ロジクールのMX Master 3は使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ロジクールのMX Master 3は使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ロジクールの『MX Master 3』は、1秒間に1,000行のスクロールが可能なほど高速でありながら、狙った場所にピタッと止められる正確さもあわせ持つ高性能マウスです。もちろんそれだけではなく、作業効率を高めるのに役立つさまざまな機能が用意されています。この記事では『MX Master 3』を実際に購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


MX Master 3を実際に購入して使ってみた

MX Master 3パッケージ

仕事や創作活動などにマウスを活用している人も多いでしょう。しかし、マウスの性能や機能性にあまりこだわっていないのなら、とてももったいないです。

ただ持ちやすい、クリックしやすいというだけでなく、ExcelやPhotoshopなどのさまざまなアプリで作業効率を高める工夫が施されているのが、ロジクールの『MX Master 3』

この記事では『MX Master 3』を実際に購入し、商品の特徴や操作性、さまざまな機能などについて検証してみました。いま使っているマウスと、比べてみてくださいね。

MX Master 3とは? 公式サイトの情報などを調査

ロジクール『MX Master 3』は2019年9月27日に発売された、右手用のワイヤレスマウスです。

1秒間に最大1,000行もの高速スクロールを実現しつつ、1ピクセル単位でピタッと停止できるほどの正確さを両立。ホイールを回転させるときの音がまったくなく、また4,000DPIの解像度でガラスの上であってもノンストレスなマウス操作ができます。

最大の特徴は、作業効率の上昇に重点を置いた設計。人間工学にもとづいたフォルムだけでなく、ExcelやPhotoshopなどのアプリごとに用意されたカスタマイズを手軽に行なえます。もちろん管理ツールで自分好みにカスタムすることもできますよ。

MX Master 3のセット内容は?

MX Master 3セット内容

『MX Master 3』のセット内容はマウス本体、レシーバーユニット、充電が可能なUSB有線ケーブル。紙の説明書は入っていません。

公式サイトの商品ページに基本的な使い方を教えてくれる動画があるので、まずはそちらを見ておくといいでしょう。

MX Master 3の評判や口コミをまとめてみた SNSやECサイトでの評価は?

MX Master 3口コミ

非常に高性能で便利な機能満載の『MX Master 3』。使い勝手がいいという評判が多いですが、なかにはあまりよくない口コミもありました。『MX Master 3』のポジティブな口コミ、ネガティブな口コミをまとめてみました。

MX Master 3のポジティブな評判や口コミ

高価なハイエンド向けのマウスだけに「使いやすい」という評判が多数を占めています。「ホイールの回転時が静か」であること、「ラチェットモード時のホイールのコリコリ感がいい」という声も。また「つまみ持ちがしやすい」という感想もありました。

MX Master 3のネガティブな評判や口コミ

やはり「高価である」という点は否めないようです。また「ホイール音は静かでもクリック音は改善されていない」「ラチェットモードのまま連続で回すとホイールの反応が悪い」という人も。ほかにも「つかみ持ちをするとサムホイールが邪魔」「保証期間が以前よりも短くなった」という声もありました。

MX Master 3を実際に使って検証 検証レビュー

ロジクール『MX Master 3』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「握りやすさ」「操作性」「カスタマイズ」の観点から、それぞれ検証していきます。

MX Master 3のデザインは?

まずは、『MX Master 3』の外観から見ていきましょう。人間工学の観点から作られたフォルムとは、どのようなものなのでしょうか。

上から見たところ

MX Master 3上から

上から見た『MX Master 3』は、わりとスタンダードな作りに見えますね。クリックボタンとホイール、ホイールの下に小さなボタンが配置されています。

MX Master 3ジェスチャーボタン

左側の大きなスカートが目をひきますが、端のほうに小さなボタンが。これはジェスチャーボタンで、ジェスチャー機能のオン・オフに使用します。

MX Master 3ケーブル

クリックボタンの下には、USB有線ケーブルを挿すための穴があります。このケーブルで充電するだけでなく、常に挿しておいて有線マウスとしてバッテリー切れの心配をせずに使うこともできますよ。

横から見たところ

MX Master 3サムホイール

特徴的なのは、左側にあるサムホイール。2つあるようにも見えますが、別々に動かすことはできません。

MX Master 3バッテリーランプ

サムホイール横のランプは、バッテリーの残量をあらわします。赤く点灯している場合はすぐに充電したほうがいいでしょう。充電中はゆるやかに緑の点滅を繰り返します。

サムホイールのすぐ下には2つのサイドボタン。スカートはサイドボタンの下で軽くくぼんでおり、そこから接地面に向けて大きく出っ張っています。最下部には先述したジェスチャーボタンがついています。

裏から見たところ

MX Master 3裏

裏面は比較的シンプルな作り。上部に電源スイッチ、真ん中は読み取り部分、下部はペアリング用の切り替えボタンです。『MX Master 3』は最大3台のパソコンやタブレットをペアリングでき、このボタンで使いたいデバイスを切り替えます

1番は家のデスクトップパソコン、2番は職場のノートパソコン、3番は外出用のタブレットといった使い分けもかんたんにできますよ。

MX Master 3の握りやすさは?

人間工学の観点から、手のひらにぴったり合うよう作られたという『MX Master 3』。実際に握って、検証してみました。

MX Master 3手のひら

筆者の手の大きさはこんな感じ。ハンドボールが握れないので、男性のなかでは小さいサイズだと思います。

MX Master 3握り

ほかのマウスと比べると、やはり大きめのフォルム。筆者は「かぶせ持ち」をしても、ホイール付近までしか指が届いていません。親指はサムホイール、2つのサイドボタン、ジェスチャーボタンすべてを自然に追うことができる絶妙なポジション。

MX Master 3重さ

重さはおよそ142g。大きいだけでなく、重量もありますね。しかしそれは、安定性が高いということでもあります。FPS(一人称視点のシューティングゲーム)のような激しい動きには向かないかもしれませんが、緻密な作業をするときにはとても使いやすいでしょう。

MX Master 3つかみ持ち

小指以外の4本の指でマウスをつかむような姿勢で持つ握り方「つかみ持ち」も試しました。

「つかみ持ち」がしにくいという声もあるようですが、マウス自体が大きめなのでそれほど違和感がありませんでした。サムホイールが邪魔ということもありません。ただ重みがある分、「かぶせ持ち」に比べると手が疲れやすくなるという印象です。

MX Master 3つまみ持ち

手のひらをマウスに乗せず、指先だけで動かす握り方「つまみ持ち」も試しました。

持ち方の中で一番持ちにくいと感じたのは「つまみ持ち」でした。「かぶせ持ち」でクリックボタンの中央付近だった指のポジションが、さらに後退。親指も一緒に後退しているので、サムホイールやサイドボタンが押しにくくなってしまいました。ジェスチャーボタンには指が届いてさえいません。

利用者の手の大きさによって異なると思いますが、筆者のおすすめはスタンダードな「かぶせ持ち」です。

MX Master 3の操作性は?

レシーバーユニット、Bluetooth、有線と選択肢の幅が広いのがいいですね。Bluetoothに対応していないパソコンでも使えるのはうれしいです。

MX Master 3ペアリング

別のパソコンで使いたい場合は、ペアリング切り替えボタンで番号を変えてから認識させましょう。その後はこのボタンで番号を合わせるだけで、デバイスの切り替えが可能です。

ポインターの速度はデフォルトでちょうどいい感じ。クリックボタンは、手があまり届いてなくても問題なく押せます。クリック音はしますが、気になる人は気になるかなという程度。

MX Master 3サムホイールモード

スクロールホイールは「ラチェットモード」「フリースピンモード」の2種類をホイール下のボタンで切り替えることができます

かんたんにいえば、ラチェットモードは低速スクロール、フリースピンモードは高速スクロール。ラチェットモード時はホイールが無音ながらコリコリという感触とともに回転します。反応が悪いという声がありましたが、筆者はさほど気になりませんでした。

フリースピンモードでは、完全な無音・無感触で高速スクロールします。これは快適。目的によって2つのモードを切り替えると、とても便利に作業ができます。

MX Master 3サイドホイール

サムホイールはデフォルトの状態で「左右スクロール」に対応。横長になっているページやファイルなどで使うといいでしょう。手前側にちょっと手が触れていればかんたんにまわせます。

MX Master 3サイドボタン

サイドボタンは手前側が「戻る」、奥側が「進む」に対応しています。これも覚えておくと便利な機能。押しやすい位置にあるので、重宝しますよ

MX Master 3ジェスチャーボタン

ジェスチャーボタンは、意識していないと忘れてしまいそうなくらい目立ちません。押しやすい位置にはあるのですが、いかんせん小さくて薄い。ジェスチャー機能を使わない人は、存在自体に気づかないかもしれませんね。

MX Master 3試しがき

ペイントツールで絵と文字を書いてみました。デフォルトのままでもかなり使いやすいので、ノンストレスです。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

『MX Master 3』の管理ツール「Logicool Options」は、公式サイトからダウンロードして入手します。説明書がなくパッケージにも記載がありませんので、下記URLからアクセスしてくださいね。

Logicool公式サイト:
https://support.logi.com/hc/ja/articles/360024361233

MX Master 3ソフトウェアDL

Logicool Optionsのダウンロード画面

インストールにそれほど時間はかかりません。さっそく「Logicool Options」でできることを見ていきましょう。

MX Master 3アプリ1

「マウス」タブでは、各ボタンの操作をカスタムできます。左右クリックボタンは対象外ですが、それ以外はすべて自分好みに機能を変更可能。電卓やマイピクチャなどボタンひとつで開けるのは便利ですね。

MX Master 3アプリ2

ジェスチャー機能もここで設定できます。『MX Master 3』のジェスチャー機能は「ジェスチャーボタンを押しながら、マウスを上下左右に動かす」ことで発動。あらかじめ設定されたものを選ぶもよし、自分で好きなようにカスタムするもよしです。

MX Master 3アプリ3

「ポイント&スクロール」タブでは、マウスポインタやスクロールの速度などを調節できます。速度の設定以外は、すべてデフォルトのままのほうがいいでしょう。

MX Master 3アプリ4

「Flow」とは、『MX Master 3』がペアリングされているパソコンどうしを並べて置き、パソコンからパソコンへデータをコピペすることができるというもの。違うパソコンにデータを移行するときに、USBメモリーやmicroSDなどを用意する必要がなくなります

これはすごい……のですが、残念ながら筆者はパソコンを1台しか持っていないので、この機能は使えませんでした。残念。

MX Master 3アプリ5

もうひとつ、ソフトウェアごとに既定の機能をかんたんにセットできるのも便利な機能。WordやExcel、Googleなどのブラウザ、PhotoshopやZOOMなどのソフトウェアごとに、よく使う動作をセッティングできます。

筆者はExcelを設定してみました。サイドボタンが「元に戻す」「やりなおす」に変わっています。入力ミスをしたときにサイドボタン一発で訂正できるのは助かります。またExcelはデータが横に広がっていくことも多いので、水平スクロールやパン(画面移動)も便利だと思いました。

Excelなどを常に使って作業する方にはおすすめできます!『MX Master 3』を上手に使いこなせば作業の効率化が図れます。

Logicool(ロジクール)『アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3(MX2200s)』

ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証 ロジクールアドバンスドワイヤレスマウスMXMaster3MX2200sGRUnifyingBluetooth高速スクロールホイール充電式FLOW7ボタンwindowsMaciPadOS対応無線マウスMX2200グラファイト国内正規品2年間無償保証

出典:Amazon

サイズ 幅84.3×奥行51.0×高さ124.9mm
重量 約141g
電源 充電式Li-Poバッテリー(500mAh)
接続方法 無線2.4GHz(Unifying対応)、 Bluetooth

作業効率を高めたいならMX Master 3! レビュー総括

MX Master 3チャート

MX Master 3を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ロジクール『MX Master 3』を実際に購入し、商品の特徴や操作性などについて検証してきました。

大きくて重量のある『MX Master 3』なので、激しい動きをともなうゲームなどには向いていないかもしれません。しかしWordやPhotoshopなどを使った作業の効率を高めてくれるさまざまな機能が魅力です。

またほぼ同等の機能を持ちながら、やや小さめなサイズの『MX ANYWHERE 3』もあります。大きすぎて使いにくい、外出用に持ち歩きたいという人にいいですね。

興味を持った人は、ぜひ『MX Master 3』を使ってみてくださいね。

Logicool(ロジクール)『MX Anywhere 3(MX1700)』

【予約受付中/10月29日発売】ロジクールMXANYWHERE3forMacワイヤレスマウスMX1700MBluetooth無線マウスmaciPadOSMX1700国内正規品2年間無償保証 【予約受付中/10月29日発売】ロジクールMXANYWHERE3forMacワイヤレスマウスMX1700MBluetooth無線マウスmaciPadOSMX1700国内正規品2年間無償保証 【予約受付中/10月29日発売】ロジクールMXANYWHERE3forMacワイヤレスマウスMX1700MBluetooth無線マウスmaciPadOSMX1700国内正規品2年間無償保証

出典:楽天市場

サイズ 幅65.0×奥行100.5×高さ34.4mm
重量 99g
電源 充電式Li-Poバッテリー(500mAh)
接続方法 無線2.4GHz(Unifying対応)、 Bluetooth

そのほかのマウスの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:micksrate、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

ITライター酒井麻里子さんへの取材をもとに、マウスの中でも一度使ったら手放せないという声も多いトラックボールについて、選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介します。この記事では、ロジクール、エレコム、ケンジントンなど人気ブランドのエントリーモデルから上級者が納得できる1台までをご紹介。通販サイトの人気売れ筋ランキングも確認していただけます。ぜひ手にしっくりなじむトラックボールを見つけてください!


【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんにいただいたアドバイスをもとに、おすすめのキーボードを紹介します。快適なキータッチで軽快にタイピングができると、パソコン作業の効率にも影響します。本記事ではキーボードとマウスのセットや、Macでも使えるキーボードも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、ワイヤレスキーボードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。また、ワイヤレスキーボードが反応しなくなったときのチェックポイントも解説してますのでぜひ参考にしてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

ITライターの酒井麻里子さんに聞く、静音マウスの選び方とおすすめ5選ご紹介します。PC操作に便利なマウスですが、図書館や授業中、深夜の作業では小さなクリック音でも気になるものです。このような環境でPCを操作することが多い方は、静音マウスを使うと便利ですよ! 商品選びにお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

IT・テックライターの石井英男さんに取材した内容をもとに、ゲーミングキーボー17選と選び方をご紹介します。世界大会の開催やプレイヤーのプロ化など、PCゲームを取り巻く環境は急速に変わりつつあります。そして、ゲームをプレイするためのデバイス(機材)もまた進化しています。なかでも、自分の手足の役割を果たすキーボードは、その操作性によってプレイの結果に違いをもたらす重要パーツのひとつ。さらに、タイプ別の人気商品や通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ商品選びの参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Logicool(ロジクール)

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る