悪くすることも。はじめてポリッシャーを購入するなら、ダブルアクションといわれる偏芯軌道のものがいいでしょう。

トルクが強すぎないほうがアマチュアには作業がしやすいといえます。研磨剤などをつけるパッドを後から購入できるかどうかもチェック。パッドが使い切りという商品もあるので、注意しましょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
KIMO『12Vポリッシャー 100m(QM-5001)』
Super PDR 『自動車塗装面用 電動ポリッシャー』
RYOBI(リョービ)『ダブルアクションポリッシャー(PED-130KT)』
Minato(ミナト)『18Vコードレス 充電式ポリッシャー(POE-1820Li)』
Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』
RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR 75E Mini/DLX)』
BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX 260AE)』
COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ダブルアクションポリッシャー(P-150N)』
COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ギアアクションポリッシャー(G-150N)』
FLEX(フレックス)『電動 シングルアクションポリッシャー プロトン(PE 14-2)』
WEIMALL(ウェイモール)『電動 カーポリッシャー クリーナー DC 12V(ELT001)』
Tinova『電動カーポリッシャー』
TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』
ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP 電動ポリッシャー 950W(05-06197)』
商品名 KIMO『12Vポリッシャー 100m(QM-5001)』 Super PDR 『自動車塗装面用 電動ポリッシャー』 RYOBI(リョービ)『ダブルアクションポリッシャー(PED-130KT)』 Minato(ミナト)『18Vコードレス 充電式ポリッシャー(POE-1820Li)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR 75E Mini/DLX)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX 260AE)』 COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ダブルアクションポリッシャー(P-150N)』 COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ギアアクションポリッシャー(G-150N)』 FLEX(フレックス)『電動 シングルアクションポリッシャー プロトン(PE 14-2)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動 カーポリッシャー クリーナー DC 12V(ELT001)』 Tinova『電動カーポリッシャー』 TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP 電動ポリッシャー 950W(05-06197)』
商品情報
特徴 軽さと充電器設計で初心者にもおすすめ 手頃な価格と軽量さ、パワーを兼ねそなえる 水アカ取りからツヤ出しまでかんたんに 使いやすいデザインのコードレス充電式 ポリッシングのクオリティを高める機能が充実 人間工学をもとにした設計で疲れにくい 高い回転数で使い慣れた方におすすめ! コンパクトで軽量な電動式ポリッシャー コンパウンドがけの仕上がりに大満足 プロも納得の超低速・低温対応! 安全面も◎ 持ちやすい形で作業効率がアップ! 手ごろな価格で手軽&お得なポリッシャー シンプルではじめてでも手軽に操作できる 左利きの方にもスムーズな操作性
タイプ シングルアクション - ダブルアクション ダブルアクション ダブルアクション、ギアアクション ダブルアクション ランダムアクション ダブルアクション ギアアクション シングルアクション - シングルアクション - シングルアクション
形状 縦型 縦長 縦長 縦長 横長 横長 横長 縦長 縦長 横長 縦長 横長 縦長 縦長
重量 0.8kg 0.62kg 1.5kg 約1.26kg 3.4kg 2.3kg 1.5kg 1.87kg 1.8kg 2.3kg (約)0.96kg 2.2kg 1.76kg 2.3kg
電源 充電式 コンセント コンセント 充電池 充電池 コンセント コンセント コンセント コンセント コンセント シガーソケット(DC12V) コンセント 充電池 コンセント
回転数 0-3000min-1 1500-3000min-1 6000~12000min-1 4000min-1 通常モード:0~6800min-1、仕上げモード:0~5200-1 4000~5000min-1 2000~12000min-1 3200min-1 500min-1 380~2100min-1 - 600~2000min-1 4500min-1 2000min-1
消費電力 - 80W 300W - - 400W 260W 430W 430W 1400W - 950W - 950W
サイズ 4.3×5.3×26.5cm 22.1×20.4×17.6cm 幅123×奥行226×高さ151mm (約)幅150×奥行180×高さ230mm 幅123×奥行530×高さ134mm - 幅255×奥行 - ×高さ154mm 幅123×奥行252×高さ212mm 幅123×奥行248×高さ187mm 幅 - ×奥行405×高さ117mm (約)幅150×奥行170×高さ200mm 幅236×奥行328×高さ136mm 幅220×奥行150×高さ240mm 幅91×奥行215×高さ230mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月20日時点 での税込価格

車電動ポリッシャーおすすめ14選

それではここから、車電動ポリッシャーのおすすめ商品をご紹介します! 「選び方」で解説したタイプや形状、バフの種類などをふまえて、自分に合ったものを探してみてくださいね。

KIMO『12Vポリッシャー 100m(QM-5001)』

KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー) KIMO12Vポリッシャー100mm充電式ポリッシャーコードレス5段変速研磨軽量車用車磨き家庭用ホイール磨き艶出し傷消しLEDライト表示仕上げバフ2個・バッテリー・充電器・収納バック付きQM-5001(12Vポリッシャー)

出典:Amazon

軽さと充電器設計で初心者にもおすすめ

800gの軽さとコードレスの充電器設計、振動・騒音も最小限までカットされており、手塗りに近い動きを実現しながらも、手塗りに比べ、時間と体力を大幅にカットできます。コードレスといえども、パワーのあるところも人気が高いポイントで、ミラーやヘッドライト、バイク用として持っていても◎
作業に応じて、5段階でスピードを調整できるところも便利です。

Super PDR 『自動車塗装面用 電動ポリッシャー』

自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック) 自動車塗装面用電動ポリッシャーバフ2個付き(ブラック)

出典:Amazon

手頃な価格と軽量さ、パワーを兼ねそなえる

伸縮性の強いスポンジ素材、耐久性のあるワックスがけカバーと、ワックスがけカバーでキズ消しや階段の手すり、床・家具への研磨にも対応、研磨後に艶出しカバーで艶出しをする等、さまざまな用途で使用できます。622gの軽量なポリッシャーですが、最大回転数も3500回/分とパワーは十分で、作業時間の短縮になります。

RYOBI(リョービ)『ダブルアクションポリッシャー(PED-130KT)』

水アカ取りからツヤ出しまでかんたんに

パッドが回転しながら偏心運動するダブルアクションポリッシャー。磨きと光沢、撥水効果のあるコンパウンド液やスポンジバフなどの車磨き専用キットが付属しています。

本体は磨きに合わせた作業ができる回転数調節ダイヤルつき。車のボディについた水アカやヘッドライトのくすみなどを手軽に除去できます。収納に便利なバッグがついているのもうれしいポイントです。

Minato(ミナト)『18Vコードレス 充電式ポリッシャー(POE-1820Li)』

使いやすいデザインのコードレス充電式

コードレスの充電式ポリッシャー。約55分で充電完了、フル充電でおよそ40分の連続作業が可能となっています。逆さに置いても倒れない、使いやすさにこだわったデザインなのもポイント。やわらかいポリッシングスポンジが標準セットで付属しています。本体と4種のスポンジ、バフのセットや充電池のセットなど、好みのタイプを選ぶことができます。

ダブルアクションタイプなので、初心者でも安心してコンパウンドやワックスがけができますよ。

Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』

Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』 Makita(マキタ)『125mm充電式ランダムオービットポリッシャ(PO500DRG)』

出典:Amazon

ポリッシングのクオリティを高める機能が充実

大手電動工具メーカー「マキタ」のコードレスタイプの車電動ポリッシャー。スイッチの引き金をいっぱいに引いたときの回転数は、スピード調節ダイヤルで調節できます。

2モードの切り替えができ、1台でキズ取りから仕上げまでを行なうことが可能。連続運転時間約30分の仕上げモードでは、通常モードに比べてムラの出にくい作業ができます。連続作業にもおすすめです。

RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR 75E Mini/DLX)』

RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR75EMini/DLX)』 RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR75EMini/DLX)』 RUPES(ルペス)『ビッグフット(LHR75EMini/DLX)』

出典:楽天市場

人間工学をもとにした設計で疲れにくい

イタリア生まれのダブルアクションポリッシャーです。12mmのオービット径と75mmφベルクロパッド、100mmφのスポンジバフにより、狭い面や曲がった部分の仕上げにも対応。ルぺスの製品は人間工学にもとづいて設計されたものがほとんどで、作業しやすいデザインが特徴です。

手に伝わる振動も抑えられ、腕が疲れにくいので長時間作業をする方に向いています。ロック機能つきなので作業中にスイッチを押し続けるストレスもありません。

BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX 260AE)』

BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』 BOSCH(ボッシュ)『吸じんランダムアクションサンダー(PEX260AE)』

出典:Amazon

高い回転数で使い慣れた方におすすめ!

1分間に2,000~12,000回の回転数と、4.000~24,000回転のストローク数を保持するボッシュのランダムアクションサンダー。低重心化と低振動化を図った設計になっており、ストレスフリーな磨き作業が可能。サンダーはおもに木工用で使われることが多いため、独自の吸じんシステムを搭載しています。ポリッシャーに比べて回転数も高いため、使い慣れている方向けの商品といえます。

研磨したい部分に押しつけるまで回転しない仕組みになっているので、不意に接触しても車体をキズつけることがありません。サンダーとポリッシャーの両使いできるものを求めている方に。

COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ダブルアクションポリッシャー(P-150N)』

コンパクトで軽量な電動式ポリッシャー

ウレタンバフとコンパウンドが付属している電動ポリッシャーです。ワックスやコーティング剤の塗布、ふき取りなどの作業時に力を発揮。ダブルアクションのため使い勝手がよく、作業に慣れていない方や初心者の方でも比較的扱いやすくなっています。

コンパクトで軽量、なおかつ作業性にすぐれたものをお探しの方には、コストパフォーマンス面でもお得な商品といえるでしょう。

COMPACT TOOL(コンパクトツール)『電動ギアアクションポリッシャー(G-150N)』

コンパウンドがけの仕上がりに大満足

同じく「コンパクトツール」のギアアクションポリッシャーです。研磨熱の発生を抑えることでコンパウンドの焼きつきが軽減され、バフ目やオーロラマークが出にくくなっているのが特徴。低重心で音も静か、長時間使用しても疲れにくいコンパクトサイズなのも魅力です。

これ一台で削りも磨きも思いのまま。コンパウンドがけに重宝する軽い商品をお探しの方にピッタリですよ。

FLEX(フレックス)『電動 シングルアクションポリッシャー プロトン(PE 14-2)』

プロも納得の超低速・低温対応! 安全面も◎

ドイツ製のシングルポリッシャーです。超低速・低温での磨きに特化しており、プロも納得のクオリティ。ローヘッドで全体の重量バランスがよく、複雑な表面もスムーズにポリッシングが可能。磨く際に負荷がかかっても定速度制御により回転数が落ちることなく、モーター音やギア音も気になりません。

回転トルクが落ちにくく、表面の温度が上がりにくいのも特徴。安全性を重視する方でも安心して使うことができます。

WEIMALL(ウェイモール)『電動 カーポリッシャー クリーナー DC 12V(ELT001)』

WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』 WEIMALL(ウェイモール)『電動カーポリッシャークリーナーDC12V(ELT001)』

出典:Amazon

持ちやすい形で作業効率がアップ!

シガーソケットからかんたんに電源を取れる電動カーポリッシャーです。持ちやすい形状で作業がラクラク、電源コードは全長4mあるので車の後部まで届きます。手元のスイッチで回転が3段階に切り替えられるのも魅力。

さらにLEDライトつきで夜間作業も可能。重さ960gと超軽量かつコンパクトなので、女性にも扱いやすいですよ。

Tinova『電動カーポリッシャー』

Tinova『電動カーポリッシャー』 Tinova『電動カーポリッシャー』 Tinova『電動カーポリッシャー』 Tinova『電動カーポリッシャー』 Tinova『電動カーポリッシャー』 Tinova『電動カーポリッシャー』

出典:Amazon

手ごろな価格で手軽&お得なポリッシャー

5mの電源ケープル、バフがセットになったシングルアクションポリッシャーです。最大出力950Wとパワフルながら、バフが丸角なので車体にもやさしく表面をキズつけるリスクも低くなっています。バフは面ファスナーで取りつけられるので取り替えがかんたん。

速度切り替えボタンやスピード調節ダイヤルもついており、充実した機能と価格を見てもお得です。

TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』

TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』 TAKAGI(高儀)『EARTHMAN14.4V充電式ポリッシャー(EP-144LiA)』

出典:Amazon

シンプルではじめてでも手軽に操作できる

高儀ブランド「EARTH MAN」シリーズの充電式ポリッシャー。楕円回転なので手がけ感覚でのワックスがけ、ふき取り、ツヤ出し作業がばっちり行なえます。バッテリーやスポンジパッド、タオル地パッドなどの付属品も充実。シンプルで操作がわかりやすいので作業に不慣れな方でも安心して使えます。

バッテリーパックに市販のUSBケーブルを接続すれば、スマートフォンやタブレットを充電することも可能です。

ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP 電動ポリッシャー 950W(05-06197)』

ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』 ASTROPRODUCTS(アストロプロダクツ)『AP電動ポリッシャー950W(05-06197)』

出典:Amazon

左利きの方にもスムーズな操作性

左右どちらにも取りつけ可能なハンドルで、左利きの人の作業にも対応しているシングルアクションポリッシャー。速度はセレクトスイッチでワンタッチ切り替えができ、作業に慣れていない方でも削りすぎを防ぐことができます。パッド表面は面ファスナー式なので交換もラクラク。

適度な重さとバランスで、力加減を気にすることなく磨くことができます。操作が複雑ではなく、スムーズに作業できるものを求めている方に。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 車電動ポリッシャーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの車電動ポリッシャーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ポリッシャーランキング
楽天市場:ポリッシャーランキング
Yahoo!ショッピング:電動ポリッシャーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

車電動ポリッシャーに関するQ&A よくある質問

コンパウンドを使ってよい傷を教えてください。

ボディについた浅い傷「クリア」にとどまっているものであれば、コンパウンドできれいにすることができます。クリア層の目安は、爪で塗装面をなぞっても引っかからないもの、ワックスがけや洗車機でついた細かい環状のものなどがあります。

コンパウンドを使ってはいけない傷を教えてください。

カラー層より深い傷「下地層」の達した傷はコンパウンドで直すことはできません。下地層は、白や灰色をしており、板金塗装が必要です。また、さらに深い傷は鉄板がむき出しの状態になっており、放っておくと傷口から錆びる場合がありますので、速やかに業者に板金修理の依頼をしましょう。

ポリッシャーを使う前に洗車をしよう

 

ホコリやゴミがボディに残っているとキズの原因になる可能性があるので、ポリッシング前にはしっかりと洗車しておくことが大切です。

洗車をきちんとしても、ホコリが立ちやすい場所ではポリッシングに影響が出てしまうことがあるので避けたほうがベター。風が強い日もホコリを運んでしまうので、風が穏やかな日にしましょう。

車電動ポリッシャーに関するそのほかの商品情報

まとめ

車電動ポリッシャーの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。

アクションや電源のタイプをチェックし、自分にとって作業しやすい形状かどうかを確認するようにしましょう。用途に合ったポリッシュの選定もポイントです。

あなたにピッタリの車電動ポリッシャーを見つけてくださいね!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


トラブル予防?ドレスアップ?車用シートカバーおすすめ15選|選び方も解説

トラブル予防?ドレスアップ?車用シートカバーおすすめ15選|選び方も解説

この記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材のもと、車用シートカバーの活用用途や、選び方、そして、トラブル予防・ドレスアップ別におすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon カーアクセサリー , カー用品

エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤに替えて愛車の燃費を向上させたいと考えていても、エコタイヤとはどのような種類のタイヤかよく知らない、ノーマルタイヤと何が違うのかわからない、たくさんの商品があってどのタイヤにしたらよいのか迷ってしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。この記事では、自動車ライター&エディターである高橋 満さんと編集部が厳選したエコタイヤのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon タイヤ , カー用品 , メンテナンス用品(自動車・バイク)

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックがあれば、省スペースでタイヤを保管できるうえに、経年劣化を遅らせることもできます。しかし、キャスター付きや伸縮タイプなどさまざまな商品があってなにを選べばいいのか迷ってしまう人もいるはずです。本記事では、タイヤラックの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 棚・ラック・シェルフ , タイヤ , 家具

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

長時間のドライブなどで役立つヘッドレストモニター。小さなお子さんのいる家庭では、長旅を飽きさせないためのアイテムとして購入を検討している方も多いのではないでしょうか。本記事では、ヘッドレストモニターの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon モニター・ディスプレイ , パソコン周辺機器 , パソコン

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

後方の安全確認やバックで駐車する時の視野確保に活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後付けが可能なカーアクセサリーのひとつです。本記事では、バックカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミ掲載もありますので参考にしてみてくださいね!

tag icon カー用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。