【プロ厳選ランキング】グリップヒーターおすすめ11選|巻きつけタイプやUSB給電タイプも

【プロ厳選ランキング】グリップヒーターおすすめ11選|巻きつけタイプやUSB給電タイプも

冷たい風に当たって指先がかじかむ季節には、バイクでの走行中にグローブだけでは寒さに耐えられない日もあります。そんなときに活躍してくれるのがグリップヒーター。グリップ自体が発熱することにより、手や指先を温かく保ってくれます。この記事ではグリップヒーターを選ぶときのポイントとおすすめの11商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

バイク雑誌フリーライター
NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。 1998年に独立したのでこの稼業一筋で20年余り。所有バイクは、小さいのから大きいのまで多種に渡り、数としては20台を超えてしまったあたりからもう数えるのをやめてます。 車はサニトラのロング(クーラーなし)。ストリートファイター系を得意としてきたが、昨今では古いバイクのレストアライターとしても活躍の場を広げている様子。 バイクとアニメの探究者で、著書に「アニメバイク本」や「ご奉仕大好き! メイド本」などがある。

冬の寒さから手を温めてくれるグリップヒーター

冬の峠道を走るオートバイ

Photo by mauro paillex on Unsplash

ライダーの手や指先が冷えるのを防いでくれるグリップヒーター。選ぶときのポイントから見ていきましょう。

寒い季節にバイクに乗るうえで悩まされるのが手の冷たさ。風が当たり、グローブなどで保護していても身を切られるような冷たさです。そんなときに手を温めてくれるのが「グリップヒーター」。

グリップ部分が発熱することにより、カイロを持っているような感覚を得られます。寒い時期にバイクに乗る人は、ぜひ検討したいアクセサリーです。

グリップヒーターを選ぶときのポイント グリップ、操作性、取り付けで

それでは、グリップヒーターを選ぶときのポイントを解説します。愛車に取りつけられるかはもちろん大切ですが、ほかにも選ぶうえでおさえておきたいポイントがあります。これらのポイントをしっかりチェックしてください。

グリップとの相性で選ぶ

そもそもバイクに取りつけられないのでは、せっかく買ったグリップヒーターが無駄になってしまいます。まずは、取りつけ可能かどうかをチェックしましょう。グリップの長さと太さがとくに大切です。

グリップの長さと太さで選ぶ

グリップの長さは、バイクによってまちまち。また、人によって好みの長さも異なります。グリップヒーターのなかには、115/120/130mmなど、長さの調節ができるものもあります。このようなアイテムを購入すれば、より幅広く対応できますね。

また、太さも大切な要素。グリップヒーターがはまらなければ、そもそも取りつけられません。また、内径だけでなく外径も大切なポイント。ヒーターのぶんだけ太くなりがちなグリップヒーターは、握り心地が標準のグリップと変わってしまうことがあります。長さと太さの両方をチェックするようにしましょう。

取りつけ方法で選ぶ

グリップヒーターをバイクに取りつける方法は、大きく分けて2種類。どちらにも一長一短があり、どちらがいいとはいえません。バイクの乗り方や好みは人それぞれ。商品の特徴を把握したうえで、自身の好みに合わせて選びましょう。

巻きつけタイプ

既存のバイクグリップのうえに巻きつけるのが、巻きつけタイプ。配線さえうまくできれば、かんたんに取りつけられる手軽なタイプです。

また、冬の間だけ取りつけて、それ以外の季節は外すといった使い方も可能。もとのグリップが気に入っている人にもおすすめします。

グリップ交換タイプ

既存のバイクグリップを外し、代わりに接着剤を使って取りつけるのが、グリップ交換タイプ。巻きつけタイプに比べると難易度は上がりますが、自分で交換することも不可能ではありません。

巻きつけタイプに比べるとスッキリした見た目になるのが特徴。巻きつけタイプに比べて高機能な商品が多くあります。

温度調節ができると快適

グリップヒーターのなかには、温度調節ができるものもあります。冬の寒さは日によっても変わりますので、つねに同じ温度だと、熱すぎたり逆にもの足りないと感じることも

温度調節ができれば、より幅広い気温に対応できるでしょう。調節できる温度や段階は商品によっても異なりますので、こまかくチェックしてみてください。

操作がラクかどうかで選ぶ

長時間のツーリングでは、バイクに乗っているうちに暑くなったり寒くなったりすることもあります。そんなときは操作がラクだと快適。

スイッチが手元にあったり、かんたんな操作で設定を変更できたりするものが安全なライディングに望ましいといえます。

バッテリーへの過負荷に注意

グリップヒーターは、一般的にバイクのバッテリーから電力を得てグリップを温める仕組みになっています。バッテリーが弱っていたり、過度に温度が上昇したりすると、バッテリーが過負荷となることがあります。

グリップヒーターのなかには、過負荷の状態を検知して自動的に電圧を制御する機能を備えたものもありますので、自身のバイクのバッテリーに合わせて選びましょう。

純正品という選択肢も

純正品でないグリップヒーターは、どうしてもバイクの見た目が変わったり、バイクとの相性が悪かったりすることもあります。これを心配するなら純正品を使うのが安全。

信頼性が高く保証もありますので、安心して取りつけることができます。価格の点ではやはり高くなってしまいますが、純正品の安心感を求める方におすすめします。

まず、ハンドルパイプの外径をチェックしよう バイク雑誌フリーライターがアドバイス!

バイク雑誌フリーライター

寒い日にバイクに乗っていて、もっともつらいのが指先の冷え。そこでグリップヒーターの登場となるのですが、ハンドルにはミリとインチサイズがあります。多くのバイクのハンドルはハンドルパイプ外径が22.2mm (7/8インチ)ですが、ハーレーをはじめとするアメリカンタイプや一部のスクーターなどでは1インチ(25.4mm)を使用しているものもあります。購入の際には自分のバイクがミリバーなのか、それともインチバーなのかをまず確認しましょう

また、大きなバイクなら長さには余裕がありますが、ミニバイク系ではあまりにも長いとハンドルの左右から飛び出てしまうため、短いサイズを選択しなければなりません。こちらも自分のバイクのハンドルグリップの長さを事前に測ってから購入するのがいいでしょう。

グリップヒーターおすすめ11選 特徴的なメーカーで

ここからはグリップヒーターのおすすめ11商品をご紹介します。さまざまなメーカーが独自の技術を使ったグリップヒーターを販売しています。また、バイク雑誌フリーライターのNANDY小菅さんに1~3位までランキング付けしてもらっているので参考にしてください。

1位:Honda(ホンダ)『スポーツ・グリップヒーター(08T70-MGE-J10)』

1位:Honda(ホンダ)『スポーツ・グリップヒーター(08T70-MGE-J10)』

出典:Amazon

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ -
電圧 -
温度調整機能 3段階

標準グリップと同等の小径化を実現

スロットルパイプと内部のヒーターの一体化により、標準のグリップと同じ程度の細さを実現したグリップヒーター。ホンダの純正品らしく、統一感のある見た目を実現しています

スイッチなどは左グリップに内蔵した一体型コントロールボタンに集約、高い操作性です。冷えやすい指先を重点的に温めるヒーター配置により、消費電力を抑えながら温かさをしっかり感じられる使い心地です。

2位:DAYTONA(デイトナ)『HOT GRIP ヘビーデューティー ビルトイン4Sn(10154)』

2位:DAYTONA(デイトナ)『HOTGRIPヘビーデューティービルトイン4Sn(10154)』 2位:DAYTONA(デイトナ)『HOTGRIPヘビーデューティービルトイン4Sn(10154)』 2位:DAYTONA(デイトナ)『HOTGRIPヘビーデューティービルトイン4Sn(10154)』

出典:楽天市場

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ 22.2mm
電圧 12V
温度調整機能 4段階

見た目スッキリで違和感のないグリップヒーター

標準グリップに近い外径に仕上がったデイトナのグリップヒーター。ヒーター内蔵のために太くなりがちなグリップヒーターですが、これなら悪目立ちしません。

スイッチもグリップに埋め込まれており、目立たないデザイン。スイッチを入れるとすぐに温まる「速暖クイックヒート」は、寒い季節にありがたい機能です。断線しにくい構造で長く使えるところもうれしいポイント。

3位:PLOT(プロト)『EFFEX グリップヒーター スイッチ一体型(EGH011)』

PLOT(プロト)『EFFEXグリップヒータースイッチ一体型(EGH011)』 PLOT(プロト)『EFFEXグリップヒータースイッチ一体型(EGH011)』 PLOT(プロト)『EFFEXグリップヒータースイッチ一体型(EGH011)』

出典:楽天市場

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ 22.2mm
電圧 12V
温度調整機能 5段階

スイッチ一体型で操作がかんたん

スイッチとヒーターが一体型のグリップヒーター。手元で操作ができるので手軽かつスマートにON・OFFの切り替えが可能です。

グリップの長さは、115、120、130mmの3段階に調節可能。対応できるグリップが幅広く、使い勝手にすぐれています。5段階の温度調節ができ、5色のLEDランプで表示されるので、どの段階なのかが一目瞭然です。

ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』

ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』 ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』 ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』

出典:楽天市場

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ -
電圧 12V
温度調整機能 5段階

バッテリー保護機能つきで安心

バッテリー保護機能つきで安心して使える、エンデュランスのグリップヒーター。バッテリーの電圧が11.8V未満になると、自動的にヒーターの電源がオフになります。バッテリーへの過負荷が起こりづらく、故障のリスクを低減することが可能。

温度は5段階に調節でき、5色のLEDがわかりやすく設定したレベルを表示します。防水機能がついていますので、雨の日でも使用することが可能です。

Iztoss『ウォーマー・スリーブ』

Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』

出典:Amazon

タイプ 巻きつけ
グリップの対応サイズ 22-30mm
電圧 5V
温度調整機能 3段階

USB給電でバッテリーへの負荷なし

USB給電によりヒーターを温める巻きつけタイプのUSBグリップヒーター。バイク本体のバッテリーに負荷を与えないため、過負荷の心配がありません

取りつけ方法は、シンプルな巻きつけタイプ。USB給電も接続がシンプルで初心者でも迷うことなく取りつけられます。3段階の温度調節も可能。ただし、防水製品ではないため、雨の日には使えない点に注意が必要です。

ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』

ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』 ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』 ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』

出典:楽天市場

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ 25.4mm
電圧 10~13V
温度調整機能 5段階

バッテリー管理ができて一年中役に立つ

電圧モニターが内蔵されたグリップヒーター。冬の寒い日だけでなく、一年中バッテリー管理に役立てることができます。

電圧は液晶ディスプレイで表示。LEDによる段階表示よりもこまかく管理できます。ボタンはグローブをしていても押しやすい大きめボタン。5段階のヒーターにより、外気温に合わせた温度設定が可能です。

KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH08(304-8203)』

KIJIMA(キジマ)『グリップヒーターGH08(304-8203)』 KIJIMA(キジマ)『グリップヒーターGH08(304-8203)』 KIJIMA(キジマ)『グリップヒーターGH08(304-8203)』

出典:Amazon

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ 22.2mm
電圧 -
温度調整機能 5段階

小さめのスイッチでスペースを取らずに設置可能

小さめのスイッチが特徴のキジマのグリップヒーター。ボタンひとつで操作ができるため、スイッチ別体式にもかかわらず、場所を取らずに操作しやすい位置に設置できます

スイッチには5段階の温度調整に合わせたLEDを内蔵。設定を一目で確認できます。電圧制御機能がついており、バッテリーの電圧が下がったときでも安心です。

BIKE PARTS CENTER(バイクパーツセンター)『カスタムタイプグリップヒーター レッド(903391)』 

BIKEPARTSCENTER(バイクパーツセンター)『カスタムタイプグリップヒーターレッド(903391)』

出典:Amazon

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ 22.2mm
電圧 12V
温度調整機能 2段階

レッドカラーで個性が光る

黒色の商品が多いなかで、赤色のグリップで個性が光るグリップヒーター。レッドカラーのバイクと合わせれば、ドレスアップ効果も期待できることでしょう。

ヒーターの温度は50℃と70℃の2段階調節で気温に合わせて選択可能。手元にスイッチがあるため、運転中でも手軽に調節できます。

KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH05-2(304-8201)』

KIJIMA(キジマ)『グリップヒーターGH05-2(304-8201)』

出典:Amazon

タイプ 巻きつけ
グリップの対応サイズ -
電圧 12V
温度調整機能 -

巻きつけタイプで好みのグリップをつけたまま使える

取りつけがかんたんな巻きつけタイプのグリップヒーター。巻くだけで取りつけができ、配線もプラスとマイナスをつなげるだけと初心者でも安心です。好みのグリップを外すことなく取りつけられ、寒い日だけ使うことも可能。

取りつけだけでなく操作もかんたん。スイッチがON・OFFしかないため、シンプルで迷うことがありません。

マスターサービス『グリップヒーター』

マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』 マスターサービス『グリップヒーター』

出典:Amazon

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ -
電圧 -
温度調整機能 5段階

5段階の温度調節で気候に合わせて使える

5段階の温度調節ができるグリップヒーター。50℃から70℃までこまかく調節ができますので、その日の気温に合わせた温度で走行が可能です

一体型のスイッチは操作がラクラク。走行中でも迷うことなく、ON・OFFや調節が可能です。取りつけもかんたんで初心者でも安心。コストパフォーマンスが高いところもうれしいポイントです。

YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360 C(Q5KYSK063Y42)』

YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360C(Q5KYSK063Y42)』

出典:Amazon

タイプ グリップ交換
グリップの対応サイズ -
電圧 -
温度調整機能 3段階

ムラなく温まるステンレス発熱体を採用

ステンレス発熱体を採用したグリップヒーター。グリップの場所によって熱かったり冷たかったりということがなく全体を温めてくれます。

走行時に冷たさを感じやすい指先を集中的に温める「ヒートスポット構造」を採用。手のひらに比べて指先の温度を高くすることにより、快適性を高めています。ヤマハの純正品らしく、標準グリップと同等の握りやすさも魅力のひとつです。

「グリップヒーター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
1位:Honda(ホンダ)『スポーツ・グリップヒーター(08T70-MGE-J10)』
2位:DAYTONA(デイトナ)『HOT GRIP ヘビーデューティー ビルトイン4Sn(10154)』
PLOT(プロト)『EFFEX グリップヒーター スイッチ一体型(EGH011)』
ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』
Iztoss『ウォーマー・スリーブ』
ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』
KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH08(304-8203)』
BIKE PARTS CENTER(バイクパーツセンター)『カスタムタイプグリップヒーター レッド(903391)』 
KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH05-2(304-8201)』
マスターサービス『グリップヒーター』
YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360 C(Q5KYSK063Y42)』
商品名 1位:Honda(ホンダ)『スポーツ・グリップヒーター(08T70-MGE-J10)』 2位:DAYTONA(デイトナ)『HOT GRIP ヘビーデューティー ビルトイン4Sn(10154)』 PLOT(プロト)『EFFEX グリップヒーター スイッチ一体型(EGH011)』 ENDURANCE(エンデュランス)『グリップヒーターSP(JJK0C530G2)』 Iztoss『ウォーマー・スリーブ』 ENDURANCE(エンデュランス)『レブル250(JJK87530G1)』 KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH08(304-8203)』 BIKE PARTS CENTER(バイクパーツセンター)『カスタムタイプグリップヒーター レッド(903391)』  KIJIMA(キジマ)『グリップヒーター GH05-2(304-8201)』 マスターサービス『グリップヒーター』 YAMAHA(ヤマハ)『グリップウォーマー360 C(Q5KYSK063Y42)』
商品情報
特徴 標準グリップと同等の小径化を実現 見た目スッキリで違和感のないグリップヒーター スイッチ一体型で操作がかんたん バッテリー保護機能つきで安心 USB給電でバッテリーへの負荷なし バッテリー管理ができて一年中役に立つ 小さめのスイッチでスペースを取らずに設置可能 レッドカラーで個性が光る 巻きつけタイプで好みのグリップをつけたまま使える 5段階の温度調節で気候に合わせて使える ムラなく温まるステンレス発熱体を採用
タイプ グリップ交換 グリップ交換 グリップ交換 グリップ交換 巻きつけ グリップ交換 グリップ交換 グリップ交換 巻きつけ グリップ交換 グリップ交換
グリップの対応サイズ - 22.2mm 22.2mm - 22-30mm 25.4mm 22.2mm 22.2mm - - -
電圧 - 12V 12V 12V 5V 10~13V - 12V 12V - -
温度調整機能 3段階 4段階 5段階 5段階 3段階 5段階 5段階 2段階 - 5段階 3段階
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする グリップヒーターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのグリップヒーターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホットグリップ・グリップヒーターランキング
楽天市場:グリップヒーターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

グリップヒーターに関連するほかの商品情報はこちら

編集部からひと言

グリップヒーターのおすすめ11商品をご紹介しました。

寒い冬に役に立つグリップヒーターですが、取りつけ方や機能などは商品によってさまざま。温度や温め方は各メーカーごとに工夫されています。

この記事を参考に、あなたがほしいグリップヒーターを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/03/29 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バイク用リアボックスのおすすめ11選|街乗りやツーリングで愛車を快適に!

バイク用リアボックスのおすすめ11選|街乗りやツーリングで愛車を快適に!

バイクのツーリングや買い物時の荷物入れに大活躍の「バイク用リアボックス」。ヘルメットやレインコートなどを収納できる大容量さが魅力です。人気のキジマやGIVIをはじめ、取り付け簡単なものやアルミ製のかっこいいものなど種類はさまざま。どれを購入したらいいか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、モーターサイクル・ジャーナリストに取材のもと、バイク用リアボックスの選び方とおすすめ11選を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


オフロードブーツおすすめ11選|衝撃や転倒時のケガを防ぐモデルも紹介

オフロードブーツおすすめ11選|衝撃や転倒時のケガを防ぐモデルも紹介

オフロードバイクに乗る際、衝撃や転倒時のケガを防いでくれたり、ダートなどの悪路の走行時には持っておきたいオフロードブーツ。プロテクターがついており、激しい衝撃や衝突があってもケガをやわらげてくれる必須アイテム。この記事では、モトクロス・エンデューロ・トライアルなどの種類を解説した選び方、ガエルネやFOXなど定番メーカーのものを中心に、おすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


フルフェイスヘルメットおすすめ13選│通気性・視界良好! 軽量タイプも

フルフェイスヘルメットおすすめ13選│通気性・視界良好! 軽量タイプも

バイクに乗る際、頭を守ってくれるフルフェイスヘルメット。安全性が売りのアイテムですが、快適性や機能性の高さ、視界性のよさも選ぶうえで重要なポイントです。本記事では、フルフェイスヘルメットのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。


バイク用グローブおすすめ14選|スマホ対応・電熱線内蔵・3シーズン対応も

バイク用グローブおすすめ14選|スマホ対応・電熱線内蔵・3シーズン対応も

バイクでの走行を安全に楽しむために欠かせないバイクグローブ。操作性や防寒性などを考慮したさまざまな機能つきのグローブが各メーカーから販売されています。この記事では、バイクグローブのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


バイク用チェーンオイルおすすめ12選|正しい頻度・塗り方も解説

バイク用チェーンオイルおすすめ12選|正しい頻度・塗り方も解説

バイクのチェーンのお手入れに必須となるバイク用チェーンオイル。チェーンルブともよばれているバイク用チェーンオイルは、製品によって粘度や色、様式が異なるので、飛び散りにくく使いやすいものを選びましょう。ここでは、バイクライター・福田満雄さんと編集部が厳選したバイク用チェーンオイルのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


関連するタグ


バイク用品

関連するブランド・メーカー


HONDA(ホンダ) YAMAHA(ヤマハ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。