ミシュランタイヤおすすめ7選|タイヤの種類別にメリットもご紹介!

ミシュランタイヤおすすめ7選|タイヤの種類別にメリットもご紹介!

ふだんから愛用している自動車ですが、タイヤまでしっかりと気を配っていますか? あまり気にしていない方は要注意! タイヤには寿命がありますし、季節や環境によっても選ぶアイテムが異なります。この記事では、選び方とおすすめのミシュランタイヤをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

自動車ライター/エディター
塚田 勝弘

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライター/エディターとして約12年が経過。自動車雑誌、モノ系雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビやカーオーディオ、カー用品、カーエレクトロニクスなどを執筆しているほか、自動車メーカー関連の公式サイトの執筆や監修なども行っている。

ミシュランタイヤの特徴

ミシュランタイヤ
Pixabayのロゴ

ミシュランは世界的に名の知れたフランス発祥のタイヤメーカー。自動車用タイヤを実用化し、ラジアルタイヤを世界ではじめて製品化することに成功したパイオニアです。

ハンドリングの正確性とすぐれた耐摩耗性を持ったラジアルタイヤは、今や自動車の標準構造となっています。世界中の多くのタイヤブランドを傘下に納めているミシュランは、地域ごとに特色のある製品が多いのも特徴です。

ミシュランタイヤのメリット

ミシュランタイヤはバランスがよく、安定性もとても高いのがメリット。走り方やタイヤの種類にもよりますが、一般的には摩擦に強いのも特徴です。耐久性が高いうえ、環境にも優しいタイヤといえるでしょう。

またミシュランタイヤは、車を毎年地球4万周分(距離にして16億メートル以上)走らせてテストを行なっています。世界中で活躍するミシュランタイヤは、地域別のニーズをカバーするタイヤの研究・開発に余念がありません。

ミシュランタイヤの選び方

タイヤは使用用途に合わせていくつか選び方のポイントがあります。車種やサイズだけでなく、季節や環境などの外部的要因もそのひとつ。そのほか、価格帯も重要ですよね。

選ぶ際の基準は人それぞれ。選び方のポイントをもとに自分に合ったタイヤを選びましょう。

環境や季節に合わせてタイプを選ぶ

日本に住んでいると、季節によってさまざまな状況に直面します。梅雨どきは毎日のように雨が降って路面が濡れますし、夏は路面の温度が高くなり、冬は雪の積もった道路や路面凍結した道路を走らなければならないことも。

季節や環境に合わせて、タイヤも状況によってベストなものを選ぶようにしましょう

雪が降らない環境・季節なら「サマータイヤ(ノーマルタイヤ)」

 

一般的にはノーマルタイヤといわれ、雪道以外のすべての季節で使える基本的なタイヤ。エコ系、スポーツ系、コンフォート系、SUV専用などのほか、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤなど多彩なものがそろっています。

用途に応じて選択することで、より快適に走ることができますよ。

雪が降るなら「スタッドレスタイヤ(ウインタータイヤ)」

 

スタッドレスタイヤとは、雪道を走るためのタイヤ。鋲(スタッド)を持たないので、スタッドレスタイヤというわけですね。ミシュランタイヤは、雪上や凍結路などでの「止まる」性能にもこだわっています。

ミシュランのスタッドレスタイヤは、トレッドの深くまでサイプという溝が無数に彫られています。このサイプの持つ給水・排水機能のおかげで、高いグリップ力を発揮。摩耗にも強く、性能が落ちにくくなっています。雪道や凍結した道路だけでなく、乾いた路面や高速道路でも安定した走行ができますよ。

履き替える必要のない「サマー & スノータイヤ(オールシーズンタイヤ)」

 

サマー&スノータイヤはオールシーズンタイヤと呼ばれ、さまざまなメーカーから新商品が相次いで発売されている注目のタイヤです。夏タイヤと同等の静粛性と耐久性を持ち、冬の雪道でもそのまま走行できる性能をあわせ持っています。

一年中安心して運転できるタイヤで、履き替える必要がないのは便利ですよね。

価格で選ぶ

 

タイヤを新しく購入する際、つい安いものを選びたくなるかもしれません。しかし、タイヤの質を下げると乗り心地や燃費、グリップ、ブレーキング、雨天時の制動力などが低下してしまうことがあるので注意が必要です。

新車購入時からタイヤを変えていない場合、今履いているタイヤを基準にして、同じクラスもしくはそれ以上の性能のものを選ぶようにしましょう。自分が必要とする性能と費用を考慮して選んでくださいね。

車種に合わせて選ぶ

 

タイヤ選びは、ライフスタイルや車との相性なども大切な要素です

どれを買えばいいのかよくわからないときは、カー用品店で相談しましょう。自己判断で購入をして、そもそも車種に合うものではなかったということがないよう注意が必要です。

サイズもチェック

 

タイヤを交換するときはたいてい、車を購入したときに履いていたものと同じサイズのものを購入します。サイズはタイヤの側面に書かれているので、写真を撮っておいたり、メモをしてから売り場に行きましょう。

ドレスアップや走り(グリップ向上)のよさを目的としたインチアップ、ときにはインチダウンする方もいるかもしれません。そうした際も、やはりプロに聞くのがおすすめです。

エキスパートのアドバイス

自動車ライター/エディター

ニーズを見きわめて、愛車に合ったタイヤを選ぼう

世界2位のタイヤメーカーだけに幅広いラインナップを誇ります。エコ系なのかスポーツ系なのかなど、ニーズを見きわめて愛車に合ったタイヤを選ぶのが大切。また、日本にも世界三大拠点のひとつである開発拠点があり、ウインターテストなどが行なわれています。日本の雪道に合うスタッドレスなどの冬タイヤにも定評があります。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MICHELIN(ミシュラン)『PILOT SPORT 4(パイロットスポーツ4)』
MICHELIN(ミシュラン)『PRIMACY 4(プライマシー4)』
MICHELIN(ミシュラン)『ENERGY SAVER 4(エナジーセイバー4)』
MICHELIN(ミシュラン)『LATITUDE SPORT 3(ラティチュードスポーツ3)』
MICHELIN(ミシュラン)『AGILIS(アジリス)』
MICHELIN(ミシュラン)『X-ICE 3+(エックスアイス3プラス)』
MICHELIN(ミシュラン)『 CROSSCLIMATE + 215/50R17 95W XL 』
商品名 MICHELIN(ミシュラン)『PILOT SPORT 4(パイロットスポーツ4)』 MICHELIN(ミシュラン)『PRIMACY 4(プライマシー4)』 MICHELIN(ミシュラン)『ENERGY SAVER 4(エナジーセイバー4)』 MICHELIN(ミシュラン)『LATITUDE SPORT 3(ラティチュードスポーツ3)』 MICHELIN(ミシュラン)『AGILIS(アジリス)』 MICHELIN(ミシュラン)『X-ICE 3+(エックスアイス3プラス)』 MICHELIN(ミシュラン)『 CROSSCLIMATE + 215/50R17 95W XL 』
商品情報
特徴 接地面が広く安定した走行が可能 転がり抵抗性能が高く、お財布に優しい低燃費タイヤ 走行中の音や振動を抑えるからストレスが少ない 耐摩耗性に強いゴムを使用しているため長く使える 縁石接触を配慮した構造で狭いスペースの駐車も安心 「表面再生ゴム」によりブレーキング性能アップ オールシーズン交換の必要がなく経済的
タイプ サマータイヤ サマータイヤ サマータイヤ サマータイヤ サマータイヤ スタッドレスタイヤ オールシーズン
対応車種 スポーツ、セダン、ステーションワゴン スポーツ、セダン、ステーションワゴン、ミニバン セダン、ステーションワゴン、ミニバン、軽自動車など SUV バン、ライトトラック、キャンピング SUV、スポーツ、セダン、ステーションワゴンなど SUV、セダン、ステーションワゴン、ミニバンなど
対応サイズ 16~21インチ 15~19インチ 13~16インチ 17~21インチ 13~16インチ 15~19インチ 14~20インチ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

ミシュランタイヤおすすめ7選

ミシュランタイヤのおすすめ7選をご紹介します。そろそろタイヤの買い替えを検討したいという方も、はじめてタイヤを買い替えるという方も、自分にぴったりのタイヤを探してみてください

MICHELIN(ミシュラン)『PILOT SPORT 4(パイロットスポーツ4)』

接地面が広く安定した走行が可能

レーシングドライバーも「履けば違いがわかる!」と、うなるほどのウェット&ドライ性能。地面との接地面が広く安定性が高いので、ドライビングを楽しみたい方におすすめです。

また、ベルベット加工でより深い黒色に。洗練された印象のプレミアムタッチデザインが特徴となっています。すぐれたコントロール性能と応答性能で乗り心地もよく、快適に走行できること間違いなしですよ!

MICHELIN(ミシュラン)『PRIMACY 4(プライマシー4)』

転がり抵抗性能が高く、お財布に優しい低燃費タイヤ

転がり抵抗性能が高く、ガソリン代の負担が少ない、人にも環境にも優しい低燃費タイヤです。ロゴつきのスリップサインがあるので、タイヤの履き替え時期がわかりやすく事故を未然に防げるでしょう。

日本市場に求められる高い静粛性とすぐれたウェットブレーキングで、長期間安全な走行が可能。またロードノイズ(タイヤと路面のこすれるノイズ)を軽減してくれるので、後部座席に乗っている方とのおしゃべりも快適です。

MICHELIN(ミシュラン)『ENERGY SAVER 4(エナジーセイバー4)』

走行中の音や振動を抑えるからストレスが少ない

1本1万円台と非常にお求めやすいプライスでお財布に優しいタイヤです。アンダートレッドラバーを採用。走行中の音や振動を軽減し、ストレスなく走行できます。

さらに、雨の日でも安心して運転できるウェットブレーキングの性能が高く、転がり抵抗性能も高いので低燃費を実現。初期費用が安く、低燃費でコスパもいいので家庭に優しいタイヤですね。

MICHELIN(ミシュラン)『LATITUDE SPORT 3(ラティチュードスポーツ3)』

耐摩耗性に強いゴムを使用しているため長く使える

ハイパフォーマンスなのに低燃費のSUVタイヤです。耐摩耗性の強いゴムを使用しており、長く使うことができてコストパフォーマンスが高くなっています。

独自のコンパウンドと中央の連続するセンターリブ形状により、ウェット時のブレーキングや発進性の高さを確保。飛躍的に進化したブレーキ性能やハンドリング性能で、快適に走ることができますよ。

MICHELIN(ミシュラン)『AGILIS(アジリス)』

縁石接触を配慮した構造で狭いスペースの駐車も安心

商用バンやトラック、キャンピングカーなど向けのタイヤ。縁石接触を配慮した構造でタイヤ内部のコードを衝撃から守り、サイドウォールのダメージを抑えてくれます。駐車が苦手な方も安心ですね。

また接地面に対して均一に荷重させることで、タイヤの偏摩耗を防ぎ、長期間の使用が可能。耐久性と経済性を兼ねそろえたタイヤです。

MICHELIN(ミシュラン)『X-ICE 3+(エックスアイス3プラス)』

「表面再生ゴム」によりブレーキング性能アップ

セダン、スポーツタイプ、SUVから、ワゴン、ミニバンまで使えるスタッドレスタイヤです。最先端の「表面再生ゴム」により、凍結した道路でのブレーキング性能が、従来の『X-ICE』よりも新品時・摩耗時ともに大きくアップしています。

50%まで摩耗しても安心できる、トレッド溝底までサイプを入れたトレッドデザインも特徴。耐久性や静音性にもすぐれた、高品質のスタッドレスタイヤですよ。

MICHELIN(ミシュラン)『 CROSSCLIMATE + 215/50R17 95W XL 』

MICHELIN(ミシュラン)『CROSSCLIMATE+215/50R1795WXL』 MICHELIN(ミシュラン)『CROSSCLIMATE+215/50R1795WXL』 MICHELIN(ミシュラン)『CROSSCLIMATE+215/50R1795WXL』

出典:楽天市場

オールシーズン交換の必要がなく経済的

欧州でも認められた冬場における高い走行性能、乾いた路面でも濡れた路面でもすぐれている夏タイヤ性能。その両方をあわせ持った、オールシーズン使えるサマー&スノータイヤです。

1年をとおしてタイヤ交換の必要がないうえ、耐久性も高いのでとても経済的。外したタイヤを保管するスペースも必要ありません。パーツオブザイヤー2019で年間大賞を受賞しており、非常に信頼性の高い商品といえるでしょう。

【関連記事】ミシュランタイヤに関連するアイテムをチェック

まとめ

ミシュランタイヤのおすすめ7選をご紹介しました。

世界的なシェアを誇るミシュランのタイヤだけあって、高性能ながら低燃費なものが多かったですね。季節や環境などに合わせて、自分にぴったりのタイヤを選んでください。もちろん、車種やタイヤのサイズを考慮するのも忘れないようにしましょう。

ご紹介したおすすめ商品を参考に、愛車にぴったりのタイヤを見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


トラブル予防?ドレスアップ?車用シートカバーおすすめ15選|選び方も解説

トラブル予防?ドレスアップ?車用シートカバーおすすめ15選|選び方も解説

この記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材のもと、車用シートカバーの活用用途や、選び方、そして、トラブル予防・ドレスアップ別におすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon カーアクセサリー , カー用品

エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤに替えて愛車の燃費を向上させたいと考えていても、エコタイヤとはどのような種類のタイヤかよく知らない、ノーマルタイヤと何が違うのかわからない、たくさんの商品があってどのタイヤにしたらよいのか迷ってしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。この記事では、自動車ライター&エディターである高橋 満さんと編集部が厳選したエコタイヤのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon タイヤ , カー用品 , メンテナンス用品(自動車・バイク)

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックがあれば、省スペースでタイヤを保管できるうえに、経年劣化を遅らせることもできます。しかし、キャスター付きや伸縮タイプなどさまざまな商品があってなにを選べばいいのか迷ってしまう人もいるはずです。本記事では、タイヤラックの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 棚・ラック・シェルフ , タイヤ , 家具

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

長時間のドライブなどで役立つヘッドレストモニター。小さなお子さんのいる家庭では、長旅を飽きさせないためのアイテムとして購入を検討している方も多いのではないでしょうか。本記事では、ヘッドレストモニターの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon モニター・ディスプレイ , パソコン周辺機器 , パソコン

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

後方の安全確認やバックで駐車する時の視野確保に活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後付けが可能なカーアクセサリーのひとつです。本記事では、バックカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミ掲載もありますので参考にしてみてくださいね!

tag icon カー用品

関連するタグ


タイヤ カー用品

関連するブランド・メーカー


MICHELIN(ミシュラン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。