高校生向け通信教育のおすすめ5選|学力や志望校に合わせて選べる

高校生向け通信教育のおすすめ5選|学力や志望校に合わせて選べる

教育情報サイト「School Post」主宰・石井知哉さんへの取材をもとに、おすすめの高校生向け通信教育のおすすめサービスを紹介しました。マイペースで実力をつけていきたい人向けから、ハイレベルな問題を徹底的にこなしていきたい人向けまで、自分の学力とスタイルに合った通信教育を選びましょう。まずは、無料体験で自分に合っているか試してみるのもいいですね。


目次

この記事を担当するエキスパート

School Post 主宰
石井 知哉

東京都の塾業界にて指導歴約25年。 豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校補習から中・高・大学受験、就職試験対策まで、幅広い教科・年齢・学力層を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。 現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。 自ら教鞭を執り、多くの受験生を人気校・難関校合格に導いている。 「School Post 高校受験ナビ」等の教育系webメディアにて記事を執筆。 アイデアと文面の大半は、こよなく愛するビーグル犬との散歩中に生まれる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:サービス
花島 優史

モノ以外のサービス全般を担当。趣味~実用系のサブスクをはじめ、日常生活を快適かつ豊かにするおすすめ情報やハウツー情報までをカバーしている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

おすすめ高校生向け通信教育の比較一覧表

画像
ベネッセ『進研ゼミ 高校講座』
リクルート『スタディサプリ』
Z会『Z会の通信教育』
すららネット『すらら』
学研『学研プライムゼミ』
高校生向け通信教育名 ベネッセ『進研ゼミ 高校講座』 リクルート『スタディサプリ』 Z会『Z会の通信教育』 すららネット『すらら』 学研『学研プライムゼミ』
高校生向け通信教育情報
特徴 自分の学力や志望校によって選べるコース 一流講師による4万本もの映像授業が見放題 難関大学をめざす人向けのハイレベルな添削指導 生徒一人ひとりに合わせた学習を指導! 難関大学受験のための映像授業!
方式 テキスト教材、スマホアプリ 映像授業 iPad、テキスト教材(どちらかを選択) パソコン、タブレット 映像授業
コース 高1:3種類、高2:4種類、高3:7種類(レベル別コース) ベーシックコース、合格特訓コース 高1・高2(本科):9教科(高校コース6教科、高2実戦3教科)、大学受験生向け:7コース 3教科コース、4教科コース、5教科コース 高校1・2・3年生向け講座、東大対策講座、共通テスト対策講座など
学習サポート 動画解説(5教科3000本)、スマホで質問、進路アドバイスなど 講師監修テキストを無料でダウンロード可能 高1・高2:WEB教材「授業アシスト」、大学受験生向け:Z会Mypage、教えてZ会!(個別質問)等 質問&アナウンス機能 質問サポート
オプション オンラインスピーキング(有料)、小論文特講(有料)、電子書籍サービス(追加受講費不要) 合格特訓コース(担当コーチによる個別指導やアドバイスなど) 高1・高2(専科・特講):特定分野対策、東大入試対策、等、大学受験生向け(専科・特講):共通テスト攻略演習、基礎力完成講座、等 - 難関大基礎力完成セット、共通テスト攻略セット、分野別集中攻略セット
料金 1年生:7,000円/月(1講座)~、2年生:7,220円/月(1講座)~、3年生:9,710円/月(1講座)~(全て税込) ベーシックコース:2,178円、合格特訓コース:10,780円(全て税込) 高1・高2(本科・テキストスタイル):5,330円/月・1講座、大学受験生向け(本科・標準国公私大):5,330円(全て税込) 3教科コース:8,800円~、4教科コース:8,800円~、5教科コース:10,978円~ 9,350円(45分×5回)、11,880円(60分×5回)、17,050円(90分×5回)
無料体験 ◯(無料体験教材申し込み可能) ◯(14日間の無料体験期間あり) ◯(資料請求とともに学年別問題集を申込み可)
高校生向け通信教育リンク

高校生向け通信教育のおすすめサービス5選

教育情報サイト「School Post」でさまざまな情報を発信している石井知哉さんと編集部が選んだ、おすすめの高校生向け通信教育とその理由をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

ベネッセ『進研ゼミ 高校講座』

方式 テキスト教材、スマホアプリ
コース 高1:3種類、高2:4種類、高3:7種類(レベル別コース)
学習サポート 動画解説(5教科3000本)、スマホで質問、進路アドバイスなど
オプション オンラインスピーキング(有料)、小論文特講(有料)、電子書籍サービス(追加受講費不要)
料金 1年生:7,000円/月(1講座)~、2年生:7,220円/月(1講座)~、3年生:9,710円/月(1講座)~(全て税込)
無料体験 ◯(無料体験教材申し込み可能)

School Post 主宰:石井 知哉

School Post 主宰

自分の学力や志望校によって選べるコース

紙のテキストとスマホアプリを併用して学習するスタイルです。難易度や志望大学別にさまざまなコースがあり、学力や目標に合わせて選べるのが特徴。24時間いつでもスマホで質問ができて、わからない問題を写真で送ると解説が送られてくるなど、サポートも充実しています。

各高校の教科書にこまかく対応しているので、定期テストの対策と大学受験に向けた実力アップの両方をめざす高校生におすすめです。

※料金は毎月支払いの場合

エキスパートのおすすめ

リクルート『スタディサプリ』

方式 映像授業
コース ベーシックコース、合格特訓コース
学習サポート 講師監修テキストを無料でダウンロード可能
オプション 合格特訓コース(担当コーチによる個別指導やアドバイスなど)
料金 ベーシックコース:2,178円、合格特訓コース:10,780円(全て税込)
無料体験 ◯(14日間の無料体験期間あり)

School Post 主宰:石井 知哉

School Post 主宰

一流講師による4万本もの映像授業が見放題

一流講師による映像授業を受けながら学習するスタイルです。5教科18科目4万本と、圧倒的な本数の動画がすべて見放題なのが特徴。さまざまな教科や単元、レベルから、そのときどきに自分が必要とする授業をいつでも自由に受けられます。

授業は1回15分なので、通学の電車内やちょっとしたすきま時間を効果的に活用できます。目標に向けて、自分のペースで勉強したい高校生におすすめです。

※料金は毎月支払いの場合

エキスパートのおすすめ

Z会『Z会の通信教育』

方式 iPad、テキスト教材(どちらかを選択)
コース 高1・高2(本科):9教科(高校コース6教科、高2実戦3教科)、大学受験生向け:7コース
学習サポート 高1・高2:WEB教材「授業アシスト」、大学受験生向け:Z会Mypage、教えてZ会!(個別質問)等
オプション 高1・高2(専科・特講):特定分野対策、東大入試対策、等、大学受験生向け(専科・特講):共通テスト攻略演習、基礎力完成講座、等
料金 高1・高2(本科・テキストスタイル):5,330円/月・1講座、大学受験生向け(本科・標準国公私大):5,330円(全て税込)
無料体験 ◯(資料請求とともに学年別問題集を申込み可)

School Post 主宰:石井 知哉

School Post 主宰

難関大学をめざす人向けのハイレベルな添削指導

添削を中心に、ハイレベルな問題演習を中心に学習するスタイルです。高校の授業内容に合わせながら、1・2年生のうちから大学入試レベルの問題にふれられるのが特徴。年2回、自宅で受けられる模試を届けてくれるので、自分の実力チェックも可能です。

記述問題を多く出題する難関大学をめざして、添削指導で実力と得点力を伸ばしたい高校生におすすめです。

※料金は毎月支払いの場合

すららネット『すらら』

方式 パソコン、タブレット
コース 3教科コース、4教科コース、5教科コース
学習サポート 質問&アナウンス機能
オプション -
料金 3教科コース:8,800円~、4教科コース:8,800円~、5教科コース:10,978円~
無料体験

生徒一人ひとりに合わせた学習を指導!

学年にとらわれず、学力に応じた勉強スタイル「無学年式」を取り入れた通信教育です。過去実施された日本eラーニング大賞で文部科学大臣賞など、数々の賞を受賞しています。

不登校やADHDなどの発達障害がある方にもぴったりで、一人ひとりに合わせた学習をすることができます。ゲーム感覚で分かりやすく基礎を学べるので、集中が続きやすいですよ。わからない問題があったとしても、サポート機能が充実しておりその場で質問することができます。

また、保護者の悩みもメールやチャットで相談できるのも安心ですね。

※料金は毎月支払いの場合

学研『学研プライムゼミ』

方式 映像授業
コース 高校1・2・3年生向け講座、東大対策講座、共通テスト対策講座など
学習サポート 質問サポート
オプション 難関大基礎力完成セット、共通テスト攻略セット、分野別集中攻略セット
料金 9,350円(45分×5回)、11,880円(60分×5回)、17,050円(90分×5回)
無料体験

難関大学受験のための映像授業!

難関大学を目指す受験生のための映像授業サービスで、難関大学に対応する専門のコースをさまざまラインナップしています。学研のノウハウを生かしたテキストも用意しており、映像授業と合わせて利用することで効率的に授業を受けることができますよ。

授業はユニット単位となっており、45・60・90分×4・5回が1ユニットとなっています。自分の学力や勉強したい内容に応じて選べるので、余計な時間を割かずに利用することができますよ。

※料金は毎月支払いの場合

高校生向け通信教育の選び方

ここからは高校生向け通信教育の選び方をご紹介していきます。ポイントは下記。

【1】レベル
【2】学習内容
【3】学習スタイル
【4】料金
【5】サポート体制

これらのポイントを抑えて、ぴったりの通信教育を選びましょう。一つずつ解説していきます。

【1】レベルに合ったものを選ぶ

スマホで学習する高校生
ペイレスイメージズのロゴ

通信教育サービスにより、レベルはさまざまです。基礎を中心にしたものから、難関大受験用の教材までバリエーションが豊富なので、学力に合ったものを選ぶようにしましょう。

レベルが高すぎても低すぎても成績がアップしにくいです。一般的に基礎問題から応用問題まで取り揃えているのは『進研ゼミ 高校講座』や『スタディサプリ』。難易度が高く設定されているのが『Z会』です。

【2】学習内容で選ぶ

通信教育を利用する高校生
ペイレスイメージズのロゴ

学校の定期テストで結果を出して推薦入試や、AO入試を考えている場合は、いろんな教科を学べる通信教育がおすすめ。

一般入試で大学受験をするなら、出題科目をピンポイントで学習するようにしましょう。私立大学なら3科目ですし、国立大学なら一次試験の共通テストと二次試験の個別テストに対応する科目を学習することが必要です。

なお、大学受験では大学・学部別の対策をすることが重要になってきます。問題の傾向や対策を抑えている通信教育を利用しましょう。

【3】学習スタイルで選ぶ

オンラインで勉強する女性
ペイレスイメージズのロゴ

通学の電車内など、スキマ時間を使って利用したいならスマートフォンやタブレットを利用したオンライン学習がおすすめ。わかりやすい映像授業を受けられたり、自動添削機能で効率よく勉強できたりします。

一方、英単語のスペルを覚えたり、広いスペースに文字を書いたりしたい場合、紙のテキスト学習がいいでしょう。手を動かすことで知識が定着しやすい効果もありますよ。

【4】料金で選ぶ

料金計算する女性
ペイレスイメージズのロゴ

通信教育は、塾や家庭教師などのほかの学習サービスに比べてリーズナブルな価格となっております。ただ、サービスによって料金形態はさまざまです。複数教科まとめた価格設定があれば、1科目ごとに料金がかかることもあります。

また、一般コースに加えて、「○○大学対策」などのコースを受講する場合、別途費用が発生します。全体としていくらくらい必要になってくるのか、あらかじめ計算しておくようにしましょう。

【5】サポート体制をチェック

タブレットと筆記用具
ペイレスイメージズのロゴ

高校で習う範囲は広く、難易度も高くなっています。そのため、問題に対する解説が丁寧であっても疑問に思うことも多々あるかもしれません。その際、すぐに質問できるかがカギになってきます。『進研ゼミ 高校講座』は24時間いつでも質問できるサービスもあるので、チェックしてみてくださいね。

なお、親が子どもの学習進捗を把握するサービスがどのようなものかをチェックしておくことも大切です。

通信教育のメリット・デメリット

最初に高校生が通信教育を利用するメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

メリット

メリットからご紹介していきます。

いつでも、どこでも学習できる

バスでスマホ学習する高校生
ペイレスイメージズのロゴ

部活動を熱心に行っている学生や、長距離通学をしている学生もいることでしょう。そんな忙しい高校生にとって通信教育は、オンラインでいつでもどこでも勉強できるのが魅力。

電車の中や、お昼休憩に映像授業を1本見ることもでき、スキマ時間を有効的に活用することができますよ。通塾する必要がないので、帰宅後にご飯を食べてから勉強してもいいですし、眠くならないようにまず勉強するというのもOKです。自分のスケジュールに合わせて学習できるのがいいですね。

リーズナブルに利用できる

オンライン学習する高校生
ペイレスイメージズのロゴ

塾や予備校を利用する場合、月額数万円ほどかかることを考えると通信教育は非常にリーズナブルで、月額数千円から始めることができます。それに加えて、大学受験業界に長年身を置く専門家たちが知恵を結集させた教材を活用できるので、質が高いことは言うまでもありません。『スタディサプリ』などの映像授業では、一流の講師による講座が盛りだくさん。

基礎から応用まで対応している講座がほとんどで、定期テスト対策を行いたい方から、これから大学受験対策を行おうと考えている高校1~2年生、受験に本腰を入れる高校3年生まで、どなたも利用しやすいはずです。

自分なりの学習内容にカスタマイズできる

私立大学を受験するのか、国公立大学を受験するのかによって、受験科目が異なってきます。また難易度もさまざま。通信教育は、もちろんそれらにしっかり対応してくれますよ。苦手科目は基礎からしっかり行い、得意科目は応用問題中心に行うというようなことも可能。

私立大学や国公立大学の二次試験では、2~3科目で受験することが多いでしょう。『進研ゼミ 高校講座』『Z会』ではそれらを大学・学部別に対策することもできます。出題傾向に沿った問題を解くことで、志望大学合格に近づくはずですよ。

デメリット・注意点

次はデメリットや注意点をご紹介していきます。

自主的に勉強する必要がある

頬杖をついている女子高校生
ペイレスイメージズのロゴ

当たり前ですが、通信教育は一人で勉強することが基本になるので、自発的に勉強していかないといけません。通塾の場合は、勉強に集中せざるを得ない環境ですが、自宅や電車内では誰も強制しないので自分から進んで勉強する必要があります。

そのため、自分なりにモチベーションを持続させる方法を確立したり、勉強する時間を決めたりするのがいいかもしれませんね。例えば、学校から帰る電車内では英文法を学習する、夕食後は数学の問題を解くといった具合に、いつ、どの教科を勉強するというのを最初に決めておくというのもひとつの手です。

すぐ質問することができない

テキストで勉強する高校生
ペイレスイメージズのロゴ

学校や塾のように、疑問をその場で解決できないのはデメリット。最近の通信教育は解説がしっかりしており、基礎からひも解く内容のものも多いですが、万が一どうしても理解できないというときは困ってしまいます。疑問をそのままにしておくと、同じような問題に出くわしたとき、またミスをしてしまいますので、しっかり解消しておきたいところです。

ただ、その場で質問に対応するシステムを持っているところもあります。『進研ゼミ 高校講座』では、双方向でやり取りできるオンラインライブ授業や、いつでも質問できるサービスも展開していますよ。

ほかの生徒との意見交換などを取りにくい

通信教育では、学校で友達と学習状況を話し合うようなことが難しいです。講座によって進路や志望大の相談ができることもありますが、塾などに比べて気軽に相談できることは少ないです。

ただ、『スタディサプリ』の合格特訓コースでは、月額10,780円で専任のコーチによる学習サポートや、学習スケジュール、悩み相談などを行ってくれます。また、各教科の専門講師が問題を解説してくれることも!

高校生向け通信教育のQ&A

question icon安い通信教育サービスは?

answer icon

ご紹介した通信教育の中で、最安は『スタディサプリ』。月額2,178円から始めることができます。リーズナブルな価格でありながら、5教科18科目、4万本の一流講師による映像授業が見放題!

question icon結局、どの通信教育がおすすめ?

answer icon

目的別におすすめの通信教育をまとめたので、自分に合ったサービスを選んでくださいね。

「スマホアプリだけだと心配だから、紙のテキストも利用したい」「推薦合格を目指したい」「いつでも質問できるサポート体制がいい」「とりあえずおすすめを教えて」という方は万人にイチ押しできる『進研ゼミ 高校講座』

「スマホでスキマ時間に勉強したい」「部活と両立したい」「繰り返し学習をしたい」「安さ重視」という方には、スマホ学習で大手の『スタディサプリ』がおすすめ。

「難関大を目指している」「一般入試一本!」「テキストでしっかり問題を解きたい」「難易度の高い勉強をしたい」という方には、ハイレベルな『Z会』がおすすめ。

question icon効率的な勉強方法は?

answer icon

通信教育を利用するうえで、一番大切なことは利用し続けることです。教材をため込んだり、最後まで手をつけていなかったり、他の教材を使ったりすると学習範囲や知識にムラが出てしまうので、使い倒すことが大切。

question icon通信教育だけで大学受験に対応できる?

answer icon

通信教育だけで志望大学に合格することは可能です。いろんな通信教育サービスで大学・学部別試験の出題傾向に沿った専用の問題が作られており、十分に対策することができます。

とはいえ、苦手科目は先生に直接教えて欲しい、成績が伸び悩んでいる……ということであれば、オンライン塾やオンライン家庭教師を利用するという手もあります。詳しい情報は、下記よりチェックしてみてくださいね。

「大学受験生向けオンラインサービスのおすすめ12選」はこちら
「高校生におすすめオンライン家庭教師19選」はこちら

関連記事をチェック

無料体験も試してみよう! 教育情報サイト主宰の石井さんからひとこと

School Post 主宰

高校生におすすめの通信教育を紹介してきました。三者三様、それぞれにすぐれたポイントがあり、どれを選べばよいのか目移りすることでしょう。

高校生は3年間という限られた時間のなかで、定期テストや大学受験に向けて多くの教科を勉強することがもとめられます。重要なのは、自分の学習ペースや得意・苦手、目標をふまえて、どの通信教育が合っているかを考えることです。

そのためには、通信教育それぞれの特徴をよく知っておくことが重要。また無料体験ができるものは、正式に申し込む前に、無理のないペースで続けられるかを試してみるのもいいでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


オンライン英会話のおすすめ15選【キッズからビジネスマンまで】初心者でもリーズナブルに学べる!

オンライン英会話のおすすめ15選【キッズからビジネスマンまで】初心者でもリーズナブルに学べる!

海外で英語をペラペラ話したい、映画を字幕なしで観たいという方は多いと思います。ここでは、そんな目標に向かって着実に英語スキルをアップできるオンライン英会話サービスをご紹介します。教室で学習するという手もありますが、最近は、リーズナブルにいつでもどこでも学べるオンライン英会話に注目が集まっています。どんなサービスがいいのか分からないという方に向けて、選び方や注意すべき点なども記しているのでチェックしてみてくださいね。

tag icon 英検・TOEIC・参考書 , 英語・参考書 , 教育・学習参考書

小学生向けオンライン塾のおすすめ11選【教諭が徹底解説】自宅で学習習慣を身につけよう

小学生向けオンライン塾のおすすめ11選【教諭が徹底解説】自宅で学習習慣を身につけよう

いつでもどこでも、子どもが学習できるオンライン塾。昨今の情勢を踏まえて、塾や予備校などに行かなくても、自宅などで勉強できるため注目を集めている教育システムです。この記事では、小学生向けオンライン塾のおすすめサービスと、選び方などをご紹介していきます。文部科学省もオンラインでの学習に力を入れており、学校などの教育現場に積極的に利用してもらおうという動きを見せています。小学生のうちから慣れておけば、今後の学生生活にも有利に働くはずですよ。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌 , サービス

オンライン塾のおすすめ15選|小・中・高生向け! 【メリット・デメリットを解説】

オンライン塾のおすすめ15選|小・中・高生向け! 【メリット・デメリットを解説】

インターネット回線でPCやタブレット、スマホなどを用いて学習できるオンライン塾。子どもと相性のいい先生に出会いやすかったり、質の高い授業を受けられたりすると注目を集めています。この記事では、オンライン塾の選び方やおすすめサービスなどをご紹介していきます。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌 , サービス

タブレット学習のおすすめ13選|メリット・デメリットも解説【小・中・高生向け】

タブレット学習のおすすめ13選|メリット・デメリットも解説【小・中・高生向け】

映像と音声で情報を得るタブレット学習は、理解しやすいと人気を集めています。この記事では小・中・高生におすすめのタブレット学習のサービスや選び方、メリット・デメリットなどをご紹介します。「いろんなサービスがあってどれがいいかわからない」「子どもにぴったりなタブレット学習を選びたい」といった方はチェックしてみてくださいね!紙のテキストで学習しつつ、タブレットも使うという二刀流もありです。タブレットを利用すれば、英語の発音や、苦手教科の理解もしやすいはずですよ。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌 , サービス

中学生向けタブレット学習のおすすめ8選【メリット・デメリットも解説】続けやすい安いサービスも!

中学生向けタブレット学習のおすすめ8選【メリット・デメリットも解説】続けやすい安いサービスも!

いつでもどこでも気軽に利用できるタブレット学習。重たい教材を持ち歩かなくてもタブレットだけで勉強できるので利便性が高いと人気を集めています。この記事では、中学生向けタブレット学習のおすすめサービスと、選び方、メリット・デメリットなどを解説していきます。「部活動が忙しく、なかなか勉強する時間をとれない」「電車通学の時間も勉強に当てたい」「塾に通っているけどサブ教材として使いたい」という方にぴったりですよ。

tag icon 教育・学習参考書 , 本・雑誌 , サービス

関連するブランド・メーカー


Benesse(ベネッセ) Z会

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。