PR(アフィリエイト)

コーヒータンパーおすすめ9選|使い方や代用法も! 径58mmの商品など厳選

Praxia コーヒータンパー タンパー エスプレッソ 49mm 【ロゴ入りポーチ/当店タンパーマット/クロス 付属
出典:Amazon
Praxia コーヒータンパー タンパー エスプレッソ 49mm 【ロゴ入りポーチ/当店タンパーマット/クロス 付属
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

「コーヒータンパー」のおすすめ商品をご紹介します。おいしいエスプレッソを抽出する際に欠かせないコーヒータンパー。カフェなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コーヒーに関する作品も多いコラムニストの岩田リョウコさんからのアドバイスをもとに、コーヒータンパーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。直径45mm、58mmなどさまざまなサイズを厳選しました!

さらに後半では、岩田さんによる商品のおすすめランキングやコーヒータンパーの使い方、代用方法もご紹介! 通販サイトの最新人気ランキングもありますので、商品を比較しながら自分に合うコーヒータンパーを見つけてくださいね。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

コラムニスト・イラストレーター
岩田リョウコ
コロラド大学大学院で日本語教育学を学び、2009年から外務省専門調査員としてシアトル日本国総領事館勤務。 趣味で立ち上げたコーヒーのトリビアをイラストで紹介する『I Love Coffee』が月間訪問者数60万人のサイトに成長しアメリカで書籍化される。 中国語、韓国語、ロシア語に翻訳出版されている。 日本語著書に『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』。 宝島社リンネルwebやTABI LABOでコーヒーコラム連載中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
平野 慎也

「生活雑貨」「キッチン用品」「ギフト・プレゼント」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

コーヒータンパーとは? 家でエスプレッソを入れるなら!

 

エスプレッソを抽出する際、エスプレッソマシーンに設置するフィルターバスケットに入れたコーヒーパウダーを、平らに押し固める作業をタンピングといいます。その作業に欠かせないのがコーヒータンパーというアイテム。エスプレッソタンパーとも呼ばれます。上から均等な力でコーヒーパウダーを押し固めることにより、抽出ムラを防いでおいしいエスプレッソに仕上げることができます。

家庭用のエスプレッソマシーンを購入するとタンパーが付属している場合もありますが、安定したタンピングを行なうのは難しいもの。適したサイズ、形状、素材のコーヒータンパーを使えば、より本格的なエスプレッソを家庭で味わうことができますよ

コーヒータンパーって必要? こだわりのコーヒーを淹れるなら!

 

タンパーがあることで、豆を均一に詰めることができます。均一にコーヒー豆が広がることで、お湯通りがよくなり、ムラのない抽出ができるため、エスプレッソが美味しくなるのです。

コーヒーの豆を広げるための道具であるタンパーとそれによるタンピングで出来が変わってきます。はじめての方などは、定圧タンパーなど使いやすい製品もありますのでチェックしてみてください。こだわりをもったエスプレッソをつくりたいのであれば、タンパーは必要といえます。

コーヒータンパーの選び方 ポイントをチェック!

 

コーヒータンパーは、サイズやベース形状など、選ぶ際に着目すべきポイントがいくつかあります。どれもおいしいエスプレッソを入れるのに大切なポイントなので、それぞれ詳しくご紹介します。ポイントは下記のとおり!

【1】フィルターのサイズに合わせて選ぶ
【2】形状で選ぶ
【3】ハンドルの確認
【4】重さをチェック


参考にしながら自分にぴったりのコーヒータンパーを探してくださいね。

【1】タンパーサイズはフィルターのサイズに合わせて選ぶ

 

まず、タンパーの直径サイズがコーヒーパウダーを入れるポルタフィルターに合っているかが重要です。定番のサイズは57mm、58mmですが、サイズが合っていないと均一にタンピングできず、エスプレッソの抽出に影響が出てしまいます。ポルタフィルターバスケットの直径を確認し、適切な大きさのものを選びましょう。

【2】タンパーベースの形状も確認しよう

 

タンパーのベースの形もチェックしましょう。ここでは、タンパーベースの基本的な3つの形状をご紹介します。ほかにも異なる形のものがありますが、まずは基本的な3つのなかから使いやすいものを選ぶとよいでしょう。形状によって抽出の仕上がりが変わってくるので、それぞれの特徴をしっかりと確認しておきましょう。

水平が取りやすいフラットタイプ

 

底の部分が水平になっているのがフラットタンパー(プッシュタンパー)。上から垂直に押すとフィルターバスケットのなかのコーヒーパウダー全体を均等に押し固められます。水平にタンピングできているか確認がしやすく、技術を上達させる面でも初心者はこちらのタイプを選ぶとよいでしょう

抽出が安定しやすいカーブ(コンベックス)タイプ

 

ベースが緩やかな曲線を描いているのがカーブタイプで、コンベックスタイプとも呼ばれます。タンピングするとコーヒーパウダーの中央部分が少しへこむのが特徴。タンピングが水平にできているか確認しづらいのがデメリットですが、多少角度がついても中央に湯が流れるため安定した抽出が可能です。

表面積が広がってお湯の通りがよくなるリップルタイプ

 

リップルタイプは、底が波状になっているのが特徴。タンピングした表面が凹凸になることで表面積が広くなり、お湯の通りがよくなってムラなく均一にエスプレッソを抽出できます。凹凸がついている以外はフラットタイプに近い使い心地です。

【3】ハンドルは握りやすい形状が使いやすい

 

タンピングの際には、約15~25kgの力が必要とされています。力を加えながら均一に押し固めるためにも、握りやすく、自分に合ったハンドルのタンパーを選ぶことが重要です。

ハンドルを持つ際、手首が曲がらずに、肘が直角に曲がった状態で持てる長さがちょうどいいでしょう。タンピングをする作業台の高さとのバランスも考慮して選ぶと失敗が少なくなります。

【4】重さの確認も忘れずに

 

タンパーは軽すぎると、そのぶん自分で体重をかけて力を入れなければならないため、ある程度の重さがあるものがおすすめです。市販のものは約200gから700gまでとさまざまですが、500g前後のものが比較的扱いやすいでしょう。

コラムニストからのアドバイス

コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

美容師さんのハサミのように、自分に合ったこだわりのコーヒータンパーと出会えれば、それを使い続けることでどんどん馴染んで相棒のように感じられるようになります。手のサイズ、フィット感などの相性が大切です。

コーヒータンパーおすすめ9選 プロと編集部でピックアップ!

選び方を確認したところで、ここからはコーヒータンパーのおすすめ商品をご紹介していきます。サイズのラインアップが豊富なものや、プロも使用する高品質なものなど、さまざまな商品をピックアップしました。ぜひ参考にして、自分にぴったりのコーヒータンパーを探してみてください。

コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

タンパーはコーヒー粉を均等に平らにするためのもの。上手にまっすぐ下へ向けて体重をかけなければいけないので、慣れないうちはPraxiaの『コーヒータンパー』のような、持ち手がフラットなもののほうが均等に体重をかけやすく扱いやすいでしょう。

Delerkeの『コーヒータンパー』は、ハンドルのないタイプで競技や大会で使われる上級者向け。ベース部分で高さを調節して粉を沈み込ませる度合いを調節できるため、豆の挽きなどとこまかく組み合わせることでエスプレッソの味をコントロールできます。

Focketの『コーヒータンパー』は、ベース部分がカーブしているため中央がへこんだ形の仕上がりになります。真ん中がへこんでいるとお湯が全体的に均等に行き渡るというメリットがあります。細部までこだわりたい方にぴったりです。

エキスパートのおすすめ

Delerke『コーヒータンパー』

Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』 Delerke『コーヒータンパー』
出典:Amazon この商品を見るview item
コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

高品質かつ高級感のあるデザイン

イギリスのメーカーのコーヒータンパーです。ハンドルがなく、タンパーの深さをマニュアルで自由に調節できるところがポイント。耐久性にすぐれたプレミアムステンレス鋼を使用し、コーヒーから出る酸によるサビも防止します。

洗浄もしやすく、すぐに乾くので衛生面も安心。機能性はもちろん、高級感も意識してデザインされた製品です。

サイズ ベース直径:51mm、高さ: -
重量 約510g
ベースタイプ リップル

サイズ ベース直径:51mm、高さ: -
重量 約510g
ベースタイプ リップル

De'Longhi(デロンギ)『バリスタツール タンパー』

De'Longhi(デロンギ)『バリスタツールタンパー』 De'Longhi(デロンギ)『バリスタツールタンパー』
出典:Amazon この商品を見るview item

挽き豆を均一にならして水平にタンピング

エスプレッソの苦さや酸味、濃さ、そしてクレマの厚みを左右するのがタンピング。デロンギのコーヒータンパーなら簡単にしっかりと粉を押し固められ、美しいクレマを作ることができます。デロンギのエスプレッソマシンを使用している方には合わせて使っていただきたい商品。

グリップの天然木とステンレスの組み合わせもおしゃれで高級感が漂います。

サイズ 台座直径 51mm x 高さ91mm
重量 285g
ベースタイプ タンパーベース

サイズ 台座直径 51mm x 高さ91mm
重量 285g
ベースタイプ タンパーベース

DELERKE『コーヒータンパー』

DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』
出典:Amazon この商品を見るview item

手に馴染むステンレス製タンパー

美味しいエスプレッソの抽出には、手に馴染む丈夫なタンパーが不可欠。握り心地が良く丈夫なアルミ製のハンドルで、しっかりと圧力をかけられます。ずっしりとした重さで、高級感もあります。

ステンレス製の面がパウダーの表面が均一を均一にならし、豆の旨みが引き立つエスプレッソの抽出が可能になります。

サイズ 11.7 x 8.5 x 8.3 cm
重量 500g
ベースタイプ -

サイズ 11.7 x 8.5 x 8.3 cm
重量 500g
ベースタイプ -

DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』

DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』 DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』 DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』 DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』
出典:Amazon この商品を見るview item

高級感漂う木製タンピングスタンドセット

天然木材で作られた重厚感のあるタンピングスタンドとコーヒータンパーのセット。明るいブナと、落ち着いた雰囲気のウォルナットからお好きなトーンを選ぶことができます。大人の雰囲気を醸し出す木の質感がインテリアにもぴったりです。

使いやすい3つ穴設計で、コーヒーアクセサリーをまとめておけるアイテム。ポルタフィルターに合わせて高さの調節も可能です。

サイズ 51mm-54mm
重量 770 g
ベースタイプ -

サイズ 51mm-54mm
重量 770 g
ベースタイプ -

エキスパートのおすすめ

Motta『コーヒータンパー 9bar』

コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

プロも納得のクオリティ! 本格的なコーヒーを

バリスタ用品を取り扱っているイタリアのメーカー製。デザインにこだわりを感じる、波打った独特のフォルムの黒いハンドルが印象的なフラットタイプのコーヒータンパーです。握りやすく、しっかりと力を加えることができます

お値段は高めですがそのぶんクオリティも高く、プロも愛用する商品となっています。長く愛用できるものをお探しの方、エスプレッソ作りにこだわりを持っている方に向いているでしょう。

サイズ ベース直径:58mm、高さ:92mm
重量 約450g
ベースタイプ フラット

サイズ ベース直径:58mm、高さ:92mm
重量 約450g
ベースタイプ フラット

エキスパートのおすすめ

珈琲工房ナナ『アルミタンパー』

珈琲工房ナナ『アルミタンパー』 珈琲工房ナナ『アルミタンパー』 珈琲工房ナナ『アルミタンパー』 珈琲工房ナナ『アルミタンパー』
出典:Amazon この商品を見るview item
コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

職人によって生まれたつなぎ目のない美しいデザイン

1本の丸棒から職人によってひとつひとつ作られた、オリジナルのタンパー。耐久性にすぐれていることで知られるジュラルミンを素材に使用しているのも特徴。ハンドルは丸みを帯びていてフィット感が高く、タンピングの際に圧力をかけやすくなっています。

ホルダーサイズは50mm、58mmの2種類があります。つなぎ目のない見た目の洗練された美しさと使いやすさをあわせ持った逸品です。

サイズ ベース直径:50mm、高さ:83mm
重量 255g
ベースタイプ フラット

サイズ ベース直径:50mm、高さ:83mm
重量 255g
ベースタイプ フラット

エキスパートのおすすめ

Diguo『コーヒータンパー』

Diguo『コーヒータンパー』 Diguo『コーヒータンパー』 Diguo『コーヒータンパー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

手になじむハンドルと耐久性を持ったベース

ステンレスベースのコーヒータンパーです。ハンドルは握りやすく手にしっくりとなじむ木製ハンドル。ステンレスのスペーサー部分は取り外しができ、高さの調整が可能です。全4種類のサイズがラインアップされているので、自分に合った長さを選べます。

耐久性にすぐれ、防錆、耐腐食性も保持しており安心。ほどよい重量感で使い心地のいいタンパーをお探しの方におすすめです。

サイズ ベース直径:58mm、高さ:90mm
重量 435g
ベースタイプ フラット

サイズ ベース直径:58mm、高さ:90mm
重量 435g
ベースタイプ フラット

エキスパートのおすすめ

青芳(アオヨシ)『HB コーヒータンパー(015557)』

青芳(アオヨシ)『HBコーヒータンパー(015557)』 青芳(アオヨシ)『HBコーヒータンパー(015557)』
出典:Amazon この商品を見るview item
コラムニスト・イラストレーター:岩田リョウコ

コラムニスト・イラストレーター

2サイズに対応したリバーシブルタイプ!

ベースサイズが一方は直径45mm、もう一方は55mmになっており、リバーシブルで使えるのが特徴のフラットタイプタンパー。どちらかのサイズがご自身のエスプレッソメーカーに合っていればもちろんのこと、新しいサイズのものを購入して使い分けることも可能です。

手になじみやすくなっているのもポイント。食器洗浄機に対応しているので、お手入れもカンタンです。

サイズ ベース直径:45/55mm、高さ:72mm
重量 -
ベースタイプ フラット

サイズ ベース直径:45/55mm、高さ:72mm
重量 -
ベースタイプ フラット

xuuyuu『コーヒータンパー』

xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』 xuuyuu『コーヒータンパー』
出典:Amazon この商品を見るview item

モダンなデザインと耐久性を兼ねそろえたタンパー

おしゃれなデザインのコーヒータンパー。コーヒー粉末をしっかりと押すためのしっかりした丈夫なベースで、素材には防錆および耐久性があるステンレス鋼材料のタンパー。

家庭やオフィスでの使用はもちろんですが、コーヒーを愛する人への贈り物にも最適です。

サイズ ベース直径:51mm、高さ: -
重量 約400〜428g
ベースタイプ 三角斜面

サイズ ベース直径:51mm、高さ: -
重量 約400〜428g
ベースタイプ 三角斜面

「コーヒータンパー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Delerke『コーヒータンパー』
De'Longhi(デロンギ)『バリスタツール タンパー』
DELERKE『コーヒータンパー』
DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』
Motta『コーヒータンパー 9bar』
珈琲工房ナナ『アルミタンパー』
Diguo『コーヒータンパー』
青芳(アオヨシ)『HB コーヒータンパー(015557)』
xuuyuu『コーヒータンパー』
商品名 Delerke『コーヒータンパー』 De'Longhi(デロンギ)『バリスタツール タンパー』 DELERKE『コーヒータンパー』 DELERKE『木製のパウダーシートタンピングスタンド』 Motta『コーヒータンパー 9bar』 珈琲工房ナナ『アルミタンパー』 Diguo『コーヒータンパー』 青芳(アオヨシ)『HB コーヒータンパー(015557)』 xuuyuu『コーヒータンパー』
商品情報
特徴 高品質かつ高級感のあるデザイン 挽き豆を均一にならして水平にタンピング 手に馴染むステンレス製タンパー 高級感漂う木製タンピングスタンドセット プロも納得のクオリティ! 本格的なコーヒーを 職人によって生まれたつなぎ目のない美しいデザイン 手になじむハンドルと耐久性を持ったベース 2サイズに対応したリバーシブルタイプ! モダンなデザインと耐久性を兼ねそろえたタンパー
サイズ ベース直径:51mm、高さ: - 台座直径 51mm x 高さ91mm 11.7 x 8.5 x 8.3 cm 51mm-54mm ベース直径:58mm、高さ:92mm ベース直径:50mm、高さ:83mm ベース直径:58mm、高さ:90mm ベース直径:45/55mm、高さ:72mm ベース直径:51mm、高さ: -
重量 約510g 285g 500g 770 g 約450g 255g 435g - 約400〜428g
ベースタイプ リップル タンパーベース - - フラット フラット フラット フラット 三角斜面
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月5日時点 での税込価格

エキスパートによるおすすめランキング どれがいい?

コーヒーに関するコラムや書籍を執筆している岩田リョウコさんが選ぶ、コーヒータンパーのおすすめランキングを発表します。ぜひ商品選びの参考にしてください。

7位 青芳(アオヨシ)『HB コーヒータンパー(015557)』

青芳(アオヨシ)『HB コーヒータンパー(015557)』

6位 Vicfund『コーヒータンパー』

Vicfund『コーヒータンパー』

5位 Delerke『コーヒータンパー』

Delerke『コーヒータンパー』

4位 珈琲工房ナナ『アルミタンパー』

珈琲工房ナナ『アルミタンパー』

3位 Motta『コーヒータンパー 9bar』

Motta『コーヒータンパー 9bar』

2位 Praxia『コーヒータンパー』

Praxia『コーヒータンパー』

1位 Focket『コーヒータンパー』

Focket『コーヒータンパー』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コーヒータンパーの売れ筋をチェック

Amazonでのコーヒータンパーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コーヒータンパーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コーヒータンパーの使い方 エスプレッソを美味しく淹れる秘訣!

 

まずはポルターフィルターにコーヒー豆の粉を詰めるのですが、ここで均一になるようにコーヒー豆を入れるのには、コーヒーミルやグラインダーを利用することです。それによりコーヒー豆を細かく砕くことができるので、ポルターフィルターに均一になるように入れることができます。

そのあとタイピングという固める作業ですが、コーヒー豆を均一にすることが美味しくするコツです。C(カット)系やカーブ系のタンパーもあり、特徴として、タンピングの仕上がりが「外周部分より中央が凹む」という特徴があり、真ん中に土手をつくることで、浸透度合いを均一にし、湯の逃げ道を塞ぐ役割も果たします。

タンパーを利用して、コーヒー豆をおしかためていくのですが、水平に、一定以上の力で均一に押し込んでいくとよいでしょう。おいしいエスプレッソをつくるには手間暇がかかります。こだわったエスプレッソをつくってみてください。

コーヒータンパーの代用 100均や家にあるものでも!

 

エスプレッソマシンに付属しているタンパーではやりにくいということもよくあります。タンパーはつまりは、径にあった大きさでコーヒー豆を圧縮できればいいわけですので、100均やホームセンターのいろいろなものを代用して自作することができます。

たとえば、持ち手については、ごますりこぎを半分に切って、サイズを測ったステンレスの皿ナットをくっつけてみたり。手すりにつかう金具に、ステンレスのまる板やアルミ板をつけてみたりしてもよいでしょう。幅広いもので代用が可能です。是非、自分仕様のぴったりなタンパーを作ってみてはいかがでしょうか。

そのほかのコーヒー関連の記事はこちら 【関連記事】

美味しいエスプレッソを楽しもう いかがでしたか?

コーヒータンパーおすすめをご紹介しました。最後に選び方のポイントをおさらいです。

タンパーサイズはフィルターサイズに合わせて選びましょう。サイズが合わないとキレイにタンピングできないので、大切な要素です。タンパーベースの形状やハンドルの握りやすさ、重さの確認も忘れずに行ないましょう。

ご紹介した内容を参考にして、お気に入りのコーヒータンパーを見つけてくださいね!

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button