PC用曲面ディスプレイおすすめ20選|おしゃれでゲーミングや作業もしやすい!

PC用曲面ディスプレイおすすめ20選|おしゃれでゲーミングや作業もしやすい!
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

圧倒的な臨場感で映像を楽しめるといった利点だけでなく、視野を広げる効果でゲームにも最適な曲面ディスプレイ。リフレッシュレートや応答速度、サイズのちがいなど気にするポイントが多く選びづらいのも現実です。使っているディスプレイは文字が見にくい、使っていて違和感がある、そういった方は本記事で紹介している選び方や商品をぜひ参考にしてください。


曲面ディスプレイって?メリットや注意点も解説

湾曲したモニター

Photo by Max Nelson on Unsplash

曲面ディスプレイは見やすさを考えた結果、生み出されたPC用ディスプレイになります。弧を描くようにディスプレイ本体が作られており、端から端まで見渡すのがラクになります。

平面ディスプレイで大きくしても周囲の風景も入りやすく、視野にほかのものが入ることでストレスになることがありました。しかし、曲面ディスプレイは映り込みが少なく、疲れにくいこともメリットです。

作り方としては画面を曲げて作る方法と、曲げたガラスに液晶面を圧着して完成させる方法があります。

●曲面ディスプレイのメリット

曲面ディスプレイのポイントとしてあるのが曲面であることです。曲面であることから平面ディスプレイとは違い、どの場所を見ても目とディスプレイの距離が一緒であるため、複数に画像や動画、資料を展開しても見やすいです。

あとは面積の広さです。通常の平面ディスプレイより大きくなっていることと全体をよく見渡せる曲面によって映像の迫力が違ってきます。

●曲面ディスプレイでの注意点

曲面ディスプレイを使う場合に工夫しなければならないこととしてサイズへの対応があるでしょう。大きくなりがちな曲面ディスプレイは設置スペースも大きくしなければなりません。

曲面にすることで平面ディスプレイと違って、奥方向のスペースを確保しなければなりません。じゅうぶんに設置できるかを調べてから購入することをおすすめします。

PC用曲面ディスプレイの選び方

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、PC用曲面ディスプレイを選ぶときのポイントを6つにまとめました。設置場所が限られている人は、大きさはまずチェックしておきたいポイントでしょう。

【1】入力端子は多いほど便利

IT・テックライター

入力端子の数と種類も重要です。入力端子の数や種類が多ければ、PC以外に家庭用ゲーム機やHDDレコーダーなどの機器を同時に接続して、切り替えて表示できますので、より便利に使えます。

入力端子の種類としてはHDMIやDVI、DisplayPortなどがあります。入力端子の数は最低2つ、できれば3つ以上搭載しているものがおすすめです。

【2】置き場所などからサイズを選択

IT・テックライター

曲面ディスプレイは、ゲーマーにはとくに人気の製品です。複数の曲面ディスプレイを横に並べることで、レースゲームやフライトシュミレーター、FPS(First Person shooter)などでより広い範囲を一度に見ることができるので、没入感があがり、プレイもしやすくなります。

曲面ディスプレイを選ぶには、設置場所を確認し、それにあわせたサイズの製品を選びましょう。とくに2台や3台を並べて使う場合は、横幅だけでなく奥行きもチェックしておくとよいでしょう。

【3】接続するPCの性能にあった解像度を選ぼう

IT・テックライター

曲面ディスプレイは、画面が一般のディスプレイよりも横長になっているものが一般的です。解像度は、30インチ未満の製品では2,560×1,080ドット、30インチ以上の製品では3,440×1,440ドットが主流です。ただし、解像度が高くなると、それだけ描画に負担がかかります。

3,440×1,440ドットで最新の3Dゲームを快適にプレイするには、ハイエンドCPUとGPUが必要になりますので、PCのスペックにあった解像度を選ぶようにしましょう。

【4】光沢をチェック

一般的にグレアタイプとノングレアタイプといった光沢が違う曲面ディスプレイが用意されています。発色があざやかなタイプがグレアタイプになります。色自体がくっきり見えるように設定されていて、映像や画像を見るときにはおすすめです。

ノングレアタイプは発色自体は強くなく、全体のバランスを調節して見やすくしているタイプです。資料作成などで長時間にわたって画面を見ても疲れにくいのが特徴といえます。

【5】リフレッシュレートや応答速度をチェック

アニメが映し出されたディスプレイ

Photo by Abdul Barie on Unsplash

IT・テックライター

リフレッシュレートとは、画面の書き換え間隔のことです。リフレッシュレートが高ければ、素早い動きも滑らかに表示されます。通常のディスプレイは60Hzが主流ですが、ゲーム用途では120Hzや144Hzといったリフレッシュレートが高い製品がおすすめです。

応答速度も重要になります。こちらもゲーム用としては、できるだけ高速なものを選びましょう。

PC用曲面ディスプレイおすすめ20選

上記で紹介したPC用曲面ディスプレイの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井英男さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSI(エムエスアイ)『Optix MAG271CQR』

MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG271CQR』

出典:Amazon

本体サイズ 幅612.0×奥行266.5×高さ560.0mm
パネルサイズ 27インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 2560×1440
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms(MPRT)
入出力端子 DP、HDMI×2、イヤホンジャック

Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

144Hz対応でゲームに最適!

2,560×1,440ドット表示対応の27インチ曲面ディスプレイです。応答速度1msの高速VA LEDパネルを採用していますので、ゲームに最適です。背面にはフルカラーLEDが搭載されていて、MSI Mystic Light機能により、さまざまな色で発光させることができます。

また、独自ユーティリティの「MSI Gaming OSD」を使えば、キーボードやマウスを使ってディスプレイの設定を変えられます。

入力端子もHDMI×2とDisplayPort×1の合計3つが用意されていますので、最大3台の機器を接続することができます。狭額縁設計なので、複数台並べて使いたいという人にもおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』

LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』

出典:Amazon

本体サイズ 幅698×奥行209×高さ411mm
パネルサイズ 29インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 2560×1080
リフレッシュレート 56-75Hz
応答速度 5ms
入出力端子 DP、HDMI×2、DisplayPort、ヘッドホン(ステレオミニジャック)

Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

動画をワイド画面で楽しみたい人に

2,560×1,080ドット表示対応の29インチ曲面ディスプレイです。HDR10対応で、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く表現できますので、HDR10対応のブルーレイなどを見るのに適しています。応答速度は5msで、視野角の広いIPS液晶パネルを採用。

独自ユーティリティの「OnScreen Control」により、Windows上からディスプレイの設定を変更することができます。入力端子はHDMI×2とDisplayPort×1の合計3つが用意されているので複数機材と接続可能。実売価格も手ごろなので、コストパフォーマンス重視の人におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ASUS(エイスース)『Designo Curve MX34VQ』

ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』 ASUS(エイスース)『DesignoCurveMX34VQ』

出典:Amazon

本体サイズ 幅810.6×奥行239.7×高さ456.8mm
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート デジタル:30~151 KHz(H)、48~100Hz(V)
応答速度 4ms
入出力端子 HDMI×3、DisplayPort、3.5mmステレオミニジャック

Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

Qi対応でスマホを充電できる大型ディスプレイ

3,440×1,440ドット表示対応の34インチ曲面ディスプレイです。スタンドにワイヤレス充電機能「Qi」が搭載されていることが特徴で、Qi対応スマートフォンなどをスタンドにのせるだけで充電ができます。応答速度は4msと高速で、アクションゲームにも対応可能。入力端子も豊富で、HDMI×3とDisplayPort×1の合計4端子が用意されています。

Harman Kardonと共同開発したステレオスピーカーを搭載していますので、大迫力のサウンドを楽しめることも魅力です。設置にはかなりのスペースが必要になりますが、大画面高解像度環境で仕事やゲームをしたいという人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSI(エムエスアイ)『Optix MAG341CQ』

MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』 MSI(エムエスアイ)『OptixMAG341CQ』

出典:Amazon

本体サイズ 幅818.4×奥行197.8×高さ452mm
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート 100Hz
応答速度 8ms(GTG)
入出力端子 DP、HDMI2.0、DVI

Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

大画面でゲームを楽しみたい人に

3,440×1,440ドット表示対応の34インチ曲面ディスプレイです。リフレッシュレートは100Hzで、「AMD FreeSync」に対応していますので、FreeSync対応のAMD製GPUと組み合わせることで破綻のない滑らかな表示を実現できます。

入力端子は、HDMI×1、DisplayPort×1、DVI×1の合計3端子。AMD製GPU搭載PCのユーザーで、大画面でゲームをしたいという人におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイド ゲーミングモニター 34UC79G-B』

LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイドゲーミングモニター34UC79G-B』

出典:Amazon

本体サイズ 幅831×奥行280×高さ450~570mm(スタンド使用時)
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 2560×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 5ms
入出力端子 DP、HDMI×2、ヘッドホン、オーディオラインアウト

Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

リフレッシュレート144Hz対応でゲーム用に

2,560×1,080ドット表示対応の34インチ曲面ディスプレイです。リフレッシュレート144Hz対応で、「AMD FreeSync」もサポートしていますので、ゲーム用途におすすめです。入力端子は、HDMI×2、DisplayPort×1の合計3端子で、USB 3.0の2ポートハブ機能を備えていることも特徴的。

ブルーライト低減モードもありますので、長時間ディスプレイを見る仕事の人にも向いています。

LG Electronics『35WN75C-B』

LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』 LGElectronics『35WN75C-B』

出典:Amazon

本体サイズ 25.1×83.2×46.3cm
パネルサイズ 35インチ
アスペクト比 -
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート 100Hz
応答速度 -
入出力端子 HDMI×2

曲面+フレームレスで高い没入感を実現

曲面ディスプレイとフレームレスデザインを採用することによって、従来のディスプレイでは実現することができなかった高い没入感を実現しました。ゲームはもちろんのこと、仕事においても広い作業スペースを確保できますので格段に効率をアップすることができます。フリッカーセーフやブルーライト低減モードなど機能も豊富です。

ASUS『ROG STRIX XG35VQ』

ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』 ASUS『ROGSTRIXXG35VQ』

出典:Amazon

本体サイズ 83.47×31.73×46.83cm
パネルサイズ 35インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート 100Hz
応答速度 -
入出力端子 DisplayPort、HDMI

なめらかなゲーミング映像を楽しめる

ASUSのハイエンドゲーミングブランドであるROGシリーズの曲面ディスプレイです。1800R曲面液晶パネルを採用することによって100Hzのリフレッシュレートに対応しており、なめらかな映像を楽しむことができます。さらに、ゲーマーに嬉しいポインターやタイマー表示などの機能も搭載されており、瞬時に表示設定の切り替えも可能です。

Dell『S2721HGF』

Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』 Dell『S2721HGF』

出典:Amazon

本体サイズ 49.32 x 60.84 x 19.04 cm
パネルサイズ 27インチ
アスペクト比 -
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
入出力端子 HDMI

コスパ抜群のゲーミングモニター

曲面ディスプレイを採用しながら実売価格20000円代という価格を実現したコスパ抜群のゲーミングモニターです。ゲームの世界により深く入り込むことができる1500R曲面の27インチスクリーンを採用していますので、大迫力でゲームを楽しめます。また、作業スペースも大きくなりますのでゲーム以外の用途でも使いやすいディスプレイとなっています。

PHILIPS『499P9H1/11』

PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』 PHILIPS『499P9H1/11』

出典:Amazon

本体サイズ -
パネルサイズ 49インチ
アスペクト比 -
最大解像度 5120×1440
リフレッシュレート -
応答速度 -
入出力端子 HDMI

大迫力の49インチ曲面ディスプレイ

ディスプレイのサイズが大きければその分だけ作業スペースも広くなります。なので、作業効率を求めてできるだけ大きなディスプレイが欲しいという方も多いでしょう。こちらはそんな方におすすめの49インチの超大画面タイプとなっています。もちろん、ディスプレイが大きい分だけ映像の迫力も抜群なのでゲームや映像コンテンツの視聴にもおすすめです。

HKC『C240W』

HKC『C240W』 HKC『C240W』 HKC『C240W』 HKC『C240W』 HKC『C240W』 HKC『C240W』 HKC『C240W』

出典:Amazon

本体サイズ -
パネルサイズ 23.6インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート -
応答速度 6ms
入出力端子 HDMI

コスパ抜群の曲面ディスプレイモデル

曲面ディスプレイには多くのメリットがありますが、まだまだ価格的に手を出せないといった悩みを抱えている方も多いかもしれません。そこで、こちらは23.6インチの曲面ディスプレイを採用しながら実売価格1万円台という高いコストパフォーマンスを実現したモデルとなっています。とりあえず曲面ディスプレイを試してみたいという方にもおすすめです。

BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニター EX3200R』

BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニターEX3200R』

出典:Amazon

本体サイズ 幅727.37×奥行86.84×高さ427.35mm
パネルサイズ 31.5インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 21ms(GtoG 4ms)
入出力端子 HDMI、DisplayPort、MiniDisplayPort、イヤホンジャック

素早いアクションでも、一瞬たりとも逃さない

31.5インチの大画面曲面ディスプレイです。144hzという高いリフレッシュレートをほこるため、スピーディーな動画も滑らかに表示。臨場感をそこなうことなく、スポーツ中継やアクション映画を楽しむことができます。

また、ブルーライトカット機能がついているので、目の疲れをあまり気にすることなくゲームに没頭できるのも魅力です。

Dell(デル)『Curved Monitor P3418HW』

Dell(デル)『CurvedMonitorP3418HW』 Dell(デル)『CurvedMonitorP3418HW』 Dell(デル)『CurvedMonitorP3418HW』 Dell(デル)『CurvedMonitorP3418HW』 Dell(デル)『CurvedMonitorP3418HW』

出典:Amazon

本体サイズ 幅813.9×奥行226.4×高さ417.6~532.6mm(スタンド含む)
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 2560×1080
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 8ms(通常)、5ms(高速)
入出力端子 HDMI、1DP、mDP、USB3.0ポート、オーディオライン

マルチタスクに最適、頼もしいビジネスパートナー

34インチフルHDの曲面ディスプレイです。生産性アップを目的としたデザインの数々が特徴。複数のアプリケーションやタスクを処理する機能がそなわっているので、マルチタスク処理に最適。

前後の傾き、左右の角度、モニターの高さを調整できるので作業スペースも自分好みにアレンジできます。解像度も高いので、写真や動画も細部まで色鮮やかに表現。とくにフリーランスのクリエイターや、デザイナーにおすすめです。

AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C27G1/11』

AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC27G1/11』

出典:Amazon

本体サイズ 幅612×奥行245×高さ405mm
パネルサイズ 27インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
入出力端子 VGA、HDMI×2、DisplayPort

本格的にゲームを楽しみたい人におすすめ

144Hzの高速リフレッシュレートを要する曲面ディスプレイ。応答速度も1msと短いので、モニター画面の移り変わりもスムーズです。さらに、プレイするゲームに応じて最適な色調を選択できるゲームカラー機能を搭載。

ジャンルをとわず、ゲームの魅力をより引き出すスペックと機能が特長です。とくに、レーシングなど動きの速いゲームとの相性は抜群。ゲーム利用を目的に曲面ディスプレイを選ぶ場合、おすすめの1台です。

I-O DATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタ LCD-GC271XCVB』

I-ODATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタLCD-GC271XCVB』 I-ODATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタLCD-GC271XCVB』 I-ODATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタLCD-GC271XCVB』 I-ODATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタLCD-GC271XCVB』

出典:Amazon

本体サイズ 幅619×奥行249×高さ415〜525mm
パネルサイズ 27インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1,920×1,080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 6ms
入出力端子 HDMI×2、DisplayPort、ヘッドホン端子、音声出力端子

目に優しい! 長時間ゲームを楽しみたい人向け

ゲーム用に設計された27インチの曲面ディスプレイです。144Hz高速リフレッシュレートのほか、画面の応答速度を向上させるオーバードライブ機能、映像処理による遅延を抑えるスルーモードの搭載などを完備。ストレスをあまり感じずにRPGやFPSを楽しむことができるでしょう。

輝度レベルを最適に調整する「フリッカーレス」設計や、ブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」機能を搭載。目にかかる負担を抑えてくれるので、長時間プレイにも最適です。

ASUS(エイスース)『ROG SWIFT PG348Q』

ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』 ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』 ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』 ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』 ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』 ASUS(エイスース)『ROGSWIFTPG348Q』

出典:Amazon

本体サイズ 幅829×奥行297×高さ558mm
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート 100Hz
応答速度 5ms
入出力端子 HDMI、DisplayPort、USB3.0入力、USB3.0出力×4、ステレオミニジャック

ゲームの世界に没頭できるウルトラワイドタイプ

34インチウルトラワイド仕様の曲面ディスプレイです。ハイレベルなゲーム環境を構築してくれる設計と機能が特徴的。

NVIDIA G-SYNC技術への対応やGamePlus機能は、ゲームを快適に進めるうえで重要な役割を担ってくれます。

また、解像度3,44×1,440、アスペクト比21:9のウルトラワイド液晶ディスプレイは圧巻! きれいな発色に長けたIPSパネルを採用しているので、臨場感も抜群です。

PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラス PTFGFA-24C』

PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラスPTFGFA-24C』

出典:Amazon

本体サイズ 幅536.66×奥行185.06×高さ406.94mm
パネルサイズ 23.6インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 21〜6ms
入出力端子 DisplayPort、HDMI、DVI-D(24ピン)

スペースを選ばず使える、コンパクトさが魅力

23.6インチと小型な画面が特徴的な曲面ディスプレイ。コンパクトなので、設置場所が限られている人に向いています。

また、複数の曲面ディスプレイを並べてレースゲームやフライトシュミレーター、FPSをプレイする際にも、コンパクトで場所をとりにくいです。そのため、最小限のスペースでも最大限にゲームを楽しむことが可能です。

Acer(エイサー)『Predator Z35 Z35bmiphz』

Acer(エイサー)『PredatorZ35Z35bmiphz』 Acer(エイサー)『PredatorZ35Z35bmiphz』 Acer(エイサー)『PredatorZ35Z35bmiphz』 Acer(エイサー)『PredatorZ35Z35bmiphz』

出典:Amazon

本体サイズ 幅844.4×奥行299.9×高さ554.5〜684.5mm
パネルサイズ 35インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 2560×1080
リフレッシュレート 200Hz
応答速度 4ms
入出力端子 HDMI、DisplayPort

スムーズな画面は、一瞬で勝敗を分けるゲームに最適

200Hzという超高速リフレッシュレートが特徴の曲面ディスプレイ。122Hz以上あればじゅうぶんとされるゲームにおいて、200Hzのリフレッシュレートは間違いなく重宝するモデル。

描画のズレがほとんどないため、一瞬の視認性が勝敗を分けるゲームで活躍することはもちろん、レース映像なども鮮明に楽しむことができます。

LG Electronics(エルジー エレクトロニクス)『38WK95C-W』

LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』 LGElectronics(エルジーエレクトロニクス)『38WK95C-W』

出典:Amazon

本体サイズ 幅897×奥行235×高さ496〜596mm
パネルサイズ 37.5インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 3840×1600
リフレッシュレート 75Hz
応答速度 5ms
入出力端子 HDMI×2、Display、USB Type-C、ヘッドホン(ステレオミニジャック)

まるで自宅が映画館!圧倒的な映像体験

37.5インチのウルトラワイドモニター搭載の曲面ディスプレイ。高解像度3,840×1,600が実現する高精度の映像美と、曲面画面だからこそ表現できるリアリティは、映画との相性が抜群です。

幅広い音源を高出力で豊かに表現する内蔵スピーカーも、映像の世界をよりリアルな描写へと昇華させてくれます。また、Mac対応のUSBポートが搭載されているのも大きな特徴。ゲームだけでなく仕事やスポーツ鑑賞など幅広い使い方ができるでしょう。

AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C24G1/11』

AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミングモニターC24G1/11』

出典:Amazon

本体サイズ 幅536.9×奥行244.86×高さ382.8mm
パネルサイズ 23.6インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
入出力端子 D-Sub15ピン、HDMI1.4×2、DisplayPort 1.2

コンパクト&ハイスペックな曲面ディスプレイ

世界トップディスプレイブランド、AOCが手がける曲面ディスプレイ。コンパクトながら、144Hzの高速リフレッシュレートと応答速度1msで、ゲームに最適な高性能型といえます。

入力端子はD-Sub15×1、HDMI×2、DisplayPort×1の合計4カ所。最大4つの機器と接続できるのも大きな魅力。サイズがコンパクトなので、複数機器でもスペースに余裕を持ってゲームをプレイできます。

Atlantis(アトランティス)『ジャパンネクスト JN-VC34100UWQHD』

本体サイズ 幅815mm×奥行250mm×高さ437mm
パネルサイズ 34インチ
アスペクト比 21:9
最大解像度 3440×1440
リフレッシュレート 100Hz
応答速度 5ms
入出力端子 DisplayPort、HDMI、DVI、オーディオ出力

マルチに活躍する、ユーティリティープレイヤー

34インチの大型曲面ディスプレイ。21:9のアスペクト比は、劇場の比率とも近いので映画鑑賞におすすめです。パネルには、画像の色彩コントラストを明確に映し出すPVAパネルを採用。映像鑑賞はもちろん、仕事や制作活動にも最適です。

ただし、解像度が3,440×1,440と高いので、最新の3Dゲームをプレイするさいには、PCのスペックに注意が必要。高速なCPUとGPUを用意しましょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MSI(エムエスアイ)『Optix MAG271CQR』
LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』
ASUS(エイスース)『Designo Curve MX34VQ』
MSI(エムエスアイ)『Optix MAG341CQ』
LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイド ゲーミングモニター 34UC79G-B』
LG Electronics『35WN75C-B』
ASUS『ROG STRIX XG35VQ』
Dell『S2721HGF』
PHILIPS『499P9H1/11』
HKC『C240W』
BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニター EX3200R』
Dell(デル)『Curved Monitor P3418HW』
AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C27G1/11』
I-O DATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタ LCD-GC271XCVB』
ASUS(エイスース)『ROG SWIFT PG348Q』
PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラス PTFGFA-24C』
Acer(エイサー)『Predator Z35 Z35bmiphz』
LG Electronics(エルジー エレクトロニクス)『38WK95C-W』
AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C24G1/11』
Atlantis(アトランティス)『ジャパンネクスト JN-VC34100UWQHD』
商品名 MSI(エムエスアイ)『Optix MAG271CQR』 LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『29WK600-W』 ASUS(エイスース)『Designo Curve MX34VQ』 MSI(エムエスアイ)『Optix MAG341CQ』 LG Electronics(エルジーエレクトロニクス)『ウルトラワイド ゲーミングモニター 34UC79G-B』 LG Electronics『35WN75C-B』 ASUS『ROG STRIX XG35VQ』 Dell『S2721HGF』 PHILIPS『499P9H1/11』 HKC『C240W』 BenQ(ベンキュー)『ゲーミングモニター EX3200R』 Dell(デル)『Curved Monitor P3418HW』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C27G1/11』 I-O DATA(アイ・オー・データ)『ギガクリスタ LCD-GC271XCVB』 ASUS(エイスース)『ROG SWIFT PG348Q』 PRINCETON(プリンストン)『ウルトラプラス PTFGFA-24C』 Acer(エイサー)『Predator Z35 Z35bmiphz』 LG Electronics(エルジー エレクトロニクス)『38WK95C-W』 AOC(エー・オー・シー)『ゲーミング モニター C24G1/11』 Atlantis(アトランティス)『ジャパンネクスト JN-VC34100UWQHD』
商品情報
特徴 144Hz対応でゲームに最適! 動画をワイド画面で楽しみたい人に Qi対応でスマホを充電できる大型ディスプレイ 大画面でゲームを楽しみたい人に リフレッシュレート144Hz対応でゲーム用に 曲面+フレームレスで高い没入感を実現 なめらかなゲーミング映像を楽しめる コスパ抜群のゲーミングモニター 大迫力の49インチ曲面ディスプレイ コスパ抜群の曲面ディスプレイモデル 素早いアクションでも、一瞬たりとも逃さない マルチタスクに最適、頼もしいビジネスパートナー 本格的にゲームを楽しみたい人におすすめ 目に優しい! 長時間ゲームを楽しみたい人向け ゲームの世界に没頭できるウルトラワイドタイプ スペースを選ばず使える、コンパクトさが魅力 スムーズな画面は、一瞬で勝敗を分けるゲームに最適 まるで自宅が映画館!圧倒的な映像体験 コンパクト&ハイスペックな曲面ディスプレイ マルチに活躍する、ユーティリティープレイヤー
本体サイズ 幅612.0×奥行266.5×高さ560.0mm 幅698×奥行209×高さ411mm 幅810.6×奥行239.7×高さ456.8mm 幅818.4×奥行197.8×高さ452mm 幅831×奥行280×高さ450~570mm(スタンド使用時) 25.1×83.2×46.3cm 83.47×31.73×46.83cm 49.32 x 60.84 x 19.04 cm - - 幅727.37×奥行86.84×高さ427.35mm 幅813.9×奥行226.4×高さ417.6~532.6mm(スタンド含む) 幅612×奥行245×高さ405mm 幅619×奥行249×高さ415〜525mm 幅829×奥行297×高さ558mm 幅536.66×奥行185.06×高さ406.94mm 幅844.4×奥行299.9×高さ554.5〜684.5mm 幅897×奥行235×高さ496〜596mm 幅536.9×奥行244.86×高さ382.8mm 幅815mm×奥行250mm×高さ437mm
パネルサイズ 27インチ 29インチ 34インチ 34インチ 34インチ 35インチ 35インチ 27インチ 49インチ 23.6インチ 31.5インチ 34インチ 27インチ 27インチ 34インチ 23.6インチ 35インチ 37.5インチ 23.6インチ 34インチ
アスペクト比 16:9 21:9 21:9 21:9 21:9 - 16:9 - - 16:9 16:9 21:9 16:9 16:9 21:9 16:9 21:9 21:9 16:9 21:9
最大解像度 2560×1440 2560×1080 3440×1440 3440×1440 2560×1080 3440×1440 3440×1440 1920×1080 5120×1440 1920×1080 1920×1080 2560×1080 1920×1080 1,920×1,080 3440×1440 1920×1080 2560×1080 3840×1600 1920×1080 3440×1440
リフレッシュレート 144Hz 56-75Hz デジタル:30~151 KHz(H)、48~100Hz(V) 100Hz 144Hz 100Hz 100Hz 144Hz - - 144Hz 60Hz 144Hz 144Hz 100Hz 144Hz 200Hz 75Hz 144Hz 100Hz
応答速度 1ms(MPRT) 5ms 4ms 8ms(GTG) 5ms - - 1ms - 6ms 21ms(GtoG 4ms) 8ms(通常)、5ms(高速) 1ms 6ms 5ms 21〜6ms 4ms 5ms 1ms 5ms
入出力端子 DP、HDMI×2、イヤホンジャック DP、HDMI×2、DisplayPort、ヘッドホン(ステレオミニジャック) HDMI×3、DisplayPort、3.5mmステレオミニジャック DP、HDMI2.0、DVI DP、HDMI×2、ヘッドホン、オーディオラインアウト HDMI×2 DisplayPort、HDMI HDMI HDMI HDMI HDMI、DisplayPort、MiniDisplayPort、イヤホンジャック HDMI、1DP、mDP、USB3.0ポート、オーディオライン VGA、HDMI×2、DisplayPort HDMI×2、DisplayPort、ヘッドホン端子、音声出力端子 HDMI、DisplayPort、USB3.0入力、USB3.0出力×4、ステレオミニジャック DisplayPort、HDMI、DVI-D(24ピン) HDMI、DisplayPort HDMI×2、Display、USB Type-C、ヘッドホン(ステレオミニジャック) D-Sub15ピン、HDMI1.4×2、DisplayPort 1.2 DisplayPort、HDMI、DVI、オーディオ出力
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする PC用曲面ディスプレイの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのPC用曲面ディスプレイの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:曲面ディスプレイランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】エキスパートのアドバイス

IT・テックライター

ゲーマーでなくても曲面ディスプレイはおすすめ

液晶ディスプレイ市場のなかで、曲面ディスプレイの占める割合は年々増加しています。曲面ディスプレイというと、ゲーム向けという印象をお持ちの方も多いでしょう。しかし、液晶ディスプレイは、大画面になればなるほど、画面の端のほうを見る場合、目との距離が離れてしまいます。

曲面ディスプレイの場合は、目との距離があまり変わらないため優位性が大きくなります。

複数台のディスプレイを横に並べて使う場合も、曲面ディスプレイはおすすめ。17インチクラスの液晶ディスプレイを使っていて、画面の狭さが気になるという人は、大型の曲面ディスプレイを導入することをおすすめします。

まとめ

PC&IT分野に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、曲面ディスプレイの選び方とおすすめの商品を紹介してきました。

ゲームであればリフレッシュレートや応答速度を、映画鑑賞であればアスペクト比や解像度を参考に目的にあった曲面ディスプレイを選ぶとよいことがわかりました。

圧倒的な臨場感と高い機能性で、あなたを没頭したい世界へと導いてくれる曲面ディスプレイ。仕事、ゲーム、映像など自分の目的にあった1台を選んで、自分だけの時間を満喫してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/06 一部本文の修正と商品情報の修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年版】ウルトラワイドモニターおすすめ15選|仕事やゲームに最適な解像度・インチを紹介

【2021年版】ウルトラワイドモニターおすすめ15選|仕事やゲームに最適な解像度・インチを紹介

プロの家電販売員のたろっささんと編集部が、ビジネスやゲームがよりしやすくなる「ウルトラワイドモニター」をご紹介します。持ち運びができる軽いPCは、画面が小さく手見にくいと感じることがあると思います。そんな時は、横幅が広いウルトラワイドモニターを導入しましょう。最近では4K5Kなども各メーカーから販売されています。本記事では選び方とおすすめの15選をご紹介するので、自分にあったウルトラワイドモニターを探してみてください。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


液晶クリーナーおすすめ11選|キレイな画面で作業しよう【ウェットタイプ・除菌タイプ】

液晶クリーナーおすすめ11選|キレイな画面で作業しよう【ウェットタイプ・除菌タイプ】

液晶クリーナーは、スマホやタブレット、パソコンなどの液晶画面をきれいにするのに役立つアイテム。指紋やほこりで汚れた画面は、見にくかったり操作しにくかったりするため、きれいにしておく必要があります。この記事では、プロの家電販売員であるたろっささんと編集部が、液晶クリーナーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年最新】Mac液晶モニターおすすめ12選|在宅作業でも効率をあげたい方に【5K・接続方法も】

【2021年最新】Mac液晶モニターおすすめ12選|在宅作業でも効率をあげたい方に【5K・接続方法も】

使っているMacのモニターが小さいと感じたり、デスクトップ型Macのメインモニターがほしい人は多いかと思います。しかし、Mac用の液晶モニターは普通のパソコンやゲーム機との違いがわからず、どうやって選んでいいかわからないのではないでしょうか。この記事ではIT・サイエンスライターの島田祥輔さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介しています。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


デュアルディスプレイモニターおすすめ11選|作業効率アップ【在宅ワークにも】

デュアルディスプレイモニターおすすめ11選|作業効率アップ【在宅ワークにも】

2台のモニターを並べて、映し出す画面を増やすデュアルディスプレイ。作業領域が広がるので、効率よく作業を進められるのが魅力です。そんな便利なデュアルディスプレイモニターですが、本体の大きさや画面のサイズなど購入には悩むところもありますよね。この記事では、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんにお話をうかがい、デュアルディスプレイモニターの選び方、アーム設置可能モデルなどおすすめ11選を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


【2020年版】4Kモニターおすすめ17選|特徴と選び方を紹介!

【2020年版】4Kモニターおすすめ17選|特徴と選び方を紹介!

ITサポートのプロフェッショナルの一瀬哲也さんへの取材をもとに、液晶パネルの種類や必要な入力端子など4Kモニターを選ぶときのポイントやおすすめ商品をご紹介していきます。4Kテレビの値段はまだちょっと高価ですが、4Kモニターは一足先に5万円以下の商品もちらほらという状態に。LGエレクトロニクス、IODATA、BenQ、PHILIPSなどメーカー各社から付加価値をつけた商品が多数発売されているので、どの商品が自分にぴったりなのか、なかなか比較して決めるのは難しいものです。この記事では、サイズやパネル種類毎のメリット・デメリットや、ゲーム機向けのモニターもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る