レディースマウンテンブーツおすすめ11選&ランキング【人気ブランドも】

レディースマウンテンブーツおすすめ11選&ランキング【人気ブランドも】
ファッションスタイリスト/コラムニスト
高橋 愛

服飾の学校にてデザインと縫製を中心に、カラーや繊維など多岐に渡りファッションについて学ぶ。アパレル業に10年従事し、5万人以上のスタイリングの経験を経て、2015年にパーソナルスタイリストとして独立。 これまでの主な仕事に産経新聞、朝時間.jp、主婦の友社での連載、NHKあさイチ出演などがある。著書「迷わないおしゃれ」WAVE出版や、累計500本を超えるコラムなど執筆業の他に、店頭トークイベント・出版社でのセミナー・学校での講演なども行う。 ファッションのサービスではあるが「ファッションを通して新しい自分に出会うことで目標が見つけられた!」「何かにチャレンジしてみたいと思った!」などの感想が並ぶのが特徴。 シンプルなのに、どこかこなれたスタイリングが好評。 オフィシャルブログ <a href="https://ameblo.jp/real-clothes-ai" target="_blank">https://ameblo.jp/real-clothes-ai</a>

キャンプや登山などのアウトドアシーンで役立つマウンテンブーツ。近年はファッション性の高いレディースマウンテンブーツも登場し、おしゃれなコーディネートアイテムとして注目されています。ファッションスタイリストの高橋 愛さんへの取材をもとに、レディースマウンテンブーツの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。記事後半には、Amazonや楽天市場など大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


レディースマウンテンブーツの選び方

レディースマウンテンブーツは種類が多いだけに、どれを選べばいいか迷いがち。見た目だけでなく、履き心地などもチェックする必要があります

ここでは、お気に入りの一足をみつけるためにおさえておきたいポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

すぐにおすすめ商品を見たい方はこちらから!
ファッションスタイリストの高橋 愛さんおすすめランキングはこちらから!

落ち葉のなかで立つブーツをはいた女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

デザインや素材で選ぶ

デザイン性の高いレディースマウンテンブーツは、どの素材やカラーを選ぶかによって見た目の雰囲気も大きく異なってきます。

ファッション性を重視するなら、素材選びは大事。自分のなりたいイメージを考えながら、好みに適した一足を選びましょう。

おしゃれな雰囲気にしたいなら「革」や「合皮製」

本来マウンテンブーツは山登り用の靴なので、耐久性がある革素材が注目されていました。ですが近年タウンユースに配慮したデザインが登場するにつれ、合皮製や起毛レザーなど見た目を重視した素材も採用されるように。

革は高級感を醸し出してくれる素材なので、おしゃれな雰囲気を楽しみたいなら本革や合皮製、起毛レザーを選ぶといいでしょう。

コーディネートに合わせて色選びをする

レディースマウンテンブーツはイエローカラーを中心に、さまざまな色が販売されています。合わせたいコーディネートをイメージし、適した色から選びましょう。

レッドやピンクなど華やかなカラーのブーツは着こなしのアクセントに。ブラックはどんなコーディネートにも合わせやすいので、一足持っておくと重宝するでしょう。

シューレースで雰囲気を変えることも可能

マウンテンブーツにはシューレース(靴ひも)が付属しているものがほとんどですが、このシューレースの色や柄を変えるだけでも、まるで違うシューズのような雰囲気へと変化させることができます。

靴自体は地味な色合いでも、柄入りのシューレースに変えると足元が一気に華やかな印象に! その日の気分によって色や柄を変えるのも楽しいかもしれません。

機能性を重視して選ぶ

マウンテンブーツを日常使いするなら、使い勝手のよさを確認することも大事。どんな機能があるかによって、履き心地や使いやすさも異なってきます。

脱ぎ履きのしやすさやクッション性、軽量性などに注目しながら選んでみてくださいね

サイドジッパー式は脱ぎ履きがラク

マウンテンブーツをふだん使いするとなると、いちいち紐の結び目をほどくのが面倒に感じる方もいるかもしれません。その場合はサイドジッパーがあるマウンテンブーツを選んでみてください。紐をほどくことなくジッパーを上げ下げするだけで脱ぎ履きができるので、手間がかからず便利です

クッション性や軽量性があると疲れにくい

長時間歩くときは疲れにくいアイテムを選ぶことが大切です。クッション性や軽量性があるタイプなら足に負担がかかりにくく、街の散策なども楽しみやすくなるでしょう。快適な履き心地でアウトドアシーンはもちろん、毎日の通学や通勤にも活用しやすくなります。

海外ブランドはサイズ選びを慎重に

マウンテンブーツは海外製が多いからこそ、サイズ選びに注意が必要です。なかでも欧米製は細身タイプが多いので、いつもの感覚でジャストサイズを選ぶときつく感じることがあります。とくに幅広・甲高の方は、1サイズ上も選択肢に入れておくといいでしょう。

ふだん使いしやすいデザインや機能性があるものに注目 ファッションスタイリストがアドバイス

ファッションスタイリスト/コラムニスト

マウンテンブーツというと「重そう」「ごつい」といったイメージもあるかもしれませんが、近ごろはストリートシーンでも取り入れやすい軽量でおしゃれなものもたくさんあります。アウトドアシーンだけに使うのはもったいないアイテムなので、ぜひふだん使いとしても取り入れていただきたいです。

レディースマウンテンブーツおすすめ11選 おしゃれなデザインでかわいくコーディネート!

ここからはおしゃれなデザインから本格派まで、おすすめのレディースマウンテンブーツ11商品をご紹介します。商品の特徴も解説していきますので、ご自身のニーズと照らし合わせながら好みのものを探してみてください。

VALER『ワークブーツ』

VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』 VALER『ワークブーツ』

出典:Amazon

メイン素材 合皮
カラー レッド、ホワイト、ブラック ほか
サイズ展開 23.0~26.5cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

クッションパッドで快適な履き心地を楽しめる

足首まわりにクッションパッドを採用することにより、ラクな履き心地を実現。つま先部分には広めのスペースが確保され、足の指を自由に動かすことができるので、旅行などで一日中動きまわるときも快適に歩きやすいでしょう。

水に強いPUレザー製のため防水性も高く、雨や雪の日も安心! レッドやホワイトなど印象的なカラーもあり、コーディネートのワンポイントとして印象づけることができます。

コロンビア『100MW タイタニアム アウトドライ』

コロンビア『100MWタイタニアムアウトドライ』 コロンビア『100MWタイタニアムアウトドライ』 コロンビア『100MWタイタニアムアウトドライ』

出典:楽天市場

メイン素材 ウォータープルーフレザー、ナイロン
カラー パープルカラー
サイズ展開 22.5~26.0cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

機能性が高いソールでぬかるみ道を歩いても安心

厚みを持たせたアンクルパッドがクッション性を高め、強力なグリップ力で足場の悪いところでも安定した歩行が可能に。独自の高レベルな防水性も搭載し、本格的なトレッキングが楽しめる機能性を持っています

カジュアルなファッションに合わせやすいデザインで、パープルカラーで女性らしさも演出。歩行性能にすぐれたアイテムを求めている方に適しているでしょう。

ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』

ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』 ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』 ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』

出典:楽天市場

メイン素材 本革
カラー ブラック
サイズ展開 22.5~24.5cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

ボリューム感のある厚底シルエットが特徴

光沢のあるスムースレザーと、メタリックなシューレースの金具が特徴的。厚底ソールがカジュアルな雰囲気を与えてくれるので、ストリートファッションにも合わせやすい一足です。

ローカットタイプなので、脱ぎ履きするときに手間がかかりにくいのもメリット。シューレースを別のカラーに変更すれば、よりコーディネートの幅が広がりそうです。

ムリョシューズ『マーティンブーツ』

ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』

出典:Amazon

メイン素材 牛革
カラー イエロー、ブラウン、ブラック、ダークブラウン ほか
サイズ展開 22.5~28.0cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

おしゃれなカラーが魅力的! 素材も選べる

ブラックやブラウンなど、渋めのカラーがそろったマウンテンブーツ。サイズ展開も幅広く、甲高・幅広の方も自分の足にピッタリのアイテムが見つけやすいでしょう。

軽量かつクッション性が高いのも魅力。レースアップになっているため脱げにくく、旅行やアウトドアなど長時間使用するシーンで活躍してくれます。

ビーエヌワン『レースアップ ブーツ』

ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』 ビーエヌワン『レースアップブーツ』

出典:Amazon

メイン素材 合成皮革
カラー イエロー、ブラック、ブラウン
サイズ展開 23.0~24.5cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

どんなファッションにも合わせやすいデザイン

パンツスタイルやワンピースなど、さまざまなファッションと相性のいいシンプルデザイン。アウトドアからタウンユースまで、幅広いシーンで活躍してくれるマウンテンブーツです。

レディースサイズは24.5cmまでですが、ユニセックスデザインなので足が大きめの方はメンズサイズを選んでも違和感が少なくすみます。お手ごろプライスで購入できるのもうれしいポイントです。

Agogoo『マーチンブーツ』

Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』

出典:Amazon

メイン素材 レザー
カラー ピンク、ベージュ、イエロー、ブラック ほか
サイズ展開 23.0~25.5cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

グリップ力があるソールで一日中履きやすい

ブーツ内部のクッション性とグリップ力があるゴムソールで、長時間歩くときもラクラク。水や汚れに強いPUレザー製なので、たくさん歩きたい日に便利です。

ピンクやベージュなど珍しいカラーもあるため、おしゃれで差をつけたいときに役立ちます。通気性タイプとボアつきタイプの2種類から選べるので、多く活用したい季節に合わせて選択してください。

ジェリービーンズ『ベージュスエード マウンテンブーツ』

ジェリービーンズ『ベージュスエードマウンテンブーツ』 ジェリービーンズ『ベージュスエードマウンテンブーツ』 ジェリービーンズ『ベージュスエードマウンテンブーツ』

出典:楽天市場

メイン素材 合成皮革(スエード)
カラー ベージュスエード
サイズ展開 S(22.0~22.5cm)、M(23.0~23.5cm)、L(24.0~24.5cm)
サイドジッパー あり

サイドジッパーつきで脱ぎ履きがラクラク!

靴の脱ぎ履きに手間がかからないサイドジッパー式のマウンテンブーツです。インナーにはウレタン素材が使用されており、足あたりも快適。日常着用から旅行まで、さまざまなシーンに利用することができます。

スエード生地とボリューム感のある厚底シルエットで、とくに秋冬コーデのスタイルアップに役立ってくれるでしょう。落ち着いたカラーで、幅広いコーディネートに合わせやすくなっています。

セントマーチン『レディース ブーツ』

セントマーチン『レディースブーツ』 セントマーチン『レディースブーツ』 セントマーチン『レディースブーツ』

出典:楽天市場

メイン素材 合成皮革
カラー レッドブラウン
サイズ展開 M(23.0~23.5cm)、L(23.5~24.0cm)、LL(24.0~24.5cm)
サイドジッパー なし

ヘビロテしたくなる定番デザインが魅力

ハイカット革ブーツの定番ともいえるフォルムで、デニムなどのパンツスタイルはもちろん、スカートとの相性も良好。季節を問わず、通年履きやすいレディースマウンテンブーツです。

レッドブラウンの渋い色合いに、イエローのシューレースが映えておしゃれ。デザイン性の高いアイテムなので、マウンテンブーツ初心者から上級者までコーディネートを楽しめます。

エニーウォーク『ヌバック調 ワークブーツ』

エニーウォーク『ヌバック調ワークブーツ』 エニーウォーク『ヌバック調ワークブーツ』 エニーウォーク『ヌバック調ワークブーツ』

出典:楽天市場

メイン素材 PUレザー(ヌバック調)
カラー ブラック、ダークブラウン、キャメル
サイズ展開 22.5~28.0cm(0.5cm刻み)、29.0cm
サイドジッパー なし

幅広のゆったりした履き心地のブーツ

つま先が丸い幅広設計と足首まわりのクッションパッドで、足になじみやすく快適な履き心地に。使いやすいカラーがそろっているので、ふだんのコーディネートにも取り入れやすい一足です。

素材は起毛レザーのように見えますが実は水に強いPUレザー製なので、雨の日のあとのお手入れもカンタン。毎日履きやすいカジュアルなマウンテンブーツを探している方に適しているでしょう。

インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』

インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』 インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』 インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』

出典:楽天市場

メイン素材 本革
カラー ブラック、ダークグレー、カーキ ほか
サイズ展開 22.0~24.5cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー あり

本革を使用したクラシックな雰囲気のブーツ

カジュアルにもキレイめにも合わせやすい、クラシックな雰囲気のおしゃれな本革ブーツ。長く飽きのこないデザインを探している方に適した本格派のアイテムです。

サイドジッパー式なので、ファスナーを下ろせば脱ぎ履きもラクラク。シューレースで細かなフィッティング調整もしやすく、快適な履き心地を楽しめるでしょう。

ダナー×スノーピーク『DANNER FIELD PRO.』

ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』 ダナー×スノーピーク『DANNERFIELDPRO.』

出典:Amazon

メイン素材 -
カラー ブラック、グリージョ
サイズ展開 23.0~25.0cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし

厳しいアウトドア環境に対応可能なプロ向けモデル

シューズメーカーのダナーとアウトドアブランドのスノーピークがコラボした本格派マウンテンブーツ。水に強い丈夫なブーツで、街歩きやキャンプはもちろん、登山など過酷な自然環境でも活躍します。

靴底にはタイヤにも使われているゴム素材のソールを採用しているため、山道や河原など足場の悪いところの歩行も安心。グリップ力の高いハイスペックなモデルです。

「レディースマウンテンブーツ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
VALER『ワークブーツ』
コロンビア『100MW タイタニアム アウトドライ』
ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』
ムリョシューズ『マーティンブーツ』
ビーエヌワン『レースアップ ブーツ』
Agogoo『マーチンブーツ』
ジェリービーンズ『ベージュスエード マウンテンブーツ』
セントマーチン『レディース ブーツ』
エニーウォーク『ヌバック調 ワークブーツ』
インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』
ダナー×スノーピーク『DANNER FIELD PRO.』
商品名 VALER『ワークブーツ』 コロンビア『100MW タイタニアム アウトドライ』 ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』 ムリョシューズ『マーティンブーツ』 ビーエヌワン『レースアップ ブーツ』 Agogoo『マーチンブーツ』 ジェリービーンズ『ベージュスエード マウンテンブーツ』 セントマーチン『レディース ブーツ』 エニーウォーク『ヌバック調 ワークブーツ』 インコルジェ『トレッキング風ショートブーツ』 ダナー×スノーピーク『DANNER FIELD PRO.』
商品情報
特徴 クッションパッドで快適な履き心地を楽しめる 機能性が高いソールでぬかるみ道を歩いても安心 ボリューム感のある厚底シルエットが特徴 おしゃれなカラーが魅力的! 素材も選べる どんなファッションにも合わせやすいデザイン グリップ力があるソールで一日中履きやすい サイドジッパーつきで脱ぎ履きがラクラク! ヘビロテしたくなる定番デザインが魅力 幅広のゆったりした履き心地のブーツ 本革を使用したクラシックな雰囲気のブーツ 厳しいアウトドア環境に対応可能なプロ向けモデル
メイン素材 合皮 ウォータープルーフレザー、ナイロン 本革 牛革 合成皮革 レザー 合成皮革(スエード) 合成皮革 PUレザー(ヌバック調) 本革 -
カラー レッド、ホワイト、ブラック ほか パープルカラー ブラック イエロー、ブラウン、ブラック、ダークブラウン ほか イエロー、ブラック、ブラウン ピンク、ベージュ、イエロー、ブラック ほか ベージュスエード レッドブラウン ブラック、ダークブラウン、キャメル ブラック、ダークグレー、カーキ ほか ブラック、グリージョ
サイズ展開 23.0~26.5cm(0.5cm刻み) 22.5~26.0cm(0.5cm刻み) 22.5~24.5cm(0.5cm刻み) 22.5~28.0cm(0.5cm刻み) 23.0~24.5cm(0.5cm刻み) 23.0~25.5cm(0.5cm刻み) S(22.0~22.5cm)、M(23.0~23.5cm)、L(24.0~24.5cm) M(23.0~23.5cm)、L(23.5~24.0cm)、LL(24.0~24.5cm) 22.5~28.0cm(0.5cm刻み)、29.0cm 22.0~24.5cm(0.5cm刻み) 23.0~25.0cm(0.5cm刻み)
サイドジッパー なし なし なし なし なし なし あり なし なし あり なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月2日時点 での税込価格

エキスパートおすすめランキング【TOP3】 レディースマウンテンブーツTOP3を選出!

ご紹介した商品のなかから、ファッションスタイリストの高橋 愛さんがおすすめするレディースマウンテンシューズランキングを3位から1位の順に発表します。レディースマウンテンブーツ選びの参考にしてみてください。

3位 VALER『ワークブーツ』

ファッションスタイリスト/コラムニスト

VALER『ワークブーツ』は、足首まわりにクッションが効いているので、履き心地のよさが期待できます! 機能性の高いうえにカラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

2位 コロンビア『100MW タイタニアム アウトドライ』

ファッションスタイリスト/コラムニスト

コロンビア『100MW タイタニアム アウトドライ』は、スニーカーの延長のようなデザイン。マウンテンブーツ特有の重さや見た目のハードな感じが苦手な女性でも、コーディネートに取り入れやすいかと思います。

1位 ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』

ファッションスタイリスト/コラムニスト

ボエモス『スムースレザー厚底マウンテンブーツ』は、タウン使いでもすんなりハマりそうな、使い勝手が魅力の一足。アウトドアのシーン以外でも幅広く活躍してくれそうです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レディースマウンテンブーツの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレディースマウンテンブーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レディースハイキング・トレッキングシューズランキング
楽天市場:靴・ブーツ(登山・トレッキング)ランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア 登山靴、トレッキングシューズ(女性)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ほかのシューズもチェック 【関連記事】

人気のニューバランスやアシックスなど、おしゃれなシューズも豊富に紹介! 最近ではダイエット用のウォーキングシューズも販売されています。また、通勤時に疲れないためにも女性のみなさんにウォーキングシューズはおすすめです。この記事では、スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、快適に歩くこと...

山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材を行い、おすすめのトレッキングシューズや足にフィットする選び方のポイントを紹介します! 登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテム...

この記事では、足と靴のカウンセラーの青山まりさんと編集部が選んだソックスブーツのおすすめ11選をご紹介します。フィット感のある履き心地と、華奢(きゃしゃ)な足首を強調するスリムなシルエットが特徴の「ソックスブーツ」。トレンド感をアップできる注目のファッションアイテムですが、さまざまなタイプがあ...

おしゃれなマウンテンブーツでアウトドアを楽しく!

この記事では、レディースマウンテンブーツのおすすめ11選をご紹介しました。

選ぶときに重視すべきは、デザインと機能性。おしゃれで快適に履きやすいマウンテンブーツなら、アウトドアだけではなくタウンユースにも使えます。ふだん使いしたい方はサイドジッパー式など脱ぎ履きがカンタンかどうかも大事なポイントです。

この記事を参考に、あなたにぴったりのレディースマウンテンブーツをみつけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


雪山用登山靴おすすめ11選【アイゼン対応からサイズ、シーズンによる選び方】

雪山用登山靴おすすめ11選【アイゼン対応からサイズ、シーズンによる選び方】

山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、それぞれの雪山シーンや登山スタイルに適した靴を選ぶポイントとおすすめ登山靴を教えていただきました。雪山の登山では、登山靴の機能が重要です。選び方を間違えると、凍傷になってしまったり、きちんとアイゼンを取りつけられなかったりと危険を伴うこともあります。安全に雪山登山を楽しむために、自分に合った適切な登山靴を見つけてくださいね!


おしゃれで快適!ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング28選

おしゃれで快適!ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング28選

アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材と、509名に向けたアンケート調査をもとに、失敗しない選び方や、ユーザーがおすすめするポップアップテント・ワンタッチのランキング28選をご紹介します。また、各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてください!


スノーブーツおすすめ14選【人気のソレル、ノースフェース】レディ―スブーツも紹介!

スノーブーツおすすめ14選【人気のソレル、ノースフェース】レディ―スブーツも紹介!

この記事では、山岳アウトドアプロデューサーの高橋庄太郎さんに、スノーブーツの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。人気ブランドのソレルやスノーフェースもご紹介します! 記事後半には、アマゾンや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。


トレッキングシューズおすすめ17選【初心者向けからメンズ・レディースモデルまで】人気ブランドも紹介

トレッキングシューズおすすめ17選【初心者向けからメンズ・レディースモデルまで】人気ブランドも紹介

山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材を行い、おすすめのトレッキングシューズや足にフィットする選び方のポイントを紹介します! 登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。しかし、登山靴を選ぼうと思っても、アッパーの素材やソールのかたさ、ハイカットやミッドカット、ローカットなどの形状、ゴアテックスをはじめとした透湿防水性素材が使われているかなど、気にするポイントが多く、どんなものを買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事を参考に、自分の足にあったトレッキングシューズを見つけてください。


クライミングホールドおすすめ11選|ボルダリングに! セット商品も紹介

クライミングホールドおすすめ11選|ボルダリングに! セット商品も紹介

最近ではボルダリングやクライミングジムも増えて、自宅に自分で設置する人も多くなってきました。この記事では、クライミングホールドの選び方について、老舗ブランドや日本製メーカーなどを含め素材から設置方法などを山岳写真家・荒井裕介さんにお話をうかがい解説。あわせて、クライミングホールドのおすすめ商品もご紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


ファッションの人気記事


>>もっと見る