バイク用チェーンオイルおすすめ12選|正しい頻度・塗り方も解説

YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル ドライ(ホワイトタイプ)』
出典:Amazon
バイクライター
福田 満雄

バイク免許取得から28年、所有したバイクは20台以上。シンプルでわかりやすい文章を書くライター。複数のメディアで記事を書いています。 2020年8月時点の愛車はBMW F850GSとホンダスーパーカブ110。 一日中バイクに乗っているのが好き。過去には日帰り1,000kmツーリングや、スーパーカブ110で1日450kmツーリングなども。

バイクのチェーンのお手入れに必須となるバイク用チェーンオイル。チェーンルブともよばれているバイク用チェーンオイルは、アイテムによって粘度や色、様式が異なるので飛び散りにくく使いやすいものを選びましょう。ここでは、バイクライター・福田満雄さんと編集部が選ぶバイク用チェーンオイルおすすめ12選と選び方をご紹介します。


バイク用チェーンオイルを使う頻度と塗り方

バイクのチェーンの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

快適な走りやチェーンのもちをよくするために、バイク用チェーンオイルでメンテナンスをしましょう。

バイクのチェーンを汚れやサビから守り、もちをよくするためにバイク用チェーンオイルでメンテナンスをしましょう。走行距離500~1,000kmに一度、または雨天走行後がメンテナンスの目安です。週末ライダーなどあまりバイクに乗らない場合は、1カ月に一度を目安におこないましょう。

注油方法はバイクをスタンドで固定したあと、チェーンオイルをローラーとスプロケットが接触する場所とチェーンプレート外側に塗布します。全体的にオイルがチェーンになじんだら、余分なオイルをウエスでふきとって完了です。

バイク用チェーンオイルの選び方

バイクライター・福田満雄さんに取材をして、バイク用チェーンオイルの選び方のポイントを教えていただきました。粘度や様式をよくチェックすることが大切です。ぜひバイク用チェーンオイル選びの参考にしてください。

シールチェーン、ノンシールチェーンかで選ぶ

バイクのチェーンは、シールチェーンとノンシールチェーンに分かれます。チェーンのピンとブッシュの間にグリースを注入、シールで密閉したのがシールチェーン。グリースが注入されていないのがノンシールチェーンです。バイクのチェーンによって、オイルのシールチェーン対応の有無を選びましょう。

もしもシールチェーンかノンシールチェーンどちらかが判断できない場合は、シールチェーン対応のものを選びましょう。シールチェーン対応のものなら、どちらにでも使用できます。

重視したいポイントで粘度を選ぶ

バイク用チェーンオイルは、アイテムによって粘度が異なります。塗り方やメンテナンスの頻度など、重視したいポイントに応じた粘度のバイク用チェーンオイルを選びましょう。

塗りやすさ、こまめにメンテするならウェットタイプ

オイルの粘度が低く、さらさらとしているのがウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。チェーン本体に浸透しやすく、塗りやすいのが特徴。チェーンの汚れやサビ落としにも活用できますので、こまめにメンテナンスしたい人にも向いています。

オイルが乾くのに時間がかかるため、すぐに走ると塗布したオイルが飛び散ってしまいます。じゅうぶんに乾燥時間を持つのが重要です。

飛び散り防止、メンテ頻度低めならドライタイプ

オイルの粘度が高く、速乾性にすぐれているのがドライタイプのバイク用チェーンオイルです。チェーンオイルを塗ってすぐに走っても、オイルが飛び散りにくく汚れもつきにくいのは魅力です。また、オイル自体も長持ちするので、メンテナンスの周期を長くしたい人にも向いています。

ドライタイプは汚れやサビ落としには活用できません。チェーンオイルのみの用途で使用しましょう。

セミウェット、セミドライタイプもチェック

バイク用チェーンオイルには、ウェット、ドライそれぞれのメリットを持つセミウェット、セミドライタイプのアイテムもあります。塗りやすさやメンテナンスの頻度など、どのポイントを重視したいかでセミウェット、セミドライを選びましょう。

たとえば塗りやすさ重視ならセミウェットタイプ、塗ってすぐに走りたいならセミドライタイプが選択肢になります。

フッ素配合のものはメリットも多い

バイク用チェーンオイルのなかには、フッ素樹脂が配合されているものもあります。フッ素樹脂は、チェーンの潤滑性や耐摩耗性、耐水性を長くたもってくれるのがメリット。また、薄い皮膜ができてチェーンに密着するので、オイルが飛び散りにくいのも魅力です。

フッ素樹脂配合のものはやや価格が高くなる傾向にありますが、メリットも多いためチェックしてみましょう。

塗り方によって様式を選ぶ

バイク用チェーンオイルは、スプレータイプとボトルタイプがあります。塗り方によって様式を選びましょう。スプレータイプは広範囲に一度にオイルを噴射できるので、手軽にメンテナンスができるのがメリットです。ノズルがこまかいところまで届くものや、スプレーの形状が持ちやすくなっているものもあります。

ボトルタイプは、チェーンのこまかいところまで確認しながら塗れるのが特徴です。こまめにメンテナンスしたい人にも向いています。

色つきか無色かで選ぶ

バイク用チェーンオイルは、無色透明タイプと、色つきのものがあります。バイクにカラーチェーンを使っている場合には、無色透明タイプのバイク用チェーンオイルを選びましょう。カラーチェーンの色がくすまず、きれいな発色も得られます。

色つきのチェーンオイルは、塗ったところがわかりやすいのがメリット。塗りむらを防ぎたい人に向いています。

まずは用途が合うものを選ぶのがスタート バイクライターがアドバイス

バイクライター

自身と相性の合うチェーンオイル探しの旅は果てしないものです。ですからまずは商品説明を読んで「ツーリング向き」「レース向き」「万能タイプ」などから用途にあったものを選ぶところからスタートしましょう。

そして、チェーンオイルとセットで購入したいのがチェーン清掃をするクリーナーと専用ブラシなどの便利グッズ。頻度の高いメンテナンスですから、できるだけ省力化をはかりたいところです。

バイク用チェーンオイルおすすめ12選 粘度や色、塗り方で商品を厳選

選び方を踏まえて、バイクライター・福田満雄さんと編集部でバイク用チェーンオイルのおすすめ12商品を選びました。オイルの粘度や様式、色つきの有無などで商品を選んでいますので、バイクのメンテナンスに使いやすい一品選びにぜひ役立ててください。

バイクライター

YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル ドライ(ホワイトタイプ)』はヤマハ純正品。手間はかかりますが持続性あり。AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブEP(CH520)』は、潤滑油専門会社の商品。チェーン1コマに1滴のオイルをさすのは楽しいものです。

呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』は、潤滑スプレー5-56と同じメーカー品。チェーン清掃後にシュッと吹いて完了。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル ドライ(ホワイトタイプ)』

YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイルドライ(ホワイトタイプ)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 ドライ
様式 スプレー
内容量 500ml

飛び散りにくいドライタイプ

飛び散りやたれが少なく、べとつかないドライタイプのバイク用チェーンオイルです。シールチェーン、ノンシールチェーン両方に対応しています。白色のスプレーのため、チェーンに新車時のような仕上がりがほしい人にも向いています。

フッ素樹脂を配合しているので、潤滑性を長期間保ちます。耐摩耗性にもすぐれているので、メンテナンスの周期を長くしたいときにもぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブEP(CH520)』

AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブEP(CH520)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 ウェット
様式 ボトル
-
内容量 15ml

バイクレースにも使える本格派

オイルの粘度が低く、さらさらとしているのがウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。チェーン本体に浸透しやすく、塗りやすいのが特徴。チェーンの汚れやサビ落としにも活用できますので、こまめにメンテナンスしたい人にも向いています。

オイルが乾くのに時間がかかるため、すぐに走ると塗布したオイルが飛び散ってしまいます。じゅうぶんに乾燥時間を持つのが重要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』

呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』 呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』 呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 -
様式 スプレー
-
内容量 180ml

フッ素と有機モリブデンを配合

オイルがたれない、使ったあとに走ってもオイルが飛び散らない、スプレータイプのチェーンオイルです。バイクはもちろん、自転車や農機具用のチェーンにも使用できます。

フッ素樹脂と高純度有機モリブデンを配合し、潤滑性と耐摩耗性にくわえて、耐水性を両立。チェーンをサビから守ります。なめらかな走りと、チェーンのもちのよさをかなえてくれるチェーンオイルです。

和光ケミカル『CHL チェーンルブ(A310)』

和光ケミカル『CHLチェーンルブ(A310)』 和光ケミカル『CHLチェーンルブ(A310)』 和光ケミカル『CHLチェーンルブ(A310)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 セミウェット
様式 スプレー
無色透明
内容量 180ml

チェーンメンテナンスとサビ対策にも

ウェットとドライのよいところを取り入れた、セミウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。水置換性があるため、金属表面の湿気を追い出し、サビ防止にも有効性を発揮します。

こまかいところまで届くノズルと、手にフィットしやすい形状のスプレータイプで、シールチェーンにも使用できます。無色透明タイプのため、カラーチェーンにも使えます。

和光ケミカル『CHG チェーンガード(A270)』

和光ケミカル『CHGチェーンガード(A270)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 ウェット
様式 スプレー
-
内容量 220ml

フッ素配合のスプレータイプ

シールチェーンにも対応したチェーン用オイルです。フッ素を配合しているので、潤滑性や耐摩耗性にすぐれ、長時間チェーンを潤滑した状態にします。ツーリングなど、長距離走行前のメンテナンスにも向いています。

スプレーのチェーンへの密着性を高めるため、冬場は30分、夏場は10分程度噴射後放置し、オイルをなじませましょう。

YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル(ウェットムースタイプ)』

YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル(ウェットムースタイプ)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 ウェット
様式 ムース
-
内容量 500ml

過酷な環境下でのライディングにも

浸透性の高い、ウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。オイルが泡状に噴射され、油膜を作ってチェーンにしっかりと密着します。耐摩耗性にとくにすぐれているので、過酷な状況下でのライディングまえのメンテナンスにも向いています。

ノズルキャップは2way仕様のため、こまかいところ、広範囲と2とおりの噴射ができます。

大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』

大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』 大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』 大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』 大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』 大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 -
様式 スプレー
無色透明
内容量 420g

環境にもやさしいチェーンオイル

バイクチェーンメーカーである大同工業製のバイク用チェーンオイルです。熱に反応して自己潤滑皮膜を形成する有機モリブデンを配合し、高い潤滑性を長続きさせます。また、ポリマーを配合しているのでスプレーしたときにオイルが飛び散りにくいのも魅力です。

防錆添加剤を配合しているので、長時間サビ対策ができます。ノンフロン、ノンエタンの環境にもやさしい設計になっています。

AZ(エーゼット)『チェーンルブ セミウェットスプレー(CH173)』

AZ(エーゼット)『チェーンルブセミウェットスプレー(CH173)』

出典:Amazon

シールチェーン -
粘度 セミウェット
様式 スプレー
-
内容量 70ml

ツーリングなどにも使いやすい

ウェットとドライのよいところを取り入れた、セミウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。浸透性と潤滑持続性にすぐれながら、べとつかずに飛び散りにくい使い心地を実現しています。

水置換性、バリウムフリーのためチェーンについた湿気を取り去り、防錆性が高いのも魅力です。コンパクトなサイズのため、ツーリングやレースなど屋外で使用するときにも持ち運びしやすくなっています。

AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブ万能(CH501)』

AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブ万能(CH501)』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 ウェット
様式 ボトル
-
内容量 50ml

ウェットタイプながらなじみやすい

潤滑性と防錆性にすぐれたウェットタイプのバイク用チェーンオイルです。街乗りから本格的なバイクレースまで使える、まさに万能タイプといえるオイルになっています。

チェーンの1コマずつに注油するボトル様式で、少量でもじゅうぶんなききめがあります。塗ってすぐになじむので飛び散りにくく、ウェットタイプながら注油後すぐに走れるのも魅力です。

パパコーポレーション『SUPER ZOIL チェーンルーブ』

パパコーポレーション『SUPERZOILチェーンルーブ』

出典:Amazon

シールチェーン 対応
粘度 -
様式 スプレー
-
内容量 220ml

チェーン以外の場所にも使用できる

各種チェーンに直接使えるスプレー様式で、手軽にメンテナンスしたい人に向いているバイク用チェーンオイルです。潤滑性能が高いので、チェーンやスプロケットのもちをよくするのが特徴。シールチェーンにも対応しています。

チェーンのほか、エンジンの組付けやスプロケットにも使用可能。1本でいろいろなところのメンテナンスができます。

MOTUL(モチュール)『MC CARE C2 CHAIN LUBE ROAD』

MOTUL(モチュール)『MCCAREC2CHAINLUBEROAD』 MOTUL(モチュール)『MCCAREC2CHAINLUBEROAD』 MOTUL(モチュール)『MCCAREC2CHAINLUBEROAD』 MOTUL(モチュール)『MCCAREC2CHAINLUBEROAD』

出典:Amazon

シールチェーン -
粘度 ドライ
様式 スプレー
無色透明
内容量 400ml

オンロードのいろいろな走りに対応

粘着性の高いドライタイプのバイク用チェーンオイルです。オイルが飛び散らず、しっかりと密着するのでメンテナンスの周期を伸ばしたいときに向いています。

高速走行時もオイルがチェーンにしっかりと密着するので、街乗りからバイクレースまで使用できます。無色透明タイプのため、カラーチェーンに使いたいときの選択肢にも入ります。

MOTUL(モチュール)『MC CARE C3 CHAIN LUBE OFF ROAD』

MOTUL(モチュール)『MCCAREC3CHAINLUBEOFFROAD』

出典:Amazon

シールチェーン -
粘度 ウェット
様式 スプレー
蛍光黄色
内容量 400ml

オフロード用チェーンオイルならこれ

オフロード走行のために作られたバイク用チェーンオイルです。低粘着のウェットタイプスプレーで、チェーンに泥や砂、土がつくのを防ぎます。Oリング、Xリング、Zリングにも対応しているので、いろいろなオフロードバイクに使用可能です。

オイルには蛍光黄色が着色されているので、チェーンのどの部分までスプレーしたかもはっきりとわかりやすくなっています。

「バイク用チェーンオイル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル ドライ(ホワイトタイプ)』
AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブEP(CH520)』
呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』
和光ケミカル『CHL チェーンルブ(A310)』
和光ケミカル『CHG チェーンガード(A270)』
YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル(ウェットムースタイプ)』
大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』
AZ(エーゼット)『チェーンルブ セミウェットスプレー(CH173)』
AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブ万能(CH501)』
パパコーポレーション『SUPER ZOIL チェーンルーブ』
MOTUL(モチュール)『MC CARE C2 CHAIN LUBE ROAD』
MOTUL(モチュール)『MC CARE C3 CHAIN LUBE OFF ROAD』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル ドライ(ホワイトタイプ)』 AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブEP(CH520)』 呉工業『スーパーチェーンルブ(1068)』 和光ケミカル『CHL チェーンルブ(A310)』 和光ケミカル『CHG チェーンガード(A270)』 YAMAHA(ヤマハ)YAMALUBE(ヤマルーブ)『スーパーチェーンオイル(ウェットムースタイプ)』 大同工業『D.I.Dチェーンルーブ』 AZ(エーゼット)『チェーンルブ セミウェットスプレー(CH173)』 AZ(エーゼット)『バイクレース用チェーンルブ万能(CH501)』 パパコーポレーション『SUPER ZOIL チェーンルーブ』 MOTUL(モチュール)『MC CARE C2 CHAIN LUBE ROAD』 MOTUL(モチュール)『MC CARE C3 CHAIN LUBE OFF ROAD』
商品情報
特徴 飛び散りにくいドライタイプ バイクレースにも使える本格派 フッ素と有機モリブデンを配合 チェーンメンテナンスとサビ対策にも フッ素配合のスプレータイプ 過酷な環境下でのライディングにも 環境にもやさしいチェーンオイル ツーリングなどにも使いやすい ウェットタイプながらなじみやすい チェーン以外の場所にも使用できる オンロードのいろいろな走りに対応 オフロード用チェーンオイルならこれ
シールチェーン 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 - 対応 対応 - -
粘度 ドライ ウェット - セミウェット ウェット ウェット - セミウェット ウェット - ドライ ウェット
様式 スプレー ボトル スプレー スプレー スプレー ムース スプレー スプレー ボトル スプレー スプレー スプレー
- - 無色透明 - - 無色透明 - - - 無色透明 蛍光黄色
内容量 500ml 15ml 180ml 180ml 220ml 500ml 420g 70ml 50ml 220ml 400ml 400ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする バイク用チェーンオイルの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのバイク用チェーンオイルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チェーンオイル・チェーンルブ / 200ml以上ランキング
Yahoo!ショッピング:バイク用 チェーンルブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

チェーンのメンテナンスに代用できるものは?

チェーンオイルの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

バイクのチェーンに代用できるオイルもありますが、専用のものよりも持続性は落ちます。

チェーンオイルがどうしても手元にない場合は、エンジンオイルをチェーンオイルとして代用可能です。ただし、エンジンオイルのほうが粘度は低いため持続性がなく、メンテナンスの頻度が上がってしまいます。チェーンソーや機械に使用するチェーンソーオイルやハンマーオイルでも代用できるものがありますが、やはりメンテナンス頻度が上がるため、あくまでも緊急用と考えておきましょう。

一般家庭用オイルや自転車のチェーン用オイルは、揮発性が高いためバイクのシールチェーンを傷める可能性があります。代用しないようにしましょう。

油汚れはパーツクリーナーで落とそう

パーツクリーナーは、車やバイク、自転車のブレーキパーツなど、各パーツを有機溶剤で洗浄することで、落としにくい油汚れを落とすことができる便利なアイテムです。とはいえ、成分の違いや対応する素材の違いなど、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家の山...

ブレーキパーツなど、油汚れが気になる部分のメンテナンスに有効なのがパーツクリーナーです。パーツクリーナーもバイク用チェーンオイルと一緒にそろえておくと、愛車のメンテナンスに活用できます。

バイク用チェーンオイルで快適な走りを

バイクライター・福田満雄さんと編集部でバイク用チェーンオイルの選び方とおすすめ12商品を選びました。バイク用チェーンオイルは粘度や様式などがアイテムによって異なります。メンテナンスの頻度や走行距離、バイクの使用頻度、塗りやすさなど重視したいポイントに応じたものを選びましょう。

バイク用チェーンオイルを使えばチェーンのもちもよくなり、快適なライディングにつながります。大切な愛車のメンテナンスに使いやすいバイク用チェーンオイルを選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バイクカバーおすすめ11選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

バイクカバーおすすめ11選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

ガレージのない場合など、屋外にバイクを駐車しておくときに便利なバイクカバー。雨などの汚れや直射日光の影響から愛車を守ってくれます。本記事では、モーターサイクル・ジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部がが選ぶバイクカバーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


エコタイヤおすすめ7選|ウェットグリップ性能が高く、長持ちして寿命ある商品も!

エコタイヤおすすめ7選|ウェットグリップ性能が高く、長持ちして寿命ある商品も!

エコタイヤに替えて愛車の燃費を向上させたいと考えていても、エコタイヤとはどのような種類のタイヤかよく知らない、ノーマルタイヤと何が違うのかわからない、たくさんの商品があってどのタイヤにしたらよいのか迷ってしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では自動車ライター&エディターである高橋 満さんにエコタイヤの選び方とおすすめ商品を選んでいただきました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ウォッシャー液おすすめ10選|フロントガラスを清潔に!撥水タイプや油膜取りタイプも

ウォッシャー液おすすめ10選|フロントガラスを清潔に!撥水タイプや油膜取りタイプも

「ウォッシャー液がなくなった」場合、液を切れたままにしないで補充や交換をしなければいけません。通常は同じものを継ぎ足して、補充のみでよいですが、撥水タイプから油膜タイプなど違う種類に変更する場合は、一度すべて空にしてから交換するほうが安心です。ウォッシャー液は、原液での利用、希釈しての利用のほか、汚れを取るだけでなく、撥水や油膜取りなどの効果の違いもあり、用途に応じてさまざまなタイプがあります。もちろん、容量やコスパも重要です。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんに伺ったウォッシャー液の選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【バッテリー上がりでも安心】ジャンプスターターのおすすめ17選|使い方と選び方のポイントも解説

【バッテリー上がりでも安心】ジャンプスターターのおすすめ17選|使い方と選び方のポイントも解説

カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、2020年版ジャンプスターター17選をご紹介します。モバイルバッテリー機能つきなどスマホなどの充電器としても役立つジャンプスターターをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【2020年】ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ12選|タイプ別に紹介

【2020年】ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ12選|タイプ別に紹介

昨今のあおり運転対策としておすすめの「ルームミラー型ドライブレコーダー」。通常のドラレコと比べて取りつけがかんたんで、視界の邪魔になったりすることもありません。本記事では、自動車ライターでエディターの塚田勝弘さんと編集部が選ぶルームミラー型ドライブレコーダーのおすすめ商品と選び方をご紹介。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


関連するブランド・メーカー


YAMAHA(ヤマハ発動機) 呉工業

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


自動車・バイクの人気記事


>>もっと見る