PR(アフィリエイト)

クラシック音楽におすすめのスピーカー6選|臨場感・高音質にこだわる

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』
出典:Amazon
AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

クラシックは数種類の楽器が一斉に音を奏でているため、全音域ごとに異なる周波数(ヘルツ)と音の大きさ、密度を表すdb(デシベル)のバランスが非常に大事です。そのため臨場感あふれる音を聴くためにはスピーカー選びが重要。

そこでこの記事では、クラシック向けスピーカーの選び方とおすすめ商品を紹介します。ブックシェルフ型を中心にインテリアにもなるおしゃれな木目調などもピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ゲームキャスター
吉﨑 智宏
ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。 東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。 代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。 配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。 「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。   ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。 大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。 他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!   今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。 趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」 モットーは「面白そうな事は全てやる」

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

クラシック音楽向けスピーカーの選び方

それでは、クラシック音楽向けスピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】音量の幅を表すダイナミックレンジが広いものを選ぶ
【2】左右のバランスが絶妙な定位のよいものを選ぶ
【3】再生周波数帯域に注目! 音域のバランスで選ぶ


上記の3つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】音量の幅を表すダイナミックレンジが広いものを選ぶ

 

「ダイナミックレンジ」とは、小さい音から大きい音まで再現できる幅のことです。この幅が大きいほど音の強弱も幅広くなり、より迫力ある音が再生可能。クラシックスピーカーのダイナミックレンジは120dbほどがよいとされています。

【2】左右のバランスが絶妙な定位のよいものを選ぶ

 

スピーカーは左部分のLと右部分のR、それぞれに音が振り分けられています。オーディオにおける「定位」とは、どの音がどちらから聴こえてくるかを表現した言葉。実際に音を聞いてみなければ確かめられないものの、定位のよいスピーカーは臨場感があるサウンドを実現します。

【3】再生周波数帯域に注目! 音域のバランスで選ぶ

 

同時にたくさんの楽器が演奏されるクラシック音楽をスピーカーで聴くには、低・中・高音域のバランスが重要になってきます。このバランスを見極めるための指標が、「再生周波数帯域」という項目。単位は左がHz(低音)、右がkHz(高音)となり、それぞれ40Hz、30kHzが目安となります。

▼エキスパートのアドバイス

ゲームキャスター:吉﨑 智宏

ゲームキャスター

私の選ぶポイントはこの3つ!

1)全体予算
これから音響(スピーカー)にこだわる方は、アンプ・プレーヤーも視野に自分好みの音響を構築していきたいですね。そこで大切になってくるのが全体予算と比率。予算を決めてから組み合わせはじめると、予算がとびぬける心配がありませんよ!

2)メーカー
各メーカーによって音色が全然違ってきます。できるだけ多くのメーカーを聴き「好みのメーカー」を見つけていくのもひとつの選び方! メーカーを軸にアップグレードやダウンサイズなどを行なっていけばよりお気に入りに歩み寄れるかも!

3)耳障り・インテリア
大まかに言うと「サイズが大きいと、音域も広くカバー」する一品となりますが、最後の最後は「好みの耳障り」。スピーカーは長く長く家にいてくれる一品。予算・サイズをクリアした先は耳障り・インテリアと自分の感性に合ったものを選ぶと購入後の納得感が違ってきますよ!

クラシック音楽におすすめのスピーカー6選

性能・デザインともにこだわったクラシック音楽向けのスピーカーをご紹介します!

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』

AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTOFS-20』
出典:Amazon この商品を見るview item

ウォールナットの木目デザインにも注目

圧倒的なレンジの広さが自慢のトールボーイ型3ウェイ4スピーカー。低音の広がりも厚みがあり、非常に重厚感のあるサウンドが響き渡ります。ウォールナット仕上げによる高級感のあるデザインも魅力的。音質・インテリア性ともに満足できる商品と言えるでしょう。長時間視聴していても、疲れを感じることがなさそうです。

サイズ 210×405×1005mm
タイプ トールボーイ型
ユニット構成 2.5cmソフトドームツィーター、13.3cm×2スコーカー、20.3cmウーファー
再生周波数帯域 40Hz~22kHz

サイズ 210×405×1005mm
タイプ トールボーイ型
ユニット構成 2.5cmソフトドームツィーター、13.3cm×2スコーカー、20.3cmウーファー
再生周波数帯域 40Hz~22kHz

KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』

KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』 KEF(ケーイーエフ)『Q350ブックシェルフスピーカー』
出典:Amazon この商品を見るview item

上質サウンドながら小さめサイズで省スペース

独自のUni-QドライバーアレイとCFDポートを駆動部に搭載。それにより楽器の音がより「生」に感じられ、部屋全体に均一に広がります。小ぶりなサイズ感で省スペースなのも特徴のひとつ。本格的なサウンドを聴きたいけれど、大規模なオーディオシステムを構成するのは難しいという人にもおすすめです。どこにいても違和感なしに音を聴くことができるでしょう。

サイズ 362×210×306mm(ゴム脚込)
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 165mmアルミニウム Uni-Q、25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF
再生周波数帯域 63Hz~28kHz

サイズ 362×210×306mm(ゴム脚込)
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 165mmアルミニウム Uni-Q、25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF
再生周波数帯域 63Hz~28kHz

JBL『STAGE A120』

JBL『STAGEA120』 JBL『STAGEA120』 JBL『STAGEA120』 JBL『STAGEA120』
出典:Amazon この商品を見るview item

クリアで高密度なサウンド! JBL中最も低コスト

JBLで最も低価格で手に入るのがこの『STAGE A120』。高域の25mm径ツイーターと低域の114mm径ウーファーにより、クリアで高密度なサウンドを楽しめます。

JBLのスピーカーが2万円台というだけあって、高コスパとネット上での評価も高い上品な木製箱型デザインのブックシェルフ型スピーカーです。

サイズ 170×170×285mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:25mm径ツイーター、低域:114mm径ウーファー
再生周波数帯域 60Hz~40kHz

サイズ 170×170×285mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:25mm径ツイーター、低域:114mm径ウーファー
再生周波数帯域 60Hz~40kHz

SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』

技術・デザインともに洗練された重厚感

新開発のスピーカーユニット、新クロスオーバーネットワークの変更など、従来品に最新技術を施したスピーカー。キャビネットはユニットの性能を補完するために設計され、バランスよくナチュラルなサウンドを実現します。高級感に満ちた木目調のデザインも魅力的。シンプルな見た目ながらハイパワーなブックシェルフスピーカーです。

サイズ 165×188×305mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:22mm広帯域ソフトドーム、低域:150mmEP77ポリマーコーン
再生周波数帯域 75Hz~25kHz

サイズ 165×188×305mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 高域:22mm広帯域ソフトドーム、低域:150mmEP77ポリマーコーン
再生周波数帯域 75Hz~25kHz

Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』

音声や楽器の音を限りなく忠実に再現

『707S2 2』は、本棚やスタンドを使って使用することを想定して設計されているため、小さめの部屋で使用するのが適したスピーカーです。

このシリーズのために設計された「カーボン・ドーム・トゥイーター」は、細部の音までより正確に、そして「コンティニュアム・コーン・ミッドレンジドライバー」は、楽器の音を限りなく高精度に再現することにこだわっています。

サイズ 165×276×280mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス
再生周波数帯域 45Hz~33kHz

サイズ 165×276×280mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス
再生周波数帯域 45Hz~33kHz

DALI(ダリ)『ブックシェルフスピーカー(SPEKTOR1B)』

小型サイズながらハイクオリティなサウンド

本棚やテレビ台などに設置できる、ブックシェルフ型のスピーカーです。超コンパクトサイズなので、2本1組であってもそれほど場所を取りません。

サスペンション、フレーム、磁気回路などを改良することで、モデルに応じた最適化が行われました。DALIのトレードマークともいえるウッド・ファイバー・コーンにより、小型ながらもクオリティの高い音を楽しめます。

サイズ H273mm×W140mm×D195mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 ツイーター:21mm ソフトドーム ウーハー:115mm
再生周波数帯域 59Hz~26.0kHz

サイズ H273mm×W140mm×D195mm
タイプ ブックシェルフ型
ユニット構成 ツイーター:21mm ソフトドーム ウーハー:115mm
再生周波数帯域 59Hz~26.0kHz

「クラシック向けのスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』
KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』
JBL『STAGE A120』
SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』
Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』
DALI(ダリ)『ブックシェルフスピーカー(SPEKTOR1B)』
商品名 AudioPro(オーディオプロ)『AVANTO FS-20』 KEF(ケーイーエフ)『Q350 ブックシェルフスピーカー』 JBL『STAGE A120』 SPENDOR(スペンドール)『Classic 3/5』 Bowers & Wilkins『707S2 2ウェイブックシェルフ型スピーカー』 DALI(ダリ)『ブックシェルフスピーカー(SPEKTOR1B)』
商品情報
特徴 ウォールナットの木目デザインにも注目 上質サウンドながら小さめサイズで省スペース クリアで高密度なサウンド! JBL中最も低コスト 技術・デザインともに洗練された重厚感 音声や楽器の音を限りなく忠実に再現 小型サイズながらハイクオリティなサウンド
サイズ 210×405×1005mm 362×210×306mm(ゴム脚込) 170×170×285mm 165×188×305mm 165×276×280mm H273mm×W140mm×D195mm
タイプ トールボーイ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型
ユニット構成 2.5cmソフトドームツィーター、13.3cm×2スコーカー、20.3cmウーファー 165mmアルミニウム Uni-Q、25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF 高域:25mm径ツイーター、低域:114mm径ウーファー 高域:22mm広帯域ソフトドーム、低域:150mmEP77ポリマーコーン 25mmデカップル・カーボン・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッド/バス ツイーター:21mm ソフトドーム ウーハー:115mm
再生周波数帯域 40Hz~22kHz 63Hz~28kHz 60Hz~40kHz 75Hz~25kHz 45Hz~33kHz 59Hz~26.0kHz
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る クラシックスピーカー の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのクラシックスピーカー の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クラシックスピーカー ランキング
楽天市場:クラシックスピーカー ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのスピーカー関連の記事はこちら

スピーカーのバランス・再生周波数帯域に注目

本記事では、クラシック音楽におすすめのスピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか。商品を選ぶ際は、下記のポイントを確認してみてください。

【1】音量の幅を表すダイナミックレンジが広いものを選ぶ
【2】左右のバランスが絶妙な定位のよいものを選ぶ
【3】再生周波数帯域に注目! 音域のバランスで選ぶ


左右のスピーカーのバランスや、再生周波数帯域に注目して選ぶことが大切です。音質にこだわったスピーカーで、臨場感あふれるクラシック音楽を堪能してください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button