A4【モバイルプリンター】のおすすめ5選|ITサポートエンジニアが商品の選び方を解説

A4【モバイルプリンター】のおすすめ5選|ITサポートエンジニアが商品の選び方を解説

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー:古賀 竜一
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー
古賀 竜一

中小企業庁 ミラサポ専門家派遣 登録専門家。 ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。 オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。 個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。 メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

外出先で書類や写真などを気軽に印刷できるモバイルプリンター(A4対応・ビジネス向け)。用途によっておすすめの機種にちがいがあることを知っていれば、店頭にいろいろな機種が並んでいても、どれを選べばよいか迷わずにすみます。そこでITサポートエンジニア・古賀竜一さんにお話をうかがい、モバイルプリンターの選び方とおすすめ機種についてお聞きしました。IT機器に詳しい古賀竜一さんの選び方を参考にして、自分に向いているモバイルプリンターを見つけてくださいね。後半に価格帯別のプリンターも紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。


モバイルプリンターとは?

さまざまなプリンターが市販されていますが、モバイルプリンターとそれ以外のプリンターの明確な線引きはどのあたりにあるのでしょうか?

写真をプリント中のモバイルプリンター

モバイルプリンターはそのなかでもサイズや性能などバリエーションが豊富にあります。オフィス内での使用を考えるなら、スキャン機能もついた複合機が便利でしょう。

持ち運びができる便利なプリンター

モバイルとは、「可動性の」「動きやすくて」のような意味の英語、mobileのこと。つまり、直訳するなら「可動性の、持ち運べるプリンター」といった意味になります。あちこちに移動して使用するプリンターと言いかえてもよいでしょう。

持ち運べる、というあいまいな言い方だと腕力によって差が出てしまいます。一般的には、2Kg程度までの移動可能なプリンターをモバイルプリンターといいます。

Brother(ブラザー)『PocketJet PJ-663』

印字速度は約9.4秒/枚。なんといっても、593gと軽量コンパクトな抜群の携帯性。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

A4サイズまでの印刷を想定

モバイルプリンターで、重さとともに気になるのが印刷能力です。とくにどの大きさの紙に対応しているかは、使用場面可能シーンにも直結する重要なポイントです。

モバイルプリンターとして市販されている製品は、大きくてもA4サイズまでの印刷までを想定しています。逆に小さいサイズは、レシートサイズやA7、写真サイズなど製品によってバリエーションがあります。

業務用アプリケーションと連動し、出先で帳票やレシートが出力できるものもあります。

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 250 Mobile AiO』

A4、A5、A6、B5など印刷・スキャン・コピーがおこなえる複合機。さらに、オプションのバッテリで、電源がない環境でも最大415枚の印刷が可能。

>> 楽天市場で詳細を見る

モバイルプリンターの選び方|ITサポートエンジニアに聞く

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんに、モバイルプリンターを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

出力中のプリンタ

Photo by Joshua Fuller on Unsplash

小さくても実力は本格派。モバイルプリンターは高精細の写真プリントもこなす。

携帯性で選ぶ!

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

大きさや重量は大切なポイント

モバイルプリンターはその名のとおり、おもにモバイル用途で使用されるプリンターです。そのため、持ち運びやすさは重視されます。大きさや重量は、その部分でチェックしておきたい点です。

しかし持ち運ぶ頻度次第で、大きさや重量はさほど問題にならない場合もあり、出先で必要な操作性や機能を重視して選ぶという考え方もあります。

EPSON(エプソン)『PX-S05』

サイズや重量がコンパクト仕様で、頻繁に持ち運ぶ用途に適している。出先で必要となる設定や操作をサポートする機能も装備。

>> Amazonで詳細を見る

求める機能を考える!

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

用途から必要な機能を探そう!

モバイルプリンターで、おもにどのような印刷を行うのか、その印刷に適した機能を重視して選択します。「文書だけ」「資料をカラーで出力したい」「写真も印刷したい」など想定はさまざまだと思います。

たとえば、写真が必要な場合はインク色の多いカラー印刷重視のものにするなど、求める機能に適した機種を選択したほうがよいでしょう。

Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』

インク色は5色、Wi-Fi対応など通常のプリンターに必要な機能は備わっており、オールマイティーに使えるモバイルプリンター。

>> Amazonで詳細を見る

維持管理のしやすさを重視!

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

インクが入手しやすい機種も大事な要素

モバイルプリンターのインクや周辺機器は、機種によっては入手しづらい場合があります。そのため、インクが入手しやすい機種を選択したほうが維持管理がスムーズです。

出先でインク探しのために奔走したのでは、余計な手間や経費がかかるばかりで本末転倒です。また、バッテリーは消耗品ですから交換の際に安価で入手しやすいものがよいでしょう。

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』

ヘッド一体型インクはほかの一般的なインクジェットプリンターと共通のため、インク入手もしやすく取り換えもかんたん。

>> Amazonで詳細を見る

見落としがちだけど重要! モバイルプリンターの選び方

モバイルプリンターを選ぶときに、ほかに知っておくといいポイントを紹介します。

モバイルプリンターのなかには画像の加工やエフェクトが可能なモデルもある。

電源タイプ|バッテリー対応が必要かを検討

モバイルプリンターの電源タイプは、「AC電源タイプか」「バッテリー対応タイプか」の2種類です。外出先とはいっても、印刷する場面で電源を確保できる場所ばかりなら、AC電源型でも問題ありません。逆に、モバイルプリンターを使うときに電源のそばにいないことが多いと考えられる場合は、バッテリー対応タイプでないと困ります。

ビジネス用途で取引先での印刷がメインの使い方なら、バッテリ対応タイプがスマートです。「旅行先で撮影した写真を印刷したいけど、印刷はホテルでする」という場合はAC電源タイプを選んでも問題ありません。

基本的にはバッテリー対応タイプが無難ですが、コストとの兼ね合いでしっかり検討しましょう。

印刷方法|カラー:インクジェット 白黒:感熱式

モバイルプリンターは、印刷方法によってメリット・デメリットに違いがあります。インクジェットプリンターは安価で購入できますが、インクカートリッジが高い場合がありランニングコストがかかります。

感熱式は、消耗品が紙だけなのでランニングコストが比較的安く、大きさもコンパクト。しかし、購入価格は相対的に高く、カラー印刷の場合は紙代が高くなるという弱点もあります。

ビジネス印刷などでモノクロ印刷ばかりの場合は感熱式、出先でカラー写真を印刷したい場合はインクジェットプリンターを第一候補にして検討をはじめるとよいでしょう。

モバイルプリンター5選|ITサポートエンジニアのおすすめ

ここまで紹介したモバイルプリンターの選び方のポイントをふまえて、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』

出典:Amazon

商品重量
約2.0kg
サイズ
約W322×D185×H62mm
タイプ
カラー、モノクロ
電源
AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ
A4~A5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、長形封筒3号/4号、はがき
給紙タイプ
後トレイ
最高解像度(dpi)
9,600(横)×2,400(縦)
Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

オールマイティーに使えるモバイルプリンター

大きさや重量としては、絶えず携帯するといった用途よりも、設置場所を変える環境に向いています。インク色は5色、Wi-Fi対応など通常のプリンターに必要な機能は備わっていますので、コンパクトな据え置きプリンターとしても使えるでしょう。

省スペースをできる限り求める環境にも適しています。営業活動や学生のサークル活動、イベントの現場、会議などビジネスからホームユースまでオールマイティーに使えるモバイルプリンターです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』

出典:Amazon

商品重量
2.1kg
サイズ
約W364×D186×H69mm
タイプ
ISOカラー、ISOモノクロ
電源
AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ
A4、A5、A6、B5(JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき
給紙タイプ
後トレイ
最高解像度(dpi)
モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200
Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

一般的なプリンターのように自然に使える

このモバイルプリンターは、モバイル用という特殊性を意識することなく自然に使用できます。それは、ヘッド一体型インクはほかの一般的なインクジェットプリンターと共通のため、インク入手もしやすく、取り換えもかんたん。

インク共通のHP製プリンターをほかにも使用していれば、インクストックも共通化できて便利です。サイズや重量はそこそこありますが、ACアダプタ式ではなくコンセント電源方式ですから、持ち運ぶ際にはかさばりません。仕事で印刷する機会が多い方のプリンターサブ機としてもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EPSON(エプソン)『PX-S05』

出典:Amazon

商品重量
約1.6kg
サイズ
約W308×D232×H217mm
タイプ
カラー、モノクロ
電源
AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ
A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか
給紙タイプ
背面MPトレイ
最高解像度(dpi)
5,760×1,440
Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

本格的モバイル用途に最適

このモバイルプリンターは、サイズや重量がコンパクト仕様になっていて、頻繁に持ち運んで使用するモバイル用途に適しています。出先で必要となる設定や操作をサポートする機能も装備しています。

液晶モニタつきで操作性もよく、モバイルバッテリーからの充電が可能など、外でもじゅうぶんにプリンター印刷が可能です。ビジネスなど出先で紙媒体を必要としている方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Brother(ブラザー)『PocketJet PJ-663』

商品重量
約593g(バッテリー含む)
サイズ
W255×D55×H30mm
タイプ
感熱紙
電源
ACアダプター、カーアダプター、ニッケル水素充電池(Ni-MH充電池)、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池)
使用可能サイズ
Legal、Letter、A4、A4幅ロール紙、カスタム
給紙タイプ
手差し
最高解像度(dpi)
300×300
Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

携帯できるプリンター

このプリンターは幅が小さく、重量は600g以下。「持ち運び」と「携帯する」ことがより当てはまるプリンターです。

感熱紙仕様のため、緊急時でもインク切れやヘッドつまりで印刷できなくなることがありませんので、不定期で使用してもじゅうぶん活躍します。おもに、出先で緊急に印刷の必要がある方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 250 Mobile AiO』

出典:Amazon

商品重量
3.06kg
サイズ
W380×D198×H91mm
タイプ
ISOカラー、ISOモノクロ
電源
AC100~240V、50/60Hz
使用可能サイズ
A4、A5、A6、B5 (JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき
給紙タイプ
後トレイ
最高解像度(dpi)
モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200
Thumb lg 8299a5f4 5e88 4915 8454 68600283da0c
九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

コンパクトサイズな複合機

複合機でありながら、モバイルと銘打っているだけあって一般的な複合機よりもかなりコンパクトなサイズです。スマホ対応でバッテリー駆動もできるため、モバイルプリンターとしての本領も発揮できますし、必要なときに必要な場所へ移動して使うのにも適しているでしょう。

一般的な複合機並みの機能を持っていますので、コンパクトサイズの据え置きプリンターとしても活用できます。

ITサポートエンジニアの「ここがポイント」|モバイル用途の範囲の想定を明確にする

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

あなたが大切にしたいポイントは携帯性? 機能性?

モバイルプリンターは、持ち運びの頻度が多い場合、できるだけコンパクトなものがよいのは言うまでもありません。しかし、据え置きプリンターとして使う頻度のほうが多い場合や機能的に一般的なプリンター同等のものがほしい場合は、サイズアップを多少妥協して機能的に充実したものを選ぶ必要があります。

モバイル用途としてどこまで機能的なものを求めているかを明確にすることで適切な機種選びができます。

その他モバイルプリンター2選|ビジネス向け・A4用紙プリント用

モバイルプリンターでA4サイズに対応したものをさがすなら、このあたりの製品が使い勝手がよいです。

EPSON(エプソン)『PX-S06』

出典:Amazon

商品重量
約1.7kg(外付けバッテリー装着時:約2.0kg)
サイズ
W309×D159×H61mm(収納時)
タイプ
カラー、モノクロ
電源
AC100-240V±10% 周波数50/60Hz
使用可能サイズ
A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか
給紙タイプ
背面MPトレイ
最高解像度(dpi)
最高:5,760×1,440dpi

持ち運びやすい形の本格モバイルプリンター

モバイルプリンターは、持ち運べるという前提があるために大きさや機能に制限があるケースも少なくありません。

本製品は、外付けバッテリーを付けても2kgで大き目のビジネスバッグにいれて持ち運べるサイズながら、据え置きのプリンターにも負けない多様な種類のプリントに対応しています。

使用する紙も普通紙が使用でき、A4サイズにも対応。ミーティングや打ち合わせ先での資料印刷に活躍してくれることでしょう。

Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』

出典:Amazon

商品重量
約480g(充電池型コネクタ装着時)、約610g(充電池装着時)
サイズ
W255×D55×H30mm
タイプ
感熱紙
電源
ACアダプター、カーアダプター、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池)
使用可能サイズ
A4、A4ロール紙、A5、レター、リーガル、カスタム
給紙タイプ
手差し
最高解像度(dpi)
300×300

印刷スピードとバッテリー性能の向上でより便利に

USB接続専用の感熱紙式モバイルプリンター。軽量コンパクトで印刷スピードも速く、ビジネス利用の多いブラザーの機種です。

従来機のPJ-600シリーズと比べて、バッテリー性能および印刷スピードが向上しており、さらに魅力的な製品になっています。取引先で書類を印刷することが多いビジネスパーソンに向いている機種です。

USB接続専用の本製品以外にも、PJ-700ではBluetooth対応機、無線LAN対応機などもラインナップされています。

その他モバイルプリンター5選|スマホ写真プリント用

写真やシール用などコンパクトサイズのプリント向け製品を探すなら、こちらの5商品が人気です。

3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』

出典:Amazon

商品重量
186g(本体のみ)
サイズ
W120×D74×H22.8mm
タイプ
専用紙(カラー)
電源
付属の専用USBケーブルにて充電
使用可能サイズ
50mm×76mm
給紙タイプ
専用紙をセット
最高解像度(dpi)
313

スマホでさまざまな加工をして印刷

スマホで撮影した写真を専用アプリで好きなように加工してから印刷を楽しめる、スマホ専用のモバイルプリンター。アプリで加工した画像に音声データをつけて、QRコードでシェアも可能です。(QRコードの保存期間は1年)

InstagramなどSNSで写真加工が楽しい、と感じている方ならすんなりと使いこなせそうです。ただ、専用紙が少々高いためじゃんじゃん印刷するというのではなく、友人たちと集まったときなどの記念撮影に向いています。

Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』

出典:Amazon

商品重量
160g(内蔵電池含む)
サイズ
W118×D82×H19mm
タイプ
感熱紙式(Zero Ink® technology)
電源
USB充電
使用可能サイズ
50×76mm
給紙タイプ
手差し
最高解像度(dpi)
-

スマホの写真印刷に最適! かわいいデザインが魅力

スマホの写真を撮影してその場でプリントしたい、というときに活躍するモバイルプリンター。メモ帳サイズで丸みを帯びた長方形、パステルカラーでおしゃれなデザインです。気軽に写真を印刷してスクラップブックに貼ったり、友人と一緒に自撮りしたあと印刷して渡したり、といった楽しみ方に向いています。

印刷方式は感熱紙式で、専用の紙を使う必要があります。専用紙はシールになっているため、そのままノートに貼り付けられます。スマホからの専用アプリで操作する、スマホのためのモバイルプリンターです。

HP(ヒューレット・パッカード)『Sprocket 1AS85A#ABJ』

出典:Amazon

商品重量
170g
サイズ
W118×D80×H22mm
タイプ
感熱紙(ZINK Zero Ink)
電源
電源の種類:リチウム ポリマー7.4 V、2セル、550 mAh内蔵充電式バッテリ
使用可能サイズ
-
給紙タイプ
フォト:最大10ページおよびスマートシート
最高解像度(dpi)
313×400

Bluetooth接続で複数のスマホから写真印刷

感熱紙方式でカラー印刷をする、1サイズ印刷に特化したHPのモバイルプリンター。ZINK対応で、インクカートリッジ不要の印刷が可能です。とてもコンパクトなサイズで、スマホと同じ感覚で持ち歩けます。

Bluetooth接続で複数のスマホからのアクセス、印刷が可能なので、友人同士で撮影しあってその場で印刷したり、写真を交換したりすることもかんたんです。専用のフォト用紙は背面シールなので、「思い出をどんどんノートに貼りつけて、みんなで思い出を書き込みあう」ということもできます。

FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』

出典:Amazon

商品重量
312g(バッテリー、フィルム別)
サイズ
W116×D130.5×H44.4(突起部除く)
タイプ
その他(フジフイルム インスタントフィルム instax SQUARE)
電源
充電式バッテリー NP-50(1個)
使用可能サイズ
-
給紙タイプ
そのほか(フィルムパックをセット)
最高解像度(dpi)
12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)

チェキの風合いは残しつつ高画質スクエアプリント

チェキのような風合いは残しつつも、高精細の銀塩写真のような美しい写真がプリントできます。従来機種はプリント画面サイズが、62×42mmでしたが、SP-3では62×62mmと大きなスクエア型にグレードアップ。より繊細な表現が可能になりました。

本シリーズの大きな楽しみのひとつでもある多彩なテンプレートはさらに充実。専用スマホアプリも充実の機能でオリジナルの写真づくりが楽しめるプリンターです。

Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』

出典:Amazon

商品重量
約300g(充電池・感熱紙C-11含む)
サイズ
W160×D100×H17.5mm
タイプ
感熱紙
電源
リチウムイオン充電池、充電用ACアダプター、充電用カーアダプター
使用可能サイズ
ブラザー純正A7カット紙 69×100mm(複写紙の場合:62×95mm)
給紙タイプ
ペーパーカセットによる自動給紙機構
最高解像度(dpi)
300×300

Bluetooth接続でiPhoneなどから印刷

このモバイルプリンターは、さらに小型化してA7印刷に特化しており、携帯性を重視したモデルとなっています。Bluetooth接続でiPhoneやiPadから印刷できるようになって操作性も向上。感熱紙タイプの印刷方式で、印刷物の品質は鮮明で、インクカートリッジの残量を気にする必要はありません。

重さも、充電池や感熱紙をセットした状態でも約300gと軽量で、ビジネスバッグに入れて気軽に持ち歩けます。A7サイズのコピーが可能になった点も便利です。

デジカメやスマートフォンで撮影した写真。これを印刷するためだけに、大型プリンターを用意するのももったいないですよね。モバイルプリンターは、多くのモデルがコンパクトで軽量な本体となっており、収納場所に困りません。バッテリーが内蔵されているモデルは、旅先やパーティーなどでもすぐに印刷できます。本記事では、家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアーである東雲八雲さんに、写真プリントにぴったりのモバイルプリンターを選ぶ上でのポイントやおすすめモデルを紹介してもらいました。どれを買えばいいかと迷っている人は参考にしてみてください。

【番外編】業務用モバイルプリンター|レシート・プリント用

業務用としてレシートやバーコードなどのプリントが可能な超小型プリンター。屋外イベントなどでの出店時にも活躍しそうです。

SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』

出典:Amazon

商品重量
約180g
サイズ
W79×D110×H44mm
タイプ
感熱ラインドット方式
電源
Li-lon充電池
使用可能サイズ
-
給紙タイプ
サーマルロール紙(紙幅58mm)
最高解像度(dpi)
-

レシートや帳票印刷に活躍する超小型プリンター

小売店のレジやフリーマーケット、バザーなどのレシート用プリンターとしても活躍してくれる手のひらサイズの超小型モバイルプリンターです。業務システムに組み込むことで、帳票やバーコードなどの印刷も可能なので、企業で大規模導入を検討するケースもあるようです。

また、各種モバイル決済にも対応しているも大きな特徴です。現金のやりとりしかできなかったイベント出店時にも手軽に導入できるので顧客の利便性向上にも役立ちます。

一般用途では特殊なプリンターですが、業務用途では応用の幅の広い製品です。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』
HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』
EPSON(エプソン)『PX-S05』
Brother(ブラザー)『PocketJet PJ-663』
HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 250 Mobile AiO』
EPSON(エプソン)『PX-S06』
Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』
3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』
Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』
HP(ヒューレット・パッカード)『Sprocket 1AS85A#ABJ』
FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』
Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』
SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』

商品

Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』 HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』 EPSON(エプソン)『PX-S05』 Brother(ブラザー)『PocketJet PJ-663』 HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet 250 Mobile AiO』 EPSON(エプソン)『PX-S06』 Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』 3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』 Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』 HP(ヒューレット・パッカード)『Sprocket 1AS85A#ABJ』 FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』 Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』 SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』

特徴

オールマイティーに使えるモバイルプリンター 一般的なプリンターのように自然に使える 本格的モバイル用途に最適 携帯できるプリンター コンパクトサイズな複合機 持ち運びやすい形の本格モバイルプリンター 印刷スピードとバッテリー性能の向上でより便利に スマホでさまざまな加工をして印刷 スマホの写真印刷に最適! かわいいデザインが魅力 Bluetooth接続で複数のスマホから写真印刷 チェキの風合いは残しつつ高画質スクエアプリント Bluetooth接続でiPhoneなどから印刷 レシートや帳票印刷に活躍する超小型プリンター

価格

Amazon : ¥ 23,579
楽天市場 : ¥ 23,271
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,094
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 17,800
楽天市場 : ¥ 27,280
Yahoo!ショッピング : ¥ 30,543
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 20,000
楽天市場 : ¥ 32,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,560
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 109,800
※各社通販サイトの 2019年8月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 30,380
楽天市場 : ¥ 30,026
Yahoo!ショッピング : ¥ 30,888
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 23,180
楽天市場 : ¥ 28,374
Yahoo!ショッピング : ¥ 28,970
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 64,868
楽天市場 : ¥ 59,152
Yahoo!ショッピング : ¥ 59,152
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,328
楽天市場 : ¥ 17,820
Yahoo!ショッピング : ¥ 17,820
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 11,477
楽天市場 : ¥ 11,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,115
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,126
楽天市場 : ¥ 14,907
Yahoo!ショッピング : ¥ 17,182
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,908
楽天市場 : ¥ 17,509
Yahoo!ショッピング : ¥ 18,409
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 60,609
楽天市場 : ¥ 64,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 65,260
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 20,600
楽天市場 : ¥ 20,350
Yahoo!ショッピング : ¥ 21,026
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格

商品重量

約2.0kg 2.1kg 約1.6kg 約593g(バッテリー含む) 3.06kg 約1.7kg(外付けバッテリー装着時:約2.0kg) 約480g(充電池型コネクタ装着時)、約610g(充電池装着時) 186g(本体のみ) 160g(内蔵電池含む) 170g 312g(バッテリー、フィルム別) 約300g(充電池・感熱紙C-11含む) 約180g

サイズ

約W322×D185×H62mm 約W364×D186×H69mm 約W308×D232×H217mm W255×D55×H30mm W380×D198×H91mm W309×D159×H61mm(収納時) W255×D55×H30mm W120×D74×H22.8mm W118×D82×H19mm W118×D80×H22mm W116×D130.5×H44.4(突起部除く) W160×D100×H17.5mm W79×D110×H44mm

タイプ

カラー、モノクロ ISOカラー、ISOモノクロ カラー、モノクロ 感熱紙 ISOカラー、ISOモノクロ カラー、モノクロ 感熱紙 専用紙(カラー) 感熱紙式(Zero Ink® technology) 感熱紙(ZINK Zero Ink) その他(フジフイルム インスタントフィルム instax SQUARE) 感熱紙 感熱ラインドット方式

電源

AC100~240V 50/60Hz AC100~240V 50/60Hz AC100~240V 50/60Hz ACアダプター、カーアダプター、ニッケル水素充電池(Ni-MH充電池)、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池) AC100~240V、50/60Hz AC100-240V±10% 周波数50/60Hz ACアダプター、カーアダプター、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池) 付属の専用USBケーブルにて充電 USB充電 電源の種類:リチウム ポリマー7.4 V、2セル、550 mAh内蔵充電式バッテリ 充電式バッテリー NP-50(1個) リチウムイオン充電池、充電用ACアダプター、充電用カーアダプター Li-lon充電池

使用可能サイズ

A4~A5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、長形封筒3号/4号、はがき A4、A5、A6、B5(JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか Legal、Letter、A4、A4幅ロール紙、カスタム A4、A5、A6、B5 (JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか A4、A4ロール紙、A5、レター、リーガル、カスタム 50mm×76mm 50×76mm - - ブラザー純正A7カット紙 69×100mm(複写紙の場合:62×95mm) -

給紙タイプ

後トレイ 後トレイ 背面MPトレイ 手差し 後トレイ 背面MPトレイ 手差し 専用紙をセット 手差し フォト:最大10ページおよびスマートシート そのほか(フィルムパックをセット) ペーパーカセットによる自動給紙機構 サーマルロール紙(紙幅58mm)

最高解像度(dpi)

9,600(横)×2,400(縦) モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200 5,760×1,440 300×300 モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200 最高:5,760×1,440dpi 300×300 313 - 313×400 12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ) 300×300 -

商品情報

通販サイトのモバイルプリンターランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのモバイルプリンターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:モバイルプリンターランキング
Yahoo!ショッピング:モバイルプリンターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

印刷方式や電源に注意してモバイルプリンターを選ぼう

ITサポートエンジニア・古賀竜一さんにお話をうかがい、モバイルプリンターの選び方とおすすめ機種をご紹介しました。

古賀さんのアドバイスにもありましたが、モバイルプリンターは、印刷方式によって特徴が異なります。それぞれの特徴を踏まえたうえで機種選びをはじめましょう。電源方式も忘れず確認しておくことで、購入後も満足して使える商品が選べます。

モバイルプリンターはなんでもできるものより、目的を絞り込んだ方がリーズナブルな価格で購入できます。自分の目的に合ったモバイルプリンターを購入することで、ビジネスや遊びでの活用もより便利になりますよ。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/10 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【子ども向けタブレットのおすすめ9選!】ガジェットライター厳選|機能制限で安心

【子ども向けタブレットのおすすめ9選!】ガジェットライター厳選|機能制限で安心

ガジェットライターの渡辺まりかさんに、子ども用タブレットの選び方や商品選びのコツを伺いました。You Tubeの閲覧や学習、ゲームといろいろ楽しめるタブレット。最近では年齢を問わず使いこなせるデジタルガジェットとなりつつあります。せっかくプレゼントするのであればセキュリティやトラブルに巻き込まれにくいものを選びたいもの。機能制限のほか、年齢や興味関心にあったキッズモデル選びの参考にしてください。


エプソンのプリンターおすすめ5選! 家電流通ライターが厳選|インクのコスパが良くてスマホ操作も可能

エプソンのプリンターおすすめ5選! 家電流通ライターが厳選|インクのコスパが良くてスマホ操作も可能

家電流通ライターの近藤克己さんに取材をして、エプソンのプリンターを選ぶときのポイントとおすすめ商品をお聞きしました。年賀状や写真プリントに便利なエプソンのホームプリンター。インクが継ぎ足しできるエコタンク搭載モデル、6色インクモデル、スキャナー・コピー機能があるモデル、A3がプリントできるモデルなど種類が豊富にあります。スマホとの接続や操作も可能です。数ある製品の中からおすすめ商品をピックアップしていただきましたので、ぜひ参考にしてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


Mac対応マウスのおすすめ8選|ガジェットレビュアーが選び方を解説!

Mac対応マウスのおすすめ8選|ガジェットレビュアーが選び方を解説!

ガジェットレビュアーが選ぶMac対応マウス8選をご紹介します。パソコンを操作するうえで、マウスは必ず必要になるアイテムです。Windowsと違い、Macの場合はアクセサリー関係で非対応の商品が一部にあるため、購入時は確認が必ず必要です。そこで、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんにお話をうかがい、Macでも使えるマウスのおすすめ商品について教えてもらいました。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【スリムベゼルモニター】おすすめ商品7選|PCショップ元店員が選び方のコツを解説

【スリムベゼルモニター】おすすめ商品7選|PCショップ元店員が選び方のコツを解説

PCショップ元店員が選ぶスリムベゼルモニター7選をご紹介します。画面のフチがとても細いのが特徴のスリムベゼルモニター。画面がモニターいっぱいに表示できる分大きなサイズの商品が選べます。でも、ひとくちにモニターといっても、どれが自分に合っているのかわかりづらいですよね。そこで本記事では、PCショップの元店員の花華さんにお話をうかがい、スリムベゼルモニターの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。本記事を参考にして、お気に入りの1台を見つけてみてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。