トランシーバーおすすめ12選|免許不要のものから子供向けまで

JVCケンウッド DEMITOS ブラック UBZ-LP20B
出典:Amazon

イベント会場や登山、スキーやスノーボードなどのアウトドアスポーツ、そしてサバゲーなど、屋内外のさまざまなシーンで活用されているトランシーバー。発売するメーカーでは、アイコムやケンウッドなどが有名です。この記事では、数あるトランシーバーのなかから、家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部おすすめの商品を厳選しました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

トランシーバーとは? 簡易的な通話ツール

トランシーバーは、送信機と受信機をひとつにした仕組みのハンディタイプの無線機です。スマホとは違い、番号を打ったりアプリを起動させたりする必要がなく、送信ボタンを押すだけでこちらの言葉を複数の相手に対して、リアルタイムで同時に通話ができるコミュニケーションツールです。

トランシーバーには、免許不要ですぐに使える特定小電力タイプと総務省にデジタル簡易無線登録局の届け出が必要なデジタル簡易無線タイプに分かれます。使用用途から欲しいタイプを選んでくださいね。

冬の登山やスノボなどのアウトドアシーン時の連絡用として使えるだけでなく、地域のお祭りや行事などのイベントでも大活躍してくれます。メーカーやモデルによって、機能性や通信可能な距離も異なってくるので事前に確認が必要です

トランシーバーのメリット

トランシーバーのメリットはくつもありますが、その中から代表的なものを紹介します。

携帯電話の圏外エリアでも使用できる

高地や海上・空中など日本全国の津々浦々まで使用エリアは広がっています。なので業務からレジャーまで、室内でもアウトドアでも、気軽に自由にコミュニケーションが可能です。

コストがかからない(またはかかっても少額である)

トランシーバー本体を購入する金額を除けば、(またはかかっても1台あたり年間数百円程度)。携帯電話では、キャリアとの基本契約や通話料などがかかることを考えれば、トランシーバーの魅力は明らかです。

トランシーバーの選び方 電源方法や可能距離で

ここでは、トランシーバーを選ぶ際のポイントをご紹介します。使用したいシチュエーションや目的などに合わせてトランシーバーを選びましょう。

トランシーバーの種類で選ぶ

トランシーバーの選び方において大切なポイントのひとつが、利用の用途です。用途によりどのくらいの範囲や距離感で使用するかが決まってくるので選ぶうえでの大きなポイントになります。

商品によってトランシーバーの通話できる距離が異なるので、利用したいシーンを考えてみましょう。

免許不要ですぐに使える特定小電力タイプ

接客業や比較的近距離で使用したい場合は、特定小電力トランシーバーを使用しましょう。特定小電力トランシーバーは、面倒な手続きや資格を必要としない手軽な無線機です。通信範囲は、機種によりますがおおよそ数百メートルまでです。

長距離での通信はできませんが、音質がよく音割れがしにくいという特徴があります。近距離での通話に適しているので、家族や友達の集まり、室内での接客で使用することも可能でしょう。ただし、近距離でも壁やフロアをまたぐ通話には向きませんのでご注意を。

登録が必要で幅広く使えるデジタル簡易無線タイプ

通信距離は使う目的で選ぶ

トランシーバーは商品によって、通話ができる範囲や距離が決まっています。通信の可能距離はパッケージなどに記載があります。使う目的から商品を選びましょう。

キャンプには100m圏内で通話できるもの

キャンプや海などに友人と行くときの連絡用として使うトランシーバーは、100m圏内の通話できるタイプを選びましょう。比較的安価な商品が多いので、はじめての人でも手が出しやすいはずです

スカイダイビングなどのマリンスポーツには、航空用のチャンネルが対応していないことがあるので予め確認が必要です。

登山やツーリングには1㎞程度のタイプを

登山やツーリングなどは、仲間同士でも距離が離れてしまうこともあるので、通信距離が1㎞程度のタイプを選びましょう。登山は高低差があるので、もし遭難にあっても通話ができる通信可能距離が必要です。

イベントや仕事用はその場に応じて!

イベントや仕事用として使う場合は、連絡をとる人と自分の距離で変わります。相手との距離が近いときは、100m圏内で通話ができる特定小電力タイプで十分です。

災害などの非常用としては、通話距離が1km程度の広範囲に通話ができるデジタル簡易無線機を選びましょう。万が一の時に備えて、バッテリーも持っておくと便利です

長距離での通話や壁やフロアをまたいだ通話には、デジタル簡易無線トランシーバーがおすすめです。出力を調節することが可能で、高出力に設定すれば屋外ではより遠くまで使用範囲を伸ばすことができ、屋内では壁越しでも声が届きます。

電波が強力のため、利用にあたっては、登録手続きや免許を受ける必要がありますが、手軽に使いたい場合は、登録のみで使える機種を選びましょう。登録は、使用開始日から15日以内にデジタル簡易無線局の登録申請を行います。申請を怠ると電波法違反となるのでご注意ください。

通信距離は、機種や見通しにも左右されますが、おおよそ数キロメートルまでとなります。ハイキングやスノボ・雪山といったアウトドアやツーリング・ドライブなど、長距離で連絡を取り合うシーンで活躍してくれるでしょう。

高出力で通信ができるデジタル簡易無線トランシーバーは、災害時にも有効です。万が一にも備えるのであれば、できるだけ通信距離の広いタイプを選んでおきましょう。

使用チャンネル数をチェック

トランシーバーでは、使用可能なチャンネルがいくつか設定されています。グループ全体の人数が多くてもグループごとにチャンネルを別にして使用すれば、同じチャンネルの人同士だけで交信することができます。

またたくさんのグループがそれぞれの周波数で利用する可能性があるイベントなど電波が混雑しやすいシーンでも、混雑する周波数を避けてチャンネルを選ぶことができます。

電源の種類を確認

トランシーバーの主な電源は電池式か充電式です。それぞれ環境や使い方によって向いているタイプが異なるので、違いを確認していきましょう。

緊急時でも使える電池式

トランシーバーを充電できない環境で使いたいなら、電池式のものを選びましょう。とくに屋外のイベントなどでは、なかなか電源を確保するのが難しいですよね。接客業やデパートなど屋内であれば問題はありませんが、電源の確保が難しく充電ができないのであれば電池式がおすすめです。

万が一電池が切れてしまったとしても、予備の電池をあらかじめ所持しておけば再度トランシーバーを使うことができます。また電池式のトランシーバーは充電の手間がないため、気軽に使えるのもポイントです。

コスパ重視なら充電式

コストをおさえたいのであれば、充電式がおすすめです。電池代がかからないので、電池式よりもコストをおさえられるでしょう。コンセントだけではなくUSBにつないで充電できるものもあります。パソコンにつないで充電したり、モバイルバッテリーから充電したりと便利に使えるでしょう。

長時間の使用や出力が大きいものだと消費電力が大きくなるので、予備のバッテリーを用意しておくと安心です。

機能性で選ぶ

業務用やレジャーなどを問わず、屋外で使うなら防塵・防水機能がついたものがよいでしょう。また、ほかの作業をしながら使いたいならハンズフリー機能があると便利です。ほかにもオートパワーオフやチャンネルのオートスキャンなど、使用用途に応じて使い勝手のいい機能を選びましょう。

互換性があるかを確認する

特定小電力トランシーバーとデジタル簡易無線のようにタイプが違うと同じチャンネルが選べても互換性はなく通話はできません。また同じタイプのトランシーバーで機種が違う場合でも通話ができるものとできないものがあります。台数を買い足していくことがありうるようなときには、互換性の高い機種をあらかじめ選んでおくほうがよいでしょう。

技術基準適合証明を受けているか確認

購入予定のトランシーバーが「技術基準適合証明」を受けているのか確認しておきましょう。技術基準適合証明とは、特定無線設備が電波法令において一定の技術基準に適していることを証明するもの。無線局として免許取得または技適マークを取得していなければ、電波を出せないというわけですね。

万が一、それらの認証を受けていない状態で使用すると電波法違反となりますので、ご注意ください。

トランシーバー【特定小電力】おすすめ9選 手軽に使える

トランシーバーのおすすめ商品をタイプ別にご紹介していきます。使用したいシーンや活用人数などを考えながら、自身にあったものを選びましょう。各トランシーバーの特徴や、注目したい魅力的なポイントについてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ブルーセンチュリー『特定小電力トランシーバー BC-20 Chanty』

BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品 BLUECENTURYブルーセンチュリー免許不要国内メーカー特定小電力トランシーバーBC-20Chanty(シャンティ)超小型2台セット:充電器/ベルトクリップ等付属【1年保証あり】技適マーク有総務省技術基準適合商品

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 見通しのいい郊外:約1km、市街地:約100m
チャネル数 9・11・20ch
本体サイズ 約31×69×19mm(突起物を除く)
重量 約48g(電池込み)
電源 充電

超小型! 親指サイズのミニトランシーバー

親指サイズの小型トランシーバー。回転クリップが付属しており服に掛けて使えるため、ビジネスシーンでも使いやすいでしょう。また、重量も非常に軽いのでファストパッキングスタイルの登山でも活躍してくれます。

本体が2台とストラップ、ACアダプターがセットになった商品なので、届いたその日から使うことが可能です。

トランシーバーとしては値段も比較的安い価格帯なので初心者にもおすすめです。

F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』

F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 見通しのいい郊外:1~2km、市街地:約100~200m
チャネル数 9・11・20ch
本体サイズ 58×103×28mm(突起物含まず)
重量 約180g(乾電池を含む)
電源 単3型アルカリ乾電池

豊富なチャンネルで複数グループと通話可能

20チャンネルに対応したモデル。豊富なチャンネル数で、大人数のイベントであってもこまかいグループに分けて通話ができます。

VOX機能がついており、ハンドフリーで使用可能。送信ボタンを押さなくてもマイクに向かって話すだけで自動で通信してくれます。トランシーバー初心者でもかんたんに使用できておすすめです。

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 約100~500m
チャネル数 20ch+27ch
本体サイズ 47×81×26.5mm
重量 約120g(充電式電池BP-260装着時)
電源 単3形アルカリ乾電池

アウトドアに使いやすい頑丈な小型タイプ

軽くてコンパクトなトランシーバーです。携帯性に優れるので、スノーボードや登山といった、アクティブなアウトドアでも使いやすいです。

アメリカ国防総省の物資調達基準にもとづいた強度テストをクリアしており、頑丈さは折り紙付き。IP55規格の防塵・防水性能もあるので、幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。

JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』

JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』 JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』 JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』 JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』 JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 見通しのよいエリア:約800m、郊外:約400m、市街地:約200m
チャネル数 9ch+11ch
本体サイズ 55.5×103.9×26.0mm(突起部含まず)
重量 約180g(アルカリ乾電池含む)
電源 単3乾電池

長時間の運用が可能! 音も聞きやすい

「ecoモード」を搭載しているので長時間使用できます。防塵・防水仕様となっているので、アウトドアのようなアクティブなシーンでも活躍してくれるでしょう。

屋外でも聞き取りやすい大出力で、工事現場などでも活躍している優れものです。音割れしにくいのも魅力のひとつで、イヤホン出力も90mWで聞き取りやすいですよ。

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 郊外:約1~2km、市街地:約100~200m
チャネル数 20ch
本体サイズ 55.5×102.5×27.3mm
重量 約142g(充電式電池BP-258装着時)
電源 単3形アルカリ乾電池

高性能でクラス最高レベルの大音量とクリアな音質

BTL回路を採用することで、従来機の約3.3倍にあたる400mWの音声出力。大音量でも聞き取りやすいクリアな音質も魅力。

ほかの人から接続チャンネルが分からないようにする「チャンネル非表示機能」や、かんたん操作で空きチャンネルを探せる「空チャンネルサーチ機能」など、便利な機能を数多く備えています。忙しい現場でも使いやすい、業務用におすすめのトランシーバーです。

アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』

アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』 アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』 アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 見通しのいい郊外:500m程度、市街地:約100~200m
チャネル数 20ch+27ch
本体サイズ 54×92×17mm(電池部突起最厚部 約28.5mm)
重量 約128g(乾電池、クリップ含む)
電源 単3乾電池

通信性能を高めた防塵防水ロングアンテナモデル

IP67相当の防水・防塵トランシーバー。防水コネクタ採用で、外部のマイクを接続したとしても防水性が損なわれません。屋外の作業や工場内作業、店舗内での事務作業などさまざまなシーンで活用できます。

通信範囲を重視したロングアンテナモデルなので、特定小電力タイプながら市街地でも約100~200mの範囲で通話可能です。気軽に使える広範囲トランシーバーをお探しの方におすすめ。

F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』

F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 見晴らしのいい郊外:約1km、市街地:約100m
チャネル数 9・11・20ch
本体サイズ 約38×95×19mm(突起物を除く)
重量 約48g(電池込み)
電源 充電

驚くほどコンパクト! USBで充電可能

非常にコンパクトなトランシーバーです。手のひらサイズで、胸ポケットにしまっていても邪魔にならないでしょう。

USB充電に対応しているので、コンセントだけではなくパソコンやモバイルバッテリーから充電が可能です。持ち運びやすくどこでも充電ができるので、親子で買い物に行ったときの連絡用としても便利です。

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』

アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 郊外:約1~2km、市街地:約100~200m
チャネル数 27ch+20ch
本体サイズ 47×81×26.5mm
重量 約120g(充電式電池BP-260装着時)
電源 単3アルカリ乾電池

長時間身につけても気にならない薄型・軽量ボディー

高水準の耐久性が特徴。IP67規格の防塵・防水性能に加え、アメリカ国防総省の物資調達基準に相当するテストをクリアするほどの堅牢性を誇ります。粉塵が飛ぶような屋外でのハードな作業でも活躍してくれます。

また、緊急呼び出し機能を搭載しており、特定の無線機をすぐに呼び出すことが可能です。監督者を緊急呼び出し先に設定すれば、効率的かつ安全に作業をおこなえるでしょう。

アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』

アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』 アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』 アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』 アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』

出典:Amazon

タイプ 特定小電力
通話距離 市街地:100m程度
チャネル数 20ch+27ch
本体サイズ 41.6×52.6×17.2mm、アンテナ長:22mm 
重量 50g(内蔵電池・クリップ含む)
電源 充電

襟元に装着できるほどの小型ボディー

襟元に装着できるほどの超小型トランシーバー。ハンドフリーで会話できるVOX機能も搭載しているので、まるでイヤホンマイクだけで通話しているかのような使い心地です。

コールバック機能がついており、送信時に自分の声をイヤホンで聞くことができます。相手にしっかりと聞こえるか確認しながら話せるため、伝達ミスをおさえられます。

トランシーバー【デジタル簡易無線】おすすめ3選 ビジネスシーン向き

Motorola(モトローラ)『デジタル簡易無線(GDR4200)』

モトローラデジタル簡易無線機(GDR4200)【モトローラ社】

出典:楽天市場

タイプ デジタル簡易無線
通話距離 郊外:約1~3km、市街地:約0.5~1km
チャネル数 30チャンル
本体サイズ 54 ×29.2×88mm、アンテナ長:100mm
重量
電源 充電

高い堅牢性で仕事にレジャーに大活躍

コンパクトサイズながら送信出力は2.5Wで広範囲での通話が可能。加えてオートチャンネルモードを搭載しているので、イベントなどでたくさんの人が無線を利用している際などには特に便利さを実感できます。防塵・防水性能はIP67、屋外でもタフに使用が可能です。イヤホンやスピーカーマイクなどアクセサリーも充実しています。

八重洲無線『スタンダード ハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』

八重洲無線『スタンダードハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』 八重洲無線『スタンダードハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』 八重洲無線『スタンダードハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』

出典:Amazon

タイプ デジタル簡易無線
通話距離 郊外:約1~4km、市街地:約1km
チャネル数 30ch
本体サイズ 56×96×46mm(FNB-V87LIA装着時、突起部を含まず)
重量 約310g(FNB-V87LIA、アンテナを含む)
電源 リチウムイオン電池パック

クリアな音質で通話可能な広範囲ハイパワーモデル

広範囲で通話が可能なデジタル簡易無線タイプ。出力5Wのハイパワーモデルで、見晴らしのいい郊外なら約1~4kmの範囲で通話できます。

また、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているので、騒音下でも相手の声がクリアに聞こえます。工事現場や広範囲イベント、ツーリングなど、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

アイコム『携帯型 デジタルトランシーバー(IC-DPR30)』

アイコムデジタル簡易無線(登録局)1WタイプメタリックイエローIC-DPR30 アイコムデジタル簡易無線(登録局)1WタイプメタリックイエローIC-DPR30 アイコムデジタル簡易無線(登録局)1WタイプメタリックイエローIC-DPR30 アイコムデジタル簡易無線(登録局)1WタイプメタリックイエローIC-DPR30

出典:Amazon

タイプ デジタル簡易無線
通話距離
チャネル数 35ch:地上30ch、上空5ch
本体サイズ 54.9× 90.0×19.8mm
重量 105g(バッテリーパック装着時)
電源 充電

高い携帯性とおしゃれなデザインが魅力の一台

デジタル簡易無線の中では送信出力1Wと低めですが、特定小電力トランシーバーとは桁違いの高出力なので、実用充分の性能。アンテナ内蔵タイプで、外部アンテナモデルに比べ電波の送受信面で多少不利になりますが、それを補って余りある携帯性やデザイン性などがあり、満足度の高い1台であることは間違いありません。35チャンネルをカバーしている点も魅力のひとつです。

「トランシーバー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ブルーセンチュリー『特定小電力トランシーバー BC-20 Chanty』
F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』
アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』
JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』
アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』
アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』
F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』
アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』
アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』
Motorola(モトローラ)『デジタル簡易無線(GDR4200)』
八重洲無線『スタンダード ハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』
アイコム『携帯型 デジタルトランシーバー(IC-DPR30)』
商品名 ブルーセンチュリー『特定小電力トランシーバー BC-20 Chanty』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(ET-20X)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4300)』 JVCケンウッド『特定小電力トランシーバー(UBZ-LP20)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4110)』 アルインコ『特定小電力トランシーバー(DJ-P221L)』 F.R.C.『特定小電力トランシーバー(NT-202MW)』 アイコム『特定小電力トランシーバー(IC-4350)』 アルインコ『超小型特定小電力トランシーバー(DJ-PX5)』 Motorola(モトローラ)『デジタル簡易無線(GDR4200)』 八重洲無線『スタンダード ハイパワーデジタルトランシーバー(VXD20)』 アイコム『携帯型 デジタルトランシーバー(IC-DPR30)』
商品情報
特徴 超小型! 親指サイズのミニトランシーバー 豊富なチャンネルで複数グループと通話可能 アウトドアに使いやすい頑丈な小型タイプ 長時間の運用が可能! 音も聞きやすい 高性能でクラス最高レベルの大音量とクリアな音質 通信性能を高めた防塵防水ロングアンテナモデル 驚くほどコンパクト! USBで充電可能 長時間身につけても気にならない薄型・軽量ボディー 襟元に装着できるほどの小型ボディー 高い堅牢性で仕事にレジャーに大活躍 クリアな音質で通話可能な広範囲ハイパワーモデル 高い携帯性とおしゃれなデザインが魅力の一台
タイプ 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 特定小電力 デジタル簡易無線 デジタル簡易無線 デジタル簡易無線
通話距離 見通しのいい郊外:約1km、市街地:約100m 見通しのいい郊外:1~2km、市街地:約100~200m 約100~500m 見通しのよいエリア:約800m、郊外:約400m、市街地:約200m 郊外:約1~2km、市街地:約100~200m 見通しのいい郊外:500m程度、市街地:約100~200m 見晴らしのいい郊外:約1km、市街地:約100m 郊外:約1~2km、市街地:約100~200m 市街地:100m程度 郊外:約1~3km、市街地:約0.5~1km 郊外:約1~4km、市街地:約1km
チャネル数 9・11・20ch 9・11・20ch 20ch+27ch 9ch+11ch 20ch 20ch+27ch 9・11・20ch 27ch+20ch 20ch+27ch 30チャンル 30ch 35ch:地上30ch、上空5ch
本体サイズ 約31×69×19mm(突起物を除く) 58×103×28mm(突起物含まず) 47×81×26.5mm 55.5×103.9×26.0mm(突起部含まず) 55.5×102.5×27.3mm 54×92×17mm(電池部突起最厚部 約28.5mm) 約38×95×19mm(突起物を除く) 47×81×26.5mm 41.6×52.6×17.2mm、アンテナ長:22mm  54 ×29.2×88mm、アンテナ長:100mm 56×96×46mm(FNB-V87LIA装着時、突起部を含まず) 54.9× 90.0×19.8mm
重量 約48g(電池込み) 約180g(乾電池を含む) 約120g(充電式電池BP-260装着時) 約180g(アルカリ乾電池含む) 約142g(充電式電池BP-258装着時) 約128g(乾電池、クリップ含む) 約48g(電池込み) 約120g(充電式電池BP-260装着時) 50g(内蔵電池・クリップ含む) 約310g(FNB-V87LIA、アンテナを含む) 105g(バッテリーパック装着時)
電源 充電 単3型アルカリ乾電池 単3形アルカリ乾電池 単3乾電池 単3形アルカリ乾電池 単3乾電池 充電 単3アルカリ乾電池 充電 充電 リチウムイオン電池パック 充電
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トランシーバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのトランシーバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:無線・トランシーバーランキング
楽天市場:無線・トランシーバーランキング
Yahoo!ショッピング:工事現場用トランシーバーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

トランシーバーに関連する記事のご紹介!

使うシーンと距離感をイメージしてみて!

本記事ではトランシーバーのおすすめ商品をご紹介しました。

自分が使用したいのはどんな場面なのか、距離感はどのくらいなのかなどを、具体的にイメージしながら購入することをおすすめします。サイズ感や電源によっても使い心地は異なるので、チェックしておきましょう。

ご紹介したポイントを意識して、ご自身に合ったトランシーバーを探してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/05/12 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ツーリングテントのおすすめ18選【一人用や二人用】軽量で簡単に設営できる

ツーリングテントのおすすめ18選【一人用や二人用】軽量で簡単に設営できる

バイクや自転車、車でのツーリング旅行の際に野外で寝泊りするときに使うツーリングテント。アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、ツーリングテントの選び方とおすすめ商品をご紹介します! 記事後半にはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋人気ランキングもあわせてチェックしてくださいね!


キャンプマットのおすすめ14選【モンベル・サマーレストなど】ソロキャンプ・ファミリー向けも

キャンプマットのおすすめ14選【モンベル・サマーレストなど】ソロキャンプ・ファミリー向けも

寝袋の下に敷くことで快適な寝心地を手に入れることができる「キャンプマット」。ウレタンマットやエアマット、インフレーターマットなど多数種類があり、用途や季節によってもぴったりなマットは異なります。この記事では、キャンプマットの選び方とおすすめの商品をご紹介! モンベルやコールマン、キャプテンスタッグなど人気メーカーの商品や、ファミリーでも使えるものなどさまざまなアイテムを厳選しています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね!


タックルボックスおすすめ8選|プラノ・メイホウ・ダイワなど厳選

タックルボックスおすすめ8選|プラノ・メイホウ・ダイワなど厳選

タックルボックスは、道具を収納するために使う便利なアイテム。釣り用具を使いやすいように分類したり、保管するのにおすすめです。ここでは、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したおすすめのタックルボックスと選び方のポイントをについてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


燻製器・スモーカーおすすめ17選|キャンプ・アウトドアをさらに楽しく

燻製器・スモーカーおすすめ17選|キャンプ・アウトドアをさらに楽しく

キャンプやアウトドアで人気の「燻製器(スモーカー)」。肉や魚、ナッツやチーズ、ゆで卵など、身近な食材をスモークするだけで驚くほどおいしくなります。最近では家庭用の小型燻製器もあるほどです。ただコールマンやSOTO(ソト)をはじめさまざまな種類があります。本記事では、燻製器の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【スタッキングマグおすすめ20選】キャンプに向くチタン製やおしゃれな陶器製も!

【スタッキングマグおすすめ20選】キャンプに向くチタン製やおしゃれな陶器製も!

マグを積み重ねて収納できる「スタッキングマグ」。自宅使いのほか、キャンプや登山などのアウトドアシーンでも大活躍してくれます! この記事では、スノーピークやユニフレームなどのおすすめのスタッキングマグ20選を厳選! キャンプにぴったりのチタン製やステンレス製、おしゃれな陶器製や子どもが使っても安心なプラスチック製など、さまざまな商品を紹介します。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。