2020年版【クラシック向け】スピーカーおすすめ7選|音域のバランスが大事!

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』
出典:Amazon
ゲームキャスター
吉﨑 智宏

ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。 東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。 代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。 配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。 「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。   ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。 大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。 他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!   今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。 趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」 モットーは「面白そうな事は全てやる」

クラシックは数種類の楽器が一斉に音を奏でているため、全音域ごとに異なる周波数(ヘルツ)と音の大きさ、密度を表すdb(デシベル)のバランスが非常に大事です。そこで、クラシック向けのスピーカー7選をゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が厳選してご紹介。あわせて、選び方も解説していきます。


クラシック音楽におすすめのスピーカー ゲームキャスターに聞く

格式あるホールにてオーケストラで演奏中の楽団

Photo by Manuel Nägeli on Unsplash

クラシックの大編成をじっくり聴きたいなら、それに適したスピーカーを選ぶことが大切です。

一度にさまざまな楽器の音色が楽しめるクラシック音楽。そんなクラシックを聴くにはどのようなスピーカーがよいのか、ポイントをまとめてみました。

音量の幅を表すダイナミックレンジが広いものを選ぶ

「ダイナミックレンジ」とは、小さい音から大きい音まで再現できる幅のことです。この幅が大きいほど音の強弱も幅広くなり、より迫力ある音が再生可能。クラシックスピーカーのダイナミックレンジは120dbほどがよいとされています。

左右のバランスが絶妙な定位のよいものを選ぶ

スピーカーは左部分のLと右部分のR、それぞれに音が振り分けられています。オーディオにおける「定位」とは、どの音がどちらから聴こえてくるかを表現した言葉。実際に音を聞いてみなければ確かめられないものの、定位のよいスピーカーは臨場感があるサウンドを実現します。

再生周波数帯域に注目! 音域のバランスがよいものを選ぶ

同時にたくさんの楽器が演奏されるクラシック音楽をスピーカーで聴くには、低・中・高音域のバランスが重要になってきます。このバランスを見極めるための指標が、「再生周波数帯域」という項目。単位は左がHz(低音)、右がkHz(高音)となり、それぞれ40Hz、30kHzが目安となります。

自分の耳も頼りに

クラシックスピーカーを選ぶ際のポイントは上記に挙げたものが一般的ですが、最終的には、自分が聴いて心地いいと思えるものが一番です。

私の選ぶポイントはこの3つ! ゲームキャスターよりアドバイス

ゲームキャスター

1)全体予算
これから音響(スピーカー)にこだわる方は、アンプ・プレーヤーも視野に自分好みの音響を構築していきたいですね。そこで大切になってくるのが全体予算と比率。予算を決めてから組み合わせはじめると、予算がとびぬける心配がありませんよ!

2)メーカー
各メーカーによって音色が全然違ってきます。できるだけ多くのメーカーを聴き「好みのメーカー」を見つけていくのもひとつの選び方! メーカーを軸にアップグレードやダウンサイズなどを行なっていけばよりお気に入りに歩み寄れるかも!

3)耳障り・インテリア
大まかに言うと「サイズが大きいと、音域も広くカバー」する一品となりますが、最後の最後は「好みの耳障り」。スピーカーは長く長く家にいてくれる一品。予算・サイズをクリアした先は耳障り・インテリアと自分の感性に合ったものを選ぶと購入後の納得感が違ってきますよ!

クラシックを聴く際のスピーカーおすすめ7選 サイズ・タイプ・ユニット構成・再生周波数帯域もチェック

性能・デザインともにこだわったクラシック音楽向けのスピーカーを7つご紹介します!

ゲームキャスター

『FS-20』はコストパフォーマンス最高のトールボーイではないでしょうか!? サイズが大きく低音域から高音域までしっかりカバーされています、ぜひ一度聴いてみてください! 低音は後々サブウーファー追加でさらに濃厚となりますから、先にアンプ・プレーヤーにこだわると本製品の魅力をフルに楽しめます!

『ZENSOR PICO』はサイズがとても小さく場所をあまり選ばないのですが、音質がかなりよいスピーカー! 明瞭で中音域高音域が耳障りよく届く一品です。価格帯、サイズ、クリアに各楽器の音色が届くという点からおすすめのスピーカーです。ちなみに私はスピーカーに塗りが入った艶のあるスピーカーが好きなのですが、それでも再度聞いてよかったと思います。

『Q350』はほかのスピーカーと違いを感じたため、クラシック鑑賞のあと、試しに自分のナレーションも流してみました。おそらく生・原音感がとても強く「息づかい・音圧のゆらぎ」をしっかりと感じました。微妙な箇所を綺麗に覆わない、なにも足さない・引かないそのままを楽しみたい方にはおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』

出典:Amazon

サイズ 210×405×1005mm
タイプ トールボーイ型
ユニット構成 2.5cmソフトドームツィーター、13.3cm×2スコーカー、20.3cmウーファー
再生周波数帯域 40Hz~22kHz

ウォールナットの木目デザインにも注目

圧倒的なレンジの広さが自慢のトールボーイ型3ウェイ4スピーカー。低音の広がりも厚みがあり、非常に重厚感のあるサウンドが響き渡ります。ウォールナット仕上げによる高級感のあるデザインも魅力的。音質・インテリア性ともに満足できる商品と言えるでしょう。長時間視聴していても、疲れを感じることがなさそうです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DALI(ダリ)『ZENSOR PICO』

DALI(ダリ)『ZENSORPICO』

出典:Amazon

サイズ 141×195×231mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 中低音域 115mm コーン、高音域 25mm ソフトドーム
再生周波数帯域 62Hz~26.5kHz

調和の取れたサウンドをどの角度でも視聴可能

迫力あるサウンドと情報量の多さに加え、比較的リーズナブルな価格設定のハイコストパフォーマンスな商品。検証されつくしたドライバーを使用した構造となっており、真正面に座らずどの角度から聞いてもしっかり調和された音が聴き取れます。

中音域も非常にくっきりと出してくれるのでボーカル音の映えもよく、オペラなどの視聴にも向いているでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』

KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』

出典:Amazon

サイズ 362×210×306mm(ゴム脚込)
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 165mmアルミニウム Uni-Q、25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF
再生周波数帯域 63Hz~28kHz

上質サウンドながら小さめサイズで省スペース

独自のUni-QドライバーアレイとCFDポートを駆動部に搭載。それにより楽器の音がより「生」に感じられ、部屋全体に均一に広がります。小ぶりなサイズ感で省スペースなのも特徴のひとつ。本格的なサウンドを聴きたいけれど、大規模なオーディオシステムを構成するのは難しいという人にもおすすめです。どこにいても違和感なしに音を聴くことができるでしょう。

TANNOY(タンノイ)『レボリューション XT8F』

TANNOY(タンノイ)『レボリューションXT8F』

出典:Amazon

サイズ 317×1080×345mm(突起部除く)
タイプ トールボーイ型
ユニット構成 8インチ・デュアルコンセントリック・ドライバー、8インチサブウーファー
再生周波数帯域 34Hz~32kHz

クラシック向けのダイナミックな音質を実現

新設計のツインキャビティー結合バスレフシステムを搭載していて、34Hzまでの重低音再生が可能。管楽器や弦楽器、フルオーケストラなどの音がダイナミックかつ心地よく響きます。コンサートホールでの情景が浮かぶような、スケールの大きい音を表現。クラシック演奏にふさわしいスケール音が体感できます。臨場感を味わうためにも2本セットで購入するようにしましょう。

SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』

SPENDOR(スペンドール)『Classic3/5』

出典:Amazon

サイズ 165×188×305mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:22mm広帯域ソフトドーム、低域:150mmEP77ポリマーコーン
再生周波数帯域 75Hz~25kHz

技術・デザインともに洗練された重厚感

新開発のスピーカーユニット、新クロスオーバーネットワークの変更など、従来品に最新技術を施したスピーカー。キャビネットはユニットの性能を補完するために設計され、バランスよくナチュラルなサウンドを実現します。高級感に満ちた木目調のデザインも魅力的。シンプルな見た目ながらハイパワーなブックシェルフスピーカーです。

JBL『STAGE A120』

JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W【国内正規品/メーカー2年保証付き】 JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W【国内正規品/メーカー2年保証付き】 JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W【国内正規品/メーカー2年保証付き】 JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W【国内正規品/メーカー2年保証付き】

出典:Amazon

サイズ 170×170×285mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:25mm径ツイーター、低域:114mm径ウーファー
再生周波数帯域 60Hz~40kHz

クリアで高密度なサウンド! JBL中最も低コスト

JBLで最も低価格で手に入るのがこの『STAGE A120』。高域の25mm径ツイーターと低域の114mm径ウーファーにより、クリアで高密度なサウンドを楽しめます。

JBLのスピーカーが2万円台というだけあって、高コスパとネット上での評価も高い上品な木製箱型デザインのブックシェルフ型スピーカーです。

Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』

Bowers&Wilkins707S22ウェイブックシェルフ型スピーカー【ペア】(ローズナット)

出典:Amazon

サイズ 165×276×280mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス
再生周波数帯域 45Hz~33kHz

音声や楽器の音を限りなく忠実に再現

『707S2 2』は、本棚やスタンドを使って使用することを想定して設計されているため、小さめの部屋で使用するのが適したスピーカーです。

このシリーズのために設計された「カーボン・ドーム・トゥイーター」は、細部の音までより正確に、そして「コンティニュアム・コーン・ミッドレンジドライバー」は、楽器の音を限りなく高精度に再現することにこだわっています。

「クラシックスピーカー 」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』
DALI(ダリ)『ZENSOR PICO』
KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』
TANNOY(タンノイ)『レボリューション XT8F』
SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』
JBL『STAGE A120』
Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』
商品名 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』 DALI(ダリ)『ZENSOR PICO』 KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』 TANNOY(タンノイ)『レボリューション XT8F』 SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』 JBL『STAGE A120』 Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』
商品情報
特徴 ウォールナットの木目デザインにも注目 調和の取れたサウンドをどの角度でも視聴可能 上質サウンドながら小さめサイズで省スペース クラシック向けのダイナミックな音質を実現 技術・デザインともに洗練された重厚感 クリアで高密度なサウンド! JBL中最も低コスト 音声や楽器の音を限りなく忠実に再現
サイズ 210×405×1005mm 141×195×231mm 362×210×306mm(ゴム脚込) 317×1080×345mm(突起部除く) 165×188×305mm 170×170×285mm 165×276×280mm
タイプ トールボーイ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 トールボーイ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型
ユニット構成 2.5cmソフトドームツィーター、13.3cm×2スコーカー、20.3cmウーファー 中低音域 115mm コーン、高音域 25mm ソフトドーム 165mmアルミニウム Uni-Q、25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF 8インチ・デュアルコンセントリック・ドライバー、8インチサブウーファー 高域:22mm広帯域ソフトドーム、低域:150mmEP77ポリマーコーン 高域:25mm径ツイーター、低域:114mm径ウーファー 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス
再生周波数帯域 40Hz~22kHz 62Hz~26.5kHz 63Hz~28kHz 34Hz~32kHz 75Hz~25kHz 60Hz~40kHz 45Hz~33kHz
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クラシックスピーカー の売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのクラシックスピーカー の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:クラシックスピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの記事も参考にしてみてください

オーディオ&ビジュアルライターである折原一也さんへの取材のもと、おすすめのパッシブスピーカーをご紹介していきます。自宅に置いた本格的なオーディオシステムから音楽を流す……。そのように高音質を追求した音楽リスニングをする機器はHi-Fiオーディオと呼ばれています。Hi-Fiオーディオで用いるスピ...

プレイヤー、アンプ、スピーカーとさまざまな機器を組み合わせて自分だけの高音質システムを追求するHi-Fiオーディオ(音源をより高い忠実度で再生すること、High Fidelityの略)。なかでも音質を決める重要な要素のひとつがスピーカーを駆動するオーディオアンプです。オーディオ用のアンプにはプ...

スピーカーは、それぞれ個性が少しずつ違います。ジャズ向き、クラシック向き、テクノ向きなど、いくつかのスピーカーをそろえている方もいるでしょう。このようなケースでは、1つのAV機器から、楽曲に適したスピーカーを選んで音楽を楽しみたいもの。そんな要望に応えるのが「スピーカーセレクター」です。こちら...

クラシック向けスピーカーについて3つのポイントをおさらい

1)ダイナミックレンジは120db程度が目安
2)定位のよいスピーカーが臨場感を生み出す
3)再生周波数帯域をチェックする

左右のスピーカーのバランスや、再生周波数帯域に注目して選ぶことが大切です。音質にこだわったスピーカーで、臨場感あふれるクラシック音楽を堪能してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/06 コンテンツ追加のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


Soundcore Mini 2をレビュー|音飛びや遅延など口コミも検証!

Soundcore Mini 2をレビュー|音飛びや遅延など口コミも検証!

Ankerの『Soundcore Mini 2』は、コンパクトサイズの持ち運びやすいBluetoothスピーカー。旅行に持って行ったり、キャンプで使ったりと活躍の場が多いアイテムです。今回は、そんな『Soundcore Mini 2』を実機レビュー。音質や使い勝手など、実際に使ってみた感想をご紹介していきます。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!


Anker Soundcore 2をレビュー|ペアリング方法や音質もチェック

Anker Soundcore 2をレビュー|ペアリング方法や音質もチェック

数あるBluetoothスピーカーのなかでも注目を集める『Anker Soundcore 2』。今回は、実際に『Anker Soundcore 2』を使用したレビューをご紹介していきます。ガジェット好きライターが音質から使いやすさまでしっかりとチェック! ペアリングの方法や口コミ上で挙がったトラブルも調査してみたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】ワイヤレススピーカーおすすめ24選|アウトドアシーンでも使える防水タイプも!

【2020年版】ワイヤレススピーカーおすすめ24選|アウトドアシーンでも使える防水タイプも!

IT専門ライター・島田祥輔さんへの取材をもとに、2020年に調べたワイヤレススピーカー24選をご紹介します。屋外でも役立つワイヤレススピーカーおすすめをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


防水Bluetoothスピーカーおすすめ18選|高音質・高コスパモデルを厳選

防水Bluetoothスピーカーおすすめ18選|高音質・高コスパモデルを厳選

お風呂やキッチンなど水場で音楽が楽しめる防水Bluetoothスピーカー。機種ごとにIPXで示される防水性能や粉塵性能があります。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんとオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんら専門家2名が選んだ防水Bluetoothスピーカーのおすすめ、さらに選び方のポイントについてご紹介します。


重低音スピーカーおすすめ12選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

重低音スピーカーおすすめ12選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

映画や音楽、ゲームをより大迫力で臨場感を味わいたい場合に重要なのが、重低音域に特化したスピーカーかどうか。Bluetooth対応の有無なども重要な判断基準です。本記事では、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶ重低音スピーカーのおすすめ商品11選をご紹介します。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月29日:「ワイヤレスマウス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月29日:「ワイヤレスマウス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ワイヤレスマウス」。完全無欠のワイヤレスマウスが超お買い得です。


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る