セントジョーンズワートおすすめ6選&ランキング【毎日を笑顔に】DHCやナウフーズも

DHC セントジョーンズワート 30日分
出典:Amazon
DHC セントジョーンズワート 30日分
出典:Amazon

ハーブの一種である「セントジョーンズワート」は、セロトニンに作用する植物。古くから親しまれ、近年はサプリとして日々の生活が億劫に感じるとき、年齢とともに女性としての自信を失ってきた方に愛されています。

この記事では、美容のプロ・増村ゆかりさんへの取材をもとに、セントジョーンズワートの選び方とおすすめの商品を厳選!

記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、上手なサプリの取り入れ方などもあるので、ぜひチェックしてくださいね。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:美容・コスメ・化粧品、健康、ベビー・キッズ
中村 亜紀子

「ベビー・キッズ」「美容・コスメ・化粧品」「健康」カテゴリーほか、レディース向け商材全般を担当。妊婦・育児・女性向け雑誌の編集歴約15年で、ママやパパ、医療・美容関係者、製造メーカーへの取材経験は3000件以上。「ママやパパ、子供にとって本当にいい物をおすすめする」が信条。

◆本記事の公開は、2020年08月05日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

セントジョーンズワートの選び方 成分の含有量や安全性などをチェック!

 

セントジョーンズワートに優れた作用があるからといって、サプリにも同じような効果が期待できるとは限りません。なぜなら、商品によって成分の含有量が大きく異なるためです。ここからは、賢くセントジョーンズワートのサプリを選ぶために押さえてほしい4つのポイントを紹介します。

【1】セントジョーンズワートの抽出物「300mg」を目安に選ぶ
【2】「ヒペリシン」「ヒペルフォリン」の含有量で選ぶ
【3】安全性が考慮された商品を選ぶ
【4】形状は錠剤やカプセルが◎


また、セントジョーンズワートはハーブティーとしても親しまれていますが、上記で紹介したような効果を期待するなら、サプリやタブレット状のもので摂取するのがおすすめです。

【1】セントジョーンズワートの抽出物「300mg」を目安に選ぶ

口コミで評判のいい市販のセントジョーンズワートサプリは、セントジョーンズワートの抽出物が300mg前後配合されている傾向にあります。そのため、まずは「300mg」を基準として選ぶといいでしょう。

サプリは、成分の含有量が多いと過剰摂取のリスクが高まる危険性があるため注意が必要です。サプリのパッケージやメーカー公式サイトを見て、1日に摂取するセントジョーンズワートはどのくらいなのかチェックしてください。

【2】「ヒペリシン」「ヒペルフォリン」の含有量で選ぶ

 

セントジョーンズワートには、「ヒペリシン」と「ヒペルフォリン」という2種類の成分が含まれています。含有量の目安として、ヒペリシンは0.3%以上、ヒペルフォリンは4%以上含む商品を選びましょう。

しかし、東京都健康安全研究センターの調査では、セントジョーンズワートのサプリでもこの2種類のどちらかしか配合されていないケースや、成分含有量の表記が必ずしも正しくないケースがいくつか見られているそうですので、信頼できるブランドの商品を購入されることをおすすめします。

【3】安全性が考慮された商品を選ぶ

 

サプリは医薬品ではないため、即効性を期待すべきものではありません。そのため、問題がなければ中〜長期的に飲用することが多いでしょう。そこで気になるのが、商品の安全性です。商品が信頼できるかどうか見極めるために、メーカー公式サイトや商品パッケージを見ながら下記の項目を確認してみましょう。

・原材料名に加え、製造国が記載されている
・成分含有量が表記されている(例:ヒペリシンとして○○mg、ヒペルフォリンとして○○mgなど)
・GMP(原材料の入荷から出荷までにおける「適正製造規範」のこと)に認定された工場で製造されている
・「お客様相談室」が設置されている

また海外製のサプリには、日本より成分含有量が多いサプリなどが多いため注意が必要です。

【4】形状は錠剤やカプセルが◎

 

セントジョーンズワートのサプリには、錠剤やカプセル、ティーバッグの形状でお茶として飲むタイプがあります。

セントジョーンズワートに含まれる「ヒペリシン」と「ヒペルフォリン」の2種類の成分は、水に溶けない性質を持っているため、効果的にセントジョーンズワート抽出物を取り入れたい方は、錠剤やカプセルのものを選ぶのがおすすめです。

セントジョーンズワートのおすすめランキングTOP3! 美容のプロが厳選!

ここからは、美容のプロ・増村ゆかりさんがおすすめするセントジョーンズワートのサプリをランキング形式で紹介します!

エキスパートのおすすめ

1位 DHC『セントジョーンズワート』

1位DHC『セントジョーンズワート』 1位DHC『セントジョーンズワート』 1位DHC『セントジョーンズワート』 1位DHC『セントジョーンズワート』 1位DHC『セントジョーンズワート』 1位DHC『セントジョーンズワート』
出典:Amazon この商品を見るview item

豊富に摂取したい方におすすめ!

品質と良心的な価格を両立したコスメ&サプリブランド「DHC」のサプリです。4粒あたりセントジョーンズワートエキス末が650mgも配合され、ヒペリシン・ヒペルフォリンの2つの成分が豊富に配合されています。

「含有量が多いものを飲みたい」「含有量が少ないサプリでは変化がなかった」という方にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

2位 ナウフーズ『セントジョーンズワート』

コスパ重視ならこれがおすすめ!

1968年に設立された歴史のあるアメリカのサプリメントブランド「ナウフーズ」のセントジョーンズワートは、内容量が250粒とコスパの高さが魅力です。セントジョーンズワート300mgに対し、ヒペリシンが0.3%配合されています。

「ナウフーズ」のサプリは海外製品ですが、口コミで評判の商品が複数あります。

エキスパートのおすすめ

3位 オーガランド『セントジョーンズワート』

3位オーガランド『セントジョーンズワート』 3位オーガランド『セントジョーンズワート』
出典:Amazon この商品を見るview item

セントジョーンズワート初心者さんにもおすすめ

パッケージの簡易化や広告のカット等により、低価格販売を実現したサプリブランド「オーガランド」のセントジョーンズワートです。1カプセルにセントジョーンズワートエキス末が125mg配合されており、1日の摂取目安である2粒を飲めば250mg摂取することができます。

含有量が抑えられているので、セントジョーンズワート初心者さんにもオススメです。

セントジョーンズワートおすすめ3選【配合成分豊富】 ほかの成分も一緒に摂れる!

うえで紹介したランキングの商品以外にも、まだまだおすすめできるセントジョーンズワートがあります! ここからは、美容のプロ・増村ゆかりさんと編集部で厳選した、セントジョーンズワートのおすすめ商品を紹介します。

MBI『休息時間』

MBI『休息時間』 MBI『休息時間』 MBI『休息時間』 MBI『休息時間』 MBI『休息時間』 MBI『休息時間』 MBI『休息時間』
出典:Amazon この商品を見るview item

価格や飲みやすさも評判!

セロトニンの研究から発想を得て開発された、「リラックスサポート成分」を複数配合した一品です。セントジョーンズワートをはじめ、トリプトファンやテアニン、さらに美容にうれしいビタミンB群などさまざまな成分が配合されています。

粒が小さくて飲みやすい価格が手頃で継続しやすいなどが人気の理由です。日本国内のGMP認定工場で製造されています。

Growth canvas『RelaCare』

Growthcanvas『RelaCare』 Growthcanvas『RelaCare』 Growthcanvas『RelaCare』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

睡眠習慣に! 柑橘系の香りで後味スッキリ

“厳選3大成分”の「GABA」「グリシン」「トリプトファン」に加え、サポート成分としてセントジョーンズワートをはじめとするテアニンやカモミールなどの天然成分を複数配合しているサプリです。

いい香りで飲みやすいのが特徴。柑橘系の香りで、サプリの臭みが苦手な方にもおすすめ!休息サポートサプリということで、朝から元気に過ごしたい方の睡眠習慣に用いられることが多いようです。

アミュレット『やすらぎサプリ』

アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』 アミュレット『やすらぎサプリ』
出典:Amazon この商品を見るview item

女性の穏やかな毎日のために作られたサプリ

「アンハッピーな日々から抜け出せるように」と願いを込めて開発された、女性の笑顔をサポートするためのサプリメントです。

「心の笑顔をサポート」する成分として、セントジョーンズワート、トリプトファン、ギャバを配合。さらに、女性にうれしい「」や「チェストツリー」「葉酸」、美容にうれしいビタミンB群が配合されています。


「セントジョーンズワート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
1位 DHC『セントジョーンズワート』
2位 ナウフーズ『セントジョーンズワート』
3位 オーガランド『セントジョーンズワート』
MBI『休息時間』
Growth canvas『RelaCare』
アミュレット『やすらぎサプリ』
商品名 1位 DHC『セントジョーンズワート』 2位 ナウフーズ『セントジョーンズワート』 3位 オーガランド『セントジョーンズワート』 MBI『休息時間』 Growth canvas『RelaCare』 アミュレット『やすらぎサプリ』
商品情報
特徴 豊富に摂取したい方におすすめ! コスパ重視ならこれがおすすめ! セントジョーンズワート初心者さんにもおすすめ 価格や飲みやすさも評判! 睡眠習慣に! 柑橘系の香りで後味スッキリ 女性の穏やかな毎日のために作られたサプリ
内容量 120粒 250粒 180カプセル 60粒 90粒 60粒入り(約1ヶ月分)
プラスαの成分 - - ギャバなど ギャバ、トリプトファン、テアニンなど ギャバ、グリシン、トリプトファンなど トリプトファン、ギャバ、鉄、チェストツリー、ビタミンB群(葉酸含む)、など
1日の摂取目安量 4粒 3粒 2~4カプセル 2粒 3粒 2粒
商品リンク

通販サイトの人気ランキング セントジョーンズワートの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのセントジョーンズワートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:セントジョーンズワートサプリメントランキング
楽天市場:セントジョーンズワートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

セントジョーンズワートの副作用・注意点 購入前に必ずチェックしよう

 

セントジョーンズワートは一般的に「1日の摂取目安量を守れば副作用のリスクは少ない」と考えられていますが、いくつか注意すべき点がある成分です。下記の項目をチェックして、賢くセントジョーンズワートと付き合っていきましょう!

1. 光線療法を受けている方、妊娠中・授乳中の方は飲用できない

2. 通院中の方、服用している薬がある方は必ず医師に相談してから飲用する
血液凝固剤、 抗HIV薬、気管支拡張剤、抗てんかん薬、強心薬、免疫抑制剤、抗不整脈薬、経口避妊薬(ピル)など、一部の医薬品と飲み合わせることで、薬の効果を弱まらせることがわかっています。

3. 紫外線ダメージに気をつける
セントジョーンズワートのサプリを飲用していると、日焼けしやすくなる可能性があります。日焼け止めを使用するなど、紫外線対策を行いましょう。

摂取量は必ず守って、過剰摂取にはくれぐれも気をつけてくださいね。

セントジョーンズワートを賢く取り入れよう! 食事と睡眠に気をつけながら取り入れよう

 

セントジョーンズワートは、軽いうつ状態に対しポジティブな作用が認められている成分です。「毎日が憂うつ」「不眠や過眠が続く」「自分を責めてしまう」などうつ病の症状が少しでも見られる場合は、まずは心療内科や精神科を受診してください。

「サプリを飲んでいるから大丈夫」と過度にサプリを信用して症状を放っておくと、病気が悪化する危険性があります。どんな状況でも、症状が気になったら最初に専門家に相談してください。

そのうえで問題がない場合はサプリを取り入れつつ、無理のない範囲で健康に気をつけた生活を意識することをおすすめします。バランスのいい食事と質のいい睡眠は、毎日笑顔でいるためにもとても重要な要素です。

高級なものでなくても栄養が偏らないようにさまざまなものを食べ、毎日なるべく同じ時間にベッドに入り、約7時間を目安に睡眠をとりましょう。ストレスの原因が明確なら、その原因からなるべく離れることも美容や健康のために大切なことです。

【関連記事】セントジョーンズワートの関連記事はこちら

毎日の快適な暮らしと健康維持を セントジョーンズワートを賢く取り入れよう

 

セントジョーンズワートのサプリには口コミで高い評価の商品が複数ありますが、治療が必要な症状を改善する薬ではありません。

この記事でご紹介した「サプリの選び方」や「セントジョーンズワートの使い方」を参考に、毎日の快適な暮らしと健康維持のために、賢く商品を取り入れてくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button