大人用キックボードのおすすめ6選|エアタイヤなど走りやすさを追求した商品をご紹介!

大人用キックボードのおすすめ6選|エアタイヤなど走りやすさを追求した商品をご紹介!
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

今や子どもだけでなく、大人でも競技や通勤で使用する機会が増えたキックボード。大人用の商品も多数展開されており、走りやすさの追求が行われています。この記事では、海外メーカーも含めて、大人用キックボードを選ぶときのコツや、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。


大人用キックボードとは? 乗るときの注意点

葉が生い茂った塀の前に駐輪している黒いキックボード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

大人用キックボードは、大人でも使える子ども用より大きいサイズのキックボード。通勤・通学での移動手段や、広めの公園内の散策などにも使えます。また、スケートボードのようにトリックを決めて遊ぶこともでき、利便性と遊び心にあふれたアイテムです。

使用時の注意点として、キックボードは道路交通法上では「遊具」として扱われます。公道を走ることは可能ですが、人通りの多い場所での使用は禁止行為となります。

移動手段として使用する場合は、周囲の状況や安全をしっかりと見極めて使用しましょう。

大人用キックボードを選ぶコツ 山岳写真家に取材

大人用キックボードを選ぶコツをみていきましょう。本記事ではメーカーやデザイン、走り心地のよさ、安全性、持ち運びやすさといった4つのポイントについて解説。

どれも参考になりますので、ぜひ目を通してみてください。

メーカーで選ぶ

大人用キックボードは、多くのメーカーからさまざまな特徴の商品が販売されています。品質やデザインから、メーカーを絞り込んで選ぶのもひとつの手です。

日本国内のメーカーであれば、JD JAPANのものが信頼性も高く、購入しやすい価格帯。デザイン性を重視するのであれば、海外メーカーのFRENZYやSWAGTRONなどがおすすめです。

走り心地のよさで選ぶ

デザインや軽量化の進化が進むキックボードですが、やはり走り心地のよさも気になるもの。

どのポイントを確認すればいいかわからないという方は、まずはハンドルやボードの高さと、タイヤの種類を押さえていきましょう。

ハンドルやボードの高さを確認

心地よく走るためにはハンドル調整ができるものや、ボードの高さが高すぎないものを選びましょう。

ボードの高さは低い方が走りやすいのですが、デコボコ道だと引っ掛かる可能性もあります。どういった道で走るのかを事前に確認しておきましょう。

タイヤのかたさで走りやすさは大きく変わる!

タイヤには「ハードタイヤ」と「エアタイヤ」の2種類あります。ハードタイヤは地面の凹凸が直に伝わり、路面の状況が分かりやすくなります。また、力を伝えやすいので、トリックを決めて遊びたい方に向いているでしょう。

エアタイヤは衝撃が少なく、快適に乗ることができます。タイヤの径が大きめなので走破性も高く、通勤などの移動手段におすすめです。

それぞれにメリットがあるので、キックボードを使用する場所や目的に合わせてタイヤを選ぶとよいでしょう。

走るときの安全性で選ぶ

自転車や車と同じで、キックボードも一歩間違えると大事故になりかねません。そのため、安全に走るための装備や性能があるのか、必ずチェックしましょう。

ここでは耐えられる重さや、ブレーキの種類についてご紹介します。

どのぐらいの重さに耐えられるのか

購入前に必ずチェックしておきたいのが「耐荷重」です。耐荷重を超える体重の方が乗ると、走行中に破損してしまい事故に繋がるおそれがあります。

大人用キックボードは基本的に90kg前後に耐えられる商品が多く、中には100kg程度まで耐えられるものもあります。重いリュックを背負っている人や体格のいい男性は、なるべく耐荷量が大きいものを選びましょう。

ブレーキの数と操作のしやすさ

ブレーキにはハンドルでブレーキをかけるタイプや、足元で操作するフェンダータイプがあります。止まりやすさは安全性にもかかわる重要なポイントなので、前輪や後輪をチェックし、ブレーキの数を把握しておきましょう。

ハンドブレーキがついていると、自転車と同じように操作できるので初心者の方でも扱いやすいですよ。

かんたんに折りたたみできるものが便利

折りたたんで持ち運べるという点がキックボードの魅力のひとつ。軽量化されたものを選ぶと、力に自信のない方でも持ち運びやすく便利です。

また、折りたたむ際も時間をかけないよう、短時間で畳める機構のものを選びましょう。

体型に合わせたサイズ選びも重要 山岳写真家によるアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

競技用、通勤用としてはもちろんイベント会場の移動にもあったら便利ですね。もちろん公道走行には保安部品は必要です。

ストリートで使うのか競技として腕を磨くのかでしっかりと選んでください。また、自転車同様にサイズチョイスも重要です。体型に合わせて調整可能な物や、対荷重を考慮してチョイスするのもポイントです。

大人用キックボードのおすすめ6選

それではこれまでの選び方要素を踏まえ、大人用キックボードを6種類ご紹介していきます。

デザインだけでなく、見た目ではわからない機能も記載しますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

操作性で選ぶなら、FRENZY『デュアルブレーキ レクリエーション スクーター(FR205DB)』! 初めて乗るにはフットブレーキは心配のタネ。ブレーキに気をとられると不安定になりがちですね。初心者には乗り慣れた自転車的操作が可能な一台をおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FRENZY『デュアルブレーキ レクリエーション スクーター(FR205DB)』

FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』 FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』 FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』 FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』 FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』 FRENZY『デュアルブレーキレクリエーションスクーター(FR205DB)』

出典:Amazon

サイズ 幅49×奥行き91×高さ87~96cm
重量 4.76kg
耐荷重 100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:205mm(ビッグウィール)
ブレーキ ハンドブレーキ、フットブレーキ
折りたたみ

ハンドブレーキでパッと止まれる

自転車と同じ仕組みのハンドブレーキが装備された大人用キックボード。使い慣れたブレーキ方法で、突発的なトラブルにも対処できるようになっています。

スタンドがついているので、壁がない場所でも自立させることが可能。毎回折りたたんだり、立てかけるところを探したりしなくていいので、時間短縮にも繋がりますね。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

安定感と見た目のインパクト重視なら、Micro Mobility Systems『マイクロ ロケット(SA0032)』。ファット系のタイヤでバランスが取りやすく、ギャップにも強い。「乗って楽しむ」「楽に進む」を両立させた一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Micro Mobility Systems『マイクロ ロケット(SA0032)』

MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』 MicroMobilitySystems『マイクロロケット(SA0032)』

出典:Amazon

サイズ 幅12×奥行き79×高さ66~98cm
重量 3.85kg
耐荷重 100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:64mm(EXTRA-WIDEホイール)
ブレーキ フットブレーキ
折りたたみ

幅64mmの太くてかたいタイヤで走りやすい

タイヤの太さが特徴的なキックボード。なんと幅が64mmもあり安定性が高く、走りやすさを追求したキックボードです。バランスをとるのが苦手な方でも、安心して使うことができるでしょう。

グリーンカラーが鮮やかでおしゃれなデザイン。ボード部分にはマイクロスクーターのロゴデザインもあり、見た目も申し分のない商品です。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

JD JAPAN『ジェイディレーザー(MS-105R)』は、国内ブランドのコスパがいい一台! 国内生産で安定した品質で提供されているので安心してお使いいただけますね。コストパフォーマンス重視の方だけなく、初めての方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JD JAPAN『ジェイディレーザー(MS-105R)』

JDJAPAN『ジェイディレーザー(MS-105R)』

出典:Amazon

サイズ 幅34×奥行き66×高さ86cm
重量 2.8kg
耐荷重 90kg
タイヤタイプ 前輪:127mm(LEDホイール)、後輪:102mm(ホイール)
ブレーキ ハンドブレーキ
折りたたみ

前輪のLEDライトで夜間も安心

国内ブランドで安心して購入できるキックボード。手に取りやすい価格でありながら充分な機能性をもつ、コスパがいい商品です。

暗い道路でも相手から見てもらうことができる、LEDライトを前輪に搭載。前輪用のハンドブレーキもついており、安全に使うことができるでしょう。カラーバリエーションもあるため、自分の好きな色味をみつけてくださいね。

Micro Mobility Systems『マイクロ ホワイト(SA0031)』

MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』 MicroMobilitySystems『マイクロホワイト(SA0031)』

出典:Amazon

サイズ 幅38×奥行き90×高さ72~103cm
重量 4.7kg
耐荷重 100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:200mm(ポリウレタンホイール)
ブレーキ -
折りたたみ

滑り止めのついた低めのボードで安定感がある

人間工学に基づかれた低めのボードで安定感のあるキックボード。絶妙な高さだけでなく、滑り止めもついた幅広のボードで、長距離でも快適に走れます。

また、ハンドルの高さも72~103cmと調節が可能で、少し身長の高いお子さまから大人まで共有して使うこともできるでしょう。親子で一緒に使える遊び道具としてもおすすめです。

SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』

SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』

出典:Amazon

サイズ 幅45cm×奥行き92×高さ93~103cm
重量 (約)4.4kg
耐荷重 (約)100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:200mm(PUホイール)
ブレーキ -
折りたたみ

軽量化されてとにかく持ち運びしやすい

本体重量が約4.4kgという、軽量化された大人用キックボード。折りたたむと片手で持ち運べる重さになっており、力や体力に自信のない方におすすめ。キックボードを持って電車に乗るときもラクラクです。

耐荷重は約100kgまでと、充実のスペック。細めのスタイリッシュなデザインからは想像できない。体の大きな成人男性でもラクに乗れます。

FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーション スクーター(FR205PP)』

FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーションスクーター(FR205PP)』 FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーションスクーター(FR205PP)』 FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーションスクーター(FR205PP)』 FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーションスクーター(FR205PP)』

出典:Amazon

サイズ 幅45×奥行き91×高さ93~104.5cm
重量 4.6kg
耐荷重 100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:205mm(エアタイヤ)
ブレーキ フットブレーキ
折りたたみ

女性でも楽に運べるようなキャリーストラップつき

長さ調節のできるキャリーストラップがついたキックボード。重量も4.6kgと比較的軽量で、持ち運びやすさを重視したい方は要チェックの商品です。

エアタイヤを採用したことにより、悪路でも静かで快適な走行を実現。ハードタイヤで運転するときに比べると、体への負担となる振動が少ないため、快適に走り続けられます。

「大人用キックボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
FRENZY『デュアルブレーキ レクリエーション スクーター(FR205DB)』
Micro Mobility Systems『マイクロ ロケット(SA0032)』
JD JAPAN『ジェイディレーザー(MS-105R)』
Micro Mobility Systems『マイクロ ホワイト(SA0031)』
SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』
FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーション スクーター(FR205PP)』
商品名 FRENZY『デュアルブレーキ レクリエーション スクーター(FR205DB)』 Micro Mobility Systems『マイクロ ロケット(SA0032)』 JD JAPAN『ジェイディレーザー(MS-105R)』 Micro Mobility Systems『マイクロ ホワイト(SA0031)』 SWAGTRON『タイタンフォールディングキックスクーター(K8)』 FRENZY『ニューマティックプラスレクリエーション スクーター(FR205PP)』
商品情報
特徴 ハンドブレーキでパッと止まれる 幅64mmの太くてかたいタイヤで走りやすい 前輪のLEDライトで夜間も安心 滑り止めのついた低めのボードで安定感がある 軽量化されてとにかく持ち運びしやすい 女性でも楽に運べるようなキャリーストラップつき
サイズ 幅49×奥行き91×高さ87~96cm 幅12×奥行き79×高さ66~98cm 幅34×奥行き66×高さ86cm 幅38×奥行き90×高さ72~103cm 幅45cm×奥行き92×高さ93~103cm 幅45×奥行き91×高さ93~104.5cm
重量 4.76kg 3.85kg 2.8kg 4.7kg (約)4.4kg 4.6kg
耐荷重 100kg 100kg 90kg 100kg (約)100kg 100kg
タイヤタイプ 前輪/後輪:205mm(ビッグウィール) 前輪/後輪:64mm(EXTRA-WIDEホイール) 前輪:127mm(LEDホイール)、後輪:102mm(ホイール) 前輪/後輪:200mm(ポリウレタンホイール) 前輪/後輪:200mm(PUホイール) 前輪/後輪:205mm(エアタイヤ)
ブレーキ ハンドブレーキ、フットブレーキ フットブレーキ ハンドブレーキ - - フットブレーキ
折りたたみ
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 大人用キックボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの大人用キックボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キックボード本体ランキング
楽天市場:キックボード本体ランキング
Yahoo!ショッピング:キックボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

大人用キックボードに関連する記事をご紹介 【関連記事】

まとめ

今回は、大人用キックボードを6商品ご紹介しました。

デザイン性だけでなく安全性や走りやすさなど、自分の体に負担をかけないものを選択することが大切。国内・海外メーカー問わず、自分の命を守るためにも正規品を購入しましょう。

ご紹介した内容を参考にして、あなたがほしい大人用キックボードを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

自転車が趣味という方も多いですね。さまざまなサイクリングコースの走行を楽しんだり、体力アップのためにトレーニングに励んだりと、自転車ライフを楽しむために装備しておきたいのがサイクルコンピューター(サイコン)。しかし、機能や計測内容、通信方法など、いろいろな種類があり、どれを選んだらよいのか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで、自転車ライターで現役ロードレーサーの浅野真則さんへの取材をもとに、おすすめのサイクルコンピューターと選び方のポイントをご紹介いたします。


ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

自転車のペダルを踏みこんだときの力をW(ワット)数で測定してくれる、ロードバイク用パワーメーター。クランクまわりやペダルに装着することで、走っているときの状態を客観的に知ることができ、トレーニングに生かすことができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用パワーメーターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイクで走ると、体の水分はどんどん失われていきます。適度な水分補給をして、体に無理のない範囲で楽しみたいですね。自分にあった機能的なロードバイク専用のボトルを使用すると、余分な力を使わずにスムーズに水分補給をすることができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用ボトルの選び方とおすすめ商品を紹介します。


ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。軽量化されているロードバイクには荷物を入れるカゴがついていないことが多いです。リュックなどを背負って乗ると、動きのじゃまになったり背中が蒸れたりして快適に乗れません。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。この記事では、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんがロードバイク用のサドルバッグの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用工具の選び方とおすすめ商品を紹介します。サイクリングを楽しんでいる最中、万が一トラブルに見舞われてしまったときのためにロードバイク用の工具を用意しておくと安心です。いくつかの工具をセットにした携帯工具があれば、その場で応急処置をほどすことができます。安心してロードバイクを楽しむためにも、いざというときにそなえて携帯用の工具を準備しておきたいですね。商品を選ぶ際に注目したいポイントも解説していただいたので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


自動車・バイクの人気記事


>>もっと見る