ブックシェルフスピーカーおすすめ5選|最高峰のハイレゾやBluetoothタイプも

ブックシェルフスピーカーおすすめ5選|最高峰のハイレゾやBluetoothタイプも

小型ブックシェルフスピーカーは、日本の一般家庭のようなあまり広くないお部屋にも適しています。しかし、さまざまなメーカーによるこだわりの製品が数多く販売されているので、どんなものを買えばいいのか迷ってしまいますね。この記事では、小型ブックシェルフスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

ブックシェルフスピーカーの選び方 周波数特性やデザインなどで

小型ブックシェルフスピーカーを選ぶときのポイントをご紹介します。下記のポイントを参考に、自分にあった小型ブックシェルフスピーカーを探してみましょう。

周波数特性で選ぶ

小型ブックシェルフスピーカー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

お気に入りの音楽を高音質で聴くために注目したいポイントの1つが、スピーカーの定格スペックのなかの「周波数特性」。これは、音の傾向をある程度知ることができるスペックで、再生できる低音から高音の音域幅を表わすものです。数値の幅が大きいほど、定格上すぐれています。

また、高域側のスペックが40kHz(キロヘルツ)以上までカバーするものは、ハイレゾ音源を再現するための基準を満たしているため、ハイレゾ対応などと呼ばれることもあります。低域側の数字の小ささは、どれだけ低い低域を再生できるかを表します。低音の表現力の目安になるので、参考にしてみてください。

能率が大きく、かつインピーダンスがプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶ

スピーカーの代表的なスペックの1つが能率です。決まったレベルの音に対してどれだけの強さの音を得られるかをdB (デシベル)という単位で表します。能率の数字が大きいほど、出力の小さなアンプでも大きな音を出すことができます。

スピーカー内部の回路を信号が流れるときの電気抵抗を表わすインピーダンスのスペックは、4/6/8Ωがありますので、組み合わせるプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶのがおすすめです。

なお定格入力(許容入力)は、スピーカーで大きな音を鳴らした際に破損しない限界値を表します。例えば100Wを定格入力としているスピーカーがありますが、実際に100Wで音を鳴らすと耳をふさぐほどの大轟音(ごうおん)になるので、実シーンとしては現実的なスペックではありません。

ブランドごとの特徴ある音か、フラットな音か

スピーカー選びの際の基礎知識としてスペックを解説しましたが、これはあくまで参考程度の情報です。どれだけこまかな音を鳴らせるかを示すスペックは存在しませんし、周波数帯域の幅はわかっても、そのなかでどの音の高さが強く聴こえるかはわかりません。

スピーカーユニットの構成や素材による音の特徴も含め、トータルの作りこみこそがスピーカーの音色を左右しているともいえます。スピーカーはブランドや製品ごとに、理想とする音があって作られるもの。商品説明やレビューも参考にして、自分の求める音楽性にあったスピーカーを探しましょう。

たとえば、JBLなどの海外の老舗ブランドから出ているスピーカーは、ロックやジャズに向いている傾向にあります。また、音楽制作などを目的として厳密かつ正確な音の再現を最重視するなら、「モニタースピーカー」と呼ばれるものを探してみましょう。

サイズとデザインで選ぶことも忘れずに

スピーカーは、室内に設置して音楽を流すもの。そこで考慮してほしいのがサイズとデザインです。小型ブックシェフルスピーカーのサイズに決まりはありませんが、感覚的には幅25cm程度・高さ35cm程度までのものなら、部屋に置いても大きすぎないサイズといえるでしょう。

部屋に置いたスピーカーは目につくものなので、デザイン性もある程度は考えておくことをおすすめします。スピーカーを所有していること自体に満足感を得たいのであれば、自慢できるブランドのスピーカーを選ぶというのももちろんアリです。

スピーカー選びは試聴から! オーディオライターからのアドバイス

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

小型ブックシェルフスピーカーの選び方をガイドしましたが、記事のなかでも説明したとおり、スピーカーをスペックだけで選ぶのはおすすめできません。スピーカーが備えている音色は、それぞれ個性があります。記事のなかでは、私が自ら各スピーカーを試聴した経験をもとにサウンドの特徴を説明していますが、求めるサウンドの特性は好みが分かれるところでしょう。

最近は、メーカーのショールームやオーディオ専門店に行かなくても、家電量販店の大型店舗に試聴コーナーが設けられるケースも増えています。本格的に趣味としてスピーカーを選びたい方は、自分の耳で聴いて、好みにあうスピーカーを探すことを強く推奨します。

ブックシェルフスピーカーおすすめ5選 JBL・YAMAHA・B&Wなど

上で紹介した小型ブックシェルフスピーカーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。オーディオのエキスパートが厳選した商品から、お気にいりの小型ビックシェルフスピーカーを見つけてみてください。

JBL(ジェービーエル)『STAGE A130』

JBL(ジェービーエル)『STAGEA130』 JBL(ジェービーエル)『STAGEA130』 JBL(ジェービーエル)『STAGEA130』

出典:Amazon

サイズ W190×H321×D230mm
再生周波数帯域 55Hz~40kHz
能率(出力音圧レベル) 86dB
インピーダンス

米国の名門JBLの入門ブックシェルフ

オーディオを語るうえで、必ずといっていいほど登場するブランドが、米国のJBL。音楽制作のプロフェッショナル用モニターがルーツで、映画館用のスピーカーも展開しています。お手ごろな価格で展開している『STAGE A130』も、JBLのプロ用モニタースピーカーのために開発されたホーン技術を高域ユニットに採用。デザイン面でも、プロ系モニターを彷彿(ほうふつ)とさせます。

サウンドは、とくにアコースティックなロックとの相性がいいものといえます。骨太で、中高域に華があるような明瞭(めいりょう)な音を聴かせてくれますので、ロックやジャズを聴く方におすすめしたいスピーカーです。JBLで音楽を聴くということが1つの趣味の完成形ともいえるかもしれません。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』

出典:Amazon

サイズ W183×H320×D267mm
再生周波数帯域 55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)
能率(出力音圧レベル) 87dB
インピーダンス

定番のナチュラルサウンド

日本を代表するスピーカーブランドの1つであるヤマハ。ヤマハは、もともと音楽制作スタジオで使われていたモニタースピーカーがルーツのブランドです。『NS-B330』は、Hi-Fiオーディオに向けた、音楽リスニング用のブックシェルフスピーカー。日本のブランドらしく、ハイレゾ対応のロゴも取得していて、再生周波数帯域が広いという特性があります。

ヤマハのサウンドは「ナチュラルサウンド」とも呼ばれる、心地よく、みずみずしい自然なサウンドが特徴。くせの少ないサウンドを求めている方におすすめです。

MONITOR AUDIO『BRONZE 1』

MONITORAUDIO『BRONZE1』 MONITORAUDIO『BRONZE1』 MONITORAUDIO『BRONZE1』

出典:楽天市場

サイズ W165×H260×D180mm
再生周波数帯域 55Hz~30kHz
能率(出力音圧レベル) 87dB
インピーダンス

英国流の歯切れのいいサウンド

自社で全てのスピーカーパーツを製造している、英国のスピーカーブランドMONITOR AUDIOによる入門向きのブックシェルフスピーカー。金属素材を用いた独自のC-CAM振動板を特徴としているモデルです。サウンドは、歯切れのいいダイナミックな高域から、ボリューム感たっぷりの低音を両立しており、メリハリがきいています。

壁に近づけても音のバランスが崩れない設計が行なわれているので、設置スペースに余裕がない方にもおすすめです。

DALI『OBERON 1』

DALI『OBERON1』

出典:Amazon

サイズ W162×H274×D234mm
再生周波数帯域 51Hz~26kHz
能率(出力音圧レベル) 86dB
インピーダンス

デンマークの人気ブランド

デンマーク発の人気スピーカーブランド「DALI」の、大ヒットスピーカーシリーズがOBERON 1です。シンプルで上質な外見と、DALIの特徴的な技術である、木の繊維を配合した「ウッドファイバー・コーン・ウーファー」が採用されている点がポイント。

サウンドの特徴は、音をみずみずしくクリアに鳴らしてくれること。これは音楽性を感じることができる気持ちいい鳴りです。北欧ブランドらしいモダンなデザインも、DALIのスピーカーの魅力。音質だけでなく、デザインも重視する人におすすめです。

KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』

KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』 KEF『Q350BOOKSHELFSPEAKER』

出典:Amazon

サイズ W210×H358×D306mm
再生周波数帯域 63Hz~28kHz(±3dB)
能率(出力音圧レベル) 87dB
インピーダンス

英国の人気スピーカーブランド

日本でも人気の英国スピーカーブランドで、英国国営放送BBC向けの放送用モニタースピーカーを送りだした老舗(しにせ)ブランドであるKEF。高域用のツィーターと低域用のウーファーを同一軸上に配置した、独自の同軸ユニット「Uni-Qドライバー」を用いたスピーカー設計で知られています。

この記事で紹介する小型ブックシェフルスピーカーのなかでもっともサイズが大きいだけあって、中低域まで深みのあるサウンドが特徴。同軸スピーカーユニットらしく、すべての音がよどみなく正確に定位します。音を精緻(せいち)に聴きわけたい方におすすめです。

「小型ブックシェルフスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JBL(ジェービーエル)『STAGE A130』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』
MONITOR AUDIO『BRONZE 1』
DALI『OBERON 1』
KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』
商品名 JBL(ジェービーエル)『STAGE A130』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』 MONITOR AUDIO『BRONZE 1』 DALI『OBERON 1』 KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』
商品情報
特徴 米国の名門JBLの入門ブックシェルフ 定番のナチュラルサウンド 英国流の歯切れのいいサウンド デンマークの人気ブランド 英国の人気スピーカーブランド
サイズ W190×H321×D230mm W183×H320×D267mm W165×H260×D180mm W162×H274×D234mm W210×H358×D306mm
再生周波数帯域 55Hz~40kHz 55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB) 55Hz~30kHz 51Hz~26kHz 63Hz~28kHz(±3dB)
能率(出力音圧レベル) 86dB 87dB 87dB 86dB 87dB
インピーダンス
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

ブックシェルフスピーカーに関連する記事のご紹介

編集部からひとこと

ブックシェルフスピーカーをご紹介しました。機能性が高いものやお部屋にインテリアとしても馴染むようなデザイン性が高いものを選んでみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事を参考に、あなたにぴったりなブックシェルフスピーカーをみつけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/23 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)
※2021/06/22 リンク先更新のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 沼田裕貴)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スピーカーセレクター6選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーセレクター6選|同時出力できる! 人気ランキングも

スピーカーは、それぞれ個性が少しずつ違います。ジャズ向き、クラシック向き、テクノ向きなど、いくつかのスピーカーをそろえている方もいるでしょう。このようなケースでは、1つのAV機器から、楽曲に適したスピーカーを選んで音楽を楽しみたいもの。そんな要望に応えるのが「スピーカーセレクター」です。こちらの記事では、複数のスピーカーを使い分けられるスピーカーセレクターの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説。おすすめの商品も合わせて紹介します! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , スピーカー , AVアクセサリ

シンプルでおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方&おすすめ13選

シンプルでおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方&おすすめ13選

最近では、ほとんどのスマホやデジタルオーディオプレーヤーがBluetoothに対応していて、Bluetoothスピーカーで音楽を楽しんでいる方も多いと思います。スピーカーのデザインはさまざまで、インテリアとしても使えるおしゃれなスピーカーや外出やアウトドアにピッタリなデザインスピーカーもあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。本記事では、おしゃれなBluetoothスピーカーについて、選び方やおすすめ商品をご紹介します。インテリアとしても、アウトドアにも使えるものもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , スピーカー , Bluetoothスピーカー

防水Bluetoothスピーカーおすすめ24選|音質・コスパで厳選! IPX7も

防水Bluetoothスピーカーおすすめ24選|音質・コスパで厳選! IPX7も

お風呂やキッチン、水場で音楽が楽しめる防水Bluetoothスピーカー。ワイヤレス機能はもちろん、軽量・コンパクトサイズで手軽に屋外へ持ち出せます。この記事では、防水・防塵性能を表すIPXの解説とともに、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんとオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんら専門家が厳選した高音質・高コスパモデルなど防水Bluetoothスピーカーのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 パソコン周辺機器 , オーディオ , スピーカー

バナナプラグおすすめ15選|スピーカー・オーディオを音質向上させよう

バナナプラグおすすめ15選|スピーカー・オーディオを音質向上させよう

バナナプラグはケーブルの先端に装着することで、安定した音質効果が期待できます。機器の交換もスムーズに行うことができ、ショートなどのトラブル防止にも力を発揮する便利なアイテムです。なお、バナナプラグは多くの種類が販売されており、規格やサイズ、使い方、スリット式、ネジ込み式など、なにを重要視するかが鍵となります。本記事では、選び方とその特徴を解説しながら、おすすめの商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , スピーカー , スピーカーアクセサリ

5,000円以下でもあなどれない!Bluetoothスピーカーおすすめ19選|防水や高音質モデルも

5,000円以下でもあなどれない!Bluetoothスピーカーおすすめ19選|防水や高音質モデルも

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、5,000円以下のBluetoothスピーカーの選び方と、おすすめの製品を紹介します。Bluetoothスピーカーがほしいけれど予算が限られているという方も、価格帯別の商品を紹介していますからぜひ参考にしてみてください。場所を問わず、気軽に質の高いサウンドを楽しめるのがBluetoothスピーカーです。JBLやソニーといったオーディオメーカー、近年人気のAnkerなど、5,000円以下の商品でも、音質や防水対策にすぐれたコスパのいい商品は数多く発売されています。それぞれの用途に合わせて最適なBluetoothスピーカーを探してください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 パソコン周辺機器 , オーディオ , スピーカー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。