【2020年】日立製冷蔵庫のおすすめ12選|容量別に紹介! 真空チルドも

HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』
出典:Amazon
IT・家電ライター
河原塚 英信

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。 テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。 生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

機能性とデザインを両立したモデルが多い日立の冷蔵庫。肉や魚などの生鮮食品を新鮮に保存できる真空チルド機能を備えた製品であれば、買い溜めや作り置きもできてうれしいですね。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ日立製冷蔵庫のおすすめ商品と選び方についてご紹介します。


日立製冷蔵庫の魅力とは

白を基調としたキッチンに置かれた冷蔵庫。
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

日立製の冷蔵庫の特長をみていきましょう。

日立の冷蔵庫は食品の鮮度を長く保つのにすぐれた製品が多く存在します。

とくにユーザーを引き付けているのが、肉や野菜などの保存期間を長くすることができるチルド機能。真空チルドやまるごとチルドなど、食品の鮮度を保ち乾燥も押さえて、いつでもおいしい状態を味わうことが可能になります。

機能だけでなくおしゃれな見た目も魅力のひとつ。ラグジュアリーモデルやクリスタルミラーデザインなどキッチンのインテリアとしても活躍する製品を取り扱っています。冷蔵庫に入れられる容量の大容量化にも取り組んでおり、大家族や大量に買い貯めしたい家庭に向いているメーカーです。

日立の冷蔵庫はどう選ぶ? ポイントを紹介 IT・家電ライターに聞く

冷蔵庫を選ぶ際にここは譲れないというポイントがありますよね。日立製の冷蔵庫はここを押さえておくといいという点があり、ここからはそのチェックポイントをご紹介。

冷蔵庫の購入に迷っている人はぜひ参考にしてください。

容量は家族構成や人数に合わせて選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際にまずチェックしたいのが、冷蔵庫に入れられる容量。家族構成や使用する人数を目安にするのがポイントです。日立では、家族数×70L+常備品120〜170L+予備100Lを目安としています。

基本的にはこの目安に当てはめていけば、問題はないでしょう。しかし家庭の生活スタイルによって、扱う食材や料理の数は異なるもの。スペースがあれば、余裕をもって少し大きめのサイズを選ぶと安心ですね。

スペースに収まるサイズ選びが重要!

冷蔵庫は家電の中でも大型の製品で、設置するスペースにも限りがあります。そのため事前におく場所の把握をしておくことがポイント。その際はギリギリにおくのを避けて、本体より10〜20cmプラスして見積もっておくのが重要です。

設置スペースに加えて、玄関や階段といった搬入経路の幅も確認しておくのが肝心。せっかくお気に入りを選んでも運ぶことができなければ意味がありませんので、チェックしておくと良いですね。

あると便利な機能やスペックに注目

ほしい容量や置けるサイズが決まったら、冷蔵庫の機能やスペックにも目を向けていきましょう。

日立独自の使い勝手がいい機能がたくさんあるため、生活スタイルや食生活に適した製品を選ぶのがポイント。ここからは、特にチェックしたい6つの機能を紹介していきます。

日立の独自機能! 真空チルドに注目

日立独自の機能である真空チルド。肉や野菜や魚などの生鮮食品を、ほかの冷蔵庫よりも長く保存することができる機能です。

食品が劣化してしまう原因のひとつが、大気中に含まれている酸素。小型の真空ポンプを使用しチルド室内の酸素を約20%減らすことで、新鮮な状態を長く維持することができます。鮮度だけでなく、食材の乾燥を抑えてくれるのも魅力のひとつ。ハムやチーズなどラップなしでも保存することが可能になります。

新鮮食材だけじゃない! 幅広い用途のチルド機能

日立冷蔵庫のチルドは真空チルドだけではありません。チルド室内の温度を微調整することで、保存したい食品の風味や食感がベストな状態で保存することが可能です。肉や魚などの水分が少ない食品を保存する際には、-1℃にチルド室を設定します。

食品が凍らないギリギリの温度で保存するため、おいしい状態をキープできます。まるごとチルドを搭載した冷蔵庫であれば、冷蔵庫全体をチルド室として使用できるため食品をたっぷりと収納することも。作り置きや買い溜めにも役立ちます。

スマホと連動できれば離れていても管理が可能に

近年スマート家電や家具のIoT(Internet of Thingsの略)をよく耳にしますが、日立の冷蔵庫にはWXシリーズが対応。スマホから専用アプリで連動させることで、買い物中でも食材の確認や管理が行えます。

庫内の温度調整や製氷機の温度設定など外出先でも操作ができ、ドアの閉め忘れと開閉回数の確認も可能。食品の写真と賞味期限を登録しておけば、消費期限を通知してくれるため、食品ロスを防ぎ買い物が便利になりますね。

野菜好き必見! 新鮮スリープ野菜室

日立の冷蔵庫は野菜室にもこだわりがあります。新鮮スリープ保存機能は炭酸ガスを使用して、文字通り野菜を眠らせるように保存することができる機能です。

乾燥を抑え、みずみずしさを約7日間もキープ。まとめて買っても保存が効くので、野菜好きな家庭にはもってこいの機能ですね。栄養素を守ることができる点もポイントです。

ドアの開き方や素材もチェック

ドアの開け閉めの方向や開き方で、使い勝手が大きく変わってきます。開き方は、一般的な片開きタイプと観音開きするフレンチドアタイプの2種類。

片開きタイプの冷蔵庫は壁の位置に注目。冷蔵庫の右側が壁なら右開きを、左側が壁なら左開きを選びましょう。フレンチドアタイプは、スペースの限られたキッチンで使いやすいタイプ。真ん中から開けることができるので、壁やキッチンの位置に左右されずに設置可能です。

キッチンのインテリアにこだわるのであれば、ドア素材にも注目。クリスタルドアを採用したモデルであれば高級感を与え、なおかつ汚れをサッとかんたんに拭きとることができます。

野菜室や冷凍室の場所にこだわると使いやすくて便利

野菜室や冷凍室の場所も実は重要なポイント。使う頻度が高いゾーンが中央にあると屈む頻度が少なくなり、家事の負担を抑えることが可能になります。毎日行う家事だから、少しでもストレスが減るのはうれしいですね。

ぴったりセレクト機能を備えたモデルにも注目。ブランド独自の機能であり、生活スタイルに合わせて冷蔵室や冷凍室の位置を入れ替えることができます。冷蔵室オンリーにすることもできるため、冷蔵庫が使いやすくなる機能といえるでしょう。

日立製冷蔵庫の選び方|重要ポイント IT・家電ライターからのアドバイス

IT・家電ライター

機能面では、生鮮食品や野菜を長期保存できる、真空チルド機能や新鮮スリープ野菜室の有無や、庫内を急速に冷却する機能などで選びましょう。

そのほか、横幅スリムなのに庫内容量が広い「HW」シリーズなどであれば、冷蔵庫が置けるスペースが狭くても大容量を実現できますよ。

【600L以上】日立製冷蔵庫3選 大容量で選ぶなら!

まずは、600L以上の容量を備えた冷蔵庫を紹介していきます。大型モデルのなによりの魅力は、その容量の大きさ。大家族や作り置きをたくさんストックしたい方にとって大きなメリットとなるでしょう。

日立の大型冷蔵庫はスマートなサイズを有しながらも、容量も確保しています。

IT・家電ライター

HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』は、冷蔵室を急速に冷却できたり、あたたかい鍋を検知して急いで冷却してくれるスペースなど、役立つ機能が満載です。

冷蔵室や冷凍室、野菜室のほか真空チルドルームなど、温度の違う多彩なスペースが用意されています。スマホアプリでは、スペースごとの温度設定ができるほか、異なる食品をどこに保存するのがいいかなども教えてくれて便利ですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』

HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』

出典:Amazon

容量 735L
サイズ 幅880×奥行738×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 スポット冷蔵、真空チルドルーム、自動製氷、デリシャス冷凍、新鮮スリープ野菜室、日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ ほか

スマホとの連動が可能な大型冷蔵庫

食材の管理がしやすい大型冷蔵庫。スマホとの連動が可能になっており、どこにいても温度調整ができるのは便利ですね。庫内の状況も把握できるので、買い物中でも的確にサポートしてくれます。

業界でもトップクラスの容量を誇り、作り置きした食品がたっぷり収納可能。人数の多い家庭でも安心ですね。押すだけでオープンする電動引き出しを搭載しているので、手がふさがっていても食材の出し入れがかんたんです。

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HX60N)』

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HX60N)』

出典:Amazon

容量 602L
サイズ 幅685×奥行738×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 まるごとチルド、クイック冷却、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか

ボトル類もしっかり収納できる大家族向けモデル

飲み物をたくさんストックしておきたい家庭に適した大型冷蔵庫です。左右のドアに大型ポケットを備え、2Lのペットボトルや1Lの飲料パックをたっぷり収納可能。下段以外のドアポケットは高さの調節を変えられるため、収納したい食品に合わせて保存ができます。

突出した収納量を誇りながらも、省エネ対策も万全。節電モードも備えるなど、大容量とお財布の優しさを兼ね備えた、わがまま仕様の製品です。

HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』

HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』

出典:Amazon

容量 602L
サイズ 幅685×奥行738×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか

スリムかつたっぷり容量

細身な本体幅にゆとりの容量を備えた大型冷蔵庫です。たっぷり入る収納力を備えつつもスリムなサイズなので、今まで設置していた場所にそのままおくことも可能に。家族の成長に合わせて買い替えを検討している家庭にうってつけですね。

大容量の冷凍室も魅力。作り置きやストックがたくさん入るため、家事のサポート役として活躍してくれるでしょう。3段ケースになっているので、整理がしやすいのもうれしいポイントです。

【500〜600L】日立製冷蔵庫2選 人数の多い家族に適応!

続いて500~600Lクラスの冷蔵庫を紹介していきます。このクラスの容量を備えたモデルも大型冷蔵庫と呼ばれ、人数の多い家族に適したサイズ。将来を見据えて購入するのもいいですね。

厳選したふたつのモデルを解説しますので、参考にしてみてください。

IT・家電ライター

HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』は、本体幅が650mmと省スペースでありつつ520Lの大容量なのがポイントです。

また、プラチナ触媒によりエチレンガスやニオイ成分を分解し、野菜を眠らせるように保存する「新鮮スリープ野菜室」など、日立ならではの食品を長持ちさせる技術が詰まっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』

HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』

出典:Amazon

容量 520L
サイズ 幅650×奥行699×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか

鮮度が長持ちする野菜室が魅力

食卓に野菜が欠かせない家庭にぴったりな大型冷蔵庫です。新鮮スリープ野菜室を搭載しているため、野菜を眠らせるように保存。みずみずしいままストックできるので、いつでも新鮮なサラダが楽しめます。

肉や魚といった生鮮食品の鮮度をキープするのも優秀。特鮮氷温ルームを採用し、凍らせないギリギリの温度で保存することで乾燥を抑えておいしく保存可能です。

HITACHI(日立)『ぴったりセレクト(R-KX57K)』

HITACHI(日立)『ぴったりセレクト(R-KX57K)』

出典:Amazon

容量 567L
サイズ 幅685×奥行738×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、ぴったりセレクト、冷蔵室独立冷却システム、日立冷蔵庫アプリ ほか

生活スタイルに合わせて自由な使い方が可能

家族構成や暮らしに適した使い方ができる大型冷蔵庫です。中段と下段の引き出しを、通常の冷蔵のほかに冷凍と野菜室に切り替えることができる「ぴったりセレクト」機能を搭載。扱う食材や生活スタイルに合わせて自由に使用することが可能です。

小物ケースや高さが変わる棚など、整理がしやすい仕様も特徴。すみずみまでしっかり使え、収納したい食品に合わせて内部もスッキリとすることができます。

【400〜500L】日立製冷蔵庫3選 3〜4人家族向け!

ここからは400~500Lクラスの冷蔵庫を紹介していきます。このクラスは3〜4人家族に適していて、扱いやすさに注目しながら選ぶのがポイント。薄型タイプで設置がしやすいモデルから、鮮度が長持ちするタイプまでピックアップしました。

容量に少しゆとりをもってチョイスすると、将来的にも安心ですね。

IT・家電ライター

HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』は、真空チルドや新鮮スリープ野菜室、スポット冷蔵などを備え、食品の美味しさを保ったままで長期に保存できる機能が揃っています。

とくに真空チルドは、鮮度保持だけでなく鶏の唐揚げやマグロの漬けなど、下ごしらえを時短できて便利ですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』

HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』

出典:Amazon

容量 430L
サイズ 幅650×奥行643×高さ1818mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 スポット冷蔵、真空チルドルーム、急冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、フロストリサイクル冷却 ほか

真空チルドで密閉保存するから鮮度長持ち

生鮮食品を頻繁に扱う家庭に適した冷蔵庫です。真空で密閉保存する真空チルド機能を搭載することで、肉や魚の鮮度が長持ち。ドリップや乾燥も抑えてくれるため、見た目や風味を損なわずに食材を保存できます。

オート急冷却やサッと急冷却といったスポット冷蔵機能にも注目。センサーが料理の温度を検知して自動で急冷却を行ってくれるので、調理がグッとらくになりますよ。

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HW48N)』

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HW48N)』

出典:Amazon

容量 475L
サイズ 幅650×奥行649×高さ1833mm
ドアタイプ フレンチドア
機能 まるごとチルド、クイック冷却、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか

省スペースで設置できる薄型モデル

これまでのチルドルームの収納量が少なくて困っていたという方に向いている冷蔵庫。まるごとチルド機能を搭載しているため、下ごしらえした食材も作り置きした料理もたっぷり保存できます。どこに置いても鮮度を保てるのはうれしい機能ですね。

スマートな横幅に加えてスリムな奥行きの薄型タイプなので、限らえたスペースでも設置可能。薄くても容量は充分で扱いやすいモデルです。

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-S40K)』

HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-S40K)』

出典:Amazon

容量 401L
サイズ 幅600×奥行664×高さ1798mm
ドアタイプ 片開き
機能 急冷蔵、氷温ルーム、急冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、フロストリサイクル冷却 ほか

整理しやすく出し入れ簡単な冷凍室

冷凍室に3段ケースを配した冷蔵庫です。冷凍食品をたくさん収納できて、整理整頓もスムーズに。作り置きや余ったオカズのストックもしやすいでしょう。冷凍室が真ん中にあるので屈む必要がなく、体の負担も軽減。

約-1度で生鮮食品を保存できる氷温ルームを搭載しているため、肉や魚の鮮度を守りながらストックできます。買いだめしても安心ですね。

【400L未満】日立製冷蔵庫4選 ひとり暮らし・ふたり暮らし向け!

ふたり暮らしの家庭や独身の方向けに活躍してくれる400L未満の冷蔵庫を4選紹介していきます。少ない容量ながらすぐれた機能をもった製品をピックアップ。

単身赴任や、親元を離れてひとり暮らしをする人にも適したサイズです。

HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』

HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』

出典:Amazon

容量 315L
サイズ 幅540×奥行655×高さ1735mm
ドアタイプ 片開き
機能 うるおいチルドルーム、急速冷凍、自動製氷、うるおい野菜室 ほか

うるおいチルドのチカラが鮮度を守る

2~3人で暮らす家庭に適した容量を備えた冷蔵庫。注目したいのは食品の乾燥を抑える間接冷却です。

庫内に冷気を直接入れない仕様なので、野菜や食品の乾燥を抑えて鮮度をキープ。この機能は野菜室にも採用されているため、サラダや刺し身を頻繁に食べる家庭に向いている機能ですね。

トリプルパワー脱臭機能が室内のイヤなニオイを除去。食材へのニオイ移りを気にせずに収納が可能になります。

HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』

HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』

出典:楽天市場

容量 315L
サイズ 幅540×奥行655×高さ1735mm
ドアタイプ 片開き
機能 真空チルドルーム、急速冷凍、自動製氷、うるおい野菜室 ほか

野菜を取り出しやすいまんなか野菜室を採用

夫婦ふたり暮らしや子どもが小さい家庭に向いている容量の冷蔵庫。食材を取り出しやすいまんなか野菜室を導入しているため、野菜を頻繁に扱う人はありがたいですね。真空チルドによってラップなしでも、食材の乾燥を抑えることが可能に。鮮度が心配な方も安心です。

傷に強く汚れを拭き取りやすいクリスタルドアを備えているので掃除もかんたん。キッチンはインテリアも重要という方にチェックしてほしい製品です。

HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』

HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』

出典:Amazon

容量 275L
サイズ 幅560×奥行665×高さ1600mm
ドアタイプ 片開き
機能 トリプルパワー脱臭、急冷却コーナー、どこでもアイスセット、高さかわるん棚 ほか

収納したい食品に合わせて温度の切り替えが可能

2ドアでシンプルなひとり暮らし向けの冷蔵庫。食品に合わせて温度の切替えが可能なチルドケースに注目です。収納したい食材に合わせて適切な温度調整ができるので、自由な使い方が可能になっています。

出し入れしやすいケースタイプの冷凍庫を搭載。冷凍食品を立てて収納できるため、整理しながらスッキリ収納できます。ムダな機能を省きつつも、欲しい機能はしっかり備えた製品です。

HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』

HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』

出典:Amazon

容量 154L
サイズ 幅479×奥行580×高さ1270mm
ドアタイプ 片開き
機能 こものバスケット、ガラス棚、3段ドアポケット、LED庫内灯、冷凍室スライドケース、製氷皿&製氷ケース

扱いやすい機能が豊富な小型冷蔵庫

使い勝手のよさが魅力の2ドアタイプの冷蔵庫です。ドアポケットが3段に分かれていて、収納したい大きさに合わせて整理できるので便利。ペットボトルはもちろん、缶やビンなどもたっぷりと保管できます。

冷凍室にはスライドケースや「こものバスケット」などを備え、乱雑にならずに食材が取り出しやすい設計に。製氷皿は取り外して洗浄できるので清潔に扱うことができます。

「hitati 冷蔵庫」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』
HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HX60N)』
HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』
HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』
HITACHI(日立)『ぴったりセレクト(R-KX57K)』
HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』
HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HW48N)』
HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-S40K)』
HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』
HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』
HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』
HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』
商品名 HITACHI(日立)『真空チルド(R-WX74K)』 HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HX60N)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW60K)』 HITACHI(日立)『まるごとチルド(R-HW52K)』 HITACHI(日立)『ぴったりセレクト(R-KX57K)』 HITACHI(日立)『真空チルド(R-XG43K)』 HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-HW48N)』 HITACHI(日立)『まんなか冷凍(R-S40K)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-K32JV)』 HITACHI(日立)『まんなか野菜(R-S32JV)』 HITACHI(日立)『トリプルパワー脱臭(R-BF28JA)』 HITACHI(日立)『冷凍冷蔵庫(RL-154JA)』
商品情報
特徴 スマホとの連動が可能な大型冷蔵庫 ボトル類もしっかり収納できる大家族向けモデル スリムかつたっぷり容量 鮮度が長持ちする野菜室が魅力 生活スタイルに合わせて自由な使い方が可能 真空チルドで密閉保存するから鮮度長持ち 省スペースで設置できる薄型モデル 整理しやすく出し入れ簡単な冷凍室 うるおいチルドのチカラが鮮度を守る 野菜を取り出しやすいまんなか野菜室を採用 収納したい食品に合わせて温度の切り替えが可能 扱いやすい機能が豊富な小型冷蔵庫
容量 735L 602L 602L 520L 567L 430L 475L 401L 315L 315L 275L 154L
サイズ 幅880×奥行738×高さ1833mm 幅685×奥行738×高さ1833mm 幅685×奥行738×高さ1833mm 幅650×奥行699×高さ1833mm 幅685×奥行738×高さ1833mm 幅650×奥行643×高さ1818mm 幅650×奥行649×高さ1833mm 幅600×奥行664×高さ1798mm 幅540×奥行655×高さ1735mm 幅540×奥行655×高さ1735mm 幅560×奥行665×高さ1600mm 幅479×奥行580×高さ1270mm
ドアタイプ フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア フレンチドア 片開き 片開き 片開き 片開き 片開き
機能 スポット冷蔵、真空チルドルーム、自動製氷、デリシャス冷凍、新鮮スリープ野菜室、日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ ほか まるごとチルド、クイック冷却、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、ぴったりセレクト、冷蔵室独立冷却システム、日立冷蔵庫アプリ ほか スポット冷蔵、真空チルドルーム、急冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、フロストリサイクル冷却 ほか まるごとチルド、クイック冷却、特鮮氷温ルーム、デリシャス冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、冷蔵室独立冷却システム ほか 急冷蔵、氷温ルーム、急冷凍、自動製氷、新鮮スリープ野菜室、フロストリサイクル冷却 ほか うるおいチルドルーム、急速冷凍、自動製氷、うるおい野菜室 ほか 真空チルドルーム、急速冷凍、自動製氷、うるおい野菜室 ほか トリプルパワー脱臭、急冷却コーナー、どこでもアイスセット、高さかわるん棚 ほか こものバスケット、ガラス棚、3段ドアポケット、LED庫内灯、冷凍室スライドケース、製氷皿&製氷ケース
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする hitati 冷蔵庫の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのhitati 冷蔵庫の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:冷蔵庫ランキング
Yahoo!ショッピング:hitati 冷蔵庫ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

給水タンクやフィルターのメンテナンスを忘れずに!

日立製冷蔵庫の氷用給水タンクのメンテナンスは、1週間に1度程度の水洗いを推奨されています。水洗いしやすい設計となっていて、かんたんにきちんと洗浄することが可能です。

製氷機フィルターは3~4年に1度の交換が推奨されています。水洗いをした際にぬめりや黒い汚れがあれば、カビの可能性があるため部品の取り替えを検討するのがいいでしょう。

日立ではパーツ毎に部品を購入できるので、故障する前に手に入れておくのが大切です。

【関連記事】日立の冷蔵庫に関連するほかの商品情報はこちら

本記事では、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんに、生活スタイルに応じた冷水筒の選び方についてうかがいました。あわせて、瀧本さんと編集部が選んだおすすめの冷水筒31選をまとめてご紹介。おしゃれで扱いやすいものをたくさんピックアップしたのでぜひチェックしてください! 後半には、お手入れの仕方や...

夏場はかき氷、年末年始のホームパーティー、お盆には家族や親戚での宴会など、そんなときにあると便利なのが家庭用製氷機。家の冷蔵庫でつくる氷では足りないとあきらめることはありません。 楽しい時間の途中に氷を買いに外出、そんなストレスを解消するために、家庭用コンパクトモデルを検討してみてください。こ...

本記事では、プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、スリム冷蔵庫の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ、家庭での使い方にあった冷蔵庫を探してみてください。

冷蔵庫を選ぶ前にチェックしておきたいのが、自分に必要な容量。一般的には、「家族の人数×70L+常備品100L+予備70L」が必要な容量とされています。つまり夫婦2人+小さいお子さん1人などの少人数家族であれば、300Lの冷蔵庫がおすすめ。もし頻繁に料理をするようでしたら、より容量が大きく、たく...

プロの家電販売員で家電ライターでもあるたろっささんに、冷蔵庫450Lの選び方を取材して聞きました。家族の人数による冷蔵庫の大きさの目安、設置&搬入時のスペース、省エネ性能(電気代)の違い、冷蔵室、野菜室、冷凍室、製氷室など各収納スペースにおける機能など、みるべきポイントがあります。メーカーも日...

まとめ

ここでは、日立製冷蔵庫の12商品をご紹介しました。

真空チルドまるごとチルドなど食材の鮮度を保つのに長けているだけでなく、おしゃれなデザインも魅力のひとつ。スマートかつ大容量のモデルも存在するため、便利で扱いやすい製品を選びたいですね。

あなたがほしい日立製冷蔵庫をぜひ見つけましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


日本酒セラーおすすめ11選|家庭用の小さいサイズや0度設定できるタイプも紹介!

日本酒セラーおすすめ11選|家庭用の小さいサイズや0度設定できるタイプも紹介!

日本酒を適切な温度で保管するのに便利なのが日本酒セラー。日本酒セラーで保管することで日本酒をおいしいまま、長期間保存することができます。この記事では国際唎酒師の宇津木 聡子さんに取材し、日本酒セラーの選び方やおすすめの商品をご紹介します。記事後半にはAmazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


冷蔵庫をお得に買い換えるために覚えておきたいポイント&おすすめ4選

冷蔵庫をお得に買い換えるために覚えておきたいポイント&おすすめ4選

本記事では、家電ライターの秋葉けんたさん監修のもと、冷蔵庫を買い換える際の大切なポイントや選び方、おすすめ商品をご紹介いたします。


【2020年版】家電のプロが選ぶ冷凍庫(フリーザー)おすすめ3選+容量別12選

【2020年版】家電のプロが選ぶ冷凍庫(フリーザー)おすすめ3選+容量別12選

食料品の買い出し回数を減らそうとすると、どうしても1回に買う量が多くなってしまいますよね。冷凍庫(フリーザー)を買い足せば、冷凍ストックをフル活用できますよ。この記事では、プロの家電販売員で家電ライターでもあるたろっささんへの取材をもとに、家庭で使いやすい小型の冷凍庫を中心に、選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトのランキングもご紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてください。


【小スペースをうまく使いこなす】二人暮らし向け冷蔵庫おすすめ16選

【小スペースをうまく使いこなす】二人暮らし向け冷蔵庫おすすめ16選

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター・たろっささんへの取材をもとに、2020年版二人暮らし向け冷蔵庫16選をご紹介します。同棲や新婚など、これから二人暮らしをはじめる方に役立つ冷蔵庫をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【2020年版】大型冷蔵庫おすすめ12選|500L以上・日立、三菱、パナソニック、シャープほか】

【2020年版】大型冷蔵庫おすすめ12選|500L以上・日立、三菱、パナソニック、シャープほか】

大型冷蔵庫は、ファミリー層はもちろん、ふだん忙しく休みの日は料理の作りだめをしているという方にも便利です。さまざまな機能がついているだけでなく、エコ仕様になっている商品もあります。この記事では、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにおすすめの大型冷蔵庫についてお聞きしました。はじめて大型冷蔵庫を購入する方はもちろん、今使っている冷蔵庫の機能に不満を感じている方、今より大きな冷蔵庫に買い替えを検討されている方ははぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


HITACHI(日立)

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ハロウィン用コスプレドレス」。来るハロウィンに向け、ハロウィン用衣装がかなりお得になっています。ぜひチェックしてみてください!


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る