PR(アフィリエイト)

金魚鉢おすすめランキング&10選│おしゃれな陶器製やプラスチック製も!

金魚鉢おすすめランキング&10選│おしゃれな陶器製やプラスチック製も!
金魚鉢おすすめランキング&10選│おしゃれな陶器製やプラスチック製も!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

水槽とは違った風情を楽しめる金魚鉢。金魚やメダカなどの生き物を飼育するだけでなく、水草などの植物を育てたりお花を浮かべても素敵です。この記事では、金魚鉢の選び方とおすすめ商品を紹介。

ガラスや陶器、プラスチックなど素材や、モダンなデザインでおしゃれな商品もありますよ。記事後半では、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表
早坂 誠
東京渋谷の水草・観賞魚販売を中心とした店舗「sensuous」代表。 水草職人として、観賞魚業界を牽引するパイオニア的存在の一人。 独立後の2001年より水草を用いた作品を専門誌やインテリア誌に数多く発表しており、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した海女カフェ水槽を始め多くのテレビ番組セットや企画展、各イベントなどでアクアリウム作品を手掛けている。 2016年6~7月にはEテレ「アクアリウムとテラリウム」の講師での出演、 2017年・18年では水草と観賞魚の企画展「グリーンアクアリウム展」でのディレクションを担当する。 都内専門学校(アクアリスト専攻)講師。観賞魚飼育管理士アドバンス・愛玩動物飼養管理士2級・ビオトープ計画管理士2級・ビオトープ施工管理士2級。著書「水草水槽のススメ」

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

「ペット」「食品」「ドリンク・お酒」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

「金魚鉢」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ニッソー『金魚鉢 中』
テトラ『ウォーターフォール アクアリウム』
マルイチ奥田陶器『陶器水槽 信楽焼の角型水槽』
吉田飼料『太鼓鉢 大』
ジェックス『グラスアクアリウム ドロップ 水草インテリア ガラス製』
VINSOO『壁掛け水槽』
ジェックス『和の鴨口陶器鉢 墨黒』
マルイチ奥田陶器『信楽焼 10号白カスミすいれん鉢』
カミハタ『信楽焼めだか鉢 ブラウン/ブルーアクセント』
ジェックス『メダカ元気 メダカのための飼育鉢 黒370』
商品名 ニッソー『金魚鉢 中』 テトラ『ウォーターフォール アクアリウム』 マルイチ奥田陶器『陶器水槽 信楽焼の角型水槽』 吉田飼料『太鼓鉢 大』 ジェックス『グラスアクアリウム ドロップ 水草インテリア ガラス製』 VINSOO『壁掛け水槽』 ジェックス『和の鴨口陶器鉢 墨黒』 マルイチ奥田陶器『信楽焼 10号白カスミすいれん鉢』 カミハタ『信楽焼めだか鉢 ブラウン/ブルーアクセント』 ジェックス『メダカ元気 メダカのための飼育鉢 黒370』
商品情報
特徴 フリル付きの王道デザイン! 癒しを求めている方必見! 目・耳で楽しむ金魚鉢 陶器とガラスがコラボした和モダンな一点 スリムですっきり置ける大きめ金魚鉢 どんなインテリアにも馴染むシンプルなデザイン 卓上・壁掛け兼用! 自由に飾れる金魚鉢 和の雰囲気を存分に楽しめる本格的なアイテム 取り入れやすいさわやかなカラー 色彩がうつくしい! 存在感抜群の陶器 リーズナブルに手にはいる特大サイズ
サイズ (約)幅225×奥行225×高さ185mm 幅250×奥行280×高さ320mm 幅210×奥行140×高さ220mm 幅300×奥行57×高さ550mm (約)幅170×奥行170×高さ165mm 幅110×奥行220×高さ175mm 幅250×奥行250×高さ120mm 直径300×高さ155mm (約)直径280×高さ126mm (約)幅370×奥行370×高さ200mm
重量 (約)850g 1540g 3200g 2600g (約)2800g以上(水を入れてセットした時) - 1600g 3000g (約)2400g 565g
素材 - ガラス 陶器、ガラス ガラス ガラス アクリル 陶器 信楽焼き 陶器 プラスチック
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月23日時点 での税込価格

金魚鉢の選び方 金魚やメダカの飼育に

丸型の金魚鉢
Pixabayのロゴ
丸型の金魚鉢
Pixabayのロゴ

金魚鉢をおくだけでその場の雰囲気が変わりますよね。

金魚鉢は丸みがあったり壁に掛けられたりと、おしゃれなデザインが豊富です。 コンパクトなものが多く、テーブルや棚の上などのちょっとしたスペースに置けて、掃除がラクというメリットもあります。ただし、飼育する魚の数やサイズによってフィルターを考慮する必要があるでしょう。

デザイン性だけでなく、飼育環境として適しているかの機能面にも注目して商品を選んでくださいね!

選ぶポイントは以下です。

【1】サイズによる違い
【2】素材による違い


それぞれ詳しくみていきましょう。

【1】サイズで選ぶ

 

生き物を飼育する場合はサイズ選びが重要です。十分な量の水が入れられないと魚が酸欠になってしまったり、水質の悪化が早く病気にかかったりすることも。生き物の種類・数に合わせて飼育環境として適したサイズを選びましょう。成長することも考慮すると、多少余裕のあるサイズを選ぶほうがいいでしょう。

金魚は5cmくらいの体長でもおよそ5Lの水が必要ともいわれています。小さい金魚鉢しか置けないなら、体の小さいメダカやアカヒレなど、少ない水で飼育できる生き物を選ぶとよいでしょう。

【2】素材をチェック

金魚鉢といえばガラス製をイメージする方も多いかもしれませんが、陶器やプラスチックの商品もあります。素材が違えば雰囲気もがらりと変わり、使い勝手にも影響してきます。どんな素材が使われているかも確認して選びましょう。

ガラス製|サイズや形が豊富

 

スタンダードなガラス製の金魚鉢は種類が豊富。サイズや形もさまざまなバリエーションが売られているので、用途や好みに合うものを見つけることができますよ。

透明度が高く、360°どこからでもなかの様子が観察できるので、魚の泳ぐ姿を存分に堪能することができます。また、小さな傷も付きにくく、長くクリアな状態を保てるのも魅力です。ただし落とすと割れてしまうため、安定した場所で使用するようにしましょう。

陶器製|和の雰囲気が魅力

 

和の雰囲気がお好みの方には、陶器製のスイレン鉢がおすすめ。一般的な金魚鉢とは違い、のぞき込まないとなかの様子は見えませんが、魚鉢自体が抜群の存在感でインテリアのいいアクセントになってくれます。鉢に合うサイズの浮草を浮かべても味わい深く、金魚の色を引き立てるカラーを選んでコントラストを楽しむのも素敵です。

重たいスイレン鉢の場合、どこに置くか事前によく考えておく必要があります。安全に置けてのぞき込みやすい低めの位置に置くのがベスト。玄関先や庭など屋外に置くこともできますが、猫やカラス対策が必要な点は注意しましょう。深めの鉢を選んだり、専用の蓋付きのものを選ぶのもいいでしょう。

プラスチック製|軽量でお手入れがラク

 

アクリルやポリプロピレンなどのプラスチック素材の金魚鉢もあります。ガラスのように透明なものから、色付きで透けないタイプなどデザインはさまざま。ガラスや陶器に比べて軽いので、掃除などメンテナンスをするときもラクに扱うことができます。なかには軽さを活かして壁掛けできる製品も。置き場所がなく諦めていた場合でも金魚鉢を飾ることができますよ。

プラスチック素材は丈夫さも魅力で、うっかり落としても割れて破片が飛び散る心配がありません。小さな子どもやペットがいる家庭にもおすすめです。

独特の雰囲気を楽しめる金魚鉢 水辺の動植物専門家より

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

昔から金魚鉢は金魚やメダカの飼育容器として庶民に親しまれてきたアイテムです。多くの水槽や機材が充実している現在でも、雰囲気を好んで使われる方も多くいらっしゃいます。この独特のフォルムや美しい模様、色彩をフワラーベース(花瓶)のひとつとして楽しみましょう

金魚鉢のおすすめランキングTOP3! エキスパートが選出!

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表である早坂 誠さんによる、金魚鉢のおすすめランキングを発表します。ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

1位 ニッソー『金魚鉢 中』

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

昔ながらのイメージの『金魚鉢 中(NWB-041)』。これは水槽では代替ができないデザインです。ひだの大きさやエアチューブ用穴などのリニューアルをしているものの、この形状はやはり素晴らしいです。

2位 マルイチ奥田陶器『陶器水槽 信楽焼の角型水槽』

マルイチ奥田陶器『陶器水槽 信楽焼の角型水槽』

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

『陶器水槽 信楽焼の角型水槽(su-0126)』は他社にはない高級感。正面がガラスでなかがしっかり見えることもよく、周りを囲っているため、金魚が落ち着く効果も期待出来るところもおすすめです。

3位 ジェックス『和の鴨口陶器鉢 墨黒』

ジェックス『和の鴨口陶器鉢 墨黒』

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

『和の鴨口陶器鉢 墨黒』は、水の交換がしやすい口の形状と金魚が飛び跳ねることを防ぐフチが特徴。生き物のことを考えて作られていながら美しいフォルムはぜひ使ってみたい一品だと思います。

金魚鉢おすすめ10選 昔懐かしいものからモダンデザインまで!

ここからは、おすすめの金魚鉢をご紹介。スタンダードなガラスタイプのほかに、陶器製やプラスチック製のものもピックアップしました

エキスパートのおすすめ

ニッソー『金魚鉢 中』

ニッソー『金魚鉢中』 ニッソー『金魚鉢中』 ニッソー『金魚鉢中』
出典:Amazon この商品を見るview item

フリル付きの王道デザイン!

金魚鉢といえばこの形を思い浮かべる方の多いのではないでしょうか。伝統的なデザインで金魚がよく映え、このなかを優雅に泳ぐ金魚はまさに夏の風物詩。フリル部分の青の縁取りも涼やかで、眺めていたら暑さも忘れてしまいそうです。

エアチューブを通す穴が開いているのも特徴。スムーズにエアポンプを設置でき、魚たちが酸欠にならないよう環境を整えてあげることができます。

サイズ (約)幅225×奥行225×高さ185mm
重量 (約)850g
素材 -

サイズ (約)幅225×奥行225×高さ185mm
重量 (約)850g
素材 -

エキスパートのおすすめ

テトラ『ウォーターフォール アクアリウム』

テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』 テトラ『ウォーターフォールアクアリウム』
出典:Amazon この商品を見るview item

癒しを求めている方必見! 目・耳で楽しむ金魚鉢

LEDライト・一体型フィルターセット・水中モーターがセットになった金魚鉢です。一体型フィルターから水が流れ落ち、心地よい音も楽しめます。目でも耳でも楽しむことができ、お部屋を癒しの空間に変えてくれるでしょう。

フィルターが水をきれいにしてくれるので水質管理しやすいのも魅力。金魚鉢で生き物をうまく飼育できるか不安に感じている方にもおすすめです。

サイズ 幅250×奥行280×高さ320mm
重量 1540g
素材 ガラス

サイズ 幅250×奥行280×高さ320mm
重量 1540g
素材 ガラス

エキスパートのおすすめ

マルイチ奥田陶器『陶器水槽 信楽焼の角型水槽』

マルイチ奥田陶器『陶器水槽信楽焼の角型水槽』 マルイチ奥田陶器『陶器水槽信楽焼の角型水槽』 マルイチ奥田陶器『陶器水槽信楽焼の角型水槽』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

陶器とガラスがコラボした和モダンな一点

陶器にガラスを組み合わせ、それぞれのよさを活かしたおしゃれなアイテム。観察しやすいガラスの魅力を残しつつ、まわりを囲む陶器がまるで額縁に入れたような味わいのある情景を作り出します。陶器の持つ保温性によって、外気温に左右されにくいといったメリットもありますよ。

陶器の質感が苔むした岩や流木ともよく合います。金魚鉢内のレイアウトを楽しみたい方におすすめの一品。

サイズ 幅210×奥行140×高さ220mm
重量 3200g
素材 陶器、ガラス

サイズ 幅210×奥行140×高さ220mm
重量 3200g
素材 陶器、ガラス

吉田飼料『太鼓鉢 大』

吉田飼料『太鼓鉢大』 吉田飼料『太鼓鉢大』 吉田飼料『太鼓鉢大』
出典:Amazon この商品を見るview item

スリムですっきり置ける大きめ金魚鉢

太鼓のような形をしたおしゃれな金魚鉢。奥行きがなくスリムなので、大きめを選んでもすっきり置くことができます。主張しすぎないデザインで、場所を選ばず飾れるのも魅力です。

大サイズなら、7.6Lとたっぷりの水を入れることが可能です。複数匹の魚を飼うこともでき、初心者でも比較的上手に生き物を飼育してあげられそうですね。

サイズ 幅300×奥行57×高さ550mm
重量 2600g
素材 ガラス

サイズ 幅300×奥行57×高さ550mm
重量 2600g
素材 ガラス

ジェックス『グラスアクアリウム ドロップ 水草インテリア ガラス製』

どんなインテリアにも馴染むシンプルなデザイン

ころんとした丸みを持つやわらかな印象のアイテム。どんなインテリアにもすっきり馴染むシンプルなデザインです。なかの様子を存分に楽しむことができ、レイアウト次第でさまざまな表情を見せてくれますよ。

小ぶりなサイズで置き場所に困らないのも魅力。生き物を飼育するだけでなく、水草や観葉植物を育てたりテラリウム用に使うのもおすすめです。

サイズ (約)幅170×奥行170×高さ165mm
重量 (約)2800g以上(水を入れてセットした時)
素材 ガラス

サイズ (約)幅170×奥行170×高さ165mm
重量 (約)2800g以上(水を入れてセットした時)
素材 ガラス

VINSOO『壁掛け水槽』

VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』 VINSOO『壁掛け水槽』
出典:Amazon この商品を見るview item

卓上・壁掛け兼用! 自由に飾れる金魚鉢

素材に使用したアクリルの軽さを活かし、テーブルや棚に置くだけでなく壁掛けでも使用できる便利なアイテム。鉢を置くスペースがないときに重宝するほか、寂しい壁面を彩るという今までと違った使い方もできます。

ガラスと違いうっかり落としても割れて破片が飛び散りません。安全性も高いため小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。

サイズ 幅110×奥行220×高さ175mm
重量 -
素材 アクリル

サイズ 幅110×奥行220×高さ175mm
重量 -
素材 アクリル

ジェックス『和の鴨口陶器鉢 墨黒』

ジェックス『和の鴨口陶器鉢墨黒』 ジェックス『和の鴨口陶器鉢墨黒』
出典:Amazon この商品を見るview item

和の雰囲気を存分に楽しめる本格的なアイテム

職人によってひとつひとつ手作りされた本格的な陶器鉢。味わい深く、お部屋を趣ある和の雰囲気にしてくれます。墨のような黒いカラーで魚や水草の色がよく映え、色彩のコントラストを楽しむことができますよ

魚の飼育に適した機能性も兼ね備えています。流水口があるため排水しやすく水替えがかんたん。また、口がすぼんだ形状なので魚が飛び跳ねて出てしてしまうのを防ぐことができ、死角になるふくらみ部分は魚がよろこぶ隠れ家に。おしゃれなだけでなく魚を飼育することも考えて作られたアイテムです。

サイズ 幅250×奥行250×高さ120mm
重量 1600g
素材 陶器

サイズ 幅250×奥行250×高さ120mm
重量 1600g
素材 陶器

マルイチ奥田陶器『信楽焼 10号白カスミすいれん鉢』

マルイチ奥田陶器『信楽焼10号白カスミすいれん鉢』 マルイチ奥田陶器『信楽焼10号白カスミすいれん鉢』 マルイチ奥田陶器『信楽焼10号白カスミすいれん鉢』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

取り入れやすいさわやかなカラー

外観の白と内側のエメラルドグリーンが涼感たっぷり。明るい色味で和・洋どちらの雰囲気にも馴染みやすく、和のテイストを気軽に取り入れることができますよ。

使い勝手のいい手ごろなサイズ感も魅力。約7Lの水を入れることができ飼育環境としても適したサイズですが、大きすぎないため水替えや掃除もラクに行えます。比較的コンパクトなので置き場所に困らず、玄関や庭だけでなく、マンションのベランダや室内にも置きやすいでしょう。

サイズ 直径300×高さ155mm
重量 3000g
素材 信楽焼き

サイズ 直径300×高さ155mm
重量 3000g
素材 信楽焼き

カミハタ『信楽焼めだか鉢 ブラウン/ブルーアクセント』

色彩がうつくしい! 存在感抜群の陶器

陶器ならではの画一的ではない色合いのうつくしさを堪能できる一点です。内側のブルーは鮮やかで、赤系の魚の色にもよく映えます。外側は下に行くほど淡くなっていくブラウンのグラデーション。置いてあるだけでおしゃれで、インテリアのいいアクセントになりますよ。

屋内だけでなく、屋外でも使用可能。約3Lの容量でメダカであれば5匹程度まで飼育できます。

サイズ (約)直径280×高さ126mm
重量 (約)2400g
素材 陶器

サイズ (約)直径280×高さ126mm
重量 (約)2400g
素材 陶器

ジェックス『メダカ元気 メダカのための飼育鉢 黒370』

ジェックス『メダカ元気メダカのための飼育鉢黒370』 ジェックス『メダカ元気メダカのための飼育鉢黒370』
出典:Amazon この商品を見るview item

リーズナブルに手にはいる特大サイズ

約12Lとたっぷりの水が入れられる大きな鉢。ひとつの鉢で複数匹の小型の魚を飼育することができ、水替えの頻度も少なくて済みます。プラスチック製なのでこれだけ大きくても565gと軽量。メンテナンスの際も扱いやすく負担になりません。

屋外でも使用可能で、小さな水抜け穴が付いているのが特徴です。雨で増水しても排水できる仕組みになっていて、魚が流されてしまうのを防ぐことができます。また、別売りですが専用のフタも設置可能。カラスや猫などの外敵から魚たちを守り、安心して屋外に置いておけます。

サイズ (約)幅370×奥行370×高さ200mm
重量 565g
素材 プラスチック

サイズ (約)幅370×奥行370×高さ200mm
重量 565g
素材 プラスチック

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 金魚鉢の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での金魚鉢の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:金魚鉢ランキング
楽天市場:金魚鉢ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

金魚鉢で飼育するときに注意したいこと

金魚鉢で魚を育てるなら、水の量はもちろん水質にも注意が必要です。水道水は塩素が入っているためそのまま使用しないほうがよいでしょう。バケツなどに水道水を入れて、カルキ抜きを入れてから金魚鉢に水を入れるのがおすすめです。

また、金魚が酸欠になってしまわないよう、小さなエアレーションを使うなど酸素の供給方法を考えるようにしましょう。

金魚鉢に関連する記事をご紹介 【関連記事】

飼育環境として適した大きさのものを選びましょう!

金魚鉢のおすすめ商品をご紹介しました。

金魚鉢はインテリアとしても楽しめるアイテムですが、魚の飼育容器として使用する場合は飼育環境として適した大きさのものを選びましょう。小さなサイズの金魚鉢を飾りたいときはメダカなど少量の水で飼育できる魚を選ぶといいですね。素材によっても特徴が異なるので自分に合ったものを探してみてください。

あなたがほしい金魚鉢を選んでくらしに取り入れてみてくださいね!

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button