極上の音質を楽しみたい人のための『ヤマハスピーカーおすすめ10選』

ヤマハ ネットワーク・パワードスピーカー アンプ内蔵/USB DAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応 (左右1組) ブラック NX-N500(B)
出典:Amazon
音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表
眞壁 征生

専門は音響アンプの電子回路設計。筐体設計。真空管回路設計。2005年音響機器を開発・製造・販売する会社を設立。国内はもとより、欧州を中心に37ケ国に輸出。 2007年プロオーディオ事業、2013年ログハウス事業、2015年コンサート企画運営事業を開始。2018年から新規事業としてロシア製軍用時計の輸入を始める。その後、数ケ国の機械式腕時計や懐中時計をラインナップ。 2008年よりFM岐阜『ムジカスタイル』(毎週木曜18:30~)ナビゲーター。2020年現在も続く長寿番組に。コラム等の執筆多数。総アクセス数370万を超えるブログ<a href="https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation" target="_blank">https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation</a>は、現在も100万アクセス/年のペースで進行中(2020年現在)。 ローカル鉄道養老鉄道支援組織『乗って残そう揖斐養老線実行委員会』会長。大垣ケーブルテレビ番組審議委員。

ヤマハのスピーカーはクリアでナチュラル、そして再現性の高いサウンドが魅力。スピーカー分野でも一級品に数えられます。本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、極上の音楽を楽しめるヤマハスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ヤマハスピーカーの魅力

ヤマハは、世界的でも評価されるクオリティの楽器やオーディオなどを展開する企業。「楽器といえばヤマハ」と言われるほど有名で、初心者からプロまで、幅広い愛用者がいるブランドです。

その中でも、スピーカーは音楽鑑賞だけでなく、作曲の際のアイテム、テレビや映画の音をより楽しむための製品としてとても有名です。特に、1970年代発売の「NS-10M」や「NS-1000M」などは、当時ヤマハの人気に火をつけた存在でもあります。値段も、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広い種類があります。

ヤマハのスピーカーの評価が高い要因は、スピーカーが忠実に再現する音質。オーケストラなどで使用される楽器やスピーカーの技術を用いて、より高度な音質を再現させています。そのため、音楽鑑賞だけでなく、テレビ・映画鑑賞にも最適です。また、ヤマハ独自の技術であるウェーブガイドホーンという音質技術や、MusicCastというストリーミング機能など、現代に合わせた技術も魅力のひとつです。

ヤマハのスピーカーの選び方 音響機器メーカーCEOに聞く

スピーカーは搭載された機能やスペックによって特徴が異なります。スピーカーを選ぶときのポイントをチェックしましょう。

【1】設置場所に適した形状をチェック

設置場所が決まっているのであれば、どのぐらいのサイズのものが置けるかを検討しましょう。床に置くならトールボーイ型、省スペースにおさえたいならブックシェルフ型、場所は決めずにその都度使いたいときに使うのであればポータブル型が便利です。

トールボーイ型:迫力ある音を楽しめる

トールボーイ型スピーカーは、その名のとおり細長く高さのある塔のようなスピーカー。細長いため圧迫感はおさえられ、床面積も広さは必要としないので、テレビの横に設置する方法がおすすめです。

ヤマハのトールボーイ型は基本ウーファーが内蔵されているので、迫力と臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

ブックシェルフ型:省スペースでも手軽に取り付けられる

ブックシェルフ型スピーカーは、本棚に収納したり、卓上に設置したりできるコンパクトなタイプです。トールボーイ型にくらべるとリーズナブルなものが多い傾向があり、スペースをとりません。ヤマハのブックシェルフスピーカーは、コンパクトでありながらクリアなサウンドを実現しています。

ポータブル型:手軽に自由に動かせる

いつでもどこでも好きな場所で音楽を楽しめたらいいですよね。そんな方におすすめなのがポータブル型スピーカーです。スマホやパソコンでWiFiやBluetoothなどで接続し、音楽を再生することができます。WiFiやBluetoothがあればキャンプなどのアウトドアでも大活躍です。

【2】接続方法をチェック

スピーカーを使う際には、家で聴く音楽を高音質で聴きたい、家のどこでも聴けるようにしたいなどさまざまな目的があると思います。自分がスピーカーを使用する場面をイメージして、目的や利用シーンにぴったりのスピーカーを選びましょう

WiFiスピーカータイプ:ワイヤレスで手軽にPCやスマホの音楽を楽しめる

スマホやパソコンにダウンロードした音源を再生したい方も多いですよね。そんなときに便利なのがWiFiスピーカー。Bluetoothと違い、Wi-Fiを使用して接続するタイプです。自宅にWiFi環境さえあれば、ワイヤレスで接続してスマホやパソコンに保存している音楽を再生できます。

スピーカーシステムタイプ:アンプに繋いでゆったり高音質を楽しめる

高音質なサウンドを楽しみたいなら、アンプに繋ぐタイプのスピーカーシステムがおすすめです。ヤマハのスピーカーシステムは、リーズナブルなタイプからハイグレードなタイプまでラインナップが豊富

上位モデルにはグランドピアノ塗装を施すなど、楽器メーカーとしての誇りを感じさせます。

【3】音質を左右する機能をチェック

搭載されている機能やスピーカーユニット、再生周波数帯域、出力音圧レベル、寸法などのスペックによって音質は異なります。ここでは例として再生周波数帯域HiFi対応について解説します。スピーカーごとの機能やスペックを比較し、どのモデルが自分の目的に合うか検討してみましょう。

「音の奥行き」は再生周波数帯域を確認

再生周波数帯域は、再生できる周波数の低音域から高音域までの音量を数値化したもので、単位は「Hz(ヘルツ)」で表します。再生周波数帯域の幅が広いと、低音から高音まで奥行きあるサウンドが楽しめます。

ただし、広い方が音質がいいということではないので、自分の好みのサウンドで選ぶとよいでしょう。低音はウ-ファーで補うことができるので、高音域対応のスピーカーを選んでウ-ファーを組み合わせるという手もあります。

「HiFi対応」は原音に近い音質を再現

HiFiはHigh Fidelityの略語で、意味は高忠実度、高再現性となります。HiFi対応スピーカーであれば、原音の再現度が高いので、原音に近い音を楽しみたい方にはHiFi対応スピーカーがおすすめです。

【4】ヤマハ独自の機能やアプリもチェック

ヤマハはクリアで高音質なサウンドを追求し、さまざまな独自技術を搭載しています。時代の流れとともにアプリと連動させたネットワーク機能も充実。自分の目的に合った機能を備えたスピーカーを選びましょう。

ウェーブガイドホーン:音にこだわれるヤマハの独自技術

ヤマハ独自技術のひとつに、ツイーターの指向性を家庭用に制御し、直接音と間接音との比率をコントロールする「ウェーブガイドホーン」があります。ウェーブガイドホーンは、高域の壁面での反射するときの影響をおさえてくれます。

音にこだわるなら、ウェーブガイドホーンが搭載されたスピーカーを視野に入れて検討してはいかがでしょうか。

MusicCast:ストリーミング再生が可能になる機能

『MusicCast』はヤマハ独自の音楽アプリ。MusicCast対応スピーカーをWiFiなどに接続すれば、スマホやタブレットなどでアプリを操作して好きな音楽を好きなときに再生することができます。

アプリにダウンロードせず、ネットワーク上で音楽を再生する『ストリーミング再生』も可能。いつでもどこでも手軽に音楽を楽しみたい方、お気に入りの音楽を家族で共有したい方におすすめの機能です。

ヤマハスピーカーの選び方の重要ポイント 音響機器メーカーCEOがアドバイス

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

楽器で有名なヤマハのスピーカーは楽器テイストあふれるスピーカー。多くのメーカーは理論とスペック優先のものづくりの中で、ヤマハのスピーカーには音楽を楽しむという姿勢を感じます。

オーディオマニアではなく、音楽ファンにおすすめしたいスピーカーです。

ヤマハのスピーカーおすすめ10選

ヤマハでおすすめのスピーカーをご紹介します。搭載されている機能やサイズなどを見ながら、自分にぴったりのスピーカーを見つけてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350 スピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350スピーカー』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 トールボーイ型
再生周波数帯域 35Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン
MusicCast ×

ハイレゾ対応で豊かな表現力

本格的な3ウェイ・4ユニット構成を採用し、スケール感あふれるシアターサウンドを実現。ブラックアノダイズド・アルミツィータを新開発し、ハイレゾに対応しています。

低音域の再生周波数帯域を確保しつつもじゅうぶんな強度も保って、リアルな高音を再生します。なめらかな聴き心地と、厚みのある高音質のハイレゾ音源の両方を実現させるモデルです。

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

『NS-F350』はかつての大ヒットスピーカーNS-1 classics直系の素材のミッドレンジとウーファーを使用。低ひずみで繊細な音質です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B700 スピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B700スピーカー』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 ブックシェルフ型
再生周波数帯域 65Hz~50kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast ×

個性的なデザインのブックシェルフタイプ

本棚にもおさまる、高さ27cmブックシェルフ型。フォルムも曲げ練りの技法により天面に丸みをもたせ、スタイリッシュで個性的なデザインです。

10cmウーファーを含む、高度な基本性能を搭載し、コンパクトながらも臨場感あふれるマルチチャンネル再生を可能にしたスピーカー。ヤマハらしいクリアな再生音も活きています。

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

『NS-B700』は小型ながらじゅうぶんな再生能力をもつハイレゾ対応スピーカー。初めての本格オーディオ用スピーカーとしておすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP200 スピーカーパッケージ』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP200スピーカーパッケージ』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 ブックシェルフ型
再生周波数帯域 55Hz~28kHz(-10dB)、~80kHz(-30dB)
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast ×

良コスパのエントリーモデル

奥行きを長くとった深型スタイルにより、横幅と高さをコンパクトにおさえたデザイン。圧迫感がなく、豊かな低音再生を実現してくれるブックシェルフ型スピーカーです。

外観は楽器メーカーであるヤマハらしいピアノブラック仕上げ。マット調のフロントバッフルと4面に施された光沢あるブラックが美しいコントラストを実現しています。コストパフォーマンスが高く、初めて買うスピーカーとしても優秀です。

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

『NS-BP200』はとてもオーソドックスなブックシェルフスピーカー。寝室や書斎での第2のスピーカーに最適。

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 20 ワイヤレスストリーミングスピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast20ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast20ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast20ワイヤレスストリーミングスピーカー』

出典:Amazon

タイプ デスクトップオーディオ
形状 ポータブル型
再生周波数帯域 60Hz~20kHz
HiFi対応
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast

家の好きな場所でいつでも音楽を楽しめる!

Wi-Fiネットワーク機能を内蔵したストリーミング再生にも対応。無料の専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をインストールしたスマホやタブレットなどとワイヤレス接続すれば、家のどこにいてもワイヤレスで音楽コンテンツが再生できます。

コンパクトサイズですが、パワーアンプ内蔵で豊かなサウンドを再現できるスピーカーです。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F210 スピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F210スピーカー』

出典:楽天市場

タイプ スピーカーシステム
形状 トールボーイ型
再生周波数帯域 50Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast ×

スリムなボディで薄型大画面テレビにもマッチ!

アルミコーンウーファーを搭載し、俊敏でキレのある音色の再生を実現させたスリムなトールボーイ型スピーカー。ヤマハのトールボーイ型の中で、とくにリーズナブルなモデルです。

スリムなので、床に置いたときの設置面積は省スペースで、そのほかのインテリアを楽しめます。薄型大画面テレビの横に設置するのにもおすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP401 スピーカーパッケージ』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP401スピーカーパッケージ』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 ブックシェルフ型
再生周波数帯域 50Hz~40kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast ×

黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げで美しい外観!

純度99%以上の純アルミ材でできたウ-ファーの振動板が、楽器ひとつひとつの音色を鮮やかに再現してくれるブックシェルフ型スピーカー。ハイレゾ音源対応でジャズ演奏などの各楽器の位置関係も、奥行きや方向まで含めて表現できるのが大きな特長です。

デザインはヤマハのグランドピアノと同じ技法による、黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げ。高級感のあるインテリアとしてなじんでくれます。

YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55 Bluetooth スピーカーシステム』

YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55Bluetoothスピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55Bluetoothスピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55Bluetoothスピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55Bluetoothスピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55Bluetoothスピーカーシステム』

出典:Amazon

タイプ デスクトップオーディオ
形状 ポータブル型
再生周波数帯域 55Hz~20kHz
HiFi対応 ×
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast ×

ポータブルで音楽コンテンツのワイヤレス再生が可能

スマホやタブレッドなどのBluetooth対応機器とのワイヤレス接続可能。デバイス内に保存している音楽ファイルやインターネット上の音楽コンテンツをどこでも再生することができます。

シンプルで上品なデザインと中央にあるチタン色のプレートがよりデザイン性を高めています。どこにでも持ち運べるコンパクトなサイズながらヤマハの高音質技術を凝縮させ、全音域にわたりクリアで自然なサウンドを再現するスピーカーです。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330 スピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330スピーカー』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 ブックシェルフ型
再生周波数帯域 55Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応
ウェーブガイドホーン
MusicCast ×

ハイレゾ対応をお手頃価格で気軽に楽しむ!

ブックシェルフ型のHiFi専用スピーカー。ハイレゾ対応でありながら、比較的低価格なのが魅力です。低音域の量感と抜けのよさを追求して新開発された13cm PMDコーンウーファーを採用することによって、質の高いHiFiスピーカーになっています。

黒鏡面ピアノフィニッシュで仕上げられたアウターバッフルと側面の木目調とが美しく調和したデザインも特徴です。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F330 スピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F330スピーカー』

出典:Amazon

タイプ スピーカーシステム
形状 トールボーイ型
再生周波数帯域 40Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB)
HiFi対応
ウェーブガイドホーン
MusicCast ×

ハイレゾ対応!音の歯切れがいいスピーカー

壁などへの反射による影響をおさえるウェーブガイドホーンが特徴。ハイレゾ対応で、速いレスポンスの表現豊かなサウンドを叶えます。

低音域の抜けがよく、ボリュームを小さくしたときでも躍動感を失わないようにしています。リアルで歯切れのいい中高音が再現できるのも、このスピーカーの特徴です。臨場感のあるナチュラルな聴き心地を体験できます。

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 50 ワイヤレスストリーミングスピーカー』

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast50ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast50ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast50ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast50ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast50ワイヤレスストリーミングスピーカー』

出典:Amazon

タイプ デスクトップオーディオ
形状 ポータブル型
再生周波数帯域 55Hz~20kHz
HiFi対応
ウェーブガイドホーン ×
MusicCast

オシャレで大迫力な音を奏でるスピーカー

ヤマハオリジナルのアプリ『MusicCast』が使える機種。ストリーミング再生にも対応し、「Spotify」や「radiko」などの音楽コンテンツを手軽に楽しむことができます。

単体でのステレオ再生が可能。パワーアンプも駆動させることによりクリアで迫力のあるサウンドを実現します。カラーは木目×ナチュラル、ホワイト、ブラックの3パターンあり、どれもシンプルでどんなお部屋にもなじみやすいデザインです。

「ヤマハスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350 スピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-B700 スピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP200 スピーカーパッケージ』
YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 20 ワイヤレスストリーミングスピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F210 スピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP401 スピーカーパッケージ』
YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55 Bluetooth スピーカーシステム』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330 スピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F330 スピーカー』
YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 50 ワイヤレスストリーミングスピーカー』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350 スピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-B700 スピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP200 スピーカーパッケージ』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 20 ワイヤレスストリーミングスピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F210 スピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-BP401 スピーカーパッケージ』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-B55 Bluetooth スピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330 スピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F330 スピーカー』 YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 50 ワイヤレスストリーミングスピーカー』
商品情報
特徴 ハイレゾ対応で豊かな表現力 個性的なデザインのブックシェルフタイプ 良コスパのエントリーモデル 家の好きな場所でいつでも音楽を楽しめる! スリムなボディで薄型大画面テレビにもマッチ! 黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げで美しい外観! ポータブルで音楽コンテンツのワイヤレス再生が可能 ハイレゾ対応をお手頃価格で気軽に楽しむ! ハイレゾ対応!音の歯切れがいいスピーカー オシャレで大迫力な音を奏でるスピーカー
タイプ スピーカーシステム スピーカーシステム スピーカーシステム デスクトップオーディオ スピーカーシステム スピーカーシステム デスクトップオーディオ スピーカーシステム スピーカーシステム デスクトップオーディオ
形状 トールボーイ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ポータブル型 トールボーイ型 ブックシェルフ型 ポータブル型 ブックシェルフ型 トールボーイ型 ポータブル型
再生周波数帯域 35Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 65Hz~50kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 55Hz~28kHz(-10dB)、~80kHz(-30dB) 60Hz~20kHz 50Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 50Hz~40kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 55Hz~20kHz 55Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 40Hz~45kHz(-10dB)、~100kHz(-30dB) 55Hz~20kHz
HiFi対応 × × × × × ×
ウェーブガイドホーン × × × × × × ×
MusicCast × × × × × × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ヤマハスピーカーの売れ筋をチェック

楽天市場でのヤマハスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

本記事のポイントをおさらい

1)利用シーンに合わせて選ぶ
2)置き場所に困らないか、サイズをチェック
3)好みの音域のものを見つける
4)ヤマハならではのアプリや独自機能をチェック

クリアな音質に注目されるヤマハのスピーカーですが、それぞれのスピーカーで得意とするところは異なります。スペックやサイズや機能などを確認しながら、使用目的や予算などに合わせて自分にぴったりのモデルを見つけてください。

【関連記事】その他の高音質スピーカーもチェック

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/13 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】モニタースピーカーおすすめ25選|DTM向けから小型サイズまで

【2020年】モニタースピーカーおすすめ25選|DTM向けから小型サイズまで

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへの取材をもとに、2020年版モニタースピーカー20選をご紹介します。小型で場所を選ばないスピーカーや、編集に役立つ低音モニタースピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


スピーカースタンドおすすめ5選|デザイン性豊かなもので、さらに音質をあげよう!

スピーカースタンドおすすめ5選|デザイン性豊かなもので、さらに音質をあげよう!

せっかく高価なスピーカーを買ったのに、床やラックの上に無造作に置いたまま……なんてことはありませんか? オーディオシステムのなかでも、スピーカーはユーザーの個性をもっとも反映させることができる部分であり、スピーカースタンドはその一部です。スタンドの選択の良し悪しで、スピーカーは価格以上のクオリティを発揮することがありますし、逆もまた然りです。ここでは、アンプやスピーカーなどオーディオ機器を制作・販売する株式会社ムジカコーポレーションCEOの眞壁征生さんへの取材をもとに、スピーカースタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。


【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

本記事ではオーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、おしゃれなデザインで音質のいいコンポの選び方、おすすめ12選をご紹介していただきました。最近では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレス化、音質にこだわるなら欠かせないハイレゾ対応されたモデルが多く、性能や使い勝手が格段に向上しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

オーディオライターでAV機器に詳しい折原一也さんへの取材をもとに、2020年版ホームシアタースピーカー21選をご紹介します。初心者の方にも役立つバータイプスピーカーやサラウンドスピーカーの商品をご紹介しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


関連するブランド・メーカー


YAMAHA(ヤマハ)

新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る