マーケティング初心者におすすめの入門本21選|基礎から実践まで紹介

青春出版社『ドリルを売るには穴を売れ』
出典:Amazon

マーケティングとは、モノやサービスを販促する際の、市場動向調査や宣伝・販売活動の企業戦略のことを総称しています。大学生でマーケティングにはじめて触れる人も多いでしょう。また社会人になれば、データ分析でマーケティングに携わる人や、社会人であればマーケティングの資格取得を目指す人もいると思います。

しかし、いざマーケティングを独学で勉強しようと思っても、入門本や参考書が多数あり、何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、マーケティング初心者におすすめの入門本の選び方と、おすすめの商品を紹介します。また、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

住宅コンサルタント/スケジュール管理術の専門家
森 雅樹

積水ハウスと零細工務店で戸建て営業を経験後独立。現在は工務店の営業マン指導がメイン業務。営業テクニックレベル以前に営業マンとしてのスケジュール管理や情報収集などのスキル不足を強く懸念。筆者が30年来続けてきたマンスリー手帳による行動管理やスクラップブックに代表されるアナログ管理をITとどう両立させるかを研修のテーマに必ず掲げる。さらには高額になる住宅の契約において使い勝手がよく客前でも見栄えのする領収書や印鑑ケースにもこだわりを持つ。プレゼン、マーケティング、営業関連の本を多数執筆。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:本・音楽・映画
福本 航大

「本・音楽・映画」カテゴリーを担当。通勤の往復で1本の映画を観終えてしまうほどの映画愛好家。作品に没入しすぎるあまり、たびたび乗り過ごすことも。自宅を自分だけのホームシアターにする計画を着々と遂行中。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

マーケティング初心者におすすめの入門本21選 基礎から実践まで学べて独学にも最適

初心者向けマーケティング本のおすすめを紹介します。読みやすいマーケティング本選びに役立ててください。

幻冬舎『知識ゼロからのマーケティング入門』

知識ゼロからのマーケティング入門 知識ゼロからのマーケティング入門
出典:Amazon この商品を見るview item

イラスト入りでスラスラ読める

勝つための分析と戦略をわかりやすく説明している、初心者向けのマーケティング本です。内容的に難しい部分はイラストを使って解説しているため、文字ばかりの本は頭に入らないという方でもサラっと読めるでしょう。

シンプルで基本的な内容でありながら、押さえておきたいポイントにはしっかりとふれているので、最初の1冊にはピッタリです。

すばる舎『「マーケティング」基本の入門書』

マーケティングの基本が図解でわかる

多くの図解を用いながら、マーケティングの基本を説明している、初心者向けの1冊です。

身近なマーケティングの仕組みにもふれているので、生活にマーケティングがどのように関わっているのかを理解したい方にも適しています。

マーケティングの初心者でも、消費者や製品の基本的な関係から市場戦略まで学べる良書といえるでしょう。

青春出版社『お客さまには「うれしさ」を売りなさい 一生稼げる人になるマーケティング戦略入門』

日常の買いものを例にわかりやすく解説

「ものを売る」という、根本的な戦略が学べる、マーケティングの戦略入門書です。ものが売れるための複雑に絡み合った要素を、日常の買いものを例にしながら、わかりやすく解説しています。

専門用語も少なく、理解しやすい言葉でていねいに説明してあるので、マーケティングの初心者でもスンナリと頭に入ってくるでしょう。

有斐閣『入門・マーケティング戦略』

読みやすいマーケティング入門書

わかりやすい文章でマーケティング戦略を解説している入門書です。最低限必要な知識から戦略の立て方、実行方法などを、時系列にしたがって説明しています。

直近の動向も取り入れているため、はじめてマーケティング本を購入するという方も目を通しておきたい1冊です。ビジネスパーソンだけではなく、学生にも適しているでしょう。

日本実業出版社『課題解決につながる「実践マーケティング」入門』

課題解決につながる「実践マーケティング」入門 課題解決につながる「実践マーケティング」入門
出典:Amazon この商品を見るview item

実戦的な入門書

数多くの企業でマーケティング・マネージャーを務めた著者が、自然に商品が売れる仕組みを、わかりやすく解説しています。

ターゲット設定からプロダクトの開発、顧客とのコミュニケーションまで、順を追って説明しているので、マーケティング初心者でも理解しやすいでしょう。ありがちな課題に対する解決策の見出し方も参考になります。

同文舘出版『9のフレームワークで理解するマーケティング超入門』

9のフレームワークで理解するマーケティング超入門(DOBOOKS) 9のフレームワークで理解するマーケティング超入門(DOBOOKS) 9のフレームワークで理解するマーケティング超入門(DOBOOKS) 9のフレームワークで理解するマーケティング超入門(DOBOOKS) 9のフレームワークで理解するマーケティング超入門(DOBOOKS)
出典:Amazon この商品を見るview item

用語がわからなくても理解しやすい

本書では、3C分析やセグメント分析といった9つのフレームワークに沿いながら、マーケティングの基本が習得できるようになっています。

フレームワークをとおしてマーケティング戦略の流れを学べるのも特徴です。用語が難しいと感じるかもしれませんが、フレームワークごとに用語の使い方が解説されているので、意味を覚えながら知識を得ることができます。

ディスカバー・トゥエンティワン『ここからはじめる実践マーケティング入門』

実戦的な知識を身につけたい方へ

授業形式で知識を習得できる、初心者向けのマーケティング本です。

ブランド戦略にのっとったマーケティング・プランの設計や、マーケティング・リサーチによるデータの実務、ブランドマネジメントの基本までを演習を交えて解説している実践的な内容になっています。

前例を意識するのではなく、自分で考える力や自己進化する力を身につけたいという方にもピッタリです。

時事通信社『マーケティング部へようこそ!』

専門用語も理解しやすい

ストーリー仕立てで難しい専門用語もスムーズに理解できる、初心者向けのマーケティング本です。

とある総合電機メーカーを舞台にしたストーリーを読み進めるうちに、環境分析やターゲットの特定、マーケティング・ミックスなどの手法が身についていきます。

専門用語が並ぶ堅苦しい内容は苦手という方も、本書をチェックしてみてください。

ぱる出版『弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門』

弱者でも勝てるモノの売り方お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門 弱者でも勝てるモノの売り方お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門 弱者でも勝てるモノの売り方お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門
出典:Amazon この商品を見るview item

幅広い分野でマーケティングの知識をいかせる

マーケティングの知識を市場分析以外でも使いたいという方に適した、独特な切り口の1冊です。なにかを発信して広めたいというときに、マーケティングのさまざまな分析方法を使えるようにする思考ツールともいえます。

専門用語なども少ないので、マーケティングの初歩から難しいテーマまで、挫折することなく学べるはずです。

有斐閣『マーケティング・リサーチ入門 』

マーケティング・リサーチ入門(有斐閣アルマSpecialized) マーケティング・リサーチ入門(有斐閣アルマSpecialized)
出典:Amazon この商品を見るview item

リサーチ方法の初歩からわかる

豊富な事例やデータを活用しながら,正しい顧客理解とマーケティング・リサーチの実務などが学べる、初心者向けのマーケティング本です。

マーケティング施策のなかでも、マーケティング・リサーチをとくに重視した内容になっています。マーケティングには欠かせないリサーチの方法を詳しく知りたいという方も、本書を手にしてみてください。

日経BP『マーケティング基礎読本増補改訂版』

基本から段階的に解説

キーワードとトピックに沿いながら、段階別にわかりやすくマーケティングの基本を解説している1冊。新人マーケターだけではなく、ベテランのマーケターにも役立つ情報が満載です。

マーケティングの古典的手法から近年の動向までふれている内容は幅広く、企業のケーススタディや、キーマンのインタビューも掲載されています。

日本経済新聞出版『マネジメント・テキスト マーケティング入門』

基礎から実践まですべてがわかる

実務経験のある筆者が、マーケティングを包括的に解説している入門書です。マーケティングの考え方や仕組みといった基本的なことから、商品開発のプロセスやコミュニケーション戦略といった実践的な内容まで幅広く掲載されています。

難しい専門用語も登場しますが、初心者でもわかりやすいように説明してくれているので、スムーズに読み進められるでしょう。

KADOKAWA『大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる』

マーケティングの考え方をザッと学べる

マーケティングの基本的な考え方から、実践的な理論までをザッと学べる、初心者向けのマーケティング本です。実際のデータに基づいた内容になっているため、経験や勘ではなく、データから判断を下すための考え方が身につきます。

消費者行動のプロセスや、マーケティング・リサーチの方法にもふれられている、充実した内容も魅力です。

フォレスト出版『不変のマーケティング』

不変のマーケティング 不変のマーケティング
出典:Amazon この商品を見るview item

覚えておきたいマーケティングの原則

「成果を上げるための答えは、アナログのマーケティングにある」として、顧客を集めるための根本的な仕組みを解説している入門書です。

経営コンサルタントとして活躍する著者が、マーケティングの原則やノウハウをわかりやすく説明しています。少し前に発売された本ですが、基本的な考え方を知るためにも、読んでおきたい1冊です。

東洋経済新報社『究極のマーケティングプラン』

即効性を求めている方にピッタリ

プラン作成に使えるシートが付属した、実践的な初心者向けマーケティング本です。本書では、商品を売るための組み立て方や考え方、販売方法を、ステップ形式で学べます。

2007年の出版なので、具体例として登場する内容に古さを感じるかもしれませんが、マーケティングの本質や応用方法はじゅうぶんに体得できるはずです。

翔泳社『ノヤン先生のマーケティング学』

ノヤン先生のマーケティング学 ノヤン先生のマーケティング学 ノヤン先生のマーケティング学
出典:Amazon この商品を見るview item

代表的な理論を順に学べる

マーケティングの理論を初心者向けにわかりやすく解説している1冊です。本書では、「STP」や「SWOT分析」といったマーケティングの代表的な理論を、順を追って学ぶことができます。

基礎から奥深いところまで学べるだけではなく、ベテランでも新しい考え方のヒントになるような内容となっていますので、手元に置いておきたいところです。

SBクリエイティブ『これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング』

これ、いったいどうやったら売れるんですか?身近な疑問からはじめるマーケティング(SB新書) これ、いったいどうやったら売れるんですか?身近な疑問からはじめるマーケティング(SB新書)
出典:Amazon この商品を見るview item

身近な事例を取りあげてわかりやすく解説

身近なストーリーを絡めてマーケティングの基礎をわかりやすく解説している、初心者向けのマーケティング本です。マーケティングで使われる言葉の意味を理解しながら、代表的な理論をていねいに解説しています。

商品がなぜ売れたのか、どうやって売れたのかについても詳しくふれているので、飽きずに読み進めることができます。

青春出版社『ドリルを売るには穴を売れ』

ドリルを売るには穴を売れ ドリルを売るには穴を売れ ドリルを売るには穴を売れ
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者でも違和感なく頭に入る

「ものではなく価値を売る」という考え方をもとに、マーケティングを体系的に説明している、初心者向けのマーケティング本です。

初心者向けの入門書ですが、「ベネフィット」や「ターゲティング」「4P」などの基礎を納得できるレベルで解説。レストランの経営を立てなおすというテーマの「小説編」が、各章の内容をより理解しやすくしています。

KADOKAWA『100円のコーラを1000円で売る方法』

マーケティングに欠かせない知識をわかりやすく説明

本書では、100円で購入できるものを1,000円で売る方法について、マーケティングの視点からわかりやすく解説しています。

自社でしか提供できない価値「バリュープロポジション」を見出すことが重要と著者は主張していますが、この「バリュープロポジション」の考え方は、さまざまなビジネスシーンで役立つ考え方といえるでしょう。

ハーパーコリンズ・ ジャパン『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』

初心者でも「ジョブ理論」が理解できる

人が買いたいと思うものと買いたいと思わないものを説明する「ジョブ理論」にふれながら、イノベーションの成否をわけるのは運ではないということを説いている1冊です。

顧客ニーズの深い部分にある本質的な欲求を把握するためにも、読んでおいても損はないでしょう。ジョブ理論について徹底的に学んでおきたいという方にも適しています。

KADOKAWA『新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方』

今でも通用する具体例が豊富

具体例が豊富に掲載されている、初心者向けのマーケティング本です。「理論が頭に入っていても実践方法がわからない」という方も、本書を読めばビジネスでの活用方法が理解できるはず。

出版は2005年なので新しくはありませんが、今でも通用する知識も充実しています。マーケティングを学ぶなら目をとおしておきたい1冊です。

「マーケティング初心者におすすめの入門本」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
幻冬舎『知識ゼロからのマーケティング入門』
すばる舎『「マーケティング」基本の入門書』
青春出版社『お客さまには「うれしさ」を売りなさい 一生稼げる人になるマーケティング戦略入門』
有斐閣『入門・マーケティング戦略』
日本実業出版社『課題解決につながる「実践マーケティング」入門』
同文舘出版『9のフレームワークで理解するマーケティング超入門』
ディスカバー・トゥエンティワン『ここからはじめる実践マーケティング入門』
時事通信社『マーケティング部へようこそ!』
ぱる出版『弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門』
有斐閣『マーケティング・リサーチ入門 』
日経BP『マーケティング基礎読本増補改訂版』
日本経済新聞出版『マネジメント・テキスト マーケティング入門』
KADOKAWA『大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる』
フォレスト出版『不変のマーケティング』
東洋経済新報社『究極のマーケティングプラン』
翔泳社『ノヤン先生のマーケティング学』
SBクリエイティブ『これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング』
青春出版社『ドリルを売るには穴を売れ』
KADOKAWA『100円のコーラを1000円で売る方法』
ハーパーコリンズ・ ジャパン『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
KADOKAWA『新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方』
商品名 幻冬舎『知識ゼロからのマーケティング入門』 すばる舎『「マーケティング」基本の入門書』 青春出版社『お客さまには「うれしさ」を売りなさい 一生稼げる人になるマーケティング戦略入門』 有斐閣『入門・マーケティング戦略』 日本実業出版社『課題解決につながる「実践マーケティング」入門』 同文舘出版『9のフレームワークで理解するマーケティング超入門』 ディスカバー・トゥエンティワン『ここからはじめる実践マーケティング入門』 時事通信社『マーケティング部へようこそ!』 ぱる出版『弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門』 有斐閣『マーケティング・リサーチ入門 』 日経BP『マーケティング基礎読本増補改訂版』 日本経済新聞出版『マネジメント・テキスト マーケティング入門』 KADOKAWA『大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる』 フォレスト出版『不変のマーケティング』 東洋経済新報社『究極のマーケティングプラン』 翔泳社『ノヤン先生のマーケティング学』 SBクリエイティブ『これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング』 青春出版社『ドリルを売るには穴を売れ』 KADOKAWA『100円のコーラを1000円で売る方法』 ハーパーコリンズ・ ジャパン『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』 KADOKAWA『新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方』
商品情報
特徴 イラスト入りでスラスラ読める マーケティングの基本が図解でわかる 日常の買いものを例にわかりやすく解説 読みやすいマーケティング入門書 実戦的な入門書 用語がわからなくても理解しやすい 実戦的な知識を身につけたい方へ 専門用語も理解しやすい 幅広い分野でマーケティングの知識をいかせる リサーチ方法の初歩からわかる 基本から段階的に解説 基礎から実践まですべてがわかる マーケティングの考え方をザッと学べる 覚えておきたいマーケティングの原則 即効性を求めている方にピッタリ 代表的な理論を順に学べる 身近な事例を取りあげてわかりやすく解説 初心者でも違和感なく頭に入る マーケティングに欠かせない知識をわかりやすく説明 初心者でも「ジョブ理論」が理解できる 今でも通用する具体例が豊富
著者 弘兼憲史/前田信弘 山本和実 佐藤義典 池尾恭一 理央周 金森努 武井涼子 五味一成 上杉惠理子 星野崇宏 日経デジタルマーケティング 小川孔輔 阿部誠 神田昌典 ダン・ケネディ 庭山一郎 永井孝尚 佐藤義典 永井孝尚 クレイトン M クリステンセン ジェイ・エイブラハム
刊行 2009年 2009年 2018年 2016年 2017年 2019年 2015年 2018年 2019年 2018年 2017年 2009年 2017年 2014年 2007年 2014年 2016年 2007年 2011年 2017年 2017年
ページ数 162ページ 192ページ(推定) 216ページ 344ページ 272ページ 176ページ 280ページ 288ページ 144ページ 374ページ 148ページ 800ページ 224ページ 293ページ 280ページ 280ページ 208ページ 256ページ 221ページ 392ページ 312ページ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 初心者マーケティング本の売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの初心者マーケティング本の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:初心者マーケティング本ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

マーケティング初心者のための入門本の選び方 基礎がわかり体系的にわかりやすく勉強できる本を

それでは、マーケティング初心者のための入門本の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】マーケティングの基礎がわかる本を選ぶ
【2】どのように利用したいのかを考えて内容で選ぶ
【3】WEB(デジタル)マーケティングの本は基礎を学んだあとで
【4】本の発行された年ができるだけ新しいものを選ぶ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】マーケティングの基礎がわかる本を選ぶ

 

基礎がしっかり理解できていないと、間違えた知識を得てしまいがちです。まずは、基礎をしっかりと学べる本を選びましょう。

▼体系的にマーケティングが学べる入門用の本がおすすめ

初心者は、「マーケティングとは、どのようなものなのか」という基本を体系的に学べる入門書からスタートすることが大切です。いきなり応用的な内容が書かれている本を読んでも、理解する前に挫折してしまう可能性があります。

基本が理解できていなければ実践もできないので、基礎から学べて、きちんと読了できるような本からはじめましょう。

▼漫画やイラスト、図解が多い本だとわかりやすい

「文字ばかりの本は、内容が頭のなかには入ってこない」という方は、イラストや漫画を交えながらマーケティングを説明している本がおすすめです。

漫画だけでは内容的に不足していることもありますが、マーケティングの基本をザックリと理解するにはじゅうぶんでしょう。マンガからスタートすれば、少し難しい内容の本を読んだときも理解しやすいはずです。

▼マーケティング用語の解説がちゃんとあると理解しやすい

マーケティング本には、専門的な用語も登場しますが、意味を理解しないで読み進めると、内容についていけなくなってしまいます。

本をスムーズに読み進めるためにも、用語の解説がある本や、わかりやすい言葉で書かれている本を選びましょう。

マーケティング用語の解説がある本を選べば、意味を間違えて覚えてしまうこともないはずです。

【2】どのように利用したいのかを考えて内容で選ぶ

 

マーケティングの本でも、力を入れている内容はそれぞれです。マーケティングを学びたいのなら、理論を学べるものがおすすめです。マーティングがどういうものなのか学問として学ぶことができます。

実際にビジネスを始める人であれば、実例をもとにビジネスに則した例が豊富なものを選ぶとよいでしょう。マーケティングの考え方自体はわかっていたとしても、より実際のビジネスに生かすことに特化したものが有用です。マーケティングの理解を深めたい人には、用語の説明があるものがよいでしょう。用語の解説が詳しく書かれているのでマーケティングの理解をさらに深めてくれます。

【3】WEB(デジタル)マーケティングの本は基礎を学んだあとで

 

WebマーケティングやSNS・デジタルマーケティングについては、ジャンルとしてはマーケティングに含まれますが展開方法が異なります。SNSや電子メール、アプリなどといったあやゆる仕組みを利用し、Webに消費者を集客する方法です。

まずは基礎となるマーケティングの基礎的な知識を学んでから、手にとることをおすすめします。Webマーケティング本やデジタルマーケティング本、さらに細分化するとSNSマーケティング本までたくさんのジャンルが出版されていますが、みなさんの勉強している範囲や職種に応じて、学んでみるとよいでしょう。

【4】本の発行された年ができるだけ新しいものを選ぶ

 

経済の動きや社会情勢などを考慮すれば、できるだけ刊行された年が新しい本を選びたいところです。

古くても普遍的な内容が書かれている名著はありますが、初心者は新しい情報から頭に入れて、流れに乗り遅れないようにしたほうがいいでしょう。

どの本を選ぼうが迷ったときには、刊行された年をひとつの目安にしてみてください。

初心者でも身につくマーケティング本選びの極意 住宅営業界のマーケティングをきわめた男が教えます

住宅コンサルタント/スケジュール管理術の専門家

難しい専門用語の羅列では読む気はおこりません。初心者には難解なマーケティングを理解するには、日常の行動に置き換えたり、漫画を使ったり、ときには図を多用した本を手に取ることです。

どんな初心者でも漫画で描かれてあれば読みやすいですし、専門用語を日常生活にたとえればかんたんに理解することができます。【初心者でも】【かんたんに理解できる】このふたつの急所を押さえたマーケティング本をご紹介します。

初心者はマーケティングの基礎知識からはじめよう

ここまで、住宅コンサルタント/スケジュール管理術の専門家・森 雅樹さんと編集部が選んだ初心者向けのマーケティング本のおすすめと選び方を紹介しました。初心者は、体系的にマーケティングが学べる本から読みはじめると、途中で挫折することなく内容を理解することができます。

文字ばかりの本は苦手という方は、マンガやイラスト入りで解説してある本を選ぶといいでしょう。用語の解説がある本なら、意味を理解しながら読み進められます。

今回ご紹介した辺や選び方を参考にして、マーケティングの知識をビジネスで役立てましょう。

そのほかのビジネス系書籍の記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


大学生向け洋書おすすめ7選|興味のあるテーマや小説ほか、内容と難易度で選ぶ

大学生向け洋書おすすめ7選|興味のあるテーマや小説ほか、内容と難易度で選ぶ

大学生になると、外国の友人ができたり、旅行や留学で海外に行ったりと、これまで以上に英語に触れる機会が増えるのではないでしょうか。そうでなくても、就活に向けて英語力を磨きたい人もいるでしょう。もっと英語に慣れたい人や読書好きな人は「洋書」に挑戦してみませんか?本記事では、大学生向け洋書のおすすめと選び方のポイントをご紹介。後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 語学・参考書 , 教育・学習参考書 , 洋書

中学受験用社会参考書おすすめ16選【受験のプロに聞く】問題集と合わせて攻略!

中学受験用社会参考書おすすめ16選【受験のプロに聞く】問題集と合わせて攻略!

ひと口に中学受験対策用の社会の参考書といっても「苦手な地理を克服したい」「もっとレベルの高い参考書や問題集が知りたい」など用途はさまざまです。この記事では、参考書や問題集選びに悩む親御さんや子どもたちに向けて、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、おすすめの参考書を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 歴史参考書 , 社会・参考書 , 教育・学習参考書

地方公務員試験対策参考書おすすめ16選|初級から上級まで! 論文・面接対策も

地方公務員試験対策参考書おすすめ16選|初級から上級まで! 論文・面接対策も

競争率が高く、難しい印象のある公務員試験。自分に合った参考書や問題集を見つけ、効率よく学習することが合格への近道のひとつです。ここでは、School Post主宰の石井知哉さんと編集部が選ぶおすすめ参考書と選び方のポイントについてご紹介していきます。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌

フランス語テキストのおすすめ16選|初心者~上級者まで独学で仏語を習得!

フランス語テキストのおすすめ16選|初心者~上級者まで独学で仏語を習得!

フランス語を学ぶうえで欠かせないのが自分に合ったテキスト。独学での外国語の習得には「たのしく学ぶ」のがコツです。フランス語独特の発音や、女性名詞や男性名詞によって変わる動詞の活用など基本ルールをおさえましょう。本記事では、フランス語テキストのおすすめと選び方のポイントをご紹介。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 語学・参考書 , 教育・学習参考書 , 本・雑誌

ベネッセの『進研ゼミ 小学講座』を詳しく解説|楽しく学べる教材の特徴やお得なキャンペーン情報も!

ベネッセの『進研ゼミ 小学講座』を詳しく解説|楽しく学べる教材の特徴やお得なキャンペーン情報も!

国語に算数、理科、社会。小学校の授業で習ったことをしっかりと身につけて、中学校へ進んでほしいと考えているご両親も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、「チャレンジ1年生~」のCMで有名な『進研ゼミ小学講座』。進研ゼミは、1回約15分で完結するように学習内容が凝縮された教材が届くサービスです。今回は、そんな『進研ゼミ 小学講座』について教材の特徴を解説し、どんな魅力があるのかを紹介します。お得なキャンペーン情報も掲載しているので、中学受験を考えている方もぜひ参考にしてください。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌 , サービス

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。