ハムスター用トイレのおすすめ11選|選び方やトイレのしつけ方も解説!

ハムスター用トイレのおすすめ11選|選び方やトイレのしつけ方も解説!

かわいらしいペットとして愛されているハムスター。もともときれい好きなので、自分が決めた場所以外ではおしっこをしません。そのため、ハムスター用のトイレは必要なアイテムです。この記事では、ハムスター用トイレのおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事後半では、ハムスターがトイレを覚えないときの対処法についても解説。また、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキング載せていますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士
ふじえりこ

『はじめてでもカンタン!多肉植物の育て方・楽しみ方』(コスミック出版)では文を担当。『土作りで決まる!とびきりおいしい野菜の作り方』(ブティック社)『ベランダ菜園 おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)では監修&執筆。『趣味の山野草』、エバーグリーンなどで連載執筆中。 豪華客船飛鳥のクルーズ講師、園芸教室Ceresを主宰するほか、都内植木市の園芸相談員歴20年以上。また、産業安全保健エキスパート、理科支援員・コーディネーター・アドバイザーの経歴を活かし『生き物たちのひみつ』(NHK)などのキッズライターとしての顔も持つ。 映画、漫画、健康分野にも精通し各種ライティング実績があるほか、『愛犬の選び方・飼い方・健康管理(主婦の友)』では取材ライターとしての実績あり。 多種多様、動物園の爬虫類館の植物管理経験も。植物はハーブを中心に、野菜、作物、多肉植物を栽培中。ハーブコーディネーター、植物文様研究家としても活動している。 ほかにも撮影現場のインテリアを手がける撮影インテリアコーディネーターとしても活動しており、植物を中心に現場を明るく彩るエキスパートでもある。

マイナビおすすめナビ編集部

主に『ベビー・キッズ』『美容・健康』『食品・ドリンク』カテゴリを担当する、40代編集者。マタニティ・育児雑誌、美容系雑誌、モノ系雑誌の編集経験をもとに、「ユーザー目線で本当にいい物をおすすめする」が信条。最近はスキンケアグッズよりも、健康食品や健康グッズに興味・関心が移りつつある。趣味:食べる、寝る 特技:大食い、子供とすぐ仲良くなる

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ハムスタートイレは必要? いらない? きれい好きで砂遊びも大好き

なにかを見つめるハムスター
Pixabayのロゴ

ハムスターは元々きれい好きな生き物で、巣穴のトイレ以外では排泄しないという習性をもっています。これは排泄中に敵に狙われたり、自分の臭いが付いてしまわないようにするためです。ケージの中にトイレを常設してあげることで、ハムスターも安心して排泄することができます。

また決められた場所で排泄できれば、床材に臭いがついたり汚れもつきにくくなります。掃除の頻度も少なくなるので、トイレを用意してあげることは飼い主にとってもメリットが高いと言えます。

ハムスター用トイレの選び方 サイズ感、屋根付き、高さ、素材、掃除のしやすさ、形状など

ハムスター用に作られたトイレは、形状や素材などがそれぞれ異なります。ぴったりな大きさはどのくらいなのか、どのタイプが掃除しやすいのかなど、選び方のポイントをひとつずつ見ていきましょう。

ちょうどいいサイズ感のものを選ぼう ハムスターの種類によって適正サイズも変わる

 

ハムスター用トイレの選び方で重要なサイズですが、ハムスターは種類によって個体のサイズが異なります。ゴールデンハムスターは体長約14~17cm、ジャンガリアンハムスターは体長約7~13cm。

ハムスターがトイレに入ったとき、無理なく体勢を変えたり向きを変えられるものがいいですね。飼っているハムスターのサイズに合わせて、トイレを選ぶようにしましょう。

屋根つき・高さのあるものがおすすめ! トイレ砂の飛散を防ぐ効果も

 

屋根つきや高さのあるものは、トイレ砂を外へ飛ばしてしまうのを防ぐ効果があります。飛び散った砂によって、部屋に排泄物のにおいがしみついてしまうことを防ぐことができるでしょう。

また屋根つきのものは隠れ家にもなるので、ハムスターに安心感を与えてあげることもできます。ハムスターが立ち上がったとき、体の半分くらい隠れる程度がちょうどいいサイズですよ。

素材の特徴で選ぶ プラスチック製か陶器製か

ハムスタートイレはプラスチックや陶器など、素材によって違いがあります。使いやすいと感じるほうを選びましょう。

種類豊富で軽量な「プラスチック製」

 

軽くて扱いやすいプラスチック製のハムスタートイレは、種類も豊富です。透明な屋根がついていれば、ハムスターの様子を観察できますし、トイレの汚れ具合などもチェックできますね。

カラーバリエーションだけでなく大きさもさまざま。お掃除などのメンテナンスもカンタンです。ただし活発なハムスターの場合、うっかりトイレを倒してしまうことがありますので注意が必要です。

重さがあって倒れにくい「陶器製」

 

倒れにくさや安定性を考えるなら、陶器製のハムスタートイレがおすすめです。倒れにくいだけではなく、キズがつきにくく長持ちしやすいというメリットも。ハムスターがかじってしまっても安心ですね。

陶器製はキズを気にすることなく、しっかり洗浄できるのがポイントです。ただし陶器製のトイレは冷たくなりがちですので、冬場はトイレをいやがってしまう可能性があります。

掃除のしやすさで選ぶ トイレと砂遊びを兼用している場合は重要

 

毎日使うトイレはいつもキレイにしておきたいもの。ハムスタートイレは、シンプルな形状のほうが掃除がラクで、清潔さを保ちやすくなります。

またハムスターのなかには、トイレの砂で砂浴びする子もいます。スコップがついているものであれば、汚れた砂を取り除くことができるので、ハムスターも気持ちよく砂浴びできます。

ケージの形状に合ったものを選ぶ ゆったりサイズで狭くならない

 

ハムスタートイレはケージの形状に合ったものを選ぶのもポイント。ケージの角にぴったりフィットしているものなら、ケージ内のスペースを狭くしてしまう心配がありません

また、すき間に汚れがたまりにくく、活発なハムスターがトイレを動かしてしまうのを防ぎやすくもなります。ケージのジョイント部にひっかけて、ケージの外側に設置できるものもありますよ。

ハムスターの種類や大きさに合うトイレを選ぼう 愛玩動物飼養管理士より

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

ハムスターは決まった場所でおしっこをする習性があるため、トイレを置くことで掃除がラクになります。飼っているハムスターの種類や大きさに合わせたトイレ選びをするといいでしょう。

ハムスター用トイレのおすすめ11選 愛玩動物飼養管理士と編集部が厳選

実際に発売されているハムスタートイレのなかから、おすすめ商品をご紹介します。それぞれの特徴を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ジェックス『ハビんぐ ハーモニートイレ』

ジェックス『ハビんぐハーモニートイレ』 ジェックス『ハビんぐハーモニートイレ』 ジェックス『ハビんぐハーモニートイレ』 ジェックス『ハビんぐハーモニートイレ』 ジェックス『ハビんぐハーモニートイレ』

出典:Amazon

透明ケースでカバーも外れるから掃除がラクチン!

全種類のハムスター対応した、ゆったりサイズのハムスタートイレです。透明でなかがよく見えることに加え、底が深めで砂が入れやすいのもポイント。トイレとしての活用だけでなく、砂場遊び用にも活用できます。

屋根の部分にはかわいらしい耳がついているので、ハムスターのかわいさをさらにアップさせてくれますね。上部のクリアカバーは外すことができるようになっており、丸洗いすることができるのでお手入れがカンタンです。

三晃商会『ゴールデンハムスターの快適トイレ』

ゴールデンハムスターのような大きめの子にも対応

ゴールデンハムスターの体に合わせた設計の大きめトイレです。ハムスターがおしっこなどをするとき、なかでくるっと横向きになる構造。砂かきをしても囲いに阻まれて外に飛び散りにくく、ケージのなかやお部屋を汚してしまう心配がありません。

狭いところが好きなハムスターにとっては、この囲いのなかがホッとできる空間になるかも。お掃除するときに便利なミニスコップが付属しているのもうれしいポイントですね。

三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』

三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』 三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』 三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』 三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』 三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』

出典:Amazon

砂が飛び散りにくい設計で掃除がカンタン

少ない砂でもじゅうぶんに使えるハムスタートイレ。砂かきをしてもまわりに飛び散りにくい設計になっているため、砂こぼれが少なくて済みますよ。底が曲面の構造になっていて、つねに砂が中央部分に集まるようになっているのがその理由です。

また、お掃除用のミニシャベルがついてくるのもうれしいポイント。商品名にもあるように、ジャンガリアンなど小型のハムスター向けです。

エキスパートのおすすめ

マルカン『ゆったりコーナートイレ』

マルカン『ゆったりコーナートイレ』 マルカン『ゆったりコーナートイレ』

出典:Amazon

トイレにカバーがついているので飛び散る心配なし

カバーつきタイプでトイレの砂が飛び散るのを防いでくれます。角に置けるようなデザインのコーナートイレなので、ハムスター用のケージに設置しやすく便利ですね。入り口が広く屋根も透明なので、なかにいるハムスターをよく観察できます。

ゴールデンハムスターなどの大きなハムスターでも余裕で出入りができるので、どんな種類のハムスターでも使えるでしょう。

マルカン『ジャンガリアンのおへや』

陶器特有の冷たさで熱を逃がせるから過ごしやすい

肌触りがやさしい陶器でできているハムスターのおへやですが、トイレとして使うこともできます。陶器はひんやりとしていて夏場にぴったり。砂遊びにも使えるので、トイレ用と一緒に設置してあげてもいいですね。

大きめのハムスターには少し小さいサイズですので注意しましょう。狭いところを好むハムスターの習性から、寝床として使う子も珍しくありません。自分で巣を作ったりと、たのしく活用してくれるでしょう。

マルカン『ハムスターのかわいいトイレ』

マルカン『ハムスターのかわいいトイレ』 マルカン『ハムスターのかわいいトイレ』

出典:Amazon

陶器製なので洗いやすく暑い夏はひんやり感も

洗いやすい陶器製のハムスタートイレです。重さがあるのでずれにくく、ハムスターが激しく運動しても倒れる心配がありません。また、ハムスターがかじってしまってもキズがつきにくく、長く使えるでしょう。

清潔でかわいらしいトイレですが、砂場遊びとしても活用できそうですね。サイズはやや小さめで、ジャンガリアンハムスターなどの小型種向けです。

エキスパートのおすすめ

三晃商会『プチレット』

三晃商会『プチレット』 三晃商会『プチレット』 三晃商会『プチレット』

出典:Amazon

ジョイント部があるケージなら外に接続も可能

使い方によっては、トイレではなく寝室としても使うことが可能。ケージ内を広々と使わせてあげたいなら、ケージにジョイントして使うといいでしょう。トイレとしては、カバーつきで砂が飛び散らない構造なので使いやすさ抜群です。

上部のカバーは取り外しが可能な設計なので、砂の補充や丸洗いもカンタンにおこなうことができますよ。

ジェックス『ハムスターのさわやか 脱臭トイレ』

活性炭が気になるにおいを瞬時に吸収!

ペットを飼っているとどうしても気になるのが、排泄物のにおいですよね。この商品は、気になるにおいを活性炭マットで吸収してくれます。三角タイプなので、ケージの角に置けて場所を取らないのもいいですね。

排泄後の砂は一瞬でかたまってくれるので、基本の掃除はかたまった部分を捨てるだけ。またフード部分もあるので、活発なハムスターでも砂が飛び散ることがありません。

マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』

マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』 マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』 マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』

出典:Amazon

自由に組み合わせるブロックタイプ!

ブロックタイプのトイレやお風呂を、自由に組み合わせることができます。底が深めなので、かたまった砂が集まりやすいのもポイント。クリアカバーなので、なかの様子がはっきりとわかるのもいいですね。

砂をたっぷりと入れておける四角形。複数のトイレや別売りのお風呂をブロックのように組み合わせて、おうちを作るなんてこともできますよ。

エキスパートのおすすめ

サヴィッチ『ハムスタートイレセット』

出入り口が開いているから警戒せず入ってくれる

出入口が2カ所あるタイプのハムスタートイレです。ベルギー製ブランドのペット用品でオシャレなデザインが特徴。日本だけではなく、多くの国で愛されているアイテムです。

トイレ砂とトイレスコップもセットになっています。両側が開いた構造になっているので、ハムスターがトイレに入りやすく、体が大きめの種類の子でもストレスなく使いこなせますよ。

Ruiqas『ハムスターのトイレ』

Ruiqas『ハムスターのトイレ』 Ruiqas『ハムスターのトイレ』 Ruiqas『ハムスターのトイレ』

出典:Amazon

敷居があるから砂がこぼれず、ケージが汚れにくい!

強度の高いプラスチック製でキズつきにくく、お手入れがしやすいハムスタートイレです。敷居があるので砂がこぼれにくくなっています。なかのハムスターのようすを観察できる透明なカバー。トイレが汚れていてもすぐに気づくことができますね。

スコップがついており、トイレの掃除もしっかりできます。カバーが開くので、トイレ砂の出し入れもカンタンですよ。

「ハムスタートイレ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ジェックス『ハビんぐ ハーモニートイレ』
三晃商会『ゴールデンハムスターの快適トイレ』
三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』
マルカン『ゆったりコーナートイレ』
マルカン『ジャンガリアンのおへや』
マルカン『ハムスターのかわいいトイレ』
三晃商会『プチレット』
ジェックス『ハムスターのさわやか 脱臭トイレ』
マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』
サヴィッチ『ハムスタートイレセット』
Ruiqas『ハムスターのトイレ』
商品名 ジェックス『ハビんぐ ハーモニートイレ』 三晃商会『ゴールデンハムスターの快適トイレ』 三晃商会『ドワーフハムスターの快適トイレ』 マルカン『ゆったりコーナートイレ』 マルカン『ジャンガリアンのおへや』 マルカン『ハムスターのかわいいトイレ』 三晃商会『プチレット』 ジェックス『ハムスターのさわやか 脱臭トイレ』 マルカン『ジャンガリアンのブロックトイレ』 サヴィッチ『ハムスタートイレセット』 Ruiqas『ハムスターのトイレ』
商品情報
特徴 透明ケースでカバーも外れるから掃除がラクチン! ゴールデンハムスターのような大きめの子にも対応 砂が飛び散りにくい設計で掃除がカンタン トイレにカバーがついているので飛び散る心配なし 陶器特有の冷たさで熱を逃がせるから過ごしやすい 陶器製なので洗いやすく暑い夏はひんやり感も ジョイント部があるケージなら外に接続も可能 活性炭が気になるにおいを瞬時に吸収! 自由に組み合わせるブロックタイプ! 出入り口が開いているから警戒せず入ってくれる 敷居があるから砂がこぼれず、ケージが汚れにくい!
サイズ 幅110×奥行150×高さ120mm 幅140×奥行88×高さ85mm 幅100×奥行73×高さ73mm 幅148×奥行104×高さ85mm 直径78×高さ83mm 幅115×奥行85×高さ75mm 幅150×奥行95×高さ90mm 幅120×奥行き96×高さ90mm 幅80×奥行80×高さ80mm 幅170×奥行90×高さ100mm 153×83×6mm
重量 128g - - 150g 182g - - 200g 90g - 106g
屋根 あり あり あり あり あり - あり あり あり あり あり
素材 ポリスチレン - - - 陶器 陶器 - - - - プラスチック
形状・ジョイントなど - 四角形 四角形 コーナーに置ける三角形 - - ジョイントあり コーナーに置ける三角形 四角形 四角形 ドーム型
付属品 スコップ ミニシャベル ミニシャベル デコレーションシール - - ミニシャベル スコップ、活性炭マット - 砂、スコップ スコップ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月15日時点 での税込価格

ハムスタートイレのしつけ方 覚えないときの対処法とは?

ハムスターは、本能的に決まった場所で排泄する動物です。そのため、ケージの隅にトイレを設置すれば、しつけしなくても基本的にトイレでおしっこをするようになります。

しかし、場合によってはトイレ以外の場所で排泄してしまうことも。原因のほとんどは飼育環境が影響しています。トイレが汚れていたり、トイレの位置を頻繁に移動させたりすると、ハムスターはトイレを認識できず安心して排泄することができません。飼い主が適切な飼育環境を作ることが大切です。

トイレはいつもキレイにしておこう

つぶらな瞳のホワイトハムスター

Photo by Kim Green on Unsplash

ハムスターに限らず、多くの小動物は清潔好きなもの。せっかくトイレでおしっこをするようになっても、トイレが汚れているとほかの場所でおしっこをしてしまうことがあります。

なるべくこまめに、ハムスターのトイレを掃除してあげましょう。まだトイレの場所を認識していない段階の場合は、おしっこのにおいのついた砂を少しだけ残しておくといいですよ

トイレは安心できる場所に設置しよう

騒音がきつい、ケージの近くに猫や犬、小さな子どもがいるなど、環境によってはハムスターが怖がってトイレに行けないことも。このようなハムスターは、安心できる寝室でおしっこをしたりします。トイレまでの道のりに死角を作る、寝室から遠くない場所にトイレを設置するなど、ハムスターが安心してトイレに行ける環境を作ってあげましょう。

また、寝室からトイレの距離が近すぎるとにおいが強くてトイレとの区別がつきにくく、遠すぎるとそもそもそこまで行かないというケースも。寝床とトイレの距離にも配慮したいですね。

トイレの場所を変えるときは要注意

筒のなかにもぐりこむハムスター

Photo by Henry Lai on Unsplash

ハムスターは決まった場所でトイレをする習性があります。そのため、トイレの場所を移動すると、もともとしていた場所でおしっこをすることも。大きな原因は、それまでトイレだった場所についているにおい。トイレを移動させたい場合はにおいを完全に除去し、新しいトイレににおいのついた砂を混ぜてトイレであることを認識させるといいですよ。

また、飼いはじめたばかりのころは、ケージの掃除をしたことをきっかけにトイレを使わなくなってしまうことがあります。これはまだ神経質なハムスターが巣箱を荒らされたと思って、安心できないことが原因のようです。まだ慣れていないうちは、ケージの掃除はひかえるようにしましょう。

トイレ砂の種類を交換するのも手

ハムスタートイレに砂がついていることもありますが、基本的にはトイレ砂を別に購入しなければなりません。この砂にも、いろいろな種類があります。ペット用の砂によく使われているゼオライトなどの鉱物系や、おしっこの吸収力にすぐれた紙系、消臭効果の強い木系など。

またおしっこをしたあとに砂がかたまるものや、おしっこを吸収したあとに石鹸の香りでにおいを消すものも。砂を変えてあげることで、ハムスターがトイレを使うようになることもあるかもしれません。いろいろと試して合うものを探してみてくださいね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ハムスタートイレの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのハムスタートイレの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:小動物用ケージ内装ランキング
楽天市場:トイレタリーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのハムスターグッズもチェック! 【関連記事】ケージ、ヒーター、トイレ砂、ペレットなど

要望に合ったものを見つけましょう

ハムスタートイレのおすすめ商品をご紹介しました。

かわいいハムスターが安心しておしっこができるトイレ、お手入れがラクなトイレなど、選び方のポイントはいろいろあります。

本記事でご紹介した選び方のポイントを参考にして、ぴったりのハムスタートイレを見つけてみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ハムスター用ペレットおすすめ8選|選び方や食べないときの対処法も解説!

ハムスター用ペレットおすすめ8選|選び方や食べないときの対処法も解説!

ペレットは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためた餌のことで、ハムスターに必要な栄養素が詰まっています。しかし、メーカーによって種類はさまざまなので、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さん監修のもと、ペレットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。あわせて、ペレットを食べないときの対処法や与え方の工夫についても解説。通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon ハムスター , 鳥・小動物

ハムスターの巣箱おすすめ10選|必要な理由や掃除方法なども紹介!

ハムスターの巣箱おすすめ10選|必要な理由や掃除方法なども紹介!

ハムスターなどの小動物を飼うときに欠かせないもののひとつが巣箱です。ただ、巣箱にもさまざまな種類のものが販売されていて、どれを選ぶべきか迷いますよね。この記事では、エキゾチックアニマルの専門医の霍野晋吉さんにお話をうかがい、ハムスターの巣箱の選び方とおすすめ商品をご紹介。あわせて掃除方法や使わなくなったときの対処法なども解説します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ハムスター , 鳥・小動物

ハムスター用給水器おすすめ12選【ケージに引っ掛ける、吸盤で設置など】

ハムスター用給水器おすすめ12選【ケージに引っ掛ける、吸盤で設置など】

ハムスターがいつでも好きなタイミングで水分補給するためにも便利なのが「給水器」。ケージに引っ掛けられるものや水槽に吸盤で取りつけるもの、水漏れしにくいものなど、さまざまな種類があるため、どれを選べばよいかわからない方もいるでしょう。この記事では、ペット専門エディター&ライターである井出綾子さんと編集部が、ハムスター用給水器の選び方、おすすめ商品をご紹介します。最後に、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon ハムスター , 鳥・小動物

ハムスター用かじり木おすすめ10選【歯の伸びすぎ防止・ストレス解消にも!】

ハムスター用かじり木おすすめ10選【歯の伸びすぎ防止・ストレス解消にも!】

ハムスター飼育にぜひ取り入れたいかじり木。歯の伸びすぎによるトラブルを予防し、ハムスターのストレス解消にも役立ちます。ケージをかじるクせの対策に便利なアイテムや、寝床、遊び道具の材料など多用途な商品もありますよ。この記事では、ペットドクターの霍野晋吉(つるの しんきち)さんにお話をうかがい、ハムスター用かじり木の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon ハムスター , 鳥・小動物

丈夫でおしゃれなハムスター用飼育ケージおすすめ13選【安全に過ごせるものなど】

丈夫でおしゃれなハムスター用飼育ケージおすすめ13選【安全に過ごせるものなど】

かわいいハムスターと一緒に暮らす際に欠かせないアイテム「ハムスター用飼育ケージ」。ゲージは金網、プラスチック、水槽と大きく分けて3つのタイプに分けられます。本記事では、ハムスター用飼育ゲージについて、特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ハムスター , 鳥・小動物

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。