高音質でインテリアにもなる!ミニコンポおすすめ12選|タイプ別の特徴も解説

高音質でインテリアにもなる!ミニコンポおすすめ12選|タイプ別の特徴も解説

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。

本記事では、ミニコンポについて、タイプ別の特徴や音質のチェックポイントといった選び方、そしておすすめ商品をご紹介。インテリアにもなるモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表
眞壁 征生

専門は音響アンプの電子回路設計。筐体設計。真空管回路設計。2005年音響機器を開発・製造・販売する会社を設立。国内はもとより、欧州を中心に37ケ国に輸出。 2007年プロオーディオ事業、2013年ログハウス事業、2015年コンサート企画運営事業を開始。2018年から新規事業としてロシア製軍用時計の輸入を始める。その後、数ケ国の機械式腕時計や懐中時計をラインナップ。 2008年よりFM岐阜の長寿番組である『ムジカスタイル』(毎週木曜18:30~)のナビゲーターに。コラム等の執筆多数。総アクセス数370万を超えるブログは、現在も100万アクセス/年のペースで進行中。 ローカル鉄道養老鉄道支援組織『乗って残そう揖斐養老線実行委員会』会長。大垣ケーブルテレビ番組審議委員。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ミニコンポとは

 

ミニコンポとは、音楽を再生することができるオーディオ機器になります。スピーカーやCDプレイヤーなどが一体となった【コンポーネントステレオ】の小型タイプの機器です。

ミニコンポでも、本体とスピーカーがひとつになった一体型や本体とスピーカーが分かれているセパレート型の2種類で、それぞれ使い勝手が異なるので実際に使用するイメージから選ぶことをおすすめします。

ミニコンポの選び方

それでは、ミニコンポの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】セット内容、タイプ
【2】接続の仕方
【3】音質


上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『ミニコンポのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】セット内容、タイプをチェック

限られた小さな場所で音楽を楽しむのか、オーディオ用のラックが用意できるのかというようなスペースの問題や、将来の拡張性を見据えてスピーカーとアンプ部分が独立したものを選択するか、一体型を選択するかを決めなければなりません。

安易にデザインや価格だけで選んでしまうと何年か後に後悔することにもなりかねません。

▼スピーカー 一体型

 

スピーカー部分とアンプ部分が一体となった構造で、比較的小型のコンポーネントが多いタイプです。スピーカーケーブルを配線する必要もなく設置もかんたん。その反面、拡張性や応用性はなくオーディオシステムとしてのおもしろみには欠けます。

純粋に音楽を楽しむというような用途に使用する、簡易的なオーディオコンポーネントといえるでしょう。

『一体型のミニコンポのおすすめ商品』を今すぐ見る

▼セパレート型

 

スピーカー部分とアンプ部分が一体となった構造で、比較的小型のコンポーネントが多いタイプです。スピーカーケーブルを配線する必要もなく設置もかんたん。その反面、拡張性や応用性はなくオーディオシステムとしてのおもしろみには欠けます。

純粋に音楽を楽しむというような用途に使用する、簡易的なオーディオコンポーネントといえるでしょう。

『セパレート型のミニコンポのおすすめ商品』を今すぐ見る

▼スピーカー別売のコンポ単体型

 

好みのスピーカーを別途用意して接続します。アンプの特性や相性を考えてスピーカーを選択する必要があり、やや上級者向けです。好みのスピーカーを選択できるのでヨーロッパやアメリカの個性的なスピーカーを使用したり、中型~大型のスピーカーをチョイスすることも可能。

少し高価なスピーカーと組み合わせておき、将来のグレードアップではアンプ部分を本格的なオーディオシステムに変更するというようなことも容易です。

『単体型のミニコンポのおすすめ商品』を今すぐ見る

【2】接続の仕方をチェック

 

最低限の接続メディアとして、Bluetooth、USB、RCA端子による外部ライン入力端子を備えたものであれば、かなり楽しむことができます。上級者向けの接続として、ネットワークプレーヤーと呼ばれるインターネット回線への接続もあります。

▼ワイヤレス対応|Bluetooth、Wi-Fi接続

Bluetooth接続は主にスマホやタブレットとの接続に使用します。かんたんに接続することができ、自宅ではスマホ内にある音楽ライブラリーをスピーカーから聴くことができます。

Wi-Fi接続はNASと呼ばれるネットワーク上に設置されたハードディスクに接続し、家庭内で音楽ライブラリーを共有することが可能です。しかし、これには専門的な設定を行う必要があり、簡易な音楽再生システムとしてミニコンポを選択された方にはハードルが高いかもしれません。

▼USB接続

オーディオアンプとしての性能の他、スピーカーの特性も音質を左右する重要な要素です。一般的に、大きなスピーカーは迫力ある低音が出やすくなります。直径10cm以上のスピーカースニットが搭載されたスピーカーシステムをおすすめします。

【3】音質をチェック

 

主に市販のUSBメモリに音楽ファイルをコピーして接続するための端子です。現在では64Gや128Gといった大容量USBメモリも安価に入手できますが、機種によっては32Gまでしか使用できないものもあり注意が必要です。

▼ハイレゾ対応モデル

CDの規格はサンプリング周波数44.1KHz、量子化ビットは16ビットです。これよりも情報量の多い音楽ファイル(たとえば、96KHz 24ビット)をハイレゾといいます。

こまかな音や耳では聴こえないくらい周波数の高い音を再生でき、一般的にハイレゾ音源は高音質です。ハイレゾを再生する機会は全体の1%にも満たないかもしれませんが、今後増えていく可能性はあります。

▼スピーカーのユニット数

一般的なミニコンポはフルレンジまたは2WAYです。フルレンジは1ケのスピーカーユニットで高域から低域までカバーし、2WAYでは高域用スピーカーユニット、低域用スピーカーユニットの2種のユニットを組み合わせて再生します。

2WAYの方が再生することができる周波数の範囲が広く、明瞭な高域とダイナミックな低域を楽しむことができます。

ミニコンポのおすすめモデル

それでは、おすすめのミニコンポをご紹介いたします。

▼おすすめ3選|一体型

▼おすすめ5選|セパレート型

▼おすすめ4選|コンポ単体型

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ3選|一体型

ここでは、一体型のスピーカーをご紹介します。スピーカーケーブルを配線する必要もなく設置もかんたんです。はじめての方におすすめのタイプになります。

エキスパートのおすすめ

JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(NX-W30)』

JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット JVCケンウッドNX-W30コンパクトコンポーネントシステムBluetooth対応ウッドキャビネットウォールナット
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

シンプルでベーシックな一体型コンポーネント

一体型なのでスピーカーケーブルなどの配線は必要なく、必要なのは電源ケーブルだけ。操作もシンプルで、オーディオがあまり得意でない方でも問題なく操作が可能です。CD、Bluetooth、MP3などひと通りのメディアに対応しています。反面、拡張性は少なく、将来さらに音質にこだわって音楽を楽しむには不向き。

限られたスペースで簡易的に使用したり、寝室などでのセカンドシステムとして気軽に音楽を楽しむ場合におすすめです。

エキスパートのおすすめ

TOSHIBA(東芝)『ハイレゾ対応SD/USB/CDラジオカセットレコーダー(TY-AK1)』

東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド 東芝ハイレゾCDラジカセSD/USB/CD-RW対応AurexTY-AK1(N)サテンゴールド
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

カセットテープの録再OK

1970年代、一世を風靡(ふうび)した東芝のオーディオ専門ブランド『オーレックス』の名を冠したミニコンポ。特筆すべきはカセットテープの録音・再生が可能であること

現在ではあまり使用されることがないカセットテープですが、かつてのカセットテープのライブラリーをお持ちの方にとっては貴重な再生装置となるでしょう。

エキスパートのおすすめ

JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(EX-S55)』

JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン JVCケンウッドEX-S55-TウッドコーンシリーズBluetooth搭載ハイレゾ音源再生録音対応USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムブラウン
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

スピーカーにウッドを使用しリアリティある音に

8.5cmのスピーカーユニットの振動板には木が使用されています。木は固有の振動音がなく適度な弾力をもっているため、スピーカーの振動板として理想的な素材です。しかし、加工がしにくく、極度の乾燥では割れることがあるため、スピーカーには使用されてきませんでした。

本機は長年の研究によりこれらの問題点を克服し、広がりのあるサウンドステージとボーカルのリアリティある音像を再生することに成功しています。

▼おすすめ5選|セパレート型

ここでは、セパレート型のスピーカーをご紹介します。左右の広がりがある為に豊かな音を楽しむことができます。使用感で別のスピーカーとも組み合わせができます。

エキスパートのおすすめ

Panasonic(パナソニック)『CDステレオシステム(SC-PMX90)』

パナソニックミニコンポFM/AM2バンドBluetooth対応ハイレゾ音源対応シルバーSC-PMX90-S パナソニックミニコンポFM/AM2バンドBluetooth対応ハイレゾ音源対応シルバーSC-PMX90-S パナソニックミニコンポFM/AM2バンドBluetooth対応ハイレゾ音源対応シルバーSC-PMX90-S パナソニックミニコンポFM/AM2バンドBluetooth対応ハイレゾ音源対応シルバーSC-PMX90-S
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

スピーカーにこだわったコンポーネント

本機のスピーカーは3WAYで、低域・中域・高域という分け方ではなく、低域・高域・超高域の3WAY。ハイレゾ時代に対応したユニット構成です。ウーハーは14cm径の樹脂製で、このクラスとしては大きなウーハーといえるでしょう。

左右のスピーカーを本体から離して設置することで、一体型では味わえないステレオ感を得ることができます。低域と高域のトーンコントロールも便利な機能。部屋の特性を補正することで、よりリアルな再生音が期待できます。

エキスパートのおすすめ

SANSUI(サンスイ)『Bluetooth 真空管ハイブリッドCDステレオシステム(SMC-500BT)』

SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT SANSUIBluetooth機能搭載CDステレオシステムSMC-500BT
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

真空管のやわらかな音質

前段回路に真空管を使用し、出力回路に半導体を使用したハイブリッドアンプ。真空管は1910年代に実用化され、1970年ごろまでオーディオアンプの中心的な増幅素子でした。

現在ではトランジスターやFETといった半導体素子が主流ですが、現在でも音質を重視するミュージシャンのギターアンプには真空管式のアンプが多く使われています。本機も増幅回路の一部に真空管を使用することで、やわらかで厚みのある音質が期待できます。

エキスパートのおすすめ

KENWOOD(ケンウッド)『Compact Hi-Fi System(K-515)』

ケンウッドKENWOODミニコンポBluetooth対応ハイレゾUSB端子搭載KseriesK-515-N[ゴールド]【新品】【送料無料】 ケンウッドKENWOODミニコンポBluetooth対応ハイレゾUSB端子搭載KseriesK-515-N[ゴールド]【新品】【送料無料】 ケンウッドKENWOODミニコンポBluetooth対応ハイレゾUSB端子搭載KseriesK-515-N[ゴールド]【新品】【送料無料】
出典:楽天市場 この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

ミニコンポの完成形

ケンウッドは1993年高級ミニコンのK'sシリーズを販売開始し、現在はKseriesとしてデザインも大きく変えることなく続いている超定番製品です。ミニコンポを簡易的なオーディオコンポーネントととらえるのではなく、ひとつのコンポーネントの完成形として確立させたメーカーです。

機能、デザイン、操作性など基本に忠実なコンポーネントです。

エキスパートのおすすめ

ONKYO(オンキヨー)『CD/SD/USBレシーバーシステム(X-NFR7FX)』

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

完成度高いオーディオ専業メーカーのミニコンポ

ケンウッドとともにミニコンポの草分け的なシリーズです。かつて『大阪音響』といったオーディオ専門メーカーONKYOが作るミニコンポは、オーソドックスななかにも最新のメディアを取り入れ、つねに進化してきました。

本機は1998年のシリーズ初号機から数えて6世代目。目玉的な特徴があるわけではありませんが、よく作りこまれている完成度の高いミニコンポです。

エキスパートのおすすめ

Pioneer(パイオニア)『CDミニコンポーネントシステム(X-HM26)』

パイオニアX-HM26CDミニコンポBluetooth搭載/MP3/AM/FM対応シルバーX-HM26(S) パイオニアX-HM26CDミニコンポBluetooth搭載/MP3/AM/FM対応シルバーX-HM26(S)
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

コストパフォーマンスにすぐれたミニコンポ

コストパフォーマンスにすぐれたミニコンポ。落ち着いたデザインでシンプルな操作系は、音楽再生に必要な機能がじゅうぶんに盛り込まれています。低音を担当するスピーカーは直径10cmのウーハーで、このクラスとしてはビッグサイズ。

スピーカーのケースであるエンクロージャーの容積もじゅうぶんで、気持ちのいい低域が期待できます。

▼おすすめ4選|コンポ単体型

ここでは、コンポ単体型の商品をご紹介します。アンプの特性や相性を考えてスピーカーを選択するのでややハイレベルになります。将来的なアップグレードを考えている方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『マルチコネクトコンポ(CMT-X5CD)』

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

こだわりのパッシブラジエーター搭載

デザイン性の高い一体型のミニコンポ。一体型ながらスピーカー部にこだわりを感じます。フルレンジスピーカーユニットにパッシブラジエーターを追加し、低域の量感を増強。通常密閉型スピーカーはユニット表側から発せられる音のみを利用し、ユニット裏側から発せられる音は吸音材で吸収します。

パッシブラジエーターはユニット裏側からの音の位相を正しく整えた上で外部に放出し、メインスピーカーの音を補強する仕組み。サイズ感以上の低音を再生します。

エキスパートのおすすめ

Denon(デノン)『ディスクリートアンプ搭載Bluetooth(R)対応CDレシーバー(RCD-M41)』

RCD-M41[K:ブラック]DENON[デノン]Bluetooth対応CDレシーバー RCD-M41[K:ブラック]DENON[デノン]Bluetooth対応CDレシーバー RCD-M41[K:ブラック]DENON[デノン]Bluetooth対応CDレシーバー
出典:楽天市場 この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

アナログパワーアンプ搭載の本格的コンポーネント

最近の安価なアンプの多くはデジタルアンプ。デジタルアンプは、発熱が少なく、電源が小さくできるなどのメリットもありますが、音質を考えればまだまだアナログアンプにはかないません。

本機は10畳程度の部屋であればじゅうぶんな音量が確保できる30w+30wのアナログパワーアンプを搭載。オーディオ専業メーカーらしいコンポーネントです。スピーカーは付属しておらず、好みのものを組み合わせて使用します。

エキスパートのおすすめ

YAMAHA(ヤマハ)『ネットワークCDレシーバー(CRX-N470)』

ヤマハネットワークCDレシーバーAirPlayMusicCast対応Wi-Fi内蔵ブラックCRX-N470(B) ヤマハネットワークCDレシーバーAirPlayMusicCast対応Wi-Fi内蔵ブラックCRX-N470(B) ヤマハネットワークCDレシーバーAirPlayMusicCast対応Wi-Fi内蔵ブラックCRX-N470(B)
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

ネットワークオーディオ機能が充実

従来のミニコンポとしての機能に加えて、ネットワークオーディオ・レシーバーとしての機能を充実させたコンポーネント。インターネットラジオなどの再生に加え、NAS(ネットワーク上にあるハードディスク)へのアクセスも可能。

家庭内で音楽ライブラリーを共用のNASにストックすることで、本機を備えたほかの部屋からも共通の音楽ライブラリーを利用することが可能になります。

エキスパートのおすすめ

marantz(マランツ)『システムコンポーネント(M-CR612)』

マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN マランツMarantzM-CR612CDレシーバーBluetooth・Airplay2ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応シルバーゴールドM-CR612/FN
出典:Amazon この商品を見るview item
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表:眞壁 征生

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

クラシカルなデザインに最新の機能

marantz(マランツ)の起源は1953年にニューヨークで設立されたオーディオブランド。model7やmodel9で有名です。本機はマランツの音質とデザインを受け継いだマランツ製品のなかで最小のオーディオアンプ。

クラシカルなデザインに最新のネットワークオーディオプレーヤーとしての機能を付加。メインシステムとしても使用できるクオリティをもっています

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(NX-W30)』
TOSHIBA(東芝)『ハイレゾ対応SD/USB/CDラジオカセットレコーダー(TY-AK1)』
JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(EX-S55)』
Panasonic(パナソニック)『CDステレオシステム(SC-PMX90)』
SANSUI(サンスイ)『Bluetooth 真空管ハイブリッドCDステレオシステム(SMC-500BT)』
KENWOOD(ケンウッド)『Compact Hi-Fi System(K-515)』
ONKYO(オンキヨー)『CD/SD/USBレシーバーシステム(X-NFR7FX)』
Pioneer(パイオニア)『CDミニコンポーネントシステム(X-HM26)』
SONY(ソニー)『マルチコネクトコンポ(CMT-X5CD)』
Denon(デノン)『ディスクリートアンプ搭載Bluetooth(R)対応CDレシーバー(RCD-M41)』
YAMAHA(ヤマハ)『ネットワークCDレシーバー(CRX-N470)』
marantz(マランツ)『システムコンポーネント(M-CR612)』
商品名 JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(NX-W30)』 TOSHIBA(東芝)『ハイレゾ対応SD/USB/CDラジオカセットレコーダー(TY-AK1)』 JVC(ジェイブイシー)『コンパクトコンポーネントシステム(EX-S55)』 Panasonic(パナソニック)『CDステレオシステム(SC-PMX90)』 SANSUI(サンスイ)『Bluetooth 真空管ハイブリッドCDステレオシステム(SMC-500BT)』 KENWOOD(ケンウッド)『Compact Hi-Fi System(K-515)』 ONKYO(オンキヨー)『CD/SD/USBレシーバーシステム(X-NFR7FX)』 Pioneer(パイオニア)『CDミニコンポーネントシステム(X-HM26)』 SONY(ソニー)『マルチコネクトコンポ(CMT-X5CD)』 Denon(デノン)『ディスクリートアンプ搭載Bluetooth(R)対応CDレシーバー(RCD-M41)』 YAMAHA(ヤマハ)『ネットワークCDレシーバー(CRX-N470)』 marantz(マランツ)『システムコンポーネント(M-CR612)』
商品情報
特徴 シンプルでベーシックな一体型コンポーネント カセットテープの録再OK スピーカーにウッドを使用しリアリティある音に スピーカーにこだわったコンポーネント 真空管のやわらかな音質 ミニコンポの完成形 完成度高いオーディオ専業メーカーのミニコンポ コストパフォーマンスにすぐれたミニコンポ こだわりのパッシブラジエーター搭載 アナログパワーアンプ搭載の本格的コンポーネント ネットワークオーディオ機能が充実 クラシカルなデザインに最新の機能
タイプ 一体型 一体型 一体型 セパレート型 セパレート型 セパレート型 セパレート型 セパレート型 コンポ単体型 コンポ単体型 コンポ単体型 コンポ単体型
接続方法 ワイヤレス/USB USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB ワイヤレス ワイヤレス/USB ワイヤレス/USB
ハイレゾ対応 × × × × × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ミニコンポの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのミニコンポの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ミニコンポ・セットコンポランキング
楽天市場:セットコンポランキング
Yahoo!ショッピング:ミニコンポランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スピーカーに関連する記事のご紹介

ミニコンポでダイナミックな音を楽しもう

ミニコンポではダイナミックで広がりのある音楽をじゅうぶんに楽しむことは困難かもしれません。この先長くミニコンポで楽しむ方も、将来本格的なオーディオシステムにグレードアップを考えられている方も、ミニコンポでオーディオシステムの癖を知り、使いこなすことによって、今後楽しむ音質は大きく変化するでしょう。その変化を感じることもオーディオの楽しみのひとつです。

システムが高音質化すると、今までよく聴いてきた曲でも新たな発見があります。その発見はミュージシャンがわずかに一振りした調味料のような一音かもしれません。オーディオコンポーネントはその一音をも忠実に再生するための大事なツールなのです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


おしゃれな壁掛けスピーカーおすすめ7選|重低音が魅力のモデルも紹介

おしゃれな壁掛けスピーカーおすすめ7選|重低音が魅力のモデルも紹介

スマホで音楽や動画を再生したり、テレビで映画を観たりゲームをしたり。そんなスマホやテレビにももちろんスピーカーは付いていますが、音質のよい音楽を聴きたいのであれば、壁掛けスピーカーがおすすめです。本記事では、壁掛けスピーカーについて、選び方やおすすめ商品をご紹介いたします。音質やコスパのいい商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

ハイレゾ対応スピーカーおすすめ12選|タイプごとの特徴や機能も解説

ハイレゾ対応スピーカーおすすめ12選|タイプごとの特徴や機能も解説

ダイナミックなサウンドを高音質で楽しめるハイレゾ対応スピーカー。近年では、高音質の音楽空間を作る方も増え、人気のあるデバイスとなっています。しかし実は、出力方式や形状などチェックすべきポイントはいくつかあり、一つひとつチェックすることで、最上の音楽空間に近づくんです。本記事では、ハイレゾ対応スピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介。種類や機能・接続タイプなど、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

ブックシェルフスピーカーおすすめ9選|ハイレゾ・Bluetooth対応モデルも

ブックシェルフスピーカーおすすめ9選|ハイレゾ・Bluetooth対応モデルも

小型ブックシェルフスピーカーは、日本の一般家庭のようなあまり広くないお部屋にも適しています。しかし、さまざまなメーカーによるこだわりの製品が数多く販売されているので、どんなものを買えばいいのか迷ってしまいますね。この記事では、小型ブックシェルフスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , オーディオ

JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。本記事では、JBLスピーカーについて、種類ごとの特徴や選び方をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , パソコン周辺機器 , スピーカー

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れな方でも簡単に接続できます。本記事では、USBスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーなどの高性能モデルも厳選しています。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。