リコーダーのおすすめ11選&ランキング【小学生も大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別!

リコーダーのおすすめ11選&ランキング【小学生も大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別!

リコーダーと聞くと、小学校のころ音楽の授業で苦戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。覚えてしまえば吹き方もかんたんなものではありますが、実は意外と奥が深いのを知っていますか。この記事では、ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、リコーダーのおすすめ商品とランキング、選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

リコーダーの選び方 種類や素材をチェックして

まずはリコーダーの選び方をチェックしていきましょう。ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのリコーダーを選ぶために参考にしてみてくださいね。

音域で種類を選ぶ

リコーダーにはいろいろな種類がありますが、そのなかでもオーソドックスなのが、ソプラノリコーダーとアルトリコーダーです。ソプラノリコーダーは小学校で、アルトリコーダーは中学校で使われることが多く、なじみのある人も多いでしょう。

ふたつの大きな違いは、吹ける音域とリコーダー自体の大きさです。ソプラノリコーダーは、ツヤのある高い音をたのしめます。一方でアルトリコーダーは、バラード調の曲にあっており伸びのある音が特徴的です。

ほかにも、ソプラノリコーダーよりも高い音域のソプラニーノや、低い音域のテノール・バスなどがあります。本格的にリコーダーをたのしみたい方は検討してみるのもよいでしょう。

ジャーマン式とバロック式の違いを知ろう

ソプラノリコーダーを購入するときに気をつけてほしいのが、「ジャーマン式」と「バロック式」とよばれるリコーダーのタイプです。

リコーダーの中部管に「G」と書かれていたら「ジャーマン式(ドイツ式)」であり、「E」と書かれていたら「バロック式(イギリス式)」です。

小学校の授業などで、一般的に使われるものはジャーマン式が多いです。指使いもかんたんなので、初心者の方でもなじみやすいでしょう。なお、ソプラノ以外のリコーダーは、ほとんどがバロック式です。

木製と樹脂製、素材によってお手入れも変わる

リコーダーを購入するときは、素材にも注目してみましょう。リコーダーの素材は、木製か樹脂製のどちらかになります。

お手入れがしやすく、丈夫なのは樹脂製です。水洗いができるので、小さい子どもでも使いやすいでしょう。一方で木製は、急激な温度変化などに弱く管理・お手入れ方法には気を配らなくてはいけません。

そのため、保管やお手入れに自信がない方は樹脂製を選ぶとよいでしょう。

付属品が付いているかチェック

初心者の方がリコーダーを購入する場合、掃除棒や収納ケースなどの付属品が付いているものを選ぶとよいでしょう。個別に付属品を購入してもよいですが、セット品であれば価格を抑えて購入することが可能です。

また、お手入れ方法やリコーダーの吹きかたなどが付属しているものもありますので、セット品を購入するだけでリコーダーをはじめられるでしょう。

試奏でお気に入りのリコーダーを探してください ピアノ講師がアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

リコーダーは、学校の授業でもなじみ深い木管楽器。中世のころから存在する歴史の古い楽器です。選ぶ際は音色にぬくもりを感じられる木製がおすすめですが、樹脂製のほうがお手入れがかんたん

近年では、バイオマス由来など環境問題に配慮した素材を使用したものもあります。ぜひ楽器店で実際に手にとって試奏し好みに合う1本を見つけてください。音楽が身近に感じられるようになるでしょう。

プロのおすすめランキング【TOP5】 リコーダーのおすすめはこれ!

ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんに、おすすめのリコーダーをランキング付けしていただきました。5位から1位の順に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

【5位】トヤマ楽器『アウロス シンフォニー(503B(E))』

トヤマ楽器『アウロスシンフォニー(503B(E))』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 ソプラノ
素材 樹脂製
付属品 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付

高い品質を維持しているリコーダー

アウロスシンフォニーシリーズのリコーダーは、黒檀材の管に象牙の部品を取りつけたバロック期の木製リコーダーを模したデザインを採用しています。高級感あふれるデザインですが、樹脂製のリコーダーなので子どもでも扱いやすいのが特徴。

また、ワンタッチ指かけや管壁中空システムなど、トヤマ楽器が独自に開発した新技術を各所に採用しているリコーダーです。

【4位】YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』

YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 アルト
素材 樹脂製
付属品 指かけ、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ジョイント保護キャップ、布製ケース付

地球環境にやさしいリコーダー

『YRA-48B』は、地球環境にやさしい素材の「エコディア」を採用している樹脂製アルトリコーダーです。二酸化炭素を吸収する素材であり、捨てるときも有害物質をださない布製ケースを使用しています。

また、安定感がある吹き心地と張りのある音色が特徴。音がなじみやすくアンサンブルとの相性がよいため、学校の授業やレッスンで使いやすいリコーダーだといえるでしょう。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

ゼンオンはコンテストをひらくなどリコーダーの普及活動にも尽力しているメーカーです。『アルト・リコーダー コンソート』は木製でメンテナンスに気を配る必要がありますが、深く美しい音色です。

【3位】全音楽譜出版社(ZEN-ON)『アルト・リコーダー コンソート(A-5M)』

ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』 ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』 ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』 ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』 ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』 ゼンオン『アルト・リコーダーコンソート(A-5M)』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 アルト
素材 木製
付属品 掃除棒、グリス、ソフトケース付

全音域で吹き応えのあるリコーダー

ゼンオンのコンソートシリーズは、美しく力強い響きが特徴的な全音域で吹き応えのあるアルトリコーダーです。

木製なので、樹脂製とはことなり、細やかなメンテナンスが求められます。音の性質も樹脂製とはまったく異なるため、リコーダーを長く練習している方が購入するとよいでしょう。

今よりもステップアップしたい方や、木製リコーダーに挑戦してみたい方はぜひ検討してみてください。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

リコーダーのほかに、現代フルートの原型「トラヴェルソ」の製造も手がけるトヤマ楽器。『アウロス ロビン』は、教育現場と同様ジャーマン式で運指もスムーズ。とおりのよい音色が特徴です。

【2位】トヤマ楽器『アウロス ロビン(204A(G))』

トヤマ楽器『アウロスロビン(204A(G))』

出典:Amazon

G/E式 ジャーマン式
音域 ソプラノ
素材 樹脂製
付属品 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付

アウロスリコーダーのオリジナルデザイン

トヤマ楽器の代表的なブランドである、アウロスシリーズのリコーダーは、熟練された職人の手によりひとつひとつていねいにつくられています。

ロビンシリーズは、アウロスのオリジナルデザインのリコーダーであり、広がりのある響きとやわらかい音色が特徴的です。付属品にはワンタッチ指かけがついているので、初心者の方でも正しいリコーダーの持ち方を学べるでしょう。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』は、樹脂製ですが木目の加工が美しい1本です。くわえやすく響きがよいうえ、見た目の印象もよいですね。付属品の多さも魅力です。

【1位】YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』

YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 ソプラノ
素材 樹脂製
付属品 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ケース付

格調高いマカッサルエボニー・コーティング

ヤマハのソプラノリコーダーは、小学校など教育の現場で長年愛されているリコーダーです。手に持ってみると、どこか懐かしいと感じる方もいるのではないでしょうか。

『YRS-314BIII』は、既存の樹脂製リコーダー『YRS-301III』と『YRS-302BIII』に、マカッサルエボニー調のコーティングをほどこしています。そのため、豊かな音質をたのしめるリコーダーです。

【ソプラノリコーダー】おすすめ3選 小学校で吹いた人も多いはず!

では、ここからはソプラノリコーダーとアルトリコーダーを分けて紹介していきます。まずは、ソプラノリコーダーのおすすめ3選を見ていきましょう。

YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』

YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 ソプラノ
素材 樹脂製
付属品 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ケース付

アーチ型を採用したソプラノリコーダー

『YRS-302BIII』の吹き口はアーチ型を採用しており、初心者の方でも息のコントロールがしやすいリコーダーです。取り付けタイプの指掛けがついていて、安定して吹くことができます。環境にやさしい布製ケースもついています。

また、バロック式なので、慣れたらほかの種類のリコーダーにも挑戦してみたいという方が購入するとよいでしょう。

鈴木楽器製作所『ジャーマン式 テルトンモデル(SRG-415)』

SUZUKIスズキソプラノリコーダージャーマン式PLUMAテルトンモデルSRG-415 SUZUKIスズキソプラノリコーダージャーマン式PLUMAテルトンモデルSRG-415 SUZUKIスズキソプラノリコーダージャーマン式PLUMAテルトンモデルSRG-415 SUZUKIスズキソプラノリコーダージャーマン式PLUMAテルトンモデルSRG-415

出典:Amazon

G/E式 ジャーマン式
音域 ソプラノ
素材 樹脂製
付属品 そうじ棒、ジョイントグリス、運指表、ケース付

子どもの手にフィットする設計

鈴木楽器製作所は、鍵盤ハーモニカ『メロディオン』で有名な楽器メーカーです。こちらは、18世紀の名器「テルトン」をモデルに設計。バロック時代の代表的なリコーダー製作家である工ンゲルベルト・テルトンのソプラノリコーダーのような、ぬくもりのある音色が特徴です。

また、子どもの手にフィットしやすいよう、指孔間隔を少し狭めにしているという工夫も。しっかり押さえて演奏することができますよ。

全音楽譜出版社(ZEN-ON)『ソプラノ・リコーダー<パストラル> S-7M』

ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M ゼンオンパストラル木製ソプラノリコーダーバロック式S-7M

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 ソプラノ
素材 木製
付属品 掃除棒、グリス付

高級仕様の本格派リコーダー

ゼンオンのリコーダーのなかでも、高級ラインの「パストラル」。低音から高音までバランスよく響き、やわらかくシンプル、それでいて上品な音色を奏でてくれます。

音程もしっかりしているので、正確な演奏もしやすいですよ。独奏からほかの楽器との演奏まで、幅広く対応できます。本格的にリコーダーをがんばりたいという方におすすめのリコーダーです。

【アルトリコーダー】おすすめ3選 中学校で使われることが多い

アルトリコーダーは、中学校の授業で使用することが多いリコーダーです。ソプラノリコーダーよりも大きく低い音がたのしめます。ここからは、アルトリコーダーのおすすめ3選を見ていきましょう。

YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』

YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 アルト
素材 樹脂製
付属品 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ジョイント保護キャップ、ケース付

吹きやすく鳴りのよいアルトリコーダー

ヤマハの『YRA-28BIII』は、樹脂製のバロック式アルトリコーダーです。表現力が豊かであり、アンサンブルなどでもたのしめます。

また、吹き口がストレート・ウインドウェイモデルになっているので、音の鳴り方がよく厚みのある音色を奏でてくれるでしょう。ボディーカラーもホワイトで、個性が光るアルトリコーダーです。

トヤマ楽器『ベルカント(309A(E))』

トヤマ楽器『ベルカント(309A(E))』

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 アルト
素材 樹脂製
付属品 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付

明るい響きのアルトリコーダー

アルトリコーダーはソプラノリコーダーよりも大きいので、慣れないうちは重く感じるものですが、ベルカントシリーズは軽いため持ちやすいという特徴があります。

中学校の授業でも使いやすいので、子どものために用意したい人にもぴったり。また、付属品も充実しているので、セット品を購入すれば保管もお手入れもらくらくです。

全音楽譜出版社(ZEN-ON)『BRESSAN バロック式アルトリコーダー G-1A』

全音G-1ABRESSANバロック式ABS樹脂製アルトリコーダー 全音G-1ABRESSANバロック式ABS樹脂製アルトリコーダー 全音G-1ABRESSANバロック式ABS樹脂製アルトリコーダー 全音G-1ABRESSANバロック式ABS樹脂製アルトリコーダー

出典:Amazon

G/E式 バロック式
音域 アルト
素材 樹脂製
付属品 運指表、グリス、掃除棒、指掛け、オリジナルソフトケース付

現代の名工によるこだわりの吹き心地

「平尾リコーダー工房」のリコーダー製作家・平尾重治氏と「竹山木管楽器製作所」の竹山宏之氏による共同設計でつくられた、こだわりのアルトリコーダー。

木製リコーダーをつくるときの、手作業で行うようなこまかい設計を機械で再現し、樹脂製で上質な音色を実現しています。音色と音程、吹き心地にこだわってつくられたリコーダーをぜひ吹いてみてください。

「リコーダー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
【5位】トヤマ楽器『アウロス シンフォニー(503B(E))』
【4位】YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』
【3位】全音楽譜出版社(ZEN-ON)『アルト・リコーダー コンソート(A-5M)』
【2位】トヤマ楽器『アウロス ロビン(204A(G))』
【1位】YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』
YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』
鈴木楽器製作所『ジャーマン式 テルトンモデル(SRG-415)』
全音楽譜出版社(ZEN-ON)『ソプラノ・リコーダー<パストラル> S-7M』
YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』
トヤマ楽器『ベルカント(309A(E))』
全音楽譜出版社(ZEN-ON)『BRESSAN バロック式アルトリコーダー G-1A』
商品名 【5位】トヤマ楽器『アウロス シンフォニー(503B(E))』 【4位】YAMAHA(ヤマハ)『YRA-48B』 【3位】全音楽譜出版社(ZEN-ON)『アルト・リコーダー コンソート(A-5M)』 【2位】トヤマ楽器『アウロス ロビン(204A(G))』 【1位】YAMAHA(ヤマハ)『YRS-314BIII』 YAMAHA(ヤマハ)『YRS-302BIII』 鈴木楽器製作所『ジャーマン式 テルトンモデル(SRG-415)』 全音楽譜出版社(ZEN-ON)『ソプラノ・リコーダー<パストラル> S-7M』 YAMAHA(ヤマハ)『YRA-28BIII』 トヤマ楽器『ベルカント(309A(E))』 全音楽譜出版社(ZEN-ON)『BRESSAN バロック式アルトリコーダー G-1A』
商品情報
特徴 高い品質を維持しているリコーダー 地球環境にやさしいリコーダー 全音域で吹き応えのあるリコーダー アウロスリコーダーのオリジナルデザイン 格調高いマカッサルエボニー・コーティング アーチ型を採用したソプラノリコーダー 子どもの手にフィットする設計 高級仕様の本格派リコーダー 吹きやすく鳴りのよいアルトリコーダー 明るい響きのアルトリコーダー 現代の名工によるこだわりの吹き心地
G/E式 バロック式 バロック式 バロック式 ジャーマン式 バロック式 バロック式 ジャーマン式 バロック式 バロック式 バロック式 バロック式
音域 ソプラノ アルト アルト ソプラノ ソプラノ ソプラノ ソプラノ ソプラノ アルト アルト アルト
素材 樹脂製 樹脂製 木製 樹脂製 樹脂製 樹脂製 樹脂製 木製 樹脂製 樹脂製 樹脂製
付属品 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付 指かけ、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ジョイント保護キャップ、布製ケース付 掃除棒、グリス、ソフトケース付 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ケース付 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ケース付 そうじ棒、ジョイントグリス、運指表、ケース付 掃除棒、グリス付 指掛け、そうじ棒、リコーダークリーム、運指表、ジョイント保護キャップ、ケース付 ソフトケース、ワンタッチ指かけ、掃除棒、グリス付 運指表、グリス、掃除棒、指掛け、オリジナルソフトケース付
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする リコーダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのリコーダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リコーダーランキング
楽天市場:リコーダーランキング
Yahoo!ショッピング:リコーダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

リコーダーのお手入れ方法 洗い方は?

リコーダーは、デリケートな楽器なので丁寧なお手入れが大切です。吹き終わったら、リコーダーを分解し、付属の掃除棒にガーゼを巻いたものやリコーダー専用クリーナーで内部の水滴を拭きましょう。外側に気になる汚れがある場合は、やわらかい布やガーゼなどでやさしく拭き取ります。とくに木製の場合は、水分が残らないように気を付けてください。

また、樹脂製であれば水洗いも可能。水やぬるま湯に食器用の中性洗剤を数滴入れ、つけ置き洗いします。かならず充分に乾燥させてからケースにしまいましょう。

そのほかの気軽にはじめられる楽器もチェック 【関連記事】

自分に合ったリコーダーを見つけよう!

この記事では、ソプラノリコーダーとアルトリコーダーのおすすめを11選紹介しました。リコーダーはほかの楽器よりも価格がリーズナブルなので、趣味としてはじめやすいものです。

リコーダーといえば、ヤマハやトヤマ楽器が有名ブランドですが、それぞれにいろいろなシリーズがあります。色や吹き口などを確認して、お気に入りのシリーズを見つけるのもおもしろいでしょう。

趣味でリコーダーをはじめてみたいという方は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったリコーダーを見つけてみてください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/12 コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 矢部栞)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

吹奏楽やオーケストラに欠かせない、音色がやわらかく美しい「クラリネット」。材質による音色の違いや、人気のヤマハなどメーカーごとの特徴を知っておくと購入する際に役立ちます。楽器は高価なものだからこそ、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに取材のもと、クラリネットの選び方とおすすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


クラリネットリガチャーおすすめ18選【種類別】クランポンやウッドストーンも】

クラリネットリガチャーおすすめ18選【種類別】クランポンやウッドストーンも】

クラリネットの音色を左右するパーツのひとつ「リガチャー」。ロブナーやボナード、ウッドストーンやクランポンなど人気のメーカーからさまざまな商品が販売されています。この記事では、そんなクラリネットリガチャーの選び方とおすすめの商品を厳選! 対応するクラリネット別に紹介するので、自分の持っているクラリネットに合うものを探してくださいね。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてください。


トランペットスタンドおすすめ12選|1本~複数本設置できるタイプも

トランペットスタンドおすすめ12選|1本~複数本設置できるタイプも

ステージ上でトランペットを立たせて待機させられるトランペットスタンドは、さまざまなメーカーから販売されています。この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したトランペットスタンドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスを外に持ち出すさいに気になるのは、運びやすさ。リュックのように背負えるものもあるなど、サックスケースにはさまざまな種類があります。見た目ももちろん重要ですが、頑丈さ、強度、重さなどもサックスケース選びの重要なポイントです。この記事では、サックスプレイヤー・加度克紘さんへの取材をもとに、サックスケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。目的によってケースの選び方も異なりますが、安全に大切に楽器を運べるようにするサックスケースを選びたいところです。


トランペット用マウスピースおすすめ商品11選|ヤマハなど人気メーカー厳選! 練習用も

トランペット用マウスピースおすすめ商品11選|ヤマハなど人気メーカー厳選! 練習用も

トランペットを演奏するうえで必須のアイテム「マウスピース」。メッキの種類、低・高音、数字によるサイズ・厚みの違いなどさまざまで、とくにトランペット初心者は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。値段も安いものから高価なものまで。そこで、この記事ではピアノ講師で元大手楽器メーカー店員の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのトランペット用マウスピースを紹介します。カップ容量・リムサイズなど商品の選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。