USBハブおすすめ17選|Mac・PS4で使用できるセルフパワー式、充電可能な製品も

アンカー『PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ』
出典:Amazon

USBハブは、パソコンにつなぐだけでUSBポートを増設をすることができる便利アイテム。

この記事ではUSBハブの選び方を解説しつつ、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部が選んだ厳選アイテムをご紹介。性能やデザインだけでなく、USB規格やパソコンの規格を理解しながら、商品比較をしてみましょう。

後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー
古賀 竜一

令和3年度 中小企業庁 「中小企業119」登録専門家。 ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。 オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。 個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。 メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

◆本記事の公開は、2020年06月16日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

USBハブの選び方

USBポートの増設や変換に便利なUSBハブですが、選ぶ際にはパソコン側の規格や、電力の供給方式などチェックする項目がいくつかあります。さらに、使用環境によっても選ぶ基準は異なります。持ち運びを前提とする場合、またはプリンターや外付けHDDなど多くの機器を接続する場合は、適したUSBハブを選ぶ必要があります。

ここでは、USBハブの選び方のチェックポイントについて解説していきますので、あなたの使用したいシーンや所有しているパソコンに合わせて選んでみましょう。

ポイントは下記。

【1】USBの規格をチェック
【2】パソコン側の規格をチェック
【3】電力の供給方式をチェック
【4】ポートの数や配置、ケーブル(分岐あり)の必要性をチェック
【5】便利な付加機能もチェック

上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】USBの規格をチェック

ノートパソコンのUSBハブに接続しているスマートフォン

Photo by Yogas Design on Unsplash

USBハブを選ぶ際に重要なのは、USBの規格を知ることです。USBは規格によって転送速度が異なります。おもに利用されているUSBの規格には、転送速度が480Mbpsの「USB2.0」5Gbps(5000Mbps)以上の「USB3.0」などがあります。

bpsは1秒あたりに転送できるビット数の単位で、数字が大きくなるほど転送速度が急速になります。あくまで計算上での話になりますが、USB3.0はUSB2.0に比べて約10倍の転送速度を持っているということになります。

作業に適した転送速度を選ぶ

 

前述したとおり、USBは規格により転送速度が変わるので、作業のスピードにも違いが出ます。写真などのデータ容量の多いものを扱う場合や、効率的な作業を求める場合はUSB3.0以上が理想です。

現在は、転送速度が10Gbpsの「USB3.1 gen2」も登場しているので、遅延するのがストレスな方は調べてみましょう。

コネクタ(端子)の形状で選ぶ

 

転送速度規格と同じく、パソコンUSBポートとUSBハブのコネクタ形状が合うかも確認する必要があります。パソコンに搭載されているUSBポートは「Type-A」と「Type-C」が主流です。Type-Aは標準的なタイプで、Type-CはMacBookなどに使われています。合わないものを購入してしまうと、接続するための変換アダプターも必要になりますので注意しましょう。

また、プリンターや外付けストレージなどの周辺機器との相性も注意したいところです。使用がNGな機器がないか、商品詳細を事前によく調べておきましょう。

【2】パソコン側の規格をチェック

 

USBハブは、接続機器の規格に合わせて選定する必要があります。たとえば、USB3.1のポートにUSB2.0のハブを接続すると、転送速度の違いから正常に動作しないこともあるからです。

一般的にパソコン側のUSBポートが黒や白の場合はUSB2.0以前、水色の場合はUSB3.1以降といわれています。確実に規格を調べるならばパソコンのスペック表を確認するのがよいでしょう。

不明な場合は、上位規格のUSBハブを選ぶのもひとつの手です。USBは後方互換がありますので、転送速度の速い上位規格は、下位のUSBに対応が可能です。ただし、転送スピードは下位に落ちますので注意が必要です。

【3】電力の供給方式をチェック

 

USBハブの給電方式には2種類のタイプがあります。ひとつ目のセルフパワーは、ACアダプターを用い電力を供給します。コンセントがある場所でしか使用できないため携帯するには少し不便ですが、消費電力の大きいDVDドライブや外付けHDDなどを接続したい場合には適しています。

ふたつ目は接続元であるパソコンなどから電力を供給するバスパワータイプです。ACアダプターが不要なので配線もすっきりしますし、場所を選ばず使用できます。消費電力が大きい周辺機器をつなぐと、電力不足で接続が不安定になる場合もありますので、マウスや小型スピーカーなどの接続に向いています。

【4】ポートの数や配置、ケーブル(分岐あり)の必要性をチェック

 

使用環境に合わせたセレクトも重要です。ひとつ目はUSBハブのポート配置。ポートの間隔が狭いと、コネクタが大きいUSBを挿しこんだときに隣のポートをふさいでしまう場合があります。ポートが隣り合わず、独立しているタイプの商品もありますので、使用したい機器に合わせて選ぶとよいでしょう。

ふたつ目はケーブルレスかどうか。ケーブルがなくパソコンに直接挿しこめるタイプだったら、パソコンまわりがさらにすっきり! ただし、ほかのインターフェースをふさいでしまう場合もあるので気をつけましょう。接続機器が離れた場所にある場合や、インターフェースをふさぎたくない人はケーブルありタイプが無難ですし、差し込み口の多い分岐タイプも視野に入れましょう。

【5】便利な付加機能もチェック

 

USBハブのなかには、便利な機能がついている商品もあります。たとえば、ポートごとに個別の電源スイッチがついているタイプであれば、つないだままでもこまめに節電ができます。

USBだけでなく、別の端子に接続できるポートが搭載されている商品もあります。SDカードリーダーやインターネット接続の有線LANポートつきのUSBハブを購入すれば、1台で使い方の幅を広げることができます。

エキスパートのアドバイス

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー:古賀 竜一

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

バスパワーかセルフパワーか環境で選ぼう

USBハブを選ぶ際にいちばん注意したいのは、使用するデバイスにバスパワーのものが多いかそうでないかという点です。USB機器にはバスパワー(電源依存型)とセルフパワー(電源自己供給型)があります。

使用するデバイスにバスパワーのものが多い場合はハブの供給電源が間に合わないことがあるためUSBハブは電源付きのセルフパワー型にしたほうがよいでしょう。セルフパワーのUSBデバイスが多い場合は、電源いらずのバスパワーのUSBハブでも間に合うでしょう。

USBハブおすすめ17選

選び方のポイントをふまえて、USBハブのおすすめ商品をご紹介します。

【ケーブル付きバスパワータイプ】【ケーブル付きセルフパワータイプ】【セルフパワーとバスパワーを搭載】【直挿しタイプ】【便利な追加機能付き】にわけてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ケーブル付きバスパワータイプ】USBハブ7選

まずは、バスパワータイプのなかでも、ケーブルがあるタイプのUSBハブをご紹介します。前述したとおり、バスパワータイプはACアダプターが不要なぶん持ち運びにとても便利です。とくにノートパソコンを持ち歩いて作業する人には向いているといえるでしょう。ほかにも配線をすっきりさせたいデスクトップパソコンユーザーにも適しています。

軽量タイプから、USB3.0と2.0が混在するタイプまで幅広くご紹介しますので、比較しながら選んでみてください。

エキスパートのおすすめ

サンワサプライ『 USB3.1 Gen1+USB2.0コンボハブ 4ポート( USB-3H421BK)』

サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』 サンワサプライ『USB3.1Gen1+USB2.0コンボハブ4ポート(USB-3H421BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー:古賀 竜一

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

ノートパソコンで使用する場合は、ハブのすべてのポートがUSB3.1である必要はありません。サンワサプライ『USB3.1 Gen1+USB2.0コンボハブ(USB-3H421)』のポート構成ならバスパワータイプや小電力のものは2.0を使用し、高速転送が必要なデバイスを3.1で使うという電力配分が自然にできてしまいます。

小電力のデバイスを複数使うならこのUSBハブ

USB3.1 Gen1に対応したポートも搭載されているので、お手持ちのUSBに合わせて使用できるのがメリットです。ほかのUSBを接続しながらも、USB3.1 Gen1のスーパースピードモードが使用できるのでパワフルな仕様でストレスなく作業が可能。

複数の接続をしながらもスピーディーで効率のよい作業を実現したい人は、検討してみてはいかがでしょうか。

アンカー『4ポート ウルトラスリム USB3.0 ハブ』

アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』 アンカー『4ポートウルトラスリムUSB3.0ハブ』
出典:Amazon この商品を見るview item
60㎝ケーブルでPCセッティングもしやすい!

USBハブのケーブルはときに短すぎて作業がしにくいことがありますが、こちらの製品は約60㎝の長さ調節自由なケーブルであるため、デスクトップPCでもノートPCでも、作業内容に合わせて自由なセッティングが可能です。

最大5Gbpsのデータ転送速度でHD動画も数秒で転送が可能であり、さらに電源不要な高さ約1㎝のスリムなボディーは、持ち運びにも便利です。

バッファロー『USB ハブ(BSH4U125U3BK)』

バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『USBハブ(BSH4U125U3BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
PS4への接続実証済み&便利なサイドポートつき

「USBポートに幅の広い機器を指すと、隣のポートがふさがってしまうんだよね」

こんなお悩みを解決する、前面3ポート+サイドに1ポートを備えた機能的なデザイン。取りつけ、取り外しもやりやすく、機器をたびたび抜いたり指したりする場合もやりやすいです。

PS4への接続実証済みなので、オンラインゲームを満喫したい方にもイチオシの一品です。

バッファロー『どっちもUSBハブ 5ポートタイプ ( BSH5UD20BK)』

バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ5ポートタイプ(BSH5UD20BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
ロングケーブルでデスクトップユーザーにぴったり!

USBポートにコネクタを挿す際に、向きを逆で挿しなおすという経験は誰もがしたことがあると思います。上下どちらでも挿しこめるタイプのUSBハブを選べば、ストレスなく作業できること間違いなし!

ケーブルが少し長めなので、足元に置いているパソコンに接続していても無理なく手元にハブを配置できます。デスクトップパソコンを使用している人には、ぴったりのアイテム。

オリコ『クリップ式 USB3.0 4ポートハブ』

オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』 オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』 オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』 オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』 オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』 オリコ『クリップ式USB3.04ポートハブ』
出典:Amazon この商品を見るview item
パソコンに固定可能なクリップ式で抜き差しもラク

パソコン本体に直接固定できるクリップ式のUSBハブです。固定することで、USBの抜き挿しも片手でラクラクと行なえます。4つのUSB3.0ポートを備えており、HD動画も数秒で転送可能なうえUSB2.0およびUSB1.1との互換性もあります。

ほかのインターフェースをふさがないケーブルタイプがいいけど、コンパクトに収納したいという人なら使いやすい商品です。

ナカバヤシ『Digio2 USB2.0 4ポートハブ(43861)』

ナカバヤシ『Digio2USB2.04ポートハブ(43861)』 ナカバヤシ『Digio2USB2.04ポートハブ(43861)』
出典:Amazon この商品を見るview item
4ポート付きで持ち運びしやすい軽量タイプ

ケーブルがUSBハブと一体化しているので、持ち運びに便利なタイプです。いざ使おうと思ったのに接続ケーブルを忘れてきてしまったというトラブルはなくなります。忘れものが多いうっかりさんにはうってつけの商品。

コンパクトな形状ながら4ポート付きなのもうれしいところです。マウスのほかに、複数のUSBや小型スピーカーを接続する場合でも充分に活用できるでしょう。

オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』

オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』
出典:Amazon この商品を見るview item
すぐれた設計による利便性とおしゃれデザインが魅力

Mac PCに合わせたアルミニウム素材と、デザイン性の高さが魅力的なUSBハブです。パソコンまわりのデザインを統一したいというMac愛用者にはもってこいのアイテム。

ポート部分が45度に傾斜しているデザインで、USBが挿しやすいのも特徴。デザイン性と利便性も兼ね備えているので、使い勝手のよいUSBハブを探している人は検討してみてはいかがでしょうか。

【ケーブル付きセルフパワータイプ】USBハブ2選

続いて、セルフパワータイプのUSBハブをご紹介します。ケーブルありのタイプを選定していますので、接続機器と距離がある場合でも十分に使用可能です。

消費電力の大きい機器でも安定した接続が可能で、会社のデスクで常設するのにも適しているでしょう。使用したいシーンに合わせて選んでみてください。

エキスパートのおすすめ

エレコム『7ポート USB3.0ハブ マグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』

エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 エレコム『7ポートUSB3.0ハブマグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー:古賀 竜一

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

高速転送デバイスを複数接続する必要がある場合には電源供給のできるUSBハブが必要。ELECOM『7ポート USB3.0ハブ マグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』は7ポート構成でも電源にACアダプターを使用しているため非常にコンパクト。狭いところでも場所を取りません。

コンパクトでもセルフパワーのUSBハブ

USB3.0対応の7ポートでスピーディーな転送を可能にします。従来のUSB2.0のハブに比べ、電力の供給量を80%も向上することに成功。電力が不足することなく安定した動作を実現させます。

多くの機器を接続したときに、転送スピードが落ちてストレスを感じたことがある人にはぜひ試していただきたい1台です。会社のデスクまわりやご自宅でのパソコン環境を充実させたい人は必見です!

Tuwejia『USB Type c HDMI アダプタ』

Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』 Tuwejia『USBTypecHDMIアダプタ』
出典:Amazon この商品を見るview item
読み込み・出力・電力供給!1台3役のすぐれモノ

type-Cポートが1個しかないデバイスでも、このUSBアダプター1台で、データの読み込みから映像音声出力、そして電力供給まで3役をこなせます! 

さらに、複数の周辺機器を一度につないでも安定した高速通信がたもたれ、最大4KUHDの解像度でパソコンやスマホをテレビ、モニター、プロジェクターなどに映し出すことができます。ビジネスや映画鑑賞などのシーンでも活躍することでしょう。

【セルフパワーとバスパワーを搭載】USBハブ3選

続いて、「セルフパワーとバスパワーのどちらがいいか」選びかねているという人にぜひ検討いただきたいのが、両方の給電方法に対応したUSBハブです。使用環境に合わせて選べるのでとても使い勝手がよく、常設するのにも持ち運ぶのにも便利です。

デザイン性がすぐれたものから、PS4への接続が可能なものまで幅広く選定。比較して選んでみてはいかがでしょうか。

バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』

バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
テレビやPS4への接続実証済みのUSBハブ

REGZAなどの液晶テレビやPS4などのゲーム機器にも接続ができるUSBハブです。正常に動作可能か実証済みなので、ストレスなく使用することができるでしょう。パソコンだけでなく、テレビとほかの機器の接続にも活躍できる1台。

PS4などのゲーム機器と接続し、オンラインゲームを楽しみたい人に向いています。パソコンとテレビの両方の接続を予定している人も、検討してみてはいかがでしょうか。

ユーグリーン『USBハブ USB3.0 4ポートhub 5Gbps 』

ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』 ユーグリーン『USBハブUSB3.04ポートhub5Gbps』
出典:Amazon この商品を見るview item
ホットスワップ機能をはじめとした安全機能搭載

カードのようなコンパクトサイズながら、安全機能が充実しているのが魅力。過電流保護、短絡保護機能などの機能でパソコンの安全性も確保。

うれしいのがホットスワップ機能です。電源を入れたままUSBの抜き挿しがおこなえる便利な機能で、USB側のデータも守ってくれます。データの安全性を求める人はもちろん、USBを抜き挿しする際の手間を軽減したい人にも適しています。

サンワサプライ『 USB2.0ハブ(10ポート) セルフパワー(USB-2H1001BK)』

サンワサプライ『USB2.0ハブ(10ポート)セルフパワー(USB-2H1001BK)』 サンワサプライ『USB2.0ハブ(10ポート)セルフパワー(USB-2H1001BK)』 サンワサプライ『USB2.0ハブ(10ポート)セルフパワー(USB-2H1001BK)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
机に固定し省スペース化を実現! 充電も可能!

マグネットタイプのUSBハブは多いですが、こちらの商品は付属の面ファスナーで場所を選ばずに設置できるのが特徴です。どの側面にも設置できるので自由自在にレイアウトが可能! 省スペース化を実現。

セルフパワーモードで使用しているときは、パソコンの電源がオフでも接続機器への充電が可能です。ポートの多いUSBハブでもコンパクトな収納を実現したい人には、うってつけの1台です。

【直挿しタイプ】USBハブ1選

続いて、パソコンに直接挿しこめるUSBハブをご紹介します。直挿しタイプはパソコンまわりをすっきりとみせてくれるので、シンプルなデザインを好む人には向いているといえるでしょう。ストラップ付き、ほかのインターフェースをふさがないデザインタイプ、独立ポートを搭載したタイプの3商品を選定してみました。

エレコム 『機能主義USBハブ 直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK )』

エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』 エレコム『機能主義USBハブ直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
直挿しタイプでもほかのポートをふさがず使用可!

パソコン側のほかのUSBポートやインターフェースをふさいでしまいがちな直挿しタイプ。エレコムのUSBハブならコネクタが270度回転するので、好きな角度に調節できポートをふさぐことなく使用可能です。省スペース化にも貢献します。

パソコンに挿したままでも邪魔にならないタイプを探している人、直挿しタイプでもより使い勝手のよいものを求めている人に向いているデザイン。

【便利な追加機能付き】USBハブ4選

これまで給電方式別やデザイン別のUSBハブを紹介してきましたが、最後に追加機能が付いた便利なタイプを選定してみました。個別の電源スイッチが付いたものから有線LANなどほかのコネクタが挿しこめるタイプまで、厳選してご紹介します。

機能性もさることながら、デザイン性にすぐれたものもあります。さまざまな商品がありますので、あなたの作業環境にあわせた1台を選んでみてください。

ミヨシ『Type-C対応 カードリーダ付 USBホストアダプタ 直挿しタイプ (SCR-SDH07)』

ミヨシ『Type-C対応カードリーダ付USBホストアダプタ直挿しタイプ(SCR-SDH07)』 ミヨシ『Type-C対応カードリーダ付USBホストアダプタ直挿しタイプ(SCR-SDH07)』
出典:Amazon この商品を見るview item
タブレットにも使用できるカードリーダー付き

SDカードなどが読みこめるカードリーダーや、ポータブルHDDをつなげることができるポートなどがついたUSBハブです。直挿しタイプでコンパクトなので、ノートパソコンユーザーにも便利な1台。

Type-Cに対応したコネクタがついているので、タブレットにも接続ができます。パソコンもタブレットも持っている人にとっては、両方に使えて重宝です。

チューンウェア『ALMIGHTY DOCK TB3(TUN-OT-000049)』

アルミ素材ですぐれた冷却性とデザインを両立

SDカードリーダー、HDMI、Ethernetポートまで接続できる機能性を持ちながら、スタイリッシュなデザインが特徴的。素材はアルミを採用しているので、熱伝導率が高いうえに冷却性にすぐれています。機器が熱くなりすぎず、安全なデータ転送をサポートしてくれるでしょう。

まるでMacの純正アクセサリのような見た目も、Macユーザーにはうれしいところ。

アンカー『PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ』

アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』 アンカー『PowerExpandDirect7-in-2USB-CPDメディアハブ』
出典:Amazon この商品を見るview item
高速データ通信や周辺機器への接続もラクラク

Thunderbolt 3に対応したUSB-Cポートを採用。キーボードやUSBドライブなどの機器に、瞬時に接続が可能になります。複数の周辺機器に接続しながらも、データ転送や5Kでの映像出力、充電とパワフルに稼働することが可能。

一度に複数の接続や作業を行なう人に向いているUSBハブです。データの転送速度をアップさせたい人は、試してみるとよいでしょう。

アイ・オー・データ『ギガビットLANアダプター搭載 USB 3.1 Gen 1ハブ(US3-HB3ETG)』

Switch対応! 快適なオンラインプレイを実現

有線LANポートが搭載されたUSBハブ。もっとも特徴的なのはゲーム機器のニンテンドーSwitchへの対応が可能なところです。有線LANをつなげながら安定した作業環境でオンラインプレイを楽しむことができます

SWITCHを使用するためのUSBハブを探している人はもちろん、USBポートの少ないノートパソコンやSurfaceなどにも活用したい1台。

「USBハブ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
サンワサプライ『 USB3.1 Gen1+USB2.0コンボハブ 4ポート( USB-3H421BK)』
アンカー『4ポート ウルトラスリム USB3.0 ハブ』
バッファロー『USB ハブ(BSH4U125U3BK)』
バッファロー『どっちもUSBハブ  5ポートタイプ ( BSH5UD20BK)』
オリコ『クリップ式 USB3.0 4ポートハブ』
ナカバヤシ『Digio2 USB2.0 4ポートハブ(43861)』
オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』
エレコム『7ポート USB3.0ハブ マグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』
Tuwejia『USB Type c HDMI アダプタ』
バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』
ユーグリーン『USBハブ USB3.0 4ポートhub 5Gbps 』
サンワサプライ『 USB2.0ハブ(10ポート) セルフパワー(USB-2H1001BK)』
エレコム 『機能主義USBハブ 直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK )』
ミヨシ『Type-C対応 カードリーダ付 USBホストアダプタ 直挿しタイプ (SCR-SDH07)』
チューンウェア『ALMIGHTY DOCK TB3(TUN-OT-000049)』
アンカー『PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ』
アイ・オー・データ『ギガビットLANアダプター搭載 USB 3.1 Gen 1ハブ(US3-HB3ETG)』
商品名 サンワサプライ『 USB3.1 Gen1+USB2.0コンボハブ 4ポート( USB-3H421BK)』 アンカー『4ポート ウルトラスリム USB3.0 ハブ』 バッファロー『USB ハブ(BSH4U125U3BK)』 バッファロー『どっちもUSBハブ 5ポートタイプ ( BSH5UD20BK)』 オリコ『クリップ式 USB3.0 4ポートハブ』 ナカバヤシ『Digio2 USB2.0 4ポートハブ(43861)』 オリコ『USB3.0ハブ(M3H4)』 エレコム『7ポート USB3.0ハブ マグネット・セルフパワータイプ(U3H-T719SBK)』 Tuwejia『USB Type c HDMI アダプタ』 バッファロー『4ポートセルフパワーハブ(BSH4A11BK)』 ユーグリーン『USBハブ USB3.0 4ポートhub 5Gbps 』 サンワサプライ『 USB2.0ハブ(10ポート) セルフパワー(USB-2H1001BK)』 エレコム 『機能主義USBハブ 直挿し3ポート(U2H-TZ325BXBK )』 ミヨシ『Type-C対応 カードリーダ付 USBホストアダプタ 直挿しタイプ (SCR-SDH07)』 チューンウェア『ALMIGHTY DOCK TB3(TUN-OT-000049)』 アンカー『PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ』 アイ・オー・データ『ギガビットLANアダプター搭載 USB 3.1 Gen 1ハブ(US3-HB3ETG)』
商品情報
特徴 小電力のデバイスを複数使うならこのUSBハブ 60㎝ケーブルでPCセッティングもしやすい! PS4への接続実証済み&便利なサイドポートつき ロングケーブルでデスクトップユーザーにぴったり! パソコンに固定可能なクリップ式で抜き差しもラク 4ポート付きで持ち運びしやすい軽量タイプ すぐれた設計による利便性とおしゃれデザインが魅力 コンパクトでもセルフパワーのUSBハブ 読み込み・出力・電力供給!1台3役のすぐれモノ テレビやPS4への接続実証済みのUSBハブ ホットスワップ機能をはじめとした安全機能搭載 机に固定し省スペース化を実現! 充電も可能! 直挿しタイプでもほかのポートをふさがず使用可! タブレットにも使用できるカードリーダー付き アルミ素材ですぐれた冷却性とデザインを両立 高速データ通信や周辺機器への接続もラクラク Switch対応! 快適なオンラインプレイを実現
規格 USB3.1 Gen1、USB2.0 USB3.0 USB 3.0 USB2.0 USB3.0 USB2.0 USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB2.0 USB3.0 USB2.0 USB2.0 - - - USB 3.1 Gen 1
給電方式 バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー セルフパワー セルフパワー セルフパワー、バスパワー セルフパワー、バスパワー セルフパワー、バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー バスパワー
アップストリームコネクタ USB3.1 Gen1(USB3.0) A USB3.0 USB3.0 USB2.0 A USB3.0 USB2.0 USB3.0 USB3.0 A USB3.0 USB2.0 A USB3.0 USB2.0 A USB2.0 A USB C USB C×2 USB C×2 USB 3.1 Gen 1 A
ダウンストリームコネクタ USB3.1 Gen1(USB3.0) A、USB2.0 A×3 USB 3.0 ×4 USB 3.0×4 USB2.0 A×5 USB3.0×4 USB2.0×4 USB3.0×4 USB3.0 A×7 HDMI/USB3.0/ USB-Cポート USB2.0 A USB3.0×4 USB2.0 A×10 USB2.0 A×3 USB A Thunderbolt 3 パススルーポート(USB C)、USB A×2 Thunderbolt 3(USB C)、USB C、USB3.0 A×2 USB 3.1 Gen 1 A×3
付属ケーブル 約10cm 約60cm 約10cm(コネクター部除く) 150cm 100cm 約4cm 100cm 約100cm - 約150cm 100cm 100cm - - - - 約80cm
付加機能 - - - - - - - - - ホットスワップ - - ホスト機能(OTG機能)、給電用ポート、カードリーダ・ライタ HDMI、Ethernet、SDカード・microSDカード microSD・SDカード、HDMI 高速Gigabit有線LAN
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする USBハブの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのUSBハブの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:USBハブランキング
楽天市場:USBハブランキング
Yahoo!ショッピング:USBハブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

USBハブ関連のそのほかの記事はこちら

まとめ

本記事は、USBハブの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。いかがでしたか?

選ぶ際には、お手持ちのパソコンや接続したいUSBの規格を確認しつつ、使用環境に合わせてUSBハブのデザイン・性能・サイズ・機能などを比較すると、あなたにとってぴったりの1台を見つけることができるはずです。あなたがほしいUSBハブを選んでみてくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部