バイク用メッシュジャケットおすすめ10選|夏でも涼しく快適【耐久性と涼感を両立】

Komine(コミネ)『プロテクトライディングメッシュパーカ』
出典:Amazon

夏の暑い時期でも、ツーリングを涼しく快適にしてくれるバイクウェアがバイク用メッシュジャケット。見た目は軽装ですが、背中や胸部などにプロテクターが入っているので、万が一の事故や転倒の際、衝撃を軽くしてくれる可能性があります。この記事では、バイク雑誌フリーライターであるNANDY小菅さんへの取材をもとに、バイク用メッシュジャケットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、バイク用メッシュジャケットのお手入れ方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


目次

バイク雑誌フリーライター
NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。 1998年に独立したのでこの稼業一筋で20年余り。所有バイクは、小さいのから大きいのまで多種に渡り、数としては20台を超えてしまったあたりからもう数えるのをやめてます。 車はサニトラのロング(クーラーなし)。ストリートファイター系を得意としてきたが、昨今では古いバイクのレストアライターとしても活躍の場を広げている様子。 バイクとアニメの探究者で、著書に「アニメバイク本」や「ご奉仕大好き! メイド本」などがある。

バイク用メッシュジャケットの特徴 夏でも快適に使える

夏に向け、徐々に暖かくなる4月~5月の時期はバイクツーリングのベストシーズンと言われています。バイク乗り定番の服装である、革ジャン・ブーツ・グローブですが、上記の時期や夏になってくると気温が上がるため、もっと軽装でツーリングをしたいと考えている人もいると思います。

そんな時におすすめしたいのが、今回ご紹介するバイクメッシュジャケット。走っているときに風が吹くの中で循環するので、夏でも快適に着用できます。また、脊髄や肩、肘などにパッドやプロテクターが入っているので、安全面も問題ありません

バイク用メッシュジャケットの選び方 安全性と快適性を兼備

バイク用メッシュジャケットの選び方のポイントを説明します。メッシュジャケットは涼しいのが特徴ですが、涼しさとともに機能性などもしっかり考慮して選ぶようにしましょう。

【1】メッシュの使われ具合で選ぶ

バイク用メッシュジャケットとひとくちに言っても、メッシュの使われ方は商品によってさまざま。ここでは、全面メッシュのフルメッシュタイプと一部のみがメッシュのハーフメッシュタイプについて説明します。

涼しさ・通気性重視ならフルメッシュ

とにかく涼しいものがほしいのであれば、全面がメッシュになっているフルメッシュタイプを選ぶとよいでしょう。風がジャケット全体をとおり抜け、通気性は抜群。

一方、フルメッシュはジャケットの下が透けて見えるという欠点があります。また、涼しい場所などでは寒く感じる可能性も。調節ができるよう防風インナーなどを用意するとよいでしょう。

デザインが大事ならハーフメッシュ

ハーフメッシュタイプは腕や胸などは非メッシュ素材で、そのほかの部分がメッシュになっています。フルメッシュタイプと異なり、透けてほしくないところが透けないため、デザイン的には有利。

一方、通気性の観点ではやはりフルメッシュタイプには劣ります。それほど暑くない場合や、涼しさよりもおしゃれを重視したい場合に選ぶとよいでしょう。

(※)ポイント:メッシュジャケットは涼しさを実感できる

バイク雑誌フリーライター

昔ながらのバイク乗りですと「バイクに乗るときは革ジャン」と決めている方も多いでしょうし、昔はそれしかありませんでした。

ただ、昨今の夏の暑さは尋常じゃありませんよね。そんな現代を走るバイク乗りのためにメッシュジャケットという選択肢があります。

その名のとおりメッシュ地を使用したジャケットなのですが、走行風が当たると涼しい風が入ってきて快適です。使ったことのない方が着たら、涼しさにびっくりしますよ!

【2】裏地の素材で選ぶ

涼しさを感じるにはメッシュだけでなく裏地の素材も重要。肌に汗でびったりくっつく裏地は蒸し暑く感じます。肌にくっつきづらい素材や、通気性にすぐれた素材が使われていれば涼しく感じられるでしょう。

【3】安全性で選ぶ

バイク用メッシュジャケットは涼しさだけでなく安全性も重要。いくら気をつけていても事故を避けられない場合もあり得ます。

プロテクター内蔵であったり、CE規格に適合していたり、リフレクターがついていたりするものは安全性が高いジャケット。商品の仕様をしっかりと確認しましょう。

脊髄、肘、肩を守るプロテクターつきなら安心

プロテクターは事故の衝撃から体を守る重要なアイテム。プロテクターを別途装備しないのであれば、プロテクター内蔵のジャケットを選ぶようにしましょう。

警視庁によると、事故の際に致命傷となった体の部位で多いのは、頭部、胸部、腹部。胸部や腹部はプロテクターで守りたいところです。頸椎、肩、肘も守られていればさらに安心。安全のためにプロテクターを着用するよう心がけましょう。

CE規格適合かどうか

CE規格とはEUで販売される製品の安全性に関する統一基準で、バイク用プロテクターはEN1621という規格が該当します。この規格に適合する製品にはCEマークが表示されています。

CE規格は最低限の基準であり、どんな衝撃でも耐えるものではありませんが安心感があります。プロテクター内蔵のメッシュジャケットを選ぶときには確認してみてください。

リフレクター(反射材)で夜も安全

夜間走行するバイクは意外と自動車からは見えづらいもの。ジャケットにリフレクターがついていると、車のヘッドライトなどを反射して存在をアピールできます。通勤や長距離のツーリングで夜に走ることが多い方はぜひチェックしておきたい安全ポイントです。

【4】自分に合ったサイズを選ぶ

バイク用メッシュジャケット選びのなかでも重要なのがサイズ。バイクに乗るときには前傾姿勢になることが多く、小さすぎると突っ張ってしまい乗りづらくなります。また、大きすぎても裾などがバタついてしまってジャマになることも。

サイズの目安をしっかり確認するか、できれば試着でサイズ感を確認してから選んだほうがよいでしょう。

【5】汚れが目立ちにくいものを選ぶ

暑い時期に着用するバイク用メッシュジャケットには汗や皮脂汚れがつきがち。また、そもそもバイクに乗っていると泥や砂などがつきやすく、メッシュジャケットは裏も表も汚れやすいです。

白色など汚れが目立ちやすいものを選ぶと洗濯の手間がかかることも。暗めの色のものを選ぶと汚れが目立たず、洗濯の回数を節約できます。

バイク用メッシュジャケットおすすめ10選 CE規格クリアのプロテクターやリフレクター搭載モデルなど

ここからは、バイク雑誌フリーライターと編集部が選んだ、バイク用メッシュジャケット11選をご紹介します。どれも涼しさを重視した商品ですが、機能性はさまざま。安全性の面でも各社が工夫をこらしています。自身の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

バイク雑誌フリーライター

メッシュジャケットというとダブルやシングルといったデザインを思い浮かべがちですが、コミネ『プロテクトライディングメッシュパーカ』はパーカー形態のジャケットスタイルなのにメッシュ素材。インナーとの重ね着でオシャレも楽しめます!

Ex oa

Komine(コミネ)『プロテクトライディングメッシュパーカ』

Komine(コミネ)『プロテクトライディングメッシュパーカ』

出典:Amazon

タイプ フルメッシュ
吸汗・速乾素材 あり
プロテクター 胸、肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(S・M)
そのほか プロテクタはCE準拠

CE規格クリアのプロテクター標準装備

CE規格をクリアした衝撃吸収パッドのプロテクターを装備したフルメッシュタイプのバイク用メッシュジャケット。胸、肩、ひじ、脊椎用のプロテクターが標準装備となっており、万が一の事故の際にしっかり衝撃を緩和してくれます。

パーカータイプなので、カジュアルな印象ですが、立体裁断のため体が動かしやすくライディングを妨げません。メンズだけではなくレディースサイズがラインナップされているところもうれしいポイントです。

バイク雑誌フリーライター

RSタイチ『レーサー メッシュジャケット』は、レーシングスーツからオシャレ着ウエアーまで、幅広く手掛けるRSタイチのメッシュジャケット。

ネイキッドスタイルから現在主流のスーパースポーツ系にも似合う、主張を押さえたデザインがいいですね。軽量ハードプロテクター、そしてリフレクターまでも備わって安全性も高いですよ。

Ex oa

RSタイチ『レーサー メッシュジャケット』

RSタイチ『レーサーメッシュジャケット』

出典:Amazon

タイプ -
吸汗・速乾素材 あり
プロテクター 肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(S・M・L・XL・XXL・3XL・4XL)
そのほか プロテクタはCE準拠

リフレクターで夜間の被視認性アップ

リフレクターつきのバイク用メッシュジャケット。黒を基調としたシックなデザインですが、胸部、上腕、腰に装備されたリフレクターにより安全性も確保しています。

通気性が求められる部分と強度が求められる部分に、メッシュとテキスタイルを適材適所で配置。耐久性と涼感を両立しています。CE規格のプロテクターも内蔵されており、衝撃を吸収してくれます。

バイク雑誌フリーライター

コミネ『Rスペックメッシュジャケット』は、ハードプロテクターがついているけれど、プロテクター部分以外の熱がこもりやすい部分をメッシュ素材とすることで効率的に冷却するジャケットです。暑い夏でも熱い走りをしたい本物のライダーにぜひ!

Ex oa

Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』

Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』

出典:Amazon

タイプ -
吸汗・速乾素材 あり
プロテクター 肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)
そのほか プロテクタはCE準拠

レーシングスーツの機能性を取り入れたジャケット

レーシングスーツの機能性を取り入れた本格的なバイク用メッシュジャケット。首の負担を軽減する襟元のデザインや手元の動きを妨げない袖口のカットなど、レーシングスペックと呼ぶにふさわしいハイエンドのメッシュジャケットになっています。

タイトでありながら各部にストレッチ機能があり、動きやすいのも特徴。リフレクターは乗車状態での横方向からの夜間被視認性を向上させており、安全性を高めています。

Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』

Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』

出典:Amazon

タイプ フルメッシュ
吸汗・速乾素材 あり
プロテクター 肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(M・L)
そのほか プロテクタはCE準拠

レディースサイズもあるメッシュジャケット

メンズサイズだけでなくレディースサイズもラインナップされているバイク用メッシュジャケット。小柄な女性の場合にはSサイズでも大きいことがありますが、WM/WLという女性用小型サイズが用意されたことでより幅広い女性にも適合します。

おしゃれを重視したい方にはカラー展開が豊富なところも魅力のひとつ。それでいてフルプロテクション仕様のため安全性もばっちりです。

SKTインダストリー『モトベース イージーライドメッシュジャケット』

SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベースイージーライドメッシュジャケット』

出典:Amazon

タイプ -
吸汗・速乾素材 -
プロテクター 肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(M・L・LL・3L・LB)
そのほか プロテクタにメッシュ使用

プロテクターもメッシュで涼しい

肩、ひじ、脊椎部分のプロテクターをメッシュにしたバイク用メッシュジャケット。ジャケットだけでなくプロテクターがメッシュであることで、さらに通気性がよく涼しいメッシュジャケットとなっています。

ジャケット各部にはリフレクターを装備して夜間の視認性を向上させており、安全性を高めています。シンプルで飽きがこないデザインは長く使うのにうれしいポイント。

【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195 スマートライドメッシュジャケット ブラック

【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195スマートライドメッシュジャケットブラック 【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195スマートライドメッシュジャケットブラック 【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195スマートライドメッシュジャケットブラック

出典:楽天市場

タイプ -
吸汗・速乾素材 -
プロテクター 脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(S・M・L・LL・LW・3L・4L)
そのほか -

Sから4Lまで7種類の豊富なサイズ展開

小さいサイズのSから大きいサイズの4Lまで7種類ものサイズ展開があるバイク用メッシュジャケット。サイズの幅が広く、自分にぴったりのサイズをみつけられることでしょう。

デザインはシンプルかつスマート。どんなライディングスタイルにも適合するため活躍の幅が広いです。脊椎プロテクターやリフレクターが内蔵されており、安全性にも配慮されています。

SKTインダストリー『モトベース クールライドメッシュパーカー』

SKTインダストリー『モトベースクールライドメッシュパーカー』 SKTインダストリー『モトベースクールライドメッシュパーカー』 SKTインダストリー『モトベースクールライドメッシュパーカー』

出典:楽天市場

タイプ -
吸汗・速乾素材 -
プロテクター 肩、ひじ、脊椎
リフレクター あり
サイズ メンズ(M・L・LL・3L・4L・LB)
そのほか 脱着式フードつき

初夏から秋口まで幅広い気温に対応

初夏から秋口まで使えるバイク用メッシュジャケット。通気性にすぐれたメッシュ素材を採用することで、夏用としてだけでなく長い期間活躍することができます。

肩、ひじ、脊椎には通気性のよいメッシュプロテクターを標準装備。さらに、オプションで胸部プロテクターを取りつけ可能であり、より安全性を高めることができます。脱着可能なフードがついておりスタイルやシーンに合わせて使用可能。

Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』

Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』

出典:楽天市場

タイプ ハーフメッシュ
吸汗・速乾素材 あり
プロテクター 肩、ひじ、脊椎、胸
リフレクター あり
サイズ メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(M・L)
そのほか プロテクタはCE準拠

フルプロテクトながら軽くてコスパが高い

ボディ部にメッシュを採用したフルプロテクション仕様のハーフメッシュジャケット。肩、ひじ、背中、胸にプロテクターを標準装備しながら軽量かつ、高いコストパフォーマンスを誇ります。

立体裁断されており、運動性が高くライディング中にも突っ張りづらいのが特徴。また、リフレクターを胸、上腕、背中に装備。夜間の被視認性が高く、安全性を高めます。

Liugoo Leathers(リューグーレザーズ)『Horn Works メッシュレザー シングルライダースジャケット』

LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』 LiugooLeathers(リューグーレザーズ)『HornWorksメッシュレザーシングルライダースジャケット』

出典:Amazon

タイプ フルメッシュ
吸汗・速乾素材 -
プロテクター -
リフレクター -
サイズ メンズ(M・L・LL・3L・4L・5L)
そのほか 牛革(パンチングレザー)使用

レザーを使いおしゃれなライディングスタイル

パンチングレザーを使ったバイク用メッシュジャケット。通気性を確保し、かつ革の厚みを従来より10%薄くしたことで、オールシーズン使うことができ、春夏シーズンでもレザーを使ったライディングスタイルを楽しめます。

レザーには水牛の革を使用。堅牢度が高く、かつ水に強くキズが目立ちづらいため、長く使うことができます。革としての経年変化があるも魅力のひとつ。

NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEO メッシュジャケット』

NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEOメッシュジャケット』

出典:Amazon

タイプ -
吸汗・速乾素材 -
プロテクター 肩、肘、背中、胸(すべて別売り)
リフレクター -
サイズ S(レディース兼用)・M・L・LL・XL・XXL
そのほか -

気軽に使えるデイリーユースジャケット

気軽に使える価格と仕様がうれしいバイク用メッシュジャケット。Tシャツ1枚だけでは安全性が不安なライディングシーンにピッタリです。

ポリエステルメッシュ生地のため通気性がよく、涼しさを確保。標準ではプロテクターは内蔵されていませんが、肩、ひじ、背中、胸の各パーツに別売りのメッシュプロテクターを装着可能です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Komine(コミネ)『プロテクトライディングメッシュパーカ』
RSタイチ『レーサー メッシュジャケット』
Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』
Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』
SKTインダストリー『モトベース イージーライドメッシュジャケット』
【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195 スマートライドメッシュジャケット ブラック
SKTインダストリー『モトベース クールライドメッシュパーカー』
Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』
Liugoo Leathers(リューグーレザーズ)『Horn Works メッシュレザー シングルライダースジャケット』
NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEO メッシュジャケット』
商品名 Komine(コミネ)『プロテクトライディングメッシュパーカ』 RSタイチ『レーサー メッシュジャケット』 Komine(コミネ)『Rスペックメッシュジャケット』 Komine(コミネ)『プロテクトフルメッシュジャケット』 SKTインダストリー『モトベース イージーライドメッシュジャケット』 【FLAGSHIP・フラッグシップ】【春夏物】FJ-S195 スマートライドメッシュジャケット ブラック SKTインダストリー『モトベース クールライドメッシュパーカー』 Komine(コミネ)『プロテクトハーフメッシュジャケット』 Liugoo Leathers(リューグーレザーズ)『Horn Works メッシュレザー シングルライダースジャケット』 NANKAI(ナンカイ)『スーパーライトNEO メッシュジャケット』
商品情報
特徴 CE規格クリアのプロテクター標準装備 リフレクターで夜間の被視認性アップ レーシングスーツの機能性を取り入れたジャケット レディースサイズもあるメッシュジャケット プロテクターもメッシュで涼しい Sから4Lまで7種類の豊富なサイズ展開 初夏から秋口まで幅広い気温に対応 フルプロテクトながら軽くてコスパが高い レザーを使いおしゃれなライディングスタイル 気軽に使えるデイリーユースジャケット
タイプ フルメッシュ - - フルメッシュ - - - ハーフメッシュ フルメッシュ -
吸汗・速乾素材 あり あり あり あり - - - あり - -
プロテクター 胸、肩、ひじ、脊椎 肩、ひじ、脊椎 肩、ひじ、脊椎 肩、ひじ、脊椎 肩、ひじ、脊椎 脊椎 肩、ひじ、脊椎 肩、ひじ、脊椎、胸 - 肩、肘、背中、胸(すべて別売り)
リフレクター あり あり あり あり あり あり あり あり - -
サイズ メンズ(M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(S・M) メンズ(S・M・L・XL・XXL・3XL・4XL) メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB) メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(M・L) メンズ(M・L・LL・3L・LB) メンズ(S・M・L・LL・LW・3L・4L) メンズ(M・L・LL・3L・4L・LB) メンズ(S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB)、レディース(M・L) メンズ(M・L・LL・3L・4L・5L) S(レディース兼用)・M・L・LL・XL・XXL
そのほか プロテクタはCE準拠 プロテクタはCE準拠 プロテクタはCE準拠 プロテクタはCE準拠 プロテクタにメッシュ使用 - 脱着式フードつき プロテクタはCE準拠 牛革(パンチングレザー)使用 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする バイク用メッシュジャケットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのバイク用メッシュジャケットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:バイクジャケットランキング
楽天市場:バイク用メッシュジャケットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

バイク用メッシュジャケットのお手入れ方法 基本手洗いか手洗いモードで

バイクに乗っていると、季節を問わず排気ガスや空気中のゴミ、ホコリで服が汚れていきます。また、暑くなってくるとその分汗をかくので、バイク用メッシュジャケットもこまめなお手入れをしたいところ。この状態を放っておくと、いざ洗濯しても汚れが落ちなかったり、汗や不快なニオイが染みつく原因になります。

それらを回避するために、ここからは洗濯方法とメンテナンス方法をご紹介していきます。

洗濯方法の基本は手洗い

洗濯方法は、手洗いが基本になります。その際、プロテクターが入っていると思うので、事前に取り外してから手洗いを開始しましょう。

手洗い方法は、メッシュ部分に溜まったゴミやホコリをブラシで取り除き、洗剤が入ったぬるま湯でもみ洗いをするだけ。終わったら、しっかりすすぎ、風通しがいい場所で陰干しをしましょう。

洗濯機で回すなら手洗いモードで

バイク用メッシュジャケットの中には、洗濯機の手洗いモードで洗うことができるタイプも。その場合でも、手洗い同様、事前にメッシュ部分のゴミをブラシで取り除いてから洗濯機で洗いましょう

【関連記事】その他のバイク関連のアイテムをチェック

まとめ

この記事ではバイク用メッシュジャケットの11商品を紹介しました。バイク用メッシュジャケットはメッシュ素材を使うことで涼しいことが共通した特徴ですが、安全面では各商品で大きな差があります。また、メッシュ自体も、全面がメッシュのフルメッシュや、一部だけがメッシュのハーフメッシュなどさまざま。

選び方のポイントやおすすめ商品の違いを参考に、あなたがほしいバイク用メッシュジャケットを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


バーエンドミラーおすすめ8選|メリットや選び方も詳しく解説

バーエンドミラーおすすめ8選|メリットや選び方も詳しく解説

自慢のバイクをカスタムするとき、こだわりの個性を演出してくれるのが「バーエンドミラー」。デザインも重要ですが、形状によっては視認性に影響するので安全面はもちろん、車検対応か確認が必要です。本記事では、バーエンドミラーの選び方とおすすめ商品を紹介。メリット・デメリットや安全基準についても解説します。後半は、モーターサイクル・ジャーナリストの野岸“ねぎ”泰之さんが選ぶTOP3をランキングで発表! amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

Icon mini tag バイク用品

バイクカバーおすすめ13選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

バイクカバーおすすめ13選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

車庫がない限り、バイクを自宅の前に駐車しておくことは、愛車を放置しているのに近い環境。雨や砂などにより、愛車が傷ついたり、部品が腐食してしまう危険があります。そんな時に便利なのが、バイクをシートで覆ってくれるバイクカバーです。雨などの汚れや砂による傷、直射日光の影響からも愛車を守ってくれます。本記事では、バイクカバーの購入を考えるライダーの方に向け、愛車を雨や砂から守るバイクカバーについて、特徴や寿命、選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。本記事を読めば、バイクカバーを選ぶ際のポイントが一通り把握できますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag メンテナンス用品(自動車・バイク) , バイク用品

グリップヒーターおすすめ8選|巻きつけタイプやUSB給電タイプも

グリップヒーターおすすめ8選|巻きつけタイプやUSB給電タイプも

冷たい風に当たって指先がかじかむ季節には、バイクでの走行中にグローブだけでは寒さに耐えられない日もあります。そんなときに活躍してくれるのがグリップヒーター。グリップ自体が発熱することにより、手や指先を温かく保ってくれます。この記事ではグリップヒーターを選ぶときのポイントとおすすめの11商品をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

Icon mini tag バイク用品

バイク用グローブおすすめ14選|スマホ対応・電熱線内蔵・3シーズン対応も

バイク用グローブおすすめ14選|スマホ対応・電熱線内蔵・3シーズン対応も

バイクでの走行を安全に楽しむために欠かせないバイクグローブ。操作性や防寒性などを考慮したさまざまな機能つきのグローブが各メーカーから販売されています。この記事では、バイクグローブのおすすめ商品と選び方をご紹介します。

Icon mini tag メンズファッション , メンズファッション雑貨・小物 , バイク用品

オフロードブーツおすすめ10選|衝撃や転倒時のケガを防ぐモデルも紹介

オフロードブーツおすすめ10選|衝撃や転倒時のケガを防ぐモデルも紹介

オフロードバイクに乗る際、衝撃や転倒時のケガを防いでくれたり、ダートなどの悪路の走行時には持っておきたいオフロードブーツ。プロテクターがついており、激しい衝撃や衝突があってもケガをやわらげてくれる必須アイテム。本記事では、モトクロス・エンデューロ・トライアルなどの種類を解説した選び方、ガエルネやFOXなど定番メーカーのものを中心に、おすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag レディースファッション , メンズファッション , メンズ靴

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。