PR(アフィリエイト)

【2024年】ロック向けスピーカーおすすめ4選|高音質、人気メーカーの製品も

【2024年】ロック向けスピーカーおすすめ4選|高音質、人気メーカーの製品も
【2024年】ロック向けスピーカーおすすめ4選|高音質、人気メーカーの製品も

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ロックミュージックを聴くときにもっとも重要な「スピーカー」。

ズンズンと鳴り響く重低音の深みや、シャリシャリしない高音域、ボーカルの声やギターの音が抜けやすい中音域、全体がバランスよく聴きやすいなどさまざま。とはいえ自分好みで最適なロックスピーカーを見つけるのは簡単なことではありません。

本記事では、ロックを聴くときにおすすめのスピーカーの選び方やおすすめ商品を紹介。ハード・プログレッシブ・ブリティッシュロックなどに合う製品や、人気メーカーの製品も。自宅や車で高音質を楽しみましょう。

音質の特徴はもちろん、Bluetooth機能、設置のしやすさなどの機能性にも注目! 後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

ロック向けスピーカーの選び方

それでは、ロック向けスピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】音域
【2】ユーザーレビュー
【3】自分好みの音


上記の3つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】音域をチェック

 

スペックのなかでも音域に関係するのが「Hz(ヘルツ)」「kHz(キロヘルツ)」です。スペック表には、そのスピーカーが表現できる音域が「◯◯Hz〜◯◯kHz」のように表記されているのが一般的です。

下の値が50Hz以下であれば低音が強調され、上の値が30kHz以上であれば高音域が豊かです。音域のバランスを見て、必要な音が出るかどうかを確認してみましょう。

【2】ユーザーレビューをチェック

 

ユーザーレビューには、プロのエンジニアやオーディオ好きの方々がていねいに評価を書いてくれていることがあります。さまざまなオーディオ機器に接する機会が多い方々の生の感想を知ることができるので、参考にして比較検討してみるといいでしょう。

自分の耳で聴いて確かめたいという方は、ネットに上がっているレビュー動画を探してチェックするのもいいかもしれません。

【3】自分好みの音をチェック

 

同じジャンルの音楽であっても、音色の好みは人それぞれです。ほかの人が「いいスピーカーだ」と言っていたとしても、自分の好みではない可能性すらあります。

好きな音がわからないという方は、ショップに出向いて試聴してみるといいでしょう。聴きやすいと感じる音がきっと見つかるはずです。

好みがある程度決まっている方は、検討しているアイテムのメーカーに問い合わせてみるのも方法のひとつ。豊富な知識のなかから、好みの音に合う商品を提案してくれますよ。

ロック向けスピーカーおすすめ4選

重低音などを聴くのに適したコンパクトサイズのスピーカーを集めました。

PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』

PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターEris(E4.5)』
出典:Amazon この商品を見るview item

プロ仕様の高いパフォーマンス

低音から高音まで各音域の繊細な表現力が魅力。プロフェッショナルのこだわりが詰め込まれた、パフォーマンスの高いウーファーを搭載しており、音ひとつひとつを忠実に鳴らしてくれます。

音の広がりが豊かなのも注目ポイント。サウンドがきれいに聴こえる場所が広く、スピーカーの前面であればどこであっても聴き心地のよさを体感できるでしょう。

サイズ 幅163×奥行180×高さ241mm
再生周波数帯域 70Hz〜20kHz
インピーダンス 10kΩ
出力音圧レベル 100dB

サイズ 幅163×奥行180×高さ241mm
再生周波数帯域 70Hz〜20kHz
インピーダンス 10kΩ
出力音圧レベル 100dB

JBL『Stage A130』

JBL『StageA130』 JBL『StageA130』 JBL『StageA130』
出典:Amazon この商品を見るview item

歪みや濁りの無い透明感あふれる高域再生

133mm径Polycelluloseコーン・ウーファーを搭載したブックシェルフ型システムです。ブックシェルフ型ならではの躍動感溢れる低域と、ホーンツイーターが高密度なサウンドを提供します。最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド/ホーンを高域ユニットに採用。ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と共に、広く一定な定指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音響バランスをお楽しみいただけます。

サイズ 190 x 321 x 245(グリル含)mm
再生周波数帯域 55Hz ~ 40kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

サイズ 190 x 321 x 245(グリル含)mm
再生周波数帯域 55Hz ~ 40kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』

MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』 MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

モニターのようにクリアなサウンド

音楽スタジオで使われるモニタースピーカー並みの性能。重低音に特化したウーファーにより、深みのある音を表現します。

高い表現力であるにもかかわらず、サイズはとてもコンパクトで卓上にも置けます。大音量の音のきれいさはもちろん、ボリュームを下げたときでも音数が減ることなくクリアなサウンドを出すスピーカーです。

サイズ 幅140×奥行158×高さ208mm
再生周波数帯域 80Hz〜20kHz
インピーダンス 20kΩ
出力音圧レベル 97dB

サイズ 幅140×奥行158×高さ208mm
再生周波数帯域 80Hz〜20kHz
インピーダンス 20kΩ
出力音圧レベル 97dB

YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』

YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』 YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』
出典:Amazon この商品を見るview item

バランスのいい音を奏でるスリムスピーカー

スリムな形状でお部屋に圧迫感を与えないデザイン。大型の薄型テレビともマッチする見た目で、ライプ映像をご自宅で楽しむときにもいいかもしれません。

キレのある低音を表現するアルミコーンウーファー搭載。中低域の反応のよさには目を見張るものがあります。広いレンジに対応する、バランスのいいサウンドを届けてくれるスピーカーです。

サイズ 幅236×奥行236×高さ1050mm(スタンドを含む)
再生周波数帯域 50Hz~45kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

サイズ 幅236×奥行236×高さ1050mm(スタンドを含む)
再生周波数帯域 50Hz~45kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB

おすすめ商品の比較一覧表

画像
PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』
JBL『Stage A130』
MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』
YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』
商品名 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris(E4.5)』 JBL『Stage A130』 MACKIE(マッキー)『3インチマルチメディアモニター(CR3)』 YAMAHA(ヤマハ)『スピーカー(NS-F210)』
商品情報
特徴 プロ仕様の高いパフォーマンス 歪みや濁りの無い透明感あふれる高域再生 モニターのようにクリアなサウンド バランスのいい音を奏でるスリムスピーカー
サイズ 幅163×奥行180×高さ241mm 190 x 321 x 245(グリル含)mm 幅140×奥行158×高さ208mm 幅236×奥行236×高さ1050mm(スタンドを含む)
再生周波数帯域 70Hz〜20kHz 55Hz ~ 40kHz 80Hz〜20kHz 50Hz~45kHz
インピーダンス 10kΩ 20kΩ
出力音圧レベル 100dB 86dB 97dB 86dB
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月29日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ロック向けスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのロック向けスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオスピーカーランキング
楽天市場:スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ロック向けスピーカーに関するほかの商品情報はこちら

まとめ|ロックと相性がいいスピーカーを選ぼう

本記事では、ロック向けスピーカーの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

J-Rockやハードロックなど、ロックと相性がいいスピーカーを選ぶには音域が大切。そしてその上で、自分の好みに合っているかも大変重要です。アーティストの音楽の音質を再現できる、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button