2020年! ロック向けスピーカーのおすすめ8選|JBLやB&Wなど人気ブランドと選び方を解説

2020年! ロック向けスピーカーのおすすめ8選|JBLやB&Wなど人気ブランドと選び方を解説

ロックミュージックを聴くときにもっとも重要な「スピーカー」。ズンズンと鳴り響く重低音の深みや、シャリシャリしない高音域、ボーカルの声やギターの音が抜けやすい中音域、全体がバランスよく聴きやすいなどさまざま。とはいえ自分好みで最適なロックスピーカーを見つけるのは簡単なことではありません。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏と編集部が選ぶロックを聴くときにおすすめのスピーカーを紹介します。音質の特徴はもちろん、Bluetooth機能、設置のしやすさなどの機能性にも注目して選んでみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

ゲームキャスター
吉﨑 智宏

ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。 東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。 代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。 配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。 「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。   ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。 大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。 他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!   今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。 趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」 モットーは「面白そうな事は全てやる」

ロック向けスピーカーの選び方 ハードロックにも最適!重低音重視やコンパクト

道路の上に置かれた黒いスピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ロックを楽しむためにはどのようなスピーカーで聴くのがいいのでしょうか。選び方から見ていきましょう。

幅広い音域をカバーしてくれるロック向けスピーカー。とくにハードロックなどを聴くときは、重低音や高音域にはこだわりたいですよね。ここでは、選ぶときにおさえておきたいポイントをまとめました。

スペックを確認して音域をしっかりチェック

スペックのなかでも音域に関係するのが「Hz(ヘルツ)」「kHz(キロヘルツ)」です。スペック表には、そのスピーカーが表現できる音域が「◯◯Hz〜◯◯kHz」のように表記されているのが一般的です。

下の値が50Hz以下であれば低音が強調され、上の値が30kHz以上であれば高音域が豊かです。音域のバランスを見て、必要な音が出るかどうかを確認してみましょう。

耳の肥えたユーザーレビューを参考に

ユーザーレビューには、プロのエンジニアやオーディオ好きの方々がていねいに評価を書いてくれていることがあります。さまざまなオーディオ機器に接する機会が多い方々の生の感想を知ることができるので、参考にして比較検討してみるといいでしょう。

自分の耳で聴いて確かめたいという方は、ネットに上がっているレビュー動画を探してチェックするのもいいかもしれません。

最後は自分好みの音を追求

同じジャンルの音楽であっても、音色の好みは人それぞれです。ほかの人が「いいスピーカーだ」と言っていたとしても、自分の好みではない可能性すらあります。

好きな音がわからないという方は、ショップに出向いて試聴してみるといいでしょう。聴きやすいと感じる音がきっと見つかるはずです。

好みがある程度決まっている方は、検討しているアイテムのメーカーに問い合わせてみるのも方法のひとつ。豊富な知識のなかから、好みの音に合う商品を提案してくれますよ。

ロック向けスピーカーを選ぶポイントはこの2点! 専門家からのアドバイス

1)全体予算と計画支出に合ったスピーカーを選ぶ

スピーカーにこだわりをもつ方は、さらなる音質を求めてアンプ・プレイヤーにこだわるときがくるかも!? スピーカーは10年以上使えるものが多いですから、コツコツ音響環境を整えていくのもアリ! アンプの相性なども今のうちにチェックして、全体予算と計画支出に合ったスピーカーを選ぶのもいいですよ!

2)好きなバンド&ギターソロとの相性で選ぶ

できれば皆さんの好きなバンドの曲を一度流してみてください! 東京タワーDJ時代、私は好きなバンドの曲を試聴したうえで、ギター低音・歪(ひずみ)・高音域もカバーしているかを確認してスピーカーを購入しました。好きなバンドが「より格好よく」「より楽しく」聴き取れるか、感覚で選んじゃいます。聴きくらべするときは「好きなロック」の低音域と高音域を両方流してみてください。

ロック向けスピーカーのおすすめ8選 コンパクトで迫力のサウンド! JBLやB&W、ヤマハなど

重低音などを聴くのに適したコンパクトサイズのスピーカーを集めました。

ゲームキャスター

PreSonus『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』は低音域から高音域までしっかりカバー。サイズはコンパクト、テーブルにも置けるサイズです。コストパフォーマンスもGOOD! そしてシンプルなデザイン。ボリューム増減で大きくこもることもなく、ロックを楽しめました。この価格帯ではおすすめです。

Edifier『S2000Proブックシェルフスピーカー』は低音域・高音域が非常にクリア、広い空間で音量を上げてもきれいに広がるかなり贅沢な一品です。この音質でこの価格。試しにロック以外の曲を流しましたが、ボーカルの揺らぎが相まってステキでしたね。ノーチェックのブランドでしたが、一度チェックしてみてください一聴の価値があります。

Logicool『マルチメディア スピーカー(Z533)』はお手軽にサブウーファーつきのスピーカーを楽しみたい方におすすめ。音質は高音域はしっかりカバー、低音域は若干弱いですがコントロールポッドで好みに近づけられます。ホワイトノイズが聴こえてきますが、1万円を切っているのはかなり魅力的。デザインもシックでステキですし、エントリーモデルとして楽しめますよ!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』

PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』

出典:Amazon

サイズ 幅163×奥行180×高さ241mm
再生周波数帯域 70Hz〜20kHz
インピーダンス 10kΩ
出力音圧レベル 100dB

プロ仕様の高いパフォーマンス

低音から高音まで各音域の繊細な表現力が魅力。プロフェッショナルのこだわりが詰め込まれた、パフォーマンスの高いウーファーを搭載しており、音ひとつひとつを忠実に鳴らしてくれます。

音の広がりが豊かなのも注目ポイント。サウンドがきれいに聴こえる場所が広く、スピーカーの前面であればどこであっても聴き心地のよさを体感できるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Edifier(エディファイア)『S2000Proブックシェルフスピーカー』

サイズ 幅442×奥行524×高さ368mm
再生周波数帯域 48Hz〜20kHz
インピーダンス -
出力音圧レベル -

迫力のウーファーでロックが聴ける

5.5インチのウーファーによるパワフルなサウンド。レベルの高いデジタルアンプチップを搭載しており、コンパクトな見た目とは裏腹に迫力のあるロック音楽を表現します。

多様な入力に対応しており、複数機種の接続が可能。ブラックと木目調のデザインにより、高級感のある雰囲気が漂います。音の品質の高さと相まって、贅沢な音楽鑑賞ができるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Logicool(ロジクール)『マルチメディア スピーカー(Z533)』 

Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』 Logicool(ロジクール)『マルチメディアスピーカー(Z533)』

出典:Amazon

サイズ サテライト:幅100×奥行85×高さ170mm、サブウーファー:幅255×奥行195×高さ265mm ほか
再生周波数帯域 55Hz〜20kHz
インピーダンス -
出力音圧レベル -

豊かな低音を奏でるスピーカー

フラットでエッジの効いたデザイン。ロジクールらしい、シンプルで機能性の高いスピーカーです。独立したサブウーファーにより、ずっしりとした臨場感のある低音が感じられます。

テレビやパソコンなど、最大で3台までのデバイスをマルチ入力可能。ケーブルを接続しなおすことなく音楽を楽しめます。音量や低音レベルなどを操作できるコントロールポッドつきです。

JBL『Stage A130』

JBLSTAGEA1302ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA130W【国内正規品/メーカー2年保証付き】 JBLSTAGEA1302ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA130W【国内正規品/メーカー2年保証付き】 JBLSTAGEA1302ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA130W【国内正規品/メーカー2年保証付き】

出典:Amazon

サイズ 190 x 321 x 245(グリル含)mm
再生周波数帯域 55Hz ~ 40kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

歪みや濁りの無い透明感あふれる高域再生

133mm径Polycelluloseコーン・ウーファーを搭載したブックシェルフ型システムです。ブックシェルフ型ならではの躍動感溢れる低域と、ホーンツイーターが高密度なサウンドを提供します。最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド/ホーンを高域ユニットに採用。ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と共に、広く一定な定指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音響バランスをお楽しみいただけます。

FUZE(フューズ)『Bluetooth対応 アンプ内蔵デュアルウーファータワースピーカー(TSX-230BT II)』

サイズ (約)幅125×奥行260×高さ475mm
再生周波数帯域 40Hz〜20kHz
インピーダンス 8kΩ
出力音圧レベル -

アンプ内蔵で重低音が鳴り響くスピーカー

最大76Wの出力により大音量を実現。スピーカーのサイドについたデュアルウーファーシステムにより、豊かな低音を奏でます。アンプを内蔵しており、大きな音でも歪(ひず)まずに聴きやすさを保つスピーカーです。

リモコンが付属しており、座ったままで選曲や音量調整ができます。色は落ち着いたダークブラウンで、高級感が漂うデザイン。インテリアにも違和感なく溶け込みます。

MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』

MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR3-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR3-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR3-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR3-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR3-X国内正規品(2本1組ペア販売)

出典:Amazon

サイズ 幅140×奥行158×高さ208mm
再生周波数帯域 80Hz〜20kHz
インピーダンス 20kΩ
出力音圧レベル 97dB

モニターのようにクリアなサウンド

音楽スタジオで使われるモニタースピーカー並みの性能。重低音に特化したウーファーにより、深みのある音を表現します。

高い表現力であるにもかかわらず、サイズはとてもコンパクトで卓上にも置けます。大音量の音のきれいさはもちろん、ボリュームを下げたときでも音数が減ることなくクリアなサウンドを出すスピーカーです。

YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』

YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』

出典:Amazon

サイズ 幅236×奥行236×高さ1050mm(スタンドを含む)
再生周波数帯域 50Hz~45kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

バランスのいい音を奏でるスリムスピーカー

スリムな形状でお部屋に圧迫感を与えないデザイン。大型の薄型テレビともマッチする見た目で、ライプ映像をご自宅で楽しむときにもいいかもしれません。

キレのある低音を表現するアルミコーンウーファー搭載。中低域の反応のよさには目を見張るものがあります。広いレンジに対応する、バランスのいいサウンドを届けてくれるスピーカーです。

B&W『ブックシェルフ型スピーカー(606)』

B&Wブックシェルフ型スピーカー(マットブラック)【ペア】Bowers&Wilkins606/MB

出典:Amazon

サイズ 190.0×324.0×345.0mm
再生周波数帯域 40Hz~33kHz
インピーダンス 8Ω(最低3Ω)
出力音圧レベル 88.0db

音質に定評老舗ブランドのコンパクトスピーカー

本棚やスタンドに設置させても、最先端のContinuumコーンテクノロジーを採用した606で、ピュアで正確なサウンド・スケープを創造し、本来のままの音楽を楽しむことができます。洗練されたルームフィルサウンドを実現し、より小さなスピーカーからパワーを必要とする人に最適です。

「ロック向けスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』
Edifier(エディファイア)『S2000Proブックシェルフスピーカー』
Logicool(ロジクール)『マルチメディア スピーカー(Z533)』 
JBL『Stage A130』
FUZE(フューズ)『Bluetooth対応 アンプ内蔵デュアルウーファータワースピーカー(TSX-230BT II)』
MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』
YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』
B&W『ブックシェルフ型スピーカー(606)』
商品名 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』 Edifier(エディファイア)『S2000Proブックシェルフスピーカー』 Logicool(ロジクール)『マルチメディア スピーカー(Z533)』  JBL『Stage A130』 FUZE(フューズ)『Bluetooth対応 アンプ内蔵デュアルウーファータワースピーカー(TSX-230BT II)』 MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』 YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』 B&W『ブックシェルフ型スピーカー(606)』
商品情報
特徴 プロ仕様の高いパフォーマンス 迫力のウーファーでロックが聴ける 豊かな低音を奏でるスピーカー 歪みや濁りの無い透明感あふれる高域再生 アンプ内蔵で重低音が鳴り響くスピーカー モニターのようにクリアなサウンド バランスのいい音を奏でるスリムスピーカー 音質に定評老舗ブランドのコンパクトスピーカー
サイズ 幅163×奥行180×高さ241mm 幅442×奥行524×高さ368mm サテライト:幅100×奥行85×高さ170mm、サブウーファー:幅255×奥行195×高さ265mm ほか 190 x 321 x 245(グリル含)mm (約)幅125×奥行260×高さ475mm 幅140×奥行158×高さ208mm 幅236×奥行236×高さ1050mm(スタンドを含む) 190.0×324.0×345.0mm
再生周波数帯域 70Hz〜20kHz 48Hz〜20kHz 55Hz〜20kHz 55Hz ~ 40kHz 40Hz〜20kHz 80Hz〜20kHz 50Hz~45kHz 40Hz~33kHz
インピーダンス 10kΩ - - 8kΩ 20kΩ 8Ω(最低3Ω)
出力音圧レベル 100dB - - 86dB - 97dB 86dB 88.0db
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ロック向けスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロック向けスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオスピーカーランキング
楽天市場:スピーカーランキング
Yahoo!ショッピング:スマホ、オーディオ用スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ロック向けスピーカーを選ぶ時のおすすめポイント3つ まとめ

1)スペック表に書かれた音域をチェックする
2)参考になるユーザーレビューを見つける
3)自分の好みの音を知る

高価なものだからこそ迷って当然。自分の好みに合ったものを選べば、楽しみながら長く愛用できるでしょう。

ロック向けスピーカーに関するほかの商品情報はこちら 【関連記事】

オーディオ&ビジュアルライターである折原一也さんへの取材のもと、おすすめのパッシブスピーカーをご紹介していきます。自宅に置いた本格的なオーディオシステムから音楽を流す……。そのように高音質を追求した音楽リスニングをする機器はHi-Fiオーディオと呼ばれています。Hi-Fiオーディオで用いるスピ...

さまざまな機器を組み合わせて自分だけの高音質システムを追求するHi-Fiオーディオ。音の出口となるスピーカーは、システム全体で最も音色に影響する機器といえます。初めてHi-Fiオーディオシステムを組もうと考えている方は、まず小型ブックシェルフスピーカーから始めてみてはいかがでしょうか。小型ブッ...

ガジェットライターである武者良太さんにお話をうかがい、重低音再生に強いコンパクトスピーカーのおすすめ5選と選び方をご紹介します。ダイナミックなサウンドを鳴らすには、大きなスピーカーが必要とされた時代は過去のものとなりました。現在はコンパクトスピーカーのクオリティ向上によって、手のひらサイズのス...

カスタマイズもできて豊富なラインナップをそろえるBOSEのスピーカー。重低音の響きがよく、迫力と臨場感あふれる力強い音色を奏でてくれます。持ち運びができる防滴防水・耐久性にすぐれたものから、天井取りつけタイプなどさまざま。本記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOであ...

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。この記事では、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのJBLスピーカー10選と選び...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/12 一部商品追加とリンク修正のため更新を行いましった。(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


BOSEスピーカーおすすめ16選|Bluetooth対応やスマートタイプまで紹介

BOSEスピーカーおすすめ16選|Bluetooth対応やスマートタイプまで紹介

重低音が魅力のBOSEのスピーカー。Bluetooth対応タイプや防滴防水・耐久性タイプ、天井取りつけタイプまで、様々な機種があり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。本記事では、BOSEのスピーカーの特徴や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。一通り読んでいただければ、BOSEのスピーカーについて選び方などを全体的に把握できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ21選|高コスパから人気モデルまで

【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ21選|高コスパから人気モデルまで

この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんへの取材をもとに、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめ商品21選をご紹介していきます! 最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます注目が高まる予感。高コスパ、高音質、長時間連続再生などおすすめの人気モデルを厳選! 通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね。


ハイレゾ対応スピーカーおすすめ15選|タイプごとの特徴や機能も解説

ハイレゾ対応スピーカーおすすめ15選|タイプごとの特徴や機能も解説

ダイナミックなサウンドを高音質で楽しめるハイレゾ対応スピーカー。近年では、高音質の音楽空間を作る方も増え、人気のあるデバイスとなっています。しかし実は、出力方式や形状などチェックすべきポイントはいくつかあり、一つひとつチェックすることで、最上の音楽空間に近づくんです。本記事では、ハイレゾ対応スピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介。種類や機能・接続タイプなど、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


シンプルでおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方&おすすめ14選

シンプルでおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方&おすすめ14選

最近では、ほとんどのスマホやデジタルオーディオプレーヤーがBluetoothに対応していて、Bluetoothスピーカーで音楽を楽しんでいる方も多いと思います。スピーカーのデザインはさまざまで、インテリアとしても使えるおしゃれなスピーカーや外出やアウトドアにピッタリなデザインスピーカーもあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。本記事では、おしゃれなBluetoothスピーカーについて、選び方やおすすめ商品をご紹介します。インテリアとしても、アウトドアにも使えるものもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!


モニタースピーカーおすすめ25選|DTMの基礎知識や選び方も解説

モニタースピーカーおすすめ25選|DTMの基礎知識や選び方も解説

「よりリアリティのある楽曲制作をしたい」「音にこだわりを持って音楽編集をしたい」そう考えている方にピッタリなのがモニタースピーカーです。楽曲制作向きのスピーカーとして広く一般的で、音楽にこだわる方にピッタリの商品です。しかし、初めてモニタースピーカーを購入しようとすると、どんな機能があり、どこに注目していいのかわかりませんよね。本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMの基礎知識、選び方、そしてタイプ別におすすめ商品をご紹介。本記事を読んでいただければ、モニタースピーカーを選ぶ基本的なことを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


Logicool(ロジクール) YAMAHA(ヤマハ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。