【2020年】プリメインアンプおすすめ10選|小型・高音質・高コスパ商品を厳選

TEAC(ティアック)『USB DAC/ステレオプリメインアンプ AI-301DA-SP』
出典:Amazon
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

プレイヤー、アンプ、スピーカーとさまざまな機器を組み合わせて自分だけの高音質システムを追求するHi-Fiオーディオ。なかでも音質を決める重要な要素のひとつがオーディオアンプです。この記事では、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家・折原一也さんにお話をうかがい、選び方とおすすめアンプを紹介していきます。


プリメインアンプの選び方 AV評論家に聞く

プリメインアンプを選ぶ際に気をつけておきたいポイントを5つ、オーディオ&ビジュアルライターであり、AV評論家である折原一也さんに教えていただきました。

入門用にはBluetooth、Wi-Fi対応
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

「Hi-Fiオーディオ」とは、音源をより高い忠実度で再生すること「High Fidelity」の略。BluetoothやWi-Fi対応の機器も発売されています。

一番重視して選びたい音質

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

プリメインアンプを購入する目的は、お気に入りのスピーカーを選び音楽を聴くこと、そして高音質へのこだわりでしょう。音質の目安になるスペックはアンプの出力の「W(ワット)」の数字で、大きいほど駆動力があり、大型スピーカーもしっかり鳴らせます。

また、再生できる低音から高音の音域幅をあらわす「周波数帯域」の数値が幅広いほど、定格上すぐれています。

ただし、聴感上の音のよさはスペックの数値ではあらわしきれない部分も多く、横並びで比較できない設計上の工夫や部品によるサウンドチューニングに左右されます。いわばメーカーの持つ独自の味があるので、商品説明やレビューを参考にして、自分の求める音楽性に合った製品を探しましょう。

接続機器に応じた入力端子

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

プリメインアンプは基本的にCDプレイヤーやレコードプレイヤーなどの外部の機器と接続して使うため、搭載する入力端子を確認しておきましょう。もっともスタンダードな入力端子は赤白のコードを使う「アナログRCA」で、複数の機器をつなぐ場合はいくつの系統があるかも重要です。

一部高価な機器では、バランス接続の「アナログXLR」なども用いられます。また、レコードプレイヤーの接続には「フォノ端子」が必須です。

CDプレイヤーなどとデジタル接続をする際には、光デジタル端子や同軸デジタル端子を用います。本体サイズとの兼ね合いもありますが、プリメインアンプとしての汎用性を考えると端子の種類や数は多いに越したことはありません。

Bluetooth、Wi-Fi対応も

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

最新のプリメインアンプは、BluetoothやWi-Fiのワイヤレス機能を一体化したものもあります。

Bluetooth、Wi-Fi対応のメリットは、Bluetoothならスマホやタブレット、Wi-Fiではスマホアプリと連携して定額音楽配信からネットワークで音楽を再生できることにあります。

プリメインアンプは本来ほかの機器と接続するものですが、ケーブルの代わりにBluetoothやWi-Fiを使ってワイヤレスで繋ぎ、スマホがプレイヤーになる設計となっています。昔ながらのオーディオとしては邪道に見えるかもしれませんが、ゼロから買いそろえる人にはBluetoothやWi-Fi内蔵タイプはとても便利です。

ハイレゾ対応も確認

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

近年、高音質のオーディオを語るうえでキーワードになるのが「ハイレゾ」への対応です。音楽CDより高音質のデジタル音源を再生するハイレゾ再生は、プリメインアンプでは光・同軸デジタルによる入力や、USB DAC機能の内蔵という形で実現しています。ハイレゾ再生の性能を重視して選ぶ際には、192kHz/24bit以上の音源再生に対応したプリメインアンプを選びましょう。

ほかのプレイヤー機器と組み合わせてハイレゾを聴きたい人は、光・同軸デジタルによる入力、PCと組み合わせたい人は、PCと直結できるUSB DAC対応のモデルを選びましょう。

設置サイズの確認も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

最後に、アンプを購入する際には設置サイズを確認しておきましょう。昔ながらのHi-Fiオーディオには「フルサイズ」と呼ばれる幅43cmの規格に則ったプリメインアンプも数多くありましたが、最近では古い規格にとらわれないデスク上に置ける小型サイズのプリメインアンプも増えています。

現代的なコンポーネントにとくに決まったサイズはありませんが、省スペースなモデルほど設置性がいいのは当然のことです。

一方、すでに幅43cmのオーディオ機器やシステムラックを所有しているなら、サイズのそろうフルサイズで選ぶと見た目にも統一感を出せます。

プリメインアンプのおすすめ10選 サイズ・Bluetooth・オーディオ入出力・ヘッドホン出力・イーサネット・音楽配信サービスもチェック!

前述してきたプリメインアンプの選び方をもとに、オーディオ&ビジュアルライターであり、AV評論家である折原一也さんにおすすめのプリメインアンプをご紹介いただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TEAC(ティアック)『USB DAC/ステレオプリメインアンプ AI-301DA-SP』

TEAC(ティアック)『USBDAC/ステレオプリメインアンプAI-301DA-SP』

出典:Amazon

サイズ 幅21.5×奥行25.4×高さ6.1cm
Bluetooth 対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×2)、デジタル(USB×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 あり(6.3mmステレオ標準ジャック)
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

小型サイズでBluetooth対応

小型サイズのボディで192kHz/32bitまでのハイレゾ音源の入力に対応したUSB DAC対応、そしてaptXコーデックにも対応したBluetoothのワイヤレス接続まで揃う多機能プリメインアンプ。サウンドはTEACブランドの特徴である音の情報量をストレートに引き出す志向を徹底しています。

多機能で、サイズや音質も追求したオールインワン。PCやスマホと組み合わせた現代的なHi-Fiオーディオの環境を作りたい人にピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Amazon『Echo Link Amp』

Amazon『EchoLinkAmp』 Amazon『EchoLinkAmp』 Amazon『EchoLinkAmp』 Amazon『EchoLinkAmp』 Amazon『EchoLinkAmp』 Amazon『EchoLinkAmp』

出典:Amazon

サイズ 幅24.2×奥行21.7×高さ8.6cm
Bluetooth 対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×1)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×2)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1)
ヘッドホン出力 あり(3.5mm出力ジャック)
イーサネット 対応
音楽配信サービス 対応(Amazon Music、Spotifyなど)

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマートスピーカー「Echoシリーズ」と連携

あのAmazonが自社ブランドで発売する、新基軸のプリメインアンプが「Echo Link Amp」です。

最大の特徴は、Wi-Fiを標準で同社のスマートスピーカー「Echoシリーズ」と連携して、AIボイスアシスタントの「Amazon Alexa」によって音声操作ができることです。Amazon AlexaではAmazon MusicやSpotifyの定額音楽配信も利用可能。プリメインアンプでありながら、Wi-Fi経由で定額音楽配信できるというのは他機種にない魅力です。

すでにAmazon Alexaを使っている人、ふだんからAmazonの音楽配信サービスを利用している人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フォスター電機 FOSTEX『AP20d』

フォスター電機FOSTEX『AP20d』 フォスター電機FOSTEX『AP20d』 フォスター電機FOSTEX『AP20d』 フォスター電機FOSTEX『AP20d』

出典:Amazon

サイズ 幅10.8×奥行13.8×高さ4.2cm
Bluetooth 非対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 なし
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

超小型のデジタルアンプ

デスクトップ上にかんたんに置ける幅わずか10.8cmの超コンパクトボディに、20WのデジタルアンプとアナログRCA入出力を各1系統のみ搭載と、ミニマムな機能だけを備えたデジタルアンプ。もともとはFOSTEXによる小型ハイレゾスピーカー「P804-S」との組み合わせを想定したプリメインアンプですが、他社製スピーカーも接続できます。

FOSTEXの音の特徴としては、味つけがなくモニター調。最低限の機能でデスク上の小さなスペースに置ける、そんなコンセプトで選びたい人向けです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』

YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』 YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』 YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』 YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行38.7×高さ15.1cm
Bluetooth 別売りの「YBAー11」を接続することで対応可能
オーディオ入力 アナログ(LINE×3、PHONO×1など6系統)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×2)
ヘッドホン出力 あり
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

国内メーカー製フルサイズ入門

フルサイズのオーディオコンポーネントとして、入門から高級モデルまで幅広いプリメインアンプを展開しているヤマハのラインナップでも、もっとも手ごろなモデルが「A-S301」です。

YAMAHA(ヤマハ)の高級オーディオまで共通する「ToP-ART」思想にもとづく設計で、内部回路まで左右対称設計のパワーアンプ構成と本格派。CDプレイヤーやターンテーブルと組み合わせたHi-Fiオーディオを組みたい人向けです。「ナチュラルサウンド」と呼ばれる、ヤマハのしなやかで瑞々しい音質は、とくにポップ・ミュージックに合うサウンドと呼べるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Cambridge Audio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZ AM5』

CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』 CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』 CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』 CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』 CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』 CambridgeAudio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZAM5』

出典:Amazon

サイズ 幅43.0×奥行34.0×高さ8.0cm
Bluetooth 非対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×4)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 あり(3.5mmステレオミニジャック)
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

英国ブランドのプリメインアンプ

英国のオーディオブランドとして50年以上の歴史を持つCambridge Audio(ケンブリッジ・オーディオ)が発売している、フルサイズのプリメインアンプの入門モデル。プリメインアンプとしての構成はアナログ入力専用ときわめてオーソドックスな設計ですが、音質はやはりブリティッシュ調。音のとおりと粒立ちがいいサウンドで、ロックにはよく合います。

お手ごろ価格で英国ブランドのHi-Fiオーディオのシステムを組めるという満足感もあって、ハイコスパな機種を求める人向けです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Marantz(マランツ)『PM6006』

Marantz(マランツ)『PM6006』 Marantz(マランツ)『PM6006』 Marantz(マランツ)『PM6006』 Marantz(マランツ)『PM6006』 Marantz(マランツ)『PM6006』

出典:Amazon

サイズ 幅44.0×奥行37.0×高さ10.5cm
Bluetooth 非対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×4、PHONO×1)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×2)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 あり
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

欧州で人気の日本ブランド

とくに高級な製品が得意なマランツのプリメインアンプのなかでも、「PM6006」は比較的手に取りやすい価格で導入されるモデルです。入力端子はアナログRCA、光・同軸デジタルとスタンダードな構成のアンプですが、やはり魅力はマランツでしか出せないサウンド。

日本のオーディオブランドなかでも、マランツは音の艷やかな質感といった表現力の高さに定評があり、その上品なサウンドは欧州でも高く評価されています。音楽ジャンルとしてはクラシックやジャズをよく聴く人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Denon(デノン)『PMA-1600NE』

Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』

出典:Amazon

サイズ 幅43.4×奥行41.0×高さ13.5cm
Bluetooth 非対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×3、PHONO×1)、デジタル(USB×1、光デジタル×1、同軸デジタル×2)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 あり
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

パワー感あふれる高音質プリメインアンプ

Hi-Fiオーディオとしてそこそこの価格でフルサイズのプリメインアンプでは、定番となっている機種。Hi-Fiオーディオブランドであるデノンのサウンドの特徴は、パワー感たっぷりの低音とともにワイドレンジに音を鳴らす迫力です。

入力端子はアナログRCAと光・同軸デジタルのスタンダードなものに加えてUSB DAC機能もあるので、PCと直結してハイレゾ・オーディオを聴く用途にも活躍します。ここまでの価格帯になるとサウンドの基本性能はもう十分。どんなジャンルでもエネルギーと迫力志向で聴きたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer(パイオニア)『A-70』

Pioneer(パイオニア)『A-70』

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行37.0×高さ14.15cm
Bluetooth 非対応
オーディオ入力 アナログ(LINE×2、PHONO×1、BALANCED×1など7系統)
オーディオ出力 アナログ(LINE×2)
ヘッドホン出力 あり
イーサネット 非対応
音楽配信サービス 非対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

躍動感ある高音質サウンド

プリメインアンプにいち早くハイレゾの高音質を持ち込んだ立役者がパイオニア。「A-70A」ではクラスDアンプを採用した現代的な設計とともに、384kHz/32bit対応のデバイス搭載でUSB DAC搭載といった最新技術を集結しています。

パイオニアのサウンドは、ワイドレンジでダイナミック、そして低音までの躍動感が魅力です。接続端子もXLR3タイプのバランス接続に対応するなど、現在のオーディオトレンドにも敏感で、Hi-Fiオーディオの最新のトレンドをふまえてシステムを組みたい人にピッタリです。

FOSTEX(フォステクス)『AP15mk2』

AP15mk2 AP15mk2 AP15mk2 AP15mk2

出典:Amazon

サイズ 幅11×奥行3×高さ7.5cm
Bluetooth -
オーディオ入力 アナログ(RCA×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1)
ヘッドホン出力 -
イーサネット -
音楽配信サービス -

オートスタンバイ機能を搭載したコンパクトサイズ

先代モデルから大幅にアップデートし、歪率と残留ノイズ性能を改善した『AP15mk2』。

15W+15Wのデジタルアンプを搭載したコンパクトサイズのアンプは、自動で消費電力を抑えるオートスタンバイ機能を搭載しています。また、スタンバイモードに切り替わると、消費電力を0.5W以下に抑えてくれます。

Marantz(マランツ)『NR1200』

マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN マランツMarantzNR1200ネットワークレシーバー、HDMIセレクター搭載のHi-FiステレオアンプNR1200/FN

出典:Amazon

サイズ 幅44×奥行10.5×高さ37.8cm
Bluetooth 対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×3)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB×1)
オーディオ出力 -
ヘッドホン出力 あり
イーサネット -
音楽配信サービス 対応(Amazon Music、AWA、Spotifyなど)

Alexa・ワイヤレス・各種音楽配信サービス対応

4K Ultra HD対応・5入力1出力のHDMI端子を搭載した定格出力75W+75W(8Ω)の2chフルディスクリート・パワーアンプ。音楽配信サービスはAmazon Music、AWA、Spotifyなどに対応し、インターネットラジオやハイレゾ音源の再生にも対応しています。

また、ワイヤレスはBluetoothのほかWi-Fi、AirPlay 2に対応。Amazon Alexa対応で音声によるコントロールも可能となっています。

「プリメインアンプ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TEAC(ティアック)『USB DAC/ステレオプリメインアンプ AI-301DA-SP』
Amazon『Echo Link Amp』
フォスター電機 FOSTEX『AP20d』
YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』
Cambridge Audio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZ AM5』
Marantz(マランツ)『PM6006』
Denon(デノン)『PMA-1600NE』
Pioneer(パイオニア)『A-70』
FOSTEX(フォステクス)『AP15mk2』
Marantz(マランツ)『NR1200』
商品名 TEAC(ティアック)『USB DAC/ステレオプリメインアンプ AI-301DA-SP』 Amazon『Echo Link Amp』 フォスター電機 FOSTEX『AP20d』 YAMAHA(ヤマハ)『A-S301』 Cambridge Audio(ケンブリッジ・オーディオ)『TOPAZ AM5』 Marantz(マランツ)『PM6006』 Denon(デノン)『PMA-1600NE』 Pioneer(パイオニア)『A-70』 FOSTEX(フォステクス)『AP15mk2』 Marantz(マランツ)『NR1200』
商品情報
特徴 小型サイズでBluetooth対応 スマートスピーカー「Echoシリーズ」と連携 超小型のデジタルアンプ 国内メーカー製フルサイズ入門 英国ブランドのプリメインアンプ 欧州で人気の日本ブランド パワー感あふれる高音質プリメインアンプ 躍動感ある高音質サウンド オートスタンバイ機能を搭載したコンパクトサイズ Alexa・ワイヤレス・各種音楽配信サービス対応
サイズ 幅21.5×奥行25.4×高さ6.1cm 幅24.2×奥行21.7×高さ8.6cm 幅10.8×奥行13.8×高さ4.2cm 幅43.5×奥行38.7×高さ15.1cm 幅43.0×奥行34.0×高さ8.0cm 幅44.0×奥行37.0×高さ10.5cm 幅43.4×奥行41.0×高さ13.5cm 幅43.5×奥行37.0×高さ14.15cm 幅11×奥行3×高さ7.5cm 幅44×奥行10.5×高さ37.8cm
Bluetooth 対応 対応 非対応 別売りの「YBAー11」を接続することで対応可能 非対応 非対応 非対応 非対応 - 対応
オーディオ入力 アナログ(RCA×2)、デジタル(USB×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1) アナログ(RCA×1)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1) アナログ(RCA×1) アナログ(LINE×3、PHONO×1など6系統)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1) アナログ(RCA×4) アナログ(RCA×4、PHONO×1)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×2) アナログ(RCA×3、PHONO×1)、デジタル(USB×1、光デジタル×1、同軸デジタル×2) アナログ(LINE×2、PHONO×1、BALANCED×1など7系統) アナログ(RCA×1) アナログ(RCA×3)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB×1)
オーディオ出力 アナログ(RCA×1) アナログ(RCA×2)、デジタル(光デジタル×1、同軸デジタル×1) アナログ(RCA×1) アナログ(RCA×2) アナログ(RCA×1) アナログ(RCA×1) アナログ(RCA×1) アナログ(LINE×2) アナログ(RCA×1) -
ヘッドホン出力 あり(6.3mmステレオ標準ジャック) あり(3.5mm出力ジャック) なし あり あり(3.5mmステレオミニジャック) あり あり あり - あり
イーサネット 非対応 対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 - -
音楽配信サービス 非対応 対応(Amazon Music、Spotifyなど) 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 - 対応(Amazon Music、AWA、Spotifyなど)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする プリメインアンプの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのプリメインアンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:プリメインアンプランキング
楽天市場:プリメインアンプランキング
Yahoo!ショッピング:プリメインアンプランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

初心者にはBluetooth、Wi-Fi対応プリメインアンプがおすすめ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Hi-Fiオーディオの歴史は長く、個別のコンポーネントを自分で選ぶことを前提で細分化された製品が多数あります。オーディオアンプを探そうとしても、どれを揃えれば音楽を流せるかもわかりにくいものです。

また、音楽の聴き方は時代とともに変化していて、音楽CDを再生する環境は揃えられても、定額音楽配信やスマホの音源を再生できる環境を揃えるのは大変です。

そんな選びにくさを一気に解決する方法として、入門用にはBluetoothやWi-Fiに対応したプリメインアンプがおすすめです。あとは相棒となるスピーカーを購入して、自分だけのオリジナルHi-Fiオーディオシステムを作りあげましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/8/17 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新】Wi-Fi内蔵スピーカーおすすめ8選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

【2020年最新】Wi-Fi内蔵スピーカーおすすめ8選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

Wi-Fi内蔵スピーカーは、便利で快適なミュージックライフを我々に提供してくれます。SpotifyもGoogle Musicもインターネットラジオも、あらゆる音楽コンテンツをいつでも気軽に聴くことができる、そんな音楽にあふれた生活に憧れませんか。この記事では、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家の折原一也さんにWi-Fi内蔵スピーカーについてお話をうかがい、おすすめ商品を紹介していただきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2020年版】USBスピーカーおすすめ6選|小型で安い商品・ハイレゾ対応製品も

【2020年版】USBスピーカーおすすめ6選|小型で安い商品・ハイレゾ対応製品も

オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、おすすめのUSBスピーカーと選び方をご紹介します。アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れでも設置可能なのも魅力です。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーからもよい商品がたくさん発売されていて、手軽に導入したいのであれば数千円からあります。この記事を参考にぜひ「ワンランク上の音」を手にいれてください。


【2020年】モニタースピーカーおすすめ25選|DTM向けから小型サイズまで

【2020年】モニタースピーカーおすすめ25選|DTM向けから小型サイズまで

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


イヤホンケースおすすめ15選|収納性・取り出しやすさにも定評あり!

イヤホンケースおすすめ15選|収納性・取り出しやすさにも定評あり!

断線や絡まりなどのトラブルを防いでくれるイヤホンケース。自分のスタイルにピッタリなものを選びたいところですが、ラインナップも値段も幅広く、どれがよいか悩んでしまうことも多いでしょう。そこで、AV評論家の折原一也さんに、商品の選び方やおすすめについて詳しくお聞きしました。


高コスパで圧倒的な高音質を楽しむ!価格別MP3プレイヤーおすすめ24選

高コスパで圧倒的な高音質を楽しむ!価格別MP3プレイヤーおすすめ24選

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、高音質を楽しむためのMP3プレイヤーの選び方と、【1万円以下】【1万〜5万】【5万〜10万円】【10万円以上】の価格別でおすすめ商品をご紹介。より音質を楽しめたり、勉強にも役立つ機能も揃ったMP3プレイヤーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などを特価で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開!ブラックフライデーに出遅れたひとや、クリスマスプレゼントを探している人。まだ間に合います。数量限定のおすすめセール攻略法などを参考にしてみましょう。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る