マルチツールおすすめ17選|アウトドアに必携! レザーマンも、ビクトリノックス

ビクトリノックス『エボリューションS557』
出典:Amazon
山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

アウトドアやちょっとした日常の作業用にあると便利なマルチツール。ナイフやドライバーなど多くの機能が付いています。本記事では、アウトドアライター・高橋庄太郎さんと編集部が厳選したマルチツールのおすすめ商品とその選び方をご紹介します。


マルチツールの選び方 アウトドアライターに聞く

マルチツール
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

山岳・アウトドアライター&プロデューサーの高橋庄太郎さんに、マルチツールを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。いろいろな機能がつめこまれているからこそ、どんな点に注目すればいいのかわからなくなってしまいますね。アウトドアのプロの意見をチェックして、購入の際の参考にしてみましょう。

自分に必要なツールをしぼりこむ

マルチツールを代表するメーカー、ビクトリノックスの『スイスチャンプ XAVT』がもつ機能は、なんと83! ただし、デジタルウォッチや高度計までついていて非常に興味深いですが、64mmの分厚さと351gの超重量。持ち運ぶには難ありです。

登山用として重要なツールは、以下の3つです。

1、ナイフ
2、ハサミ
3、プライヤー

ナイフは汎用性が高く、ハサミがあればパッケージの開封や怪我の際の応急処置などに便利です。さらに個人的には、プライヤーもあるとギア類の修理に非常に重宝します。必要なツールは使う人の用途や考え方次第です。

※プライヤー(はさんでつかめる・回せる工具)

使い勝手がいいものを選ぶ

マルチツールのメインとなる形状は、大きく分けて下記の2タイプに分類できます。

一つひとつのパーツを引き出して使う「アーミーナイフ」タイプ
ハンドルを開いて使う「バタフライナイフ」タイプ

アーミーナイフタイプ(代表メーカーはビクトリノックス)はハンドルが比較的細身で携行性がよく、手の中での収まりも上々です。それに対して後者のバタフライナイフタイプ(代表メーカーはレザーマン)は、太くなりますがプライヤーの機能などは利用しやすく、力を入れやすいのがメリットです。

それら以外にもブレスレットタイプやカードタイプもありますが、アウトドア用途としてはやはりアーミーナイフ状のものか、バタフライナイフ状のものが使いやすいでしょう。

使いやすいサイズのものを選ぶ

ビクトリノックスを例にとれば、ハンドルには「スモール」「ミディアム」「ラージ」があり、それぞれの長さは65mm、91mm、111mm。小さい(軽い)ものは持ち運びやすいが扱いづらく、大きい(重い)ものは扱いやすいが持ち運びにくいというのが一般的です。使いやすさと携帯性は反比例しているといえるでしょう。ミディアムサイズは両方の面でバランスがよいので、使いやすいモデルが多いようです。

もちろん、搭載する機能が多いほど重くなりがちなため、本当に必要な機能を見定め、それ以外のパーツができるだけ含まれないのを見極められれば、厚みが少なくて軽いものを選べます。

携帯性を重視するならカラビナ付きのものを

マルチツールは、常に身につけておきたいもの。そこで、カラビナやキーホルダー付きのものを選べば、常に携帯しておくことができます。

ポケットに入れて携帯するならロック機能付きが安心

マルチツールはナイフなどの尖ったツールも内臓しているため、万一のために刃物が飛び出すのを防ぐロック機能があると安心です。

【目的別】マルチツールを選ぶポイント

マルチツール
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

マルチツールを選ぶときに、ほかに知っておくといいポイントを紹介します。

登山・アウトドア用

何が起こるかわからない登山やアウトドアでは、汎用性の高いナイフやハサミの機能があるものを選ぶのがポイント。料理のために魚や果物を切る、怪我などの緊急時に布を切るなど、応用できるシチュエーションはさまざまです。

そのほか、缶きりやLEDライトがあると万が一の際にも対応できます。必須ではありませんが、重量やサイズを気にしないのであれば、これらが付属しているものを選んでみましょう。

旅行・自宅用

日常生活でふと気になるのが爪の伸び。一度気になるとそわそわして落ち着かない方も多いのではないでしょうか。

爪切りや爪とぎが付属しているものなら、その場ですぐにお手入れできます。マルチツールのひとつとして付属していれば、旅行先で爪が気になったときもササッと処理できますね。爪が気になって作業に集中できない、旅行が楽しめない、ということを防ぐためにあると便利です。

自転車・バイク旅用

自転車やバイク旅ではトラブルがつきもの。出発時には万全の状態でも、走行中の振動や衝撃によってねじがゆるむことはよく起こります。そんなときに便利なのがドライバーつきのマルチツール。

たとえば自転車では、ハンドル、ブレーキやマウントなど、パーツによってドライバーのサイズが異なります。ドライバーセットを持ち歩いてもいいのですが、使わないものも多いために荷物が増えてしまいます。そこで必要最小限のツールが用意されたマルチツールがあれば、荷物を減らしつつ何かあったときは即座に対処することができます。

長く愛用できるものをじっくり選びましょう アウトドアライターからのアドバイス

マルチツール
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

マルチツールというものは、使用される金属の良し悪しによって耐久性が大きく左右されるため、同程度の機能やサイズ感のものならば、価格が高いほど上質である可能性が高いといえます。また、金属製品の加工には高度な技術が必要とされるため、定評ある老舗ブランドのほうが買い物に失敗することは少ないでしょう。

しかし、新しいブランドにはおもしろい発想でもの作りに取り組んでいるところも多く、そういった製品を試してみるのも楽しいものです。一度手に入れれば長く使えるものですので、じっくりと自分好みのものを探しましょう。

マルチツールおすすめ17選 厚み・長さ・機能の数もチェック!

ここまで紹介したマルチツールの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。機能やサイズに注目して、納得の1つをみつけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクトリノックス『エボリューションS557』

ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『エボリューションS557』

出典:Amazon

厚み 28mm
長さ 85mm
重量 128g
機能数 21

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

収まりがよく普段使いでも便利

ハンドルには握った際にグリップ感を高める凹凸がついており、全長85mmというミディアムサイズながら手になじむ形状です。その内部には21もの機能があり、ナイフ、ハサミ、プライヤーほか、レンチやプラス・マイナスのドライバーも充実しています。

とくに、はさみはこまかな波刃になっており、一般的なマルチツールに付属しているものと比べると切れ味はバツグン! ひとつあれば普段の生活でも便利なことは間違いないでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクトリノックス『クラシックSD』

ビクトリノックス『クラシックSD』 ビクトリノックス『クラシックSD』 ビクトリノックス『クラシックSD』 ビクトリノックス『クラシックSD』 ビクトリノックス『クラシックSD』 ビクトリノックス『クラシックSD』

出典:Amazon

厚み 9mm
長さ 58mm
重量 21g
機能数 7

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

じつは出番がいちばん多い? ミニマムタイプ

大人の小指よりも小さい、長さ58㎜、厚み9㎜のマルチツール。しかしナイフとはさみに加え、爪やすり、ピンセット、つまようじなど、7つもの機能を搭載しています。あまりに小型なので力を入れた作業はしにくいですが、その代わりに重量はたった21gで携帯性は上々。手頃な価格も魅力的です。

アウトドアではメインのナイフやマルチツールに加え、いつもポケットに入れて持ち歩くサブツールとしても重宝します。普段の生活ではキーホルダー代わりに使用しつつ、いざという時にはその機能を活かすことがもできるので、1つ持っていると安心です。その結果、メインのマルチツールより活躍の機会が多いツールといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レザーマン『WAVE Black』

レザーマン『WAVEBlack』 レザーマン『WAVEBlack』 レザーマン『WAVEBlack』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 100mm(フライヤー収納時)
重量 241g
機能数 17

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

発売から30年、進化を続ける大定番

100mmのハンドルやナイフのブレードに使われているのは、ステンレススチール。メンテナンスしながら使えば一生ものとなる頑丈な逸品です。17の機能の中でメインといえるのは、本格的な作業もできる大型のプライヤーと74mmのナイフ。さらに小型のハサミも付属していますので、これらがあれば山中での修理や普段の各種工作がはかどるでしょう。

241 gと軽くはありませんが、メガネ用の超小型プラス・マイナスドライバーまでついており、いざというときに頼りになります。改良しながら販売され続け、プライヤー型マルチツールの中で累計販売数トップを誇る「定番中の定番」です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レザーマン『スケルツールCX』

レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『スケルツールCX』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 100mm(フライヤー収納時)
重量 142g
機能数 7

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

肉抜きされたスタイリッシュなデザイン

ハンドルにステンレススチールとカーボンファイバーが使用され、大小の穴が空けられているのが特徴のマルチツールです。このデザインによって100mmのハンドルながら142gという軽量化と、スタイリッシュなルックスを実現。使うのが楽しいデザインになっています。

プライヤーを中心とした機能は7つと多くはありませんが、ナイフは根本だけが波刃になる、クリップでウェアのポケットなどに固定できるなどの工夫がなされていて、使いやすさはなかなかのものです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レザーマン『LEAP(リープ)』

レザーマン『LEAP(リープ)』 レザーマン『LEAP(リープ)』 レザーマン『LEAP(リープ)』 レザーマン『LEAP(リープ)』 レザーマン『LEAP(リープ)』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 83mm(フライヤー収納時)
重量 138g
機能数 13

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

機能と重量、サイズ感のバランスが見事

このモデルのおもしろいところは、はじめの段階ではナイフがついておらず、「後づけ用」として別にナイフが付属していること。ナイフをつけないで使用すれば、飛行機内に持ち込むこともでき(アメリカの場合。日本は未確認)、子どもが使う場合でもけがの心配が少なくなります。ナイフを取りつけたとしてもロック機能が有効にはたらくため、万が一不用意に扱っても安全性が高い構造となっています。

ハンドルは軽量なガラス強化ナイロンで、全長83mm、重量138gながら、ハサミやプライヤーも付属しています。重量、サイズ、機能のバランスが非常によく、はじめて買うマルチツールとして自信をもっておすすめできるモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GERBER『ダイム』

GERBER『ダイム』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 70mm(収納時)
重量 約62.4g
機能数 11

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

プライヤーつきでも、こんなに小さく

ストレートブレードのナイフのほかに、先端がフックのようになったパッケージ開封用ナイフもつき、小型プライヤーとハサミもプラス。11の機能を備えながら、全長108mm、62.4gという携帯性を実現しています。

ただし、これだけ小型のボディに多くの機能を盛り込んでいるため、強度が高いとはいえません。メインのマルチツールを用意したうえで、サブとして使うのがいいでしょう。価格もお手頃ですので、ひとつ持っていても損はないはずです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SWISS+TECH『ポケットマルチツール』

SWISS+TECH『ポケットマルチツール』 SWISS+TECH『ポケットマルチツール』 SWISS+TECH『ポケットマルチツール』 SWISS+TECH『ポケットマルチツール』 SWISS+TECH『ポケットマルチツール』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ -‐
重量 -‐
機能数 12

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

手頃な値段で初めてのマルチツールにおすすめ

12の機能を搭載したマルチツール。プライヤーつきで、ナイフはストレートと波刃のふたつが用意され、ドライバー類も充実しています。

無骨なデザインが多いマルチツールには珍しく、丸みを帯びたやわらかな印象のフォルムが特徴。値段も手ごろで初心者でもお求めやすいといえます。強度が高い本格的なマルチツールを手に入れる前に、お試しとして使ってみるのもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハイマウント『トゥルーユーティリティー DAWG(ダウグ)』

ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』 ハイマウント『トゥルーユーティリティーDAWG(ダウグ)』

出典:Amazon

厚み 25mm
長さ 80mm(収納時)
重量 約40g
機能数 14

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

キーホルダーとしても使える個性派

全長80mmのステンレススチールのハンドルと、ナイフ、ヤスリ、スパナ、ドライバーなどの機能を持つユニークな形状のブレードが特徴のマルチツール。ブレードの分とあわせて14の機能があります。鋭利な部分もありますが、半回転させてハンドルと一体化させるとけがをしにくい状態で保管できます。

端につけられたカラビナ(開閉できる部分がついた金属リング)を使ってキーホルダーとしても使えるほか、ハンドルにはセンチとインチの定規もついているので、工作時などに役立ちます。

ビクトリノックス『スーパーティンカー』

ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』

出典:Amazon

厚み 17mm
長さ 91mm
重量 84g
機能数 14

汎用性の高い定番商品の一角

大小2種のナイフやハサミ、プラスドライバー2種など、トラベル用途で使いやすい定番ツールが集まったマルチツールです。91mmのミディアムサイズで重量は84gと、持ち運びやすさと使いやすさを両立しており、携帯しても負担になりません。

キーリングつきなので自宅の鍵を取りつけるなど、日常使いにも向いてます。

クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』

クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』 クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』 クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』

出典:Amazon

厚み 20mm
長さ 約73mm(キーホルダーを除く)
重量 115g
機能数 12

さまざまな場面で活躍できる緊急用マルチツール

災害時や遭難時に使いやすいLEDライト付きのマルチツール。スマホが普及している昨今では、LEDライトは不要と考える人も多いようですが、電源などを考慮するとライトは別にあったほうがいざというときに便利です。ホイッスルもついているので、緊急時の対策は万全。

ふだん使いも可能ですが、非常用持出袋などに入れておくのにも向いています。サビに強いバナジウムステンレス鋼製のため、長い間手入れをしなくても使えます。

ビクトリノックス『スイスカード』

ビクトリノックス『スイスカード』 ビクトリノックス『スイスカード』 ビクトリノックス『スイスカード』 ビクトリノックス『スイスカード』

出典:Amazon

厚み 4.5mm
長さ 82mm
重量 26g
機能数 10

収納しやすいカードタイプ

厚さ4.5mmのカードタイプのマルチツール。SuicaやPASMOのような交通系ICカードの厚みが1mmですので、それと比べても非常にうすいことがわかると思います。

日常使いに便利なハサミ、爪切り、ピンセットに加えてボールペンなども付属しているので、外出時などには緊急時用としても使える心強い味方です。

レザーマン『SIDEKICK』

レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『SIDEKICK』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 97mm(プライヤー収納時)
重量 198g
機能数 14

アウトドアを楽しむ人にぴったりの14機能

おもにアウトドア用途にそろえられたマルチツール。ペンチやワイヤーカッターが付属しており、釣り針の手入れや釣糸のカットなどでも活躍します。

メインのツールとして、のこぎりと直刃ナイフがついているので、釣った魚の調理に使えるなど、アウトドアを楽しむための機能が満載。カラビナ付きでカバンやズボンなどに取りつけられるため、携帯性にもすぐれています。

レザーマン『STYLE PS』

レザーマン『STYLEPS』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 75mm(プライヤー収納時)
重量 45g
機能数 8

小型で軽量、携帯性にすぐれたマルチツール

ニードルプライヤー、ワイヤーカッターをメインとした小型軽量タイプのマルチツール。重量45g、長さ75mmのサイズに、ハサミやピンセットなど日常使いできる8機能がそろっています。

ナイフがついていないためアウトドアなどには不向きですが、補助工具としては使いやすいタイプです。カラビナ付きで携帯性にすぐれているのもうれしいポイント。

GERBER『サスペンション マルチプライヤー』

GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』 GERBER『サスペンションマルチプライヤー』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 100mm
重量 約188g
機能数 14

GERBERの独自技術が詰まった高い作業性

独自技術「Saf.T.Plusロック」が特徴のマルチツール。ナイフなどのツールをロックできるので安全に使うことができます。チタンコーティングのステンレスハンドルは、GERBER独自の握りやすい形状で持ちやすいため、作業のしやすさはばつぐんです。

プライヤーやナイフが目立ちますが、缶きりや栓抜きなどのちょっとした用途にも使える機能がそろっています。

WORKPRO『フォールディング マルチツール』

WORKPRO『フォールディングマルチツール』 WORKPRO『フォールディングマルチツール』 WORKPRO『フォールディングマルチツール』 WORKPRO『フォールディングマルチツール』 WORKPRO『フォールディングマルチツール』

出典:Amazon

厚み -‐
長さ 94mm(閉めた状態)
重量 240g
機能数 15

雨の日もOK! 多機能で安全なバランスタイプ

ナイフからペンチまで網羅したバランスのいいマルチツールです。耐久性にすぐれたステンレス製で水に強いのが特徴。その分少し重たいですが、15機能と多機能な点をふまえると納得できる重量ではないでしょうか。

専用のポーチがついているので、収納時にツールが飛び出してけがをする心配も少なくなります。とくにお子さんがいる家庭などでは安心ですね。

ツカダ『Key-Quest』

ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』 ツカダ『Key-Quest』

出典:Amazon

厚み 2.5mm
長さ 62mm
重量 10.5g
機能数 6

飛行機にも持ち込める鍵型マルチツール

マルチツールにはナイフがついたものが多く、飛行機内には持ち込むことができません。そのため、うっかり愛用のマルチツールを没収される人も珍しくないとか。

それを解消したのが『Key-Quest』。鍵型をした珍しいタイプですが、釣糸も切れるラインカッターや栓抜き、ナット回しなどユニークな機能がつめこまれています。一般的な鍵と同じ大きさであり、キーケースに入れることが可能な、高い携帯性を誇る商品です。

中林製作所『冒険倶楽部 携帯型ツール 7徳スプーン&フォーク付ナイフ』

中林製作所『冒険倶楽部携帯型ツール7徳スプーン&フォーク付ナイフ』

出典:Amazon

厚み 33mm
長さ 113mm(収納時)
重量 約175g
機能数 7

フォークもスプーンもひとつで同時に

すべての機能がアウトドアに特化したマルチツールです。栓抜き、缶きり、ナイフ、コルク抜きなどの機能があり、料理にも適しています。

特筆すべき点はスプーンとフォーク。これらがついたマルチツールはほかにもありますが、この商品はスプーンとフォークを持ち手つきで分離することができます。それぞれお肉やスープといった別々の食事で使えて、個別に持ち歩く必要がないため利便性が高い商品です。

「マルチツール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ビクトリノックス『エボリューションS557』
ビクトリノックス『クラシックSD』
レザーマン『WAVE Black』
レザーマン『スケルツールCX』
レザーマン『LEAP(リープ)』
GERBER『ダイム』
SWISS+TECH『ポケットマルチツール』
ハイマウント『トゥルーユーティリティー DAWG(ダウグ)』
ビクトリノックス『スーパーティンカー』
クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』
ビクトリノックス『スイスカード』
レザーマン『SIDEKICK』
レザーマン『STYLE PS』
GERBER『サスペンション マルチプライヤー』
WORKPRO『フォールディング マルチツール』
ツカダ『Key-Quest』
中林製作所『冒険倶楽部 携帯型ツール 7徳スプーン&フォーク付ナイフ』
商品名 ビクトリノックス『エボリューションS557』 ビクトリノックス『クラシックSD』 レザーマン『WAVE Black』 レザーマン『スケルツールCX』 レザーマン『LEAP(リープ)』 GERBER『ダイム』 SWISS+TECH『ポケットマルチツール』 ハイマウント『トゥルーユーティリティー DAWG(ダウグ)』 ビクトリノックス『スーパーティンカー』 クライシス『LED&ホイッスル付多機能ツールS』 ビクトリノックス『スイスカード』 レザーマン『SIDEKICK』 レザーマン『STYLE PS』 GERBER『サスペンション マルチプライヤー』 WORKPRO『フォールディング マルチツール』 ツカダ『Key-Quest』 中林製作所『冒険倶楽部 携帯型ツール 7徳スプーン&フォーク付ナイフ』
商品情報
特徴 収まりがよく普段使いでも便利 じつは出番がいちばん多い? ミニマムタイプ 発売から30年、進化を続ける大定番 肉抜きされたスタイリッシュなデザイン 機能と重量、サイズ感のバランスが見事 プライヤーつきでも、こんなに小さく 手頃な値段で初めてのマルチツールにおすすめ キーホルダーとしても使える個性派 汎用性の高い定番商品の一角 さまざまな場面で活躍できる緊急用マルチツール 収納しやすいカードタイプ アウトドアを楽しむ人にぴったりの14機能 小型で軽量、携帯性にすぐれたマルチツール GERBERの独自技術が詰まった高い作業性 雨の日もOK! 多機能で安全なバランスタイプ 飛行機にも持ち込める鍵型マルチツール フォークもスプーンもひとつで同時に
厚み 28mm 9mm -‐ -‐ -‐ -‐ -‐ 25mm 17mm 20mm 4.5mm -‐ -‐ -‐ -‐ 2.5mm 33mm
長さ 85mm 58mm 100mm(フライヤー収納時) 100mm(フライヤー収納時) 83mm(フライヤー収納時) 70mm(収納時) -‐ 80mm(収納時) 91mm 約73mm(キーホルダーを除く) 82mm 97mm(プライヤー収納時) 75mm(プライヤー収納時) 100mm 94mm(閉めた状態) 62mm 113mm(収納時)
重量 128g 21g 241g 142g 138g 約62.4g -‐ 約40g 84g 115g 26g 198g 45g 約188g 240g 10.5g 約175g
機能数 21 7 17 7 13 11 12 14 14 12 10 14 8 14 15 6 7
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月20日時点 での税込価格

マルチツールはあなたの困りごとを解決するアイテム まとめ

マルチツール
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

山岳・アウトドアライター&プロデューサーである高橋庄太郎さんにお話をうかがい、マルチツールの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。マルチツールは、サイズ、機能、重量など実際に手に取って使ってみないと実感できない項目が多いのも事実ですが、まずは第1段階の選択の参考として、本記事がみなさんの商品選びに役立てば幸いです。

マルチツールが本領を発揮するのは、困りごとをスマートに解決するとき。その瞬間が一番持っていてよかったと実感できます。これから訪れる未知の問題を解決できるよう、自分にピッタリの商品を探してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/08/20 コンテンツ修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

キャンプや狩猟などでよく使われる鉈(なた)。おもに火おこしに使用する薪割りなどで重宝されています。キャンプではまず火をおこせるようにならないといけませんが、そのままの木材を燃料として使うのは困難です。木材を適切な大きさに切断・加工できる鉈は、キャンプではとても便利なアイテムです。しかし、鉈といっても形・大きさ・重量など、さまざまなものがあり、ベストなものを選ぶのはキャンプに慣れた上級者でないと難しいでしょう。本記事では山岳写真家として知られる荒井裕介さんへの取材をもとに、鉈の選び方やおすすめの商品をご紹介します。


多機能ナイフおすすめ6選|登山・キャンプなどアウトドアで必須の万能ツール

多機能ナイフおすすめ6選|登山・キャンプなどアウトドアで必須の万能ツール

マルチツールナイフとは装備が充実した多機能型ナイフのこと。マルチツールナイフはキャンプではもちろんツーリングや登山などさまざまなシーンでも使うことができるので、アウトドアにはぜひ持っておきたい装備のひとつです。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだマルチツールナイフのおすすめ商品と選び方についてご紹介します。


ビクトリノックスナイフおすすめ11選│クラシック、スイスモダンなど厳選

ビクトリノックスナイフおすすめ11選│クラシック、スイスモダンなど厳選

ナイフには切る、刻む、むく、そぐ、つぶすなどたくさんの役割があります。ビクトリノックスはそれぞれの食材に合ったナイフを開発。ここでは、料理家・栄養士・国際中医薬膳師である竹内ひろみさんと編集部が選んだ、ビクトリノックスのナイフのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


アーミーナイフ(十徳ナイフ)おすすめ8選|キャンプ・登山で活躍!

アーミーナイフ(十徳ナイフ)おすすめ8選|キャンプ・登山で活躍!

ツールナイフや十徳ナイフ(じっとくナイフ)とも呼ばれ、キャンプや登山などのアウトドアで活躍するアーミーナイフ。ナイフのほかに栓抜きやドライバーなど、さまざまなツールがついているのが特徴です。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだおすすめのアーミーナイフと選び方についてご紹介します。


電工ナイフおすすめ10選|電気工事士試験・ケーブル加工・DIYの必需品

電工ナイフおすすめ10選|電気工事士試験・ケーブル加工・DIYの必需品

電気工事のケーブル加工をする際に使用する「電工ナイフ」。折りたたみタイプや固定刃タイプ、グリップの素材や刃の素材など、さまざまな商品があります。自分がおもに行なう作業にはどのような商品が向いているのか、商品の特徴ごとに選び方や、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部のおすすめ商品をご紹介します。お手入れ方法などについても触れていますので、長持ちさせるための参考にしてみてください。電気工事の相棒となるような商品が見つかることでしょう。


新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る